|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
ヘッドライン

そろそろ時効かと思うので書いてみる。不動産勤務です
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2016/03/29 18:26 ] 怖い話 | CM(1)
ほんのりと怖い話スレ その115
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1458137279/


353 :1/2@\(^o^)/:2016/03/29(火) 13:04:30.19 ID:BifyCO6v0.net
そろそろ時効かと思うので書いてみる
不動産勤務です。

俺がまだこの業界に入りたての頃、自分が居住中の一戸建てを売りたいという人を担当した。
理由は離婚による売却で、嫁と子供が家を出て行って
一人で戸建てに住むのは広すぎるから売却したい、という割とよくある話だった。
現物を見に訪問したんだが、最初にビビったのは臭い。
築まだ10年未満の物件なのに何故か家の中から異臭がする。
出迎えた40代くらいの男性がその異臭の原因だと気づいた。
明らかに浮浪者の臭いだった。

玄関からあがりリビングに入った瞬間見えたのが、あちこちに転がる酒の瓶と割れた破片。
さらには、あちこちの壁がボコボコに穴があいていて
よくみるとその中のいくつかに、黒っぽい(多分血)がこびりついていたり・・・
その時、俺一人だし、これ、このまま俺ころされたらどーしよう?とマジで怖かった
その後、色んな話を聞いたり必要書類を集めたりしながら
「これ、このままじゃ売れんだろうなぁ・・・でもリフォーム入れるだけの財力もなさそうだから
業者買取になるんかな」と思っていたところ
突然「あんたこれ見たらわかるだろ。俺、アル中なんだよ」と自分の人生を語りだした。
最初は親から受けた虐待の話から、中学くらいに不良になり
その後チンピラみたいなことをやりながら、今の仕事(建築関係)に就職して嫁と知り合った
ここまでは割りと普通だったんだが・・


354 :2/2@\(^o^)/:2016/03/29(火) 13:06:27.61 ID:BifyCO6v0.net
この後、何故か嫁が悪い嫁が浮気をした嫁が親にちゃんとしつけをされていなかった
と嫁の攻撃が始まった途端、目が尋常じゃなくなった。
なんつーか、俺じゃなく俺の肩の向こう側の一点をジーッと凝視しながら話すんだよね。
これが何故か凄く怖い。
で、嫁からら反撃されたので、壁がこんなことになったとか
最終的に、嫁が荷物をこっそりまとめているのに気づき、
このままじゃ俺が置いていかれると思ったので
わざと嫁が丸腰の風呂を狙って襲ったんだよ、と笑いながら言ってた。

「襲った?」と聞き返したら「うん。まあね。そういえば風呂場まだみてないよね。
ちょっと荒れてるから」とフラッと立ち上がって風呂場に連れて行ってくれた。
正直、嫁の遺体が転がっているかも!と焦ったけど、遺体は転がっておらず。
ただ、風呂場のドアが折れ曲がって割れて黒いものがついていて
風呂場の中も一面黒い塊みたいなのが残っていて・・・
「掃除面倒だからあれから風呂はいってないんだよね(異臭の原因がこれらしい)。
でさ、これ、このままじゃ売れないよねぇ・・?掃除会社とかいくらくらいすんの?」と
妙に冷静に聞いてきたおっさんはかなり怖かった。

余談だけど、このおっさんの嫁と子どもの行方は俺は知らない。
当然、売買に関係ないので聞くこともなかったんだけど
あれだけの出血をした嫁が旦那を訴えないものなんだろうか?
普通病院に担ぎ込まれてそこから警察に連絡がいくもんじゃないか?
そもそも訴えられてたら売買なんて無理だろうし、ってことは訴えられてないことだし
どこかのシェルターにでも逃げ込んでそのまま何とか親子二人で頑張っているんだろうか?
そうであって欲しい、と思わざるを得ない。

(おっさんの経歴は適当に捏造して嘘書いてます)


356 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/03/29(火) 15:07:05.76 ID:1ALKokWJ0.net
風呂場の黒い塊って、殺した奴煮しめてそのまま?


358 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/03/29(火) 15:39:33.36 ID:4MKvRp8Y0.net
その家の跡地に、更地になったかリフォーム後かはともかく、
今普通に人が住んでるんだろうなぁ…


359 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/03/29(火) 15:46:04.38 ID:BifyCO6v0.net
>>356
殺したんじゃなく、怪我させて嫁さん逃亡、というケースだと思う。思いたい。

>>358
その後、業者買取→リフォーム後に何も告げられず誰かが購入、となっている。
事故物件なら告知義務があるけど、何があったのかわからないのであれば告知義務もないし
間に業者挟んだので、買い取った人は単に「前の持ち主が離婚で家を売った」という程度の情報だけ入ってきているはず。
実際にはうちは、そういうの取り扱い専門の業者に売っただけ。
そういう売れない物件や難有り物件を安く買いたたいて自分の関連リフォーム会社でリフォームさせて売る、という会社ね。
だから、その後誰が買ったのかでは知らんのです。

余談だけど、実際に無理心中があった物件も売りに出されていたけど、割と大きく報道されたので誰も買い手がおらず
その業者が買い取ってリフォームした後でまた売りに出されていて売れたヤツも知ってるが
こっちは理由はわからんけど、また早々に売りに出されていた。


