|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
ヘッドライン

唯一近づきたくない和室
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2017/08/21 12:01 ] 心霊いい話 | CM(0)
夏だしちょっぴり怖い話でもしてかない?
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1501853744/


247 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/17(木) 20:41:10.56 ID:KZLKucXf0.net
流れぶった切ってすまん。
そんなに大した話じゃないんだけど聞いてくれ。
以前おれ東大阪市の3LDKのマンションで一人暮らしをしてたんだわ。
和室一部屋、残りは洋室の3LDK。
当時の職場もそのマンションから近かったし築15年そこらで綺麗な物件な割に家賃も月七万円で掘り出し物の物件だと思ってた。
でもな。
どうにもそのマンションに一部屋ある和室が良く無かった。
日中はそうでもないんだけど夜はなんかその和室には入りたくないんだよ。
特に襖を開けたくない。
というか襖に近づきたくない。
幸い3LDKで一人暮らしだったからスペースは余ってたし、その和室は洗濯物を取り入れてアイロンをかけるまでの間しばしその洗濯物を置いておく為の専用の部屋にしてた。


248 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/17(木) 20:44:39.09 ID:KZLKucXf0.net
そんな感じで和室を持て余しながら生活してたんだけど、ある日おれ猫を拾ったんだよ。
その猫は今となってはおれの大事な相棒だし、おれは猫が大好きだからな。
半日張り付いて様子見たけど親もいなさそうだし迷う事なくうちに連れて帰ったよ。
サビ猫だから柄は一般受けしないかもだけど、おれからしたら愛らしくてマジ可愛い猫ちゃんだったしな。
でまあ動物病院連れて言ったりアレヤコレヤで拾ったサビ猫は我が家に居つく事になったわけだが、当時住んでたマンションはペットOKかどうか分からんのだわ。
大家にもそんな事は聞いてないしな。
広さ的には3LDKある訳だし猫一匹買うには十分だったんだけど、やっぱりあの和室も引っ掛かっててなぁ。


249 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/17(木) 20:46:16.26 ID:KZLKucXf0.net
そんな理由もあって猫と暮らせるマンションに引っ越しを決意した訳だ。
おれの猫(仮名サビとしようか)も家中しっちゃかめっちゃかにする癖に、やっぱりというか和室にだけは絶対入らなくてな。
俺が和室で洗濯物のアイロンがけしてるとサビの奴が遠目からコッチ見てニャーニャー鳴いてんだよ。
普段は鬱陶しいくらいに作業の邪魔しやがる癖に和室には絶対に入って来なかったな。
そんで今は無事引っ越して西区の猫と暮らせる2DKに越してきた。
サビもスクスク育って元気だ。
つか振り返って思うにあのマンションで暮らしてた頃の俺はやっぱりちょっと異常だったんじゃないかなぁと思う。
当時は仕事のストレスだと思ってたんだけど、あの時期サビと会うまでは何故かすごく気分が滅入っていた。
今でも腕とかに跡が残ってるんだけど、なんか当時二の腕とか脚の腿とか血が出てカサブタが出来るまで掻き毟ってたんだよな。
サビも当時は取り込んで和室に置いてた洗濯物とか全然近づきもしなかった癖に、いまのマンションだとまるでライフワークのように取り込んだ洗濯物に潜り込んで隠れてるし。
あのマンション…ってかあの和室、絶対やばかったんだろうなぁ。
サビを拾わなかったら逃れられたか分からん。
きっとおれってサビを救ったつもりでサビに救われたんだ。


251 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/18(金) 09:12:14.96 ID:qaBBRltF0.net
>>250
よかったな
サビに感謝して幸せにな
しかし独り暮らしで3LDKって広くない?


254 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/18(金) 20:54:27.69 ID:ZBQQ+rCi0.net
>>251
ありがと
スペース余裕で余ってたよ
でも周辺のマンションの相場が1DKで6万円とかだったし3LDKで7万円って破格だったから決めたんだわ


255 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/18(金) 20:56:02.26 ID:9VDmOn8SO.net
>>249とサビちゃん、お互いを救いあえた仲だと思う
これからもサビちゃんを大切に、そして二人で幸せに暮らしてね♪


[ 2017/08/21 12:01 ] 心霊いい話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

闇夜に見た四つん這いの生き物
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2017/08/20 12:01 ] 怖い話 | CM(0)
夏だしちょっぴり怖い話でもしてかない?
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1501853744/


243 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/17(木) 14:07:01.03 ID:EAapjPDI0.net
お盆だから一昨日まで実家に帰って、墓参りしたり、地元の友人と会ったりダラダラ過ごしてた。
その日も幼稚園から中学まで一緒だった幼馴染みと飲みながら他愛もない話をして、帰ったのが深夜1時過ぎ。
風呂入ったりなんだりして、布団に入ったのが2時くらいだった。

俺の部屋は出ていく前そのまま残ってて、そこで寝てたんだけど、どこからか線香の匂いが漂ってきたと思ったら、家からすぐ近くにある神社の辺りからかな?
うぁーんうぁーん!ていう猫の発情期の唸り声が聞こえてきた。

