FC2ブログ

|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
ヘッドライン

【恐怖体験】俺の家は2Kで、嫁と俺の二人暮らし
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2015/05/08 14:55 ] 怖い話 | CM(1)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?326
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1425032451/


923 :913@\(^o^)/:2015/05/06(水) 00:46:21.76 ID:R6jTdKCQ0.net
俺の家は2Kで、嫁と俺の二人暮らし。パソコンがある部屋と
テレビがある寝室は襖で別れている。
休みの前の日に映画のDVDをレンタルしてくると
「寝るのを邪魔しちゃ悪いし、隣の部屋のパソコンで観るから」
と言って襖を閉じてパソコンで映画を観る。映画は観るが、
本当のお楽しみは映画が終わって夜も3時を過ぎたあたりから。
まあ、エロ動画サイトを回るわけですよ。昔11PMやオールナイト
フジを親に隠れてこっそり観ていた経験から、イヤホンはつけない。
片耳だけつけるという人もいるが、やっぱり片耳聞こえないと反応が
遅れると思う。


924 :913@\(^o^)/:2015/05/06(水) 00:47:08.99 ID:R6jTdKCQ0.net
耳は後ろの襖、目はモニターに集中しながらあれこれと探していると
ずっと探していたとある動画を見つけた。時間は5分ちょいか、短い
バージョンだなぁ、でもやっと見つけたし・・・等と思いながら
クリックした瞬間、後ろの襖がガラッと開く音が聞こえた。
経験上、ここで後ろを振り向いたら駄目だ。頭でモニターを
ディフェンスしつつ、すばやくウィンドウを閉じることを試みる。

「すべてのタブを閉じますか?」

馬鹿かお前、閉じるに決まってんじゃんか!!
焦って右上の×をクリックしようとするがうまくカーソルが合わない。
今思えば真ん中の「はい」をクリックした方が早かった。
後ろからは動く気配がしない。くっ、モニターをのぞき見られたか・・・。
観念して後ろを振り向いた。
振り向いた瞬間、我が目を疑った。


925 :913@\(^o^)/:2015/05/06(水) 00:48:16.00 ID:R6jTdKCQ0.net
見たこともない男が襖の、ちょっと奥に立っている。
顔から血を流している訳でもない、うらめしそうなわけでもない、
少し頭髪のさびしい、普通のおっさんが無表情で目だけこちらに
向けて立っている。その後ろに見える布団では嫁が普通に寝ている。
え??今午前3時だよ?玄関の鍵も窓の鍵も閉めてるよ?
なんで、どうして、どうやって・・・と思いながら思わず
「え・・・!、は・・・!、う!!」
と大きな声を出してしまった。
その声で嫁が起きてしまった。身を捩ってこちらを見ながら
「何よ・・・」と布団から起き上がってきた。
「まだ映画観てるの?大きな声出して何時だと思ってるの?」
と言いながらこちらに近づいてくる。


926 :913@\(^o^)/:2015/05/06(水) 00:49:48.15 ID:R6jTdKCQ0.net
その男に近づいた時

「なによ。どいてよ」

といいながら男の肩に手をかけ、ぐいと横に押すとそのまま
パソコンの部屋を経由してトイレに向かおうとした。

「おい!!」慌てて声をかける。
「夜中にうるさいわね!!なによ、さっきから・・・」
「お前、お前、今、誰をどかしたんだ??」
「・・・・え?」

2人で男の立っていた場所を同時に見たが、そこにはもう誰もいなかった。
すぐに二人で部屋の窓を調べたが全部鍵はかかっていた。


927 :913@\(^o^)/:2015/05/06(水) 00:51:07.76 ID:R6jTdKCQ0.net
駅から遠いだの近くにコンビニがないだのと、以前から部屋に不満が
多かった嫁はこれを期に引っ越しを強硬に主張するようになり、
次の年の更新は諦めざるを得なかった。自分としては気に入っていた
住まいだったし、引っ越すまでの期間特に何が起きたわけでもなかったんだが。
あの男からすればただの通りがかりみたいなものだったのかもしれない。

