FC2ブログ

|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
ヘッドライン

【かくれんぼ】子供の頃、定期的にある夢を見ていた
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/12/10 12:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?352
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1537031148/


742 :本当にあった怖い名無し:2018/11/26(月) 14:52:15.55 ID:nruYfAqJ0.net
子供の頃、定期的にある夢を見ていた。
その夢ってのは、母の実家にいる夢なんだけど真っ暗なの。月明かりで薄っすら部屋の中が見える感じ。
昔の家の作りなのか、玄関入ってすぐ高めの段差を上がりそこが居間だったんだ。
その居間に、母方祖母・祖父、わたしといるんだけど異様に静まってて突然祖父が「…来るぞ。」とボソッと呟く。
すると玄関のドアが突然開き、落ち武者みたいなのが入ってくるの。
赤い鎧を着て、顔は般若みたいなお面してる。
ひたすらそれから逃げ回る。
カーテンの後ろに隠れたりお風呂場に隠れたりと、ひたすらその落ち武者に見つからないよう逃げ回っていた。
ひたすら何時間も逃げ回ってる最中に、夜が明け朝日の日差しが入ってくる。すると落ち武者は居なくなってる。
祖父の「もう大丈夫だ」の合図で隠れてた場所から出てくる。
ってとこでいつも目を覚ましてた。


743 :本当にあった怖い名無し:2018/11/26(月) 14:52:59.87 ID:nruYfAqJ0.net
続き
この夢を何度も見てた。
当時は凄く怖かった。

それが、10歳ごろになるとその夢を見なくなってた。たまーにふと夢の事を思い出すんだけど、気にならない程度。

だけど、13・14歳の頃久しぶりにその夢を見た。どうせ夢でしょ~的な感じで怖くなく、ひたすら隠れた。
何度も同じ夢を見てたせいか、見つからない穴場を見つけてたんだ。
それはこたつ。何故かこたつの中は見つからなかったんだ。その時もこたつの中に隠れて夜が明け祖父の声がかかるまでひたすらこたつの中で待ち続けた。
掘りこたつなので、子供だから余裕で入れた。


744 :本当にあった怖い名無し:2018/11/26(月) 14:54:47.95 ID:nruYfAqJ0.net
ラスト
で、またしばらく夢を見る事がなかった。
すっかり夢の事なんて忘れかけてた。
19歳の時だったかな。
久しぶりにその夢を見たんだ。
最初は???って感じだったけど、思い出してさ。
祖父の「来るぞ」の声で、わたしはすぐこたつに隠れた。
ここにいれば見つからない。そう思ってたよね。夢の中でも現実と同じサイズだったけど、やけに掘りこたつの中が広くて大人でも入れた。
ずーっとひたすら隠れてたら、急に静かになった。落ち武者の歩き回る音や、祖父母の逃げ隠れしてる音もしない。
(あ~そろそろ夜が明ける頃かな?祖父の合図を待とう)と思いしばらく待っていた。
だけど幾ら待っても祖父の声がかからない。
え、まだなの???
と思ってたらこたつの暗闇の中から

「みーつけた」

こたつの中の暗闇の中で、落ち武者の顔がポーッと顔が出てきて叫び声をあげた。
夢の中で気絶したのか、そのあと視界が真っ暗になり気付いたら目が覚めた。
あれから10年経ったけど落ち武者は夢に出てこない。
次もし見たらわたしは夢から覚められないんじゃないかと心配になっている。


[ 2018/12/10 12:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

人生初のお化け見た
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/11/21 11:14 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?352
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1537031148/


711 :本当にあった怖い名無し:2018/11/20(火) 09:15:56.40 ID:J4YuDsr30.net
人生初のお化け見た。

今年の夏の話なんだけど、中学の同級生(女)が自殺したんだよ、駅のホームから飛び降りたって聞いた。
参列した友人は棺桶を覗くことが許されなかったとの事で状態はお察しって事で。

んで先月たまたまその駅の周辺で飲み会があってな、時刻は10時半ごろだったと思う。
片田舎のホームに人はまばら、ふと自殺した同級生(以下、ゆきちゃん)の事を思い出した。


712 :本当にあった怖い名無し:2018/11/20(火) 09:16:40.04 ID:J4YuDsr30.net
ここで死んだんだな…とか、そんな死ぬほど思い詰める事なんて何があんだよ…とか思っていると駅にいる自分以外の時間が止まった。
いきなりの出来事に混乱しているとホームの端からピンクのパーカーにジーンズ姿の女がゆっくりと近付いて来た。
もうその時点でゆきちゃんだとわかったけど幻覚なのか、幽霊なのか、どちらにせよ突然の非現実に頭はハテナいっぱいになった。
目もそらせず五メートルくらいの所で立ち止まりフードを取ると紛れもなく、ゆきちゃんだった。


