fc2ブログ

|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
ヘッドライン

【恐怖体験】今も脳裏に焼き付いて離れない話です
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2022/08/15 20:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?369
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1652452819/


645 :本当にあった怖い名無し:2022/06/14(火) 22:20:20.71 ID:BQTaf4wf0.net
今も脳裏に焼き付いて離れない話です。乱文&長文です、すみません。一応メモに書いてからコピペしてます。

これは私が小学生の頃。多分四年生くらい
私のお母さんはとにかく旅行が好きな人で、旅行に行くのも計画を立てるのも大好きらしかった
年に2度くらいはどこかに旅行に行ってだんだけど、その年は両親共に多忙で11月上旬に一回目の旅行に行った
場所はあんまり覚えてない、興味なかったのもあるかもしれない
でも、海が結構近くにあった気がする
今回の旅行はおばあちゃんたちも連れてだったから、私、母、父、兄、弟、祖父、祖母、母妹の計8人での旅行だった。行き先が遠かったこともあって、旅行先に着いた頃にはもう周りは真っ暗。泊まり先のホテルに行こうにも山道ばかりで軽く迷子になってしまって、さらに遅い時間にホテルについた。ホテルの周りは先程山道で迷子になったとおり山奥にポツンとたっていて、結構怖い雰囲気だった。車に乗っていただけだったけれど、かれこれ14時間ほど車に乗りっぱなしだったこともあり、全員疲れていたと思う。チェックインを済まして、部屋に荷物を置くとすぐにお風呂に入った。夕飯はあらかじめ済ましておいていたので、みんな各々好きなことをしながら寝る準備をしてた。大人たちは、車を運転する父と、お酒が苦手な祖母以外は少しだけ飲んでいた気がする。そんなこんなで就寝しようと布団に潜り込んだ。電気も消して、寝息が聞こえ始めた頃だろうか、急に窓が開く音が聞こえてきたのだ。


646 :本当にあった怖い名無し:2022/06/14(火) 22:21:19.47 ID:BQTaf4wf0.net
私自身結構なビビりなので、その音だけで既に汗が噴き出してやばかった。頭の中はもう大パニック「え、なになに。だれ?でもここ三階だし、人が入ってくるはずないよな」って頭の中でずっと考えてた。カーテンが大きく靡いたかと思うと、黒寄りの紫っぽい人型の何かが入ってきた。ソイツの姿を見て、幼いながら見つかったら殺されるんじゃないかと思った。笑ソイツはゆっくり、ゆっくり、「ネチャ、ネチャ」という粘着質な音を立てながら先程まで母たちがお酒を飲んでいたテーブルに近づいていく。テーブルの前で止まったかと思うとお酒と一個のコップを手に取って、これまたゆっくりと「ネチャ、ネチャ」と窓へと向かっていくのだ。窓の前までたどり着いて、「やっと居なくなる!」と内心胸を撫で下ろしていたのも束の間。ソイツはぐるりと窓の外へ向けていた顔を180度回してこちらを見つめてきたのだ。パチリと目が合う。なんとも悍ましいソイツの顔に恐怖が限界を越えたのか、そこで記憶は途切れていた。(顔は思い出したくもないので詳細書けない、すまん)


647 :本当にあった怖い名無し:2022/06/14(火) 22:22:00.73 ID:BQTaf4wf0.net
次に目を覚ますと、父たちが荷物をまとめて出発する準備をはじめていたところであった。まず第一に自分が生きていることに安堵した。今までで一番生を実感したと今でも思ってる「昨日は疲れていたし、きっと夢か幻覚を見たんだ」と自分に言い聞かせて、チェックアウトを済まして、車に乗り込んだ。そのままホテルをあとにしようとしたんだが、ホテルの方から視線を感じたのだ。なんだと思って目を向けると、昨夜私たちが泊まっていた部屋の窓から、アイツが顔を覗かせている。瞬間昨晩の出来事が鮮明に脳内に浮かび上がってきて、私は思いっきり視線をはずした。「いやいや、大丈夫。だって今はみんないるし、大丈夫。大丈夫。」呪文みたいに頭の中で大丈夫。と繰り返す。夢じゃなかったと、その時の絶望感といったらなかった。頭を抱え込むようにして体を丸める。あと少しで山道をぬけるという父の声に安堵する。あと少し、あと少し。
「ベチャ」
嫌な音が私の左隣から聞こえた。体が固まったように動かない。顔を動かそうにも「ギギっ」という音しか鳴らない。アイツだ。そう思うほかなかった、この数時間の間に嫌というほど聴き慣れてしまったこの粘着質な音は、アイツしかいないと。窓の外は見れなかった。だってアイツがいるのだから。私の視線は前に固定されて動かなかった。そしてようやっと山道をぬける。山道を抜ければアイツも追ってこないだろうと謎の自信があったのだ。山道をぬければ、きっと。アイツが張り付いているであろう窓がある場所も、山道をぬける。そんなとき、今でも脳裏に焼き付いて離れない、この世のものではないような地を這う低い声が鼓膜をゆらした
「あーあ、またね。」
この出来事がトラウマで、私は今も山の中にあるホテルにも、施設にも行くことができずにいます。そして、私は今も窓の外を見ることが出来ないのです。だって、見てしまったらアイツがいるような気がしてたまらないんです。あの「またね。」という呪いの言葉が、頭から離れないのです。
みなさんも、この音が聞こえても窓の外は見ないよう気をつけてくださいね。私のように、窓の外に怯える日々を送りたくはないでしょう。