ちなみにエロ動画を観ていたことは嫁にはばれなかった。なぜなら
画面上には大きく「this video has been deleted」の文字が出ていたから。
Xvi○eoの本サイトだったら他にも画像でてきていただろうから
ばれちゃってたかもしれない。後は嫁がその一文が意味するところを
今後も知らないでいてくれるよう祈るばかりだ。

オチはネタみたいだけど、個人的には今までで一番心拍数が上がった出来事だった。


[ 2015/05/08 14:55 ] 怖い話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

高校からの付き合いのある先輩、Kさん、Jさんとの体験
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2015/05/06 19:06 ] 怖い話 | CM(2)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?326
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1425032451/


910 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/05/05(火) 21:37:26.66 ID:jU/4gVrM0.net
高校からの付き合いのある先輩、Kさん、Jさんとの体験。
大学一回の夏の話。その年の春、私は都内の大学に受かり、高校からの付き合いのある先輩Kさんと同じ学部に通うことになった。やっと大学生活のリズムを掴んできた頃、Kさんが私に相談があると言う。
正直、面倒くさかったが、明るく活発だったKさんのしおらしい頼む様を見て、不覚にも興味を持ってしまった。それが間違いだったのだが。
私がどうぞと言うと、Kさんは開口一番に「Jがオカシイ。」と言う。
知っている名前だった。Jさんも都内の大学に通っており、同じ高校出身で、同じ部活で汗を流し、よく可愛がってもらった先輩だった。健全で、健康で、いつも笑顔を絶やさなかったJさんの何がオカシイのか、想像もできなかった。


911 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/05/05(火) 21:41:23.14 ID:jU/4gVrM0.net
Kさんの話はこうだ。
JさんとKさんは仲が良く、進路は違ったが同じ都内に住むという事でずっと交流があったらしいが、進学してしばらくして様子がおかしくなったという。どうオカシイのかというと、ドライブしていると何も無いところで急ブレーキを踏む、
何も無いところをジッと見つめる事が多々ある、
急に驚いたりすることがあるなど、とにかく挙動が不審で、最近はやつれて目の下にくまができて見ていられないのだと言う。
正直、KさんとJさんが一緒にドライブしてる事に一番驚きつつも、
そんな事言われても私にはどうしようもない。心配はするが、頭の医者でも、ましてやそんな専攻でもない。力になれないと伝えた。しかしKさんはそれで良いと言う。Jに何が起きているのか、本人に聞きたいが、一人では怖いので付いて来て欲しい、それだけでいいと言う。
ここまで必死に頼まれたら、私には断る事はできなかった。


912 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/05/05(火) 21:42:59.90 ID:jU/4gVrM0.net
約束の日、講義が終わった後の夕方に大学の近くのファミレスで落ち合う事になり、Kさんと一緒に向かった。Jさんは先に入っていると言う。
遠目にJさんを見つけると、向こうもこちらに気づき手を振った。
お久しぶりです。久しぶり。
確かにやつれている。
久しぶりに会った先輩と他愛もない話でもと思った矢先、Kさんがいきなり本題をぶつけた。
あんた、最近オカシイよね。どうしたの?
最初は何の事かわからないという様子だったものの、Kさんの気迫と、私を連れてきた意味を察したのか、こんな事言うと変人だと思われると思って誰にも相談しなかったのだと前置きをしてからJさんは話をしてくれた。
大学に入って間もなく、知り合ったばかりの友人達と肝試しに行ったのだと言う。特定と、近隣住民の迷惑になるといけないので伏せるが、首に纏わるスポットで、仲間とふざけているうちに、注連縄を切ってしまった。


913 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/05/05(火) 21:49:35.15 ID:jU/4gVrM0.net
その場では何も起きなかったが気味が悪くなり解散。
帰路に着き寮の風呂で頭を洗っている時に鏡を見ると背後から女が覗き込んでおり、それを見て失神した。
それからというもの、所謂見える体質になり、
それも生きている者とこの世の物でない者との区別も付かない程。
急ブレーキやその他諸々もそのせいだと言うのだ。
背筋が寒くなって来た。
そしてJさんはこうも言った。
最近までまいって居たが、もう慣れた。今もきっと俺の背後に居るが、無視してやるのさ。と。
その発言が本気なのか、強がりなのか判断し兼ねていた私は、
先輩の背後の大きなガラス窓に無数の手形が付いていることに未だ気づいていなかった。
以上。