713 :本当にあった怖い名無し:2018/11/20(火) 09:17:35.25 ID:J4YuDsr30.net
目にクマが出来ててガリガリに痩せた感じ、幻覚かもって思ってたけどこれ幽霊だわ…って直感的に思った。
何か同情すると取り憑かれるって言うじゃない?
そう思ったらめっちゃ怖くなってな、でもああ言う時ってマジで動けない。
そうしたら口を大きく開けて不気味な顔をし、超でかい高い声で『キャキャキャキャキャッ』って笑ったと思ったら突然、身体中が血を吹きながら折れ曲がりその場に崩れ落ちた。
普通にえーって思った、ってか言ってたと思う。
意味わからんし『えっ?なに?』って聞いたら『こうやって死んだ』って言ったと思ったら、またさっきみたいに普通に前に立ってた。
んで怖すぎて意識が飛んだ。


714 :本当にあった怖い名無し:2018/11/20(火) 09:18:44.65 ID:J4YuDsr30.net
気が付くと見知らぬサラリーマンにほっぺたペンペンされて起きた。
現実に戻った…のか?とか思ってとりあえずお礼して何だったんだろうかと思いながら電車を待ったんだ、ぶっちゃけ超怖かったけど帰りたいしね。
んで電車が来たから乗ろうとしたら後ろで『◯◯許さんって会ったら言っといて』って間近で聞こえた。
心臓が止まるかと思ったけどびびって振り向かずに電車に乗った。
ドアが閉まって走り出した頃ちらっと乗った所見たらピンクのパーカー来た奴が手を振ってた。

ってのがオバケ見た話ね。
んで◯◯ってのがまた中学の同級生の男でさ、会うことも無かったんだけどそいつが先週死んだってフェイスブックで知った。
なんか俺がトリガー引いたみたいで洒落にならないくらい怖い。


715 :本当にあった怖い名無し:2018/11/20(火) 09:20:01.51 ID:J4YuDsr30.net
ちゅうわけでお祓いとかした方がいいかね。
祟られてたらやだなーと。


716 :本当にあった怖い名無し:2018/11/20(火) 13:46:37.02 ID:gyXBb8+90.net
>>715
祟られるような事したの?


717 :本当にあった怖い名無し:2018/11/20(火) 15:25:01.00 ID:J4YuDsr30.net
いや、してない。と思う。
そもそもただの同級生だっただけ。
ただ知人死んだしなんかあったらいやだなーと。


721 :本当にあった怖い名無し:2018/11/20(火) 19:39:48.96 ID:uKMIiCgI0.net
>>717
その死んだ〇〇はゆきちゃんに何をしたのか調べた?

でも貴方もイヤな思いしたね
短期間に知人が2人も亡くなるなんてやっぱりショックだよね


725 :本当にあった怖い名無し:2018/11/21(水) 02:47:21.54 ID:/1DIHdG40.net
>>721
たぶん男女の関係にあったのだろうと思いますね。
まぁ今となっちゃ確認するすべも無いですが。

友人と言うような関係ではないですね。


[ 2018/11/21 11:14 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

真夜中の公園
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/11/16 20:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?352
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1537031148/


396 :公園:2018/10/17(水) 23:00:34.45 ID:FaRzBC5V0.net
高校生の頃、夜中に街を歩き回るのが趣味だった。
当時、俺の住んでいた所は郊外の住宅街だったし、夜中の2時~3時ともなれば出歩いていても、

警察やら何やらに声を掛けられるという事は全くなく、煩わしい事を考える必要がないその時間が俺は好きだった。

ある日、いつも通り夜の散歩に出かけていると、月に2~3回程度、近くを通る公園の滑り台の踊り場の上に、
グレーのスーツを着たサラリーマン風の男が立っているのを見かけた。

男はこちらから見て斜め後ろを向いており、表情は見えなかった。

一瞬驚いたが、以前別の公園で、飲みすぎたのかベンチで眠りこけているサラリーマンを見かけた事があった為、
その類だろうと思い、その時は特に気に留めずに散歩を続けた。

