FC2ブログ

|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
ヘッドライン

活力あふれる虚弱体質の母の話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/10/20 20:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?285
https://toro.5ch.net/test/read.cgi/occult/1322862781/


43 :本当にあった怖い名無し:2011/12/04(日) 02:48:46.47 ID:veGHgml+0
これは私が、いや、正確には母が半年前から9月の終わりごろまでに経験した話。長いです。

今年の7月某日、もろもろの事情で、私は結婚を前に実家へ一度帰省するため
アパートから引越しすることになりました。
父は仕事の繁忙期でこれませんでしたが、母が有給をもらって、代わりに来て
くれました。
母は去年から体の調子が芳しくなかったのですが、とにかく外で遊ぶのが大好
きな人で、今年の5月にトルコ旅行なんぞに行くような、本当に活力あふれる虚弱体質の人です。
さらにいうなら何もないような場所でよく転ぶ、おっちょこちょいな人でもあります。
荷造りのときも10センチの段差しかないアパートの玄関で派手にスッ転んでました。


44 :本当にあった怖い名無し:2011/12/04(日) 02:50:49.18 ID:veGHgml+0
私のアパートがあった某所は海と山に囲まれた比較的のどかな場所
(相手の家の地域)で、高速を走らせればすぐにK野やおI勢さんにいけるよ
うな立地の場所でした。
そんな場所ですから、旅行好きで観光大好きな母親が行動を起さないはずもなく。

「M(私)さん!お母さんちょっとK野古道めぐりいきたい!」

ちょっとK野古道めぐりってアンタねぇ、なんて思いもしましたが、
言い出したら聞かない人ですし、行かない!なんて私がごねて後から
ネチネチ文句言われるのもイヤだしなぁ、という思いもあり、とても
すごく遠回りですが引越しの荷物(クロネコさんの単身パックから
あぶれ出た荷物)をひっさげて、K野古道とN智大社、周辺のお社
へ行くことになりました。
旅なれた母はあれよあれよと言う間に宿を確保し、いきたい社と
観光スポットをググって決め、出だし快調に出発しました。


[ 2018/10/20 20:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

川から聞こえる呼び声
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/10/19 12:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?352
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1537031148/


255 :本当にあった怖い名無し:2018/09/30(日) 21:26:58.96 ID:yL5AA1kr0.net
学校の裏手に川が流れている
深さ1m幅3m位の大したことない川だ
これが、大雨や台風の時なんかに大増水して
深さ4m幅6m位の濁流になる

豹変する原因はもう少し先にあるもう一つの同程度の川と合流する事
更にその先にあるちょっとしたダムがあるせいで
処理量を超えた水が溜まっていき、増水・氾濫するという具合だ

とある台風や大雨が降り続けた頃の話
雨脚が弱まり、いよいよ止むかもしれないという頃
まだ暗い朝4時頃、川の周りに田んぼを持つ人が心配になり
川の様子を見に来た
雨脚は弱いがザーと降り続け、
川は増水しどこともなくゴーと室外機のような音が聞こえる
激流となりうねった川から傍の道に時たま水が溢れている


256 :本当にあった怖い名無し:2018/09/30(日) 21:29:21.38 ID:yL5AA1kr0.net
ひとしきり川の様子を見たその人は帰ろうとすると
「おーい」
と誰か呼ぶ声が聞こえた気がした
不思議に思い辺りを見渡したが
視野が暗い中人影はおろか、動物の気配さえ感じない
そもそもこんな時間・場所で音が入り乱れる中
人の声が聞こえるはずなどありはしないと
その人は帰ってしまった

空が白む5時頃
その人は日課のランニングで川に来た
天気・川の様子は相変わらずだが
その人も
「おーい」
と呼び声を聞いた
声が気になり、声のする方へ向かったが
声が大きくよりはっきり聴こえるが
ついに正体を突き止める事は出来なかった
その人は気味悪くなり、その場を後にした


