FC2ブログ

|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
ヘッドライン

まだ上九一色村が有名になる前に、頻繁にツーリングコースとして利用してた
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/09/16 16:01 ] 怖い話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 141
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1597935880/


166 :本当にあった怖い名無し:2020/09/02(水) 00:40:45 ID:53yxU3sv0.net
まだ上九一色村が有名になる前に、この辺りは富士山の景色は良いし都内から近いしで頻繁にツーリングコースとして利用してた。
ここより富士山に近い側はダートコースとか無く、舗装炉から脇は一気に原生林な感じで倒木とかでオフロードバイクよりトライアルバイクが必要な状態だった。

舗装路走るのもつまらないし、ちょっと原生林走って見るかと入ったものの、倒木だらけで非常に体力も燃料も使う。
いくつか小物超えて、大きな倒木と出会した。
下を抜けるには低すぎる、では迂回はどうか?
バイク降りて迂回が可能か歩きながら様子を見るが、富士の樹海ってのは地面全部が倒木が折り重なって出来てるんじゃないかってぐらいに倒木だらけで、簡単に迂回路が見つからないんだ。
「すみませーん!」

いきなり近くで誰かがオレを呼んだ。
「えっ?!」
「....すみませーん....」
辺りを見廻すとすぐに大きく動いてるモノを発見。

首吊ったヤツがブンブン左右に振れてたよ。
「まだ生きてる?」

とんでも無い、完全に朽ちてた。
それが風も無いのに時計で4時ー8時ぐらいに左右に揺れてる。
クルクル向き変えながら大きく揺れている。
匂いは感じなかった。
ただ異様に伸びた首が振れによく耐えてると不思議だった。

一応手を合わせてから引き返して公衆電話探したよ。
けどな、電話で場所伝える方法が困難で結局通報しないで帰宅した。

憑いて来るかとも思ったけど、自殺したヤツなんかは、どうせ大した事は出来ないし、この頃は慣れてるから気にしなかった。
たまに揺れてる光景を思い出す程度だったよ。
自殺も構わないが、後の迷惑も考えてからヤレ。


167 :本当にあった怖い名無し:2020/09/02(水) 00:51:45.90 .net
>>166
ほんのりじゃ………ねーよ!状況想像したらめっちゃこえーよ


[ 2020/09/16 16:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

親父が釣り趣味だったから少し話したい
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/09/12 16:08 ] 怖い話 | CM(1)
釣りで経験した怖い話 第2話
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/fish/1536580472/


757 :名無し三平:2020/08/24(月) 20:50:46 ID:xNMEgOog.net
親父が釣り趣味だったから少し話したい

中学1年の夏に父親が失踪して連絡あった時は山の中で首吊って死んでた

警察から連絡あって身元確認で母親と警察署行って死体見たんだけど真夏で腐ってて眼球あたりがグジュってしてて強烈な匂いでトラウマ

今も10年以上経ってるのに体調悪い時に夢に出てきて発狂しそうになる

夢の中で山の中で首吊ったままの父親がグジュグジュの身体で俺の名前呼ぶのよずっと ずっと


寝る時怖いからいつも電気つけっぱなしだし
極力朝に寝るようにして昼夜逆転させてる
俺に父親の自殺の原因があるから母親とも縁切り状態なんだ


758 :名無し三平:2020/08/24(月) 20:52:21 ID:xNMEgOog.net
父親不動産だったんだけど
当時あんまりうまく行ってなくて経営難だったんだ

それで俺が私立の中学通ってたもんだから回りや友人との金銭ギャップとか反抗期拗らせて

部活のユニフォーム購入の件で
親父と金銭的にもめてさ
「死ねよ役立たずのクソ親父 死んだら保険金はいんじゃねー?早く死ねよ」
って言っちまってその数日後から失踪して夏休み部活行ってる時に親父が首吊りしたという連絡があった