360 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/03/29(火) 15:55:43.70 ID:4MKvRp8Y0.net
リフォームだけだったら、
敷地に何が、どんな状態で埋まってるかなんて、
全くわからないんだねぇ…
なんか色々想像してしまう。

仮に何か事件が起きていたとしても、
無理心中後で長年霊現象がある場所があったり、
凄惨な殺人事件があったのに静かで、霊現象皆無な場所があったり、
知らずに済むなら、それで良いのかもね。


[ 2016/03/29 18:26 ] 怖い話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

叔父さんの勤めてるタクシー会社の同僚の恐怖体験
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2016/03/26 20:25 ] 怖い話 | CM(3)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?333
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1454518647/


793 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/03/24(木) 18:51:20.33 ID:0820fcGJ0.net
叔父さんの勤めてるタクシー会社は地方都市にある。叔父さんの同僚に起きた事だ。
その同僚の運転手は、ふざけ半分サービス半分位の軽い気持ちでイタズラしてたらしい。

それは乗車するお客さんを一人多く乗せてる状況を作って心理的に脅かす。

客が一人の場合は、ドアを閉める時間を少し遅らす。客が二人なら、助手席のドアも開ける。
そして会話の中で何気に「今日はお二人でデートですか?」とか「今日は皆さん三人で~」
とか言ってたらしい。ほとんどの客は驚くそうだ。運転手はネタばらしする事もなく頭をひねり
「見間違いしたみたいで、すいません」と言ってほくそ笑んでたらしい。

ある時、一人の女性を乗せた時も「今日はお二人でお出かけですか」
客は他の客同様驚いた顔をした。ただ口から出た言葉は「この子が見えるんですか」
運転手は生唾を飲み込み冷たい汗を感じながら何も喋れなかった。

反省したのか、そんなイタズラは言わなくなったらしいが、数日後、二人の客を乗せた。
目的地は、住宅街のアパートだ。目的地に着いた。着いたがアパートは無い。ナビは間違いなく
そこを示してる。あるのは空き地だ。「お客さん、住所はここなんですけどね~」と言いながら
ミラーを見る。居ない?後ろを振り向くと、顔の焼け爛れた男女が座ってる。悲鳴を上げながら
タクシーから逃げ出す運転手。その声で出てきた住民に震えながら事を話すと教えてくれた。
その1年前、空き地である場所にはアパートがあり、原因不明の火事で若い夫婦が亡くなってると。
運転手は半泣きの状態で後部座席を見た時には姿は無かった。ただ、焦げ臭いにおいが車内に残ってた。
運転出来る状態ではなかったから無線で事情を話し、代行の人に来て貰った。その代行で行ったのが
叔父さんだった。同僚を助手席に座らせ叔父さんの運転で会社に戻った。その時は言わなかったらしいが、
ミラー越しに見たそうだ。ただその客は、二人ではなくひしめき合ってる何体もの黒い影だった。

翌日、同僚は辞めた。会社でタクシーをどこかにお祓いしに持っていくと、すぐ廃車になった。
その車が霊を呼び込む器となってるからだそうだ。

それを作ってしまった同僚は数日後、自分の車で事故を起こして亡くなったと。


[ 2016/03/26 20:25 ] 怖い話 | CM(3) このエントリーをはてなブックマークに追加

怖いというよりは不思議要素が多い実話です
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2016/03/24 11:01 ] 不思議な話 | CM(1)
ほんのりと怖い話スレ その115
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1458137279/


263 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/03/22(火) 04:24:13.51 ID:tMJJ75Zr0.net
25の時の実話です
怖いというよりは不思議要素が多い実話です

出勤時に池袋駅東口を出て西武デパートに沿って歩くと途中にある灰皿の前でタバコを吸ってる時でした(いまはこの灰皿は無いです)
突然知らない中年の男性にライター貸してほしいと言われたので貸してあげたところ、世間話をするようになりタバコは吸い終わったのですが少し会話をしてました

そろそろ立ち去ろうと挨拶をしたらメモ見たいなものを渡されて、更に妹さんは今年帰省させない方がいいと言われました
去り際だったので頭の中が???になりながら去ったのですが、妹がいることは世間話の中では話してないのに何か気持ち悪いなと思いながら仕事に向かいました


264 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/03/22(火) 04:26:33.42 ID:tMJJ75Zr0.net
渡されたメモのことをすっかり忘れてて、メモに気付いたのは3・4日経ってからでした
メモはA4サイズの紙でそこには表と裏に何やら暗号めいた言葉や数式が書かれてました
更に都内にある神社に1月1日に行くように書かれていたのと、自分の家族のことについて書かれてました

あの中年男性にまた会えないかなと思い出勤時には毎回同じ場所でタバコを吸ってたのですが今日までに二度と会うことはありませんでした


265 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/03/22(火) 04:29:23.48 ID:tMJJ75Zr0.net
なんとも気持ちが悪いので友人に相談しました
メモの内容は私も友人もほとんど解読できなかったのですが、自分の家族のことが書いてあって気になるので1月1日は神社に行ってみようということになりました

