|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
ヘッドライン

【不可解な体験】大阪城公園の森の中でのこと
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2017/11/07 16:01 ] 不思議な話 | CM(2)
不可解な体験、謎な話~enigma~ Part104
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1504763643/


476 :本当にあった怖い名無し:2017/10/31(火) 12:52:16.09 ID:j4WyeNi90.net
めちゃくちゃ怖いってわけでもないからこのスレでいいよな

出張で大阪にやってきたんだけど
休みだったので27日に生まれて初めて大阪城へ行ってきた
JR環状線の森ノ宮という駅で降りて、少し歩いたら大阪城公園があるんだけど
公園に入って少し歩くと森があったんだ
森の中はジョギングコースになっているみたいで
平日の昼間だけど結構走っている年配の方がチラホラいて
元気だなぁなんて思っていると
少し先の方で道を外れて森の中に入っていく人が目に入った

服装は白のジャージっぽいやつで蛍光色の緑色の帽子をかぶっていた
体型から見て女性であることは分かったんだけど様子が変なんだよ
木の前で立ち止まったまま動かないんだ
なんか虫でも発見したのかな?なんて思ってるうちに
その女の人がハッキリ見える位置まで来ちゃって
何見てるか気になったからその場に立ち止まって観察してみようと思った
俺の存在に気付いていないのか相変わらず木の前で立ち止まったまま微動だにしない
2分くらいたってもその女性は動く気配もないからもう放っておこうと思ったその時
こっちにくるっと振り返って真顔のまま後ずさりしながら木の中にめり込んで消えていった
目の前で今、何が起こったのか理解するまで少し時間がかかったが
木に近づいて周辺を調べたけどやっぱり女性はいない
木に触れたが当然ゴツゴツしていて人がめり込める柔らかさでもない
そしたらなんか急に怖くなってその場から早足で逃げ出した
ホテルに戻って職場の同僚にこのことを話したけど
爆笑するだけで当然信じてもらえず・・・まぁ当然だよな、俺が逆の立場ならまず信じない

今までオカ板のこの手の話は嘘ばっかだと思っていたけど
少しは信じれるようになったよ
それにしてもあれは一体何だったんだろうなぁ


477 :本当にあった怖い名無し:2017/10/31(火) 13:26:12.74 ID:iyRtVVdg0.net
2分、観察してたの…


478 :本当にあった怖い名無し:2017/10/31(火) 13:32:18.15 ID:LPB1qx710.net
引田天功的な


479 :本当にあった怖い名無し:2017/10/31(火) 13:46:39.79 ID:5A8NNo4hO.net
それは木の精です


480 :本当にあった怖い名無し:2017/10/31(火) 16:05:07.88 ID:CrMt/Fnz0.net
上手い事言いやがって


[ 2017/11/07 16:01 ] 不思議な話 | CM(2) このエントリーをはてなブックマークに追加

当時の上司に酒の席で聞いた興味深い話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2017/10/27 12:01 ] 不思議な話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 126
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1507703100/


114 :本当にあった怖い名無し:2017/10/22(日) 03:07:00.20 ID:EwYCHvhV0.net
当時の上司に酒の席で聞いた興味深い話。

趣味の渓流釣りに出かけたという上司。
いつもならキャンプ場をかねたような場所で釣っているらしいんだが、
今回は趣味仲間のAさんの案内で山深い秘密の場所とやらへ向かうことになった。

山を登ること2~3時間ほど。
登山道をはずれ、道なき道を進むと程なく斜面に出た。
聞けばここを下りると目的地はスグそこらしい。
なるほど・・・・・・耳を澄ませば水の流れる音も聞こえてくる。
逸る気持ちを抑え、斜面で滑らないように一歩足を踏み出すと

「カコォーーーン!」

背後で音がした。
何の音だ?と振り向くが、Aさん曰く「業者が木を切り出す音」だそうだ。

「コォーーーン!」

山に鳴り響く木を打つ音。
人に見つかっては面倒だと急ぎ斜面を下り、目的地の渓流に辿り着く。
重い荷物をようやく降ろしてテントを組み立てる。


115 :本当にあった怖い名無し:2017/10/22(日) 03:08:18.17 ID:EwYCHvhV0.net
まだ日は高く、釣り竿を投げると面白いようにヒットする。
相変わらず木を打つ音が山に響き渡る中、2人は夢中で魚を釣り上げた。
ふと気づくと時間も夕方近く、木を打つ音もいつの間にか止んでいる。
山の夜は早い。森林作業員も下山したのかなと思っていると

「ほぉぉぉぉぉぉぉぉい!」

山に突然野太い声が響き渡った。
顔を見合わせる上司とAさん。

「ほぉぉぉぉぉぉぉぉい!」

森林作業員たちが下山を知らせているか、
野生動物よけに声を出しているんじゃないか?とAさんは言う。
山に響く声は日が暮れても続き、テントで眠るころには止んでいた。

実際には釣果自慢がてら親睦会の場で話してくれたんだけど
この平成の世に斧で木を切り出すソレこそ木こりみたいな人なんている?
ましてや木を打つ音はするけど倒れる音は聞いていないらしい。
そもそも「ほぉぉぉぉい」って・・・・・・普通無線とか使わん?

