|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
ヘッドライン

今年の正月に実家に帰ったときのちょっとほんのりな話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2015/02/28 17:31 ] 不思議な話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ その107
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1424959780/


7 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/27(金) 23:40:34.11 ID:AZLCeQTC0.net
今年の正月に実家に帰ったときのちょっとほんのりな話。

自分の実家は神戸の田舎にあるのね。自分が小学校5年の時に、両親が家買って引っ越したの。

で、その家に引っ越してから、
・毎週水曜日に風呂に入ってると、缶にモノ入れてひっくり返したような音がするけど
自分以外の家族は誰も聞いてない
・けっこうな頻度で金縛り
・2階から降りてくる階段の途中で手すりに手だけいた
とか、ちょっと怖いコトがあったのよ。
まあ、それが小学生~高校生の多感wな時期だったから、大人になった今となっては、なんかの間違いやろなあ、と思ってたワケ。

で、他県の大学に進学して、そのままソコで就職して家庭を持って、毎年盆正月には帰ってお泊りもしてたけど、なにもなかったの。

で、去年離婚してね、今年の正月は独りで実家に帰ったの。
正月の実家は、父母弟妹夫妻の5人と自分。
みんなでおせちとか食べて、ビールだのワインだの飲んでいい気分になってたのよ。
で、自分、トイレ行ったら、2階から、足音がするの。廊下行き来してるみたいな。
誰も2階におらへんのに。
気のせいと思って、居間に戻って、家族で団らんして、またトイレに行ったら、また2階から足音。

で、居間にもどって
「みんなここにおったやんな? トイレ入ったら、2階から足音するねんけど。」
って言うたら、父母が「この家な~、そういうのあるねん」って。


自分が小っちゃいころの経験って、ホンマやったんや、ってちょっと怖くなったよ。
父母がどんな経験したんかは、訊いたけど、ごまかされた。もしかしたら、もっとエライ目にあってたりして。


[ 2015/02/28 17:31 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【生霊】不貞行為の末路
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2015/02/27 19:12 ] 怖い話 | CM(1)
死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?
http://toro.open2ch.net/test/read.cgi/occult/1395334657/


173 :名無しさん@おーぷん :2015/01/29(木)21:12:22 ID:vC9
昔のことを思い出して心がざわめくので愚痴がてら書き込みます。
数十年前の話です。
大学生の頃、ファミレスでバイトをしていた。バイト仲間全員仲が良く、同じ時間帯のシフトに入っていた彼氏もできた。
そこは24時間営業のファミレスで、時間帯ごとにバイトが入れ替わるシフト制になっていた。
朝~夕方、夕方~夜、夜~朝という3シフト制というかんじ。社員さんは別のシフトだけども。
私と彼氏は夕方から夜までのシフトに入っていたから、朝からのシフトの人とも夜からのシフトの人とも面識があった。
あるとき、忘年会が行われることになった。もちろん全員出席はできないから、バイトで参加したのはその日バイトがない人だけ。
そこで、いつもは面識がない朝からのシフトの人と夜からのシフトの人も一同に集まった。
私と彼氏は、両シフトメンバーとも面識があったので間に入るかんじで話を盛り上げた。初めはぎこちなかったが、お酒が入るにつれて場も盛り上がっていった。
忘年会後、その中の朝からのシフトの女の人と、夜からのシフトの男の人が二人で飲み直しに行き、そのまま関係を持ってしまった。
問題なのは、男の人が既婚者だったということ。
私と彼氏は、両方から相談というか、のろけ話を聞くようになっていた。
朝のシフトの女の人=20代前半、独身のA子さんは、初彼だったらしく最初は酒の勢いもあったが次第に男の人に夢中になっていった。
夜のシフトの男の人=B男さんは、40代の既婚者だったが、20代の若い彼女ができて夢中になり、こちらも完全に周りが見えなくなっていた。
周りがどんなに忠告ををしても2人は聞かず、むしろ燃え上っているようだった。
2人のつきあいは、半年ほど続き、突然終わりを迎えた。
A子さんが亡くなったのだ。
それは、突然だった。長引く咳を心配したA子さん両親にうながされ病院に行き即入院、そのまま坂道を転がるように悪化し集中治療室へ、そのまま帰らぬ人になった。その間5日間だった。
B男さんは、病院へ毎日お見舞いに行っていたらしい。親族しか入れない集中治療室にも入り、それはそれは献身的にA子さんを励ましていたそうだ。
亡くなったと知らせを受けた時も、A子さんのご両親もいたらしいが、病院でご両親以上に取り乱していたらしい。
私も訃報を聞き、彼氏やバイト仲間と共に葬式に出席した。B男さんは出席していなかった。ショックすぎて寝込んでいると聞いた。
20代前半の若い女性のお葬式は、とてもしんみりしたものだった。一人娘だったA子さんのご両親は、ただうつむいて泣いていた。とてもやりきれなかった。


