|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
ヘッドライン

怖い場所で寝ているも同然の疑似体験
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2016/08/23 23:11 ] 怖い話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ その119
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1470412830/


426 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/08/21(日) 22:33:57.96 ID:WSUQnB740.net
一時期、ボイスレコーダーを恐そうな場所に録音状態で設置して放置
次の日、回収に向かう その日の晩 それをイヤホンで聴きながら寝る

こうすることで自分はそこで寝ているも同然の疑似体験ができると思い込んで
よくやってた。お墓とか怪奇現象が起きて以来 入って無い一室とか
蔵の奥にある長持の中とか古い和風人形が飾ってある棚の中とか

墓:何もない 風の音 自動車の通過する音、鈴虫の音などで怪奇音はなし

一室:ラップ音は頻繁に聴こえるも声とかそういうのはなし
ちなみに怪奇現象って耳元でため息が聞こえたってもの

蔵の長持:これが一番怖かった 蔵だよ?誰もいないよ?静かなんだよ?
明らかにグーで小突くようにドンッ!という音が紛れ込んでた
ヒッ!と思ってイヤホン はずそうかと思ったが耐えて聞いてた

次の瞬間 ホハァ~~~・・・ 男のためいき 全身鳥肌たってイヤホン投げた。
あれはレコーダーの隣で発せられないとありえないような近さとはっきりさだった
長持の中にそいつはいたのだろうか・・・・。
みんなも怪奇現象が起きる部屋とかあったらやってみるといいよ
恐怖体験が気軽にできる


427 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/08/21(日) 23:44:35.51 ID:HC1RjJTU0.net
>>426
ほんのりなんてレベルじゃない…


430 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/08/22(月) 01:27:57.46 ID:KYTzgIry0.net
レコーダー肝試ししてる奴らに盗られないようにねw


431 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/08/22(月) 02:33:47.50 ID:+Oex4UEF0.net
怖いのが好きなのか嫌いなのかよーワカランなw


[ 2016/08/23 23:11 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

闇夜の怪人物
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2016/08/18 09:37 ] 心霊笑える話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ その119
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1470412830/


306 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/08/16(火) 01:45:50.38 ID:+LcuUmko0.net
怖い話かどうか分からんが、多分相手にとっては怖かった話。

当時高1。なかなか厳しい家庭で、ゲームはもちろん、テレビや漫画も禁止されてた。
俺としてはすっかり慣れちゃっててそこは苦ではなかったんだけど、やっぱり思春期。
エロ関係だけは我慢できなかった。
そんなある日、まあまあな田舎の方に住んでるだけあって、学校への通学路は山道を通ることになるんだが、
朝の登校時になんと山道の木の陰に大量のエロ本を発見。俺は天の恵みかと思ってテンション上がったが、
さすがにそれを持って学校へ行くわけにもいかず、帰りまで残ってますようにとその場を後にした。
帰宅時、まだ無事なのを確認。だけどそこで問題が…。
仲が良かった友人と一緒に帰っていたせいで(相談事を持ちだされて断れなかった)、エロ本を拾うことができなかった。
今思えば男同士なんだから拾えばいいのにと思うが、その時は恥ずかしかったんだ。

(続く)


307 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/08/16(火) 01:47:11.45 ID:+LcuUmko0.net
家に帰ってもエロ本のことは頭から離れず、そして夜の22時頃。とうとう俺は決心した。
こっそり窓から抜けだして、俺は一直線へエロ本へと向かった。
夜中の山の中はさすがに雰囲気あって怖かったはずなんだけど、俺の頭はエロ本でいっぱい。
到着しエロ本に触れた時は涙が出そうになった。

ここで追記しておくと、俺は学校でなかなかの真面目君で通っていたので、深夜に出くわすはずがないと思いつつもある程度の変装をしていた。
まず性別を誤認させるため姉の服を勝手に借り、顔は白いハンカチを巻いて隠すという異様な格好をしていた。(今思うと馬鹿みたいだな…)

しかしこれが大問題となる。エロ本を手に取り物色していると、後ろから足音が…。
ものすごい反射神経で振り返ると、大学生くらいのカップルと目があった。
真夜中の山の中で、男のガタイで女の服を着て顔に白い布巻いてるやつがいたらそりゃビビるよ。
カップルは俺を見て固まり、数秒おいて男が尻餅をつき、女の方は逃げ出した。
俺は弁解しようと思ったが、それには俺が正体を明かさなければならないと気づき、どうしようかと迷っていると
男は腰が抜けたのか、動かない足を引きずってどうにか逃げようとしていた。

俺はそのまま男が逃げ切るまで棒立ちでいたんだけど、後日学校で
あの山には恐ろしい幽霊が出る、遭遇すると呪い殺されると噂になっていたのはさすがに困った。
エロ本は回収したが、自宅に持ち帰る途中で重すぎて置いて帰った。


今でも昔の友人に会うとこの噂の話をすることがあるんだが、言うべきかどうか悩んでいる。


[ 2016/08/18 09:37 ] 心霊笑える話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

‐全ランキング表示‐ ブログパーツ
プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加




アクセスランキング
LINK
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top