罪悪感じゃないんだ
純粋に怖いんだ
全てが怖いし死んで親父に会うのも怖い
目を瞑ればずっとずっと俺の名前呼ぶんだよ


759 :名無し三平:2020/08/24(月) 20:53:27 ID:xNMEgOog.net
トラウマなんだけどさ
やっぱり俺は父親が大好きだったんだ

反抗期拗らせる前は父親と2人で釣りを週1で一緒に行ってさ
父親は海専門なんだけど俺は当時グランダー武蔵の影響でバス釣りが好きで良くわがまま言って琵琶湖まで連れて行って貰ってた

不動産は水曜日が休みでさ平日学校終わりに父親が車で迎えに来てそのまま焼肉とか連れて行ってくれたり本当に豪快だけど照れた笑顔をする父親が大好きだった

何が日々辛いってそういう父親を死に追いやった自分が許せないんだ

そして夢で腐乱した父親が俺を許すんだ
その事でさらに自分が嫌いになるんだ


760 :名無し三平:2020/08/24(月) 20:59:22.34 ID:RnmIIHmQ.net
息子であるあんたから責められたことが自殺の原因になったのなら、その言葉を言ったあんたのことを父親として愛していたからショックを受けたわけだろ?
どうでもいい存在ならなんとも思わないはず

その親父さんが、死んでからもあんたを恨んでるとはとても思えないし、夢の中で許すと言ってるならそのまま受け取っていいんじゃないかね

はやく過ぎ去った過去の話になればいいな
しんどいけどちゃんと食べてちゃんと寝てくれよ


762 :名無し三平:2020/08/24(月) 22:09:53 ID:iVwDjkTz.net
>>758
中学生なら反抗期真っ盛りで
そのくらいの事は誰でも言う
父親は何もかもが嫌になって逃げたかったのだと思う
お前は何も悪くない
逆に中学生のお前にこんなに大きな重荷を背負わせた父親が間違えている
こんな簡単なことにも気付かなかった父親は
精神的に追い詰められて正常な判断をできなかったのだろう
自分を責める必要はない
お前は何も悪くない
ただ命日には墓参りに行け
お前にできるのはそれだけだ
父親はお前が悩み苦しむことを望んでいるだろうか
親がそんなこと望むわけない
あの世で父親が自慢できるような立派な人になれ
それが父親の望みだろう
もう苦しまなくていいんだよ


[ 2020/09/12 16:08 ] 怖い話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

真夏の夜の除霊ドライブ
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/09/06 12:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?360
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1597272376/


268 :本当にあった怖い名無し:2020/08/29(土) 09:40:46.52 ID:jn0H0wnK0.net
嫁が元霊能力者。
同棲時代、夜景を見に行った帰り道で突然「あの車追っかけて!」と言われ、1台の車を追うことに。
追尾しながら山道を下る間、隣でひたすらお経や真言を唱え、九字を切る嫁。
やがて山道も終わり、麓に降りると「…もういいよ、大丈夫」と言う嫁の声に合わせて追尾終了。
嫁いわく、「…あの車、後ろに2人乗っけてた。もちろん、本人たち(カップル)はきづいてないよ。あのまま行ってたら、途中で事故って間違いなく死んでた」とのこと。
今でも忘れられない、真夏の夜の除霊ドライブでした。


[ 2020/09/06 12:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【怖】俺らの神社
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/08/27 12:01 ] 怖い話 | CM(1)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?360
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1597272376/


66 :1/12:2020/08/15(土) 01:18:52.34 ID:y3BXYe+r0.net
これ、俺が小学校4年のときの話。今から15年前のことだよ。
当時、山中って子とよく遊んでたんだ。その頃も、子どもの遊びっていったらゲーム
だったんだけど、その山中ってやつは、親が許してくれないってんでゲーム機
持ってなくて、そのかわり、外で遊ぶことをいろいろ知ってたんだ。
例えば、拾った木の棒でノックするみたいにして石を打って、
小川の向こうまで10回のうち何回飛ばせるかとか、そういうやつ。

