FC2ブログ

|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
ヘッドライン

10年以上前にTVの特番で「実際にあった怖い話」っていうので紹介されてた話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/03/31 18:29 ] 怖い話 | CM(0)
不可解な体験、謎な話~enigma~ Part110
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1577968627/


202 :本当にあった怖い名無し:2020/02/03(月) 01:30:59.52 ID:MgijhSHU0.net
自分の体験ではないんですけどふと思い出して誰か見てた人いないかなと気になったので書き込んでみます。
10年以上前にTVの特番でさんまさんが司会の実際にあった怖い話っていうので紹介されてた話です。
海外の話なんですが、ある女の子が友達ができにくいとか兄弟がいないとかの理由で一人遊びをよくしてたんです。
その女の子には自分で作った見えない友達がいて、毎日その子と遊んでいました。
幼いころに一人遊びをするのはよくあることだし最初の頃は母親もあまりきにしていなかったんですが、
あまりにもそこに本当にいるように娘が話しかけたり遊んだりするので気味が悪くなって、
しばらくしたある日「もうやめなさい」って止めたんです。
1人遊びを止められた女の子は寂しそうにして元気がなくなってしまったので、
母親はなんとか気を晴らしてあげて元気にしてあげたいと思い旅行に連れ出すことにしました。
異国への旅行だったと思います。
旅行中もあまり楽しそうではなかった女の子だったんですが、
突然嬉しそうに「こっち!こっち!!」とどこかへ向かいだしました。
行きついた先には露店?のようなお店で、そこにはたくさんの女の子の人形が並んでいました。
その中から女の子は1つの人形を手に取って「やっと会えたね」と嬉しそうに抱きしめます。
店主が「人形には名前がついていて、その名前は足の裏に書いてあるんだよ」と教えてくれ、
その人形の足の裏を見てみると、
その女の子がずっと一緒に遊んでいた見えない友達の名前が書かれてあり、
母親は悲鳴をあげました。


その人形を買ってあげたかどうかは忘れましたが、
とても怖かったというか声が出ないリアルな恐怖があって未だにたまに思い出すので、
最初にも書きましたが見てた方知ってる方いたらちょっと嬉しいなーと思って書き込んでみました。
初めてだったのとメモ帳に下書きしてからなので改行が変だったり、
駄文だったと思いますが読んでくださりありがとうございました。


204 :本当にあった怖い名無し:2020/02/07(金) 13:14:59.58 ID:lNYGXFAp0.net
>>202
イマジナリーフレンドも不気味ではあるけど
いきなり形を伴ってしまうと怖いねぇ
捨てても焼いても戻って来ちゃうパターンだな


[ 2020/03/31 18:29 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【恐怖体験】高速道路沿いの公園での話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/03/18 16:10 ] 怖い話 | CM(1)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?358
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1578516742/


383 :本当にあった怖い名無し:2020/03/09(月) 13:10:38 ID:KulB8HPv0.net
ほんとついさっきの話

5歳の子供と犬連れて近所の公園行ったんだわ

隣接する道路から見ると丘の上に森があるだけみたいに見えるが公園らしい
外から中の感じがわからなかったから今まで行ったことなかった
遺跡だか古墳だかを公園にしたって聞いた


384 :本当にあった怖い名無し:2020/03/09(月) 13:14:36 ID:KulB8HPv0.net
高速道路に面した少しわかりにくい階段を登るとようやく中が見わたせる感じ
公園って言っても町中によくある遊具がおいてある公園じゃなくて、丘や森や林の中に少し開けた広場があって、あとは遊歩道がメインの少し大きめの地味目な公園
ちなみに見える範囲には人は一人もいなかった

30分くらい家から持ってきたランクルのラジコンで犬と追いかけっこしたりして遊んでたんだけど、充電が切れたんで公園内の探検始めたんだわ
あまり頻繁に手入れされていないっぽくて、草とか結構伸び放題

子供と一緒に木登りしたり土むき出しの斜面登ったりして遊んでたら、端っこの方にまあまあ背の高い草が生い茂る林が見えたんで入ってみることにした
頼りない獣道みたいなのがあってそこから入っていったんだけど、草は俺の胸くらいまであるんで子供は完全に埋まっちゃう
犬は小型犬のクセに頑張って歩いてた


