FC2ブログ

|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
ヘッドライン

【不思議体験】20年前足の骨を折った友人の見舞いに行った時の実話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/06/25 12:06 ] 不思議な話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 140
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1589598024/


203 :本当にあった怖い名無し:2020/06/11(木) 07:46:11.66 ID:FXvwbm9u0.net
20年前足の骨を折った友人の見舞いに行った時の実話

その日も午前11時くらいに病院についた。
というのも患者は見舞い客が着ていて11時半までに連絡すれば(貧相な病院食ではなく)、院内の食堂で味付けの濃い食事ができるからだ。
エレベーターで4階の病棟まで上がる。
受付に誰もいなかったが、とりあえず自分の名前と病棟に来た時間を書いた。
通路の一番奥の左の病室に行ってみたが誰もいない。(後から思い出すと途中でも珍しく誰にも出会わなかった)
友人はまだリハビリ中なんだろうが、6人部屋の他のベッドにも人の気配が無かった。
まあいいかと思ってお見舞いの本を友人のベッドに置いて、病室の真向かいにある談話室に行ったがここにも誰もいなかった。
積んである雑誌の中から1冊選んで、室内の左奥にある喫煙スペースに入った。(アクリル板が仕切りだから外からでも見える)
窓際の椅子に座って、タバコを吸いながら雑誌を読んだ。(2本くらい吸ったと記憶している)
ふと時計を見たら11時25分くらいになっていた。
そろそろリハビリも終わっただろうと談話室を出たら、看護婦さんと鉢合わせになった。
連れられて友人の病室に入ると友人がベッドにいた。
どこにいたのか聞いてくるから「いや向かいの談話室だよ」と説明したが友人曰く看護婦さんが何度も確認したが誰もいなかったらしい。
病室を見てみると他のベッドにも人の気配がした。

まあ何とか友人は病院食ではなく食堂で今日の日替わり弁当にありつけたわけだが、食事中何度も「本当にどこにいたんだよ?」と質問された。
友人の見舞いには10回くらい行ったが、そんな事は1度だけだった。
病室と談話室以外に行くところなんてないんだけどな…


204 :本当にあった怖い名無し:2020/06/11(Thu) 09:18:43 ID:B+HSWJxeO.net
時空のおっさんに世界線をずらされたか
パラレルワールドに足を踏み入れかけたか…戻ってこられて、良かったね


[ 2020/06/25 12:06 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

霊感がある友人と旅行に行ったときの話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/06/16 13:01 ] 不思議な話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 140
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1589598024/


173 :本当にあった怖い名無し:2020/06/06(土) 00:36:47.34 ID:yRygfC2J0.net
オチがないけども、関西方面に女友達7人とドライブで旅行に行ったときの話。
同行者の中に霊感があるAがいた。本人曰く、何となく悪いものが見える程度とのこと。

で、その日は有名なお寺にいったんだけど、途中でAが「嫌な感じがするので引き返そう」と言い出した。
私や友人Bは「Aが言うなら」と同調したけど、残り4人(C,D,E,F)はせっかくだから行きたいと主張。
そのため私とA、Bは途中の別の観光地で車をおろしてもらい別行動することに。
そして、数時間後に合流したんだけど、C~Fたちは「特段なにもなかったよ」とあっけからんとしてた。
Aはみんなに「余計なこと言ってしまいごめん」と恐縮しまくってた。

でもその日夜異変が起きた。
一つの部屋に集まってゆっくりしてると、Cがいきなり倒れ、そしてなぜかAが泣きながら意識のないCをたたきはじめた。
はたくとかそんな感じじゃなくて、グーで何回も殴る。
みんな唖然としてたけどハッとしてAをとりおさえた。

Aによると、Cの体が黒い影に乗っ取られるのを見たため何とかしなくちゃと思ったらしい。
Cは殴られてる途中で意識を取り戻したらしく、当然殴られたことに怒っていたため、旅行中は全く二人は会話しなかった。当然ではあるけど。

後日AとCは仲直りしたのだけど、当日の話で不思議なことがあった。
Cは別行動中の出来事をほとんど覚えていないとのこと。別行動してからその日の夜倒れるまでの記憶がとびとびらしい。
Cと行動をともにしていたD、E、Fたちは、「別行動中の記憶はあるけど、Cがいたのかなぜか思い出せない」とのこと。

どうにもわけがわからなくて、仲間内では「キツネに化かされたのかな」ということで無理やり納得してる。


[ 2020/06/16 13:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【ほんのりと怖い話】笑い袋の悲鳴
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/06/15 13:01 ] 不思議な話 | CM(1)
ほんのりと怖い話スレ 140
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1589598024/


146 :本当にあった怖い名無し:2020/06/02(火) 22:17:47.40 ID:Dg3+rlsD0.net
先日ふいに思い出した話。尻切れなオチになるがよければ聞いてくれ。

