FC2ブログ

|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
ヘッドライン

引っ越したばかりのアパートで変なことが起こる
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/02/11 20:01 ] 不思議な話 | CM(2)
ほんのりと怖い話スレ 133
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1544106805/


421 :本当にあった怖い名無し:2019/01/06(日) 01:31:39.81 ID:4xJbENVc0.net
引っ越したばかりのアパートで変なことが起こる
まだほんのりにもなってないかもしれないけど、ほかに書くとこがないからとりあえずここに書く

今のアパートに引っ越して1年たつけど、最初は何事もなかったのに、3、4ヶ月前からなんかおかしい
カーテンを閉めて寝てたのに、朝起きるとカーテンが開いてたり、棚の上に飾ってあった動物のぬいぐるみが仕事から帰ってきたら部屋の真ん中に転がってたりした
当然戸締りはしてるし、入居のとき玄関の鍵も変えてるから、誰かが侵入してることはないと思う
変だなーとは思ったけど、まぁ気のせいかなと深く考えてはいなかった

紅茶をいれて一息ついてた時、コップの中に1/4くらい残ってたはずの紅茶が空になってた
あれ?とは思ったけど、無意識のうちに飲み干してたのかなっと解釈した

お風呂に入ってる時、シャワーで髪を濡らしてふと見上げると、正面の鏡が曇っている
お風呂場なら当然曇るし、気にせずそのままシャンプーする
シャンプーを洗い流し、また見上げると、鏡は曇ったままなんだけど、鏡の真ん中付近に小さい手形が2つついてた
不思議に思いつつも取り合えずシャワーで洗い流すが、風呂上がりにも変なことが起こった
うちのバスマットは水分を吸収してくれる石のやつなんだけど、その石のマットに小さい足跡がついてる
さすがにおかしいと思い始める

ただ、何か実際に怖いものを見たり聞いたりしたわけじゃない
金縛りにあって暗闇の部屋に誰か立ってたとか、誰もいないのに部屋の中で足音が聞こえるとか、勝手に電気が点いたり消えたりとか、そういうことは一切ない
本当に日常の些細な、「あれ?」っと思うようなことばかりで、体調にもこれといった変化はない
トイレから帰ってきたら雑誌のページがめくれてたり、siriが勝手に起動したりとかその程度

大島てるでも調べたけど、このアパート全室事故物件じゃないし、昔この土地で事件事故があったということもないっぽい

あと、関係あるかわからないけど、同じ子供と遊ぶ夢をみるようになった
何回もみるけど、毎回初対面の感覚で遊んでる
それと、ぬいぐるみに興味をもつようになった
以前はそんなんでもなかったけど(好きなキャラ物以外)、最近は無性に魅力を感じて欲しくなる

このまま住み続けて大丈夫かな


422 :本当にあった怖い名無し:2019/01/06(日) 02:00:48.93 ID:ZQkRYLjs0.net
>>421
Siriはなんて反応したの?


423 :本当にあった怖い名無し:2019/01/06(日) 02:09:57.50 ID:4xJbENVc0.net
>>422
普通に、聞き取れなかったときとかの「すみません、よくわかりません」みたいなやつ
そのとき出てた文字は、平仮名3文字で「あうぼ」ってだけ


424 :本当にあった怖い名無し:2019/01/06(日) 02:18:29.77 ID:ZQkRYLjs0.net
>>423
それ「あそぼ」って言われたんじゃねーの?


[ 2019/02/11 20:01 ] 不思議な話 | CM(2) このエントリーをはてなブックマークに追加

幽霊列車と幽霊踏切の噂話とその真相
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/02/11 12:01 ] 不思議な話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 133
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1544106805/


370 :本当にあった怖い名無し:2019/01/04(金) 10:37:42.75 ID:VHzIdA4k0.net
幽霊列車と幽霊踏切の話し。

俺の母親の郷里と父親の郷里には、幽霊列車の話しがある。
どっちも概要は同じだ。夜、営業時間が終わって駅も閉まった後で幽霊列車が走る。というもの。
どちらも地元では言われて無くて、離れた町で言われたりネットで広まっている。
それで今でも時々肝試しに来る奴がいて、時には終電の時間を間違えて事故ったりする。