[ 2020/03/18 16:10 ] 怖い話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

四年前にいなくなった猫(?)が帰ってきた
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/03/11 18:01 ] 怖い話 | CM(2)
ほんのりと怖い話スレ 139
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1577441685/


799 :本当にあった怖い名無し:2020/03/05(Thu) 10:35:11 ID:sMbv2DEJ0.net
さっきさ、ウチの四年前に帰って来なくなった猫みたいなのが帰ってきたんだ

外に出す猫だったもんで、いつか死んじまうんじゃねぇかな。って思いながら実家で飼ってたんだ

名前はシュウ、名前の由来はシュークリームから取った。
毛色は白ベースに茶色がまばらに混じった感じだった。
外猫だから洗ってやるんだけどすぐに泥まみれになっちまって、手間はかかる奴だったけど人懐っこくてかわいかったよ。

シュウは家に帰って来ると家の人間に扉を開けさせる為に馬鹿デカい声で鳴くんだ
どれくらい大きい声かというと、深く眠っていても1発で起きるくらいにはデカい。
うるさ過ぎて近所から怒られた事もあったよ

でも四年前ぐらいに帰って来なくなっちまった。
すげー悲しかったよ。俺からしたら手のかかる弟みたいな奴だったからな。
親父もお袋も「外猫は死ぬ姿を見せてくれない」って言っててさ、家族は皆シュウは死んだもんだと思っていた。

でもさ、さっきその件の馬鹿デカい鳴き声で目が覚めた
10年近くその鳴き声を聞いてたんだ、間違える訳ねぇ。
しかも起きた時刻は6時半、だいたいいつもシュウが帰って来てた時間だ

俺は急いで跳ね起きてベランダの窓に走ってったんだ。するとさ、居たんだよシュウが。
めちゃくちゃ嬉しくってさ、俺は鳴いているシュウを家の中に入れようとしたんだよ、そしたらお袋が2階の階段からスゲー勢いで降りて来ながら

「開けるなー!」とか
「窓から離れろー!」ってほぼ絶叫に近い声で言ってきたんだ。
俺は訳分かんないまま窓の前に突っ立っててさ、お袋が俺の右手を引っ張ってくれるまで指一本も動かなかった。

そんでさ、窓の前から離れる時に、窓の引き戸に左手が掛かってた事にその時初めて気が付いた。
ウチらは田舎に住んでるとはいえ、寝る前には家中のカギを閉めてまわる。
だけどその時はカギが開いていたんだ


800 :本当にあった怖い名無し:2020/03/05(木) 10:40:55.93 ID:sMbv2DEJ0.net
シュウが帰ってきたと舞い上がって、俺が無意識の内にカギを開けたのかもしれない。
けど、そこまで気が動転してたとは自分では思わないし、左手で引き戸を開けようとした覚えはない。
俺が気が付かない内に、俺自身がカギを開けて左手で開けようとしてたって事になる。

正直、お袋に手を引かれて部屋の真ん中らへんに戻るまでその事で頭がいっぱいだった。
お袋は窓から距離を取った後に、俺の手を離してから糸の切れた人形のように床にへたりこんでしまった。

俺が「いや、でもシュウそっくりじゃね?毛色とか鳴き方とかさぁ」ってヘラヘラ笑いながら言うと、お袋は

「私だってそう思うけどね、さっき呟き声が耳元で聞こえてね」

って言った

話をきくと、2階で寝てたお袋もシュウらしき猫の声で起きたらしいんだが、その時耳元で

「下へ早く下へ下へ下へ下へ………」

って囁くような声でかなり早口で言われたらしい。
親父は長距離トラック運転手で今は家に帰ってないから、お袋はゾッとしたそうだ
お袋はあまり怖いのが得意じゃないからな、心霊番組とかすぐにチャンネルをすぐ変えるし。

そんでもって一瞬体が強ばったそうなんだが、すぐに気付いたんだと。
その声がもう亡くなった自分の母親、俺からすると母方のお婆ちゃんだって事に。
しかも良く聞くとその声はただ囁くだけではなく、掠れ声で泣きそうな悲痛な声だったらしい。

