|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
ヘッドライン

現実世界と瓜二つな不思議な異世界の話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2014/08/31 14:26 ] 不思議な話 | CM(1)
ほんのりと怖い話スレ その104
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1408633735/


133 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/31(日) 01:08:25.90 ID:Kkj32UML0.net
事故で意識不明になった後、一年後に意識が回復し、
その後一時的にではあるが完全復活した友達が、
不思議なことを話してくれた事がある。
意識を失っていた期間の記憶のことだ。
いわゆる現実世界とはまったく異なるが、
自分を自分として認識できるまったく別の世界に居たというのだ。
この「異世界」について聞いた話を書こうと思う。
この間、現実世界での刺激や呼び掛けはまったく聞こえず、
逆に現実世界と瓜二つな不思議な異世界から抜け出すために、
必死に出口を探して彷徨っていたらしいのだ。
例えばその世界の構造物にはリアルな存在感があり、
現実世界と寸分違わない程の絶対的な現実感を持っていたらしい。
明晰夢に近い状態だけど、それを遙かに越えるリアリティと言っていた。
本来の自分の居るべき世界とは異なる世界に送り込まれた恐怖は耐え難く、
気が狂いそうな毎日を過ごしていたとのこと。
夜と昼があったものの腹は減らず、トイレにも行きたくならない。
体力も消耗せず、睡眠のような途中で意識の途切れることもない世界。
そんな中で、主に夜になると他人の存在感を強く感じることがあり、
まるで幽霊のようにぼんやりとした存在と会話ができたことも有るのだとか…。


134 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/31(日) 01:09:55.48 ID:Kkj32UML0.net
その存在は異世界と現実世界の両方の記憶を持ち、現実世界に戻ると異世界の記憶を失うとの事だった。
彼らは現実世界に戻るための出口を知っており、焦ることもなく探している様子も無かったらしい。
定期的に異世界と現実世界を行き来しているらしく、
それが当たり前のように繰り返されているらしいとのことだった。
彼が現実世界に戻ってきたのは、現実世界での刺激が切っ掛けだったようだ。
つまり家族の呼び声と手を握る刺激で、突然吸い込まれるように戻ってきたとのこと。
冒頭でも書いたようにその後、一時的に完全復活したものの、
数年後に原因不明の突発的な意識障害を経て、結局亡くなってしまった。
彼の言葉によると「現実の世界と良く似た別世界が平行してあるようだ。
意識を失った人はそこに飛ばされ、普通はしばらくすると元の現実世界に戻ることが出来る。
しかし運が悪ければ閉じこめられるのかもしれない」との事だった。
その話を聞いて、もしかしたら人が睡眠を取るとその世界に入り、
睡眠から目覚めると現実世界に戻ってくるのではないかと感じた。
その内容を彼に尋ねたら、そうかもしれないが分からないとのことだった。
もしかしたら自分もその世界に頻繁に出入りしていて、
ただ記憶を失っているだけなのではないかと、
ほんのり怖くなってしまった。


[ 2014/08/31 14:26 ] 不思議な話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

この間、自宅の最寄駅で飛び込み自殺があった
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2014/08/30 13:46 ] 怖い話 | CM(3)
ほんのりと怖い話スレ その104
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1408633735/


64 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/27(水) 16:06:51.98 ID:D/bORl5Y0.net
この間、自宅の最寄駅で飛び込み自殺があった。
自分が使ってる駅は自殺が多く、ホームと、駅のすぐそばにある二か所の踏切を合わせると
年間平均で4,5人は飛び込んでいるので、
まぁいつもの事だし、その日は電車に乗る予定なかったしで特に気にしてなかった。

昨晩、飲み会があって、その時に「○ちゃんが使てる駅でこの間人身事故tかあった?」と聞かれ、
皆ともよく駅の人身事故ネタを以前から話してたので、またかよーwなんて言ってたんだけど、
その子がネットで見た内容では、自殺者の身元確認が取れて自宅を訪問したら
室内で両親が血まみれで死んでいたって話だった。


