fc2ブログ

|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
ヘッドライン

【恐怖体験】今も脳裏に焼き付いて離れない話です
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2022/08/15 20:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?369
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1652452819/


645 :本当にあった怖い名無し:2022/06/14(火) 22:20:20.71 ID:BQTaf4wf0.net
今も脳裏に焼き付いて離れない話です。乱文&長文です、すみません。一応メモに書いてからコピペしてます。

これは私が小学生の頃。多分四年生くらい
私のお母さんはとにかく旅行が好きな人で、旅行に行くのも計画を立てるのも大好きらしかった
年に2度くらいはどこかに旅行に行ってだんだけど、その年は両親共に多忙で11月上旬に一回目の旅行に行った
場所はあんまり覚えてない、興味なかったのもあるかもしれない
でも、海が結構近くにあった気がする
今回の旅行はおばあちゃんたちも連れてだったから、私、母、父、兄、弟、祖父、祖母、母妹の計8人での旅行だった。行き先が遠かったこともあって、旅行先に着いた頃にはもう周りは真っ暗。泊まり先のホテルに行こうにも山道ばかりで軽く迷子になってしまって、さらに遅い時間にホテルについた。ホテルの周りは先程山道で迷子になったとおり山奥にポツンとたっていて、結構怖い雰囲気だった。車に乗っていただけだったけれど、かれこれ14時間ほど車に乗りっぱなしだったこともあり、全員疲れていたと思う。チェックインを済まして、部屋に荷物を置くとすぐにお風呂に入った。夕飯はあらかじめ済ましておいていたので、みんな各々好きなことをしながら寝る準備をしてた。大人たちは、車を運転する父と、お酒が苦手な祖母以外は少しだけ飲んでいた気がする。そんなこんなで就寝しようと布団に潜り込んだ。電気も消して、寝息が聞こえ始めた頃だろうか、急に窓が開く音が聞こえてきたのだ。


646 :本当にあった怖い名無し:2022/06/14(火) 22:21:19.47 ID:BQTaf4wf0.net
私自身結構なビビりなので、その音だけで既に汗が噴き出してやばかった。頭の中はもう大パニック「え、なになに。だれ?でもここ三階だし、人が入ってくるはずないよな」って頭の中でずっと考えてた。カーテンが大きく靡いたかと思うと、黒寄りの紫っぽい人型の何かが入ってきた。ソイツの姿を見て、幼いながら見つかったら殺されるんじゃないかと思った。笑ソイツはゆっくり、ゆっくり、「ネチャ、ネチャ」という粘着質な音を立てながら先程まで母たちがお酒を飲んでいたテーブルに近づいていく。テーブルの前で止まったかと思うとお酒と一個のコップを手に取って、これまたゆっくりと「ネチャ、ネチャ」と窓へと向かっていくのだ。窓の前までたどり着いて、「やっと居なくなる!」と内心胸を撫で下ろしていたのも束の間。ソイツはぐるりと窓の外へ向けていた顔を180度回してこちらを見つめてきたのだ。パチリと目が合う。なんとも悍ましいソイツの顔に恐怖が限界を越えたのか、そこで記憶は途切れていた。(顔は思い出したくもないので詳細書けない、すまん)


647 :本当にあった怖い名無し:2022/06/14(火) 22:22:00.73 ID:BQTaf4wf0.net
次に目を覚ますと、父たちが荷物をまとめて出発する準備をはじめていたところであった。まず第一に自分が生きていることに安堵した。今までで一番生を実感したと今でも思ってる「昨日は疲れていたし、きっと夢か幻覚を見たんだ」と自分に言い聞かせて、チェックアウトを済まして、車に乗り込んだ。そのままホテルをあとにしようとしたんだが、ホテルの方から視線を感じたのだ。なんだと思って目を向けると、昨夜私たちが泊まっていた部屋の窓から、アイツが顔を覗かせている。瞬間昨晩の出来事が鮮明に脳内に浮かび上がってきて、私は思いっきり視線をはずした。「いやいや、大丈夫。だって今はみんないるし、大丈夫。大丈夫。」呪文みたいに頭の中で大丈夫。と繰り返す。夢じゃなかったと、その時の絶望感といったらなかった。頭を抱え込むようにして体を丸める。あと少しで山道をぬけるという父の声に安堵する。あと少し、あと少し。
「ベチャ」
嫌な音が私の左隣から聞こえた。体が固まったように動かない。顔を動かそうにも「ギギっ」という音しか鳴らない。アイツだ。そう思うほかなかった、この数時間の間に嫌というほど聴き慣れてしまったこの粘着質な音は、アイツしかいないと。窓の外は見れなかった。だってアイツがいるのだから。私の視線は前に固定されて動かなかった。そしてようやっと山道をぬける。山道を抜ければアイツも追ってこないだろうと謎の自信があったのだ。山道をぬければ、きっと。アイツが張り付いているであろう窓がある場所も、山道をぬける。そんなとき、今でも脳裏に焼き付いて離れない、この世のものではないような地を這う低い声が鼓膜をゆらした
「あーあ、またね。」
この出来事がトラウマで、私は今も山の中にあるホテルにも、施設にも行くことができずにいます。そして、私は今も窓の外を見ることが出来ないのです。だって、見てしまったらアイツがいるような気がしてたまらないんです。あの「またね。」という呪いの言葉が、頭から離れないのです。
みなさんも、この音が聞こえても窓の外は見ないよう気をつけてくださいね。私のように、窓の外に怯える日々を送りたくはないでしょう。