お袋は急いで階段を駆け下りると、俺が窓の前に立っているのが見えたらしい。
そこら辺で囁き声は変わって「だめだめだめだめ………早く早く早く………」って感じの内容になったそうな
そんでもって、直感的に俺を窓から引き離そうと思ったらしい。

そして引き離して今に至り、囁き声は止まったと言った。


801 :本当にあった怖い名無し:2020/03/05(木) 10:43:04.17 ID:sMbv2DEJ0.net
俺はその話を聞き窓の方を見た

鳴き声は止み、そこには窓にピッタリと張り付くように座る猫がいた。
俺にはもうそれがシュウには見えなかったよ、外見は同じなのにな。
一切の瞬きも身じろぎをもせずに、ずっとこちらを見ている。
とても恐ろしかったな、目を合わせるだけで全身鳥肌が立って冷や汗が止まんなかった。

「やめな」とお袋が言って俺の目の前に掌を出して目線を切ってくれた。
正直かなり助けられた。自分ではあの猫の目から目を離せなかった。

本当に視界が固定されて、満足に体を動かせない。以前布団の中でウトウトとしてた時に金縛りにあった事があるがまさしくそんな感じ。
頭でいっくら動けと念じてもその命令が体まで届かない感覚だ

俺が猫から目が離れて深呼吸していると、それを皮切りにしたように視界の端で猫が動いたのが分かった。
「やっとどこか行くのか………」とホッとしたのも束の間

「あ"あ"ぁ"ぁ"ぁ"!!!」

最早猫の鳴き声じゃない、窓越しでも鼓膜が破れそうな絶叫が聞こえた
耳を塞ぎながらチラリと横目で見ると口を有り得ない場所まで広げて猫が鳴いていた
窓ガラスもバリバリと揺れていて、壊れそうだった

体感だと1分近くその声は続き、収まった頃にはもう猫は居なかった。
俺とお袋はお互いに近くに寄り合いしばらく動けなかった

その後、近所の人達に聞いて回ったけど誰もそんな大声聞いてないらしい。
あの猫は一体何だったんだろう、なんでウチらの前に現れたんだろう。
何一つ分からないけど、これでおしまいにしとく。

これ以上あの猫を知りたくないしな


[ 2020/03/11 18:01 ] 怖い話 | CM(2) このエントリーをはてなブックマークに追加

家族全員在宅中に泥棒に入られた経験
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/03/09 18:01 ] 怖い話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 139
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1577441685/


798 :本当にあった怖い名無し:2020/03/05(木) 08:18:52.21 ID:04xmuiVR0.net
昔住んでいた家は、マッチ箱の三階建てで二階にリビングダイニングと水回りがあった。
家の裏は大昔の堤防(当時生活道路)で、リビングは裏の生活道路から少し高い位置にあった。
一階は駐車場と親父の部屋。親父は朝2時には家を出る生活だった。
その日その日は野球が延長になり、親父はいつもの時間より30分程遅く降りていった、そして階段をかけ上げってきた。
警察に連絡、一家に降りるなと厳命された。
泥棒に入られていた。

被害は、親父の手回り金と商品券、時計、玄関脇に隠してあった支払い用の現金だけだった
警察が言うには、家族で夕食食べてた時に入り込んでいた。
当時多かった大陸からの出稼ぎピッキング犯で、鉢合わせしたたら居直っていた可能性が高い
鉢合わせしなくてラッキーでしたね。と言われた。


803 :本当にあった怖い名無し:2020/03/05(Thu) 11:36:10 ID:AURpUliEO.net
>>798
それは、ほんのりどころではない、居空き(家人が留守でなくても泥棒する空き巣)怖い


804 :本当にあった怖い名無し:2020/03/05(Thu) 13:26:10 ID:+9lmQjGu0.net
うちも子供の頃、家族4人在宅中に泥棒に入られて家庭崩壊したわ
部屋は荒らされずに母親が下ろしてきたばかりの現金だけが綺麗に盗まれたから父親が疑われて離婚した
犯人扱いされた父親ですら泥棒が入ったとは思わなかったんだから相当なプロだったんだな
それが何年も経ってから「先日逮捕した男が数年前にお宅で幾ら幾ら盗んだと供述していますが心当たりはありますか?」と警察が来て真相が判明した
あのとき小学生の兄妹二人がマリオで遊んでた隣の部屋に知らない男が侵入していたのかと考えたらゾッとした

因みに離婚後、家に一人残された父親が鬱になって
「向かいの竹林に物凄い形相をした髪の長い女の幽霊が出る」と喚いていたらしいけどそっちの真相は分からない


818 :本当にあった怖い名無し:2020/03/05(木) 21:53:55.41 ID:vCtj1G0n0.net
>>804
悲しい
復縁できないの?