その際、友人は私と距離を取りカメラで撮影しながら同行することになりました
これは友人からの提案でもし私に何かあった時に証拠のビデオになるからということでした


266 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/03/22(火) 04:31:49.57 ID:tMJJ75Zr0.net
そして1月1日がやってきました
友人が後ろでカメラを回しながらついてきました
私は神社をウロウロしました
特に変わった様子は無かったのですが、突然知らない女性に声をかけられました
話した内容は簡単に言うと君の変わりが何人かいて、その人が先に達成したから君は失敗したと言われました
家族のことについては、もうメモを気にしないでいいとも言われました
正直、何言ってるんだ???って感じでわけが分からなかったです

この後も色々ありましたが長くなり過ぎてるので省略します


267 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/03/22(火) 04:38:52.36 ID:tMJJ75Zr0.net
その後友人と帰宅し友人が撮影したビデオ見てみることになりました
本来であれば私と女性が話しているところが映ってるはずですが女性の姿が映ってなく、私が一人で誰かと喋っている様子が映っていて、その後ろには全身真っ黒でクネクネした人のような物体が4人映ってました

メモといい女性の発言といいカメラに写らない女性といい黒いクネクネといい、未だに何だったのかハッキリしないことだらけですが実話です

ちなみに友人も女性の姿は見てないそうです
なので友人の肉眼でも私が一人で喋ってるように見えていたそうです


268 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/03/22(火) 04:40:11.58 ID:tMJJ75Zr0.net
書き忘れました

おわりです


[ 2016/03/24 11:01 ] 不思議な話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

一昨年のこの時期、弟が自殺した
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2016/03/22 10:18 ] 不思議な話 | CM(3)
ほんのりと怖い話スレ その115
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1458137279/


247 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/03/21(月) 15:13:12.45 ID:1DCnEWrp0.net
一昨年のこの時期、弟が自殺した
弟は俗に言う社会不適合者だった
真面目で、他人に気配りができて、コミュニケーション能力も人並みにある
だからこそどんな職場でも些細なミスや人間関係で人一倍悩んで、上司や同僚から言いように使われて、必死になって「良い社会人」であろうと努めている内に身も心もボロボロになって最後は辞めてしまう。そんな人間だった
弟は自殺する半年前に何度目かの転職先である会社を辞めていたそうだ
次の働き口を探そうともせず、実家に帰って部屋に篭り、貯金を使って豪遊していたらしい
両親に対しては穏やかな態度で、顔を合わせれば自ら進んで家事を手伝っていたという
思えばあれが自殺の前兆だったんだろうな、と、両親は言っていた

弟の自殺から二年後
俺も自殺を考えるようになっていた
弟のようにクソ真面目じゃないが、俺もなかなか頭が固い。と自分でも思う
嫌味な上司とやる気の無い同僚のくだらない争いに巻き込まれて、最近の俺は若干の欝が入っていた
わずらわしい人間関係、仕事量と釣り合わない安月給、当然のように課されるサービス残業。明るくなれる要素がどこにも見当たらない
会社を辞めようかと思ったことは何度もあった。が、残念ながら現代日本じゃ三十路手前からの転職は無謀過ぎる
そこら中にブラック企業がうじゃうじゃある。転職したところで今より状況が良くなるという保証はない
それどころか悪化する可能性の方が高い。生前の弟との話からそのへんのことは良く知っていた

だからもうめんどくさくなったんだ
弟のように何もかも投げ出して、貯金で遊びまくって、好きなもん好きなだけ食って、思い残すことなく死んじまおっかなって
そう思いながら先日、昼休み中に会社から逃げ出して実家に帰った
晴れやかな気分だったよ。社会人失格だとはわかっているが、罪悪感とかまるでなかった
両親に「会社辞めてきた!」ってだけ言って昔使ってた自分の部屋に戻ってさ
さあ何しようか。俺は自由だ、何してもいいんだ。生活のこととかもう何も考えないんでいいんだ
風俗に行こうか?ステーキでも食べに行こうか?PS4でも買いに行こうか?
そんなこんなをあれこれと考えた結果、まずは弟の墓参りに行こうって結論になった


248 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/03/21(月) 15:14:55.63 ID:1DCnEWrp0.net
弟の墓がある近所の寺へ向かう途中の話だ
踏切のところで弟に会った
線路を挟んだ向こう側に弟が立ってたんだ
俺は固まった。見間違いじゃない。実家で弟の遺影を見てきたばかりだ。間違えようがない
当の弟は俺のことなんて眼中にないように、ただ切羽詰った顔で線路を見ていた
「あ…」何を言えばいいのかわからないけれど、とにかく声を出して呼びかけようと思った
でも、カンカンカンカンって甲高い音で掻き消された
二人の間に遮断機が下りる。嫌な予感がする

嫌な予感はすぐに当たった
目の前で弟は遮断機をくぐって線路に飛び込んだ
電車が通り過ぎる寸前、「いやだ」って声が聞こえた
弟の泣き出しそうな顔と目が合った

結局のところ俺は会社に戻った
上司に頭下げまくって逃げ出したことを許してもらい、今でも仕事を続けている
自殺しようなんてのはこれっぽっちも思わなくなったよ
最期の瞬間、取り返しのつかない事に気付いた人間の姿を目の前で見せられちゃったからな