257 :本当にあった怖い名無し:2018/09/30(日) 21:30:58.45 ID:yL5AA1kr0.net
明け方6時頃
単に川の様子が気になった人がいた
川に近づくと
「おーい」
と呼び声を聞いた
声のする方へ向かうと
対岸の川岸に子供の顔を認めた
その人は子供が溺れてると思い、身を乗り出すが
いくつかおかしい事に気づいた

まず、子供が笑っているのである
溺れているのにそんな余裕はないだろうと思った
次に、子供の顔はあるのに体が一向に見えない
うねった川は波打つため微妙に水位が上下するのに
まるで、浮きのように顔が水位と共に上下する
最後に、声こそするが口が動いてない
そもそも「おーい」という声も緊迫感が感じられない
何の感情もなく大きな独り言を言っている感じだ

それらを鑑みて、その人は
「アレはこの世の者ではない」と見切りを付け、踵を返した
その人がその場を離れる時も後ろでずっと
「おーい」
と変わらぬ様子でそれは呼び続けていたそうだ


258 :本当にあった怖い名無し:2018/09/30(日) 21:40:42.73 ID:yL5AA1kr0.net
なぜこんな話達が広まったかと言うと
ダムから男の子の遺体が上がったからだ

朝の段階ではは色々な漂流物に交じってマネキンがあるという話だったが
昼頃警察の調査により判明した
遺体には漂流物により付けられた傷がたくさんあり
その子は長い事そこにいた事を伺わせている

溺れた子説が否定されたため
その子も前述のソレに遭遇し、引きずり込まれた
のではないかと憶測がされている

そして、今でもその川から時たま何かを呼ぶ声がする話がある


終わり


[ 2018/10/19 12:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

つい先日、弟が体験した話です。そんな強烈に怖い話ではありませんが・・・。
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/10/18 19:04 ] 怖い話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 132
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1537680088/


89 :本当にあった怖い名無し:2018/10/08(月) 12:25:13.60 ID:fe20iYCw0.net
いつもまとめサイトとかで読むばかりで、今回初めて書かせて頂きます。
つい先日、弟が体験した話です。そんな強烈に怖い話ではありませんが・・・。

台風25号が接近し、天気のコンディションが微妙だったその日。弟は、彼女と彼女の妹さんの3人でドライブに出かけました。
向かった場所は、三重県伊勢市にある朝熊山(あさまやま)という山です。
山頂に金剛證寺(こんごうしょうじ)というお寺があり、結構見晴らしが良い所なので、それを目当てのドライブでした。
どうにか天気は持ちそうだったのですが、山には霧がかかっていたそうです。

ちなみにこの3人、弟と彼女はほぼ零感で、彼女の妹さんが霊感という程ではないものの、何かを感じるくらいは
出来る・・・というメンバーです。
ドライブ中、最初に異変を感じたのは、やはり妹さんでした。霧がかかる山道を車で進んでいくにつれ、ソワソワ
し始めたそうです。目的地へ向かう途中にも展望台があり、そこで一旦車を停めました。何か嫌な感じがするので、
引き返した方がいいのでは、と妹さんが提案してきたそうです。
霧がかかっているとは言え、運転出来ない程じゃないし、せっかくここまで来たから行けるところまでは行ってみよう、と弟。
とりあえずその場は弟の意見が通り、ドライブを続けたそうですが、山を登り続ける内に、弟も何となく嫌な気分になっていったそうです。
彼女だけは別段何ともなさそうだったとか。
そうこうしている内に、山頂が近付いてきました。相変わらず周囲は霧が立ち込めており、視界は白っぽい世界に包まれて
いたそうです。


90 :本当にあった怖い名無し:2018/10/08(月) 12:25:32.77 ID:fe20iYCw0.net
続きです。

駐車場に入る最後のカーブを曲った所で、異変が起きました。
それまでと一転し、辺りが急激に暗くなったそうです。雨が降り出したわけではありません。白い世界から黒い世界へ、一気に
豹変したような感じだったとか。どう表現したらいいか難しいですが、雨の日の夕方のような暗さだと、弟は思ったそうです。
それと共に、それまで何となく嫌な感じがしていただけの弟も、これはヤバいとはっきり感じ取りました。彼女も同じような反応を
示したそうです。そして、彼女の妹さんはと言うと、山頂に到着した時点で極度に怖がりだし、若干のパニック状態に。