[ 2015/05/06 19:06 ] 怖い話 | CM(2) このエントリーをはてなブックマークに追加

ふと子供の頃見た不思議な光景を思い出したので書いてみる
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2015/05/05 13:01 ] 不思議な話 | CM(2)
ほんのりと怖い話スレ その108
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1429018865/


212 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/05/05(火) 07:29:27.67 ID:VWH3L5Ay0.net
ふと子供の頃見た不思議な光景を思い出したので書いてみる。
海岸沿いに、国道と線路が並んで走ってるような日本海側のド田舎の話。
日差しが強くなってきた丁度今頃か、もう少し夏に近かったと思う。
友達と海で遊んでた自分は、皆と別れて海から国道に上がって一人で歩いてた。
田舎の海岸線沿いの集落を知ってる人には想像出来ると思うんだけど

 海 |国 |線|
   |  |  |山   
   |  |  |
 岸 |道 |路|


こんな感じで国道に立って北側に向くと、東側は山、西側は海っていう極端な景色になる。
で、国道を一人で北に向かって歩いてたんだけど、ふと気が付いたら東側の山沿いにある集落に
見慣れない物が見えた。
海岸線だからまっすぐじゃなくて、自分が歩いてる先は左に向かって緩やかにカーブしてて
海と山と大きな国道しかないからその先何キロかずーーっと先が見渡せる状態だったんだけど、
その集落の高台(寺だったか神社だったか)の所から、真っ白な服を着た集団が北に向かってゾロゾロ歩いてた。
自分とその高台との距離は多分200mくらい…?
子供の頃の記憶だから今見ればもっと近い距離だったかもしれない。
人が居れば分かるけど、顔の判別なんかは付かないそれくらいの距離。
ウォークラリーでもやってるのかなぁ なんて思って見てたんだけど、太陽の光が反射して白さが際立つ一団は、
老若男女…かは判らないけど、少なくとも大きな成人男性、線の細めの女、大人に挟まれて小さいのは子供?
それらが一列になって高台を降りて、ひたすらまっすぐに歩いてた。
2、30人は居たと思う。その全員が白。 真っ白。ヤッケというか、パーカーというかそんな感じの服装に見えた。
そして私が眺めている間に、あっという間に国道に降りて歩いて視界から消えて行った。


213 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/05/05(火) 07:31:34.28 ID:VWH3L5Ay0.net
違和感は感じたものの、あっぱらぱーな子供時分なもんだから、正体に気が付いたのはずっと後だった。
あの集団の移動スピード
一糸乱れることなくスタスタと前の人との距離は人一人分くらいのまま早歩き位の早さだった。
子供も居たのにあの速さは有りえない。
子供と一緒に歩いた事がある人なら分かるとおもうけど、子供ってまっすぐには歩かない。
大人と同じ速度でスタスタまっすぐ歩く子供なんて想像したら怖い。
なんとなく口に出したら、あんな白昼堂々と見てはいけないものを見てしまった事を認めるようで怖くて言えないまま
記憶の片隅に追いやって居たのをふっと思い出したので書いてみた。


[ 2015/05/05 13:01 ] 不思議な話 | CM(2) このエントリーをはてなブックマークに追加

臨死体験的なものをした話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2015/05/04 15:24 ] 不思議な話 | CM(1)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?326
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1425032451/


864 :1/3@\(^o^)/:2015/05/03(日) 15:28:33.73 ID:y7OiALeV0.net
臨死体験的なものをした話。

元々胃痛持ちで、十二指腸潰瘍を患った時に普段の胃痛だと思って我慢し過ぎてこじらせて、ぽっかり穴が空いてそこから胃酸が漏れてたとかで死にかけた事がある。

気づくと黄色いでろっとした水の中に立っていた。
水の高さはへそ上くらい。普通に服は着ていて、濡れて絡みつく感じが不快だった。
割とすぐそばに陸地が見えていた。けど地上には何にもない。地平線。山っぽい凹凸はあった。
逆側にも遠く岸のようなものは見えてたけど、霞んでよくわからなかった。
続く空も黄色っぽくて、重たい感じ。

