|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
ヘッドライン

もう二十年近く昔で俺は覚えてないんだが、母と俺の体験
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2016/11/06 10:07 ] 心霊いい話 | CM(4)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?342
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1476840448/


407 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/11/04(金) 22:53:41.57 ID:KNpScVl/0.net
人いなそうなんで、これを機についさっき家族で食後のお茶飲みながら改めてオカンから聞いた話。
(書き込むのは初めてなんで、指摘あったらゆってくれ)

もう二十年近く昔で俺は覚えてないんだが、母と俺の体験。
当時自分はまだ小学校の一年坊主で、
母とまだアカンボの妹と祖父母と五人、長野の実家で暮らしてた。
(今俺は京都で一人暮らし)

とりあえず当時のことをサクッと書いとく。
うちは母子家庭で、母親が文字通り朝から晩まで働いてた。
当時まだ二十代後半の母は昼は喫茶店で珈琲淹れて、
夜は伯父がやってる肉屋の配達の手伝いを自分の車でやっていた。
車がないと暮らしていけない土地だったし年配の人も多かったので、
夕飯時に電話一本でお肉の配達してくれるサービスは今でも喜ばれてる。
オカンは車の運転上手くて全然苦じゃないタイプだから、配達のバイトはガンガンやってたそうだ。
天真爛漫を絵に描いたようないっつもにこにこしたオカンなんだが、
当時はまだ若いこともあって、肉屋の伯父や叔母を始め、
親戚や常連さん達から孫や娘みたいによく可愛がってもらってたそうだ。
俺と妹にって、常連さんからお菓子持たされて帰ってきたりもしょっちゅうだった。
今帰省しても、いい地元付き合いだなってよく思う。
とりあえず、当時はこんな感じだった。
つづきます。


[ 2016/11/06 10:07 ] 心霊いい話 | CM(4) このエントリーをはてなブックマークに追加

都内某所で一人暮らししてた時の話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2016/08/10 13:13 ] 心霊いい話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ その119
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1470412830/


40 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/08/06(土) 15:24:37.20 ID:H5doEuIK0.net
都内某所で一人暮らししてた時の話。
3階建てアパートの2階に住んでたんだ。
今ぐらいの蒸し暑い季節で、寝る時は窓の近くに布団を敷いて
窓を網戸の状態にして扇風機を回して寝てた。
(エアコンあったけど、就寝時エアコンだと高確率で体調崩すからつけてなかった)

夜中に突然目が覚めたんだ。
夜中で電気も消してるのに、辺りが妙に青白く見えた。
時間確認しようと体を動かそうと思うのに動かない。金縛りだ。

疲れてんのかなぁと時間確認は諦めて再度寝ようとしたら、
金属音ていうのかな。鉄製の物をぶつけた時みたいな音が
耳元で鳴り響いた。
カン!カン!ガン!ガン!って。

なんだ?と思って目を開けたら、
腰の曲がった老人みたいな影が布団の横に立ってる。
よく見たら手に工事現場で使うようなシャベルを持ってた。
ガンガンいってたのは、その老人の影がシャベルを床に叩きつけてた音だった。
穴でも掘るかのようにガンガン床に打ち付けてるんだ。
 
そしてゆっくり布団の周りを歩き始めた。
時折ガンガンとシャベルを打ち付けて。


41 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/08/06(土) 15:26:52.30 ID:H5doEuIK0.net
よくわかんないけど殺される!ってその時は思った。なんとかしないと、って
思うけど体は動かない。目だけでその老人を追ってたんだけど、
フと別の気配感じて網戸に目をやったんだ。

そしたら真っ白い猫が網戸をすり抜けて入ってきた。
フワフワの毛並で。ペルシャ猫みたいな長い毛の。
すーっと入ってきて、金縛りで動けない俺の胸の上に座った。
ずしっとした重みを感じたから、リアル猫だと思ったねw 
野良猫が入ってきたのかとw

そしたらその猫、ずっとシャベル老人を凝視してる。
シャベル老人は徘徊をやめて立ち止まってる。
老人と猫がにらみ合いしてる状態。猫の下敷きの俺。

「なんだこれ・・・」と思ってたら
猫が威嚇の声を出したんだよ。フーッとかシャーッみたいな。
そしたら老人が明らかにビクッとして、
シャベルをガンガンガンガン床に打ち付け始めた。