これ数年前の話なんだけどそんなことあんのかねぇ。


120 :本当にあった怖い名無し:2017/10/22(日) 18:57:12.10 ID:F2stxq6n0.net
天狗とかモノノ怪的なものなのかもな


117 :本当にあった怖い名無し:2017/10/22(日) 06:50:29.96 ID:lHBdnf88O.net
>>115
山の怖い話「九死霊門」を検索して読むことを薦める
無事で何より


[ 2017/10/27 12:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

新婚旅行でスペイン行った時の不可解な体験
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2017/10/26 12:01 ] 不思議な話 | CM(1)
不可解な体験、謎な話~enigma~ Part104
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1504763643/


256 :本当にあった怖い名無し:2017/10/08(日) 19:25:13.42 ID:HPj7lTcb0.net
 新婚旅行でスペイン行った時、クルーザーでとある島に向かってる途中エンジントラブル
とかで一時停止してたら波で酷く船酔いしてしまった。頭痛くなって倒れると優しい外国人
夫人が俺を抱きかかえてくれ、日本語でこの腕の所に船酔いのツボがあってよく効くから
押さえときなさいと助言してくれた。彼女は膝枕に俺の頭部を乗せてくれて、うちの主人は
沿岸警備の仕事をしてるから色んな事教えてくれるのよとか話してくれた。俺も気分が落ち
着いてきたので、側にいた嫁に大丈夫だからと言ったけど嫁は怪訝な顔して何言ってんの?
という感じだった。それからしばらく寝て起きたらもう島に着いていて、夫人を見つけ日本語
でありがとう助かりましたと言ったら、スペイン語でべらべら喋られ握手して別れた。後で嫁
から倒れた途端、あのご夫人と流暢にスペイン語で話し出したからビックリしたわと言われ
驚いた。その上、私にもスペイン語で話かけてきて現地のどっきりカメラだとずーっと思って
たと言った。ちなみに俺は日本語しか・・・・・・これ伝わってるかな?文章書くの難しいわ。Orz


258 :本当にあった怖い名無し:2017/10/08(日) 19:46:32.92 ID:6rpEDm360.net
>>256
前世とかはよく聞くけど不思議な話だな


260 :本当にあった怖い名無し:2017/10/09(月) 01:09:43.96 ID:Ge2Lvj3v0.net
>>256はその旅行がスペイン語初体験なの?


261 :本当にあった怖い名無し:2017/10/09(月) 02:11:48.66 ID:RMxciK5c0.net
>>256
ちゃんと伝わってるよ
そして不思議な話だなぁ


262 :本当にあった怖い名無し:2017/10/09(月) 04:11:54.11 ID:BwJYt3u00.net
スレタイ通りのお話だな


265 :256:2017/10/09(月) 12:39:10.10 ID:kl0PUzw10.net
 そもそも新婚旅行はイギリスでしたが、嫁がどうしてもスペインのある島に行きたいと
駄々をこねるので仕方なく2泊3日で行ったんだけど、スペイン語は全く知りません。
 そして船酔いしてる最中もスペイン語は全くなく日本語で聞いて日本語で喋ってました。
最初、夫人は仏人ぽい女優みたいな(自分的には母親ぽい親近感のある)綺麗な人でしたが、
船を降りて会ってみたら、70歳くらいのお世辞にも美形とは言えないお婆さんでした。
嫁に、あの夫人じゃないだろ?って何回も聞いたんだけど、嫉妬しない範囲で良い仲良し
な感じだったと言ってました。
 実は船に乗る直前野良ネコに日本語で、坊ちゃん(幼少時のあだ名)船乗るのはおよしよ
島へは行けないかもだよ、と言われたんだけどコレは聞き間違えだと思ってるんだけど
質問が多かったから白状しときます。


[ 2017/10/26 12:01 ] 不思議な話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

小1だった頃、モスクワ在住で日本語学校行ってた
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2017/10/25 12:31 ] 不思議な話 | CM(1)
不可解な体験、謎な話~enigma~ Part104
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1504763643/