今からだいたい20年くらい前のこと。
その日はクリスマスで、俺のご希望の品は『びっくり箱』だった。
そのころ俺は幼稚園に行くか行かないかという年齢だったからか、親に欲しいものを手紙に書くなんて言われてもよくわからなかったが、
朝起きて枕元にプレゼントの袋があったときは大喜びだった。

さっそく開けようと袋を手に持った時、突然

「あーっはっはっはっは!」

と袋の中から笑い声。

「ええ!?」という顔をしていた(と思う)俺に、母は
「わぁ、生きてるびっくり箱かな?」と微笑みながら言って、
いっしょに袋を開けてくれた。

プレゼントは2つ入っていて、一つは筒型のびっくり箱。
フタを開けると蛇みたいな柄のバネが飛び出してくるタイプだった。

もう一つが笑い声の正体で『笑い袋』だった。
ピエロの顔が描かれている布の袋の中に機械が入っていて、
そのボタンが押されると笑い声が再生される仕組みだ。


147 :本当にあった怖い名無し:2020/06/02(火) 22:18:41.61 ID:Dg3+rlsD0.net
俺は特に、初めて見るおもちゃだった笑い袋に夢中になった。
袋を握ればボタンが入って大笑い。
どこか滑稽だが愉快なそれが気に入ったのだ。

…けれど、子供の興味なんて残酷なものでしばらくすれば移り変わる。
筒のびっくり箱は蛇の部分をなくして遊ばなくなり、
笑い袋は相変わらず気に入っていたがひっぱたくようにしてボタンを押すなど、乱暴に扱うようになっていた。

その日も、相変わらず笑い袋を叩いていた。

手をげんこつにして、グリグリとボタンを押し続ける。

「あーっはっはっはっは!」
「あーっはっはっはっは!」

笑い声が聞こえ続ける。面白くてもっとグリグリと拳を押し付けた。すると、

「あーっはっ……チガウ!チガウ!チガーウ!」

突然、笑い声が悲鳴に変わった。
まるで首を絞められながらしぼり出されたような声で、許しを懇願するような。

びくっとして、思わず笑い袋を床に落としてしまった。
恐る恐る拾い上げてもう一度ボタンを押してみると…

「あーっはっはっはっは!」

いつもの声だった。


148 :本当にあった怖い名無し:2020/06/02(火) 22:19:49.07 ID:Dg3+rlsD0.net
俺はそれから、いろいろな押し方を試した。
優しく押す、強く押す、押し続ける、連打する、など。
けれど、どんなに試しても聞こえるのは笑い声だけだった。

そのうち本当に興味もなくなり、電池切れのまま放っておいて、
あの時の悲鳴を再び確認することのないまま、中学生のころの引っ越しの時に捨ててしまったと思う。

さらにずいぶん後で、笑い袋の機械の仕組みを知った。

電池を使っていたので俺はてっきり音声が記録された基盤が入っているものとおもっていたが、
電池はモーターを回す役割で、中にある小型のレコードを再生するいわゆる蓄音機の仕組みらしい。

つまり、押し方で隠し音声のようなものが再生されるということはあり得ないということになる。
レコードにループ機能があるかは知らないけど、
あのあと何度も確かめようとボタンを押したが、結局は笑い声しか聞こえなかった。

あの時聞こえた悲鳴は何だったのか?
人形に魂が入るなんて話は聞いたことがあるけれど、まさか人の形をしていない玩具さえそうだと?

いろいろ考えて少しゾッとしたけれど、
これ以上の後日談も無いし、もう確かめる術はないので、ここで終わらせていただきます。


149 :本当にあった怖い名無し:2020/06/02(火) 22:35:35.43 ID:fA/9VKAh0.net
>>148
一回しか聞こえてないならただの聞き違いだろ。


154 :本当にあった怖い名無し:2020/06/03(水) 12:03:16.60 ID:xcFGNPbJ0.net
>>147-148
多分聞き間違い。

20年ぐらい前、ローカルワイドショーで
思い出の玩具を修理するコーナー。ってのがあった。

そこに笑い袋が出てきた回があって、起用に開けて修理していた。
その時に『乱暴に叩くと、稀に針が滑り異音が発生することがある』と言ってたよ


153 :本当にあった怖い名無し:2020/06/03(水) 09:18:46 ID:HqTX0Hb80.net
笑い袋の笑い声って基地外ぽくて怖かった


155 :本当にあった怖い名無し:2020/06/03(水) 22:45:15 ID:xcFGNPbJ0.net
>>153
日本製笑い袋は、
男性、女性、子供と3種類ある
昔の男性声の声優は、スネ夫(肝付兼太)


156 :本当にあった怖い名無し:2020/06/03(水) 23:13:59.35 ID:mh1G9zDC0.net
>>155
へぇーへぇーへぇー!!!