42 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/08/06(土) 15:29:29.08 ID:H5doEuIK0.net
それを受けてか猫が立ち上がり(胸の上で)
毛を逆だててさっきよりも大きい鳴き声で威嚇したんだよ。
時々猫同士が喧嘩してたりするじゃん。あの時の声に似てた。

猫の威嚇にさらにびびったのか、老人はガンガンするのやめてすいっと消えた。
それでも金縛りのままで。エエエエエって思ってたら、
猫が俺の顔に頭すりつけてニャーンと
カワイイ声で鳴いて。また網戸からすーっと出て行った。

その瞬間金縛りが解けて、ガバッ!と起き上がったね。
時間確認したら夜中3時回ってた。

あの老人がなんだったのかもわからないし猫にも覚えがない。
俺は猫を飼ったことがないんだ。だから恩返し~とか
昔飼ってたペットが助けてくれた~的なことはない。

当時近所に人懐こい野良がいて、たまに撫でたりしてたけどその子は黒猫だし。

正体は不明だけど助けてくれたのかなと思ってる。
猫飼ったことないだけで好きだし、もしそうなら嬉しいと思う。


[ 2016/08/10 13:13 ] 心霊いい話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

霊感の強い俺の母の話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2016/07/25 14:24 ] 心霊いい話 | CM(5)
ほんのりと怖い話スレ その118
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1468075799/


657 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/07/24(日) 02:25:56.34 ID:dt2ImPgN0.net
霊感の強い俺の母の話。

俺の母は霊感が強く、10~30歳の間は特にすごかったらしい。

そんな母が小学生だったある日、学校から帰ってくると父はその時間は勿論仕事、だけど主婦だった祖母(俺からしたら)がいなかった。

まあなにか用があって外出したのだろうと別に気に止めなかった。家にいるのは母とその弟だけ。すると戸を叩く音が聞こえたので、お客さんが来たんだろうと思い戸を開けると、髭を丁寧に整えた、優しそうなお洒落なおじさんが目の前に立っていた


658 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/07/24(日) 02:27:29.26 ID:dt2ImPgN0.net
>>657の続き

おじさん 「~(祖母の名前)さんいるかね?」

母 「今お母さんは出かけています、何か用があるなら伝えておきますよ?」

おじさん 「いや、ずいぶんお世話になったけど、今日で自分は遠いところにいくからねえ、仕方が無いなあ・・・お礼を言いたかったんだけど、いないかあ、じゃあ伝えておいてくださいね、ありがとうございました」

と言って帰っていったらしい。そのあとすぐに祖母が帰ってきたので、おじさんの特徴と、世話になったと言っていたことを伝えると、祖母は一瞬驚いたような顔をして

祖母 「あら・・・今その人のお葬式行ってたのよ?・・・馬鹿だねぇ、すれ違いになっちゃったじゃない、あの人そういうとこあるのよね」

と笑いながら目に涙を浮かばせていた。

ほんのり怖くて悲しいお話。


[ 2016/07/25 14:24 ] 心霊いい話 | CM(5) このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、うちで飼ってた犬が老衰で死んだ
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2016/04/23 17:29 ] 心霊いい話 | CM(0)
不可解な体験、謎な話~enigma~ Part98
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1452547037/


415 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/04/22(金) 02:11:29.83 ID:xGzw9y/C0.net
ここでいいか分からないけど、、
先日、うちで飼ってた犬が老衰で死んだのね。
もう17歳だったから寿命全うしたと思うんだけど。
調子悪くなってから死ぬまでがほんの3日くらい。介護の準備どうするとか、話している間に逝ってしまった。
最期が自分の腕の中だった。
そこまで苦しまずに逝けたし、最期のひと鳴きもう聞けたしで良かったんだけど、それが鮮明に残っちゃって、踏ん切りが付かないと言うか、何に対してか分からないけどやるせない気持ちで火葬の日を待ってた。

続く。


416 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/04/22(金) 02:26:28.93 ID:xGzw9y/C0.net
それで、火葬の前夜。
明日はもう触れなくなると思うとどうしようもなくて、添い寝したのね。