車から降りようものなら、何が起こるか分からいような雰囲気。弟はすぐさま車を発進させ、下山を開始。その間も、妹さんの
パニック状態は収まりません。運転中、1回不意にハンドルを取られた弟も、パニックになってしまいそうだったとか。

すると突然、妹さんが

「火はありませんか?」

と言ったそうです。弟は喫煙者ではないのですが、たまたま車にライターがありました。適当な場所に車を停めて、ライターで
火を灯しました。その瞬間、何とも言えないホッとした空気に包まれたそうです。火は魔除けになるらしく、どうにかこの空気を
打破したかった妹さんが、とっさにそれを思い出したとの事でした。

束の間安堵したところで、下山再開。一刻も早く山から離れたい一心で、弟は可能な限り速く車を飛ばしました。
そして、どうにか無事に山を下りる事が出来たそうです。
下山が完了したあと、麓から山を眺めてみると、特に山頂付近が不気味に真っ黒い様相を呈していたそうです。
もし山頂にそのまま長く留まっていたら、絶対に良くない事になっていただろうと、3人でまたゾッとしたそうです。

朝熊山は霊場ですので、天気のあまりよくない日にそういう場所へ行った事から、今回の出来事は起こったのでしょうか・・・。
この後、弟・彼女・彼女の妹さんの3人とも、特別何かが起こったりはしていないそうです。


92 :本当にあった怖い名無し:2018/10/08(月) 13:44:48.62 ID:ipNWR/IjO.net
>>90
朝熊山はお伊勢さんの鬼門だな
何かの脅威から神宮を守っていたのかもしれないよ


[ 2018/10/18 19:04 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【恐怖体験】母「今日ね、絶対北枕で寝ないでよ」
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/10/15 20:01 ] 怖い話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 131
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1531051499/


953 :本当にあった怖い名無し:2018/09/12(水) 02:46:17.37 ID:23bN49zv0.net
怖いのかわかんないけど、もやもやしてるから書き込みます。
掲示板初だから変なことしてたらごめん。

中二の時、ベッドが壊れて一週間だけ布団で寝ることになった。
三日ぐらいたった日、母に「今日ね、絶対北枕で寝ないでよ」って言われた。

その日だけってのが気になったし俺もできればそうしたかったんだけど
寝る前に充電つなぎながら長時間携帯見るってのが習慣っていうか楽しみになってて
コンセントの近くじゃないと寝られなかった。そのために家具の配置上どうしても北枕にしないといけなくて

母の忠告は気になったけど 携帯>怖さだった俺は北枕で寝ることにした。
配置的には部屋の真ん中らへん。そこに仰向けになって寝てたんだけど
明け方(三時くらい)急に首に圧迫感を感じて起きた。だけど体は動かないわ、部屋は暗いわで何が起きてるかわからない。


954 :本当にあった怖い名無し:2018/09/12(水) 02:47:25.66 ID:23bN49zv0.net
息ができなくなって、やばい、死ぬって思った時だった
威嚇する猫の声がした。多分、飼ってる黒猫の声。その時首の圧迫感が消えた。

その後「あんたらも間違えるときはある、気をつけて」という男性の声が聞こえた後、動けるようになった。
電気つけると黒猫が元気よくすり寄ってきて、めちゃくちゃ安心したのを覚えてる。

それから5日くらい経った日、出かけるときに喪服の行列を見かけた。
友人曰く近所の男性が自殺したとのことだった。

最近知った話なんだけど、ご遺体を寝かせるときは北に頭を向けて、仰向けで寝かせるらしい。
だからあの日俺は何かに死んだ人間と間違われたのかもしれない。

あれが現実だったのかは置いといて、俺はそれまで死んだら消えるだけって思ってたんだけど実際はどうなんだろう。
それから俺が一番気になってることがある。

なんで母はその日だけ北枕にするなって言ったんだろう。
長いし怖くなくてごめん、ちなみにあれから俺は北枕で寝ないようにしてます。


[ 2018/10/15 20:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

録音したカセットテープから聞こえてきた音声
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/09/30 16:01 ] 怖い話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 131
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1531051499/