[ 2020/06/15 13:01 ] 不思議な話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

行方不明になった同僚の話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/06/11 17:01 ] 不思議な話 | CM(2)
ほんのりと怖い話スレ 140
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1589598024/


94 :本当にあった怖い名無し:2020/05/25(月) 05:44:11.20 ID:ejAO13n/0.net
結構前の話で俺の体験談なのだが。
ある日、同僚♂が連絡もなく出勤しなかった。無断欠勤などしたことがない人だった。
何度か携帯に電話をしたが「電源が入っていない」と言われるだけ。
上司が自宅まで行ったが不在だったので、仕方なく親に連絡して来てもらい、管理人と親の立会いの下、部屋に入るも不在。
親が警察に届け出たが事件、事故の可能性が低いためしばらく様子を見ることに。
2週間くらいたって進展がないので、親が弁護士を通して警察に捜索をお願いした。
数日後「最後に携帯があったと思われる位置」と警察から教えられた情報は、某県の山中の駐車場にあった基地局。
そこから登山道に入って1時間ほど歩くと圏外になるような場所。
親が警察と消防などと一緒に最後に携帯のあった付近を捜索しても見つからず。
彼からは登山をしているなどという話を聞いたこともなく、まして行方不明になったのは週の真ん中で平日だったので、彼が山に行く理由などなかった。


95 :本当にあった怖い名無し:2020/05/25(月) 06:04:38 ID:ejAO13n/0.net
それから少し経ったある日のこと。
仕事中に俺の携帯に着信があった。よく画面を確認せずに電話に出るも向こうから声はせず。
電波が悪いと思い「聞こえますか?」と何度か繰り返すも応答なし。
一旦切ってから掛けなおそうと、相手を確認すると行方不明になっていた彼からの電話だった。
「彼からの電話だ」と近くにいた同僚に声をかけ、何人かで「どこにいるんだ?」と声をかけるが応答なし。
うっすらと聞こえてくるのはジャリジャリジャリといった電波ノイズのような雑音のみ。
数分するとプツッと電話が切れた。
すぐに彼の親に知らせ、親から警察に情報が伝わった。
数日後に親から連絡があり、警察が調べたところ電話はずっと離れた地域でかけられたことがわかった。
社内では当然のことながら「殺されたのでは?」といった噂が流れた。

それからしばらくして彼の遺体が見つかった。
場所は行方不明になった前後にいたと思われる山中で。登山者が発見した。
発見時、彼は登山用の道具を身に着けていて、その道具の一部を自分で購入したことがわかった。
警察は転落死で即死だったと思われるとだけ。
しかし携帯は持っていなかった。


96 :本当にあった怖い名無し:2020/05/25(月) 06:16:31 ID:ejAO13n/0.net
彼の当日の足取りは、深夜に家を出て自宅付近で車に乗った可能性が高い。
これは警察が携帯の電波から割り出した情報。
だが彼は車を持っておらず、レンタカーを借りた形跡もない。タクシーに乗ったという情報もなく、
また行方不明になった山の駐車場にも彼が乗っていたと思われる車もなかった。
その山は長い登山ルートがあり、途中に山小屋もあるため、ハイシーズンには昼夜問わず登山道に入る人がいる。
彼が山に入ったときの目撃情報を得るため、親が何度か足を運んで聞き込みやビラ配りをしていたが何も得られず。
彼が即死だったなら彼の携帯で電話をかけてきたのは別人であることは明白で、登山未経験であると思われる彼がひとりで突如として険しい山に入る可能性も低い。
自殺をするつもりなら登山道具を事前に購入することもないだろう。
親が弁護士を通して警察に何度か捜査をするようお願いしたようだが、今も事故死で処理されてそのままのようだ。


98 :本当にあった怖い名無し:2020/05/25(月) 07:03:43 ID:l7PGos+r0.net
毎年8万人以上も行方不明者が出ているのだから表に出てこない話なんてたくさんあるんだろうな
モヤモヤしているのは周りの人だけってことが


100 :本当にあった怖い名無し:2020/05/25(月) 12:27:39 ID:AdgcduZ+0.net
北海道の登山15歳とか山梨キャンプの女の子とか一体どこ行っちゃったんだろうな…


[ 2020/06/11 17:01 ] 不思議な話 | CM(2) このエントリーをはてなブックマークに追加

【未来が見えるスタッフ】美容サロンで働いてた時の話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/06/09 17:01 ] 不思議な話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 140
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1589598024/


45 :本当にあった怖い名無し:2020/05/18(月) 21:46:57.55 ID:+xZGcKYI0.net
10年以上前に美容サロンで働いてた時の話。
スタッフに未来が見えるって人がいた。幸せな未来図じゃなくて不幸になる人間の未来図が、その人の頭上に紙芝居みたいに見えるらしい。