[ 2022/08/15 20:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

姉の寝言
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2022/08/13 20:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?369
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1652452819/


626 :本当にあった怖い名無し:2022/06/13(月) 23:23:26.35 ID:p1Msg3s70.net
俺の姉なんだけど、結構寝言がひどくて何言ってるか聞き取れないんだけどとにかく、すげーしゃべるの
ある日の夜も、姉の笑い声で起こされてうるせーなこいつって思ってたの
姉の部屋は隣だけど、薄い扉で仕切られてるだけだから生活音は筒抜け
文句言ってやろうと思って扉開けたんだけど、姉がいない
その日の姉は、修学旅行だったか友達の家に行っただか忘れたけど、1日家にはいなかったんだよ
おしまい


628 :本当にあった怖い名無し:2022/06/13(月) 23:54:35.25 ID:GSPI03i10.net
>>626
姉の生き霊?
姉が居る時も寝言はうるさかったの?


630 :本当にあった怖い名無し:2022/06/14(火) 00:12:55.30 ID:6dsoLzMe0.net
>>628
姉が高校生の時の話だけど、まだ部屋を分ける前の小さい頃からよく寝言言ってて家族からもからかわれてるよ

今となってはただ俺が夢見てただけと言われると100%否定はできないけど、起こされたあともしばらく笑い声と話し声を聞いてた気がするんだけどな


629 :本当にあった怖い名無し:2022/06/13(月) 23:56:14.10 ID:GSPI03i10.net
普段から寝言すごかったのね
実は姉が居ないのがちょっと寂しくて寝言言ってるいつもの姉の夢見ちゃったのかもね


[ 2022/08/13 20:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【怖】大学時代、友人宅でホラー映画鑑賞をした時の話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2022/08/12 20:01 ] 怖い話 | CM(1)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?369
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1652452819/


612 :本当にあった怖い名無し:2022/06/13(月) 13:02:48.11 ID:+2oPaPlH0.net
京都の大学にいた頃の話。

当時、名作ホラー『リング』の続編が出るということで話題になっていた。
DVDリリースの日に合わせて映画好きの友だち5人で見ようということになり、
ツタヤに行ったのだが人気のため1本も残っていなかった。
しかし友人宅にはもう、ホラー映画鑑賞を楽しみにしているメンバーが待機している。
仕方なく、別の映画を借りた。『女優霊』という、これも少し昔ではあるがかなりの
名作ホラーだ。だが当時はその詳細は知らず、ほとんどタイトルとジャケで判断して
ネタとして借りた。

結果、これがものすごい怖さだった。見終わって「いや、やばいやつやん」と、
楽しかった一方でマジで震えながら顔を見合わせた。
翌日も平日で普通に講義があったため、深夜2時、各々帰宅の途についた。
真っ暗ななか自分は20分かけて自転車を猛烈に飛ばした。
なんだか物影を見るのもこわかった。

家に着いた瞬間、電話が鳴った。
電話をとると、無言だった。


613 :本当にあった怖い名無し:2022/06/13(月) 13:15:31.36 ID:+2oPaPlH0.net
「もしもし」「…」「もしもし…?誰?」
ちなみに自分は当時携帯を持っていなくて、
家電だった。だから相手が誰かわからない。
小さなしゃがれた声が聞こえた。「お前は 七日後に しぬ」

背筋が凍った瞬間、「あはは!うそ〜!ビビったやろ」と友だちの声がした。
ありきたりのリングネタなのに一瞬忘れるくらいビビってしまって、
その反動でイラッとしたけど、それ以上にめちゃくちゃホッとした。
「やめてよ本気でビビったんだけど」「笑ける マジで泣きそうやったやん」
と電話機の前で笑いながらしゃべっていたのだが、
友だちの声の向こうでかなり大きな笑い声がして、会話が聞こえなくなった。
お笑い番組を見ているのだと思い、自分は何気なく言った。
「ていうか、テレビの音めっちゃでかい。ちょっと小さくして」
その途端、友だちがピタッと静かになった。
「テレビなんてついてへんよ」


