fc2ブログ

|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
RSSヘッドライン

【不可解】中学生の時2年間だけ住んでた家がある
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2024/03/25 19:01 ] 不思議な話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?376
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1694348397/


846 :本当にあった怖い名無し:2023/12/09(土) 23:27:24.86 ID:Bvm04UWU0.net
昔、住んでた家の話
そんなに怖くないけど
中学生の時2年間だけ住んでた家がある。外観は、最初見た時はちょっと引くくらいボロボロだった。でも、内装は改装した後だったみたいで、結構きれいだったよ。
家は共働きで、母のほうが父より帰ってくるのが遅いこともよくある。その日も父のほうが先に帰ってきて、母以外の家族で先に夕飯を食べていた。そしたら、玄関の方からガチャって音がして、母の「ただいま」という声が聞こえた。「おかえり」家族全員が返事を返した。しかし、10分ほどたってもリビングに顔を見せに来ない。ごはんの前にお風呂に入るにしても、いつもなら一度リビングに顔を出す。不思議に思って、廊下に出て見に行ったら誰もいなかった。それから、30分後ぐらいに母は帰ってきた。その時は不思議だねと言って終わりだった。
それから、不思議なことがおこるようになった。テレビが勝手につくとか、人感センサーに反応して誰もいないのに電気がつくとかそんな小さなこと。ある日、父が職場で大きなけがをした。17針縫ったんだ。別の日に母が居眠り運転で電柱に突っ込んだ。今も左腕が動きにくいらしい。これは関係ないのかもしれないが、父の職場で死亡事故も起こったんだ。父が最初に気づいて、その方に駆け寄って支えて。いまだにうなされてるし、トラウマになってるのも知ってる。これがたった2年その家で暮らした時に起こったこと。その後は引っ越して、特に何もない。その家の裏は神社だったんだ。私たちは何におかえりと言ってしまったんだろうか。


[ 2024/03/25 19:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

ある寺に男が物見がてら参りに行ったときのこと
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2024/03/20 18:01 ] 不思議な話 | CM(2)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?376
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1694348397/


678 :本当にあった怖い名無し:2023/11/22(水) 18:52:29.82 ID:8C8DDOWI0.net
ある寺に男が物見がてら参りに行ったときのこと
境内までの階段をあがり、靴紐を結ぼうとそばの地蔵の頭に手をついた。すると地蔵がぐらりとゆれた。中からカランと音がする
不思議に思いゆすってみるとカランカラン、中に何か入っているようである
住職にその地蔵について尋ねると、入っているのは幼子の骨だという。幼くして死んだ我が子に世間を見せてやりたかったと悲しむ母が持ってきた。当時の住職は中を空洞にした地蔵に骨をいれて背負わせた
音が止んだら返すように告げ送り出したがとうとうその母が帰ってくることはなかった
しかれども地蔵はひとりでかえって来た。以来ずっとここにおいてある。そしておかしなことを言う。今しがた出かけましたがね。
男が地蔵のあった方を振り向くと地蔵はない。ただ遠ざかるカランカランという響きのみ
大方あなたに触れ、人の温もりが恋しくなったのでしょう、もう帰ってこないかもしれません。
男は最後に尋ねた。そういう地蔵は他にもあるのか。
住職は笑って答えなかった。


[ 2024/03/20 18:01 ] 不思議な話 | CM(2) このエントリーをはてなブックマークに追加

【不可解】「あらまあどあ」について
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2024/02/07 19:22 ] 不思議な話 | CM(3)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?376
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1694348397/