30分程して、そろそろ帰ろうと思い立った、家まで帰るには行きに通った公園の、反対の脇を通る必要がある。
少々眠気を感じながら再び公園の前まで着くと、先程のサラリーマンがまだ滑り台の上で立っていた。


397 :公園:2018/10/17(水) 23:01:48.56 ID:FaRzBC5V0.net
行きで通りかかった時から40分は経過している、流石に驚き足を止めてそのサラリーマンを見てしまった。
男は行きの時と同じように斜め後ろを向いて立っており、身じろぎ一つしなかった。

背中に冷たい物がじわりと流れ出した、早く家に帰ろう、と思い立ち、公園の脇を通り過ぎた辺りまで歩いた時、ある事に気が付いた。

俺は行きの時とは反対の道路から歩いて来た、それなのに何故男が行きと同じように斜め後ろを向いて立っているんだ?

全身の毛穴が開いていくのを感じた、もうここから走って去った方がいい、そう思っているのに俺は公園の方を振り向いてしまった。

男は滑り台の上で斜め後ろを向いて立っていた、先程と、同じように。

俺はたまらず走ってその場から逃げた、また振り向く勇気は俺にはなかった、振り向いてもし男がこちらを見ていたら、
その時はその状況は絶対に考えたくなかった。

もしかしたら幽霊の類ではなかったのかもしれない、酔っ払いの悪ふざけか何かだったのかもしれない、
ただ俺は夜中の散歩でそれ以降、その公園の近くを通ることは二度となかった。


[ 2018/11/16 20:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

憑りつかれた先輩
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/11/16 11:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?352
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1537031148/


384 :本当にあった怖い名無し:2018/10/16(火) 19:36:01.27 ID:Lr2i/ALA0.net
去年の話なのですが、当時バイトに行っていた居酒屋さんの先輩の様子がおかしくなり、見兼ねて店長がクビにしたと言う事がありました。
日に日にやつれていき、ぶつぶつと聞き取れない独り言が増え、急に癇癪を起こしたり注文すらまともに取れなくなっていったんです。

それまでは要領が良くて優しくて、バイト仲間からもお客様からも好かれていた素敵な人だったんです。
私達後輩の女の子の中には好意を寄せている子も少なくなく、周りの動揺が隠せない程の衝撃的な出来事でした。

その先輩がおかしくなったなった原因が、先輩が友達と行った心霊スポットらしいと話が広まり、そういった所には絶対に行かない方が良いよねと仲良しの子(以下、A子とします)と話をしていた時、A子の表情が強張っていました。
どうしたの?と聞くと、バイト終わりに先輩の所に寄ると言い出しました。
私はグループLINEで先輩とやり取りする程度で家は知りませんでしたが、A子は何度か行った事があった様です。
じゃあ、先輩お酒好きだし何か持って行って貰おうかなと言ったところ、私にもついて来て欲しいと言われました。
憧れの先輩の家に行けると一瞬嬉しさが込み上げましたが、正直あのおかしくなった先輩に会うのは怖さもありました。
何故かと聞くと、私に霊感があるからだそうです。
確かに心霊体験に慣れている程には霊感がありますが、先輩からはそう言った類いのものは見えませんでした。
A子に、それは種類が違うからと言われても、良く分かりませんでした。


385 :本当にあった怖い名無し:2018/10/16(火) 19:37:01.87 ID:Lr2i/ALA0.net
その時、A子から自分も霊感がある事と私の霊感とは少し違った類いのものだと聞かされました。
A子はハッキリとは言ってくれず、とにかく一緒に来て欲しい、私を守る役目になるけど何もしなくて大丈夫。居てくれるだけでいい。と、少し必死さを感じさせる言い方をされました。
ただ事ではないんだと思い、思わず頷いてしまいました。

バイトが終わり、A子と先輩の家へ向かう途中、A子がいつも肌身離さずつけていた黒い石のブレスレットを渡されました。
私を守ってくれるから、と。
じゃあA子のお守りがなくなるじゃんと言うと、今は守りはいらないの、とその声が凄く冷たく感じました。
私は沢山聞きたい事があったのに、その声で何も聞いちゃいけないんだと思ってしまいました。

先輩の部屋の前に着き、A子がチャイムを何度か押しても返事が無い...。
するとA子が初めて聞くくらい低い声で居るんでしょ?と言いました。
なんだか怖くなり足が震え出しました。
すぐにドアが開き、虚ろな表情の先輩が出てきました。


