FC2ブログ

|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
ヘッドライン

実家周辺(数軒)で今もある箱回しとか蓋回しって呼ばれてる縁起を担ぐ系な風習
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/01/09 15:33 ] 不思議な話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?357
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1570877860/


937 :本当にあった怖い名無し:2020/01/04(土) 14:10:19.64 ID:3ZpCWZj80.net
風習の類いなんでスレチだったら誘導願う
漏れの実家周辺(数軒)で今もある箱回しとか蓋回しって呼ばれてる縁起を担ぐ系な風習なんだけど、今年はちょっと異例だったので書く
この箱回しってのは、早くて4歳頃から名字の変わってない人だけできることになってる(回すのはルービックキューブをスライドさせるイメージに近い)
良いことがあれば続くよう右回し、悪いことがあれば去るように左回し、年内ならどのタイミングでもオッケーだけど年末の帰省のときに済ます人がほとんど
一応約束事として一回しか回しちゃいけないって言われてるけど、一周すると凹凸が合わさったみたいに動かなくなるから結局一回しか回せない
ここからが本題なんだけど、去年はその箱回しで叔父さんのは何故か右に二回回った
叔父さんは叔母から箱回しの事は聞かされてたけど、するのは初めてで本当に一回しか回らないのか興味本意で試したらしい、そしたら回ったと
漏れ含め何だよ回るんじゃんって囃し立てたかったけど、みんな鳥肌が凄いわ猫は唸るわ場にそぐわない異臭が漂い始めるわでそれどころじゃない、霊感とか誰一人持ってないけど不味い事が起きてるのはわかって
回しきったら奉納?お清め?してもらってる神社に漏れの父親とその兄二人に付き添われ叔父さんが箱を持っていった
神社までの道中、叔父さんは箱の重さに耐えきれず父親ズに引きずられるように歩いたとか異臭が強くなりすぎて吐くわ散々だったそう
神社に着くなり何をしたんじゃ!みたいなお決まりの流れは無く、淡々と処理され、回してない人は奉納に来てないお宅の箱をお借りしてくださいと言われて帰ってきた
漏れはまだ回してなかったから、隣家に事情を説明して回させてもらったけどやっぱり一回しか回らなかった
どういうきっかけで二回回せたのか知らないし、叔父さんに今後何も起きないとはわからない、ちなみに箱の中身は空です



939 :本当にあった怖い名無し:2020/01/04(土) 14:18:32.55 ID:MHBeaWTY0.net
>>937
箱が全然イメージ出来ない
一回しか回せないって言うけど翌年は?


941 :本当にあった怖い名無し:2020/01/04(土) 15:22:46.62 ID:3ZpCWZj80.net
>>939
直径は日清カップヌードルの蓋ぐらい、どの家の箱も正方形じゃなくて丸い、けど蓋にある柄は違う(家はススキと馬)
感覚は丸箱の蓋を開けずに回すとかと同じ、だから年寄りとかは箱回しじゃなくて蓋回しって言う人もいる
一回って言っちゃうけど、イメージとしては一周が正しい、時計が一周して12時に針が止まることを一回とするみたいな、良いことがあれば時計回り、悪いことがあれば半時計回りって感じ
回しきらずに渡しちゃわないの?何で一周ってわかるの?ってのは柄のおかげ・動かなくるからとしか言えない、数十年当たり前にやってきた事だから説明となるとイメージしにくくてすまん
ルールは年内にどっち回しでも1人一回、回した人がまた回そうとしても本当に動かない(叔父さんの二回回しは初めてで異例)
翌年から使えるのは納めてお清め?してもらっててるからって聞いてる、翌年から箱が回せるようになってるから本当なんだと思う
大晦日までに納める決まりだけど、早く奉納するのはオッケーだから5月頃に持っていった家もある
一応長くなるから省いたけど、箱回しの詳細はこんな感じ



942 :本当にあった怖い名無し:2020/01/04(土) 15:34:35.67 ID:MHBeaWTY0.net
>>941
ご丁寧にどうも
どういう物かわかった気がします


943 :本当にあった怖い名無し:2020/01/04(土) 15:36:22.51 ID:3ZpCWZj80.net
叔母は父親の姉で叔父さんは叔母の旦那で婿入りした人、家系図の説明なんて初めてだから書き方が違ってたらすまん
縁起担ぎだってのもあって箱回しの風習を気に入ってた叔母は、名字が変わると箱回しに参加できなくなるからって叔父さんに婿入りしてもらったそう
だけど漏れは名字の違う他の家の箱回しに参加させてもらえたから、名字うんぬんのルールは無いのかもしれない



944 :本当にあった怖い名無し:2020/01/04(土) 15:51:16.97 ID:PGLAhhde0.net
どんなものか写真か動画で見たいな


954 :本当にあった怖い名無し:2020/01/05(日) 09:38:17.02 ID:FJTZgBag0.net
>>941
一周して止まるけど、次の人はさらに一周できるってこと?
要は、別人なら何周でもできるって認識でおけ?