山中とは、4年生の新しいクラスで知り合ったんだけど、
俺はずっとゲームっ子だったから、そういうのが新鮮で面白かったんだよな。
あと、山中は遊ぶ場所もいろいろ知ってた。例えば、河口に下水が流れ出す出口とか。
3m以上高さのある土管なんだよ。そこに、水が流れてない時間に行って中を探検する。
あと、小山の裾にある配電の鉄塔の下とか。今から考えれば、どっちも学校に
知れたら怒られる場所だったろうけど、そういうのにじつに詳しかったんだ。


67 :2/12:2020/08/15(土) 01:19:54.26 ID:y3BXYe+r0.net
だから放課後、2人で自転車で走り回って、町の中のいろんなところに
行ったもんだよ。思い出すと懐かしいな。山中はそれなりにいいやつだった。
人の嫌がるようなことは絶対に言わなかったし、子どもなりにではあったが、
俺にいろいろ気を遣ってくれた。今になって、そういことがわかるんだよ。
ただ、小遣いはいつも持ってなかったから、アイスや飲み物なんかを
おごるのが俺の役目になってたな。ああ、本題に入るよ。そんときは夏休み中で、
俺らの小学校の学区からかなり外れた場所にある神社に行ったんだ。


[ 2020/08/27 12:01 ] 怖い話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

いつも一緒に釣りにいく相棒がいる。相棒はやたら長いモノに好かれる
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/08/22 12:01 ] 怖い話 | CM(0)
釣りで経験した怖い話 第2話
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/fish/1536580472/


548 :名無し三平:2020/03/02(月) 13:51:14 ID:crHMDZ9Z.net
いつも一緒に釣りにいく相棒がいる
相棒はやたら長いモノに好かれるタチで野池ではシマヘビやヤマカガシ、夜釣りではダイナンウミヘビやウツボとその時期ならかなりの確率でそれらに出会ったり釣ったりする

ところが相棒が結婚すると、それ以来なぜかパタリと蛇やウツボのたぐいに出会わなくなった

そんなある日、釣りの帰りに相棒の小学生時代の同級生の女に出くわした
美人ではないが体の凹凸がやけに主張が激しく、男に縁がありそうなタイプ

ただ、俺が嫌だなと思ったのが彼女の首や頭の動き
妙に爬虫類っぽく、頭だけを人形のように真横に回してこちらを見てくる
眼差しも何やら無機質な感じ
彼女は相棒に興味がありそうだった

しばらく相棒は釣りに来なかった
代わりに第三の釣り友がよく来るようになった

そしてその釣り友から相棒の噂を聞く
「奴は不倫をして嫁と別れたらしい」
「奴は嫁と復縁したいが変な女に付き纏われているらしい」

釣り友は相棒とそこまで交流がないので同級生からの噂レベルしか知らない

俺はすぐにピンときた
付き纏っている女はあの蛇のような女なんだろうと


549 :名無し三平:2020/03/02(月) 22:18:38 ID:n8Hus6ra.net
>>548
相棒ならお前が直接聞けよ


550 :名無し三平:2020/03/02(月) 22:42:18 ID:crHMDZ9Z.net
>>549
よしきた 続き

相棒にその件を尋ねてみると
不倫付き纏いの相手はあの爬虫類いや蛇っぽい女…ではなかった

不倫相手は俺も知らない別の女で嫁に浮気がバレてからはさらに泥沼化して、むしろ離婚したいのは相棒のほうらしいがしつこい嫁があらぬことを吹聴して執念深くて困っていると

そしてその話で初めて知ったこと
相棒の嫁さんがサーファー上がりなのは前から知っていたが、嫁さん実は若い頃にバリ島で腕に小さな彫り物をしていて、それがウミヘビのデザインの彫り物らしい

皆さんも釣り場の蛇には気をつけてね!では


[ 2020/08/22 12:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【怖】夜遅くにいつの間にか現れた女
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/08/10 20:17 ] 怖い話 | CM(0)
釣りで経験した怖い話 第2話
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/fish/1536580472/


506 :名無し三平:2020/02/27(木) 22:06:46 ID:fDlD5dQ0.net
ある地磯でそこそこ明るい満月の夜釣りで
竿を出していたのだが
湾処を挟んだ突端に女の人がいつの間にか現れた
んっ?こんな夜遅くに海でも見たくなったのか?
それとも自殺か?と気になってしょうがない
針に餌を付けこませを2杯投げて又気になって見てみると
姿はなく、えっ~~と思い途端に鳥肌が立った
飛び込んだのか?

