FC2ブログ

|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
ヘッドライン

まだ高校生だった頃から今でも依頼があれば霊視とか除霊とかをしてる
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/11/25 18:25 ] 怖い話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 138
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1569833087/


880 :本当にあった怖い名無し:2019/11/19(火) 22:08:05.32 ID:3DttULgb0.net
書いていい感じか分からないけどとりあえずここ静かそうだから書いてみる。

書いてみたら長くなってしまったので分けます。

まだ高校生だった頃から今でも依頼があれば霊視とか除霊とかをしてるんだけど。(お師匠から絶対に謝礼は受け取るなと言われてるのでボランティアで)
その中で関わった自分的には怖かった件の話。

高校生の頃、姉の友達(以下A子)を霊視して欲しいと依頼があった。
姉は小さい頃は視えたけど年々弱まりその頃は感じたりたまに見たりという程度。
その姉がA子の家に遊びに行った際、やたら暗くて重苦しい雰囲気を感じたから心配だとの事だった。

まだ未熟な私は霊視に家の見取り図を必要とするので簡単に書いてもらい、早速視てみた。


881 :本当にあった怖い名無し:2019/11/19(火) 22:08:33.90 ID:3DttULgb0.net
玄関から入ってみるのだが、まずドアを開けた瞬間に目の前でバタバタ動く手があった。
手足ぶらぶら運動をギリ顔面に触れない距離でやられたようなのをイメージして欲しい。

それでやめておけば良いものを、いいカッコをしようと無理に進んだ。
話の通り家はどこを見ても暗かった。昼間に雨戸を締め切ったような何とか見えるけど限りなく見えないようなそんな暗さ。

2階へ上がると突然人が増えた。踊り場みたいな少し開けた所に10人近くウロウロする人がいた。
でもその一角にブラックホールみたいな真っ暗なモヤがあった。そのモヤに私の存在を気取られてはいけないと慌てて霊視をやめた。
そしてその後肩こりが悪化して軽い吐き気を催した。
通常そんな時には浄化用の粗塩を舐めるとスッキリするのだが、効かなかった。

奥の手はあるが出来れば使いたくなかったので、お師匠(的なポジションの霊能者さん)にヘルプを出したところ、A子宅の霊を少し被ってしまっていると。


882 :本当にあった怖い名無し:2019/11/19(火) 22:08:46.35 ID:3DttULgb0.net
で、ヤバい感じだったモヤについても聞いてみたところ、なんと死神だったそう。
まず家自体が霊の巣窟で、そこに溜まる霊を刈り取って居たらしい。(この場合は魂がさらに死ぬので消滅するらしい)
じゃあこの死神は良い奴なのかと言うと全くそんなことは無く、魂を狩り終えて暇になると生きた人間を狩りに来る予定だったと。
よく漫画なんかでは死神というと、死ぬべき魂のみを狩る仕事人のような描かれ方をするが、この死神は暇つぶしに魂を狩って遊んでいたというのだから怖すぎる。

そんなもんが私の手に負えるわけがないのでお師匠に丸投げして、その後土地を浄化したり細かい対処を色々やったらしいが、恐らく綺麗にはなってない。

もしも私の存在をあの時気取られていたら……というのがほん怖。

もともと母が霊媒体質で我が家も巣窟だった時代がある関係で、小ネタはいろいろあったりするけど今回は無駄に長いもん書いてしまったのでやめておく。


[ 2019/11/25 18:25 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【病院の怪談】夜中にトイレを流す音
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/11/24 17:01 ] 怖い話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 138
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1569833087/


493 :本当にあった怖い名無し:2019/10/31(木) 21:40:40.84 ID:gGa8F5lrw
ここでほんのり怖い(あまり怖くないかも)お話を書かせてください。

私は関東で看護師をしているものです。

私は病棟勤務でもちろん夜勤もしているのですが
不可思議な現象によくあいます。

まあなんだかんだで一番怖いのは認知症を患った生身の人間なのですが、
何もない部屋からナースコールが鳴ったり高齢の方のそこに誰かいる!といった怯えと叫びは日常茶飯事なのでもう特に気にも留めませんが・・・・。

