FC2ブログ

|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
ヘッドライン

守護霊
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2014/07/17 17:31 ] 心霊いい話 | CM(5)
ほんのりと怖い話スレ その103
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1403514213/


313 :守護霊 1/2@\(^o^)/:2014/07/17(木) 13:17:54.81 ID:DItFnTVI0.net
気団のどこかに書き込もうと思ったんだがやはりこちらに。

小学生低学年くらいの時、若干オカルティーな母親に連れていかれた寺だか神社だかで
そこの偉そうな爺ちゃんに「浅葱色の浴衣を着た女性が守護霊だね」と言われたことがある。

一応言っておくと、その頃私は謎の頭痛で学校を休みがちになっており、病院でも異常が見つからない事に
心配した母親が色々講じてくれた手の一環であったので、別に母親はサイコでも何かの狂信者でもないぞ。
(人の魂が見えると言うしスプーン曲げができるから普通とも言うつもりはないが)
果たして何が効いたのか、成長するにつれ自然に謎の頭痛に悩まされることは徐々になくなっていった。

時は経つこと十数年、就職してから数年経った夏の日。
幼なじみの彼女と遊びに行った帰りに、気まぐれで駅にいた占い師に見てもらった時。
「あんたの後ろに浴衣の女性が見えるね」と言われた。守護霊の話を聞いたのは実に小学生以来。
昔そう言われたことがあります!守護霊なんですよ。と言うと占い師は
「守護霊?とんでもない、あんたとり憑かれてるよ。しかもこりゃ前世からだね。
あんたを恨んでるのかな。よっぽど執着があるみたいで、それで昔からずーっと憑いてるみたい。
まあ恨まれてるとしたらあんたの前世だろうから、あんたは巻き込まれて災難だね。
でも大丈夫、彼女さんの守護霊が強いから。彼女のご実家は立派な家系じゃない?
余程いい人が守ってるよ。あんたも好かれてるみたいだから一生守ってもらいなさい。」


314 :守護霊 2/2@\(^o^)/:2014/07/17(木) 13:18:48.65 ID:DItFnTVI0.net
私は生まれてから二十余年、いやそのずっと前から恨まれていたということか。
思えば、確かに彼女と出会って、仲良くするようになってから徐々に健康になっていったような・・・
そして実際、彼女の家は地元の名士というか由緒ある家系でぶっちゃけ大地主だ。

まあ、だからというわけではないが、お互いがちょうどいい歳であったし、その後しばらくして彼女に結婚を申し込んだ。
彼女が身をよじって「ひどい!私の体と遺産と守護霊が目的なのね!」と言われた時は爆笑したが、
その後彼女は泣いて喜んでくれた。私もこんな嬉しい事がこの世にあるのかと思うほどだった。
その日は私達にとっては忘れられない日になったが、私にとって忘れられないことがもう一つある。

彼女に結婚を申し込んだその夜、私の両頬に冷たい手が触れる夢をみた。
誰かが私の顔を手で挟んで、じっくり見ているようだった。
私が目を開けようとするとその手はスッと離れた。名残惜しむように、慈しむように。
目を覚まして見えたのは健やかに眠る彼女の寝顔だけだった。

前世の私が何をしたかは分からないが、恨むと同時に愛されていたような、冷たい手が触れた頬の感触を忘れられないでいる。


[ 2014/07/17 17:31 ] 心霊いい話 | CM(5) このエントリーをはてなブックマークに追加

編集プロダクションで契約社員として働いていた3年ほど前のこと
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2014/07/17 00:11 ] 不思議な話 | CM(6)
ほんのりと怖い話スレ その103
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1403514213/


288 :1/3:2014/07/16(水) 05:10:15.43 ID:pJNcTVurq
編集プロダクションで契約社員として働いていた3年ほど前のこと。
よく仕事をしてもらってるベテランライターさんから、40代半ばの新人ライターを紹介されたことがある。
この業界、早い人は大学在学中からライターやってるのに、40代で新人は珍しい。
180センチ100キロ近い巨漢でスキンヘッドの強面。だが、専門分野はオタク系という変わったライター。
この人…Tさんが、大きな声でよく喋る。
当時、その編プロでは、某社のムックシリーズやコンビニ500円本をやっていたので、使えるライターならぜひ使いたいところ。
面接というか面通しを、デスクとマネージャーでやってた。

その最中に、進行中のスピリチュアル本の資料を、Kさんが持ってきてくれた。
Kさんは資料を担当に渡すと、仕事中の私に話しかけてきた。「なに、この臭い? 死体の臭いがする」。
以前、私はKさん絡みのスピリチュアル本をやっていたから気楽に話せるので、「え? そんな臭いしますか?」。

「自殺した死霊の臭いだよ。とんでもない人が出入りしてるんじゃないの?」
Kさんは顔をしかめながら、部屋を見回し、「自殺した女の霊よ。祟ってるというか、呪ってるというか。こんなの背負ってる人と仕事したら、会社ごと潰れかねないよ」。
そして、Kさんは、デスクが面通し中の小会議室(パーテーションで区切られていて中は見えない)を指差した。


289 :2/3:2014/07/16(水) 05:11:25.64 ID:pJNcTVurq
「あの人、ダメよ。経歴も何もかも嘘っぱち。調子のいいこと言ってるけど、全部ホラだから。
 この女の人の霊は、死んだ奥さんよ。浮気に苦しんだ末の自殺。絶対に関わらない方がいい」
 言い終えるとKさんは「ああ、やだやだ」と呟きながら、さっさと帰ってしまった。