で、夢を見た。
そこには、父と姉と、母親。あと足元でちょろちょろしながらみんなの顔を見上げる愛犬。
余談だけど、母親は10年前に既に死んでる。
愛犬は、母親が本当に大事に育ててたから、忘れ形見みたいな存在だった。
夢なんだけど、自分はやけに冷静で、夢だってはっきり自覚してた。

母親が、足元の愛犬を触りながら、
「死んじゃったから幻だねぇ」なんて笑いながら言ってる。
自分はそんな母親に、アンタだって幻じゃないと言い返して、お互いに笑い合ってた。
なんだか、母親と愛犬が会えたのが嬉しかった。
ちゃんと面倒みてよね。と母親に言ったら、
「はいはい。分かってますよ」と返ってきたくらいで目が覚めた。

ただの夢なんだろうと思うんだけど、気持ちは多少スッキリしていて、火葬には笑顔で送り出せた。

自己防衛のただの幻だってなんとなく分かってるけど、、、母親が、大丈夫だよと伝えに来てくれたのかな?と都合が良く解釈している。

母親は、自分が辛い時に必ず夢に出てくる。こんな娘じゃこれからも心配かけっぱなしかもしれないけど、いつも笑顔を見せてくれるから安心する。
夢に出て来ないように、もっとしっかりしないと!


[ 2016/04/23 17:29 ] 心霊いい話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

揺れるヤツデの葉
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2016/04/09 10:41 ] 心霊いい話 | CM(2)
ほんのりと怖い話スレ その115
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1458137279/


595 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/04/08(金) 07:22:19.38 ID:aT/W7J2A0.net
うちは、同じ敷地内に、父を見送って1人暮らししている母親の家と
娘夫婦である私の家が背中合わせに建ってるの

去年の夏のことだけど、朝食後にキッチンで洗い物をしてたら
目の端で何かがチラチラ動くんだよね
見ると、窓の外のヤツデの葉が、たった1枚だけ
まるで誰かが揺らしてるみたいにワサワサ動いてる
風もないし、怪訝に思って窓を開けて外をのぞいたら
母親の家のトイレにオレンジ色の電気が点いてるのが見えた
うちの母は節約家で、昼間にトイレの電気を点けることは絶対ナイ
おかしい!とピンと来て、合鍵を持ってスッ飛んで行ったら
トイレの半開きドアの隙間から倒れてる母の足が見えた
脳卒中
夜中にトイレに起きて、突然倒れてしまったんだそう
幸い、すぐ救急車を呼んで一命をとりとめたけどね

あとから思うと、あのヤツデの葉は、亡くなった父が
母の急を私に知らせようとして動かしてたんじゃないかという気がする
霊感がある人なら、ヤツデの前に父の姿が見えたんだろう
見えるものなら私も見たかったよ
あの大袈裟でワザとらしい葉の揺れ方を思い出すと
父も必死だったんだろうなと少し可笑しくなるw


[ 2016/04/09 10:41 ] 心霊いい話 | CM(2) このエントリーをはてなブックマークに追加

俺のじいさんの家に犬が居たんだ、名前はコロ
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2016/02/17 11:31 ] 心霊いい話 | CM(3)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?333
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1454518647/


87 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/02/14(日) 10:07:10.41 ID:06zkfToo0.net
俺のじいさんの家に犬が居たんだ、柴犬の雑種だと思うんだが
真っ白な綺麗な毛並みの犬だった
名前はコロ

コロは町中の野良犬の大ボスで、コロの後ろには5~9匹
多いときは14,5匹の犬がついて回ってた、それ位すごい犬だった
そんな大ボスがなぜじいさん家に居たのかは変な話で・・・
俺のじいさん教師をやってたんだが、ある日いつもの駅に通勤のため行くと
コロが居たそうだ。取り巻きなし、たった1匹で(コロは近所じゃ有名、野良軍団のボスだからねw)

で、じいさんが「どうしたコロ?このあたりはお前の縄張りじゃないだろ?」
って聞くと、コロはじいさんをじっと見つめて「クゥ~~ン」って甘え声を出したそうだ。
なにかおかしいなと思いつつも、じいさんは電車が来たんで仕事に行った
で、仕事終わってその駅まで帰ってきたんだけど、まだコロが居たそうだ
でじいさんまたコロに声かけたそうなんだが、そのとき何故だか分からないけど
「コロは俺の娘に会いたがってる」って思ったそうなんだよ(娘ってのは俺のかあちゃんな)
ほんとに何故かはまったく分からず、ただ今日コロに娘を会わせないといけないって強く思ったらしいw