248 :本当にあった怖い名無し:2023/10/06(金) 06:37:46.31 ID:pOxI28Ku0.net
『あらまあどあ』について

 これが怖い話に入る気はしないけど、友達にしたら、十分怖いと言われたので。
 たとえば、小学のころだけど、通学路で行きにはあらまあどあはないが、帰りにはあらまあどあを通らないといけない。
 まったく同じ道だけど、帰りにはあらまあどあがあった。
 二年生はないらしいが、一年と四年と六年にはあった。
 三年生についてはよく分からない。たぶうんあるはず。
 あらまあどあはなんだってきかれるんだけど、何かと言われても、あらまあどあはあらまあどあだ。
 何でないかは分かる。
 あらまあどあは道じゃない。
 あらまあどあはタヌキじゃない。
 あらまあどあは幽霊じゃない。
 あらまあどあは食べ物じゃない。
 あらまあどあはダイヤモンドじゃない。
 あらまあどあは神さまじゃない。
 あらまあどあは言葉じゃない。
 あらまあどあは地震じゃない。
 それに、もちろん、あらまあどあは人間じゃない。
 どうしても、あらまあどあを何かにたとえろと言われたら、古い自動車かな。
 国道沿いの中古車センターでいつまでも売れずに残ってる、二世代くらい前のバンみたいな。
 これは全然正解から遠い。でも、どうしてもと言われたら、古い自動車。
 でも、明日は分からない。別のものがあらまあどあっぽく思える。
 でも、これはあらまあどあとは本当に、ぜんぜん違うんだよ。あくまで便宜上。どうしてもって言われたらのこと。
 あらまあどあで消える子どもはいた。
 すぐに見つかることもあれば、一週間後に通学路で見つかることもある。
 三年か四年くらい後に見つかることもあれば、それっきり戻らないのもいる。
 でも、これは神隠しとか幽霊にさらわれたとかじゃない。
 そういうマイナスなものじゃない。
 実際、警察とかも動かないし、いなくなった家の親も別に不安がったりしない。
 だって、あらまあどあだから。
 おれの祖母のころからあらまあどあはあったし、たぶん戦国時代とかそのあたりからあらまあどあだ。


249 :本当にあった怖い名無し:2023/10/06(金) 06:38:56.42 ID:pOxI28Ku0.net
続き

 いまだにやってることとして、あらまあどあで葬式。
 村には墓がひとつもない。神社も寺もない。あらまあどあがあるからいらないんだよ。
 死んだら、あらまあどあで葬式をする。
 人によって違うらしいが、最終的には死体は消えてる。
 これを知らずに嫁いできた人は度肝を抜かれるらしいけど、一年もすれば慣れる。あらまあどあはあらまあどあだから。
 知らない大人や急に飛び出す自動車みたいにあらまあどあにも気をつけるべきだって言った教師はいた。音楽の田野、理科の大河内。ふたりともよそものだから、あらまあどあのことをよく分かってなかった。あらまあどあをすごく悪いものと捉えてた。なんでだろうな。
 ふたりともあらまあどあのことを県の教育委員会に言うって言ってたっけ。結局、消えたけど。
 まあ、どうしてもひとつ気をつけないといけないのは爆弾だ。
 戦時中、おれらみたいな田舎にわざわざ爆弾を落としたB29がいて、そいつらはどこか、福岡あたりに爆弾を落とした帰りにおれたちの村の上空を通ったんだけど、重いからって福岡で落とし損ねた爆弾を捨てるみたいに落としてくんだ。
 もし、それがあらまあどあに落ちてたら、消える。
 消えるけど、いつまた出てくるか分からない。
 しかも、落とした爆弾だから、たぶん出てきたら、落ちる続きをして、大爆発を起こす。
 通学路とかで爆発したら大勢子どもが死んで、テレビとかニュースにされたら、全国規模で、まあ、あらまあどあってなんだ?ってことになる。
 そのときは不発弾が爆発したって説明をするつもりだ。
 これは町じゅうで決まってる。

 これで話は終わりです。
 あらまあどあとは違うけど、みんな田舎にはこういうのがあるんじゃないのかなあ。


251 :本当にあった怖い名無し:2023/10/06(金) 10:33:52.56 ID:lWgSyA4o0.net
>>248
あらっまぁ!ドア?


252 :本当にあった怖い名無し:2023/10/06(金) 11:36:33.93 ID:XoFszpiP0.net
俺もそう変換しながら読んだけど
最後は?じゃなくて!だな
あらまあ(こんなところに)ドア(が)!
って感じ


255 :本当にあった怖い名無し:2023/10/06(金) 13:54:38.11 ID:iyuqUYxA0.net
ドアはいわゆるドアなのかね


254 :本当にあった怖い名無し:2023/10/06(金) 13:33:11.15 ID:xI1UlPJu0.net
「あらまあどあの話したら怖がられた」って書いてたけど、怖がられてたのはあんたの方だろ…


[ 2024/02/07 19:22 ] 不思議な話 | CM(3) このエントリーをはてなブックマークに追加

【不可解】夜の墓地に肝試ししに行った時に撮った写真
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2023/12/17 19:01 ] 不思議な話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?376
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1694348397/