295 :本当にあった怖い名無し:2017/10/15(日) 23:20:32.67 ID:iKpw4H9U0.net
小1だった頃、モスクワ在住で日本語学校行ってた。ある日、IQテストがあり当時相当なアホ
だった自分はそのテスト終わったら即帰っていいと言うので問題見ずにマークシート全問
塗り潰して速攻で教室を出た。(まあ結局、皆でバス乗って帰るので廊下で時間を潰さなければ
ならなかったんだけど)それから約半年後そんなテストも忘れてた頃、ウクライナの教育機関
とかいう所から特別なIQテストをしたいので、旅行がてら家族ぐるみで来て欲しいという事で
行ってみたら、真っ暗の音楽スタジオ(学校の体育館ぐらい)で赤いレーザー光線を鏡で
4回くらい反射させ最後に自分の額に当ててる状態で、頭の位置を変えずに光線を避けて
欲しいとか日本語で説明された。周り見ると40人くらいの同年代の様々な国の子供が同じ
状況にいる。出来る訳ないじゃん。アホなの?なにこれ?色んな国の言葉でざわざわ聞こえて
たら、一番右の赤いレーザー光線が上方で輪っか作ったり、飛び跳ねたり、グルグル回ったり
した途端、自分の係の人が「はい、あなたはもう帰っていいですよ」と言って周りの子らも
同じように即座にその部屋を後にした。皆で食事した後、何の説明もされず帰された。
大人になって親に聞いたけど、あれは一体なんだったんだろうな?って自分に聞かれても困る。


300 :本当にあった怖い名無し:2017/10/16(月) 03:50:01.60 ID:jCMW9ROS0.net
>>295
これは凄い興味深い
なんだろうね


297 :本当にあった怖い名無し:2017/10/16(月) 00:00:43.22 ID:xIeVcKzD0.net
>>295
全問塗り潰したことで全問正解になったのかもね
そこでものすごい天才少年だと認識された子供が集められ、篩にかけて真の天才を探していたと


303 :本当にあった怖い名無し:2017/10/17(火) 14:01:39.66 ID:mRrNceiE0.net
問題見ずにマークシート全問 塗り潰したら高得点
これだけですでに天才


304 :本当にあった怖い名無し:2017/10/17(火) 16:07:11.51 ID:Z4OLbn8V0.net
>>303
高得点とは書いてなくない?


305 :本当にあった怖い名無し:2017/10/17(火) 17:14:13.17 ID:wPf95ytp0.net
>>304
そうそう
そこも謎
なんか国が目をつけたくなる特殊なマークの仕方だったのかも
集められた子が、いかにも頭いいというか自覚ない感じだったようだしね
で、選別テスト?ぽいのも謎
それで何を見たかったのか
本人はすぐ返されたしその後何もないようだからハズレと見なされたんだよね
当たりの正解回答はなんだったのか
もしかしてソ連時代?
まさか超能力とかじゃないよね


306 :本当にあった怖い名無し:2017/10/17(火) 18:17:28.96 ID:2GC3GDj40.net
マークシートを適当に塗ってたやつをびびらせる会


308 :本当にあった怖い名無し:2017/10/17(火) 22:33:52.16 ID:SWctxBva0.net
IQレベルで頭いい奴はいつの世にもどこにでもいるわけで、上位者がたった数十名呼ばれて意味不明な追加テストされるのは、なんか違う気がするんだよなあ
IQテストに見せかけて実は特殊な才能か、もしくは指向性?を見つけるテストだったのではと妄想


311 :本当にあった怖い名無し:2017/10/17(火) 23:35:39.32 ID:tq0Fo8DhO.net
特定の問題が何らかの能力に関する計測指標だったりしたのかね
出題者の意図をテレパシーで読み取りでもしない限りそんな選択肢をマークする者はいないとか
もしくは塗りつぶしたマークシートの結果をn進法に変換すると或る単語になるとか


312 :本当にあった怖い名無し:2017/10/18(水) 01:45:23.27 ID:NuxV6Sg50.net
>>311
そうそう、こういうのを想像したわw
特定の問題をなんらかの法則でマークした奴だけをピックアップしたとかね
それはただ頭のいい天才とはまた違う才能かなんか
で、最終確認をしたとかね


[ 2017/10/25 12:31 ] 不思議な話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

10年前、職場の向かいにサーカステントみたいなのが出来て中で何かのパーティをしていた
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2017/10/22 12:01 ] 不思議な話 | CM(3)
不可解な体験、謎な話~enigma~ Part104
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1504763643/