174 :名無しさん@おーぷん :2015/01/29(木)21:13:01 ID:vC9
A子さんの葬式から1週間ほどたち、B男さんから話があると言われた。私は彼氏やバイト仲間と一緒にB男さんと居酒屋で会うことにした。
彼氏と一緒に待ち合わせ場所で待っていると、一人の老人が私たちに話しかけてきた。よく見ると、B男さんだった。
若々しかったB男さんは、ほとんどの髪が白髪になり、顔色はどす黑く変色して土気色だった。よくよく見なければB男さんだと判らないほど老け込んでいた。
私たちは、とりあえず居酒屋へ行った。B男さんはそこでA子さんとの思い出を語りながら、浴びるようにお酒を飲んだ。
私たちは何と言ってよいかわからず、ほとんど無言のままお通夜状態で飲み会は終了し、居酒屋を出た。
ほとんど立っていられないほど泥酔しきったB男さんは、バイト仲間の男性に担がれながらそれでもA子さんの名前を呼んでいた。
私は、彼氏の隣で不貞行為だったとはいえ本当にA子さんを愛していたんだなと、B男さんを少し哀れに思いながらその背中を眺めていた。
ふと、B男さんの肩に黒い固まりがついているのが見えた。
黑い長い髪の毛…?違和感はすぐに気付いた。B男さんの髪じゃない!
底の見えない暗い穴を覗き込んだような、ぞくっとした冷たいものが背中を走った。なんだあれ!
それは、黑い髪の毛の固まりだった。女性がするおだんごのような髪型のような固まりだ。
そして、その髪の毛の間からなにかがこちらを見ている視線を感じた。悪意や殺意のような負の感情を直接ぶつけられているような気持ち悪い視線だった。
私は彼氏を連れてその場を離れた。B男さんはバイト仲間の男性が自宅まで運ぶだろう。とにかくB男さんから離れたかった。
彼氏に今見たことを話すと、「A子ちゃんかな…やっぱり若くして亡くなって無念だったんだろうね…。」としみじみ言っていた。
私もそのときは、同意した。あれは無念のうちに亡くなってしまったA子さんが愛するB男さんを想って出てきたのだろうと。
B男さんは、まもなくバイトを辞めた。私も彼もその後大学卒業を機にバイトを辞めた。

しかし、今になって私は思う。A子さんはあんな悪意ある視線を亡くなったからといって、バイト仲間に向けるような人だろうかと。なによりA子さんは茶髪だった。

…実は、B男さんの両親は商店街で小さな商店をを開いていた。同居のお嫁さん=B男さんの奥さんもお店を毎日手伝っていた。
昔は商店もうまくいっていたらしいが、その時はB男さんが昼間は会社に勤務し、夜はファミレスでバイトをして赤字の部分を補わなくてはならないほど商店はあぶなかったらしい。
そんな中、B男さんの奥さんは一生懸命働いていた。商売がうまくいかない鬱憤を奥さんにぶつける義両親の嫁いびりに耐えながら。
きっと子どものため、夫のため、必死に働いていたのだろう。そんな中、もし夫に女性の影が現れたら…。
B男さんの奥さんはきれいな黒い長い髪をしていた。そして、あの視線はB男さんを見ていた女性に向けて悪意を持っていた。もしかして…と私は想像せざるを得ない。
B男さん両親がその後すぐに立て続けに亡くなり、商店はシャッターがおりたまま今もある。

…A子さんは本当に不幸なことだったと思う。しかし、どんな理由があっても不貞行為をしてはいけないと、私は思う。
だから、私は夫に言い続ける。浮気は絶対にしないでね、と。女性は、愛するもののためなら蛇にも鬼にもなれるのだから。


[ 2015/02/27 19:12 ] 怖い話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

父が亡くなる前に有ることをお願いされて現在この仕事を引き継いでいる
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2015/02/24 15:31 ] 怖い話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ その106
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1417788066/


925 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/22(日) 18:57:16.56 ID:1U/J4SFT0.net
はあ・・・・・・聞いてくれ。
兄貴とオレは林業に携わっていて、よく業者からの依頼やたまに個人の依頼が来て山に木を切る為の書類と現地視察に行くのが主な業務。
というのも、俺ら兄弟で林業ってのは親父がガンで亡くなって実家の家業をそのまま継いでいるだけだから林業に対する何かが有るわけじゃなく父が亡くなる前に有ることをお願いされて現在この仕事を引き継いでいる。

親父「○○(建設業)の資材置場の端に林道があるだろ。彼処の奥の集落の依頼は最優先に頼む」

兄貴「依頼ってどんな依頼?」

親父「お願いされた木を言うとおりの日に切って渡せばイイ」

たったこれだけだったが、俺はなんか面白そう!って少し思った。
コレ言うとバレるかもだけど えんぶり という春を告げる祭りがこの地域ではあり、この えんぶり が始まるとその依頼が来ると言われていた。
ある日の朝0900時に老夫婦がうちの事務所に来て

老夫婦「お父さんから聞いてるべぇ?あれ頼みに来たすけ、ついて来てけろ」


926 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/22(日) 18:58:48.21 ID:1U/J4SFT0.net
>>925 続き
兄貴と俺だけしか行くなと親父に言われていたので事務員に後は任せ二人でその老夫婦に着いて行き○○の資材置場の端の林道を通った・・・・林道自体知ってはいたが一度も言ったことがなくなんか新鮮だった。
入って30分経たない位で杉林から広葉樹の広がるこれぞ山!って感じの所に着いた。

