FC2ブログ

|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
ヘッドライン

【不可解な体験】爺さんの守護霊か何かの仕業?
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/03/29 15:43 ] 不思議な話 | CM(0)
不可解な体験、謎な話~enigma~ Part111
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1582077563/


258 :本当にあった怖い名無し:2020/03/14(土) 17:28:12.82 ID:OACJnXN60.net
趣味でジョギングをしていてたいだい1度に20kmくらい走っていた

ある日ジョギングコースのスタート地点までバイクで向かっていたら
急に頭に30kmコース走ってみようと浮かび走る事にした。
30kmコースを走る時は時計回りにグルっと走るのだが分岐点でまた
今日は逆から走ってみようと頭に浮かび反時計回りで30kmコースを逆から走った

すると途中12~13kmあたりで黒煙をあげている民家を発見
携帯を持っていなかったので近くの家の人に消防に電話してくれとお願いし
火事の家の中で寝ていたじいさんを起こして外まで避難させた。
屋根の上あたりまで強くなっていた炎の近くにプロパンガスがあったのでやばいと思い
他の野次馬の人達と協力しガスタンクを外して安全な場所まで移動させた。タンクは結構重かったw
しばらくすると消防隊が到着し少し燃えたけども幸いにもボヤで済んだ。
んで年明け早々に消防署から感謝状を頂いた

普段通り20kmコースを走ったり時計回りで30kmコースを走っていたらじいさんの救出に間に合わず
プロパンガスに引火してドーン!!といってたかもしれない。
たまたまその日に限ってめったに走らない30kmコースを反時計回りの逆から走ったからじいさん救出に間に合った

この偶然は爺さんの守護霊か何かの仕業で爺さんを助けるために無意識のうちにあの時間にあの家の前を通るように仕向けられたとしか思えないw


[ 2020/03/29 15:43 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

大正後期から令和初期まで生きて亡くなったおばあちゃんの話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/03/27 09:06 ] 不思議な話 | CM(0)
不可解な体験、謎な話~enigma~ Part111
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1582077563/


162 :子供時代のおばあちゃん 1:2020/02/28(金) 03:08:23.17 ID:3hVcp4pn0.net
自分が体験した話ではないけど、今年90代半ばで亡くなった大正生まれのおばあちゃんが、昔、しつこく聞かせてくれたおばあちゃんの体験談

大正生まれのおばあちゃんが小学校低学年の頃、友達たちと3人で一緒に下校

道は家や店がたくさんある街中ではなく、森とか山とか畑とか田んぼや川原や土手とか自然いっぱいのような道
トトロに出てくる風景みたいな感じだったようです

ところがどんなに歩いても歩いてもおばあちゃんたちは、なかなか家にたどりつけない。何故かどうやっても家にたどりつかずに友達たちと不思議がりながらひたすら歩きつづける。とにかくいつもの道がどこまでも長く思えた感じだったとか。

そのうちに外が薄暗くなり、娘が学校から帰ってこないことに心配したお母さん(私にとっては、ひいばあちゃん)が外で娘を探していると、

小学生時代のおばあちゃんとその友達たちは、

途中の大きな大木の周りを、グルグルと何周も何周も周り続けながら歩いていたようだ……

おばあちゃん本人と友達たちは必死に帰ろうと道を歩いていたつもりだというのに、実際は木の周りをグルグルと回っていただけ …それは家に帰れるわけがない


163 :子供時代のおばあちゃん 2:2020/02/28(金) 03:15:09.92 ID:3hVcp4pn0.net
その後は、お母さん(ひいおばあちゃん)が、木の周りを歩き周り続ける娘(おばあちゃん)と友達を見つけたことで正気に戻れたらしい

1人だけがそんな状態になったら、精神病や急な知能障害が起きたと疑われるけど、3人そろって同じ現象同じ状態だった

なお90年くらい前の昭和一桁の時代の田舎話、周りには、あーあ、これは、キツネかタヌキにやられちゃったなぁ。
そりゃ当然キツネかタヌキにまんまと化かされたに決まってる!よくあるある! で、笑い話になっただけのようだ

なんか当時のその地方はそんなこと大人でもよくあることだったらしい…

たとえば、朝起きて、顔洗って歯を磨いてる間に、なんと急に夜になっていたとか
(他の家族にはその日1日普通に過ごした本人を見ていたのに、本人にとってはたった1分で朝から急にその日の夜に移動した感じ)

