|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
ヘッドライン

「あそぼう」
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2011/11/30 17:00 ] 怖い話 | CM(2)
495 :本当にあった怖い名無し:2011/11/27(日) 19:21:24.34 ID:w1IFhXrm0
初めて投下します。

今年の夏、幼なじみの家に遊びに行ったんだ。その道すがら体験した話。なるべくまとめてみる。

幼なじみの家はチャリで15分くらい。うちの地元は田んぼが多くて、しかも街灯が少ないから、夜はめちゃくちゃ暗いんだ。

道のりに新幹線の高架下を通るんだが、そこがいつも気持ち悪くてな。近所ではちょっと有名な気持ち悪いとこなんだな。目撃談もそこそこあるようだ。

俺は気持ち悪いのやだし暗くて怖かったから、イヤホンで聴いてた歌を歌いながらチャリ漕いでたんだよ。んで、高架下をなるべく意識しないように通過。すこし安心してると、前にTシャツにジーンズの男の子が街灯の近くに立ってたんだ。田んぼを眺めてる感じだった。

歌うたってるのが聞かれるのが恥ずかしかったんで声を小さくして、男の子を左手にみて通り過ぎた。やべー聞かれちゃったかな…と少しはにかみながら。

だけど、あれ?っとあることに気付いた。俺の左って、田んぼの用水路しかないんだよ。結構深めの。男の子はちょうどその辺りにいたような…

と思い、バッと振り返る。


誰もいない。


…おかしいな…と思い、前を向き直す。

と、ちょうど進行方向1メートル位先に、だからほんとすぐ前だよな、さっきの子と思われる男の子がこっち向いて立ってるんだよ。



496 :本当にあった怖い名無し:2011/11/27(日) 19:21:44.88 ID:w1IFhXrm0
ぶつかる!!ってなったもんで、急ハンドルしたから激しくコケてしまった。

コケてる最中に男の子の顔が見えた。それが異様で、今も忘れられない。

鼻が、無いんだ。唇も無かった。上の方の。だから、上の歯が見えてる状態。本当に異様。

何だったんだ、と振り返ると、もうそこには何もいなかった。とにかく離れなきゃ、と思ってチャリにまたがると、左後方から

「あそぼう」


という声が聞こえた。

足擦りむいたりして血出てたけど必死に漕いだよ。もう歌とかうたう余裕無かった。

とにかく必死に漕いで幼なじみの家へ一目散。途中ペダルが妙に重くなったと感じた時間もあったが、知ってるお経をぶつぶつ唱えながら半泣きで幼なじみの家に言った。

塩まいてもらって、一応異常はそれからなかったけど、あれはなんだったんだろう。未だに分からないまま夏は過ぎた。

始めての心霊体験だった。

乱文すまん。読んでくれてありがとう。

[ 2011/11/30 17:00 ] 怖い話 | CM(2) このエントリーをはてなブックマークに追加

ドアスコープに関する怖い話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2011/11/22 23:45 ] 怖い話 | CM(2)
今までで一番ゾッとした瞬間9
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1315503988/


49 :本当にあった怖い名無し:2011/09/26(月) 12:45:01.78 ID:BHBGqBn00
普通の人間がおかしい事するって怖いよね。
昔はたまに心霊現象みたいなものに遭遇したことあるけど、
今回そんなものよりぞっとした話。

うちはワンフロア3戸のマンションで、角部屋2つがドアが向かい合ってる。
うちと反対側の角部屋には30代位の夫婦が住んでいて、
そこの奥さんは普通に感じよくいつも挨拶してる。
たまに近所の人と立ち話してるのも見かける。