老夫婦「この木をこのぶっつ切って持ってきてけろ」

兄貴「何時頃伺えばいいでしょう?」

老夫婦「いや、おらんどここさ迎えさくるからそれまでに切っておいてけろ」

と言われ大きなブナの木の枝を言われた数切って待っていた。
兄貴が、この木でけーな。って一服しながらドアを開けそのブナの木に向って行ったので
俺も暇だから着いて行った。
木の根っこ部分い小さい祠があって祠ってこの木って御神木かなんか?と思った。

兄貴「何に使うんだろうな。普通の木ではないことだけはわかるがなんか嫌だな」

俺「あの祠根っこがめり込んでいて最近のものじゃないよなあ」


927 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/22(日) 19:01:14.74 ID:1U/J4SFT0.net
>>926続き
2時間した後老夫婦が、ついて来いと言われ向った。
その木がある更に奥の方に向って1時間ちょっと進んだ所に10~15ぐらい家がある集落についた。
入ってすぐに思ったのはなんでこんな所にキリストチックな石像が沢山置いてあるんだ?とおもった。
じゃあここに居てと言われ集会所てきな場所で待機していたら住民がきて(13~17人)その老夫婦が俺らを親父の子供たちだと説明していた。

老夫婦「じゃあ始めるから行きましょう」

着いて行く他なかった。
隣にミニチュアの廃校見たいな作りの建物があってそこに向かう。
一番広い部屋の奥に皆向かいそこには大きな井戸とは違う少し大きく深い穴があった。

すまんコレ以上は言えない。
言えるのは隠れキリシタンと日本の古来の歪んだ風習が混ざった土着信仰?の儀式に俺らは呼ばれたって事。
あいつらどうかしてる。どうかしてるがあいつらのお陰で会社は絶対に潰れない。
この理由も言えない。 テレビや都市伝説じみたの話が本当にあるんだぜこの世の中には。はあ・・・・・・


939 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/23(月) 10:29:45.69 ID:4otZhmW30.net
>>925
ガチっぽいなこのはなし。
ぐぐったらえんぶりって青森県の南部地方のど田舎でやる祭り
みたいだね。しかも周辺にキリストの墓あるし隠れキリシタンがいてもおかしくわない。


940 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/23(月) 11:12:06.58 ID:fU44FQQX0.net
東北のキシリタンだと、伊達家関係?
家康の弾圧もあり、北へ北へ逃れたと聞いた事がある

東北だと大和の物部氏も逃れていったし、新羅関係も東北まで逃れていったと言われてる
えんぶりは、大陸北方騎馬民族の習俗が入っている。という話もあるね


948 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/24(火) 01:25:21.87 ID:ACMu1dme0.net
>>925 面白かった。

関係無いけど嫁が新潟出身で実家が寺なんだが結構前の正月で
聞いた話で、青森って土地は一番霊界に近い神も仏も集まる土地
でその影響から青森県民は霊能者が多く、神に好かれる者が多く寿命が短い人が多いんだとか。
うそーんってググったら日本で一番の短命県が何年も青森がワースト1なのねw

びっくりしたのとちょっとぞっとした^^;


[ 2015/02/24 15:31 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

今から7年前の話。怖いというか、何だったんだ?って話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2015/02/22 20:47 ] 怖い話 | CM(0)
実話恐怖体験談 弐拾段目
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1382553456/


855 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/19(木) 23:06:22.14 ID:7m9YhEqM0.net
今の家に越してすぐだから、今から7年前の話。怖いというか、何だったんだ?って話。
当時越してきたばかりで娘は3歳だった。平日休みとって娘と家の前で遊んでた。
シャボン玉してるのをビデオで撮ってたんだけど、急に娘が振り返って手を振ったんだ。俺はカメラ越しに娘見てたんだけど、もう友達できたのかなって手を振る方見たけど誰もいなかった。
それからなんだよね、男の子としばらくの間過ごすことになったのは。


856 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/19(木) 23:09:48.05 ID:7m9YhEqM0.net
マッシュルームカットで白のランニングシャツに白の短パンで裸足。その子を見る時はいつも娘と一緒だった。
娘も見てたから錯覚とか思い違いじゃなくて、間違いなくその時は男の子が存在してた。
何かされたり、何かしたりとかはなくて、いつもどこか一点を見つめてる感じ。
家の間取りというか寝室は2階にあって、2階に上がる階段は半分上がったとこで折り返すタイプ。分かるかな。
当時は嫁と娘と川の字で寝てたんだけど、ある日夜中に娘がトイレで起きたんで連れて行ったんだ。
2階のトイレは階段を上りきったところにあって、トイレに入る時に階段の折り返しの所が見えるんだけど、ちょうどそこに男の子がいてこっちをじっと見てた。
何となくやばいなって感じがしたんで、娘が気づかないようにトイレに押入れたんだけど、娘も気づいたみたいでトイレから顔だして、その男の子に手を振ってた。
とにかく、早く寝室に戻りたくて急かしておしっこさせてたんだ。
当時はおしっこの後俺が拭いてあげないといけなかったんで、トイレしてる娘の方に向いてしゃがんで終わるの待ってた。