[ 2016/03/22 10:18 ] 不思議な話 | CM(3) このエントリーをはてなブックマークに追加

オカルト好きで怖いもの知らずの俺が、完璧になめて瑕疵物件に住んでみた話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2016/03/21 09:05 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?333
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1454518647/


749 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/03/20(日) 20:27:45.84 ID:HsZplCRH0.net
オカルト好きで怖いもの知らずの俺が、完璧になめて瑕疵物権に住んでみた話だ。

物件は駅から徒歩10分、2LDKで3万5千円。この地域の相場の半額だ。
不動産屋で、瑕疵物件で安い所を探してると言って見つけた。本当に出るらしい。
あまりに回転率が激しい為、敷金礼金は無しだという事で即決した。
荷物は最低限にした。すぐ逃げれるようにだ。実際、段ボール2箱。
以下、その時の記録。記録は次の日に書いてた。

1日目:特に異変なし。トイレの電球が切れる。
2日目:部屋中が、なんか臭う。(なにかが腐った臭い)トイレの電球交換。
3日目:臭いが増してる。消臭剤を大量に置く。トイレの電球がまた切れる。
4日目:消臭剤が効かない。不動産屋にTel。トイレの電球また切れる。人生初の金縛り。
5日目:不動産屋が調査。とりあえず排水管の掃除を専門業者に依頼するとの事。
    電球が切れてない事が判明。消えた理由調査で電気屋に来てもらう。結果、異常無し。
    金縛りに合う。耳鳴りがひどい。
6日目:職場で、話した事もない事務員さんに「あなた憑いてますよ」と言われる。知ってますよと答える。
    部屋にいる間中耳鳴り。部屋は臭い。トイレの電球消える。

実家で記録。
結果、7日目で退去。時間は未確認だが、寝ていると金縛りで意識が起きる。目を閉じてるはずなのに見える。
視野の下から顔が出てきた。閉じてる目にはその姿を逸らす方法は無かった。多分若いであろう女性。目は無い。
口を開け近づいてきた。噛まれると思った。が、耳元で「なんでころした」そう聞こえた。言葉に出せない俺は
心の中で俺じゃない俺じゃないと叫びながら気を失った。朝、目覚めて荷物をまとめて退去した。
不動産屋からは自殺だと聞いていた。退去後すぐ電話し、確認したがやはり自殺だと言われた。退去の事を伝えると
鼻で笑われた。馬鹿な俺は、その足で警察に行った。一部始終話した。話しを聞いてくれた警察官が笑いをこらえた
表情で、「ご協力ありがとうございます」と言った。

後日談はまだ無い。


754 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/03/20(日) 21:52:12.64 ID:sjwQh39a0.net
自殺なの?


755 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/03/20(日) 22:10:23.93 ID:qaU7gHK+0.net
なんで警察?


757 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/03/20(日) 23:49:32.34 ID:u5CI1rUF0.net
>>755
なんでころした?って聞かれたって事は他殺の可能性があるからだろ


759 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/03/21(月) 02:17:32.61 ID:i5hmUBe40.net
>>757
あそこ、自殺て話だけど寝てたら幽霊が「殺された」て囁くんですよ!
絶対他殺です!調べ直した方がいいです!

→ フッ

なるほどそうか


[ 2016/03/21 09:05 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

マタギによる「鬼熊」というおまじない
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2016/03/19 15:34 ] 怖い話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ その115
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1458137279/


174 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/03/17(木) 21:05:24.78 ID:IHFYv9yH0.net
短期間だが、地方の雑誌社でバイトしてた時の話だ。
仕事はお茶くみから掃除に買い物。いわゆる雑用でいいように使われてた。
その日は珍しく取材のアシスタントとして同行する事になった。デジカメ、ICレコーダー、ビデオカメラ
言われるがままカバンに詰め込み助手席に乗り込んだ。当時の俺はペーパードライバーだったから運転は
しなくてすんだ。地方都市から取材先までは遠かった。目的地に着いたのは昼も随分すぎたところだ。
かばんを持ち後につづいた。先方に挨拶をし、自宅に上がらせてもらった。
取材の相手は、職業が「マタギ」。いわゆる猟師だそうだ。許可を得て鉄砲を所持し、生活の糧とする。
自然の恵みの恩恵で暮らし、山からは動物や山菜を頂き、川からは魚や水を恵んでもらう。こう書くと
柔らかく感じるが、自然と向き合って生きていくには困難な事も多いらしい。

すっかり日が落ち、取材も終わったのでお礼を言って帰ろうとすると、晩御飯でもと誘われた。
早く帰りたかったが判断するのは俺ではない。他では聞けない面白い話しを聞かせてあげるからと
言われる。隣を見ると満面の笑みを浮かべ、ありがとうございますと言った。俺も真似をした。
食事が終わると語り始めた。