ただ、その真相は2つとも違う。
母親の郷里だと戦後間もない頃に列車上そう事故があり、その幽霊が乗っている。と言う設定になっている。
真相はこうだ。昔その路線では、営業時間が終了した後、回送車が出てた。
回送車でその日の売上と駅員を回収して車両基地まで運ぶ。回送なので車両の電気は消して、乗っている人は外を見て、危険箇所が無いかのチェックなどをしていた。
ダイヤに載っていない、定期列車。それで通称幽霊列車と呼んでた。
戦前にその路線で山の崩落事故があり集落と列車が飲まれたのは本当だけど、その後線路を付け替えているので場所は全く違うそうだ。
崩落事故があった辺りには、かつての線路の面影など何もない。
親父の郷里では、戦前山崩れで列車が埋まり、死者が多数出た。夜中の列車にその幽霊が乗っている。という設定になっている。
真相はこうだ。戦時中、その路線は軍に徴発される時があった。関東から九州の方に兵士を運ぶ路線の1つとして。
その列車は真夜中に走っていてそうだ。空襲を避けるために、駅も付近の家も街灯も全て消された中を列車は走った。
ダイヤに載っていない臨時列車。その列車を見た。と言うのを誰かに伝えると直ぐに特高がやってきて、子供でも大人でも引っ張られて行った。
それで見たり口にしたりすると祟りがある列車として、幽霊列車と言われるようになった。


372 :本当にあった怖い名無し:2019/01/04(金) 10:48:58.07 ID:VHzIdA4k0.net
>>370
幽霊踏切の話しは、俺が子供の頃住んでた辺りの話しだ。

これも、離れた町やネットで噂されて、今でも肝試しに来る奴がいる。
10年ぐらい前それで事故に遭った奴もある。
真相はこうだ。そこは山裾を回り込むように線路が敷かれている。
山裾には集落があるし、小さい谷間に田畑があった。
かつて、そんな谷間の畑に行くために、勝手に踏切を作った人がいた。
フェンスの一部を切って扉に改造して、踏切を渡って畑に行く。
35年ほど前まで、その踏切は存在した。何度かバレて怒られ補修されたけど、その人は改造して使ってたそうだ。
それでとうとう、路盤工事の時に、二度と改造できないようにそこだけフェンスを強化して電気柵も付けられてしまった。

地元ではそういう勝手に作られた踏切を「幽霊踏切」と呼んでた。本来無いはずなのに時々現れる踏切。と言う意味だ。
それで離れた町にその名称だけが伝わり、幽霊がでる踏切だと勘違いされて、怪談話に仕立て上げられてしまった。


373 :本当にあった怖い名無し:2019/01/04(金) 11:25:30.06 ID:9YZ7frvxO.net
>>370
>>372
兵隊さん移送の軍用列車の話はよく聞くね
幽霊踏み切り、おもしろかった! 国鉄と農民のイタチゴッコだったのだろうな


375 :本当にあった怖い名無し:2019/01/04(金) 17:07:51.04 ID:gry/Cm5Q0.net
>>372
最近ニュースで勝手踏切と呼んでたな。

兵員輸送のためのダイヤが公開されない列車と、見てしまうと特高が…はリアルな怖さが。


381 :本当にあった怖い名無し:2019/01/04(金) 22:26:55.10 ID:cQbqLbWj0.net
幽霊踏切、勝手踏切は時々ニュース(の三面記事的なコーナー)でやってるね
なんでも大阪には勝手踏切だけじゃなく、勝手踏切から進入して正規の踏切まで線路上を歩く人が結構いる場所があるとか


386 :本当にあった怖い名無し:2019/01/04(金) 23:15:12.81 ID:9YZ7frvxO.net
>>381
> なんでも大阪には勝手踏切だけじゃなく、勝手踏切から進入して正規の踏切まで線路上を歩く人が結構いる場所があるとか