857 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/19(木) 23:14:11.51 ID:7m9YhEqM0.net
ところで、後ろを人が通った時って風を感じるというか、そういう感覚分かるかな。娘がトイレしてるの待ってた時に、すっと風を感じて男の子が後ろに立ってるのが分かった。
頼むから娘は気づかないようにって思ってたんだけど、娘もやっぱり気付いてて、ひょこっと顔を俺の体の向こうを見るようにしてまた手を振ったんだ。
なぜか分からないけど、やばいって直感はあって終わったらすぐに娘を抱っこして寝室に戻ったんだ。
寝室のドアを開けて部屋に入ると、部屋の真ん中に男の子が三角座りで座ってて、ベッドの方を見つめてた。
嫁はそういうの感じないから、男の子がいるってのを嫁に気づかれないように何も言わず娘を寝かしつけた。それからしばらく眠ってたんだけど金縛りにあって目が覚めた。
いつもは疲れてるのかなって、何も気にせず無理やり体を動かしてまた眠るって感じなんだけど、その時はやばいっていう感覚がずっとあって、娘が危ない!って思った。体は動かないんだけど目だけ隣で寝てる娘の方に向けると…


858 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/19(木) 23:16:15.05 ID:7m9YhEqM0.net
娘が目に入る前に影が視界に入ったんだ。電気を消した中でもはっきり人型って分かる真っ黒い影が壁から胸から上だけを出して娘を覗き込んでた。呪怨って映画のシーンそのままだった。
体を動かせない俺は見てるしか出来なくて、その影は頭をゆっくりと娘の顔に近づけていったんだ。
もう少しで娘の顔に当たるって時に娘がばっと目を覚まして、その影を見た瞬間に大泣き。俺は金縛りがその瞬間とけた。
その影は真っ黒だけど男って分かった。しかもいつも現れる男の子じゃなくて大人の男。
とにかく娘を抱っこして下の階に行って少しおもちゃで遊ばせたりして落ち着かせてたんだ。


859 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/19(木) 23:18:34.75 ID:7m9YhEqM0.net
しばらくそうしてる内に娘も落ち着いたんで、寝室に戻ってもう一度寝かしつけた。
幸い何もなく娘も眠りについた。少し疲れた俺は下に行ってタバコを吸ってたんだけど、また娘の泣き声がしたんで、慌ててタバコを消して寝室に行った。
嫁が娘を抱いてたんだけど、何となくいつもと雰囲気が違うのに気づいたのか、嫁も怖がってたんで俺が娘を抱っこして落ち着かせてたんだ。
俺は壁に背を向けてベッドに座って娘を抱っこしてた。
すると、娘が壁を上下左右キョロキョロ見渡して、何でお友達こっちに来ないの?って聞いてきた。
どうやら壁の中に男の子がいてふらふら壁の中を浮いてるらしい。
大丈夫、お友達はもう遠くに行くんでお別れ言いにきたんだよって、3歳に分かりもしないような話をして安心させようとしてた。


860 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/19(木) 23:20:28.50 ID:7m9YhEqM0.net
もうその頃は朝方だったんだけど、ようやく何も起きなくなって少しだけど寝れた。
不思議とその日以降、男の子も現れなくなったんだけど、一度だけ現れた男は一体何だったんだろう。
家は新築で山を切り開いた場所だから、土地うんぬんじゃないだろうし。
今思えばシャボン玉の時に男の子の存在に気づいた娘が連れてきちゃったのかなって思う。


[ 2015/02/22 20:47 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

妹は6歳の時、公園で遊んでいて「UFO」を捕まえた
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2015/02/21 11:34 ] 不思議な話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?325
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1417271117/


943 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/20(金) 13:20:23.82 ID:oJERxHyA0.net
体験談行きます

妹は6歳の時、公園で遊んでいて「UFO」を捕まえた。
手で取ったが逃げそうなので口に入れたが、何時の間にか飲み込んだそうだ。
本人はケロッとしていたが母は私を伴いすぐさま病院へ連れて行った。

妹の話は要領を得ず(光る丸い鉄のキチキチいってたもの??)
口内にも痕跡は無いが、レントゲンで調べる事とした。
が、レントゲンが故障したらしい。(先生がそう言ったと思う。私も記憶が曖昧)

医者は私と妹を看護婦に預けると、別室で母とだけ話をしていた。
話を終えた母は妙にオドオドしていた気がする。
帰宅した父ともなにやら話していたが、どうも深刻そうに見えた。

その晩、妹は私を起こして便所に同行させた。
だが、中に入った途端、凄い勢いで泣き出したのだ。
当然父母も起きたが、トイレのドアが中からロックされていて開かない。
妹にあけるよう言うが泣き叫んでいる。何か言っていたようだが不明。