60 :本当にあった怖い名無し:2023/09/15(金) 23:12:16.06 ID:EFHMlRum0.net
そんなに怖い話じゃないかもだけど
高校生の頃に私と友人と友人の彼氏の大学生とその友人の男女2人づつの4人で夜の墓地に肝試ししに行った事がある。
4人でうろうろして何にも起こらなくてつまんねーなと話ながらとりあえず1枚だけ写真とってその日終了した。
現像して出来上がった写真には特に霊なんて写ってなかったんだけどメンバー4人全員が写ってた


61 :本当にあった怖い名無し:2023/09/15(金) 23:16:41.29 ID:EFHMlRum0.net
まあつまりメンバー4人全員写真とったことは覚えてるんだけど
誰がとったのか覚えてない


62 :本当にあった怖い名無し:2023/09/15(金) 23:28:32.91 ID:EFHMlRum0.net
墓地には4人しかいなかったんで人に頼むとかはしてないし
カメラは友人の彼氏のもので誰かに貸したというところの記憶もはっきりしなくて
とりあえず4人でイェーイって感じでピースしたりして写ってる


63 :本当にあった怖い名無し:2023/09/15(金) 23:30:07.09 ID:EFHMlRum0.net
その後特になにかあった訳でも無く気持ち悪いねって写真処分して終わった


65 :本当にあった怖い名無し:2023/09/16(土) 08:02:40.04 ID:W/qEcIHi0.net
>>60

私の友人
私の友人の彼氏の大学生
私の友人の彼氏の大学生の友人の男女

これで5人じゃないか!
一人忘れてるぞかわいそうに


66 :本当にあった怖い名無し:2023/09/16(土) 08:33:48.91 ID:QswNwZPL0.net
いや4人だよ
私♀
私の友人♀
友人の彼氏♂
友人の彼氏の友人♂
の男女2人づつの4人


67 :本当にあった怖い名無し:2023/09/16(土) 08:35:11.75 ID:QswNwZPL0.net
まあ仮に5人としてもその1人を全員覚えてないだけに怖い訳だが


68 :本当にあった怖い名無し:2023/09/16(土) 10:00:42.86 ID:zvXnqCgv0.net
まあ墓石の上にカメラ置いてセルフタイマーで撮ったとかなんだろうな
カメラ位置セットしてセルフタイマーセットしてとかいう細かい状況は単に覚えてない


69 :本当にあった怖い名無し:2023/09/16(土) 11:13:22.63 ID:cdJxpQ9A0.net
さすがにセルフタイマーを4人全員覚えてないのは無理矢理過ぎるがな
お酒飲んでたり全員泥酔状態なら分からないが


72 :本当にあった怖い名無し:2023/09/16(土) 13:44:18.53 ID:qqqM6RDX0.net
>>63
でも幽霊が撮ってくれたんだとしたら親切な幽霊だよね


[ 2023/12/17 19:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

うちの母方の家系は昔はそれなりに有名な霊能力者だったらしい
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2023/12/16 19:21 ] 不思議な話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?376
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1694348397/


30 :本当にあった怖い名無し:2023/09/14(木) 01:03:31.88 ID:CTIgeSmU0.net
うちの母方の家系は昔はそれなりに有名な霊能力者だったらしい

曾祖母さんのお姉さんが最後の霊能力者で関東大震災とか遠方に居ながらにして予言したり被害が見えていたりしたそうな
ついでに曾祖母さんの家のタンス開けずに中まで見えて着物を質に入れたのもバレバレだったらしいw

曾祖母さんのお姉さんは未婚で一人暮らし
自宅の部屋一室丸ごと神棚だったようでしっかりと祀られていたそうな

実際修行の一環としていろいろと経験したらしいが基本的に修行内容は口外しないみたいでそういう系の話はあまりしなかったけど
時々聞く話はわりと怖いというより不思議な話だったみたい


31 :本当にあった怖い名無し:2023/09/14(木) 01:16:04.60 ID:CTIgeSmU0.net
修行は「おためし」と言うらしくて
きもだめしって意味かなと受け取ってる

詳しい話はしないけど妹には甘かったのか時々ぽつぽつ許される程度に話をしてくれたっぽい
ひ孫の私も曾祖母さんから聞くのは楽しかった
まあお姉さんは私が生まれる前に亡くなったので会ってないけど

修行で山の中で2日間程飲まず食わずで込もったりすると
不思議と動物とかは来ないがそれ以外のいろいろなモノ達は来ていたんだそうな
妖怪みたいなのもいたらしい


32 :本当にあった怖い名無し:2023/09/14(木) 01:33:46.63 ID:CTIgeSmU0.net
ただちょっと人の姿をしていないモノがわりと出て来たり
話しかけられたり
地面が割れたりとか天変地異的な幻覚を見せられたりしたらしく
「おためし」を怖がったり気絶したりして耐えられないとなんかペナルティあったみたいで強固な精神力で耐えるのが修行だったとか