65 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/27(水) 16:07:41.91 ID:D/bORl5Y0.net
△市□町ってなってたけど近所?と聞かれた。
まじかw うちの凄い近所だよ・・そんな事件があったの知らんかったよ、
とショボーンしてたら違う子が、
○ちゃんのと住んでるところで最近も殺人事件あったじゃん!って話で、それも知らんかった。

帰宅して↑の話を思い出し、最近あったらしい他の殺人事件を探したら
見覚えのある建物が。
そこの居室で同居少女を殺害する事件が本当にあったらしくて、
もっと掘り起こしたら、その部屋は以前自分が借りていた部屋番号で、
ビックリ&ショボーンしてるとこ。


93 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/28(木) 14:14:14.29 ID:dA7KoPGS0.net
>>64の飛び込みの話はコレでそ↓
 埼玉・春日部の民家に夫婦遺体 長男が両親殺害後に自殺か  2014.8.24 20:01 [自殺・自殺未遂]
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140824/crm14082420010007-n1.htm
00zw26.png


フジに限らず他局でもニュースになってたけど、
身近な場所での事件事故とか全く興味をもたず危機感ゼロな>>64がほんのり


[ 2014/08/30 13:46 ] 怖い話 | CM(3) このエントリーをはてなブックマークに追加

遺伝?原因不明の突然死
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2014/08/28 10:01 ] 不思議な話 | CM(5)
死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?323
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1408241376/


188 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/26(火) 17:09:55.05 ID:lTnxkZ1G0.net
子供たちを連れて実家に遊びに行った時のこと
普段から穏やかな母と、明るい父と、同居の妹一家と、みんなで楽しく話していた

途中で母が
「そうだ、○○(長男)にいい本を見つけたのよ♪」
と笑顔で押し入れを開けて、下の段を見るために座ったのだが、いつまでも動かない
探している感じでもない
長男が「どうしたの?」と軽く肩を叩いたら、母の身体は静かに床に倒れた
会話していた時の笑顔のまま、すでに亡くなっていた
手にはかつて私が母に貰って大切にしていた本がしっかり握られてた

あまりに突然すぎて、よくわからないまま解剖にまわされ、葬儀を済ませた
死因もよくわからないらしいが、とりあえず心不全ってことにされていた
下の子にはかなりの恐怖体験になってしまったらしく、それ以来私から離れられなくなってしまった
文字通り、お風呂もトイレも、寝るのも一緒

実は私はかつてこれと同じ光景を見たことがある
母のおばにあたる人(祖母の妹)が、私が小さい時に、外出しようと玄関の上がり框に座って靴を履いている途中で亡くなってる
「カルピス、何味がいいの?」というのが最後の言葉だった
妹はこの時まだ生まれていなかったから、知っているのは私だけ

祖母は母が幼い時に亡くなったから、祖母の妹にあたる人に母は育てられたと言ってた
でももしかして祖母も、この原因不明の突然死だったのではないかと、最近強く思うようになった
だから我が子を慰めているふりしながら、私も恐怖に怯えてる
次は自分なんじゃないかと…


189 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/26(火) 18:12:51.39 ID:W+nyBbcS0.net
>>188
怖いかな。
とても幸せな亡くなり方だと思うよ。


191 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/26(火) 20:14:15.34 ID:OhLdrnqJ0.net
>>189
本人は幸せでも、家族には洒落にならんだろ
何の覚悟もなく
しかも母親、祖母妹がそれで死んで、さらに祖母までそれかもしれないとか思ったら死ぬほど洒落にならんわ


[ 2014/08/28 10:01 ] 不思議な話 | CM(5) このエントリーをはてなブックマークに追加

勤めていた会社が、不幸まみれだった
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2014/08/26 12:11 ] 不思議な話 | CM(0)
死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?323
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1408241376/