父がもおう鍵を壊すしか無い、と言い出した矢先、突然泣き声が止んでドアが開いた。
妹は扉にもたれるようにして倒れて出てくる。眠っていたように見える。
下着が真っ赤だった。便器の中も真っ赤だった。赤黒いシミがあたりに飛んでいた。
母は妹を抱きしめて叫んでいた。私は父に縋った。



944 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/20(金) 13:20:57.90 ID:oJERxHyA0.net
私が気づくと病院の待合室(家族室?)で寝ていた。昼前だったか。
程なくすると父が来て、私を妹の病室へ連れて行った。
妹はベッドで寝ていた。傍らには母がいた。疲れていたが落ち着いている。

母の説明では、妹は股の間を少し切っただけだという。
トイレの中でどうして?少し切った?と思ったが、妹が意外と元気なので由としてしまった。

妹は直に退院。その数日後、うちのトイレは鍵を外された。
ノック必須のルールは、意外と速く浸透した。

妹は今、元気に高校へ通っている。
当時の記憶は曖昧だそうだが、トイレの中で何か
「とても重い見えない鉄?みたいなもの」を抱えさせられて苦しかったらしい。

なお、母に当時の話をすると妙に怒るのだ。
特に医師と2人で何を話していたのか問い詰めた時は、話を強引に
私の成績不振に切り替えてまで。


以上です。



945 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/20(金) 13:38:02.24 ID:MHylISwA0.net
キレ痔だな


946 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/20(金) 14:11:31.74 ID:q6mJJvFo0.net
>>943
凶暴で巨大な生物に捕まり呑み込まれたUFOの乗組員達は
生きた心地がしなかっただろうなぁ…
決死の大脱出で奇跡の生還を果たして、
母星ではちょっとした有名人になってると思う
九死に一生スペシャルみたいな感じで


949 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/20(金) 15:59:02.09 ID:oJERxHyA0.net
>>945
>>946
少し便秘気味だが概ね快便ぽい
宇宙USJ(?)に妹の直腸アトラクションとかあったらヤだな…



[ 2015/02/21 11:34 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

亡くなった人の骨を食べるという行為
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2015/02/20 16:25 ] 不思議な話 | CM(1)
ほんのりと怖い話スレ その106
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1417788066/


868 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/18(水) 13:40:52.80 ID:wY4oBNWw0.net
私が小学生のとき父方の祖母が亡くなって、お葬式をした時の話なんだけど
ずっと気になってることがあるので投下。

父は次男だけど、長男の叔父は私が生まれる前に物凄い借金を作って家に大迷惑を掛けたとかで絶縁されてたらしい。
でも、実の母の葬式ということでその時だけ顔を出してた。奥さんも連れてきてた。
私は2人ともその時初めて見たけど、奥さんは普通のおばさんという感じだった。
叔父さんはどよんとした雰囲気でちょっと気持ち悪かった。

で、焼き場に行って骨を焼いて、皆で箸で骨を拾ってくやつあるじゃん?
あれをしてた時、何故かなんとなく叔父さんの方を見たら

叔父さんが祖母の骨を口に入れた瞬間を見てしまった。

しかも人に見られたらマズいという感覚はあったらしく、視線だけで周りをせわしなく気にしていたので、バッチリ目が合ってしまった。
ボリボリ噛んで飲み込んでた。
ちょっとニヤニヤしてたような気がする。

小学生だったんでもう怖くて怖くて、もちろん親にも言えなくて今に至るんだけど、
亡くなった人(親)の骨を食うって何か意味あるの?
例えば叔父さんは絶縁してるけど、骨を食べることで縁を繋ぐとか…?
今でもずっと気になってるんだけど、誰か心当たり無いですか。


877 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/19(木) 00:46:04.74 ID:10ggavHJ0.net
>>868
地方によってはあるよ。『骨噛み』という風習。噛んで飲み込むところもある
戦前では日本各地に伝わっていた。別に不思議な事じゃない
死者の骨を噛む事で、死者への愛惜と思慕を伝える意味
個人の骨を食べる事で、自分の悪いところを治す。と言われて地域もある(膝の骨→自分の膝が治る)
有名人の例だと、勝新太郎がやった(兄の若山富三郎親の葬儀の時)

古代には、死者の肉を食う。という風習があった世界各国広い地域で行われてた
死者の魂と持っていた力(霊力や能力)を取り込む。自分の中で生かし続ける
という、精霊信仰に基づいた儀式
地域によっては家を継ぐ継嗣がこれを行い、先祖の魂を取り込み、守りの力とする。トコもあった
骨噛みは、火葬以降により儀式化される形で伝えられたもの
上に上げた『自分が割るところの骨を…』というのは、精霊信仰が色濃く残っている面がある
パプワニューギニアでは、他部族と戦い死んだ戦士の骨をしゃぶり、勇敢な魂と精神を継ぐ。という儀式がある
同じ儀式が893の世界でも行われた事がある。Y組の最高幹部T氏が殺された葬儀で、
骨上げの時に幹部が組長の骨をしゃぶり、組長への敬愛を示し暗殺犯への復讐を誓い合った。