その日は私が夜勤をしており消灯時間も過ぎた2時前後の時だったと思います。

患者さんたちの見守りも終わりスタッフ4人のうち2人は休憩に行き病棟に残ってるスタッフは私ともう1人の2人でした。

詰め所から一番遠いトイレ付の大部屋の病室からトイレの流れる音がしたんです。

夜中にトイレ行く人はいるので誰かがトイレ行ったんだなとその時は思いました。

夜中は患者さんが転倒しやすいこともあり念のため様子を見に行ったのですが誰もおらず。

流した音が聞こえるタイミングで行ったのでもうベッドに戻ったのだろうとその時は気にも留めませんでした。

それから10分もしないうちにまた同じ部屋からトイレの流水音が聞こえてきました。
同じようにまた様子を見に行きましたが誰もいません。

ここでもとくには気にもしませんでした。

詰め所にもどってふと気づいたことあるのですがその部屋は寝たきり部屋で自立の人はいないので歩ける人いないんですよね。


494 :本当にあった怖い名無し:2019/10/31(木) 21:46:39.36 ID:gGa8F5lrw
ほかの部屋の人がわざわざそこに行ってるのかな?って思いまた記録をし始めましたがまたそこでトイレの流れる音がしたんです。

こうも立て続けに聞こえてくるとぞっとしましたが自分自身生身の人間が一番怖いと思ってるたちなのと霊感もなくみえないので恐怖心もなく様子見に行きました。

やっぱり流された形跡もあるし、壊れたのかな?とも思ったのですが
急に寒気がして患者さん4人が寝てる暗闇の部屋の中から”どっしーん!”って音が聞こえてきました。

怖いとかそういうのよりも やばい!だれかベットから落ちた!?と患者さんには申し訳ないですが部屋の一部の電気をつけさせてもらいました。

確認しましたが誰もベッドから落ちてません。

ここでようやく私もえ?これって・・と思いました。
そのあとはちょっとパニックです。詰め所に急いで戻ってもう一人のスタッフさんに声をかけて病室まで戻り電気を消しました。


そのあとは特になにもなく朝を迎え、休憩から出てきたほかのスタッフにトイレが勝手に流れたんですよーと夜中の出来事を話しました。

「それ○○号室でしょ?10年位前だったかな、ドクターから立ったら死ぬって言われてたのにトイレに行ってそのあと一気に血圧下がって倒れて亡くなった人いるよ。

〇〇ちゃんもトイレの音だけじゃなくて倒れた音も聞いたんじゃない?ちょうどその人が亡くなった時もこんな時期だったから」

きっとその人は死ぬ瞬間を今でも繰り返しているんだなと思いました。

おわり。


[ 2019/11/24 17:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

これは私たち夫婦が10年以上住んでいる、築40年のマンションでの話です
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/11/23 17:12 ] 怖い話 | CM(1)
ほんのりと怖い話スレ 138
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1569833087/


198 :本当にあった怖い名無し:2019/10/20(日) 23:25:38 ID:y01PsmRB0.net
ほんのりすら怖くないかもですが投下させていただきます。

これは私たち夫婦が10年以上住んでいる、築40年のマンションでの話です。
仕事帰り、いつものようにマンション駐車場に車を停めた夫が、地下からの階段を1階に向けて上がって来ると、上がりきった1階ホールに4、5歳くらいのおかっぱの少女が立っていて
「こんばんは」
と声をかけてたそうだ。
夫も「こんばんは」と返し、薄暗い足元に目を戻した。
このマンションに越してきて当時5年以上経つが、その少女は初めて見るなと思い、ふと周りを見ると、その少女は消えていたそうだ。
階段を登りきったところには部屋は無く、2階へ続く階段を上がる音も、廊下の先のドアが閉まる音も全くしなかったとの事。
帰ってきた夫が神妙な面持ちで聞かせてくれた。
もちろん私もそんな少女は見た事が無いし、しかも夫が帰ってきたのは23時を回った頃。夫が言うには少し古めかしい格好をしていたそうだ。

このマンションでは別のほんのり体験もしているので需要があれば書きますね。


211 :本当にあった怖い名無し:2019/10/21(月) 19:05:10 ID:9qA4FEhB0.net
需要ないかもだけど、書いたからこっそり投下します。

数年前に、今も住んでいるマンションで起きたほんのりな話。
マンション1階管理人室には70代くらいの夫婦が住んでいて、午前中はマンションの共用部の掃除や管理をしてくれていた。
奥さんの方は親切で良く世間話をしたものだ。管理人室の玄関側の窓にはいつも新鮮な花が活けてあって、暗くなってから帰ってくると花の香りがホッとさせてくれた。
旦那さんの方は何だか不思議な雰囲気で、いつもニコニコしていて趣味で絵を描いていた。

私は夫婦で6階に住んでいる。1階にエレベーターを使って降りる際、ある時を境に、誰も押さないのに2階で止まることが頻発した。
もちろん、押し間違いではない。
2階で止まって扉が開いた先に見える廊下は薄暗く、いつも何か嫌な雰囲気が漂っていた。
一度好奇心から、上半身だけをエレベーターから乗り出して辺りを見回したことがあるが、誰もいず、ただ薄暗い廊下が続いているだけだった。
夫にも確認したが、やはり押していないのに2階で止まることが多いとの事。
そんなことが続き、3ヶ月程経った頃だろうか。2階でしょっちゅう止まるエレベーターにもすっかり慣れた頃だ。
先の少女の事もあり、おしゃべり好きの管理人の奥さんに水を向けてみた。
「何かあのエレベーター、2階でしょっちゅう止まるんですけど、故障ですかね?」
すると奥さんは意外なことを喋りだした。