またキツネにやられたよー で済んでいたとか
村中の人たちが、キツネやタヌキにはそういう能力あると当たり前に信じていたみたいでそれも怖い 時代かなぁ

おばあちゃんも、私ようやく人生で初めてキツネに化かされたー!と当時喜んでいたとか

孫の私も、おばあちゃんの不思議体験話ではなく、昔に初めてキツネやタヌキに化かされた話として聞かせてもらってました

キツネやタヌキは本当に人を化かすよ!今はキツネやタヌキがもういないからやられないけど、
昔は皆よくやられたもん!と平成後期時代までおばあちゃん世代に近い人たちは当然のように言ってました 

以上、大正後期から令和初期まで生きて亡くなったおばあちゃんの話でした


164 :本当にあった怖い名無し:2020/02/28(金) 04:16:08.68 ID:NMxous/n0.net
>>162-163
ほう昭和1桁時代の戦前のそういうオカルト体験話は貴重だ…

江戸時代や、そして昭和の30年時代くらいからのオカルト体験話はよくあっても、大正や戦前の昭和1桁時代オカルト体験はあまり聞かないから


[ 2020/03/27 09:06 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

電車での不思議体験
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/03/19 16:01 ] 不思議な話 | CM(0)
不可解な体験、謎な話~enigma~ Part111
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1582077563/


85 :電車での不思議体験 1:2020/02/26(水) 01:57:00.43 ID:hHNPiNRf0.net
今思い出しても、あれはなんだったんだと思う話があります。長いですが語ります。

数年前30代前半の頃、普通に電車に乗り込みました。
真昼間の東京の田舎。(ぶっちゃけると青梅線)その駅からその車両に乗り込んだのは私だけ。

はじから2番目の席で空席があったから、あたりまえのようにそこに座りました。

座った瞬間、となり席のはじっこに座っていた60代後半くらいのおっさんが、
「なんだ、こいつ」みたいな目で、となりの私をジロジロ。まるで不審者や気持ち悪いものを見てるかのように、うざがってるような迷惑そうな見かたで。

え?私もしや、なんか臭いとか?いやお風呂入って清潔にしてきたし、体臭等指摘されたこともないし、そんなはずはない。

私最近太りまくったから、可愛いJKとかではなく、こんなデブサイク30代女がとなりで最悪だとでも思われたかな?

とか、下向いてこれを一瞬の間に考えていて、そして顔あげて周り見た瞬間、………ゾッとしました。

なんとその電車の車両、私ととなりのおっさん以外、誰も乗っていなかったんです……。

私が電車に入った時、確かに、乗り込んだ車両の他の席はみんな人がうまっていて、はじから2番目のその席しかあいてなかったはずなのに?!
 どんな人たちがいたかとかまでは、気にして顔見たりはしてなかったから覚えてない。普通に他の席には人がいたことだけしか覚えてない。

私が座った直後に、みんながみんな偶然いっせいに降りていったとかじゃ絶対にありません。ここまでは一瞬のことですし。 いっせいに出ていけばわかります。
東京でも田舎すぎてそんな人の乗り降り激しい場所ではないんです。

なんでほんの一瞬にして、となりのおっさん以外、みんないなくなったのか?!


86 :電車での不思議体験 2:2020/02/26(水) 02:05:03.01 ID:hHNPiNRf0.net
そりゃあ~となりのおっさんは、驚いて、私を気味悪がりジロジロして見るに当然でしょう。
ガラガラにすいてて1人しか座ってなかった車両、どこでも座りたい放題だというのに、あえてとなりの席に密着して座ってきたんですから!
そういうガラ空き状況の時は、真向かいに座ってもおかしいのに、すぐとなりに密着って!
そりゃジロジロみるくらい不審者扱いになりびっくりされてあまりにあたりまえ。

となりのおっさん以外にこの車両に人はいないと気づいた瞬間、恐怖とか不思議がるとか何故だ?というよりも先に、

このおっさんには、私はスリだとか、おっさんに密着したいおっさん好き痴女とか絶対勘違いされたわ!
と察し、あまりに恥ずかしすぎて、すぐに立って走って車両移動しました。恥ずかしすぎておっさんから逃げました。