735 :本当にあった怖い名無し:2018/08/21(火) 14:39:15.97 ID:yNMDZ8K20.net
かーちゃんの友達から聞いた話を投下

その人がまだ小学生の頃の話

当時、テレビで「西遊記」ってドラマやってて、その人はラジカセで音声を録音しようとしてたんだって
テレビから直接音を取る有線の録音じゃなくて周りの音や声も入っちゃうっていう方式で

んで番組始まる前に試し録りしようと録音ボタン押して、数十秒ほどして止めて巻き戻して聞いてみたそう

室内にいたのはその人とその人のお母さんだけ
テレビはまだ付けておらず、お母さんは編み物してたそうで、入ってる音はどうせ小さな雑音だろうなと思ったそうだ

ところが再生してみるとなぜだか牛の鳴き声が入ってる

「モォ~~モォ~~」って

その人は田舎生まれでひいじいちゃんの家だかが牛飼ってて、ナマの牛の声を聞いたことあるそうで、聞いた瞬間「牛の声だ」と思ったんだと

なんじゃこれ、牛なんていないのに、とビックリ
夜だし室内だし近所にも家畜いる家なんてないし

しかも音割れするほどのすげえ音量で入ってたから慌ててボリュームを絞ったんだって

そしたら、音を絞ったことで牛の声じゃないってわかった
それ「モォ~モォ~」じゃなく、「ウゥ~ウゥ~」って苦しそうにうめいている低音の男の声だった

その人、室内にいたお母さんに言おうとしたらしいんだけど、あまりに怖すぎて声が出ない、
それに「いま何か言ったら良くないことが起こる」という勘らしきものが頭をよぎったそう

慌ててテープ巻き戻してまた録音ボタンを押してカセットテープを上書き録音したんだって
恐る恐る巻き戻して再生してみたところ、今度はザーッていう環境音とかしか入っていなくて心底ホッとしたそうな


737 :本当にあった怖い名無し:2018/08/21(火) 18:04:47.20 ID:OhrIvFtC0.net
>>735
ぞくっとした
こういうのがいい


[ 2018/09/30 16:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

駅のホームで見た一年生くらいの男の子と女の子
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/09/30 08:01 ] 怖い話 | CM(1)
ほんのりと怖い話スレ 131
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1531051499/


711 :本当にあった怖い名無し:2018/08/18(土) 10:14:21.92 ID:m6J9aRlj0.net
学生時代の話し。
家の用事で学校を早退し、駅へ行ったらちょうど電車が行ってしまった。
でもすぐに次が来るので並ぼうと思ったら、ホームに一年生くらいの男の子と女の子が手を繋いで立ってた。
おそろいの制服と帽子、ランドセルを背負ってたので、私立の子かな?と思いつつ、何気なくその子たちの後ろに並んだ。
ちょうど空いてる時間でその子たちが先頭、私が二番目。
あと1分くらいで電車が来るっていうときに、足早に歩いてきたサラリーマンのおじさんがその子たちの前に割り込んだ。
空いてるのに何だよと思ったけど文句を言う勇気もなく黙ってたら、男の子がぼそっと
「どんってやったら、ぐちゃってなるかな」
と言った。周りが静かだったからはっきり聞こえた。
おじさんはぎょっとして振り返り、私もえっと思った。
二人はお互いに何か耳打ちしてくすくす笑ってて、おじさんは逃げるようにどこかへ去って行った。
車内でそっとその子たちを見たら、きれいな顔した双子だった。
ずっと手を繋いでて、無表情で前をじっと見てて怖かった。
その後はあの子たちを見かけることもなく、誰に話しても信じてもらえなかった。
父に「この辺りに私立の小学校なんてない」と言われたときはぞっとした。