ある時から、家にいると玄関を開けようとして、
「ガン」とドアが響く音(施錠してるから開かない)が聞こえることがあった。
元々がのんきなタチなので、1ヶ月に1回程度だし気のせい?とあんまり気にしてなかった。
たまにドアスコープ覗きにいっても誰もいないし。
が、ある時また「ガン」とドアが響いたのでドアスコープを覗くと、
お向かいの奥さんが向こう側からスコープに顔を近づけて覗き込んでいた。
ギョっとして玄関を開けて、「どうかされました?」と聞くと
動揺もせず「あら?いえいえ」とエレベーターに乗り込むとこだった。
「何かご用事でしたらインターフォン押してくださいね!」と言ったけど、
そのまま乗っていってしまった。
なんだろう、気持悪い人。今までのもあの人だったのかな・・。
そんな風に思いつつまた忘れた頃。
夜に目が覚めて時計を見ると3時半。
トイレに行くのに玄関の前を通った時、「ガン」とまた玄関が響いた。
ほんとにゾッとした。


50 :本当にあった怖い名無し:2011/09/26(月) 17:13:33.80 ID:lW3gfvGYO
>>49
スコープの回りにペンキを塗っておくんだ。
そして奥様が覗いた後の顔を想像してください。


51 :本当にあった怖い名無し:2011/09/26(月) 19:39:37.53 ID:BHBGqBn00
>>50
顔近づけてるだけで目はつけてないw
覗いていきなり目がアップであったらその時点で泣くわw


52 :本当にあった怖い名無し:2011/09/27(火) 16:16:31.53 ID:hoYb1Bzt0
ドアスコープつながりで、似たような実体験。

俺の部屋はマンション1Fのドンづまりで、玄関のドアスコープを
覗けば長い廊下が見通せる。ある夜3時頃、水でも飲もうと台所に。
そのとき脇の玄関ドアに何気なく目をやると、いつもなら廊下の
明かりがポチっと見えるはずのドアスコープが暗い。内廊下だから、
24時間明かりはついてるはずなのに。

俺は廊下の蛍光灯が切れたかとスコープを覗いてみた。しばらく
目をこらしてみる。暗くて、火災報知器の赤いランプも見えない。
おかしい。廊下だけ停電なのかとドアを開けようとしたとき、
すーっと明るさが増してきて、いきなり男の姿が現れた。
俺は腰が抜けるほどビックリしてのけぞったが、気合いで覗き直す。
しかし、もう男はいなかった。長い廊下が見えるだけ。

外側から男が覗いていたからドアスコープは暗かったのだ。
背広姿の中年男だったような気がする。表情まではわからない。
俺が驚いてドアスコープから目を離し、再び覗くまでほんの数秒、
男は一瞬で消えたとしか思えない。

翌日、管理会社に連絡した。だけど「外部から侵入の形跡はなし。
廊下に監視カメラはないから、その人物の特定までは無理。
住民に注意喚起します。戸締まりには気をつけて」という報告。
あの男はマンションの住人だったのか、あるいはこの世のモノ
ではなかったのか、そもそもナゼ俺の部屋を覗いていたのか、
何もわからない・・・。

それにしても深夜3時にドアの厚さだけを隔てて、見知らぬ男と
チュッチュしてもおかしくない近さで見つめ合ってたなんて。
思い出すだけで唇のあたりがムズムズしてきて、鳥肌が立つ。
今ではドアスコープにガムテ貼って、覗けないようにしている。


69 :本当にあった怖い名無し:2011/11/03(木) 00:21:36.02 ID:Ual+8v6g0
ドアスコープ系怖すぎ

ってか日本って変人そんな多いのかよ


74 :本当にあった怖い名無し:2011/11/03(木) 11:21:40.14 ID:DdqPEH8j0
ドアスコープって外から中覗けるの?
自分は海外住みですが、こちらは犯罪が多いため
ドアスコープもシャッターがついていて
中から外を見るときだけシャッターをずらすという風になっています。

ドアスコープのシャッターは日本でもありそうな気がしますが、、、
ハンズなんかで売っていて、防犯のため取り付けてはいかが?

あと、普通に覗きって軽犯罪だと思うので、
上記のおばさんの証拠が取れれば即通報でいいと思う。
(ここで躊躇してはいけない)


80 :本当にあった怖い名無し:2011/11/07(月) 03:02:17.91 ID:+mmg1wWj0
ドアスコープってあの筒状の中から外覗くヤツだよね?
あれって外から中見えるのか?