辺りを見回してみたら左後ろ10mぐらいに立っていた
道具はそのままにして
あわてて車に逃げたよ
だって湾処の向こうからこちらの突端まで
どんなに急いで歩いても5分はかかる
明るくなるまで道具は取に行けなかったよ

乱文すまん


508 :名無し三平:2020/02/27(木) 23:15:24 ID:vLN1wM2r.net
>>506
俺だったらチンコ出して反応見るな。


514 :名無し三平:2020/02/28(金) 18:22:14 ID:c69hLEah.net
>>506
道具はあったんだな?


518 :名無し三平:2020/02/28(金) 23:21:36 ID:rlBw+JET.net
>>514
道具はあった
無かったのは水くみバケツぐらい
多分風で飛んだと思われる。

5年前ぐらいの話なのだがその時の
女の服装がバブル時代の派手な感じだった
凄く印象に残っている。怖


[ 2020/08/10 20:17 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

昔、新倉イワオ「あなたの知らない世界」で観た話(なので記憶はあいまい要注意)
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/08/05 16:01 ] 怖い話 | CM(1)
釣りで経験した怖い話 第2話
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/fish/1536580472/


490 :名無し三平:2020/01/28(火) 15:21:24 ID:GLj8zCN1.net
昔、新倉イワオ「あなたの知らない世界」で観た話(なので記憶はあいまい要注意)

単独行で旅館に泊まって釣りに来た中年男が、海で入水自殺しようとする娘を救った
で、そのまま(警察に行かず)自分の部屋に連れて行ってしまったという。彼女が
若い美女だったので、慰めついでに美味しい思いがしたいという下心が湧いた模様

女が言うには、結婚できない運命を悲観して恋人と入水心中したが彼だけ死んだので
後追い自殺したかったという。男は娘を慰めたが、女が急に怯えだす。「彼が来た。
私だけ生きのこったので追ってきた」と叫んで部屋から逃げ出してしまう
事実、誰かの足音と影が部屋に迫っていた。だが、部屋に入ってきたのは仲居だった

男が「いま逃げてった女の子は?」と聞くと、仲居は見ていなかったとのことで首を
かしげる。だが、男の説明を聞くなりけげんな顔になり、こう言いだした
「お客さんが釣りに行ったあたりの浜辺には、たしかに昔、心中事件があった
だが、そのとき死んだのは女のほうで、男は生き残った。そのまま死ぬ気が失せた
らしく、回復して去っている」というのだ

男が首をかしげていると、女がふたたび現れる。その黒い長髪は濡れていた
「どこ行ってた」と聞くと「彼の霊から逃げてた」と言い、「一緒に逃げよう」と
さそわれる。とたんに男は魅入られてしまい、女に誘われるままに彼らが出会った
浜辺まで行ってしまう。女は入水しつつ振り返っておいでおいでする。男も言われる
まま、膝まで海に浸かる・・・

そこで、地元民の老人に発見されて背後から引っ張られ、男は我に返る
女はとみると沖合に浮かんでいたが、すーっと姿を消していった・・・


491 :名無し三平:2020/01/28(火) 17:54:44 ID:7Kzhwxd+.net
((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


492 :名無し三平:2020/01/28(火) 23:55:49 ID:vCDaxFzt.net
いい具合に怖い話だ


[ 2020/08/05 16:01 ] 怖い話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

【怖】超がつくお金持ちの友人の家に泊まりがけで遊びに行った時の話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/08/04 16:01 ] 怖い話 | CM(2)
ほんのりと怖い話スレ 140
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1589598024/


