|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
ヘッドライン

挨拶を返してくれないおばあちゃん
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2016/07/28 16:01 ] 心霊笑える話 | CM(2)
ほんのりと怖い話スレ その118
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1468075799/


784 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/07/27(水) 22:43:43.04 ID:7jVb+Wm10.net
全然怖くないし面白くもないと思うけど
一応オカルトだから話す。

中学生のとき、通学路沿いの家の玄関の前に、同じ場所にずっと座ってるおばあちゃんが居た。
地域の人に元気に挨拶をしましょう、っていうのを先生から言われてたから、そのおばあちゃんにも「おはようございまーす」って元気に挨拶した。けど涼しい顔してスルーされた。えっ…てその時は思った。次の日も座ってたから、また挨拶してみたけどやっぱり無視された。
近くに住んでる人に、「あのおばあちゃん全然挨拶返してくれないですねー」って半笑いで聞いたら、は?みたいな顔された。
そのおばあちゃんは結構前に死んでたらしい。
めちゃくちゃ怖かったけど、何故かあの時は挨拶を返されなかったことを根に持ってて、いつか見えなくなるまで「おはようございます」を言い続けてやる、と心に決めた。
それから2年ぐらいたって、ある日突然、返事された。キレ気味で「しつこい」と。
次の日からいなくなった。
ちょっとへこんだ。

ごめんそれだけ。


785 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/07/27(水) 22:50:49.10 ID:2RAvIeku0.net
成仏せずに座り込み続けてるばあさんにだけはしつこいとか言われたくないな


786 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/07/27(水) 22:55:30.02 ID:7jVb+Wm10.net
>>785
中学生だった私の心には深く突き刺さったわ…
今思うと婆さんもなかなかしつこく居座ってたよなぁとしみじみ感じる


[ 2016/07/28 16:01 ] 心霊笑える話 | CM(2) このエントリーをはてなブックマークに追加

霊感の強い俺の母の話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2016/07/25 14:24 ] 心霊いい話 | CM(5)
ほんのりと怖い話スレ その118
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1468075799/


657 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/07/24(日) 02:25:56.34 ID:dt2ImPgN0.net
霊感の強い俺の母の話。

俺の母は霊感が強く、10~30歳の間は特にすごかったらしい。

そんな母が小学生だったある日、学校から帰ってくると父はその時間は勿論仕事、だけど主婦だった祖母(俺からしたら)がいなかった。

まあなにか用があって外出したのだろうと別に気に止めなかった。家にいるのは母とその弟だけ。すると戸を叩く音が聞こえたので、お客さんが来たんだろうと思い戸を開けると、髭を丁寧に整えた、優しそうなお洒落なおじさんが目の前に立っていた


658 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/07/24(日) 02:27:29.26 ID:dt2ImPgN0.net
>>657の続き

おじさん 「~(祖母の名前)さんいるかね?」

母 「今お母さんは出かけています、何か用があるなら伝えておきますよ?」

おじさん 「いや、ずいぶんお世話になったけど、今日で自分は遠いところにいくからねえ、仕方が無いなあ・・・お礼を言いたかったんだけど、いないかあ、じゃあ伝えておいてくださいね、ありがとうございました」

と言って帰っていったらしい。そのあとすぐに祖母が帰ってきたので、おじさんの特徴と、世話になったと言っていたことを伝えると、祖母は一瞬驚いたような顔をして

祖母 「あら・・・今その人のお葬式行ってたのよ?・・・馬鹿だねぇ、すれ違いになっちゃったじゃない、あの人そういうとこあるのよね」

と笑いながら目に涙を浮かばせていた。

ほんのり怖くて悲しいお話。


[ 2016/07/25 14:24 ] 心霊いい話 | CM(5) このエントリーをはてなブックマークに追加

キャンプでの不思議な体験
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2016/07/22 08:01 ] 怖い話 | CM(1)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?337
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1468334761/


584 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/07/19(火) 05:15:40.77 ID:AZgntOtb0.net
夏で思い出したので

小学生~中学生向けの企画のキャンプがあって、岩手の方にあるキャンプ場に行った
年1回やってて、俺は従兄弟に誘われて小2のころから小6まで5回行ったが、怖い?というか不思議な体験は小6のころあった
ちなみにキャンプ自体はめっちゃ楽しかったし今でもたぶん続いてると思う