614 :本当にあった怖い名無し:2022/06/13(月) 13:26:41.65 ID:+2oPaPlH0.net
「もういいてそういうの。めっちゃ女の人の笑い声するし」
しつこさに呆れかえってツッコむと、意外な返事が返ってきた。
「やめてやマジで。仕返しすんの」
「何のこと? 仕返しじゃないって。もういいって。怖いの終わろうや〜」
「嘘言わんといてよ!!! もう、しつこいやん」
友だちの本気で泣きそうな様子に、彼女が嘘をついてないことを感じた。
彼女の部屋ではテレビがついていなかったのに、自分は確かに女の笑い声を聴いた。
手を打って大笑いしているような高い笑い声だった。
恐ろしくて、電話を切ったあと、朝までちびまる子ちゃんを読んで気を紛らわせて
なんとか夜明けを迎えた。

次の日、昨夜のメンバーに早く会ってその話をしたくて急いで大学に行った。
学食に入ると、メンバーのうちの男子2人が向こうから歩いてきた。
駆けよって口を開こうとした瞬間、向こうから「なあ!昨日やばかってんねんけど!」と
言われた。「えっ」と思い、自分と女友達の話をする前に、彼らがおびえたように話し始めた。

AくんBくん2人は家が同じ方向だったため、自転車で連れだって帰宅していた。
田んぼをつっきる細い道で、縦に並んで自転車を走らせていたところ、
Aくんが、背中のほうで女が笑うような声をきいた。
気のせいだと思い、そのまま走らせて住宅街に入ったところで、
後ろを走っていたBくんが「女が笑ってるような声してビビったわ」と言ったらしい。
「俺ら同時に、女が笑ってる声きいてん、ヤバイやろ」

それを聴いて、マジで背中が凍りついた。ゾッとした。
彼らは家が遠いので、田んぼを走っていたころ私は家についていた。
そして友だちと電話をしていたちょうどその頃の時間だった。

怖い話をしていると霊が寄ってくるというけど、本当にそうかもしれない。
あれ以来、みんなで集まってホラーを見ることはやめた。


[ 2022/08/12 20:01 ] 怖い話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

【不可解】峠の一本道
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2022/08/11 20:01 ] 怖い話 | CM(2)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?369
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1652452819/


584 :本当にあった怖い名無し:2022/06/11(土) 16:06:10 ID:dsgTa/9z0.net
私の家はある峠のふもとにあるんだけど、いまその峠道は西からA道、B道、C道と3つある。
A道は最近できた国道で、10分足らずで峠を越えられる。
B道は旧国道で、A道ができる前は大半の車はこの道を使っていた。急カーブや急坂が多く、冬は凍結や積雪で難儀していた。
C道は車1台が通れるほどの狭い道で、B道以上にカーブが連なり、山間部に散らばる集落の生活道も兼ねている。
とはいえ、最近は町に引っ越す住人も多く、行き交う車はほとんど無い。

で、そのC道の途中に実家がある知人が、ひさびさに帰省した。もちろん車で向かったわけだが、夜遅くなった。
ところがふもとからは30分ぐらいで着くはずなのに、なかなか家にたどりつかない。一本道だから迷うはずがないのに、なんかおかしいぞ、となったらしい。街灯もあまりなく、似たような山道がずっと続く。
結局、家に着いた時は1時間ぐらい経過していたらしい。
車のガソリンも1時間分減ってたそうだ。
帰りは昼間明るいうちに帰ったそうだが、特におかしなことはなく、すんなり帰れたそう。
10年ぐらい前の話。


585 :本当にあった怖い名無し:2022/06/11(土) 16:28:08 ID:rOYVwAbR0.net
>>584
日本の山々には古くから伝承や言い伝えがあってそういう1本道なのに道に迷うとか
同じ場所をぐるぐる回るとかいつもは5分で着くのに1時間以上かかるとかいうのは
山鬼とか狐狸に化かされるとか衾(ふすま)に魅入られるとか野衾とかぬりかべとか
化灯篭とか名前をつけられて怪異とか妖怪変化として全国各地に語り継がれて
共通認識されていたんだよ

おもしろいのは化かされるのは人間だけじゃなく当時の乗り物だった牛や馬
一緒に散歩してた犬それに野鳥など他の動物も化かされる事と現代においては勘違いや
記憶違い幻覚が入り込むよちの無い無生物の車やバイク電車それに飛行機でも同じような事が
起こること

興味深いっていうか不思議だよね


[ 2022/08/11 20:01 ] 怖い話 | CM(2) このエントリーをはてなブックマークに追加

【怖】ある肉体労働者のおっさんから聞いた話なんだけど
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2022/07/29 20:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?369
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1652452819/


559 :本当にあった怖い名無し:2022/06/09(木) 16:35:20.27 ID:rmJ6gHVt0.net
ある肉体労働者のおっさんから聞いた話なんだけど