820 :本当にあった怖い名無し:2020/03/05(Thu) 23:16:57 ID:ipBz1gr50.net
もうその誤解を解けなかった時点で終わってたと思う
信用して貰えなかったんだから


822 :本当にあった怖い名無し:2020/03/06(金) 13:06:24 ID:aBKCwSW80.net
>>818
>>820
復縁はなかった
子供にとって悪い父親ではなかったけど母親的には以前から何か思うところがあったんだろうし
父親的にはいくら否定しても信じてくれない母親に愛想が尽きたんだと思う


[ 2020/03/09 18:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【恐怖】俺が4年前に経験した話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/02/22 22:01 ] 怖い話 | CM(1)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?358
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1578516742/


221 :本当にあった怖い名無し:2020/02/19(水) 01:31:18 ID:IeMC72rS0.net
俺が4年前に経験した話

7月に北陸地方に1人旅に行ったんだよね
有給を使って、電車だけで観光地見て回ろうって感じの旅
初夏のカラッとした暑さが続いてる季節だった

1日目は東尋坊見て崖から海を臨む写真を撮ったり、予約したホテルの近くの天ぷら屋でサクサクの海老天を食べて舌鼓打ったりしてその日はぐっすり眠った

2日目、まだ夜が明けきらない早朝に起きてすぐにチェックアウト
電車に乗って涼しいうちから兼六園見て回って、さてどうしよう?ってなった
時間は多分まだ9時ぐらいだったと思う。

ふと、ここが日本海沿いだということを思い出して地図アプリを開く
意外と海が近いし砂浜もある。近いといっても1時間強はかかるけど行けない距離ではない
今回の旅行は断崖絶壁とかはあったけど砂浜はまだ行ってなかったし、折角だし行ってみようと思ったんだ


222 :本当にあった怖い名無し:2020/02/19(水) 01:32:00 ID:IeMC72rS0.net
ローカル線に揺られて1時間くらいして、海沿いに到着
砂浜はそこそこの人出で、親子連れやカップルが波打ち際で遊んでるのが目に止まった。

まぁ自分は海パンも無いし1人だし泳ぐつもりは無かったし、海をしばらく見てるだけで良いや~と思ってたから、
砂浜の後ろの方で捨てられたタイヤに腰掛けてボーッと眺めてたんだよね

砂浜、波打ち際、奥の方…

なにか白いものがチラチラ見える。

最初は泳いでる人かな?と思ったけど違う。
数秒してから、それが海面から突き出た両手だと分かった

あれもしかして、溺れてるんじゃないのか?
すぐに立ち上がり、目を凝らす

だけど、何かおかしい。

砂浜から離れた場所の波は大きく揺れ動いている
なのに、その両手は波に揉まれる様子もなく、なんというかその場で固定されたように波に消えたり波から出たりしている

それに気づいた瞬間、俺はゾッとした
なんか分からんけどアレはヤバい。この世のものじゃない。
瞬時にそう感じた


223 :本当にあった怖い名無し:2020/02/19(水) 01:32:39 ID:IeMC72rS0.net
その時だった
大人数のグループが砂浜からダッシュして、数人で一斉に海に飛び込んでいったんだ
その先の海面には先程の白い両手が突き出ている

あのグループは白い両手に気がついていないんだろうか?
彼らが白い両手のある場所まで行ったら、何かまずいことになるのではないか。
そんな事を考えているうちに、グループの1人が白い両手の付近に差し掛かった…
その時