簡潔にまとめるけど、2日目の夜に目が突然覚めてテントから出ると、誰かが立ってて、こっちに来いと言ってる気がした
なんでだかよくわからないんだがその人を疑いもせずそのままついて行った
キャンプのルールで、勝手にキャンプ場からは出ないような決まりがあったが、なぜかその人は出口の方へ歩いて行き、それについて行ってた
ちなみにこの人?ってのは俺の20m先くらいを歩いてた
身長とかはわかんないけど、小学生の俺からしたら普通に大きな大人に見えた


585 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/07/19(火) 05:18:20.21 ID:AZgntOtb0.net
そしてキャンプ場を出るギリギリで突然息切れした従兄弟に後ろから腕を掴まれてビックリした
なんで外へ勝手に出て行こうとしたんだ!って怒られた
一緒のテントで寝てたんだが、俺が外へ出て行くのに気づいて追いかけてきたらしい
呼び止めながら走って追いかけて来てたらしいが、俺はゆっくり歩いていたはずだし、腕を掴まれるまで従兄弟が走ってくる足音も声もまったく聞こえなかった
怒られつつもさっきまで俺を導いてた人の方を見てみると、俺のことはまったく気にせず外へ歩いて行った

次の日従兄弟と話したんだが、従兄弟にはその人のことは見えていなかったらしい
でも中学生3年の従兄弟が本気で走ってたのに、小学生の俺がゆっくり歩く速度になかなか追いつけないし声も聞こえてなかったってのに怖がってた

キャンプは3泊4日で、その後は何事もなく、最終日には俺はほぼ忘れて楽しんでた
従兄弟は本気で怖かったらしく、いつもは夜になると他のキャンプにきたやつらのテントに勝手に入って、寝てるやつの顔に落書きとかしに行くんだが(このキャンプの伝統みたいなイタズラ)、最後の夜は早々に寝袋にくるまってた
俺もその日の夜は何があってもテントから出るなって言われてしまい、みんなが盛り上がる最後の夜はテントの中で友人と遊んでた


586 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/07/19(火) 05:23:24.01 ID:AZgntOtb0.net
まあキャンプはそれ以降何事もなく無事に終わった
それ以降の年は、一緒に行ってた友人が都合で来れず、従兄弟も高校生になってしまい一緒に行くやつが消えたので俺も行かなくなった
…友達少なかったんかな

この不思議な体験なんだが、なんでだか怖いとはあまり思わなかった
従兄弟はまじで怖がってたけど
キャンプは本当楽しかった思い出しかないしtシャツもいまだに取ってある

これで終わり、特に何かあったわけでもないが不思議な体験
ついて行ってたらどうなるっていたのか、だけは想像すると怖いかも
人生で不思議な体験をしたのは2回しかないけど、どちらも怖さは感じなかったんだよね
あーあのころの夏に戻りたい


[ 2016/07/22 08:01 ] 怖い話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

幽霊への逆襲
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2016/07/21 08:01 ] 心霊笑える話 | CM(4)
ほんのりと怖い話スレ その117
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1465654961/


979 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/07/09(土) 18:25:47.75 ID:dAYtU2LI0.net
一人暮らしし始めた頃に夜中に家鳴りしたと思ったら金縛りにあって
その時壁際向いて寝てたんだけど背中で女のうなり声みたいなのが聞こえてきて
ガクブルしながら気づいたら朝だった。最初は夢だと思ってたんだけど
それから毎晩金縛りにあって恐怖がピークに達した時に毎回女のうなり声が
聞こえてきてた。
何週間もそんな状況で目の下に隈は出来るわ仕事中に睡眠不足で事故りそうに
なるわでもう限界だった。家に帰りたくなくて遅くまで一人で店で酒飲んでる時に
なんか泣けてきて酒の影響もあってそれ以上に腹が立ってきた。
そのままの勢いでドンホで黒髪の長いカツラと白いワンピースみたいな服と赤い絵の具買って
家の前でヤケクソに着替えて呪怨のカヤコみたいな感じにして、玄関のドア開けて
電気も付けないで四つんばいで「あ、あ、あああああ」みたいにかやこの真似しながら
部屋に入っていったら「ぎゃああああああああ」って女の声が聞こえてそれ以来
部屋で怖い体験しなくなった
でもそれから住んでるマンションで血まみれの女が出るって噂が広まってまたガクブルしてる