山も川も縄張りがあってな、普通の人はいいんだが、俺らみたいなモンは決められとる。それを荒らすモン
もおる。そんなモンらを懲らしめる為にな、おまじないを使うんじゃ。それはな、「鬼熊」って言ってな
自分らで作るんじゃ。親子でおる熊を見つけたら、母熊を撃つんじゃ。ただし絶対に殺さん。瀕死の
所で四肢を切るんじゃ。ワイヤーで首をくくり木と繋げる。子熊は離れんから、そのまま放っとく。熊は
強いからそんなんじゃ死なん。頃合いを見て、母熊の目の前で子熊をなぶり殺す。子熊の首を斬り落とし
皿の上に乗せ母熊の前に置く。死ぬまで。母熊が死んだら首を落し、子熊の首をどかし皿に乗せる。それを
自分の山の守り神さんの所に持っていきお供えする。子熊の首は懲らしめたいモンの山に棄てる。相手は
酷い目に合う。この辺では今もやっとるんじゃ。

気のせいか、血の匂いを感じた。とにかく、取材と晩御飯のお礼を言いその家をあとにした。
帰りは、2人とも無言だった。
異文化というより異次元に触れたように、ライトが照らす闇の先を眺めていた。


[ 2016/03/19 15:34 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

痴呆老人の行方不明ニュースを見ていると、今でもこの時のことを思い出す
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2016/03/16 19:11 ] 不思議な話 | CM(2)
ほんのりと怖い話スレ その114
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1452076098/


881 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/03/16(水) 17:48:23.46 ID:nHynGMMU0.net
小1の夏休み、杖にすがってよたよたと夜の山道を歩いている
1人のお婆さんを見かけたことがある。
父の車で、東北の親戚の家に遊びに行く途中のことだ。

お婆さんは骨と皮に痩せて、背中が曲がっており、90歳近くに見えた。
麓の村まで山道を2時間は歩かなければならないような場所だったから、
さすがに父も気にして車から降り、お婆さんに話しかけた。
お婆さんは認知症が入っているのか、「家に帰るところです」の一点張り。
父が送って行くと言っても、ひどく警戒して車に乗るのを嫌がる。
安心させるために私が出て行って、手を引っ張っても駄目だった。
仕方なく父は車に戻り、「おじさんに教えよう」と急いで車を走らせた。
親戚の家は山奥の一軒屋だったはずだが、近くに人が越してきたのかもしれない。
家の人に知らせて、一緒にお婆さんを迎えに行こうと考えたのだ。

しかし親戚は、この付近には誰も越して来ていないと言う。
父は慌てて車でお婆さんを探しに行き、親戚は駐在所に電話。
父は夜中過ぎまで探し回ったが、お婆さんの姿はなく、
翌日役場にも連絡したが、老婆の捜索願は出ていないということだった。
記憶がおぼろだが、その後何日かは消防団?も捜索に出てくれた気がする。
だが結局、お婆さんの形跡さえ見つけることは出来なかった。

30年以上前の話だが、
痴呆老人の行方不明ニュースを見ていると、今でもこの時のことを思い出す。
お婆さんがいた場所は、老人の体力でたどりつけるような場所ではなかった。
あのお婆さんは、本当に自力であそこまで歩いたのだろうか、と。


[ 2016/03/16 19:11 ] 不思議な話 | CM(2) このエントリーをはてなブックマークに追加

でんでん
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2016/03/14 18:11 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?333
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1454518647/


573 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/03/14(月) 06:49:30.93 ID:nK5sxf0G0.net
今から先日私が体験した事を書きますが
これを読んで何か起きたとしても責任もてないので
読みたくない人は読まないでください。

私は東京都の西にある市に住んでいます。
そこが地元の友人と私を含めた3人の合計4人で
昨年末お酒を飲んだ時に聞いた「でんでん」という話です。
話をしてくれたのはその市が地元の友人で
友人の祖父から聞いた話らしいのですが
この話を聞くと「でんでん」というものが夢に出てくるという話でした。
この話を聞いてから数日以内に夢の中で
自分が通学や通勤やコンビニに行く時なんかに使ってる道が出てくるそうです。
大体がある程度まで先を見通せる一本道らしいんですが
その道の向こうから還暦なんかの時に着る赤いちゃんちゃんこってありますよね
あれを羽織った中肉中背の何かが
両手の甲を上にした状態で腕を振りながら
「でんでん、でんでん」と音を立てながら走ってくるそうです。
夢の中の自分は金縛りにあったような感じになりその場を動けないそうですが
その何かは自分にどんどん近づいてきます。
この「でんでん」という音は太鼓の音に近いのですが鈍い音です。
近づいてくるにつれて顔や髪型なんかもよく見えるようになります。
「でんでん」は短髪で釣り目の小さい目で口元はにっと笑っており
裸足で肌着とももひきの上に赤いちゃんちゃんこを着ているそうで
外見に関してはほとんどの人が同じものを見るそうです。
夢は「でんでん」の顔が目の前にきてぶつかる!って思った瞬間に覚めます。
話を聞いた時はお酒せいもありキャーとかワーとか言うだけでただの怖い話程度に思っていました。
ですが私はこの話を聞いた2日後にこの「でんでん」が夢に出てきました。
前述した話とまるで同じででてきた場所もよく行くお気に入りの定食屋に行くまでの道そのものでした。
私は怖くなってしまいすぐにこの話をしてくれた友人に電話をかけました。