958 :本当にあった怖い名無し:2020/01/05(日) 20:47:12.80 ID:0qjFSTKM0.net
>>954
ID違うけど>>937
自分の番が終わる、回してない人がいれば次に渡す、だから別人なら何周もできるって認識でもおけな希ガス
わかりにくくてすまんな



960 :本当にあった怖い名無し:2020/01/05(日) 20:52:21.69 ID:0qjFSTKM0.net
画像も貼ろうかと思って実家に写真送ってくれるよう頼んだが、叔父さんの一件があったから止められたすまんな
似たようなものがないか検索かけて、一番しっくりきたのは丸型重箱、あれの蓋をちょっとドーム型にしたやつ



965 :本当にあった怖い名無し:2020/01/07(火) 12:35:14.08 ID:+2IV5Oei0.net
>>941
一人が一周させるのか
それだと凸凹合わさってロックかかるから次の人回せなくなるんじゃないの


966 :本当にあった怖い名無し:2020/01/07(火) 12:44:55.25 ID:iz3+/taT0.net
構造がよくわからないよね
次々と回せる時点でロックのかかる構造ではないと思われる
かといって単純に置いてあるだけの蓋なら一人一周で止まる意味がわからない


967 :本当にあった怖い名無し:2020/01/07(火) 12:56:56.86 ID:PUYGMjeo0.net
ググっても出てこない
地域の風習だろうから地域だけでも教えて欲しい


968 :本当にあった怖い名無し:2020/01/07(火) 13:48:48.96 ID:+2IV5Oei0.net
気になり過ぎて茶筒眺めてどんなギミックか考えてる
コリッとクリック感があって蓋が止まる仕組みなら簡単だけど次の人に渡さないともう回せないとなるとゆっくり動くバネとかが要りそう

蓋と容器の密閉具合と摩擦を調整すれば回転時に僅かに蓋が浮き一周でロックがかかるが次の人に渡す時の時間経過で蓋がゆっくりと下がりロックが外れるって機構も可能だけど長年掛けて回してると蓋と容器の機密が甘くなり蓋が下がる速度は速くなる
湿度や気温でも動きが変わるだろう

それに細かなギミックをカップヌードルサイズの茶器の棗のような形の木(かどうか知らんけど)の容器に仕込む職人って想像できん


970 :本当にあった怖い名無し:2020/01/07(火) 13:59:56.61 ID:XqKH1vrJ0.net
集団催眠みたいな状態になって1回転しか回せなくなってるってことじゃないかな
事情を知らない人にやらせると何回転でも出来ちゃうとか


972 :本当にあった怖い名無し:2020/01/07(火) 16:55:47.07 ID:Phhri+uU0.net
一人一回転までって信じきってるからいっぱい回そうとしても
無意識にセーブがかかっちゃうわけか


973 :本当にあった怖い名無し:2020/01/07(火) 20:13:53 ID:QnFd8j/k0.net
>>970
これっぽいよね
無意識にセーブしてるだけ


978 :本当にあった怖い名無し:2020/01/08(水) 12:00:34.13 ID:sHG5DrUm0.net
ID違うけど>>937
今更身バレの心配かよって思うかもしれんが
実家丸わかりだから地域はすまん、宮崎とだけ
今まで当たり前すぎてギミックとか諸々考えたこともなかったけど、無意識にセーブしている集団催眠には成る程と思った
今年は盆にでも帰省してきっかけとか聞いてみることにするわ
スレタイとはいえない話を拾ってもらってありがとう



979 :本当にあった怖い名無し:2020/01/08(水) 12:39:52.64 ID:sHG5DrUm0.net
あと茶器の棗ってのを初めて知って検索かけたが、これの蓋をもう少しドームにしたらまさにって感じ

棗(茶器) - Google画像検索

それと蓋に柄があるんだが、それが◎の溝?の上に書かれてて、回したときに◎の内側の柄だけ回るんだが(これが回しきったかどうかの見分けになってる)ギミックに詳しい人の参考になるかな



980 :本当にあった怖い名無し:2020/01/08(水) 13:17:36.12 ID:KdVN/buc0.net
>>979
内側の絵だけ回るってなかなか手の込んだ工芸品だね
いじってみたい


[ 2020/01/09 15:33 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【邪鬼】背中に特徴的な四角い窪みが二つある女の子
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/12/14 13:31 ] 不思議な話 | CM(1)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?357
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1570877860/


781 :本当にあった怖い名無し:2019/12/10(火) 11:09:36.29 ID:WaTsVneHa
背中の窪み

この前に部下達と関西に出張した時にあるキャバクラに行った時の話なんだけれど、背中に特徴的な四角い窪みが二つある女の子が居た。
中国人だかインド人みたいな特徴的な名字の子だったが酒の入っていたせいか今は何と言う名字だったのかよく思い出せない。
ショートヘアの髪型と小麦色の肌に少し堀が深い感じの笑顔の素敵な子だった。
窪みについては何かの怪我の痕か手術痕だろうと思って触れない様にしていたんだが、酔った部下の一人が不躾にもそこにいきなり手で触りながら
「ここ窪んでるけど、これ背骨は大丈夫なんですか?よく折れませんね?」
と聞きやがったんだから困る。
殺意を抱きその部下を注意しようとしたらその子は
「ああ、これ?ウチ実は人造人間なんよ、これコンセント用なんやがデカ過ぎて合うんが少ないんよ!」
と言い場を笑いの渦にしながらこっちをフォローしてくれた。
部下が酔い潰れた頃にさりげなく詫びを入れたが
「ああ、気にせんでええよ?人造人間ゆーんもあながち嘘でも無いし」
と言われた。

は?