386 :本当にあった怖い名無し:2018/10/16(火) 19:37:59.80 ID:Lr2i/ALA0.net
A子の顔を見た瞬間に目を見開き、帰れ!と叫ぶ先輩。
そんな先輩に臆する事なくA子はドアを引っ張り中に入っていきました。
怖くてたまらなかったのに、行きたくないのに、何故か足が勝手に中へ進んでいってしまったんです。
先輩は帰れ出てけと騒ぐし、A子はズカズカと中へ行くし、私の体も言うことが聞かないしで、もうパニックでした。

でもA子は表情を変えずに先輩に騒ぐな、うるさい、座れと何度か言葉をかけ続け、先輩も急に大人しくなって座り込んでしまいました。
いつもニコニコしていたA子がこんなに高圧的な態度を取るなんて...と、驚きました。
さらにA子は先輩を押し倒し、起き上がろうとする先輩の肩を床に押し付けました。
やめろやめろと繰り返す先輩に、A子は今度はここに居ちゃダメだよ、すぐにこの人間から離れて行くべき場所に行かないとダメだよ、と優しく語りかけました。
殺してやると急に泣き出す先輩に、A子は私がちゃんと連れていってあげるから大丈夫、ほらこっちにおいで、とじっと見つめていました。
暫く先輩の泣き声だけが聞こえていましたが、眠る様に目を閉じた先輩の上からA子が降り、部屋の隅にあったタオルケットを先輩にかけ何かを呟いていました。


387 :本当にあった怖い名無し:2018/10/16(火) 19:39:45.75 ID:Lr2i/ALA0.net
よし、終わったよ。とA子が振り向いた時、一瞬だけ違う顔に見えました。
でもすぐにいつものA子の顔に戻って、ありがとね助かった、と私の腕からブレスレットを抜いて自分の腕に戻しました。
何があったのか聞くと、先輩に憑いていたのはどうやら蛇の霊だったらしく、自分の守護霊に頼んで一旦自分に憑かせて行くべき場所に送り届けるのだと...。

聞きたい事が有りすぎて言葉が出ない私に、A子は巻き込んだお詫びに答えられる範囲で答えると言ってくれました。

先輩は心霊スポットから蛇の霊を持ってきたのか→持ってきたと言うより、蛇を殺したんだと思う。多分、神様になる為に修行を控えてた蛇で、その怒りが凄かったから先輩を殺そうとしていた。
A子の守護霊ってどんな霊?→詳しくは言えないけど亡くなった身内と蛇数体。
蛇で蛇を祓ったのか→祓った、と言うか引き受けたのは身内の守護霊の方。
その霊はどうなるのか→地元のとある所へ行って行くべき場所へ送る。
あのブレスレットはどういうお守りなのか→先輩に憑いているものがそっちへ行かない様にす
る為のもの。本来は身内の守護霊の力を抑える為につけている。
人が変わった様でビックリした→あの時は身内の守護霊にほとんどの意識を持っていかれていた。
どうして先輩に憑いているのが蛇だと分かったのか→様子が変わった時から蛇なのは分かっていたけれど、弱いものなら時間がたてば消えると思っていた。心霊スポットに行ったと聞いて、これはマズイと思った。
A子はそう言う家系なのか→先祖代々、蛇を祀っている。身内のほとんどに霊感があって、でも守護霊が全員蛇と言うわけではない。
何故私に居て欲しかったのか→私の霊感と波長が合う上に、あなたの守護霊も蛇だから、勝手で申し訳ないけど力を借りた。
何もしてないけど...→身内の守護霊と話をしてもらって勝手に協力してもらった。
私とA子の霊感の違いとは→正確には影響してる守護霊の違い。あなたの守護霊は守る為に守護霊があなたを選んだ。私の蛇達はあなたと同じだけど、身内の守護霊は私が選んで連れてきた。
連れてきた?→これは詳しくは言えないけど、亡くなった姉、とだけ言っておく。
先輩はもう大丈夫なのか→もう大丈夫。次第に体調も良くなると思う。

との事でした。


388 :本当にあった怖い名無し:2018/10/16(火) 19:40:14.89 ID:Lr2i/ALA0.net
もう少し質問した気もするのですが、非現実的過ぎて、私の頭がついていけずに覚えてるのはこれくらいです。

その後、人から聞いた話では先輩は地元に帰り元気にやっているそうです。
A子とは同じ会社で一緒に働いていて、あの一件以来特に何もなく今でも仲良しです。

自分が直接心霊体験をした訳ではありませんが、先輩やA子の変わり様やA子の話など非現実的な怖い体験でした。


389 :本当にあった怖い名無し:2018/10/16(火) 22:42:53.67 ID:B3eBHgJ80.net
面白かった。
身代わりにされるのかと思ってハラハラしながら読んだよ