[ 2016/07/21 08:01 ] 心霊笑える話 | CM(4) このエントリーをはてなブックマークに追加

子供の頃のゲーム機に関する不思議な話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2016/07/20 10:49 ] 不思議な話 | CM(5)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?337
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1468334761/


566 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/07/18(月) 14:52:58.02 ID:t9GG0G6K0.net
特に怖くもない短い話だけど投下。


小学一年生の時、親にはじめてゲーム機を買ってもらった。そのゲーム機というのがスーファミだったんだけど、世は1997年、プレステやセガサターンが大流行してた年で、「貧乏なうちの家計ではひと世代前のこれが精一杯なのか」って子供ながらに寂しく思ったのを覚えている。

その時に合わせて買ってもらったゲームソフトがドンキーコング3だった。
ロックマンXやバイオがやりたかったオレとしては「子供じみたゲームだ」ってここでも親のチョイスに不満を持ったが、いざゲームを始めてみるとさすが任天堂の傑作ゲー、俺ら兄弟はすぐに画面を縦横無尽に駆け回るサルの姉妹のトリコになった。


俺には一つ上の兄がいて、ゲームは俺と兄の共有物だった。うちはテレビが一台しかなく、ゲームは1日30分と決められ、母親はパートに行く際コントローラーを持って行ってた。

それくらい環境が厳しかったので、ゲームをできる時間帯は母が帰ってきた17時から、父が帰ってきてテレビを見出す19時までの2時間しかなかった。
そのため、一方がゲームをしているときはもう一方がその終わりを待って隣でジーと待機することになる。

一方のゲーム時間が30分をオーバーしたり、一方がゲームを始める時間にちょうど好きなアニメの放送時間に被ってしまうことも多々あり、俺ら兄弟はゲーム関係の争いが耐えなかった。


567 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/07/18(月) 14:54:45.21 ID:t9GG0G6K0.net
ある日、どういう理由でだかは忘れたけど、きっとそんな感じの理由でゲーム中の兄と大喧嘩したことがあった。
その喧嘩もいつも通り俺の負け。7つの俺にとって8つの兄はめちゃくちゃでかく見えたし知らないプロレス技なんかいっぱい持っててどう足掻いても勝てなかった。

しかしその日は、弟を締め上げた後悠々自適にゲームを再開する兄の姿に抑えきれない怒りを覚えた。
うずくまりながらタイミングを伺い立ち上がると、稼働中のスーパーファミコンを蹴飛ばし、ドンキーコング3のソフト箱と説明書をズタズタに引きちぎってやった。

ゲームは兄との共有物だったので、結果的に自分のものを毀損することになったけど、兄を困らせてやりたい一心でそんなことに考えも回らなかった。

そのあと、兄に散々絞められたあげく親にもこっぴどく叱られ、しばらくの間ゲーム禁止が言い渡された。
自分で言うのも何だけど、子供なんてほんと単純で、その後ご飯を食べ、お風呂から上がったころには先ほどの怒りは跡形もなくあるのは後悔ばかり。

ゲームができない時間はゲームの説明書を読んで過ごしてた俺にとって、説明書はとても大切なものだったし、何より蹴飛ばして動きを止めてしまったスーパーファミコンが壊れていないかどうか心配だった。
(ゲーム禁止されたので、動作確認すら2週間も待たなければならなかった。)


568 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/07/18(月) 14:56:54.16 ID:t9GG0G6K0.net
そんな後悔ばかりして寝て次の日を迎えたんだけど、そこからがおかしかった。
翌日の17時。お母さんがいつものようにパートから帰ってくると、ゲーム禁止期間にも関わらず俺たちにいつものようにコントローラーを渡してきた。

なんで?と思ったけど、突っ込んだらゲームができないと思ったので、そのままいつも通りゲームをしようとスーファミを閉まっている棚を開けると、中にいつも通りドンキーコング3のソフト箱が置いてあった。
中身には説明書も破れてない綺麗な形で。

これには俺たち兄弟も混乱したが取り敢えずゲームした。心配だったスーファミの動作も無事で問題なかった。


ゲームが終わったあと、俺ら兄弟は「なんで?なんで?」とお互いに確認し合った。兄もそう言うんだから昨夜のことは夢ではないらしい。
食事の時間、恐る恐る親にその話を聞いてみても、「昨日そんなことなんかなかったよ」と言われ取り合ってもらえなかった。