212 :本当にあった怖い名無し:2019/10/21(月) 19:06:59 ID:9qA4FEhB0.net
続き


「そうなのよ、ほかの人も2階で止まるって言ってたわ。それにうちの旦那が2階が気持ち悪いって言うの。変なものを見たって。」
と声を潜めて教えてくれた。
「え?変なものって?」洒落怖好きの私は当然詳細を聞こうとしたが、「何かモヤのようなもの」とのことで、それ以上の情報は聞き出せなかったが、少し言葉を濁していた様に思えたのが気になった。

そんな事を聞いてしまった後は、2階で止まるエレベーターが怖くて仕方なく、乗り込んだら即「閉」ボタンの上に指を乗せて待機するようになった。
それから1ヶ月も経っていなかったと思う。
管理人の旦那さんの方が病気で帰らぬ人になってしまったのだ。
それから数ヶ月で管理人は変わり、今は明るくお喋りなおじさんが、マンションの管理に通ってきてくれている。
そして不思議な事に、管理人が変わってからは、エレベーターが2階で止まることはなくなった。

奥さんが言っていた「変なもの」とは、病気が見せたものなのだろうか、それとも...。

最近夫が階段を使った際に、「2階は何だかんだ嫌な雰囲気がするから行くなよ」と言っていたので思い出して書きました。


[ 2019/11/23 17:12 ] 怖い話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

黒く濁った顔の写真
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/11/21 21:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?357
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1570877860/


534 :本当にあった怖い名無し:2019/11/17(日) 18:45:42 ID:+eHiIv400.net
改めて文章にしてみたら嘘くさすぎたから作り話だと思って読んでほしい。


もう10年近く前、大学生の頃、サークルのみんなとバーベキューをした。後日全員に集合写真が配られた。その写真に、1人だけ顔が黒く濁ったように写っている女の子がいた。
他のみんなに配られていた分も確認したが、その黒い濁りは自分に配られた写真にしか無かった。そのときはただの印刷のミスとしか思わなかったが、ピンポイントで顔が隠されているかのように黒く濁っていたので、少し不気味ではあった。

その2週間後、その女の子は事故で亡くなった。
あの写真のことがとっさに頭をよぎり写真を確認したが、変わらず顔が黒く濁ったままだった。
偶然にしても、気味が悪いな、と思っていた。

数ヶ月後、家族で帰省した際記念に家族みんなで撮った写真が届いた。現像された写真を見て本当に鳥肌がたったのを覚えてる。
母の顔が隠されるように黒く、あの時と同じような濁り方をしていた。


535 :本当にあった怖い名無し:2019/11/17(日) 18:48:37 ID:+eHiIv400.net
サークルの女の子のことが頭をよぎり、とっさに実家に電話したが、母は何も変わらず元気そうで少しほっとした。
でも、あの時のことが偶然だったとしても気味が悪かったから、念のため軽く健康診断にでも行きなと伝えた。そして数週間後母から電話があった。大学生になってから母から電話がかかってくることは滅多になかったから何事かと思った。


536 :本当にあった怖い名無し:2019/11/17(日) 18:49:36 ID:+eHiIv400.net
俺からの電話のあと軽い気持ちで健康診断に行ったら、
即精密検査をするように言われ、癌が見つかったという。しかも、ステージがかなり進行していて、今まで普通に生活できていた方がおかしい、いつ倒れてもおかしくなかった、とのことだった。母は入院して治療を受けたが、わずか数ヶ月で他界した。


537 :本当にあった怖い名無し:2019/11/17(日) 18:50:45 ID:+eHiIv400.net
母が亡くなってしばらくは色々とバタついたので当時は写真どころではなかったが、
落ち着いてきた頃に改めて考えてみても、
あれは偶然とは言い難かった。
しかし、その後は不気味な写真が撮れることもなく、時代は進んで、
スマートフォンで気軽に写真が撮れるようになり、写真を現像する機会もかなり減り、
そういったこともすっかり忘れかけて、
何ならホラー話の持ちネタにできるくらいにはなってた。
それから数年が経って、
就職して結婚して娘も生まれた。
この間幼稚園に入園し、初めての運動会があり、奥さんとスマホでたくさん写真を撮った。
プロのカメラマンの方が撮った、
希望の人が購入できる写真もずらっと掲示されていたので、初めての運動会ということもあり娘が写っているものを選んで一通り買った。
そしてそれを受け取って何枚か見ていくうちに、絶句した。
クラスの保護者と子供の集合写真に、あの黒い濁りが、娘と、奥さんと、自分に写っていた。
今のところ数ヶ月経っても普通に生活できてるけど、これを書いている今も本当に怖くてたまらない。