[ 2018/11/16 11:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

1日に2回程死にかけた母の話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/11/06 09:34 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?352
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1537031148/


323 :本当にあった怖い名無し:2018/10/08(月) 14:37:07.83 ID:yQK/AGFM0.net
お久しぶりです。何年前かは忘れましたが、以前「活力あふれる虚弱体質の母の話」を書かせていただいた者です。結婚生活もだいぶ落ち着きまして、時間に余裕が出来てきたこともあり、またぼちぼち書かせて頂こうかと。
本来ならもっと前に投稿できる予定だったのですが、この話を書こうとすると某か体調トラブルなどが起こるので中断せざるを得なかったというか…。
また長文である事をお許しください。


324 :本当にあった怖い名無し:2018/10/08(月) 14:40:37.71 ID:yQK/AGFM0.net
何年前だったかは忘れましたが、おそらく結婚してから2年は経った頃だったと思います。


[ 2018/11/06 09:34 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

活力あふれる虚弱体質の母の話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/10/20 20:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?285
https://toro.5ch.net/test/read.cgi/occult/1322862781/


43 :本当にあった怖い名無し:2011/12/04(日) 02:48:46.47 ID:veGHgml+0
これは私が、いや、正確には母が半年前から9月の終わりごろまでに経験した話。長いです。

今年の7月某日、もろもろの事情で、私は結婚を前に実家へ一度帰省するため
アパートから引越しすることになりました。
父は仕事の繁忙期でこれませんでしたが、母が有給をもらって、代わりに来て
くれました。
母は去年から体の調子が芳しくなかったのですが、とにかく外で遊ぶのが大好
きな人で、今年の5月にトルコ旅行なんぞに行くような、本当に活力あふれる虚弱体質の人です。
さらにいうなら何もないような場所でよく転ぶ、おっちょこちょいな人でもあります。
荷造りのときも10センチの段差しかないアパートの玄関で派手にスッ転んでました。


44 :本当にあった怖い名無し:2011/12/04(日) 02:50:49.18 ID:veGHgml+0
私のアパートがあった某所は海と山に囲まれた比較的のどかな場所
(相手の家の地域)で、高速を走らせればすぐにK野やおI勢さんにいけるよ
うな立地の場所でした。
そんな場所ですから、旅行好きで観光大好きな母親が行動を起さないはずもなく。

「M(私)さん!お母さんちょっとK野古道めぐりいきたい!」

ちょっとK野古道めぐりってアンタねぇ、なんて思いもしましたが、
言い出したら聞かない人ですし、行かない!なんて私がごねて後から
ネチネチ文句言われるのもイヤだしなぁ、という思いもあり、とても
すごく遠回りですが引越しの荷物(クロネコさんの単身パックから
あぶれ出た荷物)をひっさげて、K野古道とN智大社、周辺のお社
へ行くことになりました。
旅なれた母はあれよあれよと言う間に宿を確保し、いきたい社と
観光スポットをググって決め、出だし快調に出発しました。


[ 2018/10/20 20:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

川から聞こえる呼び声
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/10/19 12:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?352
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1537031148/


255 :本当にあった怖い名無し:2018/09/30(日) 21:26:58.96 ID:yL5AA1kr0.net
学校の裏手に川が流れている
深さ1m幅3m位の大したことない川だ
これが、大雨や台風の時なんかに大増水して
深さ4m幅6m位の濁流になる

豹変する原因はもう少し先にあるもう一つの同程度の川と合流する事
更にその先にあるちょっとしたダムがあるせいで
処理量を超えた水が溜まっていき、増水・氾濫するという具合だ

とある台風や大雨が降り続けた頃の話
雨脚が弱まり、いよいよ止むかもしれないという頃
まだ暗い朝4時頃、川の周りに田んぼを持つ人が心配になり
川の様子を見に来た
雨脚は弱いがザーと降り続け、
川は増水しどこともなくゴーと室外機のような音が聞こえる
激流となりうねった川から傍の道に時たま水が溢れている


256 :本当にあった怖い名無し:2018/09/30(日) 21:29:21.38 ID:yL5AA1kr0.net
ひとしきり川の様子を見たその人は帰ろうとすると
「おーい」
と誰か呼ぶ声が聞こえた気がした
不思議に思い辺りを見渡したが
視野が暗い中人影はおろか、動物の気配さえ感じない
そもそもこんな時間・場所で音が入り乱れる中
人の声が聞こえるはずなどありはしないと
その人は帰ってしまった