619 :ミンミンぜみ:2020/07/30(木) 00:35:36.12 ID:GAkoAi3B0.net
今日みたいな蒸し蒸しした暑い夏の日のことだった。私は友人Aの家に泊まりがけで遊びに行くことになった。
休み明けにある試験のために、一緒に勉強する、という名目だ。
Aの家は超がつくお金持ちで、最寄り駅からAの家家へは、お抱えの運転手さん(渋いおじさま)の運転する車で向かった。
坂道の両脇には豪邸が並び、何だかテーマパークに遊びに来たような気持ちがして窓の外を食い入る様に見つめていた。
Aの家が近づいてくる。カーブを曲がると真っ白な大きな家が少し小高い所に建っている。
大きな2階のバルコニーが特徴的だ。
自動で開いた門を抜け、車はスルスルとピロティへ向かう。
途中噴水の中に水瓶を持った像が立っていて、あまりに典型的だからかえって笑えてきた。


620 :ミンミンぜみ:2020/07/30(木) 00:37:49.59 ID:GAkoAi3B0.net
車を降りると扉が開き、Aが出迎えた。
Aは白いTシャツにジーンズといったラフな格好。肩までの黒い髪がサラサラ揺れていた。
「いらっしゃい!今日は暑いね。冷たい物だすね!」
Aに促されリビングに。両親は出張だから今日はいないので好き放題できるとのこと。
冷蔵庫にはお手伝いさんが作り置いてくれた冷たいデザートが用意されていて、氷の入ったアイスティーを飲みながら、色んな話をした。
当時私が片思いをしていたKくんの話や、メイク方法など。
Aはお嬢様だったけど、全く鼻にかけることなく、庶民の私も気後れする事なく付き合っていた。感が鋭いところがあって、Kくんと話した日はすぐにバレた。
話も落ち着いてきたころ、ふとリビングの窓の外を見ると、女の人の半裸像(?)が夕陽に照らされている。
「Aの庭に像があってビックリしたよ」
「そうなんだよね、パパが最近凝ってて。あんまり趣味が良いとは言えないよね」と肩をすくめながらAが答える。
何だかんだ日が暮れかけた頃、少し状況がまずいことに。


621 :ミンミンぜみ:2020/07/30(木) 00:38:26.12 ID:GAkoAi3B0.net
デザートに当たってしまったようだ。
きっと冷たいアイスティーと沢山のデザート、普段食べ慣れないものを大量に食べたせいだ。
「ごめん、ちょっとお腹痛いから、トイレ借りるね」と急いでトイレへ。
心配したAが薬を買いに行ってくれるという。
急いでも往復30分はかかるし、Aに悪いし、トイレさえ行けば問題ないから必要ないと伝えるも、責任を感じているのかどうしても買いに行くという。
運転手さんもまだいたので結局お願いすることにして、ゆっくりひとりでトイレに籠ることに。
15分ほど経った頃、ようやくお腹も落ち着いたので、トイレから出て、2階へ向かう。2階のゲストルームを使って良いとの事だった。
カーテンが開いていたので閉めよう窓辺へ近づいた時、ふと、庭の像が目に入った。
いったい何体の像があるのだろう。
噴水の1体に、女の人の半裸像、それから林の入り口に1体。
これは男の人と子供の像。下からの照明に照らされていて、ちょっと怖い。
あ、林みたいになっているところにも1体。
照明が届かないので、頭の横から肩までがぼうっと照らされている。マリア像っぽい感じかな。
何だか像と目が合いそうになって慌ててカーテンを閉めた。
ふかふかのベッドに横になると、しばらくうとうとしていたみたいだ。Aからの着信で目をさました。


