|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
ヘッドライン

【不思議体験】先週の日曜日、暖房付けっぱなしで、昼頃まで眠っていた時の話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2016/12/30 15:26 ] 不思議な話 | CM(1)
ほんのりと怖い話スレ 122
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1482217947/


312 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/12/27(火) 23:40:12.47 ID:XxQTpNqN0.net
先週の日曜日、暖房付けっぱなしで、昼頃まで眠っていた時の話でございます。

私は常日頃から、スマホを目覚まし代わりに使ってんですが、
その日曜日は昼の1時に起きられるよう、寝る前にアラームをセットしたはずだったんです。

アラームが鳴り、眠い目をこすり、目にした時刻はまだ朝の10時でした。
「っかしいなぁ。間違えたんかな。」そう思っていたら、
握りしめたスマホから鳴るアラームの音が、着信音へと変わっていました。

朦朧とした意識の中、時間軸がふっとスライドするように
「いつの間に」という感覚すら全くなく、手の中から聞こえてくる響きは、
当然のように、着信音に変わっていました。

出てみると、「おい!」という一言をだけかろうじて聞き取れましたが、
そのほかは、声が小さすぎるのか、私が寝ぼけているのか
なんだかもごもごしていて、何を言っているのか全く分かりません。

「○○!×!☆!?□!!!!!」というような調子で、
まるで、文字化けというものを声に出したらこんな感じだろうか、
というような、意味不明の言葉の羅列が耳に飛び込んできます。

ただ、、受話器の向こう側のその男が、
もの凄く怒り狂っているというのは、
不気味なまでにはっきりと伝わってきました。


313 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/12/27(火) 23:42:01.33 ID:XxQTpNqN0.net
まるで、怒気というものを、ビニールシーツか何かで包み込んだような、
聞いている人を妙に不安にさせるような気配が、受話器から流れてきます。

ハッと気が付くと、それは夢でした。時刻は昼の1時、携帯からはアラームが鳴っています。
私はそのアラームが、やがて着信音に変わらないかなと、
不安と、少々の期待が入り混じった気持ちで、握りしめたスマホを眺めていました。

アラームは鳴り終わり、安心して、もうひと眠りしようと思ったその時、


「ドン!ドン!ドン!おらぁあああ!もうええわ!」

部屋のドアから、乱暴なノック音と、粗暴な男の叫ぶ声がしました。
そして、ガンガンと階段を下りていく音がしました。

私は少しあっけにとられ、しかしすぐに我に返り、ドアを開け、外を眺めると
そこにはいつも通り、日曜日の昼下がりの風景があるだけでした。

あいつ誰だったんだろう。どこか、とても懐かしい声。なぜだろう。思い出せん。


[ 2016/12/30 15:26 ] 不思議な話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

犬の様子がおかしい
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2016/12/28 14:08 ] 心霊笑える話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 122
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1482217947/


242 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/12/25(日) 15:08:21.88 ID:vsJrwyUE0.net
昔ミニチュアダックスとシーズーのミックス犬飼ってたんだけど
その犬が年末この時期にかはーっかはーって変な呼吸になって
最初は何か変なモン食ったかと思ったがどうも様子がおかしい
咳払いの余裕すらないらしく涙目で必死に何かを訴えてるわけ

とりあえず人と同じように背中をさすると多少落ち着くらしい事がわかり
家族集まってたんで取り囲みながらどうしたどうしたと右往左往
愛犬はフンをする時のような硬直姿勢でかはーっかはーっと繰り返すばかり

んで病院開いてねーし無理矢理電話で起こすか?現金あったっけ?とかこっちも若干混乱してきた頃
突然犬が「ボェーーーッ!」て言いながらで真っ白い塊を吐いたのね
小型犬なんでこの子はミニコンポくらいのサイズしかないんだけど
体長くらいの長さのバナナとでもいうか(最初に思いついたのはバナナだった)
そんなもんが口からズルーッズルーッっと大中小3本連続で発射
量が尋常ではなく内臓吐いてんじゃねーかってレベル

響き渡る家族の悲鳴
病院連れてけぇ!なんやこれえ!寄生虫か!?食あたり!?大丈夫かポチぃ(仮)!しっかりしろぉ!

そんな中一通り吐き終えたポチはバナナ?を少し見下ろした後、家族に目を向ける事なくスーッとケージ(小屋、ハウス)の中へ
一同「?」ってなって見守ってたんだけどポチはケージから上目遣いでこちらを見上げるばかり

これは何かあると踏んだ家族総出で家内の食料品を探しまして
母の仕込んだボール一杯のパン生地が無くなっている事が判明
お前・・・と空のボールを突きつけるとそっとケージの扉を閉めるポチ

今でもパン作る度に思い出して笑っちゃうんだけど
当時はちょっと怖かった


257 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/12/25(日) 19:46:23.42 ID:IthHrQZi0.net
>>242
途中までエクトプラズムかとオモタワ


