|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
ヘッドライン

真っ白い顔の子供
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/04/06 08:01 ] 怖い話 | CM(1)
ほんのりと怖い話スレ 128
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1517886776/


589 :本当にあった怖い名無し:2018/02/28(水) 22:44:17.90 ID:IhTYgwyH0.net
昔友人から聞いた話。

貧乏学生だった友人は、夏場でも冷房をつけずに窓を開けて過ごしていた。
夜も同様で、網戸のまま寝ていたらしい。
ある晩、ふと目覚めた友人は部屋から何か物音がすることに気付いた。
網戸をガリガリ擦るような音で、普通ならそこで不審者とか疑うはずだが、何を思ったのか友人は「誰か訪ねに来た」と思って、「誰ですか?」と網戸に向かって声を掛けたらしい。
すると呪怨に出てくる俊雄のような、真っ白い顔の子供が網戸越しに見えた。
電気も消してたため真っ暗だから何も見えなかったはずなのに、俊雄の顔だけはよく見えたらしい。
俊雄は「〇〇ちゃん、もうすぐ××ちゃんに会えるよ」と言ってきた。
そこで友人は意識を失い、気付いたら朝になっていた。
慌てて網戸を開けて周りを見たが、誰かいたような形跡もなかったし、そもそも3階にある部屋の窓から人の顔が見れる訳もない。
だから始めは夢だと思ったが、俊雄が言ってたことが気になって実家の母親に連絡した。
すると母親からそこで初めて、友人を産む前に一人流れてしまったこと、その子の名前を××にしようとしてたことが分かったそうで。

聞いたときには「だから俺連れてかれるかも」と言ってたが、6年経った今も友人は元気にしているので、何だったのか。


590 :本当にあった怖い名無し:2018/02/28(水) 23:18:07.94 ID:i1JC3F/w0.net
事故やらに気をつけたほうが良さそうな話しだな


[ 2018/04/06 08:01 ] 怖い話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

四つ足の化け物
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/04/04 08:13 ] 怖い話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 128
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1517886776/


502 :本当にあった怖い名無し:2018/02/24(土) 00:08:31.01 ID:GW1nR8qE0.net
学生のときの話し。
文化祭準備の仕上げを一緒にする為友達が泊まりにきた。
以降この友達をAと呼ぶ。

家から歩いて2、3分の場所に小さな公園があり、そこでAと近所に住んでいる別の友達Bと手持ち花火を少ししようってなった。
時間はうろ覚えだが19~21自宅の間だったと思う。
田舎で人気がない場所と言えど周りに住宅も建っていた。
ただ電灯はあまり明るくなく、お年寄りの多い住宅の灯りもほぼ照らされてはいなかった。
それでもA以外は昔から馴染みのある場所で慣れていた為気にせず手持ち花火を携帯で動画や写真を撮ったりしなが楽しんでいた。
花火をした場所は小さな公園の入り口付近。(迷惑な話しだがあの時間帯に人の出入りはほぼ無かった)
すると花火やみんなの話し声とは別の音が聞こえた気がした。
また聞こえて驚いて思わず「何⁈⁈」って言った。
A、Bは何の事だかまだわからず突然驚きだした自分の声にビビっていた。
だがまだ音は聞こえる。
ドスン、ドスン、ドスン、ドスン


音が聞こえるのは公園の入り口とは反対側だった。
電灯のある入り口とは反対側で余計に暗く良く見えない。
が、しかしハッキリとではないが
何か見えてしまった。


503 :本当にあった怖い名無し:2018/02/24(土) 00:09:10.17 ID:GW1nR8qE0.net
目を凝らしている間も静かな公園に響くドスン、ドスンという音。

5メートルほど先に何かいる。

ここで驚いたのが、
暗いし一瞬のことでよくは見えなかったがその公園にはなかったはずの
ドラム缶のような鉄の板がそいつの前に立っていた。
それにそいつはドスン、ドスンと
何回も頭から体当たりしている。
そんな光景が見えた。
人間ではなく四つ足動物のような何かだった。
ドスンドスンと体当たりするたびにどんどん鉄板にめり込み
鉄板はグシャっと形を変えていた。

あ、まずい、、このままだと突き破ってこっちに来る、、

と何故か思ったので
遊び終えた花火をポイポイ入れて鎮火する為に水入れたバケツをバッと持って
A、Bと共にわぁああ~きゃあ~なになになになに怖い~なに~って
各々叫びながらとりあえず自分の家に走って逃げた。
Aは同じものが見えたようだった。