でも、恥ずかしさが落ちついてから考えても、やっぱりおかしいんです。
あの席に座った時まで、他の席には人がいて、そこが唯一の空席だったのを確実に見ていたはずなんですから。 勘違いや思い込みは絶対してません!確かにそこしか空いてないのをこの目で見たんです。やった!ひとつだけ空いてたー!と、そこ目がけて行ったのも鮮明に。
立っていた人がいたかどうかまでは覚えてないですが。


87 :電車での不思議体験 3:2020/02/26(水) 02:09:37.65 ID:hHNPiNRf0.net
そういやその駅のその時間って、普段電車ガラ空きなんですよ。
ちょっと前まで自動改札もない、駅員1人もいない無人駅だったし。
(東京都なのに未だ無人駅やSuica等使えないようなとこってまだあるんですよ。)

その駅からその時間に乗り込んで電車の席がうまっていたなんてめずらしすぎるから、席が1つ以外うまっていたその時点でおかしかったはずなのに。
そこの駅からはたまにしか乗らないために、席に人がうまっていた違和感に最初に気づきませんでした。

なお私は、金縛り経験すらないくらい霊感などは一切ありません。悪い予感とかすらわからない霊感ゼロどころかマイナス。
お酒1滴も飲めないから、酔っ払っていたとかもありません。視力がおかしいとか幻覚見るような精神的病気もしてません。
寝ぼけていたとか、もちろん薬やってるなんてこともない。ボーッと考え事していたとかでもない。

不思議な体験はあとにも先にも、人生でこれだけ。 絶対に勘違いや目の錯覚や記憶違いじゃないことだけはわかります。確かに他の客いたのに!一瞬でとなりの人以外が消えるなんて!

本当に不思議な恥ずかしい体験です。
3連続で長々すみませんでした。


[ 2020/03/19 16:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

山登りが好きなオカンの話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/03/10 18:01 ] 不思議な話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 139
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1577441685/


831 :本当にあった怖い名無し:2020/03/06(金) 22:27:43 ID:6xf0aU4y0.net
山登りが好きなオカンの話。

俺のオカンは霊とか絶対に信じない人種で、逆に霊とか怪談とか好きな俺への口癖が「オバケなんかより人間が一番怖い」。
その癖、若いときに人魂を見たとか、夜に外で変な動く光を見たとか騒いだりと、信じてない割に霊感あんじゃねえの?ってくらい霊体験してる。

そんなオカンは地元の山岳会に入って夏だろうと冬だろうと結構本格的な登山してて、歳も歳なのに冬山とか平気で行くから家族としては気が気じゃない。

これはもう10年以上前なんだけど、ある時オカンが「ちょっと見てくれる?」と言って1枚の写真(プリント)を差し出した。
それは、どこかの山小屋の前で、オカンやその仲間が出発の準備でもしてるような風景を撮影した、何の変哲もない写真。
ところが「ちょっとおかしいのよこの写真」と言う。
小屋の背景に顔でもあるのか、はたまた小屋の窓から誰かが覗いているのか…
いや、あまりにリアルで普通に写っていたので俺は気が付かなかったのだが、画面の真ん中辺りに横を向いて仲間と会話してるオカンの姿、その腰に、真っ赤な丸い物体がくっついてるんだ。
いや、見る限り、その色や形、質感もまさに風船でしかない。
だから俺は、オカンが登山に必要でそんなものを付けてたんだと思って気にも留めなかったんだ。
確かに、風船を腰に付けて山を登るなんて聞いたことはないが、俺は登山の専門家でもないのでそういうこともあるのかくらいにしか思わなかったのだが。


832 :本当にあった怖い名無し:2020/03/06(金) 22:37:57 ID:6xf0aU4y0.net
しかしオカンが言うには、もちろんそんなものを付けて山に登るなんてしないし、このときもそんなものを付けた覚えもない、まして誰かが悪戯をするなんて考えられない、と言う。
確かに、命がけとまでは言わないがオカン達が登る山はどれも本格登山で、しかも会の仲間も皆いい歳でそんな子供じみた悪戯をするような人達でないしそんな状況でないことは俺でも解る。
まして、オカンは俺に対して嘘を言ったりふざけたりするような人間でもない。
初めに言ったように霊の存在すら信じていないくらいだから。