156 :本当にあった怖い名無し:2014/08/25(月) 12:53:41.48 ID:RHWpfMwBg
勤めていた会社が、不幸まみれだった。

レギュラーでの従業員数は9名(上下しますが)
他、パートさんもいて、総合計13名ほど。

勤務期間約三年強で、経営者の家族、従業員、そして従業員の家族や周囲に立て続けで不幸があった。
二~三ヶ月に一回は何かがあったと思う。
内容は、死亡や不倫→離婚、相続に関する問題や事故(勤務時間中も、時間外も)、突然の大病や精神病。

一番洒落にならないのは、度重なる出来事に「またか」という程度になっていた自分。
友人がコメントに困って黙るレベルの不幸を、「笑い話」程度に捉えるようになっていたこと。

勤務中、「陰気な会社だな・・」と思ってはいた。
従業員同士でも「こんなに何かが起こるって、呪われてる?w」なんてよく話してた。
でも、感覚が麻痺していたんだろうね。笑い話にしていたぐらいだから。

今も稀にこの会社に行くことがある。
自分は零感なんだけど、会社の「暗い空気」が以前よりわかる。
日当たりとかじゃなくて・・。なんというのかな。
気持ち悪い建物だ、と 本気で思うようになった。
最低限の用事以外で、あの場所に近づきたくはない。

不幸を笑い話にする精神状態になった自分から、早く脱したい。


[ 2014/08/26 12:11 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

視える物
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2014/08/25 18:53 ] 怖い話 | CM(2)
死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?323
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1408241376/


146 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/25(月) 08:01:53.29 ID:/UhrNsaD0.net
視える物
俺たまに変なものが視えることがある
黒い霧が数個立っていたり、人の周りをにじむような闇が覆ってたり

そしてこれはかれこれ20年以上前の高校の時の話
この時ほどはっきり視えたことはなかった
同級生にIというやつがいたんだ
いまで言うDQNでテストの成績はそれほど悪くなかったが学校にはDQN仲間と遊びに来てるった感じ

そいつが高校三年の時におかしい行動を取り始めた
毎日校庭の片隅にある焼却炉に行くんだ
そして気がついた時にはIの足元が黒くなっていた

Iに何燃やしてるの?って聞いたらイタズラで毎日Iの筆箱や学生服のポケットに長い髪を入れていく奴がいるらしい
最初がゴミ箱に捨ててたが気味が悪くなって見つけたらすぐに燃やす用意してたそうだ

だけどそのうち足元の黒いのがどんどんIの上に上がっていった
そして黒い理由がわかった
焦げていたんだ
下半身全体に広がった頃からIが学校に来なくなった
DQN仲間によるとノイローゼで家に引きこもってるらしい
なんでも家にいて外に出てないのにいつの間にか髪の毛が身の回りにあるそうだ
それも全部燃やしてるといってた

そして三月たったぐらいで一人で留守番していたIの家から火が出てIは焼死した

あとで知ったのはIが三年前に女の子を襲って妊娠させて、結果としてその子が自殺していたということ
やっぱり呼ばれたんだよな


[ 2014/08/25 18:53 ] 怖い話 | CM(2) このエントリーをはてなブックマークに追加

小学生の頃、黒猫のあかちゃんを拾って飼うことになった
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2014/08/24 16:31 ] 不思議な話 | CM(3)
猫に関する不思議な話 16
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1397721992/