スーーッ……
トン……トン……

白い両手がゆっくりと、手首と手首を叩くように動いた
そして…彼の姿がスッと消えた。

少ししてからグループが砂浜に戻ると、すぐにライフセーバーに駆け寄り海を指差ししきりに叫んでいる
数人が波に飲まれたらしい。
砂浜がかなりザワついている中、俺はもう一度海を見た。
白い両手はどこにもいなかった……


これが4年前に出くわした出来事です。

今でもあの透き通るような白い両手を思い出すだけで、ゾッとする。


[ 2020/02/22 22:01 ] 怖い話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

首刈峠の怪
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/01/31 16:01 ] 怖い話 | CM(1)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?358
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1578516742/


71 :本当にあった怖い名無し:2020/01/23(Thu) 20:41:18 ID:PNuB1elb0.net
学生時代にバイトの先輩から聞いた話。察しのいい人ならどこの大学かわかるかも。

大学のそばにお城の跡があって、そのすぐ近くに「首刈峠」っていう山道があった。
私もたまにバイクで通ってたけど、なんてことないアスファルトの舗装された山道。
この峠の名前の由来が、近くに刑場があったからとか色々言われてたけど、ほんとのことは知らん。

その首刈峠の中腹くらいに神社がある。
正しくは神社の入口があって、鳥居(といっても、石でできた2本の柱に注連縄が渡してあるだけのシンプルなやつ)をくぐって山を登ると社がでてくる。
社までは石段があるけど、崩れかけてるから結構険しかった。
当時の学生の体力で入口から社まで2~3分くらい。

ある夜、先輩(Aさん)が友達B、C、Dの3人と遅くまで飲んでて、「肝試ししよう」ってなった。
4人とも出来上がってて、真っ暗な首刈峠を意気揚々と神社まで歩いて行った。


72 :本当にあった怖い名無し:2020/01/23(Thu) 20:42:12 ID:PNuB1elb0.net
石段を登るとき、前にCとD、後ろにAとBで隊列を組んだんだけど、登り始めて1分くらい経った時、前の二人が
「ごめん、やっぱりやめない?」
と言い出した。AとBは半ば呆れながら
「ここまで来てそれはないわ。ほら行くで。」
と二人を煽った。渋々CとDはまた登り始めたんだけど、それからしばらく登ったとき、その二人が急に全速力で山を降り始めた。
さすがにAとBも怖くなって二人の後を追って山を降りた。

街灯がある明るいところまで戻ってきて、AとBは先に降りた二人を問い詰めた。
A「なんで急に帰ったん?あと半分くらいで頂上やったやん」
C「いや、なぁ… 実はなぁ、登ってる途中な、石段の上の方から、カチャ、カチャって音がするんよ。で、その音が石段を降りて来よったんよ」
D「あれは甲冑の音やった。大河ドラマみたいな」
C「ほんでな、わしらが『やめよう』言うてまた登り始めたときな、甲冑の音がこっちに向かってカチャカチャカチャって走り出したんよ!それで怖くなって逃げたわ…」


73 :本当にあった怖い名無し:2020/01/23(Thu) 20:43:09 ID:PNuB1elb0.net
それを聞いてAとBは大喜び。
「もう一回行くで!」と渋る二人を無理やり連れて行こうとしたとき、Aのスマホにラインの通知が来た。Aの彼女から。
『今大丈夫?なんか変なことになってない?』
要領を得ない。Aさんが『大丈夫だよ。どうした?』と返すと、
『隣のおばさんが急にウチに押しかけて来て、あんたの知り合いが大変なことになりかけてるからとにかく止めて!って言うんよ…』

ちなみにAの彼女は実家暮らしで、Aとは遠距離で付き合ってた。
お隣さんはいわゆる霊感が強い人らしく、普段から「見える」だの何だの言ってたそうだが、今回は本気でヤバイと思って夜中にも関わらず彼女の家に駆け込んだらしい。

さすがに酔いも覚めて4人とも帰ったそうな。
この話を聞いたとき、「その時の彼女のライン見ます?」って言って見せてくれた。作り話にしては手が込んでるので私は信じてる。


[ 2020/01/31 16:01 ] 怖い話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

【恐怖体験】私に憑りつこうとしたモノ
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/01/18 19:06 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?358
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1578516742/