閉店後にネイル担当の20代の若いスタッフと、その未来が見えるスタッフが喧嘩しだしてなんだ?なんだ?と様子見てたら未来が見えるスタッフが、この子は悪い事してる、このままじゃ風俗から抜けられ無くなる、最終的に自殺する、自殺する貴女が見えると言い出した。

最初は若いスタッフはしらばくれてたが、未来が見えるスタッフがネイルブースのゴミ箱に捨てられた伝票を出して、レジと照らし合せて全てが一致した。

そのサロンの会計が手書き伝票にメニューと金額書いてレジで精算するやり方。伝票管理もずさんだったから、店保管の伝票とお客さんに見せる伝票の2つ用意して実際の金額より多く書いてお客さんからお金貰う→差額をネコババしていた。
ネイルのお客さんはほとんど指名で来るから仲良くなった顧客に対して、デザイン料だパーツ代だと誤魔化して2~3年続けてたらしい。
問い詰めたらやっぱり男で、ホストに貢いでたと。昼職だけでは足らず風俗と掛け持ちしてたと白状してそれっきり店にも来ず、その後は不明。
実はこの喧嘩の前に、何回か貴女悪い事するのはもう辞めなさい。と言ったけど聞き入れてもらえなかった、でも自殺する姿が見えたから止めたかったらしい。

未来が見えるスタッフの話が何個かあるので、聞きたい人がいたら書きます。


48 :本当にあった怖い名無し:2020/05/18(月) 22:51:34.53 ID:cN6uZj2O0.net
寺生まれのネイリストさんが活躍する話もっと読みたいです><


50 :本当にあった怖い名無し:2020/05/18(月) 23:26:05 ID:+xZGcKYI0.net
>>48ネイリストの子のその後はわからないから、未来が見えるスタッフの話をもう一つ。

未来が見えるスタッフには小学校上がる前の息子さんがいるんだけど、
キッズコンサートだか何だかに行く途中で嫌な予感がしたらしい。行きたいけど行ったらまずいと思いながら電車をホームで待ってると息子さんがホームの後方、進行方向とは逆側に走り出して一番後ろの車両停車位置で電車を待つかたちになった。

何故か嫌な予感がとれなかったらしい。間もなく電車が来るとアナウンスが流れ始め、気づいたら息子のとなりに見知らぬ男性が並んでいる。
しかもその男性の頭上に電車に飛び込む姿が見えてこれはダメだ!と思ってとっさに息子さんの手を引いて顔を覆い隠すと同時に、その男性は線路に飛び込み電車に跳ねられ亡くなった。

息子さんが直視しなくて本当に良かったと話していた。


[ 2020/06/09 17:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

未だ謎の少し怖い思ひ出
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/06/08 17:44 ] 不思議な話 | CM(0)
不可解な体験、謎な話~enigma~ Part111
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1582077563/


955 :本当にあった怖い名無し:2020/06/07(日) 15:15:30 ID:hab+J5Yk0.net
もう20年ほど前、初期型ガラケーに写メで撮った画像を何気に見ていたら、
当時自分の住んでいた社宅の部屋を窓方面に撮影しただけの謎画像があった。
撮影日時調べると、半年ほど前の平日昼間。
会社で出勤記録を確認しても、その日はちゃんと出勤しているはずなのに、
なんでこんな平日昼間に自分の部屋の画像を撮ることができたのか分からず、
その後、ずっと気になり、当時のことを思い出したら、その日、ガラケーを家に忘れていた証拠が出てきた。
普通の平日昼間に誰かがオレの部屋に忍び込んで、無意味にオレの部屋を撮影したのか?
しかも1枚だけ。
未だ謎の少し怖い思ひ出。


956 :本当にあった怖い名無し:2020/06/07(日) 15:24:18 ID:hab+J5Yk0.net
その後か前か忘れたけど、同じ部屋で深夜睡眠中、
突然、「誰かいる!」とい感覚に襲われ、気付いたら金縛り。
で、その瞬間、(ちょと古いけど)机の上に置いていたレンズ付きフィルムのシャッター音が鳴った。
今のw加愛子は知らんかもですが、アナログなものだからほんとに指でボタンを押さないいけないタイプ。
オレは当然、絶賛金縛り中。
ずいぶん経って、そのフィルムを現像したら、その時に撮ったと思しき写真がちゃんとあった。
実際に単なるオレの部屋の壁が映っていた。


957 :本当にあった怖い名無し:2020/06/07(日) 15:27:37 ID:4aEQ9+vHO.net
加愛子が写ってなくてよかったね


958 :本当にあった怖い名無し:2020/06/07(日) 15:31:15 ID:hab+J5Yk0.net
それから10年ほどした、7~8年ほど前、
会社から帰る途中の電車(東京の中央線)に乗っている最中、
ドア上のモニターに流れていたニュースを何気なしに見ていたら、
その日、発生した住宅火災の映像が流れていたんだけど、
燃え盛る炎の中で明らかに人がもがいているとしか思えないものがうごめいていて、ビックリした。
電車内で流れるニュースって何回もやるから、もう一度見てみようと、
その後もずっとドア上のモニターを注視してたんだけど、結局、そのニュースは二度と流れることなく、駅に着いてしまった。
でも、今思うと、どう考えてもおかしいってんだよね。
そんな残忍なニュース映像、流さないよね?普通。

オレは何か変なのが憑いてんでしょうか?