その日はBは自分の家に帰り
Aは予定通りそのまま泊まったけど何もなく。


504 :本当にあった怖い名無し:2018/02/24(土) 00:10:04.95 ID:GW1nR8qE0.net
駅までの近道としてたまに使ってた場所だったので
後日明るい時間に確認も兼ねて1人でその場所を通った。
やはりあの鉄板らしきものはなかった。
あの四つ足は犬で例えたなら大型犬ぐらいの大きさはあった。
その場所の1番近くの家の小さな門に犬に注意と書いてあった。
これかなぁと思ったが、
今までもその後もその家の庭に犬が出ているところを見たことがない。
そしてこの小さな門に対してあいつはでかすぎる。
めり込んでいるようにもならない。

覚えている限りでは犬のはぁはぁ言う呼吸も聞こえなかったんだよね。

だからあれはきっと生きている犬ではなかったと思ってる。

自分はよく夢を見る方だからあれは夢だったのかなと思って
大人になってからAに話してみたらAはよほど怖かったみたいで覚えていた。
夢ではないみたい。
残念ながらBは覚えていないよう。


あの大きな四つ足のようなものはなんだったのだろうと今でも思う。


[ 2018/04/04 08:13 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

去年2月に退去したマンションの話をしたい
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/03/16 12:11 ] 怖い話 | CM(1)
後味の悪い話 その174
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1517238265/


509 :本当にあった怖い名無し:2018/03/13(火) 23:21:14.17 ID:Qn7aKT6x0.net
去年2月に退去したマンションの話をしたい
適当なスレを聞いてみたところこちらを教えていただいた

そのマンションは2LDKだけどリビングがかなり広いので気に入って借りたんだけど当時で家賃4万でまあまあだった
駅から遠いのが難点だったのでそれで安いと思ってた
引っ越し当日に荷物整理をしていると何故かリビングとなりの和室から人の気配がしたり視線を感じる
引っ越し作業で疲れているんだろうかと思って風呂に入ったんだが、曇りガラスにの部分から誰か覗いてるんだわ
え?と思って誰か入ってきた?と思い静かにしていると、五分ぐらい経ってから曇りガラスの奥斜め向かいの洋間に誰かサーッと入っていったように見えた


510 :本当にあった怖い名無し:2018/03/13(火) 23:29:57.97 ID:Qn7aKT6x0.net
まさか泥棒じゃないよなと思うと怖くなってきて、落ち着かないまま勢いで風呂から飛び出た
バスタオルで股間だけ拭いてブリーフサッとはいたまま洋間を覗いたら誰もいない
でもなんか妙に人の気配がするので玄関の扉を開けたまま、服をさっと着て携帯片手に握りしめながら洋間のクローゼットを開けたんた
何か潜んでいてもすぐにマンションから出れるようにね。でも何にもない
おかしいなと思いながら仕方がないのでテレビをつけて、部屋の電気という電気をつけて明るくしていると、気づくと寝てしまってた

するとだ、キャーーという女の叫び声がして目が覚めたのだが、電気をつけていたのに真っ暗。テレビまで消えていた
それで先程の叫び声は何だったのかと思うと、どうも家の中から聞こえてきたような気がしてならない
放心状態でいるといきなりテレビから電気までパッとついてうわっとなって、怖くてたまらなくなった
寝るに眠れないので遠方の友人にスカイプで電話してみると、それって事故物件じゃね?と言う


512 :本当にあった怖い名無し:2018/03/13(火) 23:36:15.04 ID:Qn7aKT6x0.net
まさかと思いながら告知義務もあるんだしそれはないでしょと言うと、間に誰か済めば無くなるとか詳しいんだよな
それで案の定大島てるを教えてもらって恐る恐る検索してみると、ドンピシャで刺殺とあった。

二日後にバイト先の後輩と先輩が泊まりに来たんだが、夜中に酔いつぶれて寝ていると誰かが起こすので起きると後輩が「ここおかしくないっすか?女の叫び声聞こえた」と言い出した
実は後輩と先輩を呼ぶにあたって一切話していないのよ
言うと来てくれなさそうだったのと、面白がって話を作り出されても怖いと思ったから
だから後輩の話を聞いた時に内心はドキドキしてるんだけど、「寝ぼけてただけで気のせいでしょ」と笑ってた

そうこうしている内に先輩が起きて、後輩が風呂入っていた。
先輩が酔いで頭が痛そうにしながら言う「誰か耳元で叫んでなかった?あったまいってーわ」


513 :本当にあった怖い名無し:2018/03/13(火) 23:42:46.28 ID:Qn7aKT6x0.net
詳しく聞いてみると、夢の中でも俺の部屋にいて三人で飲んでいるんだけど視点が「4人目の視点」
つまり客観的であり、飲んでいる俺たち三人を見ている感じだったらしい
それで後ろの方からドドドドドとすごい勢いで誰か走ってくるんだけど体が硬直して振り向けないんだっていう