[ 2022/08/15 20:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【謎】職場にある特定の人の記憶だけ無くした人がいる
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2022/08/14 20:01 ] 不思議な話 | CM(1)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?369
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1652452819/


615 :本当にあった怖い名無し:2022/06/13(月) 18:20:17.45 ID:kiXzDwP10.net
職場にある特定の人の記憶だけ無くした人がいる。


616 :本当にあった怖い名無し:2022/06/13(月) 18:28:34.67 ID:s0fryOOJ0.net
>>615
詳しく聞かせてや
忘れられるってどんな人なんや?


623 :615:2022/06/13(月) 21:30:08.91 ID:kiXzDwP10.net
>>616
忘れた人も忘れられた人も特に癖がない普通の人。
聞いたらその人のことだけすっぽり記憶が消えてるんだと。
そして今もあまり認識できないと言ってた。


624 :615:2022/06/13(月) 21:33:10.43 ID:kiXzDwP10.net
>>616
ごめん。
死ぬ程洒落にならない怖い話ではないよね。
本人はものすごく怖がっていたけど。


625 :本当にあった怖い名無し:2022/06/13(月) 22:28:06.47 ID:GSPI03i10.net
>>624
その人と何かあったんでは?ショックで記憶無くすくらいの


635 :615:2022/06/14(火) 11:34:26.63 ID:CwnLpmzf0.net
>>625
歳も全然違うしなんかあった感じではないかな。
今日は出社してるから聞いてみるよ。


636 :本当にあった怖い名無し:2022/06/14(火) 14:29:18.51 ID:uG7Upgr20.net
>>635
楽しみ
続報待ってます


642 :615:2022/06/14(火) 20:45:38.60 ID:nFAQN4rg0.net
>>636
大して怖い話でなく、ほぼスレチなのにありがとう。
今日色々聞いてきた。
忘れた方→A、忘れられた方→Bとするね。
とりあえず、Bのことは何一つ覚えていない。
今はほぼ接点がないが、以前一時だけ同じ仕事をしていたらしい、ということ。
その仕事をしていたのはBの他にあと2人いたけど、その2人と仕事をしていたことはぼんやり覚えている。
でも、そもそもその仕事していたことをあまり覚えていない(思い出そうとするとモヤがかかったような映像しか浮かばないとのこと)
でも、その仕事の事を聞かれると何故かちゃんと答えられる。
(自分でも驚くそう。考えるより言葉が出るんだとか)
今もBのことがあまり認識できず、思い出すまでに時間がかかる。
顔を見ると(あれ?誰だっけ?あー、Bさんか)という感じらしい。
上記の感じで思い出せるけどパッと見は初めて見る人という感じとか。
だから自分でも訳分からないからとりあえずものすごく距離をおいているんだって。
何かやらかしたのかも、と思って関わるのが怖いみたい。
今日話を聞いた時も「Bの話聞いてもいい?」と訊いたら「B…?」「あー、Bさん!」という感じだったから本当に認識できていないのかも。

ちなみに以前一緒に仕事していたという人に2人は当時どうだったのか?」と訊いたら「割と仲良くしていた」「仕事の内容が変わったから接点もなく話もしなくなったんだろうね」と言ってた。
無駄に長くなりすみません。
まぁ、こんな感じでした。