空が白む5時頃
その人は日課のランニングで川に来た
天気・川の様子は相変わらずだが
その人も
「おーい」
と呼び声を聞いた
声が気になり、声のする方へ向かったが
声が大きくよりはっきり聴こえるが
ついに正体を突き止める事は出来なかった
その人は気味悪くなり、その場を後にした


257 :本当にあった怖い名無し:2018/09/30(日) 21:30:58.45 ID:yL5AA1kr0.net
明け方6時頃
単に川の様子が気になった人がいた
川に近づくと
「おーい」
と呼び声を聞いた
声のする方へ向かうと
対岸の川岸に子供の顔を認めた
その人は子供が溺れてると思い、身を乗り出すが
いくつかおかしい事に気づいた

まず、子供が笑っているのである
溺れているのにそんな余裕はないだろうと思った
次に、子供の顔はあるのに体が一向に見えない
うねった川は波打つため微妙に水位が上下するのに
まるで、浮きのように顔が水位と共に上下する
最後に、声こそするが口が動いてない
そもそも「おーい」という声も緊迫感が感じられない
何の感情もなく大きな独り言を言っている感じだ

それらを鑑みて、その人は
「アレはこの世の者ではない」と見切りを付け、踵を返した
その人がその場を離れる時も後ろでずっと
「おーい」
と変わらぬ様子でそれは呼び続けていたそうだ


258 :本当にあった怖い名無し:2018/09/30(日) 21:40:42.73 ID:yL5AA1kr0.net
なぜこんな話達が広まったかと言うと
ダムから男の子の遺体が上がったからだ

朝の段階ではは色々な漂流物に交じってマネキンがあるという話だったが
昼頃警察の調査により判明した
遺体には漂流物により付けられた傷がたくさんあり
その子は長い事そこにいた事を伺わせている

溺れた子説が否定されたため
その子も前述のソレに遭遇し、引きずり込まれた
のではないかと憶測がされている

そして、今でもその川から時たま何かを呼ぶ声がする話がある


終わり


[ 2018/10/19 12:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

つい先日、弟が体験した話です。そんな強烈に怖い話ではありませんが・・・。
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/10/18 19:04 ] 怖い話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 132
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1537680088/


89 :本当にあった怖い名無し:2018/10/08(月) 12:25:13.60 ID:fe20iYCw0.net
いつもまとめサイトとかで読むばかりで、今回初めて書かせて頂きます。
つい先日、弟が体験した話です。そんな強烈に怖い話ではありませんが・・・。

台風25号が接近し、天気のコンディションが微妙だったその日。弟は、彼女と彼女の妹さんの3人でドライブに出かけました。
向かった場所は、三重県伊勢市にある朝熊山(あさまやま)という山です。
山頂に金剛證寺(こんごうしょうじ)というお寺があり、結構見晴らしが良い所なので、それを目当てのドライブでした。
どうにか天気は持ちそうだったのですが、山には霧がかかっていたそうです。

ちなみにこの3人、弟と彼女はほぼ零感で、彼女の妹さんが霊感という程ではないものの、何かを感じるくらいは
出来る・・・というメンバーです。
ドライブ中、最初に異変を感じたのは、やはり妹さんでした。霧がかかる山道を車で進んでいくにつれ、ソワソワ
し始めたそうです。目的地へ向かう途中にも展望台があり、そこで一旦車を停めました。何か嫌な感じがするので、
引き返した方がいいのでは、と妹さんが提案してきたそうです。
霧がかかっているとは言え、運転出来ない程じゃないし、せっかくここまで来たから行けるところまでは行ってみよう、と弟。
とりあえずその場は弟の意見が通り、ドライブを続けたそうですが、山を登り続ける内に、弟も何となく嫌な気分になっていったそうです。
彼女だけは別段何ともなさそうだったとか。
そうこうしている内に、山頂が近付いてきました。相変わらず周囲は霧が立ち込めており、視界は白っぽい世界に包まれて
いたそうです。