ずっと唸ってるんで、「うるせーなー」と思いつつ、下に飲み物飲みに行こうと電気はつけずに階段を降りた。

その階段の窓から神社が見えるんで、(直線距離25m位)まだ唸ってる猫が見えるかも知れんと思い、ふと神社の方を見てみたのが間違いだった。

唯一社にある灯りに照らされて、四つん這いの生き物がいるのが見えた。
だか、明らかに猫でも犬でもなかった。
全身が青白いおかっぱの女の子が四つん這いで、猫のように唸っていたのだ。

やばい!見ちゃいけない!と思いつつも、身体が動かず、ただそれを見ていた。
あれと目があったらどうなってしまうんだと思いつつも、身体が動かない。

と思っていたら、パッと階段の電気が付いた。
母だった。
「あんた何やってんの?」
俺は「いや、何でもない」と言ったが、明らかに様子がおかしい事を察したのか、
「神社のあれ、この時期この時間になるといつもいるから気にしちゃだめだよ」
と言って寝室に戻っていった。

この時期?俺は毎年来ているがあれを見たのも、声を聞いたのも初めてだった。
悶々としつつも、飲み物を飲み、布団に戻ったが、どうもあの女の子に見覚えがある。
いや、俺は幽霊など今まで見たことがない。でも何かひっかかる、、

俺は一晩中考えていたがとうとう思い出せず、そのまま寝てしまった。


244 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/17(木) 14:07:45.90 ID:EAapjPDI0.net
次の日、母に夜の事を聞いてみたら、
「いつか忘れたけど、15年くらい前、●●さん家の隣の・・・」
そこまで聞いて昨夜の女の子が誰なのか分かった。

15年くらい前、神社のすぐ近くに空き家があった。
俺が神社で友達と遊んでいると、ゴムボールを持ったおかっぱの女の子がいつの間にか立っていた。
一緒に遊ぼうとしたのだが、その子の言うことが、お兄ちゃんが木にぶつかって目が見えなくなっちゃったんだよ!だの他にも訳のわからない支離滅裂な事を言い、学校などにも行ってないようで、不気味なのですぐ離れようとした。

しかし、「私の家、そこなの。ちょっと来て!」とこの前まで空き家だったはずの家を差し、仕方なくいき、縁側に座ると、数十匹の猫とお婆さん。
その他に人がいる気配はなかった。
動物があまり好きではないこともあり、すぐに立ち去ったのだが、数日後、その家は空き家になっていた。

神社で見たのはあの日の女の子だった。

彼女は一体あそこで何をしているのだろうか。


245 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/17(木) 14:16:09.59 ID:EAapjPDI0.net
後半超雑・・・
けど、俺が実家で体験してきた話です。
母曰く、「悪さはしないみたいだけど、近寄ったり見たりしない方が良い」とのことでした。
ちなみに母も俺も霊感はありません。

ですが父には見えても聞こえてもないようです。
妹は声だけは聞こえるそうです。

なぜ自分が今年から見えだしたのかは分かりませんが、15年前のあの少女とお婆さんの事自体も、父は知らないようでした。
(妹は幼かった)


ちなみに、向かいの家の幼馴染みはその子の事を覚えてて(しかも当時おもちゃで頭を叩いた)やはり毎年見えるそうです。


246 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/08/17(木) 14:38:12.19 ID:FEtlA7f30.net
訳のわからないモノは怖いよなぁ


[ 2017/08/20 12:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

‐全ランキング表示‐ ブログパーツ
プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加




最新記事
唯一近づきたくない和室 Aug 21, 2017
闇夜に見た四つん這いの生き物 Aug 20, 2017
【不思議体験】俺が大学生だった二十年前、かわいがっていた犬が死んだ Aug 19, 2017
心霊スポットで会った女 Aug 13, 2017
夜道に見えた白い人型の何か Aug 12, 2017
俺を子どもの頃から可愛がってくれた叔母がガンで死んだ Aug 11, 2017
【不思議体験】六十年以上も昔、中学生だった大叔父の話 Aug 06, 2017
【恐怖体験】昔、カラオケボックスで働いてた時の事 Aug 04, 2017
真夜中の訪問者 Aug 03, 2017
未来予知できる弟 Jul 29, 2017
過去ログ +

2017年 08月 【9件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【10件】
2017年 04月 【10件】
2017年 03月 【10件】
2017年 02月 【11件】
2017年 01月 【10件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【8件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【13件】
2016年 06月 【16件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【13件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【13件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【12件】
2015年 05月 【16件】
2015年 04月 【14件】
2015年 03月 【27件】
2015年 02月 【17件】
2015年 01月 【25件】
2014年 12月 【26件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【20件】
2014年 09月 【18件】
2014年 08月 【20件】
2014年 07月 【25件】
2014年 06月 【21件】
2014年 05月 【18件】
2014年 04月 【17件】
2014年 03月 【16件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【22件】
2013年 10月 【10件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【13件】
2013年 07月 【10件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【5件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【6件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【7件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【8件】
2009年 07月 【21件】

アクセスランキング
LINK
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top