574 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/03/14(月) 06:50:14.80 ID:nK5sxf0G0.net
友人はすぐ電話に出ててくれて慌てる私の話を聞くと
怖い思いをさせてごめんと何度も謝りながら
もし本当にそういう夢を見てしまったなら可能な限り早くその夢と同じ場所に行き
「でんでんぶつかってごめんね。危ないからお家へお帰り。」
と3回心の中で唱える必要があるそうです。
大事な事でこれを行う時に守るルールがあるらしく
・赤い物を身につけないこと。
・夕日が沈む前に行うこと。
・3回心の中で唱える際に目をつぶること。
・唱え終わるまで絶対に目を開けないこと。
これらをきちんと行えば何事もないそうなのですが
これらを行わないと悪い事が起きるそうです。
友人は実際に夢で見たことがあるらしく
前述したルールを守ったおかげか何事もなく一度その夢を見てからは
同じものが夢に出てきたことは無いそうです。
私は夢にでてきた場所が自転車で10分ほどの所だった事もあり
夢を見たその日のうちに話をしてくれた友人と一緒にその場所に行き前述した事を実行しました。
友人の都合もあり14時ぐらいになってしまったのですが
夕日が沈む前でしたしルールを守ってちゃんと3回心の中で唱えることができました。
翌日実家に帰ることになっていたのですが予定を早めてその日の家に実家に帰りました。
その後年が明けちゃんとするべき事をしたせいか何事も無く過ごしていたのですが
3が日も終わり東京に帰ろうかと思っていた矢先
携帯にこの話を一緒に聞いた友人の一人から連絡がきました。


575 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/03/14(月) 06:51:52.38 ID:nK5sxf0G0.net
仮にA子としておきます。
普段はラインでの連絡が多いのですがこの日は珍しく電話でした。
電話に出るとA子は慌てた様子ででんでんの話を聞いたもう一人のB子と連絡が取れないと言うのです。
A子とB子はバイトなどがあり年末実家に帰らなかったようなのですがその日一緒に買い物や初詣に行くと約束していたらしく
私に連絡が入っていないかとの事でした。
連絡がきてない事を伝え私からも連絡してみるとA子に伝え一度電話を切り
ラインでB子に連絡をしたのですが既読もつかず電話も電波が届かない場所か電源が入ってない状態とアナウンスされる状態でした。
翌日東京に帰った私はA子と一緒にB子の家を訪ねたのですがチャイムを鳴らしても彼女は出てこず扉の前で途方にくれていると
一人の女性が駆け寄ってきてB子のお友達ですか?と慌ててたずねてきました。
話を聞くとその女性はB子の母親らしく大晦日から娘と連絡が取れず心配して父親と一緒に元旦に東京のB子の家に行くと
布団にくるまって「でんでん、でんでん」とつぶやくB子がいたそうです。
一種の錯乱状態だったらしく今は近くの大学病院で検査をしているとかで
母親はB子の着替えを家に取りに来た時偶然私たちと遭遇したみたいでした。
B子の母親からは何かB子が悩んでいたんじゃないかとか麻薬や違法ドラッグに手を出していたような心当たりがないか聞かれましたが
私たちはただ無いですとしか言うことができませんでした。
私は正直B子の母親から「でんでん、でんでん」とB子がつぶやいているのを聞いてから
震えがとまりませんでした。
結局B子はストレスからくる神経衰弱とかなんとかと診断されたらしく大学を休学して今は実家の近くにある病院で治療をうけているそうです。
私自身もこの一件があったせいかストレスで胃潰瘍になってしまい先日まで入院していましたが今は元気です。
長くなりましたがこれで終わりです。質問とかあったらできるかぎり答えます。
退院してしばらく実家で過ごして昨日東京に帰ってきて家で一人で寝れなかったので書かせて頂きました。
徹夜なので寝落ちしてしまったらごめんなさい。


577 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/03/14(月) 07:32:44.38 ID:7hu86ocX0.net
>>575
なかなか良かったです


578 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/03/14(月) 07:37:46.91 ID:5+pmj3Rj0.net
話したときにルール教えてくれてないとか何の嫌がらせだよ
さてはその友人その場の全員でんでん使って破滅させるつもりだったな


579 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/03/14(月) 08:47:07.62 ID:dtFW5dw60.net
>>578
ほんとそれ
自分が夢で見てるのに教えないとか


[ 2016/03/14 18:11 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

毒草
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2016/03/13 17:01 ] 怖い話 | CM(3)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?333
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1454518647/


343 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/03/10(木) 11:58:36.11 ID:7OcTC9Q40.net
旦那がマスオさんしてて、祖母とまだ同居してた時、隣のお婆さんが嫌な人だった
ゴミが飛んできた、音がうるさいと、心当たりの無い文句もよく言われた

うちが一番困った事は、隣の敷地の雑草。息子がまだ小さく、白い花の毒草が気がかりだったから
でも隣のおばあさんは、その毒草だけは絶対刈ってくれなかった

私は両親を早く亡くし、祖母と私、旦那と息子四人で暮らしていた
旦那の仕事上、職場の近くに越したかったけど、祖母を一人残す事が心配だった
祖母は心配要らない、私は一人でもここに居ると言っていたけど、それはできない