すると耳元で何だかマントラみたいなブォーという音が聞こえてきて目が覚めたとのこと

で、結局は悪酔いしていたという話で落ち着いたんだが二人が帰ってから怖くてたまらない
でも事故物件って慣れると家賃は安いし、いいことだらけなんだよね
だから慣れようと盛り塩したりして出てくるなら来い!と気持ちを強く持って、2、3回見てしまえばもう恐れることもないだろうという気に暗示をかけていた

それからも風呂に入る時の曇りガラスに映る影と寝ている時のキャーの叫び声だけは慣れず、結局7ヶ月でそこを出たよ


514 :本当にあった怖い名無し:2018/03/13(火) 23:53:20.74 ID:Qn7aKT6x0.net
これの後日談があって、
部屋を引き払ったあとにバイト先の先輩と後輩にすべて話した
それで刺殺について調べてみると一人だけかと思えば二人も刺殺されてた
それも在日の人たちらしく犯人は交際相手
それで先輩がええと言いながら驚いたのは、亡くなった27歳の娘さんの顔写真で、そのマンションに来る度にエレベーターで会う人だったと言うんだよ

ちなみに俺は一度も見たことがない
先輩いわくすごくキレイな女の人でよく会うので、一度エレベーターを降りた後に何階に止まるのか見ていたら2階
つまり俺の部屋と同じ階
もしかして帰ってきてたのではないかと思うと怖くてたまらなかった


515 :本当にあった怖い名無し:2018/03/13(火) 23:58:40.68 ID:sI3qAVxY0.net
後味というより普通に怖い話じゃないか!
事故物件ってやっぱ出るんだな


518 :本当にあった怖い名無し:2018/03/14(水) 00:43:48.91 ID:/TBy6Zr30.net
>>509
本当に教えてもらったのはこのスレだったのか?
後味は悪くないがこえーよw


[ 2018/03/16 12:11 ] 怖い話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

【恐怖体験】屋根の上の気配
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/03/07 15:24 ] 怖い話 | CM(1)
ほんのりと怖い話スレ 128
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1517886776/


294 :本当にあった怖い名無し:2018/02/15(木) 19:15:26.65 ID:B4meD5dw0.net
人生初の書き込みなので、スレ違い等だった場合申し訳ありません。
怖かったので聞いて下さい。

私の住む地域は山にでも行かない限りはあまり雪の積もらないところです。公園等でソリが滑れるくらい積もるのは7年に一度程度。
今回も例に漏れず、積もった所でうっすらといった所です。
元々霊道のいくつもある土地だそうで、幼い頃から変なものを度々見たりしていました。
故に多少の心構えはあったのですが、今回は少し勝手が違ったのです。

家は箱形の二階建てで、屋根にはアンテナのみ。雪の積もる物等何もないのですが、今年初めての雪の日。
それは起こりました。
私の部屋は二階。前述の通りもう上は屋根裏等もない鉄筋コンクリートの家。
その日の夜。そこに突然どさり、というかなりの重さを含んだ音が降って来たのです。
その時は「雪でも落ちたかな?」なんてのんきにしていましたが屋根には頼りないアンテナしかない上に、突き抜けて空しかない所です。それなりの重量の雪が積もる事等あり得ないのです。一瞬ぞっとしたものの、一日目はそこで終了。
二日目の夜。
一人で部屋にいると、ずるり、ずるりと重い物が屋根の上を移動するような音がします。
流石に怖くなってその日は数珠を巻き、盛り塩をして床に付きました。
三日目の夜。
コツコツ、コツコツと変な音が屋根から響いていました。
嫌な予感がしましたが、どうする事も出来ず就寝。
しかし、嫌な予感は見事に的中してしまいました。

長くなったので切ります。


295 :本当にあった怖い名無し:2018/02/15(木) 19:16:56.01 ID:B4meD5dw0.net
続きです。
深夜、ものすごい物音で目が覚めました。
私の部屋には大きな窓とベランダがあり、冬でもタテスで日光を遮っています。
寝る時は足下側の雨戸だけ開けて寝ると、翌朝日光で気持ちよく目が覚めるという良い部屋だったのですが・・・原因はそのタテスに何かが落ちて来たばきばきという音でした。
その重い何かは固い部分があるのかベランダの手すりのカーンッという甲高い音もしていました。
泥棒だった場合を考え、昔剣道の練習で使用していた木刀を咄嗟に引っ掴んで上体を起こし耳を澄ませました。