その後30分ほどして巨漢のTさんも部屋から帰った。
マネージャーは、本当に使えるなら使ってみてもいいんじゃないか、という判断だったが、編集長は渋っていた。
「なんか、胡散臭いんだよ。虚勢を張ってるというか、なにかを隠したり、誤魔化そうとしてる人間の話し方なんだよな」
私は「あの、さっきKさんがいらっしゃって資料を持ってきてくれたんですけど、その時、ちょっと気になることを……」と話した。
編集長は、うちが懇意にしてるオタク系ライターにちょっと聞いてみる、といって一週間後。

「すごいな、Kさん。だいたい当たってた。
 Tの奥さん、4年ぐらい前に自殺してるんだよ。
 あと、Tの評判も最悪だったな。ライターといっても、実績殆ど無いし、ネットで駄文を書き散らしてるだけだった。
 今回というか、うちでは永遠に見送りさせてもらうことにしたよ」


290 :3/3:2014/07/16(水) 05:12:42.35 ID:pJNcTVurq
その数ヶ月後、年末の忘年会で、Kさんと話をした。
「あれはね、ひどかった。死んだほうがマシな状態だったのよ。
 だけど、死なせてもらえない。奥さんの霊が死なせないのね。生きて苦しめ、って。
 元々は自分の蒔いた種だけど、人間不信の塊みたいになってる。
 自分が、他人を利用することしか考えてないから、他人を信じられない。
 助けてくれようとした人も何人もいたんだけど、本人の疑心暗鬼で人間関係を駄目にする。
 それから、自殺した奥さんの霊が、絶対に成功させないようにしてる。
 あの人を引っ張り上げようとした人は、からだ悪くするよ。
 だから、関わっちゃダメ。あの人と奥さんの因縁だから。触るとろくな目に遭わない。他人は近づかないのが一番」

ちなみに、Tさんを編プロに紹介したライターさんは、その後、糖尿病を急速に悪化させ、今は目がほとんど見えなくなったとか。
そして、最近、Tさんの名をネットで見たのですが、Tさんを起用した某有名人は大病を患っているとのこと。

そういう関わらない方がいい人っているんだな、と本当に思いました。


[ 2014/07/17 00:11 ] 不思議な話 | CM(6) このエントリーをはてなブックマークに追加
管理人オススメ記事
俺は昔からずっと夢でみる光景がある
お菓子を報酬として偶に除霊している友人の話
肉塊
鍼灸師の僕が中国である患者を診断、治療した話


プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加


最新記事
僕にしか見えない豚との奇妙な生活が始まった Aug 12, 2020
神社や寺をラインで結んで霊道を調べる方法をやってみた Aug 11, 2020
【怖】夜遅くにいつの間にか現れた女 Aug 10, 2020
昔、新倉イワオ「あなたの知らない世界」で観た話(なので記憶はあいまい要注意) Aug 05, 2020
【怖】超がつくお金持ちの友人の家に泊まりがけで遊びに行った時の話 Aug 04, 2020
【謎怖】携帯電話を拾ってくれた男性 Jul 30, 2020
ベランダで繋がってる隣の空き部屋 Jul 29, 2020
夜釣りで経験した背筋が凍りそうになった話 Jul 28, 2020
山道で出くわした老人 Jul 24, 2020
突然ふとした瞬間に、家族とか配偶者との関係性がゼロになる感覚ない? Jul 22, 2020
過去ログ +

2020年 08月 【5件】
2020年 07月 【10件】
2020年 06月 【10件】
2020年 05月 【10件】
2020年 04月 【8件】
2020年 03月 【10件】
2020年 02月 【7件】
2020年 01月 【10件】
2019年 12月 【8件】
2019年 11月 【12件】
2019年 10月 【10件】
2019年 09月 【10件】
2019年 08月 【10件】
2019年 07月 【10件】
2019年 06月 【10件】
2019年 05月 【10件】
2019年 04月 【10件】
2019年 03月 【10件】
2019年 02月 【10件】
2019年 01月 【11件】
2018年 12月 【10件】
2018年 11月 【11件】
2018年 10月 【10件】
2018年 09月 【10件】
2018年 08月 【10件】
2018年 07月 【11件】
2018年 06月 【10件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【10件】
2018年 03月 【10件】
2018年 02月 【10件】
2018年 01月 【12件】
2017年 12月 【9件】
2017年 11月 【8件】
2017年 10月 【13件】
2017年 09月 【13件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【10件】
2017年 04月 【10件】
2017年 03月 【10件】
2017年 02月 【11件】
2017年 01月 【10件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【8件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【13件】
2016年 06月 【16件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【13件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【13件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【12件】
2015年 05月 【16件】
2015年 04月 【14件】
2015年 03月 【27件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【25件】
2014年 12月 【26件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【20件】
2014年 09月 【18件】
2014年 08月 【20件】
2014年 07月 【25件】
2014年 06月 【21件】
2014年 05月 【18件】
2014年 04月 【17件】
2014年 03月 【16件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【22件】
2013年 10月 【10件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【13件】
2013年 07月 【10件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【5件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【6件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【7件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【19件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【8件】
2009年 07月 【21件】

アクセスランキング
LINK
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top