967 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/24(日) 13:50:39.31 ID:YlcBXPeh0.net
個人的に納得のいかない昔の話なんだが小学生の頃、黒猫のあかちゃんを拾った。
動物好きの家庭なので親も了承して飼うことになった。
メスだったがジブリの猫と同じ名前をつけてまだあかちゃんだったからおしっこの世話からなんからして大切に育てたんだ。
拾った当時はたぬきみたいな顔だと親は笑ってたんだけど成長するとビロードみたいな綺麗な黒毛に顔もしゅっとして美猫になった。
そして何よりめちゃくちゃ賢い猫だった。
手でまわすタイプのドアノブも飛びついて自重でうまく回して空けるしいつも一緒に寝てたんだが目覚ましがなる5分前には顔を舐めて起こしてくれてた。
おちゃめなとこもあってうっかりカギ付の部屋に閉じ込めてしまった事があったんだが我慢できず粗相しちゃった時はちゃんといらないコンビニの袋の中に
漏らしてあとで申し訳なさそうに粗相したことを鳴いて教えてくれたりと賢いエピソードは枚挙にいとまがない。
そんな賢い猫だったのにちょうど10歳に猫がなったとき外に遊びに行ったまま帰ってこなくなった。
いつもは出て行っても24時間以内には必ず帰って来てたし近所も探したがよくたむろしていた公園にもどこにもいなかった。
親も猫は死ぬとき隠れて死ぬというしそれか車に轢かれて保健所かどこかで遺体は処分されたんじゃないかと言ってた。
俺も悲しかったがあの猫が我が家以外で生きていく事はありえないというか俺を残してどっかへ行くことは生きている限り絶対しないだろうという確信があったので死んでしまったんだろうと諦めた。


968 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/24(日) 13:53:11.48 ID:YlcBXPeh0.net
それからしばらくして母の仲の良い友人が遊びにうちに来たとき猫がいなくなってるのに気づいて質問してた。
母は上記の通りいなくなったので死んでしまったんだろうという事を話したんだけどその友人はあの猫実はとても怖かったのよととても喜んでた。
その人が言うにはいつも遊びに来たときうちの家族が見てないとこで威嚇してくる、母がトイレやお茶を出すために席を外したときなにか嫌な視線を感じると振り向いたら
さっきまで寝てたのにピアノの上やたんすの上からじっと観察するようにこっちを見ることが多くて不気味だったとのこと。
とどめに階段で私がこけたときそれを見て笑ったんだ!とまじめな顔して言ってた。
俺も居間でゲームしながらその話を聞いてたんだが失礼な事いうおばさんだなと思ったし母もあんた昔から霊が見えた~だのなんだのそういうことをよく言ってるわよねぇと呆れ気味に笑ってた。
母の友人の話の半年後ぐらいにどういう流れか知らないけど父が霊道が家を通ってるので家の増築に合わせてお祓いが必要云々で霊媒師の人が家に来た。


969 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/24(日) 13:53:53.07 ID:YlcBXPeh0.net
まあそのお祓いはちゃちゃっと終わったんだけど霊媒師の人が帰り際に棚に飾ってあったうちの黒猫の写真を見てこの写真はすぐに捨てなさいと言い始めたんだよ。
これは前に飼っていた猫で行方不明になってしまった旨となぜ捨てなきゃいけないか父が聞いたんだがその理由がこの猫はもうこの世のものではない。
それどころかよくない者に変化してしまっている。そしてこの家に執着があるので写真や使っていたものは全て処分するように。
でないと娘さん(当時中学生の妹と小学生になったばかり妹が二人いた)が取って変わられるかも知れないよと。
父も母もあんなに可愛がってた猫がそんな事を例え悪霊になったとしてもするわけがないとやや切れ気味だったんだけど霊媒師の人が言うには猫がそんなになったのはあなたたちの家族のせいですって言うんだよ。
というのも猫に毎日人間の生活を話したせいで猫に人間になりたいという願望を与えてしまったんだと。
これには家族全員心当たりがあった。普通猫って寝てもしない限りなかなか同じ場所でじっとしてないけどこの猫はとても大人しいので話しかけてもじっと横で聞いてくれてた。
特に母さんは嫁姑関係の愚痴とかをよく鳴きながら報告してたせいでこれも悪い影響を与えてしまったらしい。
そんなわけで前の母さんの友人の話もあり我が家のその猫に関係する写真やおもちゃは全部処分されてしまった。
あれから何匹か実家で猫を買ったけど特に以降はそんな話は出てこなかった。
子供の頃の随分昔の話だし記憶も薄れ気味だけどあんなに仲良く暮らしてた猫が悪霊になるなんて未だに納得できないし
長文、改行ぐちゃぐちゃで申し訳ないですが最近一人暮らしの中で猫を飼い始めたの思い出しカキコ