貧乏だったし、クリスマスすらしなかったうちの親が俺らを驚かせるため、秘密でドンキーコングのソフト箱と説明書を揃えたとも思えない。(そんなことしても何の意味があるわけではないし)
兄とはこの不思議な感じを共有し、「世界がバグったんだろう」と当時の俺らは結論づけた。前日のあの状態がセーブされてなかったんだと。


今でもたまに兄とこの話をするけど、当時出した結論以上の答えを、25,6になった俺らは未だ出せないでいる。


以上、読み辛い文章にお付き合いいただきありがとうございました。


[ 2016/07/20 10:49 ] 不思議な話 | CM(5) このエントリーをはてなブックマークに追加

もうかなり昔の事なんでそろそろ時効だろうということで書かせて貰おうかな
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2016/07/15 14:23 ] 怖い話 | CM(2)
ほんのりと怖い話スレ その118
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1468075799/


154 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/07/13(水) 17:51:42.77 ID:Yfu15gvQ0.net
もうかなり昔の事なんでそろそろ時効だろうということで書かせて貰おうかな
最近夏だからかニュー速の方で怖い話のスレとかが多いが、本来はこっちだろ
まあ、怖いっていっても所詮ほんのりなんだけどね

場所は時代劇とかでよく出てくる東京の下町だ。
友達の家が結構な地主で、大体の土地にはアパートを立ててた
部屋数もそれなりあって、そうするとどうしても出ちゃうんだな
事故物件て奴が

この話もその一つなんだが、当時俺は高校出てぶらぶらしてた。
家はそれなりの家系というか、両親兄弟ちゃんと学歴もあるもんで
俺だけが俗に言うできそこないってやつだった
居場所がなかったんで、高校を卒業と同時に家を出た

当然金も無いんでなんとか安い部屋を探して、高校が一緒だった
友達のところに相談に行ったんだ。そいつをAとする。

Aは、事情を話すとすぐに心当たりを思いついたようだったけど、
それでも少し考えてた。それから親に訊きに行って、戻ってきた。
提示された条件はこう
事故物件である。
最低3ヶ月、できれば半年は住んでほしい。
家賃は2万で良い。
更に少しだが謝礼を払う
3ヶ月以上住んでくれれば、良い部屋を格安で世話する
その際の引っ越し代も持つ
すごいだろ?
当然、一も二も無くOKした。


[ 2016/07/15 14:23 ] 怖い話 | CM(2) このエントリーをはてなブックマークに追加

我が家に現れる若い女性の霊
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2016/07/13 15:01 ] 不思議な話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ その118
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1468075799/


106 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/07/13(水) 09:59:09.27 ID:AEuUKD460.net
15年ほど前の話になりますが・・・
小5の時に父が転職をしてその関係で引っ越しをしたんですが、
しばらくしてから、そのマンションで若い女性の霊を見ることがありました。
規則性が無く、夜現れることもあれば昼間現れることもあり、
いつもあちこちを怖い顔で睨みつけていて、とにかく近寄りたくないといつも思っていました。
うっかり目が合うとものすごい形相で睨みつけてきて、殺されるんじゃないかと逃げたこともありましたが、
特に母に対して執着しているようで、料理をつくってる母をじーっと睨みつけていました。。

中1の夏休み、仕事のある父を除いた母と私と妹の三人が母方の田舎にいっている間に
父が職場の若い女性と駆け落ちして、私たちの手元には父の残した借金だけが残りました。
その為、引っ越しをすることになり、新しく借りた部屋は前の部屋と違って古かったのですが
霊がついてくることもなく、その後霊を見ることは一度もありませんでした。

私が高校2年の頃、父の知り合いという人から連絡が入り、父が脳梗塞で倒れて入院をしているから世話をして欲しい、と言われました。
母は一人で行くといいましたが、母を心配した私も付き添いで病院にいきました。
病室にいたのは、前のマンションで見かけた「若い女性の霊」にそっくりな女性でした。
私は、ああ、なるほど。アレは自縛霊じゃなく、父の浮気相手の生霊だったんだ。
だから私を睨みつけ母を睨みつけていたんだ、と納得しました。