960 :本当にあった怖い名無し:2020/06/07(日) 18:04:57.19 ID:xDafTc9h0.net
随分昔、小牧空港の火災があった時、
早朝にテレビで延々その様子を流してたんだけど、
やはり、座席に黒い人形が安全ベルトで固定されていて、
それを消防隊員が2~3人がかりで外そうとしてる場面が流れて、
「あれってご遺体かな…」と思ってたら、その後映らなかった。


971 :本当にあった怖い名無し:2020/06/07(日) 20:29:13.60 ID:P8+b9bqgO.net
>>958の観たニュース映像とは違うと思うけど、数年前に
ニュースの火災映像にオカルト画像が…ってスレが嫌儲に建ってて
貼られてたYouTubeの内容が、燃え盛る一戸建ての炎の映像で
窓の中の室内が炎にまかれてて、蠢く炎が人影に見えるってやつ
確か、住人は無事に逃げ出す事が出来てて死者は無かったんだけど
じゃああの人影はいったい…?人じゃないなら何なの…?って
人だとしたら誰だよ(住人じゃないしまさか泥棒が燃えてるのか?)
とか、人じゃない何か(幽霊とか?)が燃えてるのかとか
色んな意味で怖い恐怖映像だった
人影に見えるだけのただの炎というには、頭部や胴体、両手足等あまりにも人の形をしてたから


972 :本当にあった怖い名無し:2020/06/07(日) 21:24:55.66 ID:gLzLC23f0.net
火災で黒焦げのご遺体が映ったままテレビに流れたことは結構あるよ
調布市の民家に小型飛行機が墜落したやつとか神宮外苑のジャングルジム風アートで子供が巻き込まれたやつとか


973 :本当にあった怖い名無し:2020/06/07(日) 23:05:53.00 ID:zkMjXvH10.net
火事って一酸化炭素で意識無くなるて聞くけど意識ある内に燃えて死ぬ人もいるんかね?
想像つかないし怖すぎだわ


[ 2020/06/08 17:44 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議体験】十数年、ずっと放置してた倉庫
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/05/27 17:43 ] 不思議な話 | CM(1)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?
https://toro.open2ch.net/test/read.cgi/occult/1416986147/


160: 名無しさん@おーぷん:20/04/05(日)18:20:15 ID:B5a
和歌山の某市に、叔父さん(母の弟)が持ってる倉庫がある。割と市街地なんだけど、年寄りばかりで、
商店街の通りにあっても利用価値が無いとかで、ずっと放置してた。
先日、親父が持ってる車をしまう事になり、叔父さんと従兄弟、親父と私で一緒に行った。
叔父さんも倉庫を開けるのは十数年振りwとかで、従兄弟も見た事が無いらしく、一緒に何があるのかと
ワクワクしてた。倉庫は商店街にある、細長い二階建ての家で、一階は元御店。叔父の知人が婦人服を売ってたらしい。
シャッターを開けようと鍵を入れたが、錆びて中々回らない。持って行った556を差し、叔父と親父と従兄弟で
せーのっ!で上げたら、凄い音・ぎぎぎぎぃー!って上がった。
シャッターの奥はガラス戸・ショーウィンドーで、玄関扉もガラス。中が見えたけど、緑色のカーペットが
貼ってて、他は良く見えない。とりあえず伯父と親父、従兄弟が中に入ってブレーカーを上げたら電気が付いた。
白い壁と天井、蛍光灯が奥に向かって何本もあり、結構明るくて、壁には多くのトルソー(服着せる奴・陳列用)が一杯あった。
もう、御店を辞めて十数年経つが、何着か婦人服やらベルトやら残ってて、イッセイミヤケとか森英恵とか
如何にもおばちゃんが着そうな服が、何点かあった。奥は十数メートルあり、一番奥に試着室が4つ並んでた。
叔父と父が幅と高さを計り、玄関扉とショーウィンドーの撤去を業者さん達が外すとかで電話してたら
天井から、歩く音が聞こえた。2階は居住用の部屋になってるとかで、伯父と父、従兄弟が
「誰かいたっけ?」と話してたら、奥の階段から真っ赤なワンピースを着てネコを抱いたおばさん
(多分6~70才位?)が普通に「こんにちわ~」って出てきて、そのまま私の横をすり抜け出て行った。
皆・一瞬で固まってて、何も出来ず見送った後、おばさんが出て行った通りを見に行ったが、既に
誰もおらず、続けて二階に上がったが、雨漏りで天井の板が垂れさがり、電灯をつけたけど漏電してて
すぐにブレーカーが落ちた。 どちらにしても誰かが住めるような状況じゃ無く、天井も床も半分崩れ、
窓も閉まり、真っ暗な中、あのおばさんは・何処にいたのか?鍵もさっき開ける迄、錆びてシャッターも
完全に閉じてた。確かにベランダはあったけど、放置でガラスも雨戸も閉まってたし、開けても半分崩れ
危険な状態。おまけに隣家も誰も住んで無い、ボロボロ。