大きな気配はバキバキと音をたててタテスを踏み荒らしているのでしょう。
その音で頭側から雨戸の開いている足下側にどんどん移動して行きました。
そして、運悪く閉め忘れていたカーテンの隙間からついにソレの姿が見えました。
大きな白いからだとしか認識できませんでしたが、不意にこちらを振り向いた気配がしました。
一瞬の出来事でしたが、狒々や鵺といった単語がぱっと頭に浮かびました。
そしてソレは金色に光る両眼でこちらを見つめて来ました。
ただただ怖くて必死に「来るな!去れ!入ってくるな!」と叫んでいました。
そしてどれくらいがたったでしょうか。
ソレはまた、どさりという音と共に庭に落ち、垣根を越えて去って行く音がしました。
一目散に父と母の部屋に駆け込み、翌朝タテスや庭を確認しましたが何も痕跡はありませんでした。
ただ、家族もなんとなくここ数日屋根の上から気配がすると感じていたようだったので、なおさらぞっとしました。
あれは一体なんだったのか、気になるところです。

ありがとうございました。


297 :本当にあった怖い名無し:2018/02/15(木) 19:35:38.70 ID:yvdLo3YU0.net
>>294
「狒々」とか「鵺」とか読み方すら知らなかったわw
やけに詳しそうだがそう言うのが良く出る土地柄なのか


298 :本当にあった怖い名無し:2018/02/15(木) 20:58:39.01 ID:bOtVgJnjO.net
静岡の浜松から磐田あたりだったりして…
鵺は三ヶ日に京都から退治されて飛んできた鵺の体の部分にちなんだ「鵺代」や「尾奈」という地名があるし
磐田には狒々退治のしっぺい太郎伝説が残っているし


299 :本当にあった怖い名無し:2018/02/15(木) 21:11:33.90 ID:yvdLo3YU0.net
そういう地域性のある話って興味深いな
さらりと流してたけど「霊道」ってのも気になる


301 :本当にあった怖い名無し:2018/02/15(木) 23:00:02.57 ID:Hy4K8N8M0.net
>>295
はなしとしてはよくわからんが、地域独特の何かが存在するというのはロマンがあるな。
実際に遭遇したらロマンなどとは言ってられないと思うが、それでも今の時代になってもそういう事象や伝説があるってのは貴重だ。
秋田のナマハゲなんかもそういう一種だろう。


[ 2018/03/07 15:24 ] 怖い話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

夜中の公園で見たもの
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/03/06 12:01 ] 怖い話 | CM(1)
ほんのりと怖い話スレ 128
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1517886776/


85 :本当にあった怖い名無し:2018/02/08(木) 21:12:58.82 ID:XGBuA9Gc0.net
高校生の頃の体験なんだけど、、
友達と夜中3人集まって、その日はたまたま普段あまり行かない公園で雑談しながらグダグダしてたんだ。
結構広い公園なんだけど遊具がブランコしかなくて俺と友達Aがブランコに座って、友達Bがブランコを囲んでる柵に腰掛けて前からこちらに話かけている状況をまず想像してもらいたい。
しばらくして右隣に座ってるAの方を何気なく見たとき右目の視界の隅で何か動いた気配がしたから視線を後ろにやると真冬なのに半袖半ズボンの少年が後ろの柵の中をグルグル走ってた。
一瞬わけわかんなくてドッキリかとか心の中でいろいろ考えた。「そうだ!Bはこちらを向いてるから後ろの状況見てるはず」と思ってBを見ると普通にAと会話してる。。


86 :本当にあった怖い名無し:2018/02/08(木) 21:22:39.60 ID:XGBuA9Gc0.net
いよいよコレはやべーやつだと悟って2人には自然な流れで「寒いから場所変えね?」と言ってもう振り返ることなく公園をあとにした。
少し歩くと明るい駅前に出たので、その話をするとAが「…後ろでしょ?ずーっと砂を擦るような音がしてた…俺気づいてた…」
Bは「マジ?俺の方向からは公園の外から俺らの方見てる女の人見えてたんだけど…住宅の人で通報されたのかと思ってたわw」とそれぞれあの公園で妙な体験をしていた。
因みに3人ともビビりだからその日は一番近いBの家に泊めてもらい一睡もせずに恋愛話や下ネタ話で紛らわせましたとさw


87 :本当にあった怖い名無し:2018/02/08(木) 21:26:10.64 ID:C3Z+o7Mh0.net
男三人で下ネタ話か夢がある


[ 2018/03/06 12:01 ] 怖い話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

【恐怖体験】全身、顔までもを包帯で巻かれた人
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/03/05 16:56 ] 怖い話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 128
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1517886776/