538 :本当にあった怖い名無し:2019/11/17(日) 19:02:57 ID:ouCOg0OG0.net
その写真上の黒い濁りは他者にも知覚できたんだろうか
サークルバーベキューで自分に配られた写真にだけその子に黒い濁りがあったんなら
「ほら俺のんだけなんかここ黒く濁っとんねんけど」みたいな話になって
みんなに見せるのが自然だと思うんだけど
母親の写真も嫁と娘と自分の写真の黒い濁りも他者に見せて知覚できたのかな


543 :本当にあった怖い名無し:2019/11/17(日) 20:04:08.37 ID:CX6oAq810.net
>>537
その後どうなったんだ?


544 :本当にあった怖い名無し:2019/11/17(日) 20:09:55 ID:ds3VJz8S0.net
てかその黒い影はいつの段階で現れるんだ
プロカメラマンなら必ず出来を確認するだろ

最初の一人はサークルの他人だから
親族だけにわかるというものでもないみたいだし


546 :本当にあった怖い名無し:2019/11/17(日) 20:34:06.14 ID:ds3VJz8S0.net
一番怖い解釈としては
黒い影は投稿者にしか見えない
なおかつ投稿者が死んでほしい(自分含む)やつの顔に現れる


548 :本当にあった怖い名無し:2019/11/17(日) 21:15:35 ID:tHZbEkT70.net
三人黒く濁ってるなら病気より事故の可能性がたかいよね。


549 :本当にあった怖い名無し:2019/11/17(日) 21:21:18 ID:NWGhMX/40.net
車の運転とか怖いね


553 :本当にあった怖い名無し:2019/11/18(月) 14:24:23.08 ID:R/dkCcq90.net
>>537
気になるから毎日1レスしてくれ
家族そろって出掛ける時は細心の注意を


556 :本当にあった怖い名無し:2019/11/18(月) 23:53:31.86 ID:h/KKgxMnO.net
もうレス来ないって事は既に…


[ 2019/11/21 21:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

高校2年の時、離島での合宿で私は怖い体験をしたのです
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/11/20 21:06 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?357
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1570877860/


474 :本当にあった怖い名無し:2019/11/13(水) 23:53:14.24 ID:t7Ezdta10.net
暇があれば聞いてください。

当時、私は美術部に入っていたのですが、私の町の高校は美術部にしては珍しく合宿がありました。
合宿先は毎年県内の離島で行われていて、早朝の6時から夕方の5時あたりまで
休憩をはさみながら風景画を描いていました。そして夕食後に反省会をして10時頃に就寝。


475 :本当にあった怖い名無し:2019/11/13(水) 23:53:49.31 ID:t7Ezdta10.net
そんな淡々とした合宿で私は怖い体験をしたのです。
それは高校2年の事でした。


476 :本当にあった怖い名無し:2019/11/13(水) 23:55:39.12 ID:t7Ezdta10.net
実家から2時間弱ほど電車に揺られ、県の港で部員たちと集合。
その後15分?くらい定期船に乗って島に行きました。
合宿先の島は毎年同じ場所だったそうなのですが、今回いく島は毎年お世話になっていた旅館が休業したことも
あったので(他にも事情があった気がしますがあまり覚えていない)T島(仮名)へと合宿先を変更したのです。
T島は今までに行ったことがない場所でしたので、いろいろと不安な部分がありましたが
そこの旅館は意外ときれいで、昼食がおいしかったので自然と不安もなくなりました。


477 :本当にあった怖い名無し:2019/11/13(水) 23:56:08.06 ID:t7Ezdta10.net
昼食後に早速何処を描くのか決めるために、T島内を散策しました。
海を描きたいと思っていたので海岸へ向かいながら、途中途中で目に付いた
イイ感じのものをデッサンしていたのですが想像以上に当日の日差しがきつく、
へとへとになってしまったので少し休憩しようと思ったのです。
喉が渇いていたので、道の端にあった自販機で飲み物を買おうとしました。


[ 2019/11/20 21:06 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【霊?】自衛隊の駐屯地での恐怖体験
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/10/27 12:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?357
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1570877860/


179 :1:2019/10/20(日) 10:29:43 ID:3kMAWXUP0.net
当時、自分は予備自衛官補だった。
予備自衛官補とは社会人や学生をしながら自衛隊員になれる制度。
駐屯地に泊まり込み、訓練を受けてお給料を貰えるという軍事オタ垂涎のバイトのようなものだ。
一応機密事項なので具体的に何をするか書けないが、
朝は6時にラッパの音がスピーカーから爆音で流れるので飛び起きて、迷彩服に着替えて外に出て点呼する。モタモタしてたらめっちゃ怒られる。
その後シーツなど畳んでベッドメイキングする。これも適当だとめっちゃ怒られる。
そのあとは、自衛隊の軍練をする。