90 :本当にあった怖い名無し:2018/10/08(月) 12:25:32.77 ID:fe20iYCw0.net
続きです。

駐車場に入る最後のカーブを曲った所で、異変が起きました。
それまでと一転し、辺りが急激に暗くなったそうです。雨が降り出したわけではありません。白い世界から黒い世界へ、一気に
豹変したような感じだったとか。どう表現したらいいか難しいですが、雨の日の夕方のような暗さだと、弟は思ったそうです。
それと共に、それまで何となく嫌な感じがしていただけの弟も、これはヤバいとはっきり感じ取りました。彼女も同じような反応を
示したそうです。そして、彼女の妹さんはと言うと、山頂に到着した時点で極度に怖がりだし、若干のパニック状態に。

車から降りようものなら、何が起こるか分からいような雰囲気。弟はすぐさま車を発進させ、下山を開始。その間も、妹さんの
パニック状態は収まりません。運転中、1回不意にハンドルを取られた弟も、パニックになってしまいそうだったとか。

すると突然、妹さんが

「火はありませんか?」

と言ったそうです。弟は喫煙者ではないのですが、たまたま車にライターがありました。適当な場所に車を停めて、ライターで
火を灯しました。その瞬間、何とも言えないホッとした空気に包まれたそうです。火は魔除けになるらしく、どうにかこの空気を
打破したかった妹さんが、とっさにそれを思い出したとの事でした。

束の間安堵したところで、下山再開。一刻も早く山から離れたい一心で、弟は可能な限り速く車を飛ばしました。
そして、どうにか無事に山を下りる事が出来たそうです。
下山が完了したあと、麓から山を眺めてみると、特に山頂付近が不気味に真っ黒い様相を呈していたそうです。
もし山頂にそのまま長く留まっていたら、絶対に良くない事になっていただろうと、3人でまたゾッとしたそうです。

朝熊山は霊場ですので、天気のあまりよくない日にそういう場所へ行った事から、今回の出来事は起こったのでしょうか・・・。
この後、弟・彼女・彼女の妹さんの3人とも、特別何かが起こったりはしていないそうです。


92 :本当にあった怖い名無し:2018/10/08(月) 13:44:48.62 ID:ipNWR/IjO.net
>>90
朝熊山はお伊勢さんの鬼門だな
何かの脅威から神宮を守っていたのかもしれないよ


[ 2018/10/18 19:04 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【恐怖体験】母「今日ね、絶対北枕で寝ないでよ」
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/10/15 20:01 ] 怖い話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 131
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1531051499/


953 :本当にあった怖い名無し:2018/09/12(水) 02:46:17.37 ID:23bN49zv0.net
怖いのかわかんないけど、もやもやしてるから書き込みます。
掲示板初だから変なことしてたらごめん。

中二の時、ベッドが壊れて一週間だけ布団で寝ることになった。
三日ぐらいたった日、母に「今日ね、絶対北枕で寝ないでよ」って言われた。

その日だけってのが気になったし俺もできればそうしたかったんだけど
寝る前に充電つなぎながら長時間携帯見るってのが習慣っていうか楽しみになってて
コンセントの近くじゃないと寝られなかった。そのために家具の配置上どうしても北枕にしないといけなくて

母の忠告は気になったけど 携帯>怖さだった俺は北枕で寝ることにした。
配置的には部屋の真ん中らへん。そこに仰向けになって寝てたんだけど
明け方(三時くらい)急に首に圧迫感を感じて起きた。だけど体は動かないわ、部屋は暗いわで何が起きてるかわからない。


954 :本当にあった怖い名無し:2018/09/12(水) 02:47:25.66 ID:23bN49zv0.net
息ができなくなって、やばい、死ぬって思った時だった
威嚇する猫の声がした。多分、飼ってる黒猫の声。その時首の圧迫感が消えた。

その後「あんたらも間違えるときはある、気をつけて」という男性の声が聞こえた後、動けるようになった。
電気つけると黒猫が元気よくすり寄ってきて、めちゃくちゃ安心したのを覚えてる。

それから5日くらい経った日、出かけるときに喪服の行列を見かけた。
友人曰く近所の男性が自殺したとのことだった。

最近知った話なんだけど、ご遺体を寝かせるときは北に頭を向けて、仰向けで寝かせるらしい。
だからあの日俺は何かに死んだ人間と間違われたのかもしれない。

あれが現実だったのかは置いといて、俺はそれまで死んだら消えるだけって思ってたんだけど実際はどうなんだろう。
それから俺が一番気になってることがある。

なんで母はその日だけ北枕にするなって言ったんだろう。
長いし怖くなくてごめん、ちなみにあれから俺は北枕で寝ないようにしてます。


[ 2018/10/15 20:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

録音したカセットテープから聞こえてきた音声
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/09/30 16:01 ] 怖い話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 131
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1531051499/