29 :本当にあった怖い名無し:2020/01/11(土) 21:54:23.04 ID:x1Qyquk50.net
5年くらい前の話です。
少し長くなりますが、お付き合い頂けたらと思います。

当時、娘は3歳。テレビを見ながらきゃっきゃしてる娘を見ながら私はごろごろ横になっていました。
スマホで娘(仮にRとします)の写メ撮ったりしながら、そんな休日の昼間を楽しく過ごしていました。
そんな中、急に体がまったく動かなくなり声も出なくなってしまい、娘は確かに目の前で今も笑いながら某子ども番組のDVDを見ているのに。
名前を呼ぼうと必死に声を出そうとしましたが全く出ず…どうしようどうしようと思っていたら急に。
背後から手が出てきました。片手は私の右目を覆い、もう片手はわたしの左手首をがっちりと掴む形で。
この時自分がどうにかなる、というよりも目の前の娘に何かあったら!と思って気が気でなく。
なんとか体を動かさなければと必死に、歯を食いしばりながら目玉だけを右に左にと動かして抵抗していました。
次第に涙がこぼれはじめて、その瞬間に私を拘束していた手がゆっくりと後ろに下がり視界から消えました。
その瞬間、「R!!」と娘の名前を声に出せたのです。

あまりに恐ろしくてそのまま娘を抱えて家を出て実家に帰りました。
そのことを母に話したところ、一応みてもらった方が良いのではないか、と言われ、
知り合いの神職…祈祷師というんでしょうか?そういった力を持った方にお話を聞いて頂くことにしました。

祈祷師さん=Kおじさんとします。

Kおじさんは、祖母(母方)が昔から付き合いがあり困った時等ご相談に行かせて頂いておりました。
家を建てる時に地鎮祭をお願いしたり、この話とは別の霊障があった際にもご相談したりだとか。
Kおじさんはもう高齢で現在では96歳になるおじいちゃんなのですが、私も、元気ー?と顔を出して雑談したりするようなそんな仲です。


[ 2020/01/18 19:06 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

闇夜の断末魔
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/12/17 14:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?357
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1570877860/


646 ::2019/12/01(日) 23:30:34.20 ID:uRBjaIQR0.net
20年位前の話なんだけどバカップル二組で
ファミレスで深夜に飯食ってたんだ

したら後輩A男が
「先輩そういえば昨日夜◯◯山で焼身自殺あったの知ってます?」
俺「いや知らない」
A「あーニュースではやってなかったっすだからかぁ何かガソリンを自分でかけて自殺したみいなんですよ。」
俺「それやべぇなぁ」
A「聞いた話じゃ人の形がそのまま残ってるらしいんですよ!」
A彼女「なにそれー見てみたーい」
俺「いやいやそれやばいやつじゃん」
A「でしょでしょ!どうせ暇だから今からそこ行きません?」
俺彼女「暇だし行こうよ」
まぁ深夜2時で何もする事なくどおしよっかなぁ
と思ってた所でもあったし
俺「どうせ暇だし行くか!場所わかるんだよね?」
A「山頂の駐車場らしいんで行けばわかるでしょ」
お互いスポーツカーで飛ばせば時間的に1時間あれば着く距離行くなら早いうちがいいからファミレスの会計を済ませ駐車場へ行き車に乗り込んで出発
A「先輩飛ばすのでちゃんついて来て下さいよ!」
俺「なめんな笑逆に煽ってやるよ」

続く


647 ::2019/12/02(月) 00:01:28.72 ID:JZ8hGJCi0.net
俺彼女「ガソリン自殺って凄いよねぇ」
俺「まぁなかなか出来ないよ」
とか話ながら10分位たってそういえば音楽かけてないしカーステレオにスイッチオン
ミスチルが流れ出し俺熱唱笑
そうこうしているうちに気付けば例の山の麓こっから20分位で山頂の駐車場
当然危険な急カーブばかりAの車は加速を始める
バカみたいに飛ばし
俺「煽ってやるって行ったから追い付かなきゃ笑」
彼女「そうだよ着いたらバカにされるよ笑」
俺も加速し追い付く山の中腹に入った当たりから道が狭くなりヤバいなぁと思いながらも後輩について行くと、ん?
急に音楽が止まったり聞こえたりカーステレオの液晶がチカチカしだした
彼女「あれっ?調子悪いね」
俺「ホントだ」
すると突然ボリュームが上がっていきなり「おいっ!」みたいなのが聞こえて来た!
俺はビクッとし「今何かおいっ!て聞こえたよな?」と彼女に聞いて見る
彼女「聞こえたっ!なになにコレ」
すると「うおぉぉぉ*#&%$」みたいなうめき声があわててボリュームを下げるが下がらない
「な#*$�ノ%=し....,..」
みたいな声が聞こえて来た!