712 :本当にあった怖い名無し:2018/08/18(土) 13:45:45.19 ID:krdlJlcd0.net
>>711
コワッイ


[ 2018/09/30 08:01 ] 怖い話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

【呪い】良いところのお坊ちゃん男と母子家庭育ちの女が付き合い始めた
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/09/22 08:01 ] 怖い話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 131
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1531051499/


639 :本当にあった怖い名無し:2018/08/14(火) 14:48:18.11 ID:BFiCdtn2O.net
友達カップルの話。
自分はどちらとも友達。
良いところのお坊ちゃんAと母子家庭育ちのBが付き合い始めた。
Bは顔も性格も良い女だったしAものほほんとしたお坊ちゃんオーラが出てる天然の面白い奴だった。
2人の付き合いが半年に差し掛かる前に事件?が起きた。


640 :本当にあった怖い名無し:2018/08/14(火) 14:52:02.54 ID:BFiCdtn2O.net
A両親が母子家庭育ちの女なんかと付き合うな!家の格が下がる!別れろ!とAを糾弾したらしい。
家業を継ぐ事が決まっていたAはBと別れた。
Bは呑めない酒や吸えないタバコに手を出し、急に泣き出したり、急にきちんと生活したりをループしていて痛々しかった。


641 :本当にあった怖い名無し:2018/08/14(火) 14:54:39.67 ID:BFiCdtn2O.net
BはAの事が死ぬ程好きだったんだよな。Aも別れたがまだ好きなようだった。
Bが何とか立ち直ったと思って告白した奴もいたが毎回好きな人がいるからと断っていた。
別れてから10年経ってもそんな様子だった。


642 :本当にあった怖い名無し:2018/08/14(火) 14:56:28.38 ID:BFiCdtn2O.net
Bが睡眠薬と農薬を飲み何日か意識が戻らない事があった。
退院したBは憑き物が取れたような清々しい顔をしていた。
その後、Aの家業が傾きにA兄弟が相次いで婚約破棄され親戚宅は家事に。
厳格なA母は親子ほど年の離れたホストにドハマり。
A家業の従業員も理由は別だが入院したりしていた。


643 :本当にあった怖い名無し:2018/08/14(火) 15:00:52.68 ID:BFiCdtn2O.net
AとA父がこれは呪われていると神社や寺をあちこちまわったそうだ。
すると和尚さん曰く、どれほど憎まれればこれ程の呪いを掛けられるのか解らない。これは解呪出来ない。
近くに来るだけでも呪いの気に当てられると断言されたそうだ。


644 :本当にあった怖い名無し:2018/08/14(火) 15:03:42.13 ID:rHe3GE/d0.net
なんかとんでもない女と関わり持ってしまって、Aたちが可哀想、としか思えない
逆恨みだよね

でも面白い話ありがとう


645 :本当にあった怖い名無し:2018/08/14(火) 15:07:13.96 ID:BFiCdtn2O.net
その後、AはBに連絡取って復縁したんだよ。Bは毎日復縁を願い続けて良かったって幸せそうなのよ。
それを知ったA父は母子家庭育ちの女と付き合うなって再び別れさせた訳。
今度こそダメだった。
本気の呪いが炸裂した。


646 :本当にあった怖い名無し:2018/08/14(火) 15:08:29.56 ID:BFiCdtn2O.net
家業は廃業。
A母の莫大な借金、A兄弟は風俗、ギャンブルにハマり闇金からも詰まんでいた。
Aが事故で下半身を潰され車椅子に。
A父何故かBに恋焦がれ(Bと面識無かったそうだ)ストーカーと化し下半身露出している所を逮捕された。


648 :本当にあった怖い名無し:2018/08/14(火) 15:09:06.15 ID:BFiCdtn2O.net
Aと関わると呪われると噂が流れ(SNSで友達登録してるレベルでも)A一家は離散した。
Bにこの前会ったけどまだAが好きなんだ、A元気かなぁ仕事頑張ってるかなぁと言っていたのに何とも言えない恐ろしさを感じた。
一生外れ無い呪いを無自覚に掛ける程の情愛を抱けるのは本当に凄い。