78 :本当にあった怖い名無し:2018/02/08(木) 12:47:17.79 ID:OB2SR3m60.net
俺が中学生のとき、夕方に友達と一緒にジョギングするのが日課だった。
とある日いつものように友人と走っていると1台のセダン車が道路脇に停まってたんだ
ルームランプがついてて運転席に人がいる。
遠目から見て白い服を着ていると思ったが、車に近くなった時それは服じゃないことがわかった。全身、顔までもを包帯で巻かれた人みたいなのが運転席にいた。とたんに俺も友達も会話をやめて前を見て全速力で走った。怖くて脚がフラフラした。
ようやくゴール地点の友達の家の中に駆け込んだ。あれはマネキンか?などと友達は言っていたがあきらかに違うと思う。
俺は友達の家から帰るのが怖くて、親に電話して迎えを頼んだ。帰るとき、あの車が停まっていた道を通らないように頼んで違う道を通った。母ちゃんにはビビりだと笑われた。
しかし目に入ってきた光景に心臓が再び飛び上がった。ルームランプがついた車が停まっている。俺は声も出せず、車とすれ違った。
怖くて下を向いていたが、母ちゃんが車を飛ばしはじめ、震えた声で「全身包帯の血だらけの人がいた」と言った。
その日は眠れなくて、布団に頭までもぐって恐怖に耐えた。母ちゃんが警察に通報するとパトロールを実施してくれたが、それも少しの間だった。警察も、不審な人物は特にいないと言っていた。
しばらくトラウマだったが社会人になったら、恐怖も薄れてしまった。23歳になった年、ジョギングしてた友達とは疎遠になっていたが、実家の家電に電話がきて、友達が亡くなった、お通夜にきてほしいと連絡がきた。
死因は高速道路での衝突事故だった。全身を強く打って即死だったらしい。
俺も母ちゃんも、驚いてなにも言えなかった。


80 :本当にあった怖い名無し:2018/02/08(木) 16:47:06.14 ID:BXo3wJ3a0.net
友達の死とどうつながるの???


81 :本当にあった怖い名無し:2018/02/08(木) 16:59:39.74 ID:O7ZzxNdFO.net
お通夜に出掛けてお棺の中の友達に別れをしようと見たら
包帯グルグル巻きだった…的な?


84 :本当にあった怖い名無し:2018/02/08(木) 18:52:26.85 ID:BF6uxFrK0.net
>>81
つまり友達の未来の姿を見てしまったのか…


[ 2018/03/05 16:56 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

在宅ワークで動画編集をしているんだけど、その中に不可解なものが混ざっている事がある
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/02/24 18:01 ] 怖い話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 127
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1513999642/


626 :本当にあった怖い名無し:2018/01/27(土) 18:11:39.05 ID:paL9xcQE0.net
在宅ワークで動画編集をしているんだけど、その中に不可解なものが混ざっている事がある。
普段は会社のプレゼン、セミナー、解説教材、結婚式などの動画が多い。
その中に混じってひたすらお経を読む映像があったりする。
それもほんのりと怖いんだけど、私が見た中で一番怖かった映像の話をします。

その映像は何も映っていない真っ暗な画面からスタートします。
次第にゆっくりと時間をかけて女性のような人の顔が浮かんで来るんです。
おそらく目の錯覚を利用した映像なのでしょうけど、依頼内容が文字起こしだったので全部見ました。

見終わってクライアントに連絡。

「音声は一つも確認できなかったので、文字入れはしていません。
申し訳ないのですが、それでも料金は頂きます。」

そう伝えた所、クライアントはあっさりと了承。
料金は文字起こしの場合、1分あたりが50円。
400分の映像だったので2万円いただき、再度依頼されました。

「今度はしっかりと音を大きくして文字起こししてください」

そう言われてしまい、もう一度同じファイルの映像を見る事になりました。
この時、心の中ではタダで2万円感覚だったのですが認識を改めました。

今度は違う位置に男性の顔が現れ 「あぁ…」 「がぁ…」 「しにたい」
などの音声がありました。

夜中に作業していたのでとても怖かったのですが、きちんと文字入れして確認作業をした所…
そのコマでそんな言葉は発せられていなかったのです。
そして映像を見るとまたもや違う顔が… これは目の錯覚なんだ!そう言い聞かせながらも新しく聞こえた声を上書き。

クライアントは「丁寧なお仕事ありがとうございました。また縁があれば依頼したく思います。」
と最高評価を私に付けそれから依頼は無いけど、個人的にすっごく怖かったお話でした。