曾祖母さんから聞く度漫画みたいでわくわくしながら聞いてたw

しかし曾祖母さんも本当の修行内容や体験は知らないので残念


34 :本当にあった怖い名無し:2023/09/14(木) 07:17:04.88 ID:ppKxCPGS0.net
ブッダみてぇな話だなぁ


35 :本当にあった怖い名無し:2023/09/14(木) 08:53:47.53 ID:ABpgGPNc0.net
追加で話すと
曾祖母さんに私達にそういう霊能力ないの?って質問したら
曾祖母さんの姉さんが「うちの家は私で最後だから」みたいな話もしてたらしい
曾祖母さんも嫁いだ身だしね
後始末?締め?はしとくから?
よく分からないが自分で終わるからこれからは普通に暮らして行きなさいってのがお姉さんの話

何で全く霊能力無いです


[ 2023/12/16 19:21 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【不可解】見たこともない謎の動物
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2023/10/26 19:01 ] 不思議な話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?374
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1676577211/


1007 :本当にあった怖い名無し:2023/07/24(月) 01:02:08.65 ID:xmOf1Ni10.net
25年くらい前の話。
俺の実家は山際にあって、家の裏には隣の家と共同で管理している広い庭があった。その後ろは山に続いていて、よく猿だの鹿だの猪だのが降りてきた。
ある日の夜中、父親が俺と母親を起こして「熊がいるみたいだから気をつけろ」と言った。それ自体はたまにあった事だから珍しいことじゃなくて、俺と母親は念のために2階の部屋に避難した。父親は隣の家に電話した。
2階の窓は窓の外がベランダになってて、そこから庭が見下ろせるんだけど、確かに熊がいた。わりと大きかった気がする。
腹が減っていたみたいで台所の勝手口の周りをうろうろしながら窓から中を覗き込んだり網戸を手で押したりしていて、父親が台所の電気をつけたけど全く意に介していなかった。
俺はまぁそのうち諦めて帰るだろうと思って部屋に引っ込んだけど、しばらくしたら今度は吠え声と一緒に窓ガラスが割られる音がした。
慌ててまたベランダに出てみると、熊が台所の窓を割って身を乗り出そうとしていて、家の中からは父親が竹竿で熊をつついて追い払おうとしているのが見えた。
その頃には隣の家も電気をつけて中でせわしなく動き始める気配もして、これやばいんじゃないかと思ってたら隣の家の明かりに照らされた庭の反対側にもう一つ大きな何かがいるのに気がついた。
それは白っぽいフサフサした毛並みのウサギに似た形の動物で、大きさが牛くらいあって頭には羊みたいな丸まった形の角が生えていた。横っ腹は三毛猫みたいに茶色のまだら模様の毛だった。
後ろ姿しか見えなかったけどそいつはノソノソ歩いていって庭の石垣を越えて山の中に消えていった。
そのあと隣の家の人に爆竹を投げつけられて熊は逃げていったが、俺は大人になってからもたまにあの謎の動物を思い出して考え込んでいる。おしまい。


[ 2023/10/26 19:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

スゲー!これが心霊写真ってやつか!
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2023/09/22 16:15 ] 不思議な話 | CM(1)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?374
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1676577211/


912 :本当にあった怖い名無し:2023/07/18(火) 11:24:03.79 ID:Ti5zhY4x0.net
千葉県の某ダムに行った時の話。
このダムはガキの頃にオヤジに連れられてバス釣りを覚えたダムだ。
ボートに俺と嫁を乗せて湖面を進む。
いつもの立木のポイントで早速ヒット。
かなりでかいぞ!
そのとき、

ぼっちょん

胸のポケットに入れていたiPhoneが湖へ落ちた。
げっ☆と思いつつもバスを無事取込んだ。
58センチの自己ベスト!
しかし電話兼カメラのiPhoneは湖底で記念の写真が撮れない。