そんな日々の中、、隣のおばあさんが突然亡くなった
見つけたのは自治会の人で、電話をしても出ないから行ったら玄関先で倒れていたという
うちは一番近くに住んでいたから警察の人に嫌味ぽく色々聞かれた。隣のおばあさんは身寄りが無かったらしい
葬式の時、自治会の人に毒草の処分を便乗お願いした事を今も覚えている

その後すぐに祖母がおかしくなった。隣の空き家になったお婆さんの家に出入りし始めた
隣の家の敷地でうろうろしていたり、食事中に「この家は音がうるさいね」と普段からは想像もしない事を言う
そんな日が一週間ほど続いた後、私と旦那と息子が食事中に激しい吐き気に襲われた
どうにか自力で運転して病院に行き処置をしてもらった。毒草の食中毒だった。息子は痙攣状態だった

祖母は食中毒にならなかった。私たちが車で病院に行くとき、私は行かないと言って祖母は私たちを見送った
車に乗った私たちの状態を見て、明日からもご飯作って待ってると場違いに笑った祖母が今思うと変だった
入院中に電話をするたび、祖母は「何でも出来るからご飯して待ってる」と言ったが、変にズレた感じを受けた

退院すると、玄関で祖母が冷たくなっていた。死因は心臓麻痺といわれたが原因は不明で食中毒ではなかった
祖母がなくなったのは私が回復して、最初に病院から電話した頃だというが、その後何度も電話で話している
では、私は誰と話していたのだろうか?

玄関先で倒れている祖母を最初に見たのは私のはずだけど、そのときのことが今でもよく思い出せない
ぼんやり覚えている事は、祖母が着た事もない服を着ていたこと
それは隣のお婆さんがよく着ていた服だった


[ 2016/03/13 17:01 ] 怖い話 | CM(3) このエントリーをはてなブックマークに追加

【恐怖体験】スーパーマーケットの夜間警備をやっていた頃の話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2016/03/12 12:14 ] 怖い話 | CM(3)
ほんのりと怖い話スレ その114
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1452076098/


732 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/03/11(金) 00:53:36.97 ID:zj8VpoKj0.net
長くなりますがご了承ください。
スーパーマーケットの夜間警備をやっていた頃の話です。
時間についてはそれどころじゃなかったので覚えていません。それほど恐ろしかったです。
その日は先輩二人と警備室で休憩をしていました。そのうち一人、Aさんは仮眠をとっていました。
僕が監視カメラの映像を見ていると、二階の衣服売り場の天井のダクトが外れ、何者かが侵入する映像が移りました。
ラーメンを食べてるもう一人、Bさんに、ちょっと見てきますと言って無線機を持ち、二階へと向かいました。
そのスーパーはちょっと大きめで、しま〇らとかマツ〇ヨとかが入ってるもので、二階建てでした。
エスカレーターは止まっているので、非常階段から二階に上がり、中に入ると、酷い有様でした。
片っ端から衣服のハンガーが倒され、シャッターが破壊されていました。
「ひっでぇな……」
なんてありがちなセリフを呟きながら、無線にて先輩にありのままの現状を伝え、不審者をカメラで探すよう頼みました。
「誰だ!出てこい!」
何度も問いかけながら僕はライトを持って二階を隅々まで探しました。しかし、不審者の気配はありません。
一階に行ったか。
非常階段から行こうかと思いましたが、店内のエスカレーター脇の階段を通りました。
案の定エスカレーターの通行禁止の柵がなぎ倒され、本の棚がひっくり返されていました。
すると、魚類売り場の方からバタタンという音が。それとほぼ同時に無線に先輩達からの慌ただしい声が聞こえてきました。
『まずいぞ。奴は泥棒じゃねえ。何が目的だ?』
「どうしました?」
『さっきから両腕振り回したり四つん這いになったりで明らかに挙動不審だ。ちょっとヤバイ奴かも知れん。今奴は厨房(肉や魚をさばくところです)に入ってった。警察にも電話入れたからちょっと先行っててくれ。くれぐれも気をつけろよ。』
「分かりました。」
いわゆるマジキチというやつだろう。僕は小走りで厨房へと向かいました。ライトを構え、ゆっくりと厨房のドアを開けました。