その女性は悪びれた風もなく「一緒に暮らしてただけで、結婚もしてないから私が病人の面倒をみる理由が無い。
荷物は家に送るから、後は全部よろしく」と言いました。
私は離婚をすすめましたが、母は父にまだ愛情があるのか、それとも責任感からなのか父の世話をし始め
母は、運動障害が残る父のリハビリを手伝い、嚥下障害のある父に毎日ご飯を食べさせ毎日世話をしました。
その後、その女性を家でもリアルでも見たことがありません。
父に対する執着が無いから出てこないんだと思います。
生霊になるほど父に執着していたのに、別れる時はあっさりしたもんだなぁと不思議な感じがします。

書いてたらあんまり怖くなかった。すみません。


107 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/07/13(水) 10:09:28.38 ID:DxLVWt590.net
>>106
やはり1番怖いのは、幽霊よりも生きてる人間なのかと思う。


[ 2016/07/13 15:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

古ぼけた張り紙
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2016/07/10 10:03 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない? 336
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1467617840/


575 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/07/10(日) 00:11:21.88 ID:GpYdA32Y0.net
今から5.6年前の話
夏休みなどを使って毎年遊びに訪れていた祖父家は宮崎県の山中にありました
主に目的は川遊びで、モリ突きや釣りなどをして楽しんでいました

夏といえど1時間程川に入っていると体が冷えてくるので、川べりの岩の上で小休憩を挟みつつモリ突きで遊んでいた時のことです
あまり人も来ないような場所だったのですが、気付けば200m程上流に二人の子供(遠目でしたが多分小学生くらい)がいました
村の小学校は廃校になっているような所だったので、この村にもあんな小さい子がいるんだなぁと思いつつ眺めていました
程なくして彼らは川を上って行きましたが、私がモリ突きをしていた場所はその川でもかなり上流の方で、来る時も車で山を登ってきたほどでした


576 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/07/10(日) 00:12:38.92 ID:GpYdA32Y0.net
親御さんとかが上に居るのかな、と考えながら私も帰り支度を始めました
荷物を置いてある木陰で着替え等していると、一本の木に少し古ぼけた張り紙がありました
張り紙には写真がプリントされておりラミネートしてありました
写真は母と思われる女性と子供が二人並んでいる写真
その下には「この子達を探しています」と1行あるのみ
その張り紙を見て気味が悪いと思ったのは写真のせいでした
写真の女性の顔の部分はマジックか何かで黒く塗りつぶされており、子供二人の顔はヤスリをかけたように薄くぼけていました
かすかに確認できる子供の髪型が先ほど見かけた子供と同じ坊主頭で、余計に気味が悪く感じてしまいました


578 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/07/10(日) 00:24:17.27 ID:GpYdA32Y0.net
急ぎ足で祖父家まで帰り、祖父に張り紙の事を聞いてみましたが何も知らないとのこと
小さな村なので子供がらいなくなったりしたら耳に入るはずなのですが

その張り紙を見た年の翌年、少し遅めの正月の挨拶をしに祖父家を訪れました
酒を交わしながら祖父と話していると、例の張り紙の話になりました
「お前が言うてた張り紙みたいなん見つけたんで、取っておいたで」
と言われ一枚の張り紙を差し出してきました
何で取っておく必要あるのか、とは思いましたが好奇心があったのも事実だったのでまた拝見しようと受け取りました
ひと目見て前回見た張り紙との変化に気付きました
「この子達を探しています」と書いてあるの文字の上から赤字で「見つかりました」と上書きされていました

あまりの気味の悪さに張り紙は知り合いの寺の方に無理を言って預けてきました
これを一人で取ってきた祖父の鋼の精神力にも恐ろしさを感じましたが

イタズラにしてはあんな人気の無い場所でする必要はありませんし
かといって本当に人捜しだとしても山奥の一本の木に張り紙をする必要も無いと思います
これといって実害などはありませんでしたがあれは何だったのか今でもたまに思い出しては鳥肌が立ちます


[ 2016/07/10 10:03 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

俺が、中学2年ぐらいの時に地元で経験した話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2016/07/08 11:13 ] 不思議な話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない? 336
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1467617840/


302 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/07/06(水) 20:00:37.44 ID:5UgeM0AS0.net
10年ほど前のこと
俺が、中学2年ぐらいの時に地元で経験した話。