643 :本当にあった怖い名無し:2022/06/14(火) 20:58:05.37 ID:unwE0JdG0.net
>>642
サンクス
そりゃー不思議な話やな
精神的な問題なのか、外傷によるものなのか……
聞いている分には妄想が膨らんで面白いけど、本人たちにとっては洒落にならんやろうなぁ


644 :615:2022/06/14(火) 21:10:53.04 ID:nFAQN4rg0.net
>>643
わかる。聞いてる分には面白いけど、本人にしてみたら怖いだろうな。
何となくだけど精神的な問題が大きい気がしたよ。
でも、AもBもそれぞれいい人だし、まともで非常識な所はない。(と思う)
だから何かおかしなことになったとかはないと思うけどね。
気になるのがAの人格というか性格が以前と少し変わった気がする。


[ 2022/08/14 20:01 ] 不思議な話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加
管理人オススメ記事
真夜中にナビにつられて知らない峠道を走ることになった
去年の出来事
以前、一度だけどうにも奇妙な体験をしたことがある
やっぱり人ならざる者と電波って相性いいのかね


プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加


最新記事
【恐怖体験】今も脳裏に焼き付いて離れない話です Aug 15, 2022
【謎】職場にある特定の人の記憶だけ無くした人がいる Aug 14, 2022
姉の寝言 Aug 13, 2022
【怖】大学時代、友人宅でホラー映画鑑賞をした時の話 Aug 12, 2022
【不可解】峠の一本道 Aug 11, 2022
【怖】ある肉体労働者のおっさんから聞いた話なんだけど Jul 29, 2022
【闇深】平成初期の田舎での話。近所のアパートに20代くらいのお姉さんが単身引っ越してきた Jul 28, 2022
【謎】曰くつきの土地のエネルギーを感じるという霊感が自分にはあるのかも Jul 24, 2022
橋にいる女 Jul 23, 2022
【怖】観光地にあるカフェで働いていた時に体験した話 Jul 22, 2022
過去ログ +

2022年 08月 【5件】
2022年 07月 【10件】
2022年 06月 【10件】
2022年 05月 【10件】
2022年 04月 【10件】
2022年 03月 【10件】
2022年 02月 【10件】
2022年 01月 【10件】
2021年 12月 【10件】
2021年 11月 【10件】
2021年 10月 【10件】
2021年 09月 【10件】
2021年 08月 【10件】
2021年 07月 【10件】
2021年 06月 【10件】
2021年 05月 【10件】
2021年 04月 【10件】
2021年 03月 【10件】
2021年 02月 【10件】
2021年 01月 【10件】
2020年 12月 【8件】
2020年 11月 【7件】
2020年 10月 【10件】
2020年 09月 【10件】
2020年 08月 【10件】
2020年 07月 【10件】
2020年 06月 【10件】
2020年 05月 【10件】
2020年 04月 【8件】
2020年 03月 【10件】
2020年 02月 【7件】
2020年 01月 【10件】
2019年 12月 【8件】
2019年 11月 【12件】
2019年 10月 【10件】
2019年 09月 【10件】
2019年 08月 【10件】
2019年 07月 【10件】
2019年 06月 【10件】
2019年 05月 【10件】
2019年 04月 【10件】
2019年 03月 【10件】
2019年 02月 【10件】
2019年 01月 【11件】
2018年 12月 【10件】
2018年 11月 【11件】
2018年 10月 【10件】
2018年 09月 【10件】
2018年 08月 【10件】
2018年 07月 【11件】
2018年 06月 【10件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【10件】
2018年 03月 【10件】
2018年 02月 【10件】
2018年 01月 【12件】
2017年 12月 【9件】
2017年 11月 【8件】
2017年 10月 【13件】
2017年 09月 【13件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【10件】
2017年 04月 【10件】
2017年 03月 【10件】
2017年 02月 【11件】
2017年 01月 【10件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【8件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【13件】
2016年 06月 【16件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【13件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【13件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【12件】
2015年 05月 【16件】
2015年 04月 【14件】
2015年 03月 【27件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【25件】
2014年 12月 【26件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【20件】
2014年 09月 【18件】
2014年 08月 【20件】
2014年 07月 【25件】
2014年 06月 【21件】
2014年 05月 【18件】
2014年 04月 【17件】
2014年 03月 【16件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【22件】
2013年 10月 【10件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【13件】
2013年 07月 【10件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【5件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【6件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【7件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【19件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【8件】
2009年 07月 【21件】

アクセスランキング
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top