[ 2014/08/24 16:31 ] 不思議な話 | CM(3) このエントリーをはてなブックマークに追加

小学生の頃、北海道にある母方の祖母の家に一人で遊びに行ったことがあった
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2014/08/22 17:19 ] 心霊いい話 | CM(0)
何でもいいから怖い話を集めてみない?Part4
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1378984887/


836 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/20(水) 00:08:27.31 ID:Wgty8aug0.net
小学生の頃、夏休みを利用して住んでいる東京から北海道にある母方の祖母の家に一人で遊びに行ったことがあった。
祖母の家はメロンで有名な村の近くで、国道以外は未舗装の農道しかないようなど田舎だった。
だがその田舎さこそが、都会っ子の僕には何よりも魅力的だった。

そんな祖母の家には、大学の関係で北海道を離れ、そのまま嫁いで他県に腰を落ち着かせてしまった母の代わりに家と畑を継いだ叔父と、九十過ぎの大伯母の三人が住んでいた。
祖父は僕が生まれてすぐに早逝したと母から聞かされている。女癖と酒癖が悪かった祖父は、家族はおろか親類縁者からも疎まれていた。
生前の行いの悪さのせいか、仏間には祖父の遺影すらなく、僕は祖父がどんな顔をしていたのかさえ知らず、家族の間でも祖父の話は半ば禁忌のように話すのを禁じられていた。
祖父の生前の素行の悪さは親類が集まった時の酒宴で、酔っ払った親類達が憎らしげに語る話をそれとなく聞くうちに、図らずも大まかなことを知ってしまった。
だからと言って、顔も知りもしない故人の祖父を僕がどうこう思うことはなかったが、大伯母は祖父の親類筋だと両親から聞いたことがあり、遺影を置くのが嫌な程嫌っている人の親類である大伯母が祖母の家に住んでいるのは、子ども心に不思議に思えた。
それはともかくとして、祖母も叔父も訪れる度いつも本当によく僕を可愛がってくれ、野山や田畑を使った田舎でしか体験できない遊びを行くたびに沢山僕に教えてくれた。



837 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/20(水) 00:09:18.95 ID:Wgty8aug0.net
そんな二人とは対照的に、大伯母はぼっとん便所につながる長い廊下の右側にある西向きの自室に篭っており、食事も自室でとるため、ほとんど顔を合わせることはなかった。
僕は遊びを教えてくれる祖母と叔父の事が大好きだったが、一緒に住んでる二人には悪いが、大伯母の事は大の苦手だった。
大伯母は灰色の髪をとかしもせずボサボサのままで、いつも大きな布マスクを付けて顔を隠していた。
それだけでもかなり異様な姿なのに、大伯母はよく、歌うような調子で、とでもじゃないが日本語には聞こえないような謎の言葉をブツブツと呟いていた。
ただでさえ不気味なぼっとん便所に行く時に、襖越しにその声が聞こえると、本当に気味が悪くて、出るものもなかなか出なくなってしまう程、僕は大伯母を嫌っていた。

それでも大伯母とは普段顔を合わせるわけでもなく、僕はその年、計十日間の予定の田舎暮らしを順調に満喫していた。



[ 2014/08/22 17:19 ] 心霊いい話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

5歳になる娘と散歩で立ち寄った神社でおみくじを引き、3回連続で凶が出た
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2014/08/21 15:08 ] 心霊笑える話 | CM(8)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?322
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1405833844/