で、家に帰って、当時高校生だった俺のかあちゃんを連れて行ったんだって
コロはかあちゃんに会うなり、飛びついてじゃれてきた
かあちゃんが「家に来る?」って言うと 「ワン!」って鳴いて、そのまま家まで着いてきた


88 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/02/14(日) 10:08:47.37 ID:06zkfToo0.net
そして近所のボス犬は俺のじいさん家の住人になった。
で、家に来た次の日、どこで召集を掛けたのか野良犬軍団もじいさんの家の庭に大集合してたそうだw
じいさんもばあさんもかあちゃんもかあちゃんの姉さんも驚いたのは、コロは家の中に入って飯とか食べるんだけど
取り巻きどもは決して家の中には入ってこないってこと、すごい統率が取れてるらしく庭には来るけど、
決して家の中には入ってこなかったそうだ。
朝になるとコロを先頭にして大名行列、街中を歩き回って夜には帰ってくる、そんな生活がしばらく続いたんだってさ
で、半年ほどその犬軍団が庭に居ついたんだけど、ある日の夜中に犬達がキュンキュン鳴いてたんだって
夜中ずっと犬がキュンキュンワンワン・・遠吠えまで、うるさくて寝られなかったらしいw

そして翌朝、コロ1匹残して、取り巻き軍団が綺麗さっぱり居なくなってた
たぶんボスの座を渡したか奪われたかしたんだろう
実際、No.2と思しき犬が翌日から軍団率いてたらしい。

コロはじいさん家にそれからも居ついた


89 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/02/14(日) 10:10:25.29 ID:06zkfToo0.net
じいさんはそれからコロに首輪を買ってきてやったんだって。
で、嫌がるコロに着けてやった。
でもね、コロはふらふらっと昼間は出かけてるんだけど、夜になると首輪は外れてたんだって
最初は偶然外れたんだろうって思ったんだけど、何度首輪をつけても、その日の夜になると外してくる
それでもじいさん意地になって、何度も首輪を着けたんだけど、夜にな(ry
さすがにじいさんもあきらめて「まぁ今までこんなものつけずに生活してたんだもんな、すまんかったな」
ってコロに言ったら、「ワン!ワン!」って2回吠えたらしい
で、次の日に、コロはどこかで外してきた首輪を持ってきて俺のかあちゃんの前にポトっと落とした
なんとなくコロが着けて欲しそうな顔してたように見えたらしく、かあちゃんが首輪を着けてやると
その首輪は外さなかった。それからず~~っとその首輪は外さなかったんよ


90 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/02/14(日) 10:12:35.84 ID:06zkfToo0.net
俺のかあちゃんが俺を産んでからの話になるんだけど
コロは俺のいい遊び相手だったんだ、耳を引っ張ってやったり、
鼻の穴に指を突っ込んであげたり、俺が上に乗っかって走ってもらったり、オチンチン引っ張ってみたりとか
そういう乱暴なこと俺がやっても、全然コロ怒らなかったんだけど、首輪は違ったんだよ
とにかく首輪に俺が触ろうとしたら、怒るんよコロ、ウ~~~!って
それ以外は絶対怒ることなんて無いのに、首輪を触ろうとすると怒る、変な犬だった
だから俺はコロの首輪には触らなかった


俺が小2の時、コロもいよいよ寿命なのかあまり動けなくなってきたんだ
その時点で恐らく20年近くは生きてたんじゃないかってじいさん言ってた
ビックリするほど長寿な犬だ
で、いよいよやばいなって日があって、みんなでお別れしとこうってことになって
みんな泣きながらコロの頭撫でてバイバイ言ったんだ
で、今でも思い出すんだけど、一人一人頭を撫でてやると、コロは動くのしんどいはずなのに
頭を起こして、一人一人をじーーっと見つめるんよ
まだ死ぬってのがどういうものか良く分からんかった俺も、その時初めて死ぬってのはこういう事なのかって
コロにじっと見つめられながら分かったんだ、泣きながら