261 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/12/25(日) 20:04:22.85 ID:CfTB++fh0.net
>>242
>>257
俺も帝都大戦の加藤雅也を思い出した。
加藤(嶋田久作)の方じゃなくて、加藤雅也の方ね


[ 2016/12/28 14:08 ] 心霊笑える話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

数年前にバイトで廃材運搬の助手をしていた時の話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2016/12/22 16:02 ] 不思議な話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 122
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1482217947/


55 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/12/22(木) 14:36:30.94 ID:E0VvSUM80.net
数年前にバイトで廃材運搬の助手をしていた
日当1万とかだったから呼ばれれば授業サボってでも行ってたのだが
その日は「県外だけど3万出すよ」との事で、俺は即答で了承した
ため池を整地にするとかで、そこで出た残土を別の山にポイする内容だったが
重機の免許も無い俺の仕事は交通整理だと言われ、これで3万はラッキーって感じだった
現場に着くと、埋め立ての業者と施主?地主?だかが揉めてて、まだ水を抜いていない状態
何より、重機が入る道すら出来ていなくて俺らのダンプもギリギリ入れるかどうかで離れた駐車場で待機する事になった
結局、金は出すから明日来てくれとの事でその日はそのまま帰る事になった
それで次の日、会社に行ってみると2t車でいいとの事だから俺一人でいいか?と聞かれた
残土では無く、ちょっとした物を運んで欲しいとの事 全ては現場で指示されるらしい
まあ2日で6万も貰える事はそう無いし、何も考えずに了承し昨日の現場へと向かった
現場に着くと、何故か神主がいて祭りか?と思える感じのお祓いみたいな事をしていた
半日ほどして、ようやくお呼びが掛かりトラックを持って行くと、古い神輿みたいな物とお墓にある細長い木が大量にあった
トラック全体と俺が何やら神主にお祓いされて、助手席に神主を乗せてとある神社へと運んだ
神社で荷を降ろすと、さっさと帰れと言わんばかりに追い出され、俺はそのまま帰宅の途へついた
全く持って不思議な仕事だったな・・・と思って高速に乗り、気が付くと病院で固定しまくられていた
事故ったらしいがそこの記憶は全く無い
そして今、バイト先の会社も無い


[ 2016/12/22 16:02 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

清水寺の近くに三年坂という坂があり、「三年坂で転ぶと三年で死ぬという伝説」がある
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2016/12/19 09:25 ] 不思議な話 | CM(4)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?342
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1476840448/


99xg7.jpg


955 :1/2@\(^o^)/:2016/12/19(月) 04:30:49.31 ID:GbT7mVDh0.net
昔、中学の校外学習で京都に行った
清水寺の近くに三年坂という坂があり、「三年坂で転ぶと三年で死ぬという伝説」がある
「坂の上の清水にある子安観音に「お産が寧か(やすらか)でありますように」と祈願するために通る坂」であることから、
安産祈願の妊婦が転ばないようにと注意を促す話だとガイドから聞いていた

三年坂は石畳で作られていて、雨なら滑るかもしれないなと思った記憶がある
秋晴れの、少し肌寒い日、友人はこの坂で転んだ

私を含め同じクラスの子はみんな「ちょっ?!ヤバイんじゃない?!」と言いながら友人に手を貸して立ち上がらせた
そんな迷信を、転んだ本人も含め誰も信じていなくて、彼女は「三年坂で転んだ私w」とその後も完全にネタにさえしていたくらいだった

清水寺について、彼女はバスガイドさんにも「転んじゃったw私、死ぬかもー」と笑って話していた
翌日、バスガイドさんから彼女は御守りにと瓢箪のストラップをもらっていた
「転んでしまっても、この瓢箪には厄よけの効果があるそうだから、大丈夫よ」と
本人は気にしていなかったから、翌日になってまで御守りを渡されたことに「そこまで気にしてないんだけど…」ビックリしつつも、ありがたく受け取っていた
しかしぶっちゃけ可愛いものじゃない
だからか、カバンの中に入れたままで、それを袋から出して何かにつけたりはしなかった

修学旅行から帰って、「三年坂で本当に転ぶ人がいるなんてw」としばらくはネタにされていた
「ところであの瓢箪どうしたの?」
グループの誰かが聞くと、彼女はパッケージに入ったままの瓢箪をカバンから取り出した
「一応、持ってるよ!」
そう言ってパッケージから瓢箪を取り出して、みんなにそれを回して見せてくれた
瓢箪は蓋がついていて、中に6つの小さな瓢箪と、小判やら鯛やら破魔矢みたいなのが入っていた