898 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/14(木) 16:41:55.50 ID:/f8Chu+k0.net
5歳になる娘と散歩で立ち寄った神社でおみくじを引き、3回連続で凶が出た
こんな事もあるのかと驚きながら家に帰ると、嫁が訝しげな顔で言った
「それ、どうしたの?」
見ると、娘がいつも抱いていた犬のぬいぐるみが無くなっていて、代わりに神社にあった小さな置物の狛犬を抱いている

娘に聞くと神社にいた時、宮司姿の男が現れていきなり娘の腕を掴み、何処かへ連れて行こうとしたらしい
その時、抱いていたぬいぐるみが男に噛み付いて、そのまま男と一緒に消えてしまったと言う
もちろん私はそんな男には出会ってないし、神社では娘とずっと一緒にいたはずだ
すぐに神社に問い合わせたが娘が見たような宮司は存在しなかった

翌日、犬の置物を神社に返しに行った際、待っていた神主が妙な事を言った
「この狛犬は持っていて下さい。あと2回、必ず娘さんを守ります」
私はあと2回とは何の事か、誰が娘を狙っているのか尋ねると
「娘さんは神の供えとして選ばれました。あなたがくじを引いた数だけ災いが起こります」
それだけ言うと神主は押し黙ってしまい、あとは何を聞いても答えなかった

その日の夜に1回目の異変が起きた

自宅の仏間で人の声が聞こえるので見に行くと、5年前に亡くなった母が鎮座してお経を唱えていた
母は娘を連れに来たと言う
私はそれだけは止めてくれと頼むと
母は生前に見せた事もない狂ったような顔で「やかましい」と言って立ち上がり娘の所へ行こうとした
その時、地響きのような呻り声が聞こえたかと思うと巨大な白い犬が現れ、母の体を咥えて仏壇の中に消えていった
私が急いで娘の所に行くと、娘は眠っていたが枕元に置いていた狛犬は無くなっていた


901 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/14(木) 16:58:20.45 ID:/f8Chu+k0.net
神主は狛犬が2回、娘を守ると言ったはずだが狛犬はもう無い
私が翌朝、神社に行ってその事を話すと神主は
「狛犬は二体一対です。もう一体、別の体を成して娘さんの傍に在ると思います」と言う
私は娘の周辺にあるそれらしき物を捜してみたがなかなか見つからなかった

2回目の異変は次の日の昼だった

私が仕事で出かけてる間に、誰かが玄関のチャイムを鳴らした
嫁が出ると、身長は2mを超えるかという大きな犬のぬいぐるみが玄関先に立っていた
辺りには生臭い異臭がして、よく見るとそれは娘がいつも抱いていたぬいぐるみにそっくりだった
嫁は驚いてドアを閉めようとしたが凄まじい力で跳ね返され、ぬいぐるみは家の中に上がりこみ
台所にいた娘の手を引いて何処かへ連れ去ろうとした

するとなぜか仕事に行ってたはずの私が四つん這いで走って来てぬいぐるみに突進し
歯でぬいぐるみをバラバラに噛み千切ったという
私はその時の記憶が全く無い

異変はそれ以降起きないが
私は神社に行ってもおみくじを引くのが怖くなった


[ 2014/08/21 15:08 ] 心霊笑える話 | CM(8) このエントリーをはてなブックマークに追加

もう時効だと思うんで書く
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2014/08/19 21:01 ] 怖い話 | CM(8)
死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?323
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1408241376/


68 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/19(火) 14:09:32.05 ID:UJNum0ep0.net
もう時効だと思うんで書く。
十年以上前の3月、俺は高校を卒業したばかりだった。
取ったばかりの免許に浮かれて、兄貴の車であちこちを走り回っていた。

ある時、俺は2人の後輩を連れて深夜にドライブしていた。
グンマーに住んでたから峠道には事欠かない。
長野との境を走る峠を、当時はまっていた頭文字Dの真似をして攻めていた。