248 :本当にあった怖い名無し:2017/10/07(土) 19:16:02.99 ID:gMJQhx7X0.net
10年前、職場の向かいにサーカステントみたいなのが出来て中で外人さん達ばかりで
何かのパーティをしていた。昼食代を忘れてお腹を空かしていたら、そのテントの中に
美味しそうな豪勢な料理皿が沢山見えた。立食会らしく皆立ち話しながら料理をつまん
でた。入口付近まで近づいたら、ご自由にどうぞという感じで沢山のバッジの入ったカゴ
を見つけた。英語でサイレントと書いてあった。もしかしてコレ付けてたら人と話さないで
済むかもと思った。会場の人でそのバッジ付けてる人を観察したら、案の定「フン、フン」
とか相槌だけ打ってる。まあバレたら素直に謝って退散しようと決め、バッジ付けて中へ
入った。その時生まれて初めてキャビアとフォアグラを食べた。麺とかご飯とかは無かった
ので残念だった。途中、身長180cmもあるモデルみたいな北欧美女にドイツ語みたいな
言語で話かけられた。自分は超焦ったが「フンフーン、フフン、フーン」と少し誇張して返事
してたら、ギャラリーが一人増え又増えいつの間にかそのパーティの中心人物化していって
しまった。これはマズイ。超マズイ。土下座して帰ろう!と思ってたら、急に巨人モデル美女
軍団に強めのハグされて超濃厚なディープキスされまくってしまった。散々タライ回しされて
もう今日は早退して帰ろうかなとフラフラになりながら出口へ向かうとそこで身長2mのヒゲ
男爵にシメのディープキス(口直しに美女の所へ戻りたかった)され、お土産にと小さな箱を
貰って外へ出られた。仕事場に戻って来て小さな箱を開けると、これは信じて貰えないだろう
けど・・・ 俺の財布が出て来た。黒の財布に白いマジックで英語で“よい一日を!”って書か
れてた。夕方、仕事終えてテントを探したが既に撤去していた。その場で大道芸していた
ピエロが自分を指差して人差し指と中指と親指をさすってお金くれよって感じでジェスチャー
しながら笑ってた。(長文スマソ)


249 :本当にあった怖い名無し:2017/10/07(土) 21:30:59.49 ID:zCA1i37a0.net
浦島太郎みたいだな、


250 :本当にあった怖い名無し:2017/10/07(土) 22:21:21.24 ID:Np/JR9UU0.net
なんか面白いw


[ 2017/10/22 12:01 ] 不思議な話 | CM(3) このエントリーをはてなブックマークに追加

高校のとき、なんの脈絡もなく女の幽霊を見るようになった
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2017/10/21 20:37 ] 不思議な話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 126
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1507703100/


100 :本当にあった怖い名無し:2017/10/20(金) 13:39:29.02 ID:LKUfJuKW0.net
高校のとき、なんの脈絡もなく女の幽霊を見るようになった。
曰くありげな場所に行ったとか、罰当たりなことをしたとかの心当たりはまったくない。
ある夜、不意に目を覚ますと布団の横に着物の女が座っていた。
怖いのでそちらに背を向けて布団を頭までかぶって
気のせいだという事にして寝た。
翌日思い返してみると金縛りになっていなかったことに気付き、
夢だったと言う事で納得することにした。

だがそれから度々現れる。
毎日出る訳ではない。
朝まで熟睡する日もある。ふと目が覚めても居ない日もある。
だが速い時は、明かりを消して布団に入って横になって
あ、トイレいってないなと目を開けるともう居たりする。
夢ではなさそうだ、だがよく聞く金縛りとかもない、
だからといって触ってみる勇気もない。

少し慣れてきたので姿をよく見てみた。
黒っぽい着物に少し乱れた日本髪、右側の少し奥、寝ている俺の膝がある当たりに
まるで看病でもしているかのように布団の方を向いて正座をし、
背を丸めてうつむきぼんやりと下を見ている。
なんとなくだが時代劇に出て来る貧乏長屋に住む奥さんといった感じだ。


続く


101 :本当にあった怖い名無し:2017/10/20(金) 13:41:23.12 ID:LKUfJuKW0.net
その奥さんが出始めて一月近く、もういいかげんなんとかしたい。
友達に話しても夢だと笑って流されるか、おっぱい揉んでみろとからかわれるだけで、
霊感があるとか、霊能者の知り合いがいるなんてヤツは残念ながら現れない。
しかし考えてみると悪さをする訳ではない。
うらみつらみがある風でもない。
そもそもなぜ俺の所に出始めたのか?
俺と時代劇の奥さんとなんの接点があるというのか?
何か伝えたいことがあるのだろうか。
やって欲しいことがあるのだろうか。