古いアパートとかだと新聞受けから中覗けるみたい


81 :本当にあった怖い名無し:2011/11/07(月) 10:44:29.75 ID:0/Jee5XC0
>>80
試しに自分ちの見てみた。
部屋の様子は分からなかったけど、
覗かずとも玄関の電気が点いてるとオレンジ色に穴が光ってた。
あと中で人が動いてるのも、
明かりの明暗が動く感じで居るのは分かる感じ。
他の家はどうなってるか分からないけど。


84 :本当にあった怖い名無し:2011/11/16(水) 23:15:30.55 ID:78tApybM0
>>81
別のスコープを逆向きにくっつけると、素通しで見えるらしいが


85 :本当にあった怖い名無し:2011/11/17(木) 00:29:07.96 ID:NW7+aXWn0
>>84
こわっ


102 :本当にあった怖い名無し:2011/11/22(火) 22:53:29.54 ID:Qn5AMrvQ0
霊的な話よりも病んだ人間とかちょっとおかしい人のする奇怪な行動の方が怖い。

[ 2011/11/22 23:45 ] 怖い話 | CM(2) このエントリーをはてなブックマークに追加

その子は許してあげて
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2011/11/10 14:00 ] 怖い話 | CM(0)
560 :本当にあった怖い名無し:2011/11/08(火) 20:34:22.76 ID:rkFQaqqy0
怖いってか不気味な話だけど該当スレわからないからここに投下するね

今から15年くらい前かな
当時、親戚が水道設備を営んでいてそこで短期バイトしてた俺は
他県のある村というか住宅が数十棟ぐらいしかない小さな集落みたいな感じの一画にある一軒家に
社長(親戚)、社員A(社長の息子)、社員B、俺の四人で浄化槽の埋設工事に行ったんだ。

で、午前中は浄化槽を埋めるための大きな穴を掘る作業して、
施工主は留守で10時になったから皆で休憩のために現場近くの
小川に横一列に腰掛けて買ってあった缶コーヒー飲んでたんだ。

皆で談笑してると社員Bが穴掘ってる時に小さな動物の骨がたくさん出てきたので
ペットの埋葬場じゃないかなんて話してたら、後ろから木の棒みたいのが尻に当たる
感触がしたんで振り向いたら、パッと見20~30歳ぐらいの小太りの男が鎌持って
こっち見て立ってるわけよ。
で、下見たら俺に当たったのは棒じゃなくて錆びきった鎌で、
それ見て頭来て「何してんだ!てめえ!」って叫んだわけね。

小太りの男が一瞬ビクってしたあと、また持ってた鎌投げつけて来たのよ。
男と俺たちの距離は8mぐらいあって錆びてる鎌とは言えあきらかに危ないし
知的障害者かもと思ったけど、そのまま黙って立ってたから
近寄って「なんなんだよ!」って怒鳴ったのよ。

そしたら騒ぎを聞きつけた近所の婆ちゃんが出てきて「その子は許してあげて」とか言うのよ。
婆ちゃんの話を聞くと、その男はやっぱり知的障害者で集落から少し離れた場所に
母親らしき人と住んでいるとの事だったが、母親らしき人と伝えたのは婆ちゃん自身も
男と一緒に歩いてる女の人をたまに見かけるだけで挨拶しても喋らないからわからないとの事だった。

怪我もなかったし穏便に済ましてやろうと言う社長の一言でその男は開放され帰って行った。
知的障害とは言え、鎌投げられて殺されかけたかもしれない俺は納得はいかなかったが
休憩も終わり仕事に戻った。
ちなみに落ちてた鎌二本はまた投げられたら危ないから浄化槽と一緒に埋めようと言う事にして拾っておきました。


561 :本当にあった怖い名無し:2011/11/08(火) 20:34:45.69 ID:rkFQaqqy0
で、午前中の仕事が終わり昼飯を食べて午後2時ぐらいだったか穴も掘り終わり
いよいよ浄化槽を埋めようとした時、また男が現れた。
しかも今度は婆ちゃんが話していた母親らしき女も一緒に。