782 :本当にあった怖い名無し:2019/12/10(火) 11:10:00.82 ID:WaTsVneHa
と一瞬、疑問符が頭に浮かんだが、その後に説明された漠然と覚えている彼女の話を要約するとこうだ。
一般人に詳しい素性は明かせないが自分は元々「鬼」等と呼ばれていた日本古来の存在であり、ある寺の邪鬼像の中に封印されていた。
それが廃仏毀釈によって封印が解かれてしまい今はこうして人間に化身して生活しているのだと。
「ほんまに菩薩様は優しい御方やったんよ?300年もずーっと村人を見守っとったのに恩知らずにも火付けられても『これで悟りが開ける』ちゅーてだーれも恨まんし。
あまつさえ邪鬼であるウチが一緒に燃えん様自分から台座から落ちて火からも空気のバリアーみたいな良く分からんもんで守ってくれたんよ?漫画みたいやろ。信じられる?たかが台座の邪鬼一匹の為によ?」
話を聞き終える頃には酔いも冷めており人間では無い存在、しかも邪悪な悪鬼と今自分は対峙している、そう思うと・・・いや、彼女の何かを感じた身体が勝手に震えていた。
最後にこちらの異変を気遣ってか
「きゃっはーwこないな嘘松にマジになってて、おかわいーお人やねーw」
とフォローされたが明らかにこれは彼女は嘘をついている。
場は更に笑い声に包まれ話題はありふれた世間話に戻っていたが汗は何故か引かなかった。
嬢が唐突にこんな話する必要があるのだろうか?
こんな話大して怖くも無いだろうが俺は仕事柄人の感情の機微や嘘や誇張を見抜くのは得意なのだがこの話はどうにも作り話とも思えなかった。


[ 2019/12/14 13:31 ] 不思議な話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

もう25年くらい経ってしまうんだけど、時々思い出す不思議な友達の話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/12/09 16:01 ] 不思議な話 | CM(0)
不可解な体験、謎な話~enigma~ Part109
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1567494947/


837 :本当にあった怖い名無し:2019/12/08(日) 16:02:30.80 ID:pAZJctX40.net
もう25年くらい経ってしまうんだけど、時々思い出す不思議な友達
良くあるタイプの話しかもだけど…

幼稚園のころ園の敷地にカチカチ山って呼ばれてるドーム型の遊具があった
ドームのあちこちに足場と丸い穴があって、ドームの上に登ったり穴から中に入ったりできるタイプのやつ
穴は小さくてドームの中には子供と小柄な女性くらいしか入れないような造りだった
ある時からカチカチ山の中で一緒に遊ぶ友達ができた
その幼稚園はブレザーの制服で、遊びの時間はスモックに着替えるはずなんだけどその子はいつもブレザーだった
その子のことは“つぐちゃん”って呼んでた
遊びの時間になるとシロツメクサをカチカチ山の中へ持ち込んで並べて一緒にお花屋さんしたり
石で葉っぱをすりつぶしてお料理ごっこしたりした
お花や葉っぱの調達係はいつも私でつぐちゃんはカチカチ山から出なかった 


838 :本当にあった怖い名無し:2019/12/08(日) 16:03:05.88 ID:pAZJctX40.net
彼女は自分の組(クラス)に居ない事は確かなので何組さん?ってきいたら
つぐちゃんは「ペンギン組さん」って言った
そうなんだ!って当時は納得してたけど大きくなってからクラスの名前は「さくら組」とか「たんぽぽ組」とか花の名前しかなかった事に気づいた
どれくらいの期間か忘れちゃったけどよくカチカチ山の中で一緒に遊んだ
時々他の子も加わったりしておままごとしたのも覚えてる
つぐちゃんは必ずカチカチ山の中に居て外で遊ぼうと言っても嫌だと言って出てこなかった
ブランコとか違う遊具でも一緒に遊びたかった私はある日、なんで!?って怒った
そしたらつぐちゃんはヒソヒソ声で「外に出るとしんじゃうの」と言った
私は「嘘つき!」みたいな何か罵り言葉で言い返したと思う
そしたらつぐちゃんは「本当だもん!」って私の頭を叩いてカチカチ山から出て行った
叩かれたことに驚いて泣いてしまった
泣いてたら、先生が穴の外から「ケンカした?転んだ?」って覗きこんできた
穴から這い出て先生と手をつなぎながらつぐちゃんが死んじゃう嘘を言うってケンカの内容の説明をしたけど支離滅裂だったのか、ちゃんと聞いてもらえなかった
辺りにつぐちゃんは見あたらなかった
それから後もつぐちゃんはカチカチ山の中でも他の遊具でも見あたらなかった
いつの間にか忘れて普通に遊ぶようになった
大人になって思い出して不思議に思ったから卒園アルバムをみてみたんだけど
“つぐちゃん”と呼べそうな名前の子がみあたらない
顔もうろ覚えで写真を見ても思い出せない
手がかり少なくて実在する友達だったのか確かめられない