出て行ったおばさんの顔を誰も覚えて無く、私は中に入る時から携帯で動画を取ってたが、おばさんの声も
姿も入って無かった(驚いて手を下げたので、床を写してたが、声が入って無かった)。
先月の初めの、晴れた日曜日・14時ごろの話。
先日、業者さんが玄関・一階店舗と二階他を解体中、トイレから大きな人形(昔のビスクドール?)が
出てきた。多分店の展示品とか。真っ赤なシルクのドレスの綺麗なお人形。一緒に捨てて貰ったとか。


[ 2020/05/27 17:43 ] 不思議な話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

ウチの田舎の山
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/05/11 16:06 ] 不思議な話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?
https://toro.open2ch.net/test/read.cgi/occult/1416986147/


34: 名無しさん@おーぷん:15/01/08(木)17:47:14 ID:qLc
あんまり怖くはないと思うけど

生まれてずっと育った場所があってさ、まぁ田舎のテンプレと言うか、
山川海のぼくの夏休みみたいなね
昔話や土地神様みたいな話ってのも特にない所でさ
あるとすればどこのどこのお坊さんがここを本山にお寺開いて~、
まぁ古い寺がある所はどこもそんなもんだろう

その山ってのが先祖代々うちの持ち物なんだが
うちが開祖の子孫・・・てわけでもなく、まぁ持ってるとは言え全体ってわけでもないしねw
山の中にある御堂はお寺さんのものだし、春の山開きの日に参拝はするくらいだ
よくある○○様の怒りが、なんて話もないし、祭りもするが慣習であって信仰ではない
変な言い方だが今どきの田舎
自分自身も田舎のテンプレ、小中高と育ち大学進学都会に就職
盆正月は実家に帰省と、周りの幼馴染もそんなもん

で、まぁ3年ほど地元を離れて働いていたんだけど、仕事のトラブルが続いて体調を崩してダウン
自分の所為ではないトラブルだったけど、辞めてしばらく実家で静養することに
実家と言っても両親は仕事関係で2年前から隣の市、祖父母が畑しながらたまに行き来してる感じでね
まぁみかん畑やら触りながらのんびりするかーと祖父母の家にすることにした
部屋は広いし生まれた時からそこにいるんだ、仕事してる人を毎日見るのもなんか辛いしね


35: 名無しさん@おーぷん:15/01/08(木)17:49:44 ID:qLc
そこはまぁ田舎なもんで、帰ってきたと話になる
幼馴染も就職したってそう遠くない所に一人暮らしとか結婚とかいるわけで、ちょこちょこはここに帰ってくるもんで
久しぶりに会って飲もうぜなんて話も出てくる
正直あんまり気乗りはしないけども、海を見ながら縁側で、さしつさされつ虫の声ってのもいいかなと
幼馴染のNくんと二人で飲むことに

他愛のない話や仕事の愚痴なんか聞くわけさ
どこどこの○○ちゃんが結婚した、とかお前中学の時○○先輩好きだったんじゃろ、とかさ

で、田舎の山ってのは街灯なんてなくてさ、あんまり遅いと猪なんかもおるからね
まさに行きはよいよい~ってやつで周りの家が明かりついてるうちに帰らないと色々と危ない
Nくんの家は麓、うちの実家は中腹なもんで昼間は10分も歩けばいいが、夜はそうもいかない
Nくんも今日は泊まって行けばえぇってんで、遅くまで飲むことにしたんよ

ちぃと煙草でも吸いに歩こうや
えぇよ、酔いもさましたいし波止場でも行く?
えぇね、こまい頃あっこでよー釣りやら泳いだりしょーたよねw

みたいな話しながら海までは目の前、1分も歩けば着くし街灯もある
えっちらおっちら歩きながら、彼女欲しいなぁやらNくんあの子とはよ結婚しちゃりーやとか
ぐだぐだしながらふと、じいちゃんばぁちゃんもう寝とるかなって家を見た
光ってる、山が
御堂のあたり、でもない 実家でもない
あそこは 誰も住んでない なにもない 幼い頃から見てきた木しかない場所 
登山者の明かりでもない そんな小さな光じゃない
火の光でもない