季節は7月の上旬の夕刻6時ぐらい
部活終わりに同じ部活の仲間(AとBの二人)がちょっと良い所行こうと言うのでついて行った。

学校からそう遠くないところに、低所得者向けに町が安価で貸している住宅が6件ほど固まっている。
住宅はそれぞれ2階建てで、隣との間隔は10mぐらい。
↓こんな感じで並んでいる。

○○○
○○◎

そこに連れて行かれ何をするのかと思っていると、Aが突然その内の一件(◎の家)のドアを開けた。

他の5件には人が住んでいる(洗濯物などがあった)のにこの1件だけはどうやら空き家らしい。
何故鍵がかかっていないのか、と疑問に思ったが冒険心と童心に誘惑され中に入った。


303 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/07/06(水) 20:02:29.51 ID:5UgeM0AS0.net
中に入るとまず、キッチンとリビングがあった。
それと変な異臭がした。(何かが腐ったような臭い)
あと、リビングの床が気持ちの悪いシミだらけだった。
有名な人が死んでその形にシミが残っている画像があるが、人の形はしてないもののあの画像のような色(濃い焦げ茶っぽい色)のシミが床のあらゆる場所と壁にあった。

玄関でまず携帯で写真を撮ったんだが、そこにオーブが映っていた。

次にリビングから伸びている廊下を進むと突き当りに、トイレと風呂。
廊下の途中に2階への階段があった。
トイレと風呂は特に何も感じなかったんだが、階段の横に謎の収納スペースがあった。
そこを通るとき1人がなんかここ気持ち悪いなと言った。俺ももう1人も同感だった。
夏の暑さではない何か体にまとわりつくような変な気持ち悪さがあった。


開けてみようという話になって、じゃんけんに負けて俺が開けることになった。
取っ手を握るとなんか、ヌメヌメして気持ち悪かった。
ゆっくり開けてみると中は何もなく、リビングにあったのと同様のシミだらけだった。


304 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/07/06(水) 20:03:30.36 ID:5UgeM0AS0.net
それから気持ちが悪いので2階は少しだけ見てすぐ帰ってきた。
2階はシミがなかったものの畳がぐしゃぐしゃだったりかなり荒れていた。


んで、その探索する間、動画や写真だと当時の携帯電話は容量が少ないので音声をずっと撮っていた。


その空き家から出て音声を三人で聞いたんだが、あの収納スペースの横を通るときに変な声がした。
ボリュームを上げて聞いてみると、女性が喉から絞り出すように出す唸り声だった。
俺たち三人にもちろん女はいない。


その後、友達のその携帯電話は1週間後ぐらいに壊れ買い換えていた。
もう一人はその帰りに自転車でこけて手首にヒビ。
俺はというと、取っ手を持ったところに変なイボができた。


去年実家に帰った時に横通ったらまだ壊されてなかった。
見た感じおそらくまだ空き家のままだった。
その家に過去に何があったかは謎のまま。
行こうと言い出した奴もたまたま空き家見つけただけで知らないと言っていた。


[ 2016/07/08 11:13 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

弟が家の中に死んだはずのお母さんが居るって言い出した
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2016/07/07 14:23 ] 怖い話 | CM(4)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない? 336
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1467617840/


258 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/07/06(水) 03:10:01.60 ID:P0f6jhaT0.net
年の離れた弟が居て弟がまだ3歳位の時に母親が亡くなった。それからは父親と自分と弟と祖母の四人で
一軒屋に暮らしていたんだけれど二回忌を迎えた辺りで弟が家の中にお母さんが居るって言い出した
いつ見るの?って聞くと夜中に目が覚めたら枕元に立っていたり一人でいると遊んでくれたりしてると教えてくれた
その頃自分はもう高校生になっていたからそういうことは信じてはいなかったんだけど
弟はまだ小さいから見守ってくれているんだなと父親と祖母は喜んでいた