839 :本当にあった怖い名無し:2019/12/08(日) 16:06:56.93 ID:HSvF5AVO0.net
イマジナリーフレンドだろね


840 :本当にあった怖い名無し:2019/12/08(日) 16:11:21.94 ID:Qxp6j3320.net
狸の可能性は


841 :本当にあった怖い名無し:2019/12/08(日) 16:55:53.92 ID:QU1mxaml0.net
>カチカチ山から出て行った

出たら死んじゃうんじゃないんかーい


[ 2019/12/09 16:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【不可解な体験】ペン立ての置き場所
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/12/08 16:45 ] 不思議な話 | CM(0)
不可解な体験、謎な話~enigma~ Part109
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1567494947/


802 :本当にあった怖い名無し:2019/12/05(Thu) 19:45:37 ID:LD8yHpJB0.net
昨日の事なんだけど ちょっと用事があって実家に行ったんだ
その時にちょうど不在にしてた父親宛に電話がかかってきたから電話とって相手の名前と用件聞いて電話横にあるメモに書き込もうと思ったんだけど いつもは電話の後ろの壁際にペン立てがおいてあるはずなんだけど何故かなかったんだよ
まぁ実家久しぶりだし置き場所変えたんだろうぐらいに思って気にせずに自分の持ってたペンで書き置きしといたんだ まぁ父親はすぐ帰ってきて用件は直接伝えられたからペン立ての事なんか忘れてたんだよ
そしたら今日の昼間に母親から別件で電話があったんだけど 雑談になった時になんか怖いことがあったって言うんだよ
何かと思ったら母親が家に1人で居る時に台所で洗い物してたらいきなり真後ろでガシャーンって音がしたから振り向いたらペン立てが落ちててペンがバラバラに散らばってたんだと
そこで俺思い出したのよ 昨日ペン立て無かったぞって だからその事伝えたら置き場所変えてないって言うのよ
電話が置いてあるのはリビングの台所から一番遠い場所
どこかで時空がねじ曲がったんかな


803 :本当にあった怖い名無し:2019/12/05(木) 20:27:01.13 ID:xfoUSFys0.net
いいねぇ
ロマンがあるねぇ


804 :本当にあった怖い名無し:2019/12/05(木) 22:08:35.48 ID:l4bhBZP40.net
ジョジョのスタンド能力にありそう


805 :本当にあった怖い名無し:2019/12/05(Thu) 23:16:36 ID:CCaOnI1v0.net
>>802
位置関係をもう少し詳しく説明してほしい…


809 :本当にあった怖い名無し:2019/12/06(金) 07:26:24.22 ID:i+0g3pPQ0.net
>>805
うちは 玄関の中に入ると扉があってそこが長方形のリビングダイニングなんだ その入ってすぐの扉の近くに電話が置いてある
台所はその長方形を突っ切った先にあるんだ
時間は俺がペン立てが無いことに気が付いたのは夜の8時頃でキッチンの母の後ろに落ちたのが翌日の朝8時頃
オバケとかじゃないけど 話聞いたときは流石に全身の毛がチリッとしたよ


[ 2019/12/08 16:45 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議体験】これ、俺が小学校6年生のときの話だよ。夏休みの終わり頃のことだった
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/11/14 16:01 ] 不思議な話 | CM(1)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?357
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1570877860/


352 :本当にあった怖い名無し:2019/11/05(火) 07:26:46.73 ID:1I2udPzu0.net
これ、俺が小学校6年生のときの話だよ。夏休みの終わり頃のことだった。
当時俺は田舎に住んでて、家は農家だったから、親が金を持ってなくて、
ゲームとか、あんまり買ってもらえなかったんだよ。
まあでも、別に不満じゃなかった。外で遊ぶほうが好きだったからな。
学校のプールも開放されてたし、川や沼で魚釣りもした。
けど、やっぱり夏休みと言えば虫捕りなんだよ。
2日おきくらいに山に出かけて、大きめの虫カゴ3つにびっちり
虫を飼ってたんだ。あんまり捕れるんで、カブトなんかは貴重じゃない。
クワガタの大きなやつだけ残して、あとは捕ってもすぐに逃してたな。
うーん、今はどうなんだろうな。長い間、あの田舎の町には戻ってないけど、
自然破壊で昔みたく捕れなくなくなってるのかもしれんね。

でな、その日は、家で昼飯を食ってすぐ、捕虫網と虫カゴを持って、
裏の山に登ったんだ。まあ、山といっても、せいぜい300mくらいか。
小学生の足でも1時間かからずに頂上まで着く。そんな山がいくつも
横に並んでたんだ。山に入って、前に来たとき、
木に焼酎を塗ったところに行ってみた。これでたいがい何匹かクワガタが
ついてるんだが、その日はカブトのメスが2匹いただけ。
他の場所も同じようなもんだった。ああ、つまんねえな、って思って、
少し冒険してみることにした。横につながってる、
別の山に入ってみるつもりだった。といっても、夏の盛りだから、
草木が茂ってて、道のないところには入れない。それで、
いったん頂上まで登って、そっから下を見下ろしてみたんだ。