622 :ミンミンぜみ:2020/07/30(木) 00:39:00 ID:GAkoAi3B0.net
「大丈夫?!お薬買えたから!あと10分くらいだよ!」
Aの明るい声にホッとしつつ、また浅い眠りに入る。
門が開く音で目が覚めて、1階へ降りて行った。Aは「寝てていいのに!」と言いながら、薬と水を差し出す。運転手さんにお礼を言いたかったけれど、もう帰ってしまったとの事。
体調もすっかり良くなり、これまたお手伝いさんが用意してくれた晩ご飯をリビングにて二人で囲んだ。
ナツメグの効いたハンバーグに舌鼓を打ちつつ、美術の宿題のデッサンはどうするかを相談する。
Aは、「私は庭の像にするよ、なんか男の子のやつ」と言う。庭にそんな題材があって羨ましいと言う私に、うちに描きにくれば良いと誘ってくれるA。「じゃあお言葉に甘えて、私は林の中のマリア像みたいなのにしよーっと」と私が答えた途端、いつもの柔和なAの顔から表情が消えた。


623 :ミンミンぜみ:2020/07/30(木) 00:40:10 ID:GAkoAi3B0.net
しまった、図々しすぎたか?!心配していると、Aは、「N(私)、うちにはそんな像無い...」と言い出したのだ。
「え?だって林の中にあるじゃん。なんか白いマリア像みたいな服着てるやつ」
「うちの像、みんな裸か半裸だよ」とA。


「え...?!じゃあアレなに?!え?」と混乱する私を尻目に、Aは携帯に飛びつき電話をかけ始めた。確認しようとしたが、リビングからは林の像(らしきもの)があった場所は見えない。
「多分泥棒か強盗です!庭に不審者です!...はい、住所は...」やたらとテキパキと受け答えするA。何だか現実味が無く感心ししてしまいボーッとAを眺めていた。
電話が終わるとAは、「こっち!」と言いながら私の手を引き、リビング横の食器棚を動かすと、現れた小部屋に私を案内した。
食器棚を元に戻して、鍵を掛けると、携帯の明かりを頼りに小さな机に乗せられたルームランプを付ける。無言のまま、2人でソファに腰掛けたとたん、


624 :ミンミンぜみ:2020/07/30(木) 00:40:46 ID:GAkoAi3B0.net
バリン

小さいけれど、ガラスの割れるような音がした。
ヤバイ。家の中に....入ってきた...!

ソファの上でジッと息を殺す。
私の肩を抱くAの腕にグッと力が入る。私も気づけばAの太ももをギュッと掴んでいた。

家の中を歩き回る音がしている。一つ一つ、執拗に部屋を見て回っているようだ。
私たちを探している...?!
永遠とも感じられる時間。

突然。
バタバタと慌ただしい足音が遠のいて行った。

多分2分程経って、「警察でーす」扉越しのため小さいけれど、はっきりそう聞こえた。

Aは携帯から警察にかけて、実際に警官が到着したのか確認してから食器棚を動かした。
どれだけ慎重なのかと当時はびっくりした。


625 :ミンミンぜみ:2020/07/30(木) 00:41:08 ID:GAkoAi3B0.net
後日談は特に無いのですが、
やはり私の見た「マリア像らしきもの」は不審者だったようです。
林の中には家の中に残された足跡と同じものが発見されました。
当時同じ市内に女性を狙った強姦魔が出ていたとの事で、金品を荒らした跡がない事から関連を捜査するとの事でした。

Aの家は空き巣対策のセキュリティしか入っていなかったみたいで、当然その後セキュリティは強化されました。
Aが卒業するまで、庭にはボディガードみたいな人が常駐する小屋まで作られました。
結局、犯人は捕まりませんでしたが、あれ以来私は白い像恐怖症になりました。
結局夏休みのデッサンの宿題は自分の家にあるりんごとバナナを描きました。


[ 2020/08/04 16:01 ] 怖い話 | CM(2) このエントリーをはてなブックマークに追加

【謎怖】携帯電話を拾ってくれた男性
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/07/30 15:20 ] 怖い話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 140
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1589598024/


610 :本当にあった怖い名無し:2020/07/29(水) 13:45:51.34 ID:pRLuXf8K0.net
同僚2人と昼飯食いに行ったときの話
壁側が長いソファになってて、テーブル向かいに椅子が2脚づつあるような4人席
俺だけソファ側に座ってた
携帯をちょこちょこ触ってたんだが、飯が来たので鞄の外ポケットに入れた
食い終わって会計してたとき、隣のテーブルにいた男性が近づいてきて「これ、違いますか?」と俺の携帯を届けてくれた
どうやらポケットからこぼれ落ちていたらしい
即座にお礼を言って、同僚も「良い人がいてくれて良かったなー」なんて言ってた