649 :本当にあった怖い名無し:2018/08/14(火) 15:11:55.85 ID:BFiCdtn2O.net
A父がBの顔を知らなかったのは恋人を紹介したいというAに対して母子家庭育ちの悪い女に会うなんて時間の無駄だと言っていたから。
あれから10数年経って色々経験したけれどもこの呪いが一番怖い。


650 :本当にあった怖い名無し:2018/08/14(火) 15:24:00.44 ID:00G91QQT0.net
面白いって言っていいのかわからないけどよかった
Aの父に偏見さえなければ素晴らしい家族になってそう


651 :本当にあった怖い名無し:2018/08/14(火) 15:55:15.72 ID:BFiCdtn2O.net
>>650
そうなんだよなぁ
友達の中に二次元しか興味無い奴がいるんだが、AとBだけは応援したいし上手くいって欲しい。せめてBが報われたらなぁって言ってたのが何か心に残ってる


652 :本当にあった怖い名無し:2018/08/14(火) 15:55:27.81 ID:BRoBs3UiO.net
そうだよな
これだけ強い無意識の呪(まじな)いをかけられるほど霊力の高いBなら
Aの嫁として迎え入れたら、同業他社を潰す勢いで家業が発展したかもしれない
最強のあげまんを手に入れるチャンスをみすみすA父は逃した…と考えたらおもしろい話だ


653 :本当にあった怖い名無し:2018/08/14(火) 17:30:25.19 ID:BFiCdtn2O.net
>>652
そうそう
Bに好意的だった人は自分含め幸運に見舞われてる(めっちゃデブなのに可愛い嫁さんが出来たとか宝くじ当たったとか)
飯とか誘った時にBが吐き気と頭痛酷いからパス…って断る時に強い呪いが発動してんのが何となくわかるようになってきたよ…
B本人は何も知らないだろうし、Aと添い遂げる為なら呪いすらコントロール出来そうで怖い。


654 :本当にあった怖い名無し:2018/08/14(火) 17:54:25.44 ID:8lMdXE/y0.net
巣食うもの
みたいで怖いね


[ 2018/09/22 08:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

海外で泊まったホテル
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/09/16 20:01 ] 怖い話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 131
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1531051499/


471 :本当にあった怖い名無し:2018/08/04(土) 02:08:52.65 ID:Q+Aleelr0.net
海外で泊まったホテルは綺麗で快適だったんだけと、同行者は「怖…絶対おばけいる!」って言ってた。
それから何年か経ってその国の友達ができて、
「あなたの出身国で〇〇ホテルに泊まったよ」と話したら
「良くそんな心霊ホテルに泊まれたね」と言われた。
(旅行中食事した場所がたまたまその人の家の近くだったからどこに泊まったのか聞かれて答えた)
同行者は自分の発言を全く覚えていなくてただ怖がってた。
私はそれが一番怖かった。

実話だよ


[ 2018/09/16 20:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

もう二度とあのホテルには泊まりたくない
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/09/16 12:01 ] 怖い話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 131
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1531051499/


435 :本当にあった怖い名無し:2018/08/02(木) 01:29:53.98 ID:V3aSaAmx0.net
駅近くのビジネスホテルに部屋をとって
荷物を部屋に置いた後
近くに住んでいた友人と連絡をとり食事にでかけた
食事も終わり部屋に帰ってきて鍵をかけるとドアスコープの穴にティッシュがコヨリ状にされて詰め込まれていた
食事に出ていくときには確かに何も無かったので誰かが留守中に侵入していたのかと怖くなり
すぐにフロントに連絡して来てもらい現状を見せて説明したところ
防犯カメラをチェックしてくれたらしいのだけど
他に誰も部屋に入った様子は無いとの事
気持ち悪いので部屋は変えてもらいそちらで朝まで過ごしたけど気持ち悪くて寝れなかった。
もう二度とあそこには泊まりたくない