627 :本当にあった怖い名無し:2018/01/27(土) 18:51:11.98 ID:J52sJLY80.net
>>626
俺はラジオの仕事してるんで原稿起こしとかたまにやるからじょうきょうはわかるな。

4万円を費やした、あんたをターゲットにした壮大なドッキリか、さもなくば自殺でもした子息の遺書の解析だったとか。
いずれにしても気味の悪い話だ。


[ 2018/02/24 18:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

部活後のバス待ちが暇なので部室で怖い話をするのが定番になってた
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/02/23 18:01 ] 怖い話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 127
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1513999642/


616 :本当にあった怖い名無し:2018/01/26(金) 05:12:59.62 ID:YIEK51Ju0.net
気持ちの整理に書き込ませていただきます。

部活後のバス待ちが暇なので部室で怖い話をするのが定番になってました。
怖い話と言ってもだいたいオチが笑える話だったりしてふざけたものばかり。
残っているのが顧問にバレないように、いつものように電気を消しドアはアンプで塞いでいました。
その日のメンバーは僕と一つ上の先輩2人。
外明るいしムードが出なくて、そろそろバス停行くかなんて言ってたらドアを叩く音が聞こえました。
顧問かと思い3人で息を潜めていたら
ドア越しに去年卒業したKさんの声で「なんで閉めてんの?開けてよー」と聞こえてきました。
いたずら好きな人なので予告なく遊びに来たのかと思い、アンプをどけようとしたら先輩のひとりに止められました。
Kさんとバンドを組んでいた先輩でした
「Kさんは今日大学で用事があるって言ってたし、スタジオ練も断られた。今ここにいるはずが無い」
そう言われて固まってしまった。でもドア越し聞こえる声は確かにKさんの声だったので先輩自身も不思議な顔をしていました。
そうこうしてるうちにもKさんらしきものはドアを叩きながら
「えーなんでーひどい!ないわ!ほんとないわ!ここで泣くよ!?歌うよ!?ジングルベルでいい!!?」
ジングルベルはKさんの持ちネタだし、言葉遣いも声も全部確かにKさんなのに、何故か不気味でならなかった。いっそ豹変して全く違う声で「アケロオオオオオ」とか言ってくれた方が気が楽だった。いつものKさんのままだというのが、より開けちゃいけないという空気にした。
耐えられなくなった僕達はKさんに電話をかけることにしました。
「Kさん今どこですか!?」
「え?なに??大学だよ?」
そう言われた瞬間声も音も止んで、一気に怖くなって全員で窓から逃げ出しました。
逃げてるうちに電話を切ってしまっていたようで、心配したKさんが折り返し電話をかけてきました。
「お前らなんなの??てかさっき後ろですげぇ叫び声してたけどなに??」
Kさんの声に聞こえていたのは僕達だけだったようです。
これが去年の4月の話。これよりあとは僕らにもKさんにも何も起きませんでした。未だに部室は怖いです。


[ 2018/02/23 18:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【恐怖体験】夜の11時頃、いきなり赤ちゃんの絶叫に近い泣き声が聞こえた
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/02/12 19:01 ] 怖い話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 127
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1513999642/


177 :本当にあった怖い名無し:2018/01/03(水) 00:25:56.80 ID:CvCNqXu40.net
怖いかどうかはわからんが。

俺が高校生の時の話。
当時俺は2階に自分の部屋を持ってた。高校生になって何となく親や弟と団欒するっていうのが面倒くさくなってたから1人で部屋にいてダラダラしてる事が多かった。

それで、俺の部屋には机のそばに若干大きめの窓が1つ付いててね、窓を開けて外を眺めつつ涼んだりしてたのね。
外を眺めたらちょい広めの道が見える。見えるって言っても街灯と街灯の丁度間になってて相当暗い。

で、ある時夜の11時ぐらいだったと思う。いきなり凄い赤ちゃんの泣き声が聞こえた。赤ちゃん特有の絶叫に近い泣き声。


178 :本当にあった怖い名無し:2018/01/03(水) 00:26:30.77 ID:CvCNqXu40.net
何事かと思って開けてた窓の隙間から外を見てみたら、誰かが立ってる。

でもあることに気付いた瞬間ゾクッとした。凍りつくってホントにああいう事なんだって思う。

その人、赤ちゃんを抱っこしてるとかおんぶしてるとかじゃなかった。その”立っている誰か”が泣いてた。顔は手で覆ってて見えなかったけど、明らかに大人なのに声だけが赤ちゃんの絶叫だった。


179 :本当にあった怖い名無し:2018/01/03(水) 00:27:17.47 ID:CvCNqXu40.net
ブワッと鳥肌がたって思わず
「うわっ!」
って声を出しちゃったのね。
そしたらピタッと泣き声が止まって、こっちを向いて、顔にあてていた腕をどかした。