部屋は相部屋で、ベッドがギッシリ並んでいる。最大10人くらいが一緒の部屋で寝泊まりして行動を共にする。
その日は5人が一緒の部屋だった。


180 :2:2019/10/20(日) 10:31:04 ID:3kMAWXUP0.net
一応自衛隊なので、本当の自衛隊と同じ時間やスケジュールをこなす。
普段運動してないオタクなので、トレーニング系の訓練だとヘトヘトで、消灯後は皆すぐに寝た。

朝、ラッパの音が鳴った瞬間に飛び起きて横に吊るしていた迷彩服を引っつかんだ。
前述したように、朝はラッパの音が鳴ったらすぐに朝礼に行かなければいけないので、服はベッドサイドに吊るしておいたのだ。
ところが、皆が起きてこない。
というか、ラッパの音が鳴っていない。
寝ぼけて起きてしまったのかと思ったら、1人だけ同じ様に起きている人がいた。
2つ先のベッドの人が、すでに起きてシーツか何かをゆっくりゆっくり畳んでいる。
でも、そのベッドには誰も寝ていないはずだった。
自衛官補には、1人本職のリーダー的人が着いて色々教えてくれるのだが、その人が入ってきて何か作業しているのかと思い、「おはようございます!」と声をかけた。
しかし、完全に無視したまま、ゆっくり布を畳んでいる。


181 :3:2019/10/20(日) 10:31:56 ID:3kMAWXUP0.net
変だなぁ、と思って、手につけてたGSHOCKの光を付けて時間を確認した。
まだ朝の5時だった。
時計にめっちゃ顔を近づけて、時間を見ていた時に、そういえば眼鏡を付けていないことに気づいた。
自分は眼鏡の度数が-8.00くらいの近視で、真っ暗な部屋の二個先のベッドの人なんて確実に見えないはずだった。
何でシーツを畳んでるってわかったんだ?
というか、何で今シーツ畳んでるの?
もう一度、起きている人を見た。
昔のダビングしたビデオみたいに、ザラザラした様に見えるけど、真っ暗な部屋で淡々と何らかの作業をしてるTシャツ姿の人だけが眼鏡無しでもハッキリ見えた。

皆が起きてない時間に起きてる知らない人がそこに居た。
自分は声を掛けてしまった…
そっと、ベッドに入り、今更寝たフリをした。どうかこっちに来ませんように…
朝6時、本当のラッパが鳴るまで地獄の様な一時間を過ごした。


182 :4 終わり:2019/10/20(日) 10:32:31 ID:3kMAWXUP0.net
翌日、靴磨きをしている時にリーダーにその事を伝えたら「あー、やっぱり出るんだ…」と言われた。
「お前達の隣の部屋、誰も使ってないだろ?あそこあかずの部屋なんだよ」
「あれ見てみろ、あそこの3階の窓だけ、鉄格子付いてるだろ、あそこの部屋だけ飛び降りる人が多いから付けてるらしい」
「あそこの納屋、首吊り自殺した人の幽霊が出るんだって」
と、ついでの様にとんでもない数の怖い話をされた。
駐屯地という閉鎖的な所はやっぱり自殺が多いのかね…
それ以来、訓練には行けなくなり無事三年の任期を終えましたとさ


[ 2019/10/27 12:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

去年の夏に体験したちょっと怖い話です。(幽霊じゃない)
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/09/26 14:01 ] 怖い話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 137
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1564090249/


729 :本当にあった怖い名無し:2019/09/03(火) 09:08:17.47 ID:AjS2dPCA0.net
去年の夏に体験したちょっと怖い話です。(幽霊じゃない)

私は鉄道施設の維持管理をする現場仕事をしています。
その日の仕事は、線路の上で使うリフト車(軌陸車という車両)の運搬管理でした。
軌陸車とは、リフト車の下に車輪が格納されていて、車輪を展開して線路に乗せることで、線路を走ることができる車両です。
その日は、終電や貨物が通り過ぎた後、午前0時に軌陸車を踏切から線路に載せ、50mくらい離れた場所まで搬入して別の業者に引き渡し、午前3時に軌陸車を踏切から道路に搬出する予定でした。(時間はぼかします)