とにかく俺は本格的に鑑定wするために、写真をスキャナで画像取り込みし、拡大したり色を変えたり反転したりしてみた。
しかし霊感などない俺にはそれが仮に霊的なものであったとしても何が判るわけでもない。
結論としては、見る限りそこにそういう物体が存在し、それは限りなく風船に近い、ということ。

当時オカンが登山に持ち歩いていたカメラは俺が選んでやった至って普通のフィルム撮影のものだし、ましてオカンがフィルムやPCで加工したりなどあり得ない。

今もその写真は俺の部屋のどこかにあるのだが、全くもって不思議としか言い様のない写真だった。


[ 2020/03/10 18:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

十代の頃に駅のホームであった不思議な話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/02/17 20:01 ] 不思議な話 | CM(0)
不可解な体験、謎な話~enigma~ Part110
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1577968627/


211 :本当にあった怖い名無し:2020/02/11(火) 01:44:48.73 ID:D4GhsAnjO
どちらも十代の頃に駅のホームであった不思議な話。

1.
柄の悪そうな若い二人組の男の片方にぶつかった。
ぶつかった方の男がいちゃもんをつけてきたが、
混んでいたのにボケっとしてたから謝った。
男は謝れば済むと思ってるのかというような事を言ってきて、
あまり絡まれるようならどうしようかなと思っていたら
突然もう一人の男がペコペコと謝ってきた。
私もぶつかった方の男も「?」という感じだったが、
もう一人の男は「?」状態の仲間を引っ張って
ペコペコし続けながら急いで去って行った。
私は小柄で地味で気弱な感じに見えると言われる事が多いし、
ペコペコされる心当たりもないので非常に不思議に思った。

2.
電車を降りて階段に向かっていたら
突然後ろから背中をパシパシとはたかれた。
驚いて後ろを振り返ったら中年の品の良さそうな女性が
「驚かせてごめんなさい。色々ついていたから」と言った。
身だしなみをしっかりしてる方ではないので糸くずでも付いてたかなと思い
お礼を言って立ち去ろうとしたら、またはたかれた。
「まだ残っていたから。多分もう平気よ」と言われた。
わりと強めに念入りにはたかれたけど、
そこまでだらしないわけじゃないのにと不思議に思った。


214 :本当にあった怖い名無し:2020/02/11(火) 14:31:22.43 ID:6Z5x2fxGw
1のペコペコ男は見える人
2の中年女性は祓える人
>>211は悪霊憑き
駅は霊が多い
背中叩くは除霊の基本


[ 2020/02/17 20:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

なんか変な感じがする
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/02/16 20:18 ] 不思議な話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 139
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1577441685/


312 :本当にあった怖い名無し:2020/02/02(日) 02:53:19 ID:dsxMfqeA0.net
7年前、結婚前の奥さんと旅行で琵琶湖に行って、旅行中にあるお寺によりました。
彼女はいわゆる「見える」ひとだったんだけど、そのお寺の境内に入ってから妙にそわそわ。
理由を聞いたら、「なんか変な感じがする」とのこと。
じぶんが「やめとく?」って聞いたら、彼女は「大丈夫」と言うので、とりあえずお参りだけしていきました。
その日はそのあともいろいろ名所などをまわってホテルへ。
夜部屋でお酒を飲んだりしてくつろいでいたのですが、いつの間にかふたりでうとうとしてベッドで寝ていました。
目を覚まして時計を見ると寝てたのは1時間くらい。彼女は先におきてたみたいでなぜか自分の顔をじっと眺めていました。こわい形相で。
じぶんが「ごめん寝てたみたい」と言うと、なぜかいきなり彼女になぐられました。
理解が追いつかず「は?」って言ったら、またなぜかなぐられる。
彼女の手をおさえようとしたんだけど、女とは思えない力ではらいのけられ顔やら胸やら殴られ続ける。
痛いし意味わからないしで「いいかげんにしろよ!!」とどなって彼女をつきとばした。
彼女は床に倒れてしばらくつっぷした状態でうごかない。
打ち所悪かったのかなと思ってさすがに心配で恐る恐る近寄ると、彼女は起き上がり、「ごめん。どうしてかわからないけど、あなたを殴らないといけないような気がしたの」とのこと。
意味がわからないけど、彼女は泣きながら謝ってるし、正気に戻ったみたいなのでその場はそれで終わりに。旅行も暗いムードだったけどその後はなにもなく終了。
ただ、気になることがあって、なぜか殴られた記憶もなければ、状況的に殴られるはずがない場所(背中とか)があざになっていました。
その後彼女からは会うたびに謝られたけど、なぜか自分はその話をしたくなかったので深入りもせず、アザのことも彼女には言わないままでした。