ホントに気絶するかと思ったね。
バッチリ、目があってるんだ。明らかに気付かれてる。そして、ニヤッて、歯を全部見せて笑う感じのニヤつき方をしたように見えた。さらに凄い勢いで手を振ってくる。
「ヤバい!!」ってようやく本能で感じ取ったんだろうね。それまで凍ってた体がすぐに動いて窓を閉めてカーテンも閉めて、そばにあったテニスラケットと携帯を握りしめて布団に潜り込んだ。

その後、気が付いたら朝になってた。寝落ちしたんだと思う。
大学生になってその家からも県からも出ちゃったけど、たまに思い出す。その度に窓が閉まってるかを確認する。
お前らも気をつけろよ。


181 :本当にあった怖い名無し:2018/01/03(水) 01:46:38.25 ID:6jTQvvVhO.net
>>177
オッチャンが立ちションベンしてて、その近くで
盛りのついたネコが鳴いてたんでしょ?
ほんで「わっ!」とかいう声が聞こえたんで振り返ったら
目があったんで、照れ笑いしながら
「おーい、黙っててくれよなー」ってつもりで手を振ったんでしょ?
なんかそんな感じがする話だけどなぁ…


186 :本当にあった怖い名無し:2018/01/03(水) 08:19:00.75 ID:CmtAwaTp0.net
>>181
手で顔覆って泣きながら立小便するオッチャンとか
それはそれでなかなか奇怪な光景なんですがw
まあ猫の鳴き声を乳幼児の泣き声と誤認した先入観から
オッチャンが咽び泣いてるように見えただけなのかも知れんが

それにしても>>179恐怖体験にとっさに手にしたのが
ラケット&携帯とか一体何の魔除けなんだ
魂魄をラケットで打ち返すのか


183 :本当にあった怖い名無し:2018/01/03(水) 02:03:20.66 ID:e9B8NkJvO.net
猫の喧嘩とか威嚇の鳴き声って本当に人間の赤ん坊そっくりだよな
夜中に凄い鳴き声聞こえて、捨て子かと思って慌てて家を飛び出した事あるわ俺


[ 2018/02/12 19:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

ノックの音
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/02/11 19:01 ] 怖い話 | CM(1)
ほんのりと怖い話スレ 127
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1513999642/


86 :本当にあった怖い名無し:2017/12/27(水) 11:27:13.94 ID:SxfKUkBtT
小学生の頃の体験談。
実家(祖母の家)の農具とかをしまってある木造の物置に兄弟で探検しに行った。一階は古い農具なんかが占めてて、よくおばあちゃんの蔵整理を見てたから見知ってたんだが、ある日二階が気になって、
弟を連れて電気もない物置の二階に、板の隙間から漏れる光だけを頼りに上って行った。
二階には畳まれた鯉のぼりやひな人形、あとは神事で使うような鈴、祭りの提灯など、行事で使う小物が収められているようだった。ほこりが積もって湿気で固まったような黒い煤で、どこを見ても真っ黒だった。
降りようとした俺たちの背後から不意にノックの音がした。え、と思って振り、弟も釣られて振り返る。二人でしばし固まる。またノックの音。
急かすようでもない弱弱しい音に特に恐怖も感じず音のする壁に近づくと、ドアらしきものがあった。まるで壁の一部の様に枠もノブもないドアで、寸法の合う木の板をただはめた様にも見えるが、床には何かが擦れた跡が弧を描いていて、
その板が開閉するものなのは間違いなさそうだった。


87 :本当にあった怖い名無し:2017/12/27(水) 11:28:39.74 ID:SxfKUkBtT
ノックの音がまたなって、意を決した俺は恐る恐るノックを返すと、今度は心持、さっきよりも強くノックされたように聞こえた。「人がいるのか?」と思った俺がもう一度ノックをすると、返すようなタイミングで板の向こうからノック。
焦った俺は、外から錠の下りてたのに居るわけなかろうという当然の事にも気づかないで、戸惑う弟に無理やり祖母を呼びに向かわせた。
ノックの主が泥棒だとか、ましてやイタチや猫なんて発想が全くなく、何とかして開けて出してやらねばという気持ちに駆られて、恐らく内に開くであろうドアをガンガン奥に蹴った。ノブが無いのでしょうがなかった。
築二世紀近いおんぼろの物置はガタガタ言うのだが、ドアは蹴破られる様子がなく、その間もノックが断続的に続いて、助けを求められてるような切羽詰まった気持ちになった俺は、足がだめなら膝で 膝でだめなら肩でと、
ついに扉に体当たりをする形になり、木材同士の強い摩擦音と一緒にドアが少しずつ、奥に沈んでいった。
ひと際強く体当たりして、開いた小さい隙間から光が漏れた。奥はまた小さい物置かなんかだと思った俺は途端に違和感に気づいて、一歩引いて扉を見た。ちょうど扉の周りを光の線が囲んでいる。
物置の二階に何故か外に続く扉があり、外からノックがあるという異常な事態に気づいた俺は急にノックの音が怖くなった。急に後ろからした怒鳴り声にだって心臓が止まる思いだった。
急すぎる階段に、祖母が床板から顔だけを出す形で俺を怒鳴っていた。俺はひとまず扉から離れるために、訝し気な祖母の横を急いで一階に下りた。
二階の物に触っちゃいかんよ、上がってもいかん。と怒られた後、先ほどの話を(やや大げさに)すると、あそこは扉だってとっくにないし、イタチも猫も居るからね。とだけ返された。