これ、列車にひかれた人とかいないのかね


389 :本当にあった怖い名無し:2019/01/04(金) 23:29:11.37 ID:VHzIdA4k0.net
>>386
たまにいるぞ。
大阪南部とか奈良の斑鳩の方とか、古墳や神社の敷地近くに田んぼや畑があって、線路が横切ってるから結構農家の人が線路超えて田んぼに行くので問題になってる。
数年前にも、斑鳩の方で田んぼに行こうとした人が列車に轢かれた。

他にも、観光客が写真スポット探して線路超えて轢かれたり、列車止めたりしてる。


390 :本当にあった怖い名無し:2019/01/05(土) 00:18:23.99 ID:z8xe6uoTO.net
>>389
ありがとう、知らなかったよ
幼児がひかれると全国ニュースになるけど、大人だと地方ニュース止まりなのだろうな


392 :本当にあった怖い名無し:2019/01/05(土) 06:18:38.63 ID:vW/pBDtj0.net
>>390
全国ニュースになる事もあるけど、大抵一回やったら終わり。
ワイドショーで取り上げる事なんて無いから、知らずにスルーされたりする。
地方ローカルのニュースやワイドショーだと再発防止と注意喚起を兼ねて何度か取り上げるんだよね。

特に、近鉄線だと場所によっては容易に進入できてしまうし、三種踏切(警報器だけ)も多いから
それでも、昔あった四種踏切(警報器も遮断機も無し)を無くして、事故防止の努力はしている。


[ 2019/02/11 12:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

氷穴
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/02/09 13:45 ] 不思議な話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 134
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1549521242/


31 :本当にあった怖い名無し:2019/02/08(金) 06:11:00.31 ID:1GXNPrL+0.net
昭和30年台後半頃だな。俺が小学生の時分。
その頃は、こうまで暑い夏じゃなかった気がするが、今とは違ってエアコンもなかったから、
夏休み中に暑い日が続くと「氷穴に行こう」ってじいさまに願ってな。
これは1日がかりで、じいさまのその日の畑仕事をつぶしてしまうことになるんで、
なかなかうんとは言ってくれなかった。
だから行けたのは、ひと夏に一度あったかどうか。
翌朝は握り飯を持ち、水筒に水を入れて支度をし、早くに家を出るんだ。
当時の「早く」ってのは今とは違ってほんとうに早くて、夏場なら午前6時前だよ。
それから5時間ほどかけて、ふた山超えた山の奥まで分け入る。
そこまでは獣道程度だが一本道がついてて、迷う心配はなかった。
ゆっくり歩いて11時前には岩山の洞穴地帯に入る。

そこらは鍾乳穴と呼ばれる洞窟がたくさんあってな、ごく浅いのがほとんどだったが、
深いのも何本かはあった。むろんただの鍾乳穴でも中は涼しいんだが、
氷穴はそういうのとはまったく違ってたんだ。入り口はせまく、大人2人が並んで入れる程度で、
上に太い注連縄が渡してあった。ここは鍵などはついておらず、
まあ村の主だった者なら誰でも入ることはできた。むろん照明はないから懐中電灯が必要だ。
20mほど同じ幅の洞穴を進んでいくと、ぽっかりとホール状の場所に出る。
そうだな学校の教室4つ分ほどの広さで、百畳敷と呼ぶ人もいたな。
中は涼しいなんてもんじゃない。温度計を持って入ったことはないが、気温は零下だったろう。
それは普通じゃありえないさ。たいがいのところは洞内の気温は15度内外。
そこだけは特別なんだ。だから氷穴って呼ばれた。
なにせ、そこのホールの壁には厚い氷が張ってたからな。


[ 2019/02/09 13:45 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

私の生まれた地元で「鬼占い」っていうおまじない?があった
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/01/24 12:01 ] 不思議な話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?352
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1537031148/