報告者の叔父さんが、どんな意味でやったのかは判らない
でも特段不思議な事でもない。


878 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/19(木) 02:04:25.05 ID:V6FZ0VZu0.net
>>868
意識的にでも無意識にでも、衝動に駆られる人はいるみたい
母親が亡くなったときにあんまり悲しくていっそお骨を食べたら自分の中で母親がずっと生き続けるんじゃないかと思って本当にしそうになった、みたいなことを言ってた人がいたわ

叔父さんがどういう思いからその行動をしたのであれ、身近な人が亡くなると本性って出るよね


879 :868@\(^o^)/:2015/02/19(木) 14:33:45.54 ID:2c3Fp3Vg0.net
>>877
そういう風習があるんですね。
全然知らなかったです…
父の実家は中部地方なんですけど、全国的にあるのかな。

>>878
叔父がどういう人なのか分からないのですが、祖母をよほど慕っていたならそういうこともあるかもしれないですね…


884 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/20(金) 14:46:13.34 ID:Kqalf4l40.net
婆ちゃんが子供の頃は骨壷に溜まった水を飲むと病気が治るつって、いざって時には飲んでたってよ
ちなみにそれで治った人は見たことないらしい


885 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/20(金) 15:21:28.62 ID:gfW/yoFuO.net
うちの地元は名水で有名でほとんどの家庭用の水道水はこの水が使われてるんだが
水源地が超有名な自殺の名所
引き上げるのもちょっと難しくまあ底にはいろいろ積もってるんだろうなって感じ
観光課の人が『名水美味しいでしょ、カルシウムたっぷり!』って笑っててほんのり


886 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/20(金) 15:47:30.89 ID:c6BT/Hd8O.net
カルシウムwwww


[ 2015/02/20 16:25 ] 不思議な話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

犬の親子と女の子
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2015/02/18 11:11 ] 心霊いい話 | CM(4)
◇ 心霊ちょっといい話 ver.17 ◇
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1305038972/


20 :犬の親子と女の子:2011/05/17(火) 02:46:41.51 ID:rpqNSiVS0
私の家は昔の古い日本家屋といった感じの、ジブリの映画に出てきそうな家でした。
土間や畳敷きの大広間、竈のある台所に仏間と16畳の和室。
和室は障子を開け放つと縁側に面した庭が一望できました。
家の後ろはすぐ山肌になっており、春には山菜が良く採れていました。
その家に私は、曾祖母、祖父、祖母、父と母、我が家の愛犬ジョンと一緒に暮らしてました。
ジョンは私の父が知り合いから譲り受けた犬で紀州犬と何かの雑種らしく、真っ白な体毛をしていました。
私が13歳になってしばらくした頃、ジョンが子犬を産みました。
生まれた6匹全てがジョンにそっくりな白い体毛をしていました。
私は縁側に寝転がってジョンや子犬たちがいる庭先を眺めるのが好きでした。
雨が続いたある日、久々に晴れたのでお菓子と漫画をもって縁側に寝転びに行くと、庭に見知らぬ女の子が居ました。
小屋の前の芝生で気だるそうに横たわって居るジョンと、そのお腹の辺りで元気に転げまわってる子犬達。
それをその女の子はニッコニコしながら眺めていました。
年は小学校低学年か、ひょっとしたら幼稚園の年長組くらいのショートボブの女の子。
白いワンピースを着て、左手には綺麗なビーズの腕輪をしていました。
(あんな可愛らしい子近所に居たっけ・・・?)
と思いながらも、近所の小さい子がジョンを触りにくる事なんて良くあるので、放っておきました。
漫画を一冊読み終えて顔を上げてみると、女の子はまだジョンと子犬達を見ていました。
転げまわる子犬達を見ては
(*´∀`*)
みたいな顔でニッコニコしながら眺め、子犬がくしゃみをしたら
Σ(>ヮ<*)
みたいな顔で驚いたり、眠くてコクリコクリしてる子犬には
(*゚ー゚)
みたいな感じで顔を覗き込んだりと、あまりに表情がころころ変わって面白いので、私はしばらくその女の子を見ていました。

[ 2015/02/18 11:11 ] 心霊いい話 | CM(4) このエントリーをはてなブックマークに追加

幽霊?とセックスした話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2015/02/16 13:35 ] 不思議な話 | CM(1)
【全米が】なんか笑える霊体験30【テラワロス】
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1410184635/


603 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/15(日) 08:57:14.72 ID:qL4h3TpW0.net
幽霊?とセックスした話

これは二年前、私が17の時、家族旅行での話。
北関東?で合ってるかな?の、山間のペンションに泊まったんだけど、この部屋が、霊感のない私でも入った瞬間わかるぐらい重いというか、息苦しい部屋だった。
その部屋にはロフトみたいなのが付いてて、私と、3つ下の弟がロフトのベッド二つを占領した。

んでその夜、そんな雰囲気の部屋だから当然眠れなくて、携帯いじったりしてたら、一応私も年頃の女の子だったから悶々としてきて、気付いたら触ってた。
まあ簡単に言うとオナニーです。
みんなが寝てるの確認してから布団被って寝巻きとパンツを膝まで下げて息を殺してしてたら、急に身体が動かなくなった
凄い恥ずかしい格好で金縛り