仕方がないので聞いてみる事にした。


ある夜、現れた奥さんに、
「何か言いたい事があるんですか? して欲しい事があるんですか?」
と、心の中で問いかけてみた。
が、無反応・・・
何度か問いかけてみたが反応がない。
心の中でお経を唱えるとオバケに効果があると聞いたので
伝わるかと思ったがダメだったようだ。


続く


102 :本当にあった怖い名無し:2017/10/20(金) 13:43:19.41 ID:LKUfJuKW0.net
もう覚悟を決めて、布団から出て、まくらの横に正座して、
思い切って声に出して話しかけてみた。(寝たままだとなんか失礼な気がした)
「あの、」
といった時、奥さんの頭がちょっとだけピクッと動いた。
それを見て「あ、動けるんだ!?」と思って怖くなったが、
「何か、俺に言いたい事とか、あるんですか? あの、用事とか・・・」
と続けた。
もう怖くて心臓バクバクで反応を待っていると、
ゆっくりと丸めていた背筋を伸ばし、布団を見続けたまま、
「では、ひとつだけ・・・」
と小さな声で言った。
ホントに喋った!と思いながら
「はい、なんでしょう。」
と言い、ドキドキしながら次の言葉を待っていると、
手をついて深々と頭を下げ、
「もう、来ないで下さい・・・」
と言った後、その姿勢のまま急速に色を無くし、すぅっと消えてしまった。
あまりにも予想外の答えにあっけにとられ、
「いやいや、違うから、来てるのアンタだから。」
と今度出たら絶対言ってやると思ったが、
言いたかったことが言えて満足したのか
もう奥さんは二度と現れなかった。


終わり


104 :本当にあった怖い名無し:2017/10/20(金) 14:59:13.12 ID:oM4ivXMI0.net
曰く付きのところには行ってないそうだけど、知らないうちにどこか女の人の居場所に行ってしまったのかな。
それで「もう来ないでください」なのかも


[ 2017/10/21 20:37 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議体験】20年くらい前、私が高校生だった頃の話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2017/10/14 12:01 ] 不思議な話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 125
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1501036799/


982 :本当にあった怖い名無し:2017/10/11(水) 14:07:17.30 ID:tkFZabX20.net
20年くらい前、私が高校生だった頃の話
早朝の電話のベルに眼が覚めた
電話は私の部屋から階段を降りたところにある
両親の寝室にもあるので親が取るのを待ったがベルは鳴り止まない
仕方なしに受話器を取ると母の従兄弟が泣き笑いのような声で
「今親父が死んだんや」
驚いて両親を起こし大叔父が亡くなったことを伝えると、
両親は近所に住む叔母(母の末妹)と共に明るくなる前に大叔父のもとに向かった

その日の夜7時頃、玄関の真上の自室で両親を待ちながらゲーム()をしてると、
玄関の引き戸の開く音に続き家の中を歩く足音が聞こえた
なぜ無言なのだろう、ただいまぐらい言ってもいいのに?
うちの車庫は母屋から少し離れているので、トイレに行きたくなった父が
切羽詰まって運転手の母を置いて先に帰宅したのかな?と考えていると階下でベルが鳴る
多分葬儀の日時を知りたい親戚だろうから父が出ればいいと放って置いたら、
長い間鳴り続け電話は切れたが5分と経たぬうちにまた鳴り始める

どうして出ないんだ!何も知らない私が出ても仕方ないじゃない!
勢いよく自室のドアを開け放つと階下は闇だった
誰か帰ってきたはずでは?と訝しく思いながら電話に出ると遠くに住む母の次妹がのんびりした口調で
「どうしたの?さっきも電話したのよ」
誰かの足音がしたんです、とも言えず両親が帰ったら連絡すると伝え受話器を置いた
すぐに大学に行ってる姉からも着信があり先ほどの出来事を話しながら、この闇の中に何が潜んでいるのかと目を凝らす
話を聞くと姉は「実はあんたの声の他に誰かが話す声がするんだよね」と言いだすのでそそくさと電話を切った

それから30分ほどして両親が帰宅した

3月初旬は7時過ぎるともう真っ暗で、段差の多いこの家は住んでいる者でも明かりなしであの足音のように歩けない
足音は玄関から戸惑うことなく家の奥に進んで行った
大叔父はこの家で生まれた。生家はやはり愛着があるものなのだろう


[ 2017/10/14 12:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

故人だけど、祖母がちょっと不思議な能力があった
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2017/10/13 22:01 ] 不思議な話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 125
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1501036799/