1000 :本当にあった怖い名無し:2019/01/03(木) 08:42:20.98 ID:gPLQNrwx0.net
洒落にならないほど怖いかは分からないけど
私の生まれた地元で鬼占いっていうおまじない?があった
5時くらいの西日が差す時間になるとすれ違った人の顔が1回だけ化け物に見えて、
それが白い顔に黒目の白鬼だったら何もないけど
茶色い顔に黒い目の茶鬼だったら外にいると悪い事が起きるから
6時の「ゆうやけこやけ」が鳴る前に家に帰らなきゃいけない

あ、「ゆうやけこやけ」っていうのは
防災用のスピーカーが壊れてないかテストするために夕方に音楽を流すあれ
この習慣は今でも都内含めてある所も多いと思う

子供の頃、何度も人の顔がはっきりと化け物になるのを見てたから
それが当たり前だと思ってたし、
光の屈折で起きる目の錯覚って凄いwくらいにしか思ってなかったけど
よくよく考えるとあれは何だったんだろう。


ちなみに実は小五の時に母と父が離婚して、
私は父について行った時に引っ越したから、小六以降はその村に住んでない。

離婚までは家で母とトラブルが絶えなかった
(今思うと、「死ね」「お前が死ね」
 「お前なんて産まなきゃよかった」「こっちだってお前から産まれたくなかった」とか
小学生と母親の喧嘩とは思えないほど汚い言葉でお互い罵り合ってたw)
からそのストレスでこういう記憶が出来たのかとかも考えたけど
小学校の朝礼で鬼占いの話が出たり、友達と昨日見た鬼何色だった?
とか普通に話してた記憶がいくつもあるんだよね

それまで捏造だったらそれはそれで怖いわw


1022 :本当にあった怖い名無し:2019/01/05(土) 08:56:27.88 ID:nXfTpHYu0.net
>>1000
本当ならその地域で聞き込み調査してみたい。
ロマンある話だわ


1025 :1000:2019/01/05(土) 23:44:01.24 ID:orfwVhAr0.net
>>1022
一応場所は千葉の山奥とだけ・・・。

ただ、鬼占い自体古い文献が根拠になってるとかじゃなくて口伝だったし、
聞いた話だと区画整理かなんかで新しい家が建てられない土地も結構あるらしくて、
住民が減る事があっても増える事はないから話が聞けるかどうか・・・。
そもそも父と母はたまに連絡取ってるっぽいけど私自身は母と10年以上話してないから
その村が鬼占いも含めてどうなってるかは分からないな・・・。

ちなみに、偶然かどうか分からないけど自分の周辺には結構おかしな人も住んでたww
(いつも意味不明な事をぶつぶつ言ってて意味不明な落書きをチョークでしてる人おじさんとか
 夜中に突然怒鳴り声あげる人とかw)
逆に古くて大きい屋敷も結構あったかな

ちなみに不謹慎だけど
高校くらいの頃にふと実は曰くつきの部落だったんじゃないかって思って調べたけど
そういう情報は出てこなかった


1026 :本当にあった怖い名無し:2019/01/06(日) 00:27:21.14 ID:FYGUxqAt0.net
>>1025
ほほーーーすごい、ありがとう。
面白い話だし、独特な伝統だから
どうか消えないようにずっと残っていてほしいね。
その体験は本当にあった怖い話とかに出せば
掲載確実だと思うww


[ 2019/01/24 12:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【不可解】私が小学校2年生くらいの頃の体験
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/01/23 18:01 ] 不思議な話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?352
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1537031148/


958 :本当にあった怖い名無し:2019/01/02(水) 01:48:55.44 ID:CqErvXoX0.net
私が小学校2年生くらいの頃の体験。

当時夏休み真っ最中でしたが、
親がどこにも遊びに連れてい行ってくれなかったので大変暇でした。
ですので、仲の良かった友達を電話で呼んで適当に何かして遊ぼうと思ったんです。
しかし、夏休みなので友達が旅行中であったり、帰省中であったりと何かしらの都合があって
結局、2人くらいしか集まりませんでした。