649 ::2019/12/02(月) 00:37:28.27 ID:JZ8hGJCi0.net
彼女「あぁ!なになにコレなんなの!」
俺「わかんねぇよ!ボリュームも下がらないしなんなんだよ!コレ」
たぶん頭がパニックになってたと思う
カーブ中に「%-+#*&$........,%":/+%」聞き取れないうめき声が.........................
またビクッとしカーブを抜けて少し直線に入った所で何故かわかないがハンドルを切ってしまった
俺「やばっ......」
彼女「きゃあぁぁ!」
車のバランスが崩れ........山肌に
「ドーーーン!!!!!」
「ガシャガシャーン」
俺「彼女大丈夫?大丈夫?」
彼女「う、うん」
とりあえずお互いケガはないみたいだ
車から降りるとフロント大破!
右のタイヤがない
リアも大破!
少しして後輩が戻って来た
A「先輩、俺彼女さん大丈夫っすか?ケガは?救急車呼びましょうか?」
俺「車は大破してるが奇跡的にお互い無傷さっき信じられない事が起こってね」
とカーステレオの事を話す
こさA「まじっかぁこっちは何もなかっすよ!」
俺「Aすまないが俺彼女を送ってくれないか?俺はレッカー呼ぶからレッカー来たら頼む」
A「もちろんっす」
結構山の中だが携帯の電波が入ったのが救いだった
レッカーを呼ぶ手配をし1時間かかるのでその間に車の破片を回収
ふと車内を見ると交通安全御守りが落ちてた
ん?と思い拾うと御守りの中の木札が真っ二つに割れてる!
あぁ御守りが守ってくれたんだそういえばこの御守りばぁちゃんにもらったやつだった
そうこうしてるうちにレッカー到着
夜明け前でAに彼女を送ってもらう
レッカーの人に「車大破してよく二人ともケガなかったねぇ」と
まぁこんな感じの実体験です


650 ::2019/12/02(月) 00:38:10.21 ID:JZ8hGJCi0.net
ちなみに自殺した方は男性みたいです
この一件があって心霊スポット巡りはやめましたw


652 :本当にあった怖い名無し:2019/12/02(月) 00:42:28.41 ID:/IaghBbr0.net
ばぁちゃんは偉大だね
おばぁちゃんに感謝せな
本当二人とも無傷で良かったね


654 :本当にあった怖い名無し:2019/12/02(月) 00:51:02.08 ID:/IaghBbr0.net
そのオーディオの音って
焼身自殺の人の断末魔の声的な感じだったんですかね?
そういうのユーチューブとかにもあるけど怖くて聞けない…


656 ::2019/12/02(月) 00:55:30.53 ID:JZ8hGJCi0.net
>>654
うーんわからないですが男性のうめき声でした
多分罰が当たったんだと思います
やっぱり興味本位で行かない方が良いと思った
20代前半の俺w


[ 2019/12/17 14:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

私には兄と妹がいるのですが、数年前に近い親族のお葬式で会った時変な事言うんです
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/12/16 14:00 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?357
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1570877860/


621 :本当にあった怖い名無し:2019/11/26(火) 22:32:29.21 ID:swkaPlEC0.net
私には兄と妹がいるのですが、兄は40近く、妹は30超えています。普段兄弟で集まった時にオカルトな話とか一切しません。兄は真面目で寡黙、妹もふざけたりするタイプではありません。

そんな二人なのに、数年前に近い親族のお葬式で会った時変な事言うんです。私は久しぶりに地元に帰り、受付なんかを手伝ってました。自分の子供を抱っこしながら妹が変な事を言い出します。