733 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/03/11(金) 00:54:30.09 ID:zj8VpoKj0.net
「誰だ!バレないとでも思ったか!警察が来るぞ!」
返事はありません。あちこち探しましたが、本当にいません。
確かにここにいるはずが。
すると無線がけたたましくなりました。
『おわっ……(ノイズ)……おい、聞こえるか!?返事してくれ!……(ノイズ)オッオッオッ』
「どうしました!?」
『オッオッオッ……(ノイズ)……ドアを叩いてるのはお前か!?』
「違います。僕は厨房です!」
『……(ノイズ)笑えない冗談はやめろ!』
「だから冗談じゃありませんて!」
僕は厨房から出て、近場の監視カメラに手を振りました。
『オッオッオッ……マジかよ……奴が…オッオッオッ…俺達の……オッオッオッ……警備員室のドアを叩いてる……?』
「なんですって?」
僕は走って店内から警備員室の方へ走り、少し遠くで観察しました。
確かに、暗くて良く見えませんが、何者かが警備員室の前で荒ぶっています。ドアを叩く音が響きます。それと、
「オォッオォッオォッオォッオォッオォッ」
という低い声。息継ぎするまもなく続きます。
さすがにそれをライトで照らす根性はありません。
『危険だ。君は何もしなくていい。とりあえず待機しよう。もう少しで警察が来る。何とかして戻ってきてくれ。』
「分かりました。」
踵をかえし階段を駆け上がります。
瞬間、警備員室の前の音のパターンが一瞬変わった気がし、嫌な予感がして二階の物陰に隠れました。
予感は当たり、奴が僕の後を付けてきました。
「オォッオォッオォッオォッ」
非常灯の明かりに照らされ、奴は酷く痩せてるように見えました。しかし、やたら脚が太く見えました。
「オォッオッオッオ」
奴はまた下へと降りていきました。


734 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/03/11(金) 00:57:01.08 ID:zj8VpoKj0.net
「ダメですね。気配を察知して付いてきます。足の速さ的にも外ルートだとそっちに着くまでに僕が追いつかれます。」
『そうか……音で何とかならんか?』
仮眠をとっていたAさんでした。
「音ですか?」
『ゲームよくやるからね。現実でも通用するかどうかは分からないけど。』
「音……よく無線の音聞かれませんでしたね。僕の声も」
『君の無線機をインカム外して大音量にして、少し離れたところに置いてよ。無線機置いたらなんか合図して。1分後に大声出すよ。それで引き付けてみよう。奴が釣れたらこっちのドアまで来て。5回叩いたら入れてあげる。』
「策士ですね(笑)分かりました。」
僕はちょうど店の中央、文房具売り場の床に無線機を置き、階段横のスペースに隠れました。そこで近くの監視カメラにOKサインを出しました。腕時計で1分を数えます。


735 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/03/11(金) 00:57:47.20 ID:zj8VpoKj0.net
移動に30秒。
あと30秒。
「オォッオォッオォッ」
え?
奴が真正面のレジのところを激しく腕を振り回して歩きます。
15秒。
マジでか
奴の腕がレジスターを粉々に壊します。
10秒。
来るな。
奴がこちらへ歩いてきます。
5秒。
奴が僕の目の前で止まります
気付かないで。
0秒。
『うわーーーっ!』
無線の声を聞きつけ、奴は恐ろしい程早く方向転換し文房具売り場へと走り出しました。
その時一瞬目が合いました。黒目の面積がとても広くて恐ろしかった。
僕は猛ダッシュで警備員室へと走りました。警備員室のドアは酷く凹んでいました。
遠くでバキッと音がします。あの声も聞こえます。
「オッオッオッ」
急いで5回叩きました。
先輩は僕を引きずり込み、またドアに鍵をかけました。
僕は泣いていました。号泣でした。

その後警察が到着し、奴を探しましたが既にどこかへ行っていました。
初めは信じてくれませんでしたが、店の荒れ模様と監視カメラの映像を見て、信じてくれました。
店の復旧には多額の費用がかかったそうです。
ちなみに奴はまだ捕まっていません。


[ 2016/03/12 12:14 ] 怖い話 | CM(3) このエントリーをはてなブックマークに追加

‐全ランキング表示‐ ブログパーツ
プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加




最新記事
「コックリさん」の話は定番だけど怖い Oct 18, 2017
自分の話だけど、ある日突然別人になってしまったようで怖い Oct 17, 2017
今年の夏初めて東尋坊(自殺の名所)にいった Oct 16, 2017
【恐怖体験】物置から女の人が見てた Oct 15, 2017
【不思議体験】20年くらい前、私が高校生だった頃の話 Oct 14, 2017
故人だけど、祖母がちょっと不思議な能力があった Oct 13, 2017
こう言うとおかしいやつだと思われるかもしれないが、俺には霊感があるんだ Oct 04, 2017
【恐怖体験】出張で泊まるビジネスホテル Sep 30, 2017
【謎な話】私の家は寺。私の父は僧侶で私も僧侶 Sep 27, 2017
【不思議体験】公園の土管 Sep 21, 2017
過去ログ +

2017年 10月 【7件】
2017年 09月 【13件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【10件】
2017年 04月 【10件】
2017年 03月 【10件】
2017年 02月 【11件】
2017年 01月 【10件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【8件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【13件】
2016年 06月 【16件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【13件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【13件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【12件】
2015年 05月 【16件】
2015年 04月 【14件】
2015年 03月 【27件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【25件】
2014年 12月 【26件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【20件】
2014年 09月 【18件】
2014年 08月 【20件】
2014年 07月 【25件】
2014年 06月 【21件】
2014年 05月 【18件】
2014年 04月 【17件】
2014年 03月 【16件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【22件】
2013年 10月 【10件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【13件】
2013年 07月 【10件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【5件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【6件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【7件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【8件】
2009年 07月 【21件】

アクセスランキング
LINK
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top