今まで見たことがない

「Nくん・・・なんか光っとらん?ほら、あっこらへん、うちの家の上の方さ・・・」
「なんなんwいやいや、何言いよるんよw」

「山は光るじゃん」


36: 名無しさん@おーぷん:15/01/08(木)17:57:41 ID:qLc
これは少し前の話で、色々調べたところ見る人が見れば場所バレしちゃうから詳しく書かないけど、
光る山を鎮めるために○○上人がお寺を建てた、と郷土史にありました
なんで光るのか、何が光るのかはわかりません
真夜中ってのと実家からは見えない位置だって事
他の人に聞いたところ、あぁ、たまにねw程度で逆に話題に出ない事
知らなかった自分にとっては怖い瞬間でした
っていうか鎮めたんじゃねーのかよって言う・・・


[ 2020/05/11 16:06 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【謎】見えない人間がいる
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/05/10 20:43 ] 不思議な話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?
https://toro.open2ch.net/test/read.cgi/occult/1416986147/


31: 名無しさん@おーぷん:14/12/15(月)03:56:48 ID:m4e
当時は本当に怖かった話

大学時代に変な奴がいた。明るいやつだったし、
友達も結構いたみたいで基本的には普通のやつだったんだけど。

よくある話とかなら、霊感が強くてって話なんだけど、そいつは全くの逆だった。
霊感0、オカルト的経験もなし。どんなに有名な心霊スポットに連れて行っても、
そいつだけは何の体験もしなかった。一緒に行った奴らが何人も変な声聞いたとか言ってても
そいつは何にも聞こえなかったし見えなかったってのはしょっちゅうで。

で、そいつから聞いた話なんだけど、見えない人間がいるんだと。
道で前を歩く人が何かを避ける動作したり、何もない空間に会釈する人を見たり。
何人かで会話してると、明らかに自分にだけ見えない聞こえない誰かがいたり。
(他のやつが、急に相槌うったり笑ったりするらしい)
酷い時にはテレビの素人が出る番組で何もない空間をカメラが映してて、テロップだけ流れるらしい。
最初はからかってるのかと思ってたけど、すげー真剣に話するんだよな。

そいつ、結構でかい神社の血筋だったりしたから、よけいに怖かったな。
卒業してから連絡とらなくなったけど、あいつが見えてなかった人ってなんだったんだろう


[ 2020/05/10 20:43 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

九州をレンタカー借りてぐるぐる巡る旅をしてた時の不思議な体験
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/05/06 18:01 ] 不思議な話 | CM(0)
海・山にまつわる怖い話・不思議な話 3
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1570421067/


66 :本当にあった怖い名無し:2019/10/27(日) 10:01:36.69 ID:0o86uvDc0.net
5年位前の話
九州をレンタカー借りてぐるぐる巡る旅をしてた。で、その最後、熊本方面から小国を通って東に抜ければやがて大分道にぶつかる
だろう そうすればそのまま高速使って福岡空港に向かえるな
ってことで適当に山道を走っていたわけ

そしたら良い雰囲気の集落が出てきて、ちょっと停まって写真でも撮ろうとしたんだ
年末だったんで、紅葉の季節だったらもっと良かっただろうなあと思いつつ


67 :本当にあった怖い名無し:2019/10/27(日) 10:22:19.55 ID:0o86uvDc0.net
なんかそのとき急に「この景色を上から俯瞰した写真が撮りたい」という欲求が湧いてきたんだ
まあ時間はたっぷりあるし、きょろきょろ見渡すと、ある畑の奥がちょっとした丘になってて
15mくらい高い位置まで行けそうだった
でそこまで登ってみたら確かにいい眺めだったんだけど、さらに奥が林になってて木々の隙間から
社のようなものがみえた
冬じゃなかったら林の中は草ぼーぼーできっと歩けたもんじゃなかっただろうけど、道はなくとも普通に
歩けた


68 :本当にあった怖い名無し:2019/10/27(日) 10:37:54.67 ID:0o86uvDc0.net
林の中を通り抜けて広いところにでたと思ったら、それは小さな稲荷神社の境内だった
(あとで詳しく書くけど、ここがもうすでにおかしいんだ)

で、ここを出たんだけどこの神社は普通の大きな道に面してた
よくわからなかったけど左に進んでみた  まあ大きい道路だし、方角的にさっきの集落のところにでるだろう
くらいに思ってたわけ


69 :本当にあった怖い名無し:2019/10/27(日) 11:00:56.63 ID:0o86uvDc0.net
そうしたら道の先に閉じたゲートが見えてきて、歩哨小屋っていうの?警備員が詰めているようなやつも
あった無人だったけど
行き止まりか~、山の中になんかの研究施設とかあるのか~ 右に行ってりゃよかった
くらいに思って引き返した

で神社まで戻ってさらに今度は逆方面の道を歩いてみることにしたんだけど、歩いてすぐに
めちゃめちゃでかい要塞のような建物が目に飛び込んできたんだ


70 :本当にあった怖い名無し:2019/10/27(日) 11:21:37.42 ID:0o86uvDc0.net
直径5mはある太いパイプが何本も山中から突き出ていて巨大な建物と直結していて、さらにそのパイプは
崖下へと続いていた つまり水力発電所のてっぺんの施設だ