妹「あ」
私「なに?」
妹「あそこに小さな子供がおる」
兄「あー、来とるねー」
私「は?どこ?」
妹「今、棺ば覗きよらす(棺を覗いていらっしゃる)」
兄「この間の○さん(親戚の人)の葬式の時もおった子やな」
私「え?何?どんな人?」
兄「おかっぱで」
妹「着物きとる5歳くらいの女の子」
兄「うん」
妹「○家の葬式ん時に見るけん、多分ご先祖様やろね?」
兄「あーね(そうだろうねー)」
私「・・・」

私だけ今も県外にいるので年に一回会うかどうかですが、普段真面目な兄と妹がこの時ばかりは異質に見えて怖かったです。もちろん実話です。


[ 2019/12/16 14:00 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

今日大学生時代に自分が体験した怖い話を思い出した
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/12/15 13:31 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?357
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1570877860/


598 :本当にあった怖い名無し:2019/11/26(火) 20:21:37 ID:swkaPlEC0.net
今日大学生時代に自分が体験した怖い話を思い出したから書きます。
実体験なので実話ですが、余り怖くないかも知れません。

もう20年前近く前の話になります。地元から県外の大学に入学した私は
運動系サークルに入りました。ある日サークルで仲良くなった同級生A、
一個上の先輩のBさん、Cさんと温泉に行った後県内で有名な心霊スポ
ットに遊びに行く事になりました。

場所は町から結構離れた山の中にある廃マンションでした。


[ 2019/12/15 13:31 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加
管理人オススメ記事
去年の出来事
真夜中にナビにつられて知らない峠道を走ることになった
池沼Aと俺
田舎の古い民家を解体してたら床下から妙な物が出てきた

‐全ランキング表示‐ ブログパーツ
プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加


最新記事
10年以上前にTVの特番で「実際にあった怖い話」っていうので紹介されてた話 Mar 31, 2020
【不可解な体験】爺さんの守護霊か何かの仕業? Mar 29, 2020
大正後期から令和初期まで生きて亡くなったおばあちゃんの話 Mar 27, 2020
電車での不思議体験 Mar 19, 2020
【恐怖体験】高速道路沿いの公園での話 Mar 18, 2020
四年前にいなくなった猫(?)が帰ってきた Mar 11, 2020
山登りが好きなオカンの話 Mar 10, 2020
家族全員在宅中に泥棒に入られた経験 Mar 09, 2020
交通事故で亡くなった女子がクラスメイトの枕元に夜な夜な出現した Mar 08, 2020
悪戯好きの狸神様 Mar 07, 2020
過去ログ +

2020年 03月 【10件】
2020年 02月 【7件】
2020年 01月 【10件】
2019年 12月 【8件】
2019年 11月 【12件】
2019年 10月 【10件】
2019年 09月 【10件】
2019年 08月 【10件】
2019年 07月 【10件】
2019年 06月 【10件】
2019年 05月 【10件】
2019年 04月 【10件】
2019年 03月 【10件】
2019年 02月 【10件】
2019年 01月 【11件】
2018年 12月 【10件】
2018年 11月 【11件】
2018年 10月 【10件】
2018年 09月 【10件】
2018年 08月 【10件】
2018年 07月 【11件】
2018年 06月 【10件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【10件】
2018年 03月 【10件】
2018年 02月 【10件】
2018年 01月 【12件】
2017年 12月 【9件】
2017年 11月 【8件】
2017年 10月 【13件】
2017年 09月 【13件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【10件】
2017年 04月 【10件】
2017年 03月 【10件】
2017年 02月 【11件】
2017年 01月 【10件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【8件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【13件】
2016年 06月 【16件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【13件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【13件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【12件】
2015年 05月 【16件】
2015年 04月 【14件】
2015年 03月 【27件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【25件】
2014年 12月 【26件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【20件】
2014年 09月 【18件】
2014年 08月 【20件】
2014年 07月 【25件】
2014年 06月 【21件】
2014年 05月 【18件】
2014年 04月 【17件】
2014年 03月 【16件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【22件】
2013年 10月 【10件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【13件】
2013年 07月 【10件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【5件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【6件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【7件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【19件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【8件】
2009年 07月 【21件】

アクセスランキング
LINK
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top