604 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/15(日) 09:08:28.26 ID:qL4h3TpW0.net
続き
で、やばいと思ってたら下の方から足音がして、部屋の中を回ってる感じで、しばらくしてロフトのはしごからこっちに近づいてくる気配がした。
で、布団の中で仰向けのまま固まってる私の横に来た。
やばいやばいと思っても、ベタだけど声が出ない。

怖くて怖くて頭おかしくなる寸前。
布団の中にそいつが思いっきり入ってきた。ぬるって感じで、布団もめくらずに不自然に。

そいつは三~四十代ぐらいのおっさんで、全裸だった。
幽霊ってこんな感じなの?ってぐらいはっきり見えて、しかも勃起してた。
で、そいつが私の腰持って、入れてきたわけよ。
いやいやいやと思ったけど、抵抗できないし。

でも気持ちいんだなこれが。
いつの間にか恐怖心消えてて、身体も動くようになって私も気分が乗ってきて、上になったり下になったりで結構激しかったはず笑

どのタイミングで終わったのかわからないけど、気付いたら朝で、私は汗だくで目覚めた。
夢かなと思ったけど、ほぼ全裸だったし、入れられた感触は残ってた。

あれがもし幽霊じゃなかったらって、今になってたまに不安になる。


608 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/16(月) 11:04:58.68 ID:EqBJjZjl0.net
幽霊に突っ込まれただけあって突っ込みどころ満載な話だな


609 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/16(月) 11:39:54.91 ID:jj9Yqef50.net
生きてる人間じゃ無い相手との性行為はどうなるか判らないことも相まって受け入れられればもの凄く興奮しそうだな
それに半端じゃないくらいの快感らしい

昔、家族で旅館に泊まったら女性の幽霊に襲われて(家族は目が覚め無い)
アナルから長い舌を挿入され前立腺を刺激しながらチンポをしごかれて何度も信じられない量の射精した、
朝になったら枕元に古い着物があったので怖くなって途中で捨てて帰った という話をどこかでみたけれど
自分だったらその着物を持ち帰って毎晩お世話になるだろうな
もちろん性器だけではなく精気も奪われ衰弱するだろうけれど


[ 2015/02/16 13:35 ] 不思議な話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ関係の裏側職についてる俺が、あるオカルト番組のロケに同行させられた時の話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2015/02/14 15:07 ] 怖い話 | CM(3)
ほんのりと怖い話スレ その106
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1417788066/


748 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/12(木) 14:36:10.98 ID:2sp8ffx00.net
昨日解決した話
自分はしたっぱながらテレビ関係の裏側職についてるんだ。
で、あるオカルト番組のロケに同行させられたわけだ。
そういうオカルトロケがあるとき、
番組側はその時のタレントが人気だったり、
番組ディレクターが他番組の掛け持ちとかしてる人だと
いわゆる霊媒師?みたいな人が同行するわけだ
その時のロケも人気タレントだったからそういう人が同行した。
話はそのロケが終わった後の話で
片付けも終わってさぁ帰ろうとなって車に乗ったら助手席にその人がいたわけだ。
挨拶して車だした後特に会話はなかったのに
急にその人が俺がロケ地のトンネルから何かつれてきてるって言い出した。
はぁ?って思って、そんなこと言うんなら祓ってくれませんかって俺が言い返した
そしたらついてきた霊は特に害のある奴じゃなくて半ば君の守護霊になってるから喜んでいいって言い出した。
喜べるわけねぇだろって内心思ってたけど金もないし何も言えず家に帰った。


749 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/12(木) 14:37:59.16 ID:2sp8ffx00.net
数日はなんともなかったんだけど
一週間位してけつに違和感を感じ始めた
特に気にしなかったけど何か丸い物を押し付けられてる感じがした。
そして一昨日、事件は起きた
夜寝ているとけつに激痛が走った
目をさますと目の前に無表情で腰を振る男がいた。
うわぁぁぁぁぁぁぁあああって悲鳴をあげた。壁ドンが来たけどそれどころじゃない
自分が掘られているってわかると涙が出てきた。
パニックになってある言葉を大声で話した
「天におります我らが父よ、願わくば皆を崇めさせたまえ。みくにを来たらせたまえ………」
自分は高校がキリスト系の宗教学校で朝のHRで毎回言っていたから覚えてた祈りの言葉、こういう時こそと思って叫んだ
そしたら霊は悲しそうな顔して消えていった
けつから血が出てた。その日は泣いた。

そして昨日またあの人にあったからその話をしたんだ
その人いわく、最近俺が貯まってたこともあって
守護霊なりに使命感なんかから助けようとしていたらしい。
それで彼なりに考えて行動したんだと、今はもういないとも言ってた。

これで話は終わり。皆もそういうところに行くときはけつに気を付けるんだぞ!