県境をまたいで長野に入ってしばらく行くと、道端に地蔵がたくさん並んでいた。

00zx18.jpg

真っ暗な中に立ち並ぶ地蔵の群れは不気味な眺めだったけど、目につくものがあった。
脇道に見える鳥居と賽銭箱。
お供え物のまんじゅうや花があったから賽銭も入ってるんじゃないか?
そんなことを話しながら俺たちは路肩に車をとめた。


[ 2014/08/19 21:01 ] 怖い話 | CM(8) このエントリーをはてなブックマークに追加

軽い気持ちで始めたライブチャットでの恐怖体検
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2014/08/18 17:40 ] 怖い話 | CM(5)
死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?323
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1408241376/


18 :1/15@\(^o^)/:2014/08/18(月) 09:25:19.72 ID:oQyBdFeL0.net
特定されないようにフェイクをまぜて書きます。
長くなるけどごめん。数年前のこと。

私は田舎を出て八王子のぼろアパートで一人暮らしをし、女子大に通いつつ、
サークル活動はせずにアパートの近所のファミレスでバイトをしてた。
ファミレスは時給900円ちょっと。親からの仕送りは家賃5万+生活費2万で7万。
遊ぶためのお金は自分のバイト代でまかなう感じだった。

でも学校帰りにファミレスで働いて稼げるお金なんてたかが知れていて
服やかばんや靴を買ったり、飲み会に顔を出したりしてたらすぐになくなってしまう。
短時間でラクに稼げるバイトはないかな~なんて考えていたとき、
八王子駅前にいるティッシュ配りのお兄さんにキャバクラの求人広告をもらった。

私は見た目が派手じゃないし、内向的でキャバクラなんてできそうにない。
それにアルバイトとは言え水商売には抵抗がある。
だけどキャバクラの求人の下の部分には、
「おしゃべり苦手でも大丈夫☆」というコピーとともにQRコードとURLが掲載されていた。

帰ってPCからアクセスしたそこはライブチャットの求人だった。
ライブチャットというのは女の子がWEBカメラで自分の姿を映して、
その映像を、サイトを通じてお客さんに配信するというもの。
映像の内容は女の子によってまちまち。
顔を出しておしゃべりする子もいれば、顔を隠す子もいる。
露出度の高い格好で出演する子もいれば、普段着の子もいる。
エッチな会話をしたり、裸になったりする子もいれば、しない子もいる。
サイト自体18歳未満登録禁止だったから、陰部さえ出さなければ脱いでもOKというルールがあった。


[ 2014/08/18 17:40 ] 怖い話 | CM(5) このエントリーをはてなブックマークに追加

‐全ランキング表示‐ ブログパーツ
プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加




最新記事
高校生の夏休みにした解体屋のバイトの話 Apr 27, 2017
【恐怖体験】家の中に誰かいる Apr 26, 2017
虫の知らせ Apr 25, 2017
ある学生の悪癖 Apr 20, 2017
包帯さん Apr 19, 2017
深夜のドライブ Apr 13, 2017
【恐怖体験】廃病院 Apr 12, 2017
「別の時空に飛ばされた」って話 Apr 09, 2017
闇夜の黒い影 Apr 08, 2017
【不可解な話】大学生の息子の一学年上の女の子が芸能界デビューしました Apr 05, 2017
過去ログ +

2017年 04月 【10件】
2017年 03月 【10件】
2017年 02月 【11件】
2017年 01月 【10件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【8件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【13件】
2016年 06月 【16件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【13件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【13件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【12件】
2015年 05月 【16件】
2015年 04月 【14件】
2015年 03月 【27件】
2015年 02月 【17件】
2015年 01月 【25件】
2014年 12月 【26件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【20件】
2014年 09月 【18件】
2014年 08月 【20件】
2014年 07月 【25件】
2014年 06月 【21件】
2014年 05月 【18件】
2014年 04月 【17件】
2014年 03月 【16件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【22件】
2013年 10月 【10件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【13件】
2013年 07月 【10件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【5件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【6件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【7件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【8件】
2009年 07月 【21件】

アクセスランキング
LINK
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top