884 :本当にあった怖い名無し:2017/10/03(火) 10:37:14.86 ID:ukme8/EA0.net
故人だけど、祖母がちょっと不思議な能力があった。
予知夢をみるんだが、身内限定の話なのであんまり役に立たない。

例えば、20年以上前の朝ごはんの時
「昨日、○美ちゃん(俺の従妹)が地震があったから、とブランドモノのバッグを抱えて逃げてくる夢を見た」と言った。
○美は当時淡路島の実家に住んでいた。
それから数日後、阪神大震災があり、実家が半壊したため○美ちゃんは実際ルイヴィトンのバッグに着替えなどを詰め込んで我が家にやってきた。

それから数年後
「昨日、○クン(俺の従兄)が魚連れて挨拶に来る夢をみた」と言った。
○クンも淡路島で猟師をやっていたので、何か事故でもあるんじゃないかと思っていたら
それとは別で友人と海に泳ぎに行って溺れて死んでしまった。

さらに、6年前の東北の震災の前も
「昨日、A子さんの家が地震でユッサユッサ揺れてた。でも大したことなかったけどね」と言った
A子は母方の親戚で山形に住んでいた。
その後東北の震災があり、山形に住んでいたA子さんの家も実際に揺れたが、たいしたことは無かった。

これ、もっと広い範囲の夢を見られるなら、役に立つと思うんだよな。
A子の家は山形だからあんまり揺れなかったが、その同じ時間帯に宮城や福島の方では偉いコトになってたわけだし。
それを婆ちゃんに言ったら「でも、見ようと思ってみてるわけじゃないしねぇ」と困った顔をしていた。

ちなみに婆ちゃんは自分が死ぬ数日まえに、突然出かけてくる、と一張羅の着物を着て出かけた。
しばらくして婆ちゃんは脳の血管が切れて病院にいってそのまま死んだが、その時婆ちゃんが撮った写真が遺影になった。
写真屋さんでも「これが遺影になるから、キレイにとって欲しい」と言っていたらしい。
どういう夢をみたのか、それとも夢じゃなかったのかはわからんけど、死期はわかったらしい。
荷物も整理されていて、自分の資産も全部ノートに一覧として残してくれていた。


[ 2017/10/13 22:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議体験】公園の土管
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2017/09/21 12:01 ] 不思議な話 | CM(0)
不可解な体験、謎な話~enigma~ Part104
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1504763643/


84 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/13(水) 00:26:33.02 ID:0r1zSk8B0.net
親しくなった下請けの社員とプライベートで飲みにいったときに聞いた話。
そいつが小学校4年生の頃だったそうだ。
土曜日の午後に遊ぶ約束をして、友だち数人と近くの公園で待ち合わせた
公園といってもいくつか遊具があるだけで砂場には幼児がいるし、
野球なんかは当然禁止されてるので、ベンチで少しだべってから、
誰かの家に行ってゲームをする予定だったという。

自転車を置いて公園に入ってみるとまだ友だちは誰も来てなかったが、
シーソーの横に新しい遊具があるのを見つけた。
それは半径50cmくらいの土管をH字型につなげたもので、
1mくらいの土台の上に置かれてる。
あとH字の中央に2箇所上に出られる短い管もついていた。


85 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/13(水) 00:27:41.63 ID:0r1zSk8B0.net
鮮やかなピンク色に塗られていたんで、
きっと小さい子がくぐって遊ぶものだろうと思った。
で、見てたらなんだか入ってみたくなった。
Hの4つある入り口のうちの一つから入って途中のたて穴から顔を出し、
入ったのと反対側の穴の一つから出る。
それだけのことなんだけど、穴のふちに両手をかけようとしたら、
上手くいかず転げ出てしまった。で、芝の上にうつぶせに手をついたとき、
左手の手首から先がなくなってることに気づいた。

ひじょうに驚いたが、痛くもなんともなかったそうだ。
それに手首がなくなっている切り口も、
骨が見えたり血が出たりしてるわけでもなく、アルミのお皿のように
平らになって鈍く光ってる。驚いて立ち上がって土管を見ると、
上に出る短い管の縁を片手だけが握っていた。
他に入った子どももいなかったので、自分の手だと思って登ってみた。


86 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/13(水) 00:28:07.08 ID:0r1zSk8B0.net
確かに手首から先だけがそこにあるが、
引っぱってみてもピクリとも動かない。強く握ってるから動かないんじゃなく、
まるで土管の一部になってしまったような状態だったそうだ。
かなりあせったけれど、さっき入った口からもう一度もぐっていって上をあおぐと、
左手の手首から先が下から見えたが、切り口はやはり銀色に輝いていた。