で、搬入は順調に終わって、2時間ほどぼーっと業者の仕事を眺めていました。
現場は住宅街にある高架橋のそばで、線路上は真っ暗でしたが、踏切周辺は街灯に照らされて明るかったです。
踏切はたまにタクシーが通るくらいで、現場には軌陸車以外の重機はなく、軌陸車のエンジン音以外は静かなものでした。
新人の頃は真夜中の雰囲気を不気味に感じていましたが、幽霊に遭遇したことなんてないし、もう慣れました。

そして2時30分ごろ、業者から作業終了の連絡があり、作業員と一緒に軌陸車を動かす準備を終えた後、私は線路上に障害物がないか確認しながら、踏切まで歩いて行きました。
特に異常がないことを確認した後、無線で運転手にOKの合図を出しました。
すると、「すみません、ジャッキの締め忘れがあったので5分ください」と作業員から回答。
古い車両は油圧がどうのこうのでジャッキを格納した後、緩むことがあるとか何とか。

3時までまだ時間はあるし、作業は作業員に任せて、私は踏切で待機していました。
すると、20mほど先の交差点から歩行者が一人、こちらの方に歩いてきます。
県道の交差点から、住宅街に入っていく市道(車が何とかすれ違える位の幅)って感じの道です。
その男は帽子を深くかぶっていて、姿勢も悪く、なんだか歩き方がぎこちない感じでした。
5時くらいになるとジョギングやウォーキングするお年寄りを目にすることはありましたが、まだ3時前。
酔っ払いかな~と思いながら、「歩行者が来るのでゆっくりでいいよ~」と作業員に無線を入れ、男を誘導しようと踏切に出ました。


730 :本当にあった怖い名無し:2019/09/03(火) 09:08:44.83 ID:AjS2dPCA0.net
男はひょこひょこ歩きながら向かってくるんですが、帽子かぶってうつむいているせいで表情が読めない。
男が5mくらい手前にさしかかってきたところで、「ご迷惑おかけしてます~、お通りください~」と会釈したところ、
男が急に背筋をびっと伸ばしてこっちを見返してきました。
ギョッとして男の顔を見てみると、顔がない、というか毛むくじゃら。
「ハ???」って感じでつっ立っていると、私の前を通り過ぎる際に首がぐるっと90°回転してそこに男の顔がありました。
軽くパニックになりましたが、よく見ると、男は服を前後逆に着て、帽子も反対にかぶって後ろ向きに歩いていたんです。
つまり、私が顔だと思っていたのが後頭部で、今こっちを見ているのが顔面だったんです。

メチャクチャ驚きましたが、相手が人間だとわかると、こういう変人には関わらないのが一番と思い直し、「足下お気をつけください~」とか言いながら線路の方に後ずさりしました。(現場仕事してるとちょいちょい変なおっさんに遭遇する)
すると男はこっちを見ながら訳のわからない言葉を発しました。なんか聞き取れない小動物みたいな鳴き声。
マジで勘弁してくれと思いながら震えていると、男はそのまま歩いて通り過ぎていきました。
「○○さん、こっちOKですけど、そっちはもういいですか~?」という運転手からの無線でハッと我に返りました。
慌てて返事をしながら、男が歩いて行った方向を見ると、住宅街の角を曲がっていくところでした。
姿勢はもとの猫背に戻っていて顔は見えませんでしたが、なんだか視線を感じたように思いました。(ていうか背骨どうなってたんだろ)

そこからは普通に車両を搬出して現場は無事に終わりましたが、心臓がバクバクしていて指示も上の空でした。
終礼後、運転手と話しましたが、足の悪いおじさんが通ったくらいにしか認識していませんでした。
会社に帰って、仲のいい先輩に聞いてみましたが、あの踏切でそんな通行人は見たことがないと言っていました。

あのおっさんが声に出した「キュルキュル」みたいな音が、昔テレビで見た逆再生の音(ドラゴンボールのED?)に似ていた気がするんですよね。


[ 2019/09/26 14:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

待ってるからね
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/09/23 12:01 ] 怖い話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 137
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1564090249/


662 :本当にあった怖い名無し:2019/08/29(木) 15:45:54.07 ID:gvS51mTx0.net
先輩は大学生の頃、一回り上の女性と付き合っていた。
色々と訳ありの人で多額の借金があり風俗で働いていたそうだ。
先輩はろくに大学にも行かず、毎日のように2人でパチンコをして過ごしていた。
ある日、いつも通り開店から2人でパチンコを打っていた。
しばらく時間が経ったとき、彼女が後ろからヒョイと顔を出して先輩の耳元でボソボソと何か囁いた。
先輩は「え?なに?聞こえない!」と台から目も離さず返すと、今度は耳に息が掛かる距離で「待ってるからね!」と叫んだ。
先輩はその声に驚いて「なんだよ!」とキレながら横を見ると、隣にいた爺さんがポカーンとした顔でこっちを見ていた。
あれ?と周囲を見渡したが既に彼女の姿は無かった。
先輩は電話をしながら店内や店の付近をグルグルと探し回ったが彼女は見つからず、電話も留守電に繋がるだけだった。