人数は少なかったのですが、私の家に集まって仕方なくその友達らでどんな遊びをするか話したんです。


959 :本当にあった怖い名無し:2019/01/02(水) 01:49:41.13 ID:CqErvXoX0.net
(以下の会話は当時の記憶をもとに一部補っている部分があります。)
私「何して遊ぶ?」
友達A「ゲームする?」
友達B「せっかく集まったんやから、ゲームはないやろ。外で遊ぼう。」
私「でも、この人数やし鬼ごっことかかくれんぼとかもおもろくないで。」
友達B「じゃあさ、あそこの山で探検する?」

あそこの山とは、私の家の近くにある山の事です。
その山は私の住んでいる地区の中で一番大きな山で、まれに登山する人がいるくらい大きな山です。
しかし、そこは子供だけでは危険だから入るなと地区の大人や母に忠告された事が有ったので
最初は反対しました。
しかし、友達二人が「あの山、あんま人いいひんから、バレへんって。」
と強引に押されてしまったので、不安半分、好奇心半分であの山に探検することになりました。


[ 2019/01/23 18:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

実家住みの私のところに帰省したという友達から電話が来た
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/01/23 10:51 ] 不思議な話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?352
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1537031148/


921 :本当にあった怖い名無し:2018/12/31(月) 12:17:02.65 ID:5VBG+ELR0.net
怖いかどうかもまだわからないけれどつい昨日というか、今日の深夜1時の話
実家住みの私のところに帰省したという友達から電話が来て「今何してる?」って聞かれたから、普通に「ゲームしてる」って返したら「今から行く」といってきた
別に暇だし、年末だし良いかと思いオッケーだして数分後
「今ヨシムラ(友人)のとこの自販機まで来たお前の家ってこの道どっちだっけ?」と電話が着た
ヨシムラの家は私の家から4キロほどの地点で自販機が4台くらい並んでいるスペースがあってベンチもあるから昔はよくそこを溜まり場にしてた
で、そこから道が二つ、まっすぐ行く道と左に行く道があって、まっすぐくる方向に私の家があるから「まっすぐ」でと伝えた
そして、わざわざそんなことで連絡すんなよーとか話して切って数分後、また電話が着た
「トンネルんとこまで来たけどお前の家ってトンネル潜るっけ」とのこと、俺の家はトンネル潜って向かう道、それを伝えてまた数分後
「公民館まで来たけど、まっすぐで良いんだっけ」と聞かれて、まっすぐだと答えついでに「なんなら迎えに行くか?」と聞いてみた
家を忘れてるならその方が早いかも知れないと思ってそう切り出した途端に電話が切れて、それから1時間、連絡がないから電話をこっちからかけようと履歴みたけどそこにそいつからの履歴はない
最後の履歴は昼頃に父親からの電話、それだけ
というか電話してたの誰だっけ?
なんか、メリーさんの電話みたいな雰囲気だったことに少しゾッとしたけど今のところ何もない


922 :本当にあった怖い名無し:2018/12/31(月) 12:40:01.40 ID:QcwJMpKf0.net
そのトモダチって生きてる?


923 :本当にあった怖い名無し:2018/12/31(月) 13:07:55.62 ID:1gzB5xD20.net
>>922
その友達が誰だかも分からないのに、生きてるかどうかなんか分かるかよw


924 :本当にあった怖い名無し:2018/12/31(月) 13:13:45.90 ID:a4qRVTo10.net
>>923
亡くなった昔の友達とか? 


925 :本当にあった怖い名無し:2018/12/31(月) 13:27:00.58 ID:5VBG+ELR0.net
誰だったのかはわからないんだよなぁ
でも、電話はあったはずなんだよ
わからないんだよなぁ


[ 2019/01/23 10:51 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

前に住んでた古いマンションでの話です
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/01/21 12:01 ] 不思議な話 | CM(0)
不可解な体験、謎な話~enigma~ Part107
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1535326910/


696 :本当にあった怖い名無し:2019/01/17(木) 02:05:19.87 ID:H0uLPTa50.net
ちょっと思い出したので投下します
前に住んでた古いマンションでの話です