313 :本当にあった怖い名無し:2020/02/02(日) 02:55:09 ID:dsxMfqeA0.net
でも結婚前に、やっぱりそのままにできずに琵琶湖での一件を彼女に質問しました。
そうしたら、彼女は、「うとうとしているときにあなたの体にへびのようなものがまとわりついているのが見えたの。何とかしなくちゃとは思ったんだけど、それでなぜ殴ったのかは自分でもよくわからない。
何かにとりつかれていたのは私だったのかもしれない。あの日寺をお参りした辺りから意識がぼんやりしていてよくわからない」とのこと。
わたしにできたアザのことを話したら、彼女も「私もいくつか変なアザができていた」と驚いていました。
途中で寄ったお寺が原因なのかなと思ったけど、彼女は「分からない。でももうあの場所には行かない方がいいとおもう」と。
結局原因はわからないままなんだけど、奥さんが変だったのは後にも先にもこの時だけだったので考えるのを諦めました(笑
オチがなくてすみませんが不思議な話でした。


327 :本当にあった怖い名無し:2020/02/02(日) 23:01:33 ID:US9rSsO00.net
>>312
むかし友達から同じような話きいたことあるわ。
彼氏と滋賀行って、旅行途中から暴力とかはないけど人が変わったように凶暴(暴言はいたりすぐに苛つくようになったり)になったって話。
結局彼氏は旅行後にも元に戻らなくて喧嘩も絶えずしばらくして別れたんだけど。
一連の相談受けてたけど、そのひとも寺だか神社がどうのこうの言ってたわ。


328 :本当にあった怖い名無し:2020/02/03(月) 06:37:06 ID:abq0HR3L0.net
>>327
詳しく


352 :本当にあった怖い名無し:2020/02/04(火) 04:14:45 ID:nNyXNMmq0.net
>>328
私の友達(彼女側)から、どちらかといえば温厚な彼氏が滋賀に旅行中に変貌して怒りっぽくなったって相談を受けたことがあって。
当時はオカルト的な話で聞いたわけではなく、彼女は「旅行中なにか気にさわる事したのかもしれない」と酷く落ち込んでた。
>>312さんの話を読んで、そういえばその彼女が、「寺に行こうと思ったんだけど、途中でわたしの気分が悪くなって行けなかった」って話してことを思い出して。
ただ、その寺が何処だったかは記憶にないですし、それ程共通点はないかも。
滋賀に関連付けて現地の方には申し訳ない。。


353 :本当にあった怖い名無し:2020/02/04(火) 16:16:03 ID:r7eeOExm0.net
>>352
どこの寺かわからないけど有名どころなんだろうね。


354 :312:2020/02/04(火) 18:00:39 ID:ADSgq9cU0.net
>>352
似ていますね。
一瞬ではあったけど、「ああ、これが取り憑かれるってやつなのかな」と思ったくらい人が変わったので。
妻も寺に入るまでの道すがら気分悪くしてました。なにか未道すがらひろったのかもしれませんね。


359 :本当にあった怖い名無し:2020/02/06(Thu) 06:28:21 ID:fwSdLp380.net
>>352
タブーって色々あるからね。
昔は、
比叡山→三井寺 の順で参拝するのは避けろ。
三井寺で、比叡山の話題をするな
比叡山で、三井寺の話題をするな
とは言われていた。昭和50年代ぐらいまでは、ちらほら聞いたよ

日本史の授業でやったと思うけど、
昔はこの2つの寺、仲が悪かったんだよ。
何かあると互いに僧兵出して、調停に強訴に行った。
「賀茂河の水、双六の賽、山法師、是ぞわが心にかなわぬもの」
と白川法皇が詠んだ(この3つだけが思いのままにできないという意味の歌)
山法師が、比叡山延暦寺の僧兵。
寺法師が、圓城寺(三井寺)の僧兵。
山法師が強訴に現れると、反山法師として寺法師が強訴に来る。
というカオスが繰り広げられていた。
山法師は比叡山焼き討ちで弱体化。信長の清須会議で両者和解。秀吉の刀狩で武装解除されて、以降双方大人しくなった