現場帰りの車の中なのかおつかれさんの飲み屋での会話なのか
そいつのドヤでの飲み会での話しなのかは忘れたが
「怖い話を知ってるか」で会話が盛り上がったらしい



「心霊体験や不思議体験などはまったくないけれど定期的に
ものすごく怖い夢を見る」という「何とか」さんていう人がいて
「本当にものすごく怖い夢だ」というので夢の内容を尋ねると
「聞かないほうがいい、本当に怖い夢だ。聞くと絶対後悔する」
と夢の内容を教えてくれない。

で何度もその「何とか」さんとは現場で会うし一緒に飲みに行くし
携帯の番号も交換してお互いのドヤの部屋にも飲みに行き来するという
まあ普通に仲の良い(といっても個人情報や生い立ち過去の話はそれとなくボカす)
間柄だったらしい

である日その「何とか」さんから携帯に電話がかかって来て
「今時間あるか?今ならお前にだけ夢の内容を話す」と言う
後ろではテレビの音やテレビとは別の人の話声がする
飲み会で怪談とかで盛り上がったから酒持って来いっていう
いつもの事だろうと近所のスーパーで酒とつまみ買って
その「何とか」さんのドヤの部屋に行ったんだと


560 :本当にあった怖い名無し:2022/06/09(木) 16:35:42.50 ID:rmJ6gHVt0.net
「おーい居るか?」って鍵かけられない構造の部屋のドア開けると
部屋の真ん中に小さなちゃぶ台があってその「何とか」さんが背を向けて座ってる。
「あれ?1人か?」と部屋の中に入るとその「何とか」さんばたりと倒れて死んでたんだと

でね「えらいこっちゃ」と1階の管理人室に行き「○×号の「何とか」さんが死んでる」
そして警察に通報されて事情聴取っていうか半ば犯人扱いされて警察署に連れて行かれたんだと
で警察が言うには「正直に本当の事言わないと何日か泊まって貰う」との事で

「何とか」さんは死んでから数日が経過してて死後硬直っていうかとりあえず
その恐怖におびえきった表情っていうか顔そのものがひどい状態だったらしい

でね「それはおかしい、俺はその死んだ「何とか」さん本人から電話をもらって部屋に行った」
「それにちゃぶ台には吸いかけのタバコが灰皿で煙をだしてたし、飲みかけのグラスには氷が入ってた」
と伝えたんだけれど「もう1人いたはずだ。ちゃぶ台にはグラスが3つあった。お前ら死体の前で
酒盛りとか正気なのか?」と相手にしてくれない。


「防犯カメラと携帯を確認してくれれば俺が今さっき「何とか」さんの部屋に行ったのはわかるはずだ」
と言ったんだけれど「もう1人の名前を言うまで帰さない」とか色々ひどい事言われたらしい。
それで指紋とか唇の唇紋?とかDNAとかさんざん調べられて結局証拠不十分で釈放されたんだと
それに「何とか」って聞いてた名前も偽名だったらしい


「警察っていうのは話を聞いてくれないどころか話を捏造するんだ。やばいぞ」と僕に話をしてくれた
そのおっさんが最後に言うのよ


「そんなひどい経験をしたからかな、その日からものすごく怖い夢を見るようになってさ」


561 :本当にあった怖い名無し:2022/06/09(木) 16:49:50.51 ID:DLjh8HKx0.net
いいと思います


564 :本当にあった怖い名無し:2022/06/09(木) 19:50:48.20 ID:x7/V1ybs0.net
怖いな
あまり期待してなかったからちょっとトイレ行きづらくなったわw


[ 2022/07/29 20:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【闇深】平成初期の田舎での話。近所のアパートに20代くらいのお姉さんが単身引っ越してきた
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2022/07/28 20:39 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?369
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1652452819/


367 :本当にあった怖い名無し:2022/05/31(火) 12:23:29 ID:tv4Qbp2I0.net
平成初期の田舎での話
近所のアパートに20代くらいのお姉さんが単身引っ越してきた
越してきてから1年位するとその部屋から「こら!○○!」「○○!ダメ!」と夜な夜な子供を叱るような声がするようになった
ところがお姉さんの近くに小さい子供がいるのを見た人は誰もいない
叱る声はだんだんエスカレートしていき遂には近所中響くほどの大声で汚い言葉を叫ぶようになった
ちょうど世間でも虐待問題が注目され始めた頃だったので「まさか虐待じゃない?」と近所の人は噂した
とある日の夜中も例によって「○○!お前バカか!」等と口汚く罵るような大声が聞こえてきたが誰かが通報したのかすぐにパトカーがやって来た
部屋の窓からアパートの方を見ると野次馬もワラワラと集まっているのが見えた
次の日からは近所中その話題でもちきり
野次馬した人の話によると部屋の中に子供はいなかったので虐待ではなかった
その代わり部屋の中に赤ちゃん用品が散乱しており更には水子供養の祭壇みたいなものまであったらしい
数日経ってお姉さんの親だというごく普通そうな中年夫婦が近所中の家に菓子折りを持ってきた
お姉さんは一度結婚したが浮気が原因で子供と別れさせられて精神を病んでいたらしい
子供と生き別れか死別かは不明
また妊娠中には子供の名前は○○にするとよく話していたそうだ
この話が真実だとすればお姉さんが病んだのは自業自得だし近所でやったことも迷惑行為以外の何でもないが
実体こそないが生きている人間を育児ノイローゼにするほどリアルな悪ガキの水子霊?がいることにも驚いた
人間の後悔の念だか何だかが生み出した得体のしれないものとでも言うべきだろうか