その後、仕事終わりにふと携帯を見たら、大学時代の先輩から着信が来ていた
その人とは卒業後全く連絡を取っていなかったので驚いた
でも特別仲が良かった訳でもなし、誤操作か?と考えながら履歴の画面をあけた
そこで、先輩の名前が2回並んでいるのに気づく
あー、2回掛かってきてるから誤操作じゃないな…と一瞬思ったがよく見ると、1回目は発信履歴だった
つまり、俺から先輩に掛けたことになっていた(先輩は折り返しただけ)
仕事中は触ってないし、最後に触ったのは飯の前だしおかしいな…と発信時間を見たら昼頃
あれ?飯の後だっけ前だっけ?と思いレシートを見ると、会計時間の2分前だった
その時まだ携帯は俺じゃなくて、拾ってくれた男性が持っていたのでは…
だって直前まで別の人が触っていたのなら、なんで俺達のだと思うんだ?
じゃあ先輩に電話したのはその人?なぜ?
しかも、わざわざ連絡先一覧を開かないと出てこないような相手に?
なぜ盗まず返してくれたんだ?
(ちなみに、物ぐさなのでパスコードは設定してなかった)

正直俺も不注意だったし、その男性の仕業でない可能性もあると思う
レジの時間がズレてたかもしれないし
鞄から落ちたとき誤操作がおきて、本当に発信していたのかもしれない
ただ、もし俺の想像通りなら、行動の意図が分からないこと、そんな相手に呑気にお礼なんて言ってたことにゾッとした
その日からパスコードは設定するようにしましたとさ…


[ 2020/07/30 15:20 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

ベランダで繋がってる隣の空き部屋
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/07/29 16:01 ] 怖い話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 140
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1589598024/


592 :本当にあった怖い名無し:2020/07/28(火) 02:19:10.10 ID:k7aCA5av0.net
もう30年以上前だし子供の頃のあれ(不法侵入的な?)なので時効だから記しとくわ
自分は大阪の泉州生まれ泉州住みなんだけど、小学生の時は貝塚市ってところの森団地に住んでた
そういや森って地域は今と違ってほんとうに森の中みたいな土地だったわ(もう当時の50棟くらいあった団地は全部取り壊されて、今は跡地に高層アパートみたいなのが立ってる)
母子家庭だった自分は鍵っ子で、基本いつも家には一人でいたんだけど、ベランダで繋がってる隣の空き部屋にこっそりとちょくちょく遊びに行ってたんだよな、手すりを伝って壁を越えてさ
3階だったから、今考えるとめちゃめちゃ危なかったよなってたまに怖くなるんだけどね
で、隣の部屋はもちろん誰もいなくてガランとしてんだけど、よく一人で畳の上や押し入れの中で寝てたりしてたわけ
ある時目を覚ましたら辺りが真っ暗でさ、今まで暗くなるまで寝過ごしたこと無かったから急に怖くなったんだ
帰ろうとするんだけどホントに真っ暗だからうまく歩けない…と言うか自分が今どの部屋にいるかわからないくらいに真っ暗だったんだよな
手探りで歩くんだけど、なんかおかしい…団地の部屋なんだからこんなに広くないって気づくわけさ
あん時は焦ったねマジで…何分も壁に手をついて歩いてるのに全然向こうが見えないんだから
いつもはベランダから自分の家(部屋)に戻るんだけど、こりゃヤバいと思って玄関から出ることにしたんだが、その玄関すらどこにあるか方向がもう全然わかんないの
しばらくするとさ、