そんな感じで結構頻繁にお母さんが居るって弟が言っていたんだけど、たまに夕飯の最中に
お母さんが居ると何もなに所を指で指したり一人で何もない所に話しかけたりしていて
見えているのが身内とは言えどちょっと薄気味悪い雰囲気を味わう時もあった。
何ヶ月かした時に家に帰ったら弟が泣いていてどうしたのか聞くとお母さんにぶたれたと言っていた
どうにもキッチンのコンロの辺りで遊んでいたら怒られたらしいのだけれど、母親は生前子供でも
絶対に暴力をするような人ではなかったし自分も怒られはすれど一回もぶたれた思い出がなかったから
なんだか少し羨ましかった


259 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/07/06(水) 03:16:06.13 ID:P0f6jhaT0.net
お風呂は自分が弟と一緒に入るようにしていたからその日も夕飯が終わってから一緒に入っていて
弟はなんかよく分からない形の水鉄砲で遊んでいて和んでいたら突然「お母さん今来るよ」と言い出した
結構驚いてここに?と聞くと「お姉ちゃんに会いたいみたい」みたいなことを言われて
少しだけ怖くなってもう出ようかと言ってる途中で「来たよ」と弟が言った
でも弟は何故か天井の方を見ていてつられて天井の方を見たら網状の換気扇があってそこを
見た瞬間に湯船に浸かっているのに肩から上からびっしょり冷や汗が出てきていた
コンコンと換気扇を叩くような音がして弟が返事をしようする雰囲気があったから思わず口を塞いだら
ちょっと抵抗されたけど黙ってくれた。それから何回か音が聞こえてもじっと黙っていると
換気扇から「お母さんだよ」と聞こえてきた。でも声は母親とも似つかない低い声でなんだか
少しおどけている様な変な感じもして絶対に母親の声ではなかった。思わず父親を大声で呼んだら
大きい足音がして父親が直ぐ来た。もう一度呼ぶと風呂場のドアを開けてどうしたと聞いてきたけど
同じ位のタイミングで「お母さんだよ」と換気扇から聞こえてきて父親が固まっていた
弟は変な雰囲気に気づきはじめて泣き顔になっていたけど父親が弟を抱きかかえながら「お前は○○じゃない」
と母親の名前を言った。換気扇から今度は「○○だよ」とさっきと同じトーンで返ってきて父親は「違う」と
言い返して何度かそれを繰り返していると声が止んだ。
それから弟はお母さんが居ると言うことはなくなって普通に育っていったけどいつかまたお風呂で声を掛けられるような気がしてる


260 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/07/06(水) 03:22:17.25 ID:P0f6jhaT0.net
お風呂の一件があってすぐに霊能力者に相談しようかみたいな話にもなっていたけど
そういう知り合いもまったくいなかったからどうしようも出来ないまま終わった


[ 2016/07/07 14:23 ] 怖い話 | CM(4) このエントリーをはてなブックマークに追加

‐全ランキング表示‐ ブログパーツ
プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加




最新記事
峠に筍取りに行った時の不思議な話 Jun 27, 2017
【不思議体験】婆ちゃんが一人暮らししてる部屋 Jun 26, 2017
【不思議体験】誰かいる? Jun 21, 2017
私は死ぬが、お前を末代まで祟ってやる Jun 16, 2017
20代の半ばまで働いてた工場が変な所だった Jun 15, 2017
【狐憑き】三十年以上前の田舎に住んでいた頃の話 Jun 12, 2017
【不思議体験】動くドール Jun 11, 2017
兄が深夜の犬の散歩で見たもの Jun 03, 2017
某県にある民宿を営む実家は古くから増改築を繰り返していて、地下室がいくつかあった Jun 02, 2017
山梨県にあるペットと泊まれるホテルでの恐怖体験 May 27, 2017
過去ログ +

2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【10件】
2017年 04月 【10件】
2017年 03月 【10件】
2017年 02月 【11件】
2017年 01月 【10件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【8件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【13件】
2016年 06月 【16件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【13件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【13件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【12件】
2015年 05月 【16件】
2015年 04月 【14件】
2015年 03月 【27件】
2015年 02月 【17件】
2015年 01月 【25件】
2014年 12月 【26件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【20件】
2014年 09月 【18件】
2014年 08月 【20件】
2014年 07月 【25件】
2014年 06月 【21件】
2014年 05月 【18件】
2014年 04月 【17件】
2014年 03月 【16件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【22件】
2013年 10月 【10件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【13件】
2013年 07月 【10件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【5件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【6件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【7件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【8件】
2009年 07月 【21件】

アクセスランキング
LINK
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top