91 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/02/14(日) 10:14:01.50 ID:06zkfToo0.net
その日の夜、何故か俺のかあちゃんは「玄関開けといていい?コロが玄関開けといて欲しいっていってる気がする」
って言ったんよ。俺もそんな気がしてた。5歳の妹もそういってた、じいさんもそうだなって、ばあさんも同じ。
だからその日は玄関開けたまま寝た。

朝起きたらコロ居なかった、動けないはずなのに居なかった
コロがいつも使ってたお皿の上に、コロの着けてた首輪が置いてあったんだ
コロのさよならの印だったんだろうね

2日後、夢見たんだ
もちろんコロの夢
しゃべったりとかそういうのは残念ながら無かったんだけど、俺の顔をペロペロ舐めて
テクテク歩いて行ってしまった。俺は夢の中でバイバイって手を振ってた
家族みんなのトコにも挨拶に行ったみたい、母ちゃんも妹も言ってた
じいさんはもともと夢見ない人なんで覚えてないってw でも多分見てたと思う
その日に亡くなったんだろうなぁ


[ 2016/02/17 11:31 ] 心霊いい話 | CM(3) このエントリーをはてなブックマークに追加

樹海には、たまに人助けをする霊がいる
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2016/01/20 15:22 ] 心霊いい話 | CM(3)
ほんのりと怖い話スレ その114
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1452076098/


33 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/01/18(月) 10:36:12.67 ID:ijzUn5s50.net
昔、私の弟はチンピラでや○ざの仕事をしていた。
晴○埠頭やら川崎の辺りで仕事をしていたが 
ある日ミスをして、ぼこられて足を折られ
樹海に棄てられた。
虫の息の弟が何とか目を開けると、
眼鏡をかけたサラリーマンが自分を見下ろしていた。


34 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/01/18(月) 10:38:58.91 ID:ijzUn5s50.net
銀行マンみたいな七三にしたおじさんだった。
「どうしました?」とおじさんは小さい声で言った。
弟は泣きながら「カーチャン……カーチャンの豚汁食いたい……」
と言うのが精一杯で動けなかった。
七三おじさんは弟に「行きましょうか。」
と言い、弟は七三おじさんは自分を連れて行く気だと
諦めて気を失った。
次に弟が目覚めると車の音が微かに聞こえていた。
七三おじさんは「右側○号線だけど、私は
ここまでしか出来ないから、後は……頑張って」

森の中に入っていった。
弟は結局さらに一日かけてじわりじわりと
身体を引きずり道路に出て、通りすがりの
車に発見され、病院に搬送された。
一応、警察には七三おじさんの話をしたが 話を聴いた
警官は「あー……その人ね、たまに出るんだよ。
もう20年前くらいの人だから」と
言われた。
七三おじさんは樹海で自○した人らしいのだが
たまに人助けをする霊だった。
弟は若干足が不自由になったが、今は真面目に
働いている。


36 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/01/18(月) 10:47:07.25 ID:X+T6+Etd0.net
>>33-34
怖いというより、不思議だなぁと思って読んだ
オジサン、成仏できないのかなー


41 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/01/18(月) 17:13:10.59 ID:Z1TEx8rfO.net
心霊ちょっといい話スレ向けだな
人助けを繰り返しても成仏出来てないのが少し物悲しい話だ…


[ 2016/01/20 15:22 ] 心霊いい話 | CM(3) このエントリーをはてなブックマークに追加

実家で飼ってた我慢強く賢い犬「あいちゃん」
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2015/12/05 10:28 ] 心霊いい話 | CM(2)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?331
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1443066502/


877 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/12/03(木) 05:09:53.65 ID:8s792fz10.net
まぁ勝手に書くわごめん。