353 :本当にあった怖い名無し:2019/11/05(火) 07:27:47 ID:1I2udPzu0.net
そしたら、右手下のほうに、ごくごく細い道が見えた。
これは、木を伐る人がこさえた道だろうと思って、そこまで下りて、
隣の山に入ってたんだよ。で、その道はあんまり使われてないらしくて、
子どもの俺がやっと通れるくらいの幅しかなかった。両脇は深い茂みで、
なんだか心細くなってきて、もう少し進んで、広場みたいなとこに出なかったら
戻ろうと思ってたのよ。それが、ふっと目の前が開けて、円形の草地に出たんだ。
不思議な場所でな、そこだけ草を刈って芝を植えたようになってた。
で、端のほうに岩でできた像みたいなのが一つあった。近寄ってみると、
人間を掘ったもんじゃない。どう言えばいいかなあ。
あ、奈良のほうに猿石ってあるだろ。あれに似てたような気がする。
その前で、像をしげしげと眺め、後ろに回ろうとしたとき、

地面がぼこっと陥没したんだよ。気がついたら、回りが暗くなって、
俺はズザザザと斜面を滑り落ちてた。んでも、たいした深さじゃない。
せいぜい3mくらいかな。俺は下に尻から落ちて、あたりを見回すと、
うすらぼんやり明るかった。上に、俺が落ちてきた穴が空いてて、
そっから光が射し込んでたんだ。で、思わず息を飲んだよ。
回りがぐるっと、コントロールパネルみたいになってたんだ。
やっぱり子どもの頃に、浄水場の見学に行ったことがあるけど、
あれよりもっと大規模で、ずらずらっと、スイッチみたいなのが並んでたんだ。
それと、中央に、石でできた四角い大きなものがあったんだ。
当時はわからなかたけど、あれは石棺ってやつだと思う。ほら、古墳なんかにある。
でもな、回りのスイッチとか、そんなものが古墳にあるわけがない。


354 :本当にあった怖い名無し:2019/11/05(火) 07:29:14 ID:1I2udPzu0.net
上を見たら、斜面はけっこうゆるくて、何とかよじ登れそうだった。気持ちに余裕が
出てきて、ためしに手近にあったスイッチを一つだけ上に上げてみた。
そしたら、ビコンビコンと音が鳴って、赤い色が上のほうで点滅しだしたんだ。
あ、これはヤバイ、そう思って逃げることにした。斜面に四つん這いになって、
滑るけどなんとか登ってったんだよ。ああ、時間はかかったが、
穴の縁までたどり着き、手をかけて外に出たんだ。上から見下ろすと、
中が真っ赤になってるように見えて、警告音みたいなのもかすかに聞こえてきた。
俺の服は泥だらけになってて、ああ、また怒られるなあと思いながら、
すっかり虫捕りをする気は失せて、家に戻ったんだよ。
まだ早い時間だったから、両親は畑から戻ってきてなくて、ばあさんが猫といっしょに
居眠りをしてた。俺は汚れた服を脱いで洗濯機に放り込んだ。

異変に気がついたのは、夕方になって、母親に呼ばれたときだな。案の定、
俺の泥まみれの服を持って怒ってた。けど、その言葉が変だったんだよ。
「また、こんな◯汚して」・・・この○のところが、息を吸い込みながら、
「ピョゲ」みたいな発音に聞こえたんだ。まあでも、そのときは、怒りのあまり
発音が変になってるんだろうと思って笑わないでいた。けど・・・
はっきり異変に気がついたのは夕食のときだな。ちょうどテレビで7時のニュースを
やってたんだが、アナウンサーの発音がおかしかった。全部がおかしいわけじゃなくて、
ところどころに、さっきのピョゲとか、ジャコみたいな音が混じるんだ。
それで、「このアナウンサー、変じゃね?」って言ってみた。
でも、家族は普通に聞いてて、姉が「どこが?」って言っただけだったんだよ。
そのときはそれ以上のことはわからなかったんだな。


355 :本当にあった怖い名無し:2019/11/05(火) 07:31:16 ID:1I2udPzu0.net
けど、飯を食い終わって、自分の部屋のベッドに寝転んでマンガ読んでたら、
字が変なことに気がついた。見たことのないひらがなが印刷されてたんだ。
いや、何回か前に読んだことがあるマンガで、そのときは変じゃなかった。
どう言えばいかなあ。形はどう見てもひらがななんだけど、学校で習ったもんじゃない
っていうか・・・で、マンガの他のページも見たら、俺の知らないひらがなが3つ
あることがわかった。「に」と「れ」と「つ」だな。
これが入れかわってる。教科書を引っぱり出して見ても同じだった。
で、それ持って、姉の部屋に行っただよ。指で指し示して、
「姉ちゃん、この字、何て読む?」って聞いたら、「ひらがなじゃないの、
何言ってんのよ、ピョゲでしょ」 「おかしいと思わない?」
「ぜんぜん」こんな感じだったんだよ。

それで、わけがわからないながらも、その日は寝た。いやあ、そうだなあ、
これが山の中での出来事と何か関係があるとか、それはまったく考えなかったな。
まあ、子どもだったし、実害があるわけでもないし、1日寝れば、
もとに戻ってるかもしれないと思ったわけ。でも、次の日も同じだった。
3個の字が、書くときも、話すときの発音も前と違ってるというだけ。
俺が話すときは・・・さあ、どうだったんだろうな。自分では
普通にしゃべってたつもりだし、聞き返されたりしたこともなかった。
そこには気がつかなかったなあ。でな、山であの変な機械を見てから、
2日後のことだよ。その日は、朝からばあさんが、猫がいなくなったって探してた。
まあ、あの猫は、夜に外に出てったりしてたから、
そのうち帰ってくるだろうと思ってたんだけどな・・・