663 :本当にあった怖い名無し:2019/08/29(木) 15:46:51.04 ID:gvS51mTx0.net
先輩は「俺を置いて帰ったのか。待ってるって家でって事かよ」と少しイライラしながら彼女のアパートへ向かうと、玄関のドアが僅かに開いていた。
「マジで帰ってきてんのかよ」とドアを開けると奥の部屋で首をだらりと下げ座っている彼女が見えた。
「おいどうした?」と声を掛けるが何の反応もなく体もピクリとも動かない。


664 :本当にあった怖い名無し:2019/08/29(木) 15:47:24.17 ID:gvS51mTx0.net
嫌な予感がして慌てて彼女に近付くとタンスの取っ手に縄をくくり首を吊っていた。
先輩は直ぐに救急車を呼んだがもう手遅れだった。
彼女は自殺する直前に母親宛に手紙を送っており、葬式の際に見せてもらうと、借金を全額返済した事、自分の子供を代わりに育てている母親への感謝と謝罪、子供の将来の事、実は重い病気を患っている事などが書かれていた。
そして最後には「短い間だったけど(先輩)君と過ごせて幸せだった。しっかりと大学を卒業し立派な大人になって下さい」と伝えてほしいと書いてあった。
先輩はその言葉を真摯に受け止め、パチンコを辞め、真面目に大学へ通い卒業したそうだ。


665 :本当にあった怖い名無し:2019/08/29(木) 15:48:13.25 ID:gvS51mTx0.net
それから数年後、先輩が一人残業をしていると内線が鳴った。
22時を過ぎた頃だったので、不審に思いながらも出ると守衛さんが慌てた様子で
「(先輩)さん、今お一人ですか?」
「はい、そうですけど」
「おかしいな…今監視カメラに女性が通り過ぎるのが見えたもので…」
「そうなんですか?誰もいな…
と途中まで話した瞬間、内線の向こうから突然耳を劈くような爆音が響いた。
それはパチンコ屋の店内の音だった。
先輩は驚いて咄嗟に受話器を置くと今度は
「待ってるからね」
と囁く声が聞こえた。耳元に息が掛かる程の距離。姿は見えないが彼女が来ている…
あまりの恐怖に心臓をバクバクさせながらジッと立っていることしか出来ない。ピンとした空気が張り詰める中、ドアをノックする音が聞こえ守衛さんが入ってきた。
「電話が切れたもので…。大丈夫ですか?」
その声に一気に緊張の糸が切れ、先輩はその場にしゃがみ込んだ。

彼女がなぜ突然現れたのか「待ってるね」の意味は何なのかわからないが、後日有給を取って墓参りに行った。
ちなみに彼女が亡くなって今年で15年経つがあんな経験したのは一回だけだそうだ。


[ 2019/09/23 12:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

死ぬよりはマシだけど死ぬ程に辛い夏休みの思い出
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/09/21 19:01 ] 怖い話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 137
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1564090249/


363 :本当にあった怖い名無し:2019/08/16(金) 02:09:16.86 ID:B6d1UD5R0.net
僕は小学校三年生の時にとある出来事が起こるまでそこそこ霊感があったのだと思っている
ただ僕が感じられるのは人の姿とか声ではなくて
空中や人の周囲に色のついたモヤが見えたり何も見えないけれど強く感じる不快感だったり
嘘の発言がボイチェンを通したように歪んで聞こえるみたいな抽象的なものだけだった
なんとなくそれらが良いモノなのか悪いモノなのかの察知は出来ていて
それで怖い思いみたいなのはあまりしていなかったけれど
それが通常は見えていてはいけないモノなんだと薄々理解はしていた

どうせ悪いモノの存在を伝えたところで対処法とかは知らなかったし
そもそも見えちゃった時点で手遅れな事が殆どだったからね
なので僕の母親以外に僕が変なものが見えるという事を伝えていなかった


そんな僕が7歳の夏休みに幼馴染みの友達家族と一緒に泊まり掛けで海水浴に行くことになった
幼馴染みは小学校に上がる前に車で二時間ぐらいの場所へ引っ越してしまっていて小さい僕たちには永遠の別れの様に思っていたけれど
その年は僕の家族が仕事や部活の大事な時期に重なってしまい旅行が出来なそうだということで
僕が不貞腐れているのを知った幼馴染み一家が自分達の家族旅行に僕を同行させてくれることになったんだ