10年位前かな?実家で飼ってた犬が居たんだ。
俺が小学校に上がる時に姉貴が子犬を連れて来たんだよ。
その犬は雑種の雌でね、当時はよちよち歩きだったけど物凄く賢い奴でさ。子犬なのに絶対粗相もせず必ず散歩の時にしかおしっこや排便をしなかった。
我慢強く賢い犬だった。とてもね。
俺はその犬にあいちゃんと名前を付けた。
毎日散歩にも行ったし餌やり水やりもした。
イタズラ好きな俺はクラスの女子をいじめる度お袋にシバかれ泣きながらあいちゃんの小屋で慰めてもらったのは良い思い出。
それから月日も経ち俺は18歳になると実家を飛び出し県外で一人暮らしを始めた。
23歳になったある日にお袋からあいちゃんが死んだと聞かされる。老衰だったそうだ。
たまに実家に帰ると元気なかったし、呼んでもしっぽだけパタパタさせてた。
耳もほとんど聞こえてないらしく近寄るまで気付かなかったっけ。なんて色んな思い出を振り返るが不思議に涙は出なかった。
死ぬ前、お袋は庭で寝ているあいちゃんの横で洗濯物を干してたそうだ。
あいちゃんがよろよろと起き上がってお袋の近くをウロウロするそうでお袋は「あ、トイレしたいんだね?いいよそこでしなさい」と、この所はヨボヨボすぎて散歩が出来ないのでいつもこんな感じだそうだ。
お袋がしなさいと言うと初めておしっこやうんちをするそうだ。
夜もお袋は我慢しないでいいんだよと声を掛けていたそうだ。それくらいボケてても賢い犬でその日も例によってそこでしなさいと言うとほんのちょっとのおしっこをしてまた眠りについたそうだ。
それからしばらくしてお水をあげに行った時寝ているあいちゃんを撫でると既に冷たくなっていたそうです。
24歳になって俺は実家で暮らすようになった。
盆の季節にお袋に「あいちゃんの墓参りしなさい」と言われたのだが.....俺はスルーした。
どうしても嫌だったんだよな。あいちゃんが死んだ事を受け入れられないんだよね。だから涙が出なかったのかも。


878 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/12/03(木) 05:10:59.69 ID:8s792fz10.net
一年過ぎて25になる歳の盆前だったか。
俺が家でパソコンいじってると「ワン!!!!」って犬の声が聞こえた。聞き覚えのある犬の声。
居間へ行くとお袋が泣いてんだよな。
「今、あいちゃんが吠えた気がした。」
と言うとお袋は「あいちゃん吠えたね」と泣きながら言うんだ。飼ってる猫もすっげぇソワソワしててさ、いつもは入りたがらない俺の部屋へダッシュで入って行くとしっぽめっちゃ太くして外見てた。
俺は今年の盆は墓参り行こうと決め、1人で墓参りに行ったんだよ。
ペット霊苑の一角に墓はあった。
手を合わせた時にさ、いきなり涙がボロボロ流れてきてね....しかも霊苑に居た捨て猫達が一気に俺の所へ走って来た。何故か物凄く俺に懐いて泣き止むまで猫達はそばに居てくれた。
それ以来あいちゃんの吠える声は聞こえなくなった。やっぱり墓参り来てほしかったのかもね。
ペット飼うとやっぱ死んじゃった時の悲しみが半端ないわ...


880 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/12/03(木) 08:46:30.48 ID:U+EDhjVH0.net
>>877
とても良い話で感動した。
ウチも犬を飼ってるので気持ちが分かるが・・・



残念ながらスレチだ。


[ 2015/12/05 10:28 ] 心霊いい話 | CM(2) このエントリーをはてなブックマークに追加

我が家の風呂場に出る女の子の幽霊
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2015/11/17 14:47 ] 心霊いい話 | CM(8)
【全米が】なんか笑える霊体験31【テラワロス】
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1440822674/


290 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/11/15(日) 16:38:23.22 ID:+sGlIPYdO.net
 笑いとは少し違いますが。

 少し前、我が家(古い賃貸マンション)の風呂場に白いワンピースを着てやたら髪の長い女の子が頻繁に出ていた。
 私は色や輪郭が何となく…というぼやけた見え方しかしないのだが、
はっきり見える息子曰く「いつも顔を伏せて体操座りしてるから、顔はわからない。服も半袖で寒そう」と。
 いくら幽霊でも、寒い季節はさすがに気の毒かなと思い、試しに風呂場脇の棚に『買ってはみたけどやっぱり自分には似合わなかった…』カーディガンを、小さいチョコやお茶と一緒にお供え的にのっけて置き、風呂場に向かって「良かったら着てみてねー」と一声かけてみた。

 数日後、夜半過ぎ。寝室の暗がりに何かいる気配で目が覚めた。
 寝惚け眼で気配のする方向に目を凝らすと、その時は何故か風呂場の女の子が正座しているのがはっきり見えた。
あのカーディガンを着て(*・∀・*)←こんな表情をしている。それにばさばさの髪だが目が大きく大層可愛い子だった。
 私は「あ~やっぱり似合う。風邪ひかなくて良かったねえ~次は髪の毛何とかしようねえ~可愛いんだからねぇぇ~」とかなり寝惚けながら言葉をかけて再び夢の中へ。