375 :本当にあった怖い名無し:2022/05/31(火) 19:34:23.39 ID:mCWuftJa0.net
>>367
>浮気が原因で子供と別れさせられて

妻の浮気で子供と生き別れ(浮気女に親権はやれない)→わかる
妻の浮気で子供と死別(浮気相手との子ならおろせ)→まあわかる
夫の浮気で子供と生き別れ(俺は浮気相手と再婚するが跡取りは置いていけ)→闇深
夫の浮気で子供と死別(浮気相手が妊娠したからお前の子はおろせ)→闇深


371 :本当にあった怖い名無し:2022/05/31(火) 14:57:13.89 ID:UOxHsuyC0.net
>>367
心を病んだ人が脳内で作り上げる子供像って可愛くて従順で天使みたいなものだと思っていたけどそうとも限らないんだね
(架空の子供による)育児ノイローゼというよりただの憂さ晴らしっぽくも見えるが


372 :本当にあった怖い名無し:2022/05/31(火) 15:27:10.30 ID:vb8aaKsL0.net
>>367
怖いですね
自分だったら気持ち悪いからすぐ引っ越しします


[ 2022/07/28 20:39 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

橋にいる女
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2022/07/23 17:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?369
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1652452819/


236 :本当にあった怖い名無し:2022/05/22(日) 23:44:45.67 ID:6BFEViXD0.net
会社の先輩から聞いた体験談です。

当時高校生3年生の夏で部活(野球部)も引退し暇だった時に同じ部活のメンバー数人で心霊スポットに行こうって話になったそうです。

場所は峠を超えた辺にある赤い橋で自殺の名所として有名でした。(今は塗り替えられて違う色になったみたいです)
一緒に来たメンバーはみんな原付通学だったので夕方に集合して皆で原付で走らせて向かったのですが手前に峠があるので下り坂でもうその橋が見えるんですよね。
そしたら橋の真ん中に白い服の女性がなにかする訳でもなく立ってたそうです。
同じメンバーもそれを目撃してて「もしかしたらこれから自殺するのかも!」と思い急いで橋に到着すると誰もいない。。
原付で来てるのでさほど時間はかからないし、橋に遺留物とかも見当たらない。
結局何だったんだろうって感じでその時は解散したそうです。

つづく


237 :本当にあった怖い名無し:2022/05/22(日) 23:46:18.15 ID:6BFEViXD0.net
>>236
続き

その後しばらく月日が経ってから
やっぱり橋のことが気になって前回と同じメンバーでまた向かうことにしたそうです。

同じく夕方頃に原付で出発して峠を下り橋が見えてくると。
また白い服の女性が橋の真ん中に立っていました。服装も前回と同じ女性でした。

そこで今回は見失わないように1人だけ橋に向かわせ残りは峠から橋にいる女性を確認していくことにしました。
そして橋に向かった同級生と真ん中にいる女性を確認するとその同級生から携帯で電話が来たそうです。
「誰もいない」と
自分たちからは橋に女性と同級生が居るのが確認できるのに。
結局自分たちも橋に向かったが誰も居ず、峠に戻って確認してももう女性の姿は無かったみたいです。


241 :本当にあった怖い名無し:2022/05/23(月) 10:49:01 ID:qq6jraxU0.net
今ググったけどすぐ出てきた 内大臣橋かな
99年頃に転落防止柵が設置されて更に心理的効果狙って柵の色は赤から青に塗り替えられたとある
赤だと飛び込みやすいんかね


[ 2022/07/23 17:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【怖】観光地にあるカフェで働いていた時に体験した話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2022/07/22 17:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?369
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1652452819/


134 :本当にあった怖い名無し:2022/05/19(木) 19:56:14 ID:JlF+7eKb0.net
何年か前、観光地にあるカフェで働いていた時の話。
私が務めだすよりもずっと前から、店内ではちょくちょく幽霊の目撃情報があったらしい。
私がオカルト好きなのを知った先輩達が色々教えてくれたけど、長くなるので割愛。