そのとき、もしかしたらと思って左手を上に伸ばしてみた。
するとブウンというモーターのような音がし、
磁石がくっつくときのように軽くひっぱられる感じがして、
切断面どうしがぴたっとくっついたのだそうだ。
すると指の感覚が戻ってきて、そおっと手を降ろしてみると、
何事もなかったようにつながってた。土管から出て手首をよく見てみたが、
傷のようなのもなかった。そしたら今あったことが、
何か夢の中のような出来事のように思えてきた。
そのうち友だちがパラパラとやってきたが、どうせ信じてもらえないだろうと、
手首の話はしなかったそうだ。


87 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/13(水) 00:28:28.38 ID:0r1zSk8B0.net
飲み屋でここまで聞いて左手を見せてもらったが、
薬指の爪の上に絆創膏をしているだけで、まあ特に変わったところもない。
ちょっと信じられないが、作り話にしてはあまりに奇妙なんで、
言葉をつなげないでいると、そいつは、
「一ヶ所だけのぞいて変なことはないです」そう言って絆創膏をとった。
すると爪が黄緑色になっていて、1cmばかりの、
ちょうどもやしの芽のようなものが生えていた。

「あれ以来ずっとこうなんです。しょちゅう切ってるんですけど、
 枯れることはないみたいですね。親に見せたら医者に連れてかれたんだけど、
 植物ではなくて爪の形が変化してるだけなんだそうです。
 実害はないんですが、伸びると何かが起こりそうな気もするんです。
 それから、公園はもうなくなってるんですけど、
 その土管は10年以上設置されてたと思います。
 その10年の間に、その公園にいったという消息を最後に、
 小学生が2人行方不明になってるんです。いまだに見つかっていませんが、
 あの土管と関係があるような気がしてならないんです」とつけ加えた。


[ 2017/09/21 12:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【不可解な話】ジイちゃんと鏡
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2017/09/20 16:44 ] 不思議な話 | CM(1)
不可解な体験、謎な話~enigma~ Part104
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1504763643/


54 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/12(火) 18:09:06.28 ID:kaCSdF3u0.net
かなり変な話なんだが書いてみる

2年前に84歳で死んだうちのジイちゃんなんだが、戦後の闇市を生き抜いてきた世代で、
背中には見事な不動明王の入れ墨があった。まあこれは本題には関係ない。
このジイちゃんが死ぬ3年ほど前から半ボケ状態になって、自室で寝たきりで過ごすことが多くなった。
暴れたり徘徊するわけではないし、トイレには自分で起きてくるのでそんなに手はかからない、
食事の世話は俺の嫁がやっていたが、食はどんどん細くなっていったな。
それがある朝、家族がキッチンで朝食をとっているところに、
背筋をのばして大股で歩いてきて、突然「鏡を買ってきてくれ」と言い出した。

「ジイちゃん、鏡は部屋に掛けるのか。なんなら鏡台を持っていこうか」と聞くと。
首を振って「庭にすえる」って言う。続けて、
「俺はもう長くないから、あれが入ってこようとしている。ひっ返させねばならん」
こんな話になてらちがあかない。
「あれって何だい?何が来るって?」 「・・・・」
「鏡くらい いいけど。どんくらいの大きさ?」
ジイちゃんは少し考えた後、手で50cm四方くらいを示したんだ。
でまあ、それでジイちゃんの気が済むのならいいかと思って、
その日の仕事帰りにホームセンターで壁に掛ける用の鏡を買ってきた。


55 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/12(火) 18:10:14.47 ID:kaCSdF3u0.net
そしたらジイちゃんは、包装をといた鏡を両手で抱えて外に出ようとした。
これは外はもう暗いし転んでもしたら大変だと思って、
俺が鏡を持ってジイちゃんといっしょに外に出たんだよ。
うちは田舎なんで庭はけっこう広い。門から数m敷石が続いていて、いろいろ庭木が植えてある。
ジイちゃんはその敷石から外れた、ちょうど1階のベランダの前に来て、
「ここに鏡を立てろ」って言う。そんなことをしたら庭の景観が台なしになてしまうが、
あまりにしつこく訴えるので、土を少し掘り、ゴロタ石を支えにしてその場所に鏡を立てかけたんだよ。
これをやり終えると、ジイちゃんは鏡の前に出て映った自分の姿をためつすがめつ見ていたが、
にっこり笑って家に入っていったんだよ。