362 :本当にあった怖い名無し:2020/02/06(木) 12:01:32.95 ID:ZEzpcRe/0.net
神社でも祀られている神様によっては同じ日にお参りするとよくない組み合わせもあるらしいしな


431 :本当にあった怖い名無し:2020/02/08(土) 02:19:26 ID:XeBSQtk90.net
>>359
地元民だけど、比叡山というと比叡山四大魔所をはじめ気軽に立ち寄れないスポットがあるからね。俺は無感だけど霊感あるひとは何か感じるらしい。


440 :本当にあった怖い名無し:2020/02/08(土) 23:43:14 ID:fHmPrT680.net
>>359
>>431
>>312ですが、それを聞いてなんとなくふに落ちました。
比叡山にも車で行っていたので。
寺社にお参りする前にはもっと調べてからいくべきですね。
ありがとうございます。


[ 2020/02/16 20:18 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

消えた体育座りちゃん
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/02/05 20:55 ] 不思議な話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 139
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1577441685/


307 :本当にあった怖い名無し:2020/01/31(金) 00:18:55.26 ID:caeI0P7ZT
小学生の頃の話なんだけど、
トイレの個室に入ったら和式便器の横で体育座りをしてる誰かがいたのね。
顔を伏せてるから顔は見えなかったけど同い年くらいの髪の長い女の子だった。服装までは覚えてないけど見た時何も違和感感じなかったから多分制服か体操服を着てたんだと思う。
ぎょっとしつつも同じ学年の誰かだと思った私は、『泣くなら鍵閉めて泣けよなー。誰か知らんけど』と思いながら他の個室が開くのを待っていたわけ。
すると体育座りの女の子がいた個室の向かいの個室があき、中から友人が。その友人は不思議そうな顔をしながら「あれ?●●ちゃん向かいのトイレ空いてるのに待ってたの?」と言ってきた。
私はその友人の言葉を聞いて青ざめた。すぐに『そんなはずない!』と先程体育座りちゃんがいた個室をのぞくとそこには誰もいなかった。

私はトイレの入り口付近で待っていたんだから、個室から出てきてたらさすがに気付くはず。
もしかして今誰かが入っている隣の個室へ逃げたのか?誰でもいいから驚かそうと思って鍵をかけた隣の個室の上から隣の個室へ移動して体育座りして誰かを待ってた?
驚かした後また隣の個室へ上から隣の個室へ移動したとか?いやいやいやさすがに上に登立てる人がいたら気づくだろ、、、とか色々考えていると、その隣の個室が空いた。
出てきたのは隣のクラスの友人だった。ただ、その友人は茶髪(※水泳大好きっ子でプールの塩素で髪の毛の色素が落ちてる)な上にショートで先程私が見た黒髪長髪の女の子とは全然違った。
私はちびりそうになりながら、向かいのトイレで用を済ませて泣けるようにトイレを後にした。
本当にゾッとした。ちびらなくてよかった。ちびってたらWでトラウマだったわ....。


[ 2020/02/05 20:55 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【不可解な体験】あの子は誰だったんだろうなぁ
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/01/30 22:01 ] 不思議な話 | CM(0)
不可解な体験、謎な話~enigma~ Part110
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1577968627/


174 :本当にあった怖い名無し:2020/01/28(火) 13:22:46 ID:HqV31nU40.net
不可解ってほどでもないよくある話ですが
小1のとき、1人で通るのは初めての道から帰ろうとして迷ってしまいました
曲がる角を間違えたんだと思いますが、それにしても進んでいれば見覚えのある道に出るはずだったのにそのときはそうなりませんでした
だんだん心細くなって泣きながら歩いていると、雑草だらけの空き地で女の子が1人で遊んでいました
多分同い年か少しだけ年上という感じの子で、わたしに気づくと「どうしたの?」と声をかけてきました
迷ったと伝えると、彼女は「こっちに進めばいいよ」と道案内をしてくれました(口頭だったか途中までついてきてくれたのだかよく思い出せません)
その通りに歩くとあっという間にいつもの道に着き無事帰ることができました
次の日お礼が言いたくて女の子を探しましたが、あの空き地も女の子も見つからず、そもそも泣いて彷徨うような道のりでもなくすぐにいつもの道に出てしまうのです
そしてわたしの小学校は多くても1学年に2組しかなく、他の学年の人もなんとなく知っているので全然知らない同世代の女の子が近所にいるというのも不思議でした
あの子は誰だったんだろうなぁ