913 :本当にあった怖い名無し:2023/07/18(火) 11:25:09.80 ID:Ti5zhY4x0.net
だが、こんなこともあろうかと「フジカラー写るんです」を非常用に持ってきている俺に死角無し!
その日は「写るんです」で写真を撮った。
んで帰りに自宅近所のカメラ屋で現像頼んで翌日の仕事帰りに写真を受け取り自宅で見ると・・・
おかしい、何枚か写真が抜けてる・・?
58センチを持ってる写真と笑い顔の娘の写真が無い・・・?
一番欲しい写真が抜けてることに憤りを感じた俺だが、とりあえずスキャナでフィルムを読み込んでみた。
写真が無い理由がなんとなくわかった。
スキャナで取り込んだ画像にはちゃんと俺の写真があった。
58センチのバスを片手に意気揚々・得意満面の俺、そして俺の背後から長い手が俺の首を絞めている!?
全身サブイボが総立ち!
さらに娘の写真には同様に謎の手が脇をくすぐってってるような・・・
そういえばあの時の娘は最初グズっていたが突然笑いだしたんだった。その理由がこれか・・
そしてもう一枚、立木を背景にした妻の写真。
立木の枝に身長30センチくらいの女が・・


914 :本当にあった怖い名無し:2023/07/18(火) 11:25:54.81 ID:Ti5zhY4x0.net
スゲー!これが心霊写真ってやつか!アナログカメラ万歳!

この写真をどうするか考えたがとりあえず近くのお寺でお祓いをしてもらうことに。
しかし寺の住職は「それはうちよりも神社でやってもらった方がいいなぁ」とのこと。
それで住職に紹介してもらってこれまた近所の神社へ。
しかし神主さん曰く「ああ、こりゃ心配ない。現地でイタズラされて殺されることはあってもこの写真が災いをもたらすことは無いから。一応お祓いしとこうか?5000円かかるけど?」
万年金欠家族のうちらは丁重にお断りして神社を後にした。

ふと気になることがあり、実家によってから帰ることに。
そして実家から預かった大量のネガフィルムを吟味し、例のダムで親父と釣りに行った時の写真をスキャナにかけてみた。
するとあるわあるわ、例のダムで写したネガフィルムには必ず一点から3点くらいの心霊写真が。 それも必ず例の立木ポイント付近のやつばかり。
身長30センチくらいの白いワンピース風の女が腕をニョキーーーーーと伸して俺の首を絞めてたり親父の肩を持ってたり・・

恐ろしい、私は恐ろしい・・
しかし冷静になって考えてみれば俺も親父もこれまで大きな事故も大きな病気もせずに元気に過ごしてきた。
それどころか親父は昔競馬で何度も万馬券を的中させ勢いで車を二回も買い替えたことすらある。
もしかしたらダムの女は悪霊や自縛霊や妖怪などではなく幸福を呼びこむ湖の精霊だったのかもしれない。
嫁にそのことを話すと 「アホか」 と一蹴されたが
「ところで競馬って難しいの? 次の釣りはいつ行く?」
と目が輝いていた。


[ 2023/09/22 16:15 ] 不思議な話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

【謎】1年ほど前ちょっと奇妙な体験をしたので、ここに供養します。
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2023/09/02 19:01 ] 不思議な話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?374
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1676577211/


767 :本当にあった怖い名無し:2023/07/09(日) 20:37:23.26 ID:Y8yfpXIe0.net
洒落にならないってほどでもないのですが、1年ほど前ちょっと奇妙な体験をしたので、ここに供養します。

その日は仕事が休みの日で、近くの商業施設内のカフェで優雅に読書をしておりました。1.5時間ほど滞在したでしょうか。飲み物もなくなり本もキリのいいところまで読めたので、空っぽになった飲み物の容器を返却スペースに戻し、カフェを後にしました。その後は近くの店を回って買い物をし、そして帰宅する予定だったのですが、カフェインを取ったからか催してしまったので、いったんお手洗いに行くことにしました。

その商業施設内のお手洗いを使うのは初めてで、しかしだからといって何ということもなく、「← TOILET🚻」みたいな看板に従ってお手洗いを探しました。

お手洗いは、今自分がいるフロアと、その一つ上のフロアを結ぶ階段の真ん中の、踊り場に設けられていました。普通商業施設内でのフロア間の移動はみんなエスカレーターやエレベーターを使うので、階段には誰もいませんでした。私は特に気にすることなく階段を上り、女子トイレの中に入りました。

しかし、その女子トイレというのが、内装が青基調になっておりました。あまり詳しくは覚えていないのですが、壁とか個室の扉とかが薄い青色で塗装されていたのです。別に女子トイレが青いのはおかしいとまでは言いませんけれど、とはいえ女子トイレ=赤とか橙とか暖色系のイメージで、青とか寒色系は反対に男子トイレのイメージでした。ですので私はトイレの内装を見て、「やばい入る方間違えた男子トイレだコレ」と焦りました。そして、そう思ったその直後、背後から「合っていますよぉ」と、ふわふわしているというかぽわぽわしているというか、とにかく柔らかな印象の女性の声がしました。