それから、夕方ころにジイちゃんは鏡をボロ布で磨くようになった。
鏡は雨ざらしだから、どうしても雨滴などで曇ってしまう。それを拭いてたんだな。
それである日、ジイちゃんは家の中に入ってくるなり「あれだけではダメだ、常夜灯を買ってきてくれ」
とさらに要求を出した。よくよく話を聴いてみると、鏡の近くにスポットライトのようなのを設置して、
夜の暗い中でも、鏡に映った姿を見られるようにしたいってことらしかった。
何がなんだか皆目わからないが、どうせついでだと思ってそれもジイちゃんの言うとおりにしたんだよ。
でもまあ、鏡も常夜灯もずっとあるだけで、特別変わったことはないと思ってた。
そのうちにジイちゃんの容態が悪くなって、市内の大学病院に入院した。


56 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/12(火) 18:12:48.42 ID:kaCSdF3u0.net
死ぬ前はかなり意識が朦朧としてたんだが、いよいよ臨終というときに、
酸素マスクを自分で外して、「あの鏡、俺の四十九日が終わるまで片づけるなよ」みたいなことを言ったんだよ。
それでジイちゃんの葬式が終わって四十九日も過ぎて、さて鏡を片づけようかとしたときに、
嫁が変なことを言い出した。「あの鏡、ほんとうに片づけても大丈夫かしら」って。
「えー何で?」 「私、こないだ10時ころに外に出たときに見ちゃったのよ」
「何を?」 「うずくまったままの状態であの鏡の前まで歩いてきた女がいたのよ」
「どんな女?」 「それが全体的に薄汚れてボロボロの服を着た若い女で、頭にはスカーフをかぶってた。
その女が鏡を覗き込むと。ヒッという声を出してパッと消えたの」
「どういうこと?」 「あの鏡がその女を追い返したんじゃないかと思う。
おじいちゃんは何か知ってたんじゃないかしら」まあこんなことがあって、
鏡はしばらくそのままにしておいて、こないだやっと撤去したんだよ。


57 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/12(火) 18:34:50.86 ID:jPkyJpth0.net
ほえ~おもしろい
その鏡は爺ちゃん亡き後は磨いたりとかしなかったの?
鏡にお爺ちゃんの姿を焼き付けて追い払ってたのかな


59 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/12(火) 19:22:02.68 ID:0zeJRiPW0.net
後日談を知りたい


60 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/12(火) 19:35:27.83 ID:kaCSdF3u0.net
>>59
後日談は何もないよ
その女の正体を調べようと古いアルバムとか引っ張り出しても
ジイちゃんの若い頃の写真なんて1枚もないんだ 
親戚も知らないって言うし、ジイちゃんは男だけの3人兄弟でその人たちもみんな死んでるし
ただ嫁が言うには、庭に来た女は笠置シヅ子とかの終戦直後の服装みたいだったらしい


[ 2017/09/20 16:44 ] 不思議な話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

‐全ランキング表示‐ ブログパーツ
プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加




最新記事
超メジャーな心霊スポットで見た女の幽霊 Nov 08, 2017
【不可解な体験】大阪城公園の森の中でのこと Nov 07, 2017
あの日確かに見た人形 Nov 06, 2017
【不可解な体験】お年寄りが奇妙な歩き方で歩いていた Nov 05, 2017
【恐怖体験】墓地から聞こえる声 Nov 04, 2017
当時はあんまり怖いと感じなかったけど今改めて思い返すとヤバイんじゃと思う話 Oct 28, 2017
当時の上司に酒の席で聞いた興味深い話 Oct 27, 2017
新婚旅行でスペイン行った時の不可解な体験 Oct 26, 2017
小1だった頃、モスクワ在住で日本語学校行ってた Oct 25, 2017
10年前、職場の向かいにサーカステントみたいなのが出来て中で何かのパーティをしていた Oct 22, 2017
過去ログ +

2017年 11月 【5件】
2017年 10月 【13件】
2017年 09月 【13件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【10件】
2017年 04月 【10件】
2017年 03月 【10件】
2017年 02月 【11件】
2017年 01月 【10件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【8件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【13件】
2016年 06月 【16件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【13件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【13件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【12件】
2015年 05月 【16件】
2015年 04月 【14件】
2015年 03月 【27件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【25件】
2014年 12月 【26件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【20件】
2014年 09月 【18件】
2014年 08月 【20件】
2014年 07月 【25件】
2014年 06月 【21件】
2014年 05月 【18件】
2014年 04月 【17件】
2014年 03月 【16件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【22件】
2013年 10月 【10件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【13件】
2013年 07月 【10件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【5件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【6件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【7件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【8件】
2009年 07月 【21件】

アクセスランキング
LINK
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top