176 :本当にあった怖い名無し:2020/01/28(火) 22:00:56.77 ID:9+XEhvem0.net
子どもにしか体験できないトトロ的な


[ 2020/01/30 22:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

郷里の鎮守社の神様は、年に数度地域を見廻る
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/01/30 16:06 ] 不思議な話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 139
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1577441685/


216 :本当にあった怖い名無し:2020/01/22(水) 15:18:28 ID:Y9qvL6R40.net
郷里の鎮守社の神様は、年に数度地域を見廻る。
その姿を見た者は罰が当るというので、その日はよるに外に出ないように気をつけている。

神様は基本見えないんだが、天候によっては靄や雨に紛れて輪郭がうっすら見える
泥濘や雪の上に足跡が見える ということが起こる。

俺の叔母が、小さい頃に見た事があるらしい。12月の30日で、夜中に目が覚めたら雪が止んで月が出てたそうだ
宮沢賢治みたいだ。と思った叔母はそっと家の外に出た。
積もった雪の上に、足跡が続いていたらしい。大きな足跡と、その脇を歩く小さい足跡。あと、動物の足跡もあったそうだ
で、ドキドキして家に戻った。その時は神様のだとは思わなくて、郷里の誰かが散歩でもしたのかと思ったらしい。
年末で、都会に出て他人も家族連れて帰ってきてたりしたから。

正月の大晦日、日付が変わる頃に家族で初詣に行った。地域の人も集まってて並んで開門を待ってた。
そしたら、叔母の頭の上に衝撃。見たら、松ぼっくりが落ちてた。
参道に松はないのに。と思ってたら、今度はドングリが当った。
初詣を終えて、神社で貰った甘酒には松の葉が入っていて、みかんは渋かった。
泣きそうになってたら、神社の神主の奥さんがそれ見て、叔母を社務所に呼んだ。
叔母と祖母が入っていくと、神主を呼んで来て、祝詞を上げてくれたらしい。
その時に始めて叔母は、見たのが神様の足跡だと知ったんだと。

「神様は姿を見られるのを嫌う。人間は何かを見るとすぐに理由をつけたがる。
理由をつけられた神様は、神様の力を弱めてしまうので嫌がるんだ。今度から気をつけなさい」

そして、祝詞の後に甘酒とみかんを貰って帰ってきたそうだ。
松ぼっくりやドングリを落としたり、甘酒やみかんを渋くしたのは神様の罰だったらしい


[ 2020/01/30 16:06 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【不可解な話】内線電話に出た女性
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/01/22 16:01 ] 不思議な話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 139
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1577441685/


196 :本当にあった怖い名無し:2020/01/19(日) 12:14:44.54 ID:NuvHrWEH0.net
自分が小学生の頃の冬休み、母と妹と一緒に祖父母の家へ帰省しました。

祖父母の家は二世帯住宅。大きな一軒家に祖父母と伯父家族が別々の部屋で暮らしています。
そこには内線電話が繋がっていて、それを日常的に使って会話しています。
幼かった私には、自宅の電話とは違うそれがとても魅力的に見えました。

祖父母の部屋でみんな揃って食事をすることになりました。
みんなでわいわいやっている時、ふっとイタズラ心が芽生え、私は一人抜け出して無人の伯父家族の部屋へ行きました。
祖父母がいつもやっているように受話器を耳にあて、呼び出しボタンを押すと、すぐに「はい」と返事がありました。
私は相手を勝手に母だと思い込み
「やっほーあたしだよー!お母さんビックリした?」
とおちゃらけながら言うと
「やだー、いつの間にそっちに行ったの?」
なんて返事を期待していたのですが


197 :本当にあった怖い名無し:2020/01/19(日) 12:15:50.02 ID:NuvHrWEH0.net
「…え、違いますけど」
という女性の声
「あたしだよ?お母さんでしょ?」
「いえ、本当に違うんですけど…」
「ウソやめてよー」
「違います」
「……え」
「……」
受話器から聞こえてくるのは、本当に困惑したような女性の声でした。
まてよ、今この家にいる女性は母を除けば祖母と伯母の二人だけ。
その二人は私に対してこんなしゃべり方しないし、声も違う。…知らない人だ!誰?!私いったい誰と話してるの?!
怖くなった私は即座に受話器を戻し、みんながいる部屋へ逃げ出しました。