前述の通りそのカフェは観光地にあるから、繁忙期と閑散期の差がとにかく激しい。
私が不思議な体験をしたのは閑散期で、ノーゲスト、即ち店内にお客様が誰一人としていない時間帯があるような時期だった。
その日もノーゲストになってしまったので、暇を持て余した私達はみんなでバックヤードに篭り、お喋りに花を咲かせていた。
しばらく話に夢中になっていたのだが、バックヤードとホールとの間に置かれていたパーテーションの上部から、誰かがひょっこり顔を覗かせていることに気が付いた。
セミロングヘアの女の人だった。
咄嗟にお客様が来店したのだと思って、「いらっしゃいませ!」と声を掛けると、女性の顔はひょいと引っ込んでしまった。
慌ててホールに出てみるも、誰もいない。
他のスタッフ達に「どうしたの?」と聞かれたので状況を説明したら、「変だよ!」と言われた。

指摘されるまで気付かなかったのだが、ひとつしかない出入り口には人感センサーが付いていて、お客様がご来店・お帰りの際にはピンポーンとチャイムが鳴る仕組みになっている。
それが一度も鳴っていなかった。
次に、パーテーション。
これの高さは2m弱あり、身長180cm超えの男性スタッフが背伸びをして、ようやく額が出る程度には高いのだ。
そのパーテーションの上部から顔を覗かせることができるほど高身長の人は、きっとあまりいない。
そして何よりおかしかったのは、女性の顔が白黒だったこと。
その時はそれが当然であるかのように不思議に思わなかったのだが、思い返してみれば、モノクロ写真からそのまま抜け出てきたように、女性の顔には色が全く無かった。
それに気付いた時はゾッとした。
明らかに不自然なのに、なんで疑問に思わず、お客様だと確信したんだろう、と。

オチもないし洒落怖かと言われれば微妙だけど、以上が私の体験した話。


135 :本当にあった怖い名無し:2022/05/19(木) 20:06:09 ID:a/PmzoWs0.net
>>134
チャイムは故障だと考えられるとしてパーティションの件や顔が白黒の件は
なぜあなたがその時不思議だと思わないような精神状態になっていたのかという事の方が怖いですね


136 :本当にあった怖い名無し:2022/05/19(木) 20:27:40 ID:JlF+7eKb0.net
>>135
ご指摘の通り、チャイムは稀に鳴らないことがあったので、故障や不具合も考えられるんですよね。
ただ、その前後のお客様の時は鳴っていました。

そして私自身、「異常事態を不思議に思わなかったこと」「おかしいと指摘してくれる人が居なかったら、そのまま接客しようとしただろう」ってことの方が怖かったです。


137 :本当にあった怖い名無し:2022/05/19(木) 20:35:11.83 ID:clSTi7ol0.net
>>134
普通に怖いけど反射で返事するのは良くないよ、
気付いてもらえたってなって執念深く追いかけてくる奴も居るからね。


138 :本当にあった怖い名無し:2022/05/19(木) 20:58:16.28 ID:VmxR8/c20.net
>>137
そうですよね。
接客スタッフとしての条件反射で出た台詞でしたが、「いらっしゃいませ」って歓迎の言葉だし、もしやヤバいものを招き入れちゃった? と、当時はしばらくビクビクしていました。
幸い、その女性を見たのは一度きりでしたが……。


[ 2022/07/22 17:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【不可解】30年くらい前、地元の小学生が神隠しにあったらしい
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2022/07/19 16:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?369
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1652452819/


110 :本当にあった怖い名無し:2022/05/17(火) 22:25:59.01 ID:Wa2Qcfw50.net
 昔親戚のおじさんに聞いた話。30年くらい前、地元の小学生が神隠しにあったらしい。下校時間になっても家に戻らず心配した母と近所の住民で探し回ったが何処にも居なかった。各々の情報を交換しようと公民館に集まり話し合っている中、誰かが聞いてもいないのに突然怪談話をし始めた。
 話を要約すると戦時中、サイレンの誤報により村民たちが村の外れにある防空壕に避難したのだが入り口が崩れ村民30名程が生き埋めになった。巻き込まれなかった村民たちは何の音も聞いておらず防空壕の瓦礫が取り除かれた時には既に生者はいなかった。というものである。

 話が終わるまで誰も動けずにいた。人々が振り返った時にはもう何も居なかった。妙な胸騒ぎを覚えた母親は防空壕を探すことを提案したが賛同するものは居なかった。まず防空壕に行くには無整備の藪を超えなければならず入り口はフェンスの扉に南京錠で施錠されている。常識的に考えて子供がそんな場所にいるはずがないのである。だが先程の奇妙な話と今の状況がどうも符合して思えた母親は無理を言って中を調べさせて貰った。防空壕は入って3メートル程直線でその先に開けた空間がある。その広場の奥。切られた石の上に娘は横たわっていた。直ぐに病院に連れて行き娘は一命を取り留めたのだが脱水症状を起こしていたようで点滴を行い、暫くすると意識が戻った。