 後日、櫛と飾り付きのヘアゴム、ついでにモコモコ靴下をお供えしたら、編み込みヘアにして靴下を履き、家の中をウロウロするようになった。

 しばらくしたら彼女は旅立ってしまい我が家に出なくなったが、今は暖かい服装なので大丈夫かな?とも思っている。


291 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/11/15(日) 18:40:39.18 ID:bOsRv9As0.net
(T∀T) えー話や


292 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/11/15(日) 18:59:35.33 ID:s67ktzW+O.net
女の子だもん、おしゃれしたら出掛けたくなるよね
だから出掛けたんだよ、天国へ


[ 2015/11/17 14:47 ] 心霊いい話 | CM(8) このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師の嫁の同僚が夜勤をしていた時の不思議体験
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2015/11/16 15:44 ] 心霊いい話 | CM(1)
【夜勤者】夜勤で体験した怖い話【集え】
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1440010353/


969 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/11/13(金) 00:42:45.61 ID:lXwxmSow0.net
嫁は看護師です。
よく、ありがちな看護師は病院内で霊体験をすると怪談などでは聞きますが嫁は一切信じておらず、また同僚もそういった経験をした等ということも聞いたことがなかったようです。
が、この間、嫁ではありませんが同僚K子さんが夜勤をしている時です。
夜勤は2人制なのですが1人が休憩に入ってK子さんは1人仕事をしていました。
夜中の3時に背後でバタンっと音がしました。何かが落ちた音だったので探してみると何も落ちていません。
そろそろ休憩かな?と掛け時計を見ようといつもの位置に目をやると時計がありません。
ないっていうことはありえないので、先ほど音がしたのは時計が落ちた音?と思い時計があった真下にゴミ箱が設置しているので中を見てみると時計がスッポリと入っていました。
小さな時計ではなく丸型の針時計で結構大きい時計です。キレイにホールインワンしていました。
落ちた衝撃で時計が止まっておりました。3時5分!
そのまま置いて休憩に入ると携帯電話にLINEが入っていました。
母親からでした。内容は「おばあちゃんが先ほど亡くなりました。連絡ください。」とのことです。
夜勤と知っていた母親はLINEでメッセージを入れていたのです。
おばあちゃんは入院していたのですが、急なことに驚きすぐに電話をすると「最後まで、あなたのことを心配してたよ」と最後の言葉がK子さんのことだったようです。
「何時に?」と聞くと「3時5分!」
K子さんは、きっとおばあちゃんが最後に来てくれていたんだと思ったそうです。
それを嫁や同僚に話をしてくれたそうです。
みんな心霊現象は全く信じない面々ですが、口を揃えて「おばあちゃんが最後にK子さんのこと見に来てくれたんだよ」と言っていたそうです。
その病院は創業30年近くなりますが創業以来ナースステーションで、その時計を使っているようですが一度も落ちたことはなかったみたいです。
偶然と言えば偶然ですが、その前の日に電池交換をしたとかなかったようですし地震等もありませんでした。
怖い話っていうより良い話を聞かせてもらいました。
文章が下手で申し訳ないです。


[ 2015/11/16 15:44 ] 心霊いい話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

‐全ランキング表示‐ ブログパーツ
プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加




最新記事
小学校時代に友達3人で体験した不思議な出来事 Feb 22, 2017
某新幹線が止まる近畿地方の駅西口のエレベーターで体験した話 Feb 21, 2017
コワモテ様 Feb 18, 2017
何かが家にいる Feb 15, 2017
俺には霊感はあんまなくて、でも気配というか雰囲気で「あ、ここヤバイかも」みたいなのはわかる Feb 11, 2017
住んではいけない場所 Feb 07, 2017
免許取り立ての頃に友達とドライブしてたら学校の廃虚があって、よせばいいのに中に入った Feb 05, 2017
幽霊が本当にいるかもと思うようになったときの体験 Feb 02, 2017
俺の故郷の「幽霊列車」の正体 Feb 01, 2017
部屋に今もいる黒い影 Jan 28, 2017
アクセスランキング
LINK
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top