ついさっきまで痛みでのたうち回ってたから、ああ、俺死んだのかなあって思った。
多分これが三途の川なのかなぁとか考えながら、どうしたらいいのかわからなくて、暫く呆然としてたと思う。
ズボンを引っ張られた。


865 :2/3@\(^o^)/:2015/05/03(日) 15:29:09.62 ID:y7OiALeV0.net
水は濁ってて中が見えない。何かいて、履いてるズボンの裾を引っ張ってくる。
そこで唐突に、この水の中にいると地獄に落ちる!って思った。
慌てて岸に上がろうとしたけど、濡れた服が重いし、相変わらずズボンを引っ張るやつがいて、なかなか思う様に進めない。

それでも岸は近かったから、すぐ浅瀬になって後ちょっとで完全に陸地ってとこまで来た。

引っ張る力は大して強くないけど、ずっと引っ張ってくる。
さっきまで下を見る余裕がなかったんだが、ほぼ岸辺に辿り着いてほっとして、引っ張ってる奴を見たんだ。


何年も前に亡くなったじいちゃんだった。


じいちゃんは目を見開いて俺をガン見した状態で、水の中で仰向けで片腕だけ伸ばして、俺のズボンの裾を引っ張っていた。
なんか薄っぺらくて、作り物みたいに見えたけど、間違いなくじいちゃんだった。

俺はそこで固まってしまった。
けど、ほとんど陸地に上がってる状態だったから、じいちゃんの手が一瞬水から出たんだ。
そしたらじいちゃんの手がふいっと離れた。そしてそのまま、じいちゃんはあっという間に沖の方に流れて沈んで見えなくなった。

じいちゃんが見えなくなって、俺は岸辺に駆け上がった。
そしたら耳元で、「気ぃつけや」って声が聞こえた。


866 :3/3@\(^o^)/:2015/05/03(日) 15:29:27.10 ID:y7OiALeV0.net
次の瞬間目が覚めた。


我慢しすぎて職場でぶっ倒れ、そのまま救急車で運ばれ緊急手術まで受けて、4日意識が無かったそうだ。
血圧が異常に下がって、本当にいつ死んでもおかしくない状態だったと聞いた。
母にものすごく泣かれた。

その後は何とか後遺症無く完治して今に至る。
ただ、気になっているのは、あの水の中にいたじいちゃんは地獄に落ちたのか?
引っ張っていたのは俺を連れて行きたかったのか?

俺は、引きずり込もうとしたわけではなく、ここは危ないんだって教えてくれたんだと信じてる。
あの「気ぃつけや」って言葉からも。

でも、あの声は、じいちゃんじゃなかった。


[ 2015/05/04 15:24 ] 不思議な話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

ある健康センターにて
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2015/05/02 21:15 ] 心霊笑える話 | CM(7)
ほんのりと怖い話スレ その108
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1429018865/


178 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/05/02(土) 20:13:26.70 ID:yivFCqAz5
「ある健康センターにて」

都心のビル街を起点に、東北地方のとある繁華街へと続く国道。
その黒いアスファルトの上を、大きさや色、あるいは形もまちまちに
並ぶ車両の列が、早くもなく遅くもないスピードで流れていく。
道の両脇には大型の量販店が立ち並び、
その各店舗には不必要なほどただっ広い駐車場が設けられている。
どこか荒涼としていて物寂しげな景色だが、見慣れると、
まるで一つ一つの店が、どこぞの由緒ある名家の屋敷のようにも見えてくる。それがとても滑稽だなと、この街に移り住み3年ほどたった今でも、
通り過ぎるたびに思う。

そんなどこにでもあるような北関東の郊外の街で、
ゴールデンウイークの初日をのんびり過ごしていた私を、
ほんの~り怖くさせてくれたお話。


[ 2015/05/02 21:15 ] 心霊笑える話 | CM(7) このエントリーをはてなブックマークに追加

つい先日の話、とある田舎町を車で走らせていたら
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2015/05/01 16:01 ] 不思議な話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?
http://toro.open2ch.net/test/read.cgi/occult/1395334657/