436 :本当にあった怖い名無し:2018/08/02(木) 02:49:47.14 ID:koY4vzSs0.net
カメラにどこまで映ってたんだろうか
もし廊下全域を映すタイプならイタズラもありえない訳だしほんのりどころじゃねーな


[ 2018/09/16 12:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

つい最近まで建設系で働いていたが、そこで仲が良かった同僚から聞いた話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/09/15 12:01 ] 怖い話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 131
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1531051499/


411 :本当にあった怖い名無し:2018/07/28(土) 05:11:11.92 ID:YYL0PeYM0.net
つい最近まで建設系で働いていたが、そこで仲が良かった同僚から聞いた話。

去年そいつが家財搬出処分でとある現場へいったところ婆さんが孤独死した家だった。
これが、いわゆるゴミ屋敷だったそうで、なんつーか玉石混交状態。
未使用の組み立て家具だの着物だのがゴミに埋もれてたそうだ。
基本処分なので、捨てるくらいならと未開封の三段ボックスを持って帰ったところ、
変な物音や照明の点滅だのが起きるようになった。
まぁそれくらいならとのんきに構えていた同僚だが、雑居ビルの内装撤去でEVを
使おうとしたところ、下行きのボタンを押したにもかかわらずEVは上へ上がったそうだ。


412 :本当にあった怖い名無し:2018/07/28(土) 05:17:55.95 ID:YYL0PeYM0.net
先に上階で呼び出しボタンが押されてたんだろうと思ってた同僚だが、
到着したのは誰もいない屋上。
さすがにビビって三段ボックスを返しに行ったところ物音も点滅も止まったんだとか。

それ以来、少しだけ幽霊の存在を信じるようになったと言ってた。


[ 2018/09/15 12:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加
管理人オススメ記事
去年の出来事
真夜中にナビにつられて知らない峠道を走ることになった
池沼Aと俺
田舎の古い民家を解体してたら床下から妙な物が出てきた

‐全ランキング表示‐ ブログパーツ
プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加




最新記事
活力あふれる虚弱体質の母の話 Oct 20, 2018
【不思議体験】確かに俺たちが見た暴行現場 Oct 20, 2018
忘れられない女の子の記憶 Oct 19, 2018
川から聞こえる呼び声 Oct 19, 2018
つい先日、弟が体験した話です。そんな強烈に怖い話ではありませんが・・・。 Oct 18, 2018
弟に呪われた兄 Oct 16, 2018
ありがとう関西弁の謎の幽霊 Oct 16, 2018
【恐怖体験】母「今日ね、絶対北枕で寝ないでよ」 Oct 15, 2018
小さなころ、お祖父ちゃんにぼっとん便所のお化けの話をきいたことがある Oct 15, 2018
京都にある縁切り神社に行ってきた。私に害を成す者(毒親)と縁を切れるよう願ってきた Oct 14, 2018
過去ログ +

2018年 10月 【10件】
2018年 09月 【10件】
2018年 08月 【10件】
2018年 07月 【11件】
2018年 06月 【10件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【10件】
2018年 03月 【10件】
2018年 02月 【10件】
2018年 01月 【12件】
2017年 12月 【9件】
2017年 11月 【8件】
2017年 10月 【13件】
2017年 09月 【13件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【10件】
2017年 04月 【10件】
2017年 03月 【10件】
2017年 02月 【11件】
2017年 01月 【10件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【8件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【13件】
2016年 06月 【16件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【13件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【13件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【12件】
2015年 05月 【16件】
2015年 04月 【14件】
2015年 03月 【27件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【25件】
2014年 12月 【26件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【20件】
2014年 09月 【18件】
2014年 08月 【20件】
2014年 07月 【25件】
2014年 06月 【21件】
2014年 05月 【18件】
2014年 04月 【17件】
2014年 03月 【16件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【22件】
2013年 10月 【10件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【13件】
2013年 07月 【10件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【5件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【6件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【7件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【8件】
2009年 07月 【21件】

アクセスランキング
LINK
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top