繁忙期で、終電で帰って自分の部屋がある階に着いたら廊下の向こうからキ…キ…て音させながら車椅子に乗った人がこっちに来てた
相手は廊下の奥の方からこっちに来てたから暗くて顔は見えなかったけど、男の人が車椅子の車輪?を両手でゆっくり回して漕いでるのは見えた

この階の人がケガしたのかなとか、コンビニでも行くのかなとか思って、廊下はすれ違う幅もないから急いで自室のドアあけて、車椅子の人にいちおう軽く会釈してからドア閉めた
鍵かけて、疲れてたからメイクだけ落としていざ寝ようとしたら、携帯を玄関に置きっぱだったのに気付いた
靴箱の上にあった携帯取ったら、玄関ドアの向こうでまたキ…キ…て音
さっきの人がコンビニから帰って来たのかなくらいに思ってその夜は寝た

その後も何回かその車椅子の人がこっち来ようとしてることがあって、いつも終電付近の深夜な時間帯だったから、この時間帯にコンビニ行くんだなーくらいに思ってた

ある日、出勤するために部屋を出た時に気付いたんだけど、そこ5階で、エレベーター無かったんだよね


697 :本当にあった怖い名無し:2019/01/17(木) 02:28:20.71 ID:7mch+O4W0.net
廊下を散歩してたんでしょ


699 :本当にあった怖い名無し:2019/01/17(木) 02:30:21.80 ID:7mch+O4W0.net
エレベーターの有無にその時点にならないと気づかないものか?


707 :本当にあった怖い名無し:2019/01/17(木) 23:49:19.92 ID:H0uLPTa50.net
>>696だけど、趣味で車椅子の人だったのかな⁉
それならそれでいいけど、深夜に外廊下だけ車椅子で往復する、
しかも(書き忘れたけど)マンションの同階で見たことない人物だったから今思い出しても不気味w

そのマンションに住んでた時に他にも夜中に赤黒くて目の所が渦みたいな影が箪笥からにょろっと出てきたり
部屋の角に置いたテレビと壁の三角の隙間から顔の上だけだしてるびしょ濡れの女の人とか見たから引っ越して良かったよ


709 :本当にあった怖い名無し:2019/01/17(木) 23:57:28.48 ID:N2fJUpwI0.net
>>707
いやその後半の話のほうが遥かにオカルトだろ
車椅子の男性は怪我して自宅療養中の廊下リハビリとかじゃね?
家族が買い出しや家事するならその間階段使ってマンション外に出なくても
引きこもりでなんら問題も無いだろう


[ 2019/01/21 12:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

私にとって、物はあると思えばあるもの。その代表的な物が鍵
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/01/21 00:01 ] 不思議な話 | CM(0)
不可解な体験、謎な話~enigma~ Part107
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1535326910/


627 :本当にあった怖い名無し:2018/12/26(水) 01:29:50.12 ID:bfGKYgi70.net
私にとって、物はあると思えばあるもの。
その代表的な物が鍵。
例えば自転車に乗っていて、その時は普通に動いてる。
でも不意に「そういえば、鍵なんて挿したかな」と思えば、自転車から投げ出されて自転車の鍵が鞄の中に入っていたなんてことがある。

例えば、車を運転してる時「あれ、鍵持ってたっけ?」と考えてしまえば、車は急に動かなくなって、ずっと手で鍵を握り締めていたりする。

例えば、家に帰った時に鍵を開けようとしたものの、鞄の中に鍵が無くて、どうしようと焦って困っている時に「そもそも、私は鍵を持っていたっけ?」と思うと、さっきまで鍵がかかっていたドアが開いて、玄関先に家の鍵があるみたいなこと。

私にとって、物はあると思えばあるものだけど、無い物をあると思い込むことはできないし、とても不思議だけど、やっぱり私があると思っている時はある。


643 :本当にあった怖い名無し:2018/12/26(水) 23:10:07.37 ID:XssQPPOPO.net
>>627
哲学みたいだな
シュレイディンガーの猫みたいな話


[ 2019/01/21 00:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【砂時計】入浴時の不思議な体験
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/01/20 18:01 ] 不思議な話 | CM(0)
不可解な体験、謎な話~enigma~ Part107
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1535326910/