735 :本当にあった怖い名無し:2018/08/21(火) 14:39:15.97 ID:yNMDZ8K20.net
かーちゃんの友達から聞いた話を投下

その人がまだ小学生の頃の話

当時、テレビで「西遊記」ってドラマやってて、その人はラジカセで音声を録音しようとしてたんだって
テレビから直接音を取る有線の録音じゃなくて周りの音や声も入っちゃうっていう方式で

んで番組始まる前に試し録りしようと録音ボタン押して、数十秒ほどして止めて巻き戻して聞いてみたそう

室内にいたのはその人とその人のお母さんだけ
テレビはまだ付けておらず、お母さんは編み物してたそうで、入ってる音はどうせ小さな雑音だろうなと思ったそうだ

ところが再生してみるとなぜだか牛の鳴き声が入ってる

「モォ~~モォ~~」って

その人は田舎生まれでひいじいちゃんの家だかが牛飼ってて、ナマの牛の声を聞いたことあるそうで、聞いた瞬間「牛の声だ」と思ったんだと

なんじゃこれ、牛なんていないのに、とビックリ
夜だし室内だし近所にも家畜いる家なんてないし

しかも音割れするほどのすげえ音量で入ってたから慌ててボリュームを絞ったんだって

そしたら、音を絞ったことで牛の声じゃないってわかった
それ「モォ~モォ~」じゃなく、「ウゥ~ウゥ~」って苦しそうにうめいている低音の男の声だった

その人、室内にいたお母さんに言おうとしたらしいんだけど、あまりに怖すぎて声が出ない、
それに「いま何か言ったら良くないことが起こる」という勘らしきものが頭をよぎったそう

慌ててテープ巻き戻してまた録音ボタンを押してカセットテープを上書き録音したんだって
恐る恐る巻き戻して再生してみたところ、今度はザーッていう環境音とかしか入っていなくて心底ホッとしたそうな


737 :本当にあった怖い名無し:2018/08/21(火) 18:04:47.20 ID:OhrIvFtC0.net
>>735
ぞくっとした
こういうのがいい


[ 2018/09/30 16:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加
管理人オススメ記事
去年の出来事
真夜中にナビにつられて知らない峠道を走ることになった
池沼Aと俺
田舎の古い民家を解体してたら床下から妙な物が出てきた

‐全ランキング表示‐ ブログパーツ
プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加




最新記事
【かくれんぼ】子供の頃、定期的にある夢を見ていた Dec 10, 2018
【心霊いい話】1年くらいずっと気になっていたアンティークの指輪がありました Dec 09, 2018
【心霊いい話】9年前に祖母が亡くなった Nov 29, 2018
無関係の3人の話が一致してちょっとゾクってした Nov 28, 2018
人生で初めて経験した霊体験的なこと Nov 28, 2018
【ワープ?】高校時代に不思議な体験をした Nov 28, 2018
取り壊し中の廃墟へ友達4人で探検に行った Nov 27, 2018
3年くらい前、山奥のゴミ処理施設で働くほとんどの人が目撃した奇妙な出来事 Nov 21, 2018
人生初のお化け見た Nov 21, 2018
今でも忘れられない不思議な出来事 Nov 17, 2018
過去ログ +

2018年 12月 【2件】
2018年 11月 【11件】
2018年 10月 【10件】
2018年 09月 【10件】
2018年 08月 【10件】
2018年 07月 【11件】
2018年 06月 【10件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【10件】
2018年 03月 【10件】
2018年 02月 【10件】
2018年 01月 【12件】
2017年 12月 【9件】
2017年 11月 【8件】
2017年 10月 【13件】
2017年 09月 【13件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【10件】
2017年 04月 【10件】
2017年 03月 【10件】
2017年 02月 【11件】
2017年 01月 【10件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【8件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【13件】
2016年 06月 【16件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【13件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【13件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【12件】
2015年 05月 【16件】
2015年 04月 【14件】
2015年 03月 【27件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【25件】
2014年 12月 【26件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【20件】
2014年 09月 【18件】
2014年 08月 【20件】
2014年 07月 【25件】
2014年 06月 【21件】
2014年 05月 【18件】
2014年 04月 【17件】
2014年 03月 【16件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【22件】
2013年 10月 【10件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【13件】
2013年 07月 【10件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【5件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【6件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【7件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【8件】
2009年 07月 【21件】

アクセスランキング
LINK
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top