187 :名無しさん@おーぷん :2015/02/26(木)16:02:03 ID:9HG
つい先日の話なんだけど、とある田舎町を
車で走らせていたら
喉が滅茶苦茶渇いてコンビニを探し回っても田舎道。
あるわけがない。
諦めかけたその時に、駄菓子屋が見えてきた。
こんな田舎町で周りに何もないけど儲かるのかなーと思って
入ってみたら子供が2,3人お菓子を選んでいる。
俺の顔を見るなり「お兄ちゃん良いなー」と次々と口を揃えて言う。
何の事だろと思い、飲み物を手にして会計へ。
おばちゃんだったんだけどそのおばちゃんが俺を見るなり
「あんた、どうやってここまで来た?
 ここはまだ来ちゃいけない。それにここの食べ物を口にしたら
 戻れなくなるから日が暮れる前にすぐに引き返しなさい」
と言って売ってくれなかった。
なんだよ!と思いながら出ようとすると
一人の子供が「お兄ちゃん、良いなーまだ生きてていいなー」と
口走った。
それから振り返らずに車に乗りエンジン全開で元来た道を戻った。
あんまり怖くないね。
でも本当の話。


189 :名無しさん@おーぷん :2015/03/07(土)20:18:52 ID:x9S
いいな、いいな、生きてるっていいな


190 :名無しさん@おーぷん :2015/03/10(火)12:02:37 ID:aAt
>>187
ヨモツヘグイってやつだね
異界の物を口にしたら現世に戻れなくなるってやつ


[ 2015/05/01 16:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加
管理人オススメ記事
俺は昔からずっと夢でみる光景がある
お菓子を報酬として偶に除霊している友人の話
肉塊
鍼灸師の僕が中国である患者を診断、治療した話


プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加


最新記事
僕にしか見えない豚との奇妙な生活が始まった Aug 12, 2020
神社や寺をラインで結んで霊道を調べる方法をやってみた Aug 11, 2020
【怖】夜遅くにいつの間にか現れた女 Aug 10, 2020
昔、新倉イワオ「あなたの知らない世界」で観た話(なので記憶はあいまい要注意) Aug 05, 2020
【怖】超がつくお金持ちの友人の家に泊まりがけで遊びに行った時の話 Aug 04, 2020
【謎怖】携帯電話を拾ってくれた男性 Jul 30, 2020
ベランダで繋がってる隣の空き部屋 Jul 29, 2020
夜釣りで経験した背筋が凍りそうになった話 Jul 28, 2020
山道で出くわした老人 Jul 24, 2020
突然ふとした瞬間に、家族とか配偶者との関係性がゼロになる感覚ない? Jul 22, 2020
過去ログ +

2020年 08月 【5件】
2020年 07月 【10件】
2020年 06月 【10件】
2020年 05月 【10件】
2020年 04月 【8件】
2020年 03月 【10件】
2020年 02月 【7件】
2020年 01月 【10件】
2019年 12月 【8件】
2019年 11月 【12件】
2019年 10月 【10件】
2019年 09月 【10件】
2019年 08月 【10件】
2019年 07月 【10件】
2019年 06月 【10件】
2019年 05月 【10件】
2019年 04月 【10件】
2019年 03月 【10件】
2019年 02月 【10件】
2019年 01月 【11件】
2018年 12月 【10件】
2018年 11月 【11件】
2018年 10月 【10件】
2018年 09月 【10件】
2018年 08月 【10件】
2018年 07月 【11件】
2018年 06月 【10件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【10件】
2018年 03月 【10件】
2018年 02月 【10件】
2018年 01月 【12件】
2017年 12月 【9件】
2017年 11月 【8件】
2017年 10月 【13件】
2017年 09月 【13件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【10件】
2017年 04月 【10件】
2017年 03月 【10件】
2017年 02月 【11件】
2017年 01月 【10件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【8件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【13件】
2016年 06月 【16件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【13件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【13件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【12件】
2015年 05月 【16件】
2015年 04月 【14件】
2015年 03月 【27件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【25件】
2014年 12月 【26件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【20件】
2014年 09月 【18件】
2014年 08月 【20件】
2014年 07月 【25件】
2014年 06月 【21件】
2014年 05月 【18件】
2014年 04月 【17件】
2014年 03月 【16件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【22件】
2013年 10月 【10件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【13件】
2013年 07月 【10件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【5件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【6件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【7件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【19件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【8件】
2009年 07月 【21件】

アクセスランキング
LINK
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top