752 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/12(木) 15:07:30.92 ID:+4ONLY8o0.net
解ケツしてなにより


[ 2015/02/14 15:07 ] 怖い話 | CM(3) このエントリーをはてなブックマークに追加

不気味な路線バスの正体
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2015/02/13 17:37 ] 怖い話 | CM(2)
実話恐怖体験談 弐拾段目
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1382553456/


809 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/11(水) 15:52:25.78 ID:bS1KvE1u0.net
もう10年以上前の話だが…

友達の家に泊めてもらった帰り、バスで駅まで行こうとバスを待っていた。
バス停にはバスの場所を知らせる機械があって、普通に動いていたのに、それとは関係なくバスが走ってきた。
時刻表にもその時間のバスはないし、道も空いてたから遅れてきたとか早く来たとかそんなのではないようだった。
最初は機械の故障かな?と思ってたのだが、
よく見たらバスの行先が書いてある所には路線の番号も他の地名も書いてなくて、
田舎のバスみたいに行先だけが大きく書かれていた。

ちょうど良かったし乗り込んだら、車内の機械には次のバス停の名前は出ないし、
一切放送も鳴らない。運転手もテープの放送もなかった。
友達の家に行くのによく使う路線なのに、いつもと全く雰囲気が違っていた。
落ち着かなくて、車内をすみずみ見渡してみたら、運転手の名前札が入っているはずの所に何も入ってなかった。

信号で停まってる間に「このバスって○○に行くんですよね?」と聞いたら、
前を向きながら「行きますよ」と一言だけ。年配の運転手であるのは分かったが、顔は見なかった。
結局そのバスは他のバスと同じように駅のバスターミナルに入って、自分はお金を払って降りた。

何か不気味なものを感じてバスのりばの路線図を見たけど、
どの路線にも番号は付いていたし、そのバスがどこから来たのかも全くわからなかった。
あとで友達に聞いたけど、「見たことない。臨時バスじゃない?」としか言われなかった。
でもそこは大都会の街外れで観光地があるような場所じゃなかったし、平日の昼前にそんなバスが来るとは思えなかった。

今でも謎だらけのあのバス、一体何だったのだろうか…


810 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/11(水) 22:04:56.08 ID:8M1dFIPP0.net
>>809
臨時バスなんじゃない?


811 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/11(水) 22:33:49.82 ID:8mKjXBycO.net
臨時バスは
イベント等で混む時に出される物の他に
その時間のバスが事故や故障等何等かの理由で運行出来なくなった時にも出されます
余ってたバスがボロかっただけの可能性


812 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/11(水) 23:09:19.64 ID:aBSPCjhR0.net
http://web.archive.org/web/20101206012934/http://webnews.asahi.co.jp/you/old/special/2007/u20070426.html
京都市の幽霊バス問題かなぁ
書いてあることとおよそ似てる


813 :809@\(^o^)/:2015/02/12(木) 00:19:05.74 ID:Jp3Z/iSK0.net
>>812
正に京都だった。しかもそのページで扱われているのと同じ路線。
全然恐怖じゃなかったんだな!と言いたいところだが、
労組とズブズブなのを隠すために変なバスを走らせていて、
それにたまたま当たってしまったってのも違う意味で怖いわ。

なにはともあれ久々に思い出してモヤモヤしていたのが一日で解決されるとは思ってなかった。
ありがとう。


[ 2015/02/13 17:37 ] 怖い話 | CM(2) このエントリーをはてなブックマークに追加

‐全ランキング表示‐ ブログパーツ
プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加




最新記事
【不思議体験】公園の土管 Sep 21, 2017
【不可解な話】ジイちゃんと鏡 Sep 20, 2017
小さい頃、マンホールに落ちた記憶 Sep 18, 2017
叔父夫婦が以前、ある大学寮で住み込みで仕事していた時の話 Sep 17, 2017
通常稲の実る時期よりも早く、一本だけ色づいた稲穂が出ることがある Sep 14, 2017
もしかしたら自分の勘違いかも知れないんだがどうにも納得が出来ない話がある Sep 13, 2017
じいちゃんが満州に徴兵されてた時の不思議な体験 Sep 12, 2017
闇夜に佇む少女 Sep 11, 2017
電車から全身血まみれというか怪我まみれで包帯まみれの中学生くらいの男の子が降りて来た Sep 10, 2017
昔付き合ってた彼女(看護師)から聞いて、一番怖かったのが「手術室に出る幽霊」の話 Sep 03, 2017
過去ログ +

2017年 09月 【11件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【10件】
2017年 04月 【10件】
2017年 03月 【10件】
2017年 02月 【11件】
2017年 01月 【10件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【8件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【13件】
2016年 06月 【16件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【13件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【13件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【12件】
2015年 05月 【16件】
2015年 04月 【14件】
2015年 03月 【27件】
2015年 02月 【17件】
2015年 01月 【25件】
2014年 12月 【26件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【20件】
2014年 09月 【18件】
2014年 08月 【20件】
2014年 07月 【25件】
2014年 06月 【21件】
2014年 05月 【18件】
2014年 04月 【17件】
2014年 03月 【16件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【22件】
2013年 10月 【10件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【13件】
2013年 07月 【10件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【5件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【6件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【7件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【8件】
2009年 07月 【21件】

アクセスランキング
LINK
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top