部屋に戻って早々、思わず母にたずねました。
「お母さん、内線電話でた?」
「何もないよ。どうして?」
「だれも出なかったの?」
「?何もなかったもん」
不思議そうな顔をした母にはそれ以上何も言えませんでした。
すごく怖かったけど、勝手に内線電話を使ったことを話したら怒られると思いましたから。

それ以来何事もありません。内線電話は私が大人になった今も現役バリバリです。
少し前、母にこの件を話しても覚えてませんでしたし
伯母に謝りながらこんな事があったんだと話してもギョッとするだけでした。今までこの電話はおかしな混線も故障したことも一度もなかったそうです。

内線電話が他所と混線することってあるんでしょうか。
私は一体誰と話しをしたのでしょうか。


200 :本当にあった怖い名無し:2020/01/19(日) 15:15:04.95 ID:uV0qQyJjO.net
いつかあなたに、女児から電話が架かってきて
あたしだよ?お母さんでしょ?って言われるよ


201 :本当にあった怖い名無し:2020/01/19(日) 15:43:34.08 ID:W68xLo7M0.net
あ、それだな
パターンではあるけどそれで話が締まるよな
その内線を取った時には当時の事忘れてて怪訝に応えちゃったけど
そういえばアレってあの時の私?!みたいな


203 :本当にあった怖い名無し:2020/01/20(月) 00:49:31.08 ID:eN7N6jaZ0.net
>>200
星新一の話にありそう


[ 2020/01/22 16:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加
管理人オススメ記事
去年の出来事
真夜中にナビにつられて知らない峠道を走ることになった
池沼Aと俺
田舎の古い民家を解体してたら床下から妙な物が出てきた

‐全ランキング表示‐ ブログパーツ
プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加


最新記事
10年以上前にTVの特番で「実際にあった怖い話」っていうので紹介されてた話 Mar 31, 2020
【不可解な体験】爺さんの守護霊か何かの仕業? Mar 29, 2020
大正後期から令和初期まで生きて亡くなったおばあちゃんの話 Mar 27, 2020
電車での不思議体験 Mar 19, 2020
【恐怖体験】高速道路沿いの公園での話 Mar 18, 2020
四年前にいなくなった猫(?)が帰ってきた Mar 11, 2020
山登りが好きなオカンの話 Mar 10, 2020
家族全員在宅中に泥棒に入られた経験 Mar 09, 2020
交通事故で亡くなった女子がクラスメイトの枕元に夜な夜な出現した Mar 08, 2020
悪戯好きの狸神様 Mar 07, 2020
過去ログ +

2020年 03月 【10件】
2020年 02月 【7件】
2020年 01月 【10件】
2019年 12月 【8件】
2019年 11月 【12件】
2019年 10月 【10件】
2019年 09月 【10件】
2019年 08月 【10件】
2019年 07月 【10件】
2019年 06月 【10件】
2019年 05月 【10件】
2019年 04月 【10件】
2019年 03月 【10件】
2019年 02月 【10件】
2019年 01月 【11件】
2018年 12月 【10件】
2018年 11月 【11件】
2018年 10月 【10件】
2018年 09月 【10件】
2018年 08月 【10件】
2018年 07月 【11件】
2018年 06月 【10件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【10件】
2018年 03月 【10件】
2018年 02月 【10件】
2018年 01月 【12件】
2017年 12月 【9件】
2017年 11月 【8件】
2017年 10月 【13件】
2017年 09月 【13件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【10件】
2017年 04月 【10件】
2017年 03月 【10件】
2017年 02月 【11件】
2017年 01月 【10件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【8件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【13件】
2016年 06月 【16件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【13件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【13件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【12件】
2015年 05月 【16件】
2015年 04月 【14件】
2015年 03月 【27件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【25件】
2014年 12月 【26件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【20件】
2014年 09月 【18件】
2014年 08月 【20件】
2014年 07月 【25件】
2014年 06月 【21件】
2014年 05月 【18件】
2014年 04月 【17件】
2014年 03月 【16件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【22件】
2013年 10月 【10件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【13件】
2013年 07月 【10件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【5件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【6件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【7件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【19件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【8件】
2009年 07月 【21件】

アクセスランキング
LINK
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top