356 :本当にあった怖い名無し:2019/11/05(火) 07:32:19 ID:1I2udPzu0.net
で、よく晴れた日だったから、もう一度あの山に行ってみようと思ったわけ。
俺が落ちた穴がどうなってるか? 確認したかったし、
もしできるなら、穴にまた入って、秘密を探ってやろうと考えたのよ。
下からは行く道がわからなかったから、こないだと同じように裏山に登って・・・
ところが、どうやってもあの横道が見つからなかった。それで、あの日のように、
いったん頂上に出て、道を見つけようと思ったわけ。
そしたら・・・頂上にある倒木に、大人が2人座ってた。
その人らは田舎では葬式でしか着ない黒い背広の上下で、
顔にでっかいサングラスを掛けてたんだよ。あと、一人が手に、やはり黒い
大きなバッグを持ってたんだ。俺は大人の姿を見て、なんとなくバツが悪くて、
さりげなく下りて行こうとしたら、一人から声をかけられた。

「坊や、道を探してるのかい?」 「い・・・え、そういうわけじゃ」
「隣の山に行ったかい?」 「いえ」 「ふーん、機械触らなかった?」
「いえ」 「変だなあ? 坊やだと思うんだけどなあ」一人がそう言うと、
薄笑いを浮かべながら、「でもね、大丈夫。機械はなんとか直したから。
それと、もしかして、猫探してるんじゃないの?」 「いえ、その」
男はバッグを開け、ぐったりして目をつぶった猫を持ち上げてみせたんだ。
家の猫にそっくりだったけど、垂れ下がった四肢の他に、腹のところに
もう一本足がついてたんだ。「坊や、もう2度とあの山に行かないでくれる。
世界が狂っちゃうから。坊やも、こうはなりたくないだろ。あと、このことは
人に言わないで。まあ、しゃべっても、誰も信じちゃくれないだろうけど」
それから、2人は狂ったように笑い始めたんだよ。


[ 2019/11/14 16:01 ] 不思議な話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっとオカルティックな話が身近にあった
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/11/05 22:06 ] 不思議な話 | CM(1)
最近知ってびっくりしたこと276
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/kankon/1572596637/


180 :おさかなくわえた名無しさん:2019/11/05(火) 20:05:07.72 ID:dokHyrNP.net
この三連休に先日脳梗塞で自宅で倒れた父方の祖父に快気祝いに訪問した
幸い障害はほとんどなかったんだが倒れた時は祖母が留守で数キロ離れたところに住む
祖父の遠い親戚の嫁さんがちょうど通りかかって見つけてくれたそうな
それを知っていたのでお土産をお礼代わりに持って行った時に聞いた話
当日その嫁さんは自転車で買い物に出かけてたけどスーパーと全然違う方向にあるうちの
祖父の家の方面になぜか行かなきゃ行かなきゃって気持ちになったそうな
それで祖父の家の前を通りかかった時に祖父の家の中から
「恩を返すのは今ぞ!」
って男の人の大声が聴こえたので何かと思ったら掃き出しの窓についてる濡れ縁にうつぶせに
倒れてた祖父を見つけてくれてすぐに救急車を呼んでくれたんだって
祖父は庭の草むしりしてたら急に気分が悪くなり家に戻ろうとして意識をなくしてた
その嫁さんは祖父と面識ないし誰が自分を呼び掛けてくれたのもわからないし恩ってのも
誰も知らないらしいけどそんなことあったのよーって話してくれた
全然怖くないけどそんなオカルティックな話が身近にあったことにびっくりした


185 :おさかなくわえた名無しさん:2019/11/05(火) 20:44:40.88 ID:vnojmjJE.net
>>180
これはいいオカルト


[ 2019/11/05 22:06 ] 不思議な話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

【中越地震】亡くなったお母さんが子供を助けたのかなと思う
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/11/04 18:27 ] 不思議な話 | CM(0)
不可解な体験、謎な話~enigma~ Part109
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1567494947/


615 :本当にあった怖い名無し:2019/10/31(木) 19:13:29.70 ID:69QqyfL70.net
中越地震で生き残った子供の「お母さんがここにいなさいって」「歌を歌ってくれた」みたいな話を聞くと
肉体とは別に何かあるのかなと思うよね


616 :本当にあった怖い名無し:2019/10/31(木) 20:30:28.00 ID:9htMxd/Y0.net
>>615
あれね。
リアルタイムで救出見てたけど
お母さんの声がしたから掘ってるみたいな報道してたと思う
二人共生きてるんだ!って思いながら見てた


618 :本当にあった怖い名無し:2019/10/31(木) 22:35:52.33 ID:69QqyfL70.net
>>616
そーそれそれ あれは不思議だったな
私も中継見てたから「女の人の声が聞こえます!!」って言ってた記憶があるんだよね…