111 :本当にあった怖い名無し:2022/05/17(火) 22:26:30.00 ID:Wa2Qcfw50.net
意識を取り戻した娘になぜあんな場所に居たのか聞くと、下校中に大きな音がして恐ろしくなり、逃げようと走っていて気がついたらあの洞窟にいた。自分の他にも一緒に逃げた人が沢山いて、身を寄せ合っていた。その内に不気味な音が鳴り響き気を失ったと。母はそれ以上は何も聞かなかった。
 おじさんから聞いた話は以上である。人口の少ない村ということもあり当時は相当な騒ぎになったらしく知ってる人も多いという。
 好奇心旺盛な子供だった私は自分なりに調べてみることにした。しかし誰に聞いてもそんな話は知らないと言われた。地方新聞やネットにもそれらしい記述はなかった。だからあの話はおじさんの作り話かも知れない。
 ただ調べていてわかったこともある。まずあの洞窟は少なくとも室町時代頃には存在しており、自然の洞窟を防空壕として利用していたという。旧街道沿いにあり昔何かに使われていた形跡はあるが詳しくは不明。サイレンの誤報も入り口の崩落も実際にあったらしく危険なので封鎖されている。また洞窟付近には沢山の狐が住んでおり鳴き声が反響して不快な音が聞こえる事からその昔、洞窟は子泣きの洞穴と呼ばれていたということ。現在は洞窟に至る道の整備がされておらず防空壕があると知らない人が殆どであるということ。
最後にその村(市町村合併により今は村ではない)は今もある。場所は伏す。


[ 2022/07/19 16:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

一声呼び(ひとこえよび)
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2022/07/17 16:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?369
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1652452819/


85 :本当にあった怖い名無し:2022/05/17(火) 01:37:14.77 ID:IZLf3cDy0.net
私の地元は岐阜県の郡上市という場所で、面積の多くを山が占めている地域です。
子どもの頃は毎日実家の裏にある山の中で、祖父や兄と遊んでいました。

いまから16年前、私が15歳の時、「山の中にしかけたイノシシ用の罠を見に行こう」と祖父に誘われました。
祖父は当時から右膝が悪く、歩けはするのですが毎日痛い痛いと言っていたので、膝が心配だったこともあり、あまり気は乗らなかったのですが一緒に行くことにしました。

軽トラに乗り込み裏山を20分程進んでいくと、知らないお爺さんが前を歩いていました。
祖父の知り合いだったらしく、祖父は軽トラから降り、しばらく談笑が始まりました。
私はその間暇だったので、山の中で深呼吸をしたり、草を摘んだりして、会話が終わるのを待っていました。

10~15分くらいすると、山の奥、進行方向から「おーい」という男性の野太い声が聞こえてきました。
「あれ、またおじいちゃんの友達かな。これでまた待ち時間長くなっちゃうかな、参ったな」などと思いながら、手元の草を弄っていました。


86 :本当にあった怖い名無し:2022/05/17(火) 01:38:05.74 ID:IZLf3cDy0.net
つづき

「おーい」「おーい」「おーーい」
ふと気がつきました。祖父もその知り合いのお爺さんも、その声に対してなんのレスポンスも示しません。無視をしているのです。

「あれ、知らない人の声だったのかな」と思いながら2人の方に目をやると、先程までの穏やかな表情とは一変、非常に強張った顔つきでお互い見つめ合っていました。

一瞬でただならぬ空気を感じましたがなにが起きたかは分かりません。
数秒の間隔があき、また山の奥から「おーい」という声が3回、聞こえました。
その声は、近づいたり遠ざかったりしていることに気づきましたが、どれだけ見渡しても人の姿はありません。

私は誰かが山の中で迷ったか、怪我をして動けないのではと思い、「ちょっと探してくる」と祖父に声をかけた直後、「だしかん!!!(郡上弁で「だめ!」の意味)」と怒鳴られました。


87 :本当にあった怖い名無し:2022/05/17(火) 01:39:20.22 ID:IZLf3cDy0.net
つづき

すでに高齢の祖父の切羽詰まった表情、大きな声に非常におどろきました。
「えっ…」と固まっていると、「軽トラに乗れ、早く!」とせかされ、訳もわからぬまま軽トラに戻りました。
あんなに普段膝を痛がっていた祖父が、走って軽トラに駆け寄っていました。

祖父の知り合いも軽トラの後ろに乗り、結構なスピードで山を降りました。その場を走り去る直前まで、「おーい」という声は後ろから聞こえていました。


家に着き軽トラから降りると、真冬だというのに祖父も祖父の知り合いも汗をかいていました。
私は訳がわからず、「なんで急いで山から降りたの?誰か助けを呼んどったんやないの?助けなくていいの?」と聞きました。
すると祖父は、「あれは一声呼び(ひとこえよび)っていって、人間を山の中に引きずり込むやつやから、絶対に声に反応したらいかんのや」と言いました。