ここでようやく把握した
自分は、気づかぬうちに勝手に電力会社の敷地に不法侵入してしまっていたんだ
さっきみたゲートは「外部から施設内」へではなく「施設内から外部」への姿だった
あ~やばい。どこかのモニタTVかなんかで侵入者警報かなんかが出てて捕まってしまうかも

とにかく神社の境内から林を通って戻ろう・・・としたんだけど


71 :本当にあった怖い名無し:2019/10/27(日) 11:48:10 ID:0o86uvDc0.net
どうも様子がおかしい
都合3回この神社を見るわけだけど、1、2回目はもっと新しいかんじの社だった
驚愕したのは、境内の奥にあったはずの林がかなりの範囲で削り取られてて 
フェンス で遮られていたこと
来た時と違う 嘘だろ??帰れないじゃん

しばし悩むが、これはもう怒られるの覚悟でさっきのゲートへ行くしかないと思って歩いて行った
ゲートはやはり無人で、脇に人が通り抜けられる隙間が用意されていた
(これは、もしかすると近隣の人がこの稲荷神社を参拝できるための措置か?)
そこをさっとすり抜けて進むと、初めの集落へとすんなり着いた


72 :本当にあった怖い名無し:2019/10/27(日) 12:07:26.38 ID:0o86uvDc0.net
九州電力さん、勝手に立ち入ってスミマセン
冷静に考えると、その防止のためにすべてのエリアにフェンスを張ってあるのが正しい姿・・・だと
すると、あのときフェンスがなかったのはどういうこと?不思議でしかたがない
自分は、”まだフェンスなど存在しなかった時代の境内”をたまたま通り抜けてしまったってことなのか
なあ


[ 2020/05/06 18:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加
管理人オススメ記事
去年の出来事
真夜中にナビにつられて知らない峠道を走ることになった
池沼Aと俺
田舎の古い民家を解体してたら床下から妙な物が出てきた


プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加


最新記事
女の幽霊が出るってんでその地域では有名な貯水槽があった Jul 10, 2020
【釣りで経験した怖い話】実家は海の近くにあり、帰った時はよく釣りをしてます Jul 09, 2020
昔住んでた地方の街の上流にダムがあったんだが当然というかそれなりに逸話も付随してた Jun 27, 2020
【当直】病院が職場だと、たまには首をかしげたくなる様な事はあった Jun 26, 2020
【不思議体験】20年前足の骨を折った友人の見舞いに行った時の実話 Jun 25, 2020
霊感がある友人と旅行に行ったときの話 Jun 16, 2020
【ほんのりと怖い話】笑い袋の悲鳴 Jun 15, 2020
子供にしか見えないものはやっぱりあるんだろうか Jun 14, 2020
行方不明になった同僚の話 Jun 11, 2020
【ほんのりと怖い話】昨日、仕事が休みだったので食材を買いにいった Jun 10, 2020
過去ログ +

2020年 07月 【2件】
2020年 06月 【10件】
2020年 05月 【10件】
2020年 04月 【8件】
2020年 03月 【10件】
2020年 02月 【7件】
2020年 01月 【10件】
2019年 12月 【8件】
2019年 11月 【12件】
2019年 10月 【10件】
2019年 09月 【10件】
2019年 08月 【10件】
2019年 07月 【10件】
2019年 06月 【10件】
2019年 05月 【10件】
2019年 04月 【10件】
2019年 03月 【10件】
2019年 02月 【10件】
2019年 01月 【11件】
2018年 12月 【10件】
2018年 11月 【11件】
2018年 10月 【10件】
2018年 09月 【10件】
2018年 08月 【10件】
2018年 07月 【11件】
2018年 06月 【10件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【10件】
2018年 03月 【10件】
2018年 02月 【10件】
2018年 01月 【12件】
2017年 12月 【9件】
2017年 11月 【8件】
2017年 10月 【13件】
2017年 09月 【13件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【10件】
2017年 04月 【10件】
2017年 03月 【10件】
2017年 02月 【11件】
2017年 01月 【10件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【8件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【13件】
2016年 06月 【16件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【13件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【13件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【12件】
2015年 05月 【16件】
2015年 04月 【14件】
2015年 03月 【27件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【25件】
2014年 12月 【26件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【20件】
2014年 09月 【18件】
2014年 08月 【20件】
2014年 07月 【25件】
2014年 06月 【21件】
2014年 05月 【18件】
2014年 04月 【17件】
2014年 03月 【16件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【22件】
2013年 10月 【10件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【13件】
2013年 07月 【10件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【5件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【6件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【7件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【19件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【8件】
2009年 07月 【21件】

アクセスランキング
LINK
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top