768 :本当にあった怖い名無し:2023/07/09(日) 20:37:38.97 ID:Y8yfpXIe0.net
男子トイレに入ってしまった!という焦りとその直後急に人に話しかけられた驚きで、私は振り向き、「あっ、すみ、すみま、すみませんっ」とかなりどもりながら声の主に謝りました。謝罪するよりありがとうと感謝の言葉を述べるべき場面だったと思いますが、何しろ気が動転しており、口をついたのが「すみません」でした。しかし、声の主はそこにはいませんでした。

あれ?と思いトイレを出て階段の踊り場まで戻ったのですが、女性らしき姿はなく。なんなら来たとき同様、人っ子一人見当たりませんでした。おかしいなと思いつつも折角外に出たので再度トイレの看板を確認し、やっぱり女性トイレだったよかった、と安心して再びトイレに入りました。

そして個室で用を足しているさなか、今しがたの出来事はかなり奇妙なものだったのでは?と思い始めました。まず「合っていますよぉ」と私に教えてくれた女性ですが、そもそもなぜ私が「男子トイレに入ったと勘違いしてパニックになっていた」と知っていたのか。そしてなぜ私に声をかけた直後に忽然と姿を消したのか。そして、ここからは「今のはちょっとおかしな体験だったのでは」と考えた私の脳が無理やりそういう方向に記憶を解釈しただけかもしれませんが…よくよく思えば、女性の声は背後からでなく、右から聞こえてきたような…もっと詳しく言えば、右耳にさしていたイヤホンから流れるKANA-B○○Nの「ないも○ねだり」に紛れ、音楽とともに聞こえてきたような…

当たり前ですが「な○ものねだり」の中に「合っていますよぉ」なんておかしな合いの手は存在しないし、じゃああの声はいったいどこから、どうやって聞こえてきたものなのか。そう考えると私は恐ろしくなり、未だ「ないものね○り」が流れ続けるイヤホンを耳から外してポッケに突っ込み、用を足し終え次第すぐにトイレを後にしました。

その後は、当初の予定通り近場の店を見てまわり、帰宅しました。ただし、その間はイヤホンをせずに。

この話はこれでおしまいで、この体験をしてから今に至るまで、似たような出来事は起こりませんでした。あの商業施設のトイレはあの一度きりしか使っていないし、イヤホンは買い換えるのももったいなくて同じものを使い続けているし、「○いものねだり」も未だ愛聴しています。


[ 2023/09/02 19:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

人生で何度か奇妙な体験をしたので語らせて欲しい
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2023/08/09 20:01 ] 不思議な話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?374
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1676577211/


623 :本当にあった怖い名無し:2023/06/23(金) 14:28:32.85 ID:Brakf31R0.net
別に死ぬほどでもないし、洒落にならないほど怖くもないけど人生で何度か奇妙な体験をしたので語らせて欲しい。
別に幽霊に追いかけられたとか村の掟がーとかそんなの一切無い。ただただ不思議な体験ってだけ。

子供の時からゲゲゲの鬼太郎とかが大好きでオカルト大好きな俺は、ビビりで零感というオカルト好きとしては致命的な人間だった。一番初めに変な体験をしたのは幼稚園の時。キモすぎてというか、インパクトありすぎて覚えてる。
当時は親と一緒に畳がある部屋で敷き布団を敷いて寝てたんだけど、ある時ふと目が覚めてボーッとしてた。そうすると、畳と畳の隙間から紙版のトーテムポールみたいなやつがススーって出てきたんだよ。子供の落書きがそのまま出てきましたというやつで、普通に気味が悪かった。それが何かする訳じゃないんだけど喋ってたんだよね。でも俺は案の定半狂乱で横に寝てるマッマを起こそうとした。でもいくら揺すっても起きないし、それにブチ切れた俺が蹴っても起きない。で、暫くしたら俺は泣き疲れて朝起きた時にはその変なのは消えてて親にそれを話しても信じて貰えなかった。
でも、今よくよく考えると夢だったかもと思うようになってきた。まずパッパが居なかったことがおかしいんよね。家族で寝るくらいの時間には普通に帰ってきてるはずだから俺が半狂乱で騒ぐ時には隣にパッパも居るはずだし居なくても俺の声を聞いて来るはず。それにマッマも起きなかったし今では「本当だったら奇妙だな」くらいの気持ちでいる。