619 :本当にあった怖い名無し:2019/11/01(金) 00:18:57.91 ID:lcItUZ4I0.net
>>618
見てた見てた!
「女の人の声が」とか「子供がいる、助けてくれと言っている」とか報道してたよね。
「2名生存」って。
子供が助け出されて、次はお母さんかと思ったら
え?即死??とすごい謎だった。
母親は土砂崩れでシートベルトもしたまま身動きできない状態で口の中にも土砂が詰まってたから
しばらく生存してたとしても、助けを呼ぶのは有り得ない状態だったとか、
締め切った車内にいたはずの子供が、車外の車と岩の隙間にいたのも、ドアも開かないし出る隙間もないのにどうやって?とか
子供の証言も、お母さんが歌を歌ってくれたとかミルクくれたとか
そういう諸々の事を後から知ったけど、
救出の中継を見ていた時は??と思いながらも、そんな事もあるのだろうと何故かすんなり納得してた。


620 :本当にあった怖い名無し:2019/11/01(金) 00:38:49.02 ID:heIJ73k30.net
ああ、あれ助かる直前まで親子2名生存、て伝えたよな・・・
実際救助された段階で子供だけ、と伝わり“え!?”てなったわ・・・


633 :本当にあった怖い名無し:2019/11/01(金) 22:57:54.08 ID:6m8Se5UV0.net
>>615
そういう現象って、生死を分ける時にあるんだなあ~って思っていたけど、
もしかして日常的に、気づかないまま、助けられていることもあるんじゃないだろうか。
追い詰められた時は、自力で助けもなく、心細く思ったりするけど、
偶然に会った人とか、偶然にかけられた言葉とか、助けようと不思議な力が働いていたりするんじゃないだろうか?


622 :本当にあった怖い名無し:2019/11/01(金) 02:18:28.78 ID:vVxYCRFo0.net
生きようという邪念が無いほうが
なんでも出来ちゃう気がするな


621 :本当にあった怖い名無し:2019/11/01(金) 01:18:30.29 ID:UVWDi5dR0.net
愛情の深さだけでなく、人として能力が高いお母さんだったのかな
普通なら生きてるうちから半狂乱になって何も出来なさそう
死してなお適切な対応が出来るって、本当にすごい


[ 2019/11/04 18:27 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

この学校には曰くつきの場所がある
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/11/03 09:50 ] 不思議な話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?357
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1570877860/


283 :本当にあった怖い名無し:2019/10/29(火) 00:21:31.91 ID:by+FRkPI0.net
もう随分前になる。俺がこの話を洒落怖に投稿したの。何年前になるんだろう。


この話を聞いたのは、高校1年のとき、入学したばかりのころだった。
日本史の担当をしていた先生が、この学校には曰くつきの場所があるんだよ、と教えてくれたんだ。

「井戸があるんですよ、ほら、あそこ、茂みの向こう…ここは高いから、わかりにくいかな」

先生は窓の外を指して、場所を教えてくれた。
俺たちのいた教室は5階にあったから、確かに見えない。
誰だったか、クラスメイトの一人が、あの駐車場のところ?って声を上げた。

「そう、駐車場の横の、茂みの奥に。碑も立ってますよ」

もう60歳ぐらいになるその先生は、授業を中断してまでその井戸の話をしてくれた。
入学したてとはいえ、授業は面倒臭い。皆静かに聞いていた。


[ 2019/11/03 09:50 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

多重人格になってしまった私の人生を、語っていこうと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/11/01 17:22 ] 不思議な話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?357
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1570877860/


239 :本当にあった怖い名無し:2019/10/24(木) 12:21:16.95 ID:eaEPxIRf0.net
先に謝りますが、この話には霊は出て来ません。
唯のメンヘラの自分語りです。長いし、文章も拙い。興味が無ければスルーして下さい。

私は女で、現在31歳。病名は解離性同一性障害、障害2級。解離性同一性障害とは、判りやすく言えば多重人格。そんな私の人生を、語っていこうと思います。

一番古い記憶は、小学校高学年の頃。母親に強く殴られ、蹴られ、階段から突き落とされ大声で泣いている所から始まる。
毎日の様に暴力と暴言を奮われ、金を返せと泣かれる。最初は意味が分からなかったが、どうやら私は母親の金を夜な夜な盗んでいたらしい。
100円や500円などと言う可愛い金額ではない、万単位の金額を盗んでは散財していた。
然し私が記憶しているのは鬼のような形相で暴力を振るって来る母のみで、お金を盗んだ記憶やそのお金を使った記憶は無い。


[ 2019/11/01 17:22 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

数年前、人間関係でメンタルがヤられてメンヘル系オフに度々参加していた時期があった
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/10/26 12:01 ] 不思議な話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?357
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1570877860/


16 :本当にあった怖い名無し:2019/10/12(土) 23:44:40.86 ID:JSRiDB8N0.net
投下

数年前、人間関係でメンタルがヤられてメンヘル系オフに度々参加していた時期があってね。

その日は「自殺をしようとした人orしようと考えている人」みたいなガチめの集まりで、
新宿駅に集合してカラオケに移動の流れで男女合わせて6人だったような気がする。

カラオケに到着してから皆で適当に歌ったり酒が入っていくにつれて、ぎこちないながらも和やかな雰囲気になってきた所で本題に入った。

1人1人が死にたい理由を皆の前で発表していく、というもの。
覚えているだけで、

恋愛関係のもつれからリスカを繰り返す女性(二の腕までリスカ跡やら火傷跡でズタズタ)