593 :本当にあった怖い名無し:2020/07/28(火) 02:29:05.80 ID:k7aCA5av0.net
これ夢だろって思えてきて、疲れたしまた寝っ転がってみたんだ
しばらく虚空を眺めてると、ぼんやりと天井の模様が見えてきた
暗さに慣れてきたと思ってると、すぐ隣で声がする
「なんかおる!」って言う子供の声なんだけど、いやなんかおるって言いたいのはこっちの方なんやけど…なんて呑気に考えてたら「なんや!誰や!」ってまた声がする
不思議と怖くなかったのは、子供の声だし、なんか聞き覚えのある声やなって感じたからだと思う
でも自分から声を出すのは絶対やべぇと思ったので、物音を立てずにそーっとその場から逃げたんだ
手探りでドアを見つけたので急いで内鍵を開けて外に出て無事自分の家に戻り、ロックした
テレビをつけたらドラえもんやってたの覚えてるわ
あの声なんだったんだろうね
面白いのは、あの時聞いた声が自分の声のようでもあるんだけど、今でもたまに不意に聞こえるんだよな


594 :本当にあった怖い名無し:2020/07/28(火) 04:56:17.73 ID:wW3DSZnW0.net
>>592
ほんのりじゃねえぞ!
怖いわ!


[ 2020/07/29 16:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加
管理人オススメ記事
俺は昔からずっと夢でみる光景がある
お菓子を報酬として偶に除霊している友人の話
肉塊
鍼灸師の僕が中国である患者を診断、治療した話


プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加


最新記事
まだ上九一色村が有名になる前に、頻繁にツーリングコースとして利用してた Sep 16, 2020
バスの運転士やってるんだけどさ。昨日、実際におきた不思議な出来事書きます Sep 13, 2020
親父が釣り趣味だったから少し話したい Sep 12, 2020
真夏の夜の除霊ドライブ Sep 06, 2020
【謎】家族で行った旅行先で、自分だけ白い服を着た女性を見た Aug 29, 2020
【謎】とある駄菓子屋の「ムーンチョコ」 Aug 28, 2020
【怖】俺らの神社 Aug 27, 2020
通る度に毎回手を合わせていたお地蔵さん Aug 24, 2020
いつも一緒に釣りにいく相棒がいる。相棒はやたら長いモノに好かれる Aug 22, 2020
僕にしか見えない豚との奇妙な生活が始まった Aug 12, 2020
過去ログ +

2020年 09月 【4件】
2020年 08月 【10件】
2020年 07月 【10件】
2020年 06月 【10件】
2020年 05月 【10件】
2020年 04月 【8件】
2020年 03月 【10件】
2020年 02月 【7件】
2020年 01月 【10件】
2019年 12月 【8件】
2019年 11月 【12件】
2019年 10月 【10件】
2019年 09月 【10件】
2019年 08月 【10件】
2019年 07月 【10件】
2019年 06月 【10件】
2019年 05月 【10件】
2019年 04月 【10件】
2019年 03月 【10件】
2019年 02月 【10件】
2019年 01月 【11件】
2018年 12月 【10件】
2018年 11月 【11件】
2018年 10月 【10件】
2018年 09月 【10件】
2018年 08月 【10件】
2018年 07月 【11件】
2018年 06月 【10件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【10件】
2018年 03月 【10件】
2018年 02月 【10件】
2018年 01月 【12件】
2017年 12月 【9件】
2017年 11月 【8件】
2017年 10月 【13件】
2017年 09月 【13件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【10件】
2017年 04月 【10件】
2017年 03月 【10件】
2017年 02月 【11件】
2017年 01月 【10件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【8件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【13件】
2016年 06月 【16件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【13件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【13件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【12件】
2015年 05月 【16件】
2015年 04月 【14件】
2015年 03月 【27件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【25件】
2014年 12月 【26件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【20件】
2014年 09月 【18件】
2014年 08月 【20件】
2014年 07月 【25件】
2014年 06月 【21件】
2014年 05月 【18件】
2014年 04月 【17件】
2014年 03月 【16件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【22件】
2013年 10月 【10件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【13件】
2013年 07月 【10件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【5件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【6件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【7件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【19件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【8件】
2009年 07月 【21件】

アクセスランキング
LINK
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top