624 :本当にあった怖い名無し:2023/06/23(金) 14:36:36.35 ID:Brakf31R0.net
続き

二度目は確か小学生くらいだった。佐賀にある父方の祖父母の家に遊びに行った時の話。黒い影というか、「まっくろくろすけ」を見た。
時間とか考えるはずもないクソガキだった俺はそろそろ帰るかって時に駄々をこねてた。それ事態はいつものことだったけど、その日はちょっとだけ違った。見送りに来るからと居間の電気を消して玄関に来た爺ちゃんと婆ちゃんの奥に変なのが居た。居間の柱を掴んでこっちを覗いてくる変な人型の影。当然その家にいる人間は全員玄関に集まってるし、そもそも耳がファンタジーに出てくるエルフみたいに尖ってた。当然俺はビックリして親に言うんだけど、親も祖父母も「あらそうね、まっくろくろすけね」と言う異常事態。怖くなって俺は大人しく親に連れられて帰った。
俺が高校生になった時、ネットの怖い話とかに興味を持った時にこの話を思い出してマッマと話してたんだけど俺とみんなが見てたものが違うと発覚。親曰く、階段の隅っこの方にまっくろくろすけが居たらしい。あの日、俺だけ別の何かを見てた。でも、不思議と怖さは感じなかった……と思うから駄々をこねる俺をご先祖様が見に来たのかもしれない。


625 :本当にあった怖い名無し:2023/06/23(金) 14:47:55.02 ID:Brakf31R0.net
続き

そして三つ目。というか正確には同じ場所で起こった二つの変な話。高校生の時、風呂に入って頭を洗ってる時にマッマが俺の名前を呼ぶ声が聞こえた。当然俺は「なにー!?」って聞き返すんだけど全く返事がない。それに怒って風呂上がりに「用がないなら呼ばないでよ」って話すと「はい?」って顔されたから声掛けられたことを話すと「別に呼んでない」って言われて俺はパニック。よくよく思い返せばマッマの声って直感的に思ったの普通にクソ怖いなって思った。それでそれを興奮気味に友達に話すと「それ、霊からの呼び掛けに応えるのってアウトじゃね?」みたいな事を言われて顔面蒼白。そんな話を親にすると「そう言えば、幼稚園の時にも同じこと言ってたわよ」って言われてこれまたビックリ。夜中に風呂場の方でガタン!って物音がする(多分夜中にパッパが風呂はいってる時の音……であって欲しい)のは昔言ってたけど声については全く覚えてなくて更に怖かった。

こっちは完全に関係ないけど死ぬほど運が悪いの、幽霊のせいだったらお祓いでどうにかならないかな


626 :本当にあった怖い名無し:2023/06/23(金) 14:51:19.59 ID:Brakf31R0.net
長文&駄文失礼しました


627 :本当にあった怖い名無し:2023/06/23(金) 17:50:43.21 ID:1UqcJ5Lo0.net
怖くないけどひさしぶりにスラスラ読めた
ありがとう


[ 2023/08/09 20:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

無人駅にある待合室に若い女性がずっといる
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2023/05/28 18:01 ] 不思議な話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?373
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1669544672/


928 :本当にあった怖い名無し:2023/02/04(土) 13:39:53.70 ID:3SxXxJ8f0.net
高校時代の話で、うちの実家はかなりの田舎で1日数本のローカル線の駅は当然無人
無人駅にある待合室に若い女性がずっといる、もう終電も過ぎたから野宿するんじゃないか?
でも何もない田舎の駅で何で若い女性がなんで?みたく近所で話題になり、世話焼きの叔母が心配して駅に行った
1時間くらいで戻ってきた叔母の話だとごく普通の若い女性で当てもなくブラブラ旅をしてる最中とのことで
心配して家に来ないかという叔母に、こういう野宿は慣れてるし一人でぼーとしていたいから大丈夫ですと
それでも差し入れのおにぎりとお茶はありがたく受け取ってくれたらしいけど
別れ際に至急病院に行って検査をしてほしい、今なら間に合うからと言うと驚く叔母をスルーしてさっさと寝てしまったらしい
翌日、その女性は居なくなってたんだけど怖くなった叔母は検査をすることにした結果、乳癌だった
初期だったから大丈夫で叔母は今も元気だけど、姉である母親とかなり年が離れて当時20代半ばだったから
がん検診なんか考えもしなかったしあのままだったらかなり進行した頃に発覚しただろうし下手すれば命の危機だったかもしれないとか
今でも叔母はあの若い女性は何か特別な力があるのだとしたら色々辛いだろうし大変だろうな、
あてもない旅に出て一人ボーっとしていたくもなるだろうなって言ってる