会社内のパワハラに耐えられなくて首吊りをしたけど失敗した男性

1人が話し終える度に皆泣きながら、アナタは悪くないとか、同情の言葉を投げかけていた。
今思うと異様な光景だけど、当時は傷を舐め合うだけでも救われた気分になっていたんだよね。

続く


17 :本当にあった怖い名無し:2019/10/13(日) 00:05:35.73 ID:E/b+0kIC0.net
僕の番が終わって最後の女性の話が始まった。

幸薄そうだけどなかなかの美人さん。
上司と不倫して中絶、風呂場で手首を切ったけど発見が早くて死にきれなかった、と。
(同じような境遇だったのか、リスカ跡の激しかった女性参加者が嗚咽交じりに激しく泣きながら聞いていたのが印象に残ってる)

とまあ、本来ならここで満足してお開きになるハズだったんだが、この美人さんが奇妙な事を語り始めたんだ。


18 :本当にあった怖い名無し:2019/10/13(日) 00:47:33.34 ID:E/b+0kIC0.net
自殺未遂後に、いわゆる霊と言われる存在が「見える」ようになってしまった、と。

カラオケ内が微妙な空気になっても美人さんは僕達に訴えかけるように話を続けた。


退院してから街を歩いていると、交通事故現場で血まみれの女性が無表情で立っていた。
それが始まり。
両足が切断された状態で苦しそうに這う小学生くらいの男の子。
飛び出た自分の内臓を必死に集めようとしているライダー。
屋上から飛び降り自殺を繰り返す女子高生。

美人さんは「見える」だけで意志疎通はできない、と言っていた。
毎日、毎日、何年間も同じ時間にビルから飛び降りを繰り返す女子校生を不憫に思い、なんとか止めようとしたが、話しかけても無反応で触れる事もできない、と。
(美人さん、この現場で半狂乱になって病院に運ばれたらしい)
この女子高生はお腹の大きさから妊娠している可能性があり、自分は赤ちゃんを含めた2人が死んでいく様をただ見ることしかできない。
こんな能力は要らない!
きっと、この能力は自殺しようとした自分に対して罰として神様から贈られたもの、だと。

そして、自殺しても幸せにあの世に行けるとは限らない。
自分が見えているモノ達のようにこの世を永遠にさ迷う事になるかもしれない…
だから、どんなに辛い事があっても自殺なんかしないでくれ!と。


美人さんが話し終わったあと、みんな呆気にとられてました。
でもまあ、この話が僕の中で強烈過ぎて立ち直るキッカケになったから美人さんには感謝してます。

以上です。
駄文失礼しました。


[ 2019/10/26 12:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加
管理人オススメ記事
去年の出来事
真夜中にナビにつられて知らない峠道を走ることになった
池沼Aと俺
田舎の古い民家を解体してたら床下から妙な物が出てきた

‐全ランキング表示‐ ブログパーツ
プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加




最新記事
実家周辺(数軒)で今もある箱回しとか蓋回しって呼ばれてる縁起を担ぐ系な風習 Jan 09, 2020
今乗ってる車が古くなってきて乗り換えのため、今月頭に新車を契約した Dec 18, 2019
闇夜の断末魔 Dec 17, 2019
私には兄と妹がいるのですが、数年前に近い親族のお葬式で会った時変な事言うんです Dec 16, 2019
今日大学生時代に自分が体験した怖い話を思い出した Dec 15, 2019
【邪鬼】背中に特徴的な四角い窪みが二つある女の子 Dec 14, 2019
些細かもしれんがさっき不思議なことがあった Dec 13, 2019
もう25年くらい経ってしまうんだけど、時々思い出す不思議な友達の話 Dec 09, 2019
【不可解な体験】ペン立ての置き場所 Dec 08, 2019
【心霊いい話】我が家では昔から猫を飼ってる Nov 27, 2019
過去ログ +

2020年 01月 【1件】
2019年 12月 【8件】
2019年 11月 【12件】
2019年 10月 【10件】
2019年 09月 【10件】
2019年 08月 【10件】
2019年 07月 【10件】
2019年 06月 【10件】
2019年 05月 【10件】
2019年 04月 【10件】
2019年 03月 【10件】
2019年 02月 【10件】
2019年 01月 【11件】
2018年 12月 【10件】
2018年 11月 【11件】
2018年 10月 【10件】
2018年 09月 【10件】
2018年 08月 【10件】
2018年 07月 【11件】
2018年 06月 【10件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【10件】
2018年 03月 【10件】
2018年 02月 【10件】
2018年 01月 【12件】
2017年 12月 【9件】
2017年 11月 【8件】
2017年 10月 【13件】
2017年 09月 【13件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【10件】
2017年 04月 【10件】
2017年 03月 【10件】
2017年 02月 【11件】
2017年 01月 【10件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【8件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【13件】
2016年 06月 【16件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【13件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【13件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【12件】
2015年 05月 【16件】
2015年 04月 【14件】
2015年 03月 【27件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【25件】
2014年 12月 【26件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【20件】
2014年 09月 【18件】
2014年 08月 【20件】
2014年 07月 【25件】
2014年 06月 【21件】
2014年 05月 【18件】
2014年 04月 【17件】
2014年 03月 【16件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【22件】
2013年 10月 【10件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【13件】
2013年 07月 【10件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【5件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【6件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【7件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【8件】
2009年 07月 【21件】

アクセスランキング
LINK
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top