88 :本当にあった怖い名無し:2022/05/17(火) 01:39:53.80 ID:IZLf3cDy0.net
ラスト

15年間、ずっと郡上の山間部で生きてきて、山怖系の怖い体験も、怖い話も全く聞いたことがなかったのに、こんなにも急に自分が体験するなんて、正直当時からオカルト好きだった私は恐怖よりもワクワク感が勝っていました。

「反応したらどうなるの?」と祖父に聞くと、「反応したらどんどんどんどん山の奥深くまで連れていかれる。山の中で姿が見えんのに「おーい」とか「もし」とか聞こえても、絶対反応したらいかん。

あいつらは一声しか話せないから、山の中で誰かに話しかける時は、二声(もしもし等)で話しかけんといかんよ。

とりあえず今日は終いや、罠は明日見に行く」
と言われました。
正直まだまだ聞きたいことは沢山あったのですが、あまり多くを語りたくなさそうに見えたのと、走ったせいで膝が痛いと騒ぎ出したので、諦めました。

それから月日が経って大人になり、帰省した際に現在91歳の祖父に改めてあの時の事を聞こうとしても、「絶対反応したらいかん」「それだけや」「とにかく危ないから」「これ以上は特に話すことない」と言われてしまいます。本当に特にエピソードはないのか、隠しているのか、未だに私は自分が唯一経験したオカルト的なこの体験の詳細が、気になって仕方ありません。


[ 2022/07/17 16:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加
管理人オススメ記事
真夜中にナビにつられて知らない峠道を走ることになった
去年の出来事
以前、一度だけどうにも奇妙な体験をしたことがある
やっぱり人ならざる者と電波って相性いいのかね


プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加


最新記事
【恐怖体験】今も脳裏に焼き付いて離れない話です Aug 15, 2022
【謎】職場にある特定の人の記憶だけ無くした人がいる Aug 14, 2022
姉の寝言 Aug 13, 2022
【怖】大学時代、友人宅でホラー映画鑑賞をした時の話 Aug 12, 2022
【不可解】峠の一本道 Aug 11, 2022
【怖】ある肉体労働者のおっさんから聞いた話なんだけど Jul 29, 2022
【闇深】平成初期の田舎での話。近所のアパートに20代くらいのお姉さんが単身引っ越してきた Jul 28, 2022
【謎】曰くつきの土地のエネルギーを感じるという霊感が自分にはあるのかも Jul 24, 2022
橋にいる女 Jul 23, 2022
【怖】観光地にあるカフェで働いていた時に体験した話 Jul 22, 2022
過去ログ +

2022年 08月 【5件】
2022年 07月 【10件】
2022年 06月 【10件】
2022年 05月 【10件】
2022年 04月 【10件】
2022年 03月 【10件】
2022年 02月 【10件】
2022年 01月 【10件】
2021年 12月 【10件】
2021年 11月 【10件】
2021年 10月 【10件】
2021年 09月 【10件】
2021年 08月 【10件】
2021年 07月 【10件】
2021年 06月 【10件】
2021年 05月 【10件】
2021年 04月 【10件】
2021年 03月 【10件】
2021年 02月 【10件】
2021年 01月 【10件】
2020年 12月 【8件】
2020年 11月 【7件】
2020年 10月 【10件】
2020年 09月 【10件】
2020年 08月 【10件】
2020年 07月 【10件】
2020年 06月 【10件】
2020年 05月 【10件】
2020年 04月 【8件】
2020年 03月 【10件】
2020年 02月 【7件】
2020年 01月 【10件】
2019年 12月 【8件】
2019年 11月 【12件】
2019年 10月 【10件】
2019年 09月 【10件】
2019年 08月 【10件】
2019年 07月 【10件】
2019年 06月 【10件】
2019年 05月 【10件】
2019年 04月 【10件】
2019年 03月 【10件】
2019年 02月 【10件】
2019年 01月 【11件】
2018年 12月 【10件】
2018年 11月 【11件】
2018年 10月 【10件】
2018年 09月 【10件】
2018年 08月 【10件】
2018年 07月 【11件】
2018年 06月 【10件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【10件】
2018年 03月 【10件】
2018年 02月 【10件】
2018年 01月 【12件】
2017年 12月 【9件】
2017年 11月 【8件】
2017年 10月 【13件】
2017年 09月 【13件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【10件】
2017年 04月 【10件】
2017年 03月 【10件】
2017年 02月 【11件】
2017年 01月 【10件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【8件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【13件】
2016年 06月 【16件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【13件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【13件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【12件】
2015年 05月 【16件】
2015年 04月 【14件】
2015年 03月 【27件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【25件】
2014年 12月 【26件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【20件】
2014年 09月 【18件】
2014年 08月 【20件】
2014年 07月 【25件】
2014年 06月 【21件】
2014年 05月 【18件】
2014年 04月 【17件】
2014年 03月 【16件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【22件】
2013年 10月 【10件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【13件】
2013年 07月 【10件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【5件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【6件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【7件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【19件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【8件】
2009年 07月 【21件】

アクセスランキング
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top