[ 2023/05/28 18:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加
管理人オススメ記事
【山の怪】もう何年も前に亡くなった俺の祖父は狩猟をやっていた
昔、中国に出張に行ってた時のこと
【恐怖体験】廃病院
20年前の話なので、もう特定されることもなくなっただろうと書かせて貰う


プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加


最新記事
【怖】もったいないオバケ・・・・? Apr 13, 2024
【不可解】鏡の中の自分の顔 Apr 12, 2024
【怖】お前をみてるぞ Mar 26, 2024
【不可解】中学生の時2年間だけ住んでた家がある Mar 25, 2024
ある寺に男が物見がてら参りに行ったときのこと Mar 20, 2024
俺の通ってた小学校に「赤紙男」って都市伝説があった Mar 17, 2024
俺にとっては死ぬほど怖かった話があるんだけど話してもいいかな Mar 10, 2024
神戸市北区5人殺傷事件の話 Feb 29, 2024
【怖】夜の地下道で見た人 Feb 28, 2024
昨日夕食時に家族でご飯を食べてたときに起きた怖い話なんですけどしても良いですか Feb 08, 2024
過去ログ +

2024年 04月 【2件】
2024年 03月 【5件】
2024年 02月 【4件】
2024年 01月 【4件】
2023年 12月 【2件】
2023年 11月 【2件】
2023年 10月 【4件】
2023年 09月 【4件】
2023年 08月 【7件】
2023年 07月 【2件】
2023年 06月 【2件】
2023年 05月 【4件】
2023年 04月 【1件】
2023年 03月 【5件】
2023年 02月 【8件】
2023年 01月 【10件】
2022年 12月 【10件】
2022年 11月 【10件】
2022年 10月 【10件】
2022年 09月 【10件】
2022年 08月 【10件】
2022年 07月 【10件】
2022年 06月 【10件】
2022年 05月 【10件】
2022年 04月 【10件】
2022年 03月 【10件】
2022年 02月 【10件】
2022年 01月 【10件】
2021年 12月 【10件】
2021年 11月 【10件】
2021年 10月 【10件】
2021年 09月 【10件】
2021年 08月 【10件】
2021年 07月 【10件】
2021年 06月 【10件】
2021年 05月 【10件】
2021年 04月 【10件】
2021年 03月 【10件】
2021年 02月 【10件】
2021年 01月 【10件】
2020年 12月 【8件】
2020年 11月 【7件】
2020年 10月 【10件】
2020年 09月 【10件】
2020年 08月 【10件】
2020年 07月 【10件】
2020年 06月 【10件】
2020年 05月 【10件】
2020年 04月 【8件】
2020年 03月 【10件】
2020年 02月 【7件】
2020年 01月 【10件】
2019年 12月 【8件】
2019年 11月 【12件】
2019年 10月 【10件】
2019年 09月 【10件】
2019年 08月 【10件】
2019年 07月 【10件】
2019年 06月 【10件】
2019年 05月 【10件】
2019年 04月 【10件】
2019年 03月 【10件】
2019年 02月 【10件】
2019年 01月 【11件】
2018年 12月 【10件】
2018年 11月 【11件】
2018年 10月 【10件】
2018年 09月 【10件】
2018年 08月 【10件】
2018年 07月 【11件】
2018年 06月 【10件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【10件】
2018年 03月 【10件】
2018年 02月 【10件】
2018年 01月 【12件】
2017年 12月 【9件】
2017年 11月 【8件】
2017年 10月 【13件】
2017年 09月 【13件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【10件】
2017年 04月 【10件】
2017年 03月 【10件】
2017年 02月 【11件】
2017年 01月 【10件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【8件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【13件】
2016年 06月 【16件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【13件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【13件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【12件】
2015年 05月 【16件】
2015年 04月 【14件】
2015年 03月 【27件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【25件】
2014年 12月 【26件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【20件】
2014年 09月 【18件】
2014年 08月 【20件】
2014年 07月 【25件】
2014年 06月 【21件】
2014年 05月 【18件】
2014年 04月 【17件】
2014年 03月 【16件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【22件】
2013年 10月 【10件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【13件】
2013年 07月 【10件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【5件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【6件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【19件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【8件】
2009年 07月 【21件】

アクセスランキング
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top