僕も幼馴染みも久しぶりの再会に大喜びで朝早くの出発なのに最初からテンションがクライマックス
行きの車ではしゃぎすぎて体力を使い果たしてぐったりとしていたけれど
海についたらすぐに復活して昼食を掻き込む様に平らげると浜辺に遊びに出た
芋洗いという程に混雑はしていなかったけれどそこそこ人が多くて少し怯んだ覚えがあるけれど
遊びの天才だったあの頃の僕たちは何かしら楽しいことを見つけていた記憶がある

しばらくして面倒を見に来てくれた幼馴染みの父親は小さい頃から泳ぎが得意だったそうで
学生時代には大会で表彰台に上がることもあったぐらいだったそう


[ 2019/09/21 19:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

山で見た赤い服を着た女
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/09/21 10:12 ] 怖い話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 137
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1564090249/


353 :黒い名無し :2019/08/15(木) 20:59:38.05 ID:sYbnlC1q0.net
あんまり普段から文章書かないから色々稚拙だとは思うけど許して。
先に言っておくともう今は何もないというか無事だから書けることなんだけどアレは何だったんだろうってのが気になったから誰か分かる人いるかなと思って書いてみた。
そこまで怖くないのでこのスレにしました。

10年以上前の自分が中学三年生の夏休み時の話。

夏休みのある日に同級生のAから肝試しをしよう的なメールが来た。

Aは野球をしてて体格が大きく学年の中心的ポジションというか悪い奴ではないけど少し強引なところがあって断りづらかった。

メンバー選びは任せるとの事だったのでなるべく頼りになる奴を誘って行った。

誘ったのはボクシングをしててAを止められそうなイケメンのB
勉強できるうえに実際頭もいいC
呪われたりしたらコイツの家に頼んでお祓いしてもらうと金持ちのDを誘った。

最初は地元の廃墟に行って写メをパシャパシャとる程度だったけど、野良猫が住み着いてるのか獣臭いばかりで霊的なもんなんて起こりやしない。
Aが業を煮やして山の方に行こうと提案、Bも案外ノリがいい方なので承諾し事実上止められるやつがいなくなってしまいA先導で山の方へ。


[ 2019/09/21 10:12 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加
管理人オススメ記事
去年の出来事
真夜中にナビにつられて知らない峠道を走ることになった
池沼Aと俺
田舎の古い民家を解体してたら床下から妙な物が出てきた

‐全ランキング表示‐ ブログパーツ
プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加




最新記事
もう25年くらい経ってしまうんだけど、時々思い出す不思議な友達の話 Dec 09, 2019
【不可解な体験】ペン立ての置き場所 Dec 08, 2019
【心霊いい話】我が家では昔から猫を飼ってる Nov 27, 2019
夢枕に見知らぬ兵隊さんが立つようになった話 Nov 26, 2019
まだ高校生だった頃から今でも依頼があれば霊視とか除霊とかをしてる Nov 25, 2019
【病院の怪談】夜中にトイレを流す音 Nov 24, 2019
これは私たち夫婦が10年以上住んでいる、築40年のマンションでの話です Nov 23, 2019
黒く濁った顔の写真 Nov 21, 2019
高校2年の時、離島での合宿で私は怖い体験をしたのです Nov 20, 2019
【不思議体験】これ、俺が小学校6年生のときの話だよ。夏休みの終わり頃のことだった Nov 14, 2019
過去ログ +

2019年 12月 【2件】
2019年 11月 【12件】
2019年 10月 【10件】
2019年 09月 【10件】
2019年 08月 【10件】
2019年 07月 【10件】
2019年 06月 【10件】
2019年 05月 【10件】
2019年 04月 【10件】
2019年 03月 【10件】
2019年 02月 【10件】
2019年 01月 【11件】
2018年 12月 【10件】
2018年 11月 【11件】
2018年 10月 【10件】
2018年 09月 【10件】
2018年 08月 【10件】
2018年 07月 【11件】
2018年 06月 【10件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【10件】
2018年 03月 【10件】
2018年 02月 【10件】
2018年 01月 【12件】
2017年 12月 【9件】
2017年 11月 【8件】
2017年 10月 【13件】
2017年 09月 【13件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【10件】
2017年 04月 【10件】
2017年 03月 【10件】
2017年 02月 【11件】
2017年 01月 【10件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【8件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【13件】
2016年 06月 【16件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【13件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【13件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【12件】
2015年 05月 【16件】
2015年 04月 【14件】
2015年 03月 【27件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【25件】
2014年 12月 【26件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【20件】
2014年 09月 【18件】
2014年 08月 【20件】
2014年 07月 【25件】
2014年 06月 【21件】
2014年 05月 【18件】
2014年 04月 【17件】
2014年 03月 【16件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【22件】
2013年 10月 【10件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【13件】
2013年 07月 【10件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【5件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【6件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【7件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【8件】
2009年 07月 【21件】

アクセスランキング
LINK
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top