88 :本当にあった怖い名無し:2017/12/27(水) 11:29:43.88 ID:SxfKUkBtT
物置の暗い雰囲気と打って変わって真昼の陽気に、先ほどの恐怖を忘れた俺は、気味悪がっている弟をまた無理やり連れて物置の裏、ちょうど扉があった位置の裏側を確認しようと思った。
立地のせいなんだが、物置の裏に回るのが少し面倒で、隣接した小池の外をぐるっと回り、椿の生け垣の下をくぐって、金木犀の低木の隙間を縫うようにして、当時の子供の感覚としてはちょっとした冒険の末、物置の裏にたどり着いた。
ここに来たのは初めてで、他にも広い庭のせいか起伏の激しい立地のせいか、こういう「初めて来るところ」みたいなのが庭の中にあった。
物置の裏を確認した俺はああなるほどと納得した。物置の裏手には、いつ取り外されたかもわからない階段の跡が壁に見て取れた。とすると二階の扉は階段から行き来するための物だったのだろう。
もし勢い余ってドアを突き破り、あそこから落ちたかと思うと少しゾッとしたが、ノックの音だって今思えばそれこそイタチかキツツキか(この地方にいるのかは知らないが)だったかもしれないのに、
随分と騒ぎ立ててしまったなとすこし恥ずかしく思った。大怪我だってしたかもしれない。
恥ずかしまぎれに 人のするノックに聞こえたよなあ、ノック返されたし。なんて言っていると、終始気味悪そうだった弟がますます嫌な顔をして
「だから気味悪いこと言うなって・・・ノックの音がするって言うから俺耳澄ましてたのに、俺にはなんにも聞こえなかったよ」と言われ、物置の中の恐怖がまたスッと寄ってきたような気になった俺たちは、急いでその場から離れた。
もう20年も前の話。


[ 2018/02/11 19:01 ] 怖い話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

‐全ランキング表示‐ ブログパーツ
プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加




最新記事
白猫の記憶 Apr 09, 2018
叔母がいわゆる統合失調症患者だった Apr 08, 2018
数年前、某アニメの主人公に憧れて、主人公が身に付けてたアメジストのブレスレットを通販で買った Apr 07, 2018
真っ白い顔の子供 Apr 06, 2018
子供のおもちゃのほんのり怖い話 Apr 05, 2018
【不思議体験】突然鳴り出すおもちゃ Apr 04, 2018
四つ足の化け物 Apr 04, 2018
【おばけ】母から聞いた私が3つか4つの頃の話です Mar 25, 2018
【不思議体験】異様に細長い人 Mar 24, 2018
亡くなった父に纏わる不思議な話 Mar 24, 2018
過去ログ +

2018年 04月 【7件】
2018年 03月 【10件】
2018年 02月 【10件】
2018年 01月 【12件】
2017年 12月 【9件】
2017年 11月 【8件】
2017年 10月 【13件】
2017年 09月 【13件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【10件】
2017年 04月 【10件】
2017年 03月 【10件】
2017年 02月 【11件】
2017年 01月 【10件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【8件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【13件】
2016年 06月 【16件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【13件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【13件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【12件】
2015年 05月 【16件】
2015年 04月 【14件】
2015年 03月 【27件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【25件】
2014年 12月 【26件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【20件】
2014年 09月 【18件】
2014年 08月 【20件】
2014年 07月 【25件】
2014年 06月 【21件】
2014年 05月 【18件】
2014年 04月 【17件】
2014年 03月 【16件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【22件】
2013年 10月 【10件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【13件】
2013年 07月 【10件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【5件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【6件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【7件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【8件】
2009年 07月 【21件】

アクセスランキング
LINK
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top