649 :本当にあった怖い名無し:2018/12/27(木) 04:09:10.17 ID:GGRG5kLz0.net
入浴時にでタイマーアプリじゃなく3分の砂時計を使ってる。
一昨日もいつものように砂時計を使ってたけど、
何気に砂時計を見ると残りの砂が半分ほどだった。
そんなに時間が経ってなかったか~と思いながら
そのまま砂時計を見てると奇妙なことに気づいた。
確かに砂は落ちてるんだけど残りの砂が全く減らない。
自分も数を数えながら砂時計を見てたけど100どころか200を超えても
残りの砂の量が変わらない。
何だこれぇぇ!!と思いながら砂時計に手を伸ばした時に奇妙な違和感が一瞬あったけど
手にとってみたけど砂が詰まってる様子もなく
手に持ってジロジロと見てる間に砂は全部落ちた。
ひっくり返して再度砂時計を見てたけど先程みたいなことは起きずにあっさりと砂が落ちた。

最初のあの奇妙なのは何だったんだろう…


654 :本当にあった怖い名無し:2018/12/27(木) 17:03:27.22 ID:gFZr7I8a0.net
>>649
現実的な可能性を考えるとガラスに接してる砂が壁面に張り付いててその内側の砂だけ落ちてた


650 :本当にあった怖い名無し:2018/12/27(木) 06:53:31.55 ID:um8KgYgH0.net
>>649
自分のスタンド能力に気づいていない


652 :本当にあった怖い名無し:2018/12/27(木) 12:09:42.92 ID:Jeip/mHv0.net
>>649
クロノスタシスの砂時計バージョンかな


[ 2019/01/20 18:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

4ヶ月くらい前から疑問を持ってるめちゃくちゃ地味な話を聞いて欲しい
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/01/20 12:06 ] 不思議な話 | CM(2)
不可解な体験、謎な話~enigma~ Part107
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1535326910/


628 :本当にあった怖い名無し:2018/12/26(水) 03:28:19.43 ID:fuCnDWrF0.net
4ヶ月くらい前から疑問を持ってるめちゃくちゃ地味な話を聞いて欲しい。

その日仕事が休みだったんで昼前くらいに起きて適当にテレビ観てたら「俳優Oさんが病気のため死去」って出てて、告別式だか葬式だかの様子を放送してた。
普段あんまりテレビ観ないもんで「あ、あの人死んじゃったのかー。まだ60代くらいじゃねーの若いのになあ」とか思いながら、田舎なのでチャンネル数少なくてどこに替えても同じ内容しか放送してなかったから観てた。
死んだ俳優さんの奥さんも有名な女優さんで、奥さんへのインタビューとかもやってたんだけど、自分はその女優さんが死んだ俳優さんの奥さんだって知らなくて大層驚いた。
しかも死んだ俳優さんに兄弟がいて、兄弟も俳優やらタレントみたいなことやってて、すごい有名な人でびっくりした記憶が強くあるんだ。


629 :本当にあった怖い名無し:2018/12/26(水) 03:35:55.51 ID:fuCnDWrF0.net
それからひと月後くらいに、これまた休みの日で適当にテレビ観てたら、ひと月前死んだって報道されてたOさんがふっつーにテレビ出てんの。
「あの人死んだよな!?」って再確認するために名前を検索するも、ドラマやレギュラー出演している番組とWikiしか引っかからない。
Wikiも存命中の扱い。
「あれ?もしかして兄弟の方と勘違いしたか?」と思って兄弟の方の名前で検索するも結果は同じ。


630 :本当にあった怖い名無し:2018/12/26(水) 03:38:19.85 ID:fuCnDWrF0.net
意味が分からなくて誰か別の人が亡くなったのと勘違いしたのかと思ったけど、自分が有名な俳優さんと兄弟だってのと、奥さんが有名な女優さんってのを初めて知った出来事がその方が亡くなった報道だったから違和感がすごいんだよね…
当時母にも「あの俳優さん亡くなったらしいね」と世間話として聞いた記憶があるんだけど、一昨日母に聞いたら「なにそれ怖い……生きてるし死んだ話なんて聞いたことも無い」と言われて心底震えた。

単に自分の思い違いとか夢を現実と思い込んだだけなんだろうか…未だにテレビで見掛ける度に申し訳ないけどモヤモヤする。


631 :本当にあった怖い名無し:2018/12/26(水) 03:48:57.90 ID:m4HvRbOI0.net
誰?