謝りにきたのか?と思ったけど二人とも黙って立ってるだけで、現場の一軒家に入ってくる様子はない。
女は不気味な雰囲気を出していたのよ。
それもそのはず右手は男と手を繋いでいるが左手に抱えていたのは灰色の毛が生えた動物しかも首ないの。最初人形かと思ったけど気づいたときはゾっとした。

でも、作業の邪魔をするわけでもなく一軒家の外から黙って見てるだけなので
気にせず作業を続けようってことで埋設する浄化槽を吊り下ろすためにロープを掛けてたのよ。
作業中はあの首無し動物でも投げられたら気持ち悪いななんて気が気じゃなかった。

で、何事もなく浄化槽を埋設し終わって余った土をトラックに乗せてたら土の中から社員Bが
また骨見つけたのよ。動物の頭蓋骨。
何の頭蓋骨かわからないけど、猫っぽいし、魚っぽいし、でもサイズ的に人間じゃないね
なんて言ってたときピンと来た「これ猿だ・・・」
そこでみんなさっき女が抱えていた首無しの動物を思い返しまたゾッとした。
ちなみにその時はもう二人は辺りにいなかったのでなぜかほっとしたのを覚えている。
頭蓋骨は気味が悪いからトラックに積まずに小川に捨てておいた。


562 :本当にあった怖い名無し:2011/11/08(火) 20:35:09.86 ID:rkFQaqqy0
で、埋設工事が終わり二人に出くわす事もなく無事に帰ったわけですが、
それから何ヶ月か経ったときに社長と話す機会があって、あの時の工事気持ち悪かったっすねw
なんて話してたら

社長が工事後、施工主に聞いた話だとあの二人は親子ではなく姉弟らしく
近隣の住民もいつから住んでいるのか知ってる者は少ないとの事だったらしい。
施工主の家に埋まっていた骨はやっぱり猿だったようで施工主が庭で発見した猿の首を処理に困って
埋めておいてあったそうだ。
施工主の家には度々動物の死骸が投げ入れられていたそうで
昔警察に相談したところ犯人は姉弟で、姉妹の母親が泣いて謝ったので二度とさせない約束で許したそうです。

まあ、不気味な姉弟の話でしたが、話の途中で一番驚いたのは姉弟の母親が
「その子は許してあげて」と言ったあの近所の婆ちゃんだったことです。
なんで自分が母親だって事を俺たちに正直に言わなかったのか腑に落ちない話でした。

[ 2011/11/10 14:00 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

‐全ランキング表示‐ ブログパーツ
プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加




最新記事
峠に筍取りに行った時の不思議な話 Jun 27, 2017
【不思議体験】婆ちゃんが一人暮らししてる部屋 Jun 26, 2017
【不思議体験】誰かいる? Jun 21, 2017
私は死ぬが、お前を末代まで祟ってやる Jun 16, 2017
20代の半ばまで働いてた工場が変な所だった Jun 15, 2017
【狐憑き】三十年以上前の田舎に住んでいた頃の話 Jun 12, 2017
【不思議体験】動くドール Jun 11, 2017
兄が深夜の犬の散歩で見たもの Jun 03, 2017
某県にある民宿を営む実家は古くから増改築を繰り返していて、地下室がいくつかあった Jun 02, 2017
山梨県にあるペットと泊まれるホテルでの恐怖体験 May 27, 2017
過去ログ +

2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【10件】
2017年 04月 【10件】
2017年 03月 【10件】
2017年 02月 【11件】
2017年 01月 【10件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【8件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【13件】
2016年 06月 【16件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【13件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【13件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【12件】
2015年 05月 【16件】
2015年 04月 【14件】
2015年 03月 【27件】
2015年 02月 【17件】
2015年 01月 【25件】
2014年 12月 【26件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【20件】
2014年 09月 【18件】
2014年 08月 【20件】
2014年 07月 【25件】
2014年 06月 【21件】
2014年 05月 【18件】
2014年 04月 【17件】
2014年 03月 【16件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【22件】
2013年 10月 【10件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【13件】
2013年 07月 【10件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【5件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【6件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【7件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【8件】
2009年 07月 【21件】

アクセスランキング
LINK
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top