633 :本当にあった怖い名無し:2018/12/26(水) 05:37:59.63 ID:KERwDutM0.net
>>628
それはマンデラ効果というやつだな
記憶では確かに死んでた人が実際に生きてるという現象が世界中で起きている


634 :本当にあった怖い名無し:2018/12/26(水) 14:49:42.39 ID:leDUg4ys0.net
>>633
ありがとう。

ちなみに俳優さんはO和田さんです。


641 :本当にあった怖い名無し:2018/12/26(水) 21:13:01.95 ID:Ahq/4E3a0.net
大和田さんて人なの?
大和田伸也
大和田獏
大和田南那
大和田美帆
ATOK自動変換で出た4人


642 :本当にあった怖い名無し:2018/12/26(水) 22:39:18.20 ID:WFLjsl4F0.net
>>640
10年以上前かも
オヤジ狩りに遭って死んだと聞いた気がした


644 :本当にあった怖い名無し:2018/12/27(木) 00:03:32.59 ID:VJL7ziCk0.net
大和田伸也は20年前おやじ狩りにあったけど死んではいないな


[ 2019/01/20 12:06 ] 不思議な話 | CM(2) このエントリーをはてなブックマークに追加
管理人オススメ記事
去年の出来事
真夜中にナビにつられて知らない峠道を走ることになった
池沼Aと俺
田舎の古い民家を解体してたら床下から妙な物が出てきた

‐全ランキング表示‐ ブログパーツ
プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加




最新記事
引っ越したばかりのアパートで変なことが起こる Feb 11, 2019
幽霊列車と幽霊踏切の噂話とその真相 Feb 11, 2019
厄除けもかねての投稿です… Feb 10, 2019
地元でとある双子の新成人が、交通事故で亡くなった Feb 10, 2019
鍼灸師の僕が中国である患者を診断、治療した話 Feb 09, 2019
氷穴 Feb 09, 2019
友人から聞いた、心霊スポット巡りで中国人墓地に行った時の体験 Jan 27, 2019
【恐怖体験】初詣の最中にマジで小便チビッた Jan 24, 2019
私の生まれた地元で「鬼占い」っていうおまじない?があった Jan 24, 2019
【不可解】私が小学校2年生くらいの頃の体験 Jan 23, 2019
過去ログ +

2019年 02月 【6件】
2019年 01月 【11件】
2018年 12月 【10件】
2018年 11月 【11件】
2018年 10月 【10件】
2018年 09月 【10件】
2018年 08月 【10件】
2018年 07月 【11件】
2018年 06月 【10件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【10件】
2018年 03月 【10件】
2018年 02月 【10件】
2018年 01月 【12件】
2017年 12月 【9件】
2017年 11月 【8件】
2017年 10月 【13件】
2017年 09月 【13件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【10件】
2017年 04月 【10件】
2017年 03月 【10件】
2017年 02月 【11件】
2017年 01月 【10件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【8件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【13件】
2016年 06月 【16件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【13件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【13件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【12件】
2015年 05月 【16件】
2015年 04月 【14件】
2015年 03月 【27件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【25件】
2014年 12月 【26件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【20件】
2014年 09月 【18件】
2014年 08月 【20件】
2014年 07月 【25件】
2014年 06月 【21件】
2014年 05月 【18件】
2014年 04月 【17件】
2014年 03月 【16件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【22件】
2013年 10月 【10件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【13件】
2013年 07月 【10件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【5件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【6件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【7件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【8件】
2009年 07月 【21件】

アクセスランキング
LINK
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top