4月になり、私たちは付属の高校へ進んだ
私とはクラスは別になってしまったけど、高校から入学してきた子に、彼女は瓢箪を見せながらネタ的にあの話をして笑いをとっていたそうだ
「可愛いね!中にもちっちゃい瓢箪が4つ入ってるんだね♪」
彼女はその時見せていた子からそう言われて、初めて瓢箪の異変に気がついたらしい
「あれ、絶対6つあったよ!」
その日、あの時一緒に行動していた仲のいい友人数人で集まって中身を確認した
カラフルな6つの瓢箪のうち、赤とピンクがないことに気づいた
色が似てるから、もっと違う色のほうが可愛いのにねと話していたから間違いない
他にも金色の破魔矢もないことに気付いた
カバンの中もよく見たけど、カバンの中には落ちていなかった
いつからないのかも、なくした場所すらわからなかったけど、彼女は気にするわけでもなく
「まぁ、でも所詮迷信だしw ないからどうなるわけでもないからいいよ。見つかればラッキー!くらいだわ」
そう笑った


956 :2/2@\(^o^)/:2016/12/19(月) 04:32:01.94 ID:GbT7mVDh0.net
秋を迎えたある日、彼女はあの校外学習があった同じ月に死んでしまった
金曜日の放課後、駅から自転車で家に帰る途中で事故に遭ったそうだ
お通夜の時に彼女の顔を見たら、顔だけは寝ているみたいに綺麗だった

葬儀も過ぎて、いよいよ納骨される四十九日の前に、私たちは最期のお別れがしたくて彼女の家を訪問した
祭壇には遺影とお骨、お花や果物が供えてあったが、あの時持っていたであろう通学カバンや折れた携帯電話などが置いてあった
カバンは轢かれなかったのか、特にボロボロになっている様子はなかった
「カバン…見てもいいですか?」と友人が許可を取り、中を見始めた
中身はその時のままなのよとお母さんが話してくれた
友人の手が止まり、半泣きで私たち全員の顔を見始めた
カバンから出した手は、蓋と紐だけになった瓢箪ストラップが摘んでいた
瓢箪がなくなったことと、亡くなった因果関係はわからない
でも彼女のお母さんはそれを見てこう言った
「あら、瓢箪いつなくなったのかしら…事故の1週間前くらいには多分あったと思うけど、事故で落としちゃったのかしらね」と

迷信かもしれない
迷信じゃないかもしれない
けれど彼女が亡くなったのは事実です
京都の三年坂を通るかたは、くれぐれも転ばないように足元にご注意ください


[ 2016/12/19 09:25 ] 不思議な話 | CM(4) このエントリーをはてなブックマークに追加

バイト先(ホテル)の社員から聞いたぞっとした話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2016/12/15 15:43 ] 怖い話 | CM(2)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?342
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1476840448/


873 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/12/12(月) 06:18:13.19 ID:ADy0O0Mr0.net
すまん、流れとか分からんがバイト先の社員から聞いた話書く。

俺は今ホテルで夜勤のバイトをしているんだけど、夜12時以降でウォークインで女性の一人客は絶対に断るように言われてる。
ウォークインていうのは予約なしで、ふらっとホテルにくることね。
酔っ払いとか明らかに営業に支障の出るお客様は満室って言って追い返すんだけど、12時回った女性の一人客は普通に見えてもだめらしい。
それをバイトを始めて1カ月くらいたったときに言われて、最初は理由が分からなかったから聞いたんだ。
その人が言うには、以前別の支店?のホテルで働いていたときに、今話したような女性の一人客が深夜に来たんだって。
時間も時間だし不思議には思ったらしいんだけど、その日は日曜日で部屋もガラガラだったし、見た目清楚で普通に綺麗な人だったから鍵を渡して部屋に通したんだ。
その日はなんにもなくて、結局その人はチェックアウトぎりぎりの時間に出て行った。
チェックアウトするときも、笑顔であいさつしてくれて普通に感じの良い客って感じだったらしいんだ。
それで、チェックアウトしたら換気やつけっぱの電気を消す目的で部屋を回る作業があるんだ。
そこでその女の部屋に入ったんだけど、なんかおかしかったんだって。
たかが一夜っていっても、普通ゴミだったりタオルが置きっぱだったり、多少なりとも生活の跡が見えるんだけど、それが全くなかったんだって。
それで、どのホテルにも客室アンケートってのがあるだろ?机の上にあるそれをなんとなく見たんだって。
そしたら最後の自由記入欄に、「本当はここで自殺しようと思ってました。」って書いてあったらしい。
それ以来、うちでは12時以降女性の一人客はお断りらしい。
怖いかどうかは分からないけど、個人的にぞっとした話。


876 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/12/12(月) 11:46:05.55 ID:m3v9nlgb0.net
旅館とかも女性の一人客お断りだよね
同じ理由で


[ 2016/12/15 15:43 ] 怖い話 | CM(2) このエントリーをはてなブックマークに追加

フリーターの頃住んでたアパートのお隣に、20代前半くらいの女性と3歳くらいの男の子が引っ越してきた
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2016/12/11 18:54 ] 怖い話 | CM(2)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?342
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1476840448/


590 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/11/23(水) 09:58:00.45 ID:bjX/6tTk0.net
フリーターの頃の話です。
当時、住んでいた安いボロアパートのお隣に、20代前半くらいの女性と3歳くらいの男の子が引っ越してきた。
特に引越しの挨拶などは無かったが、外に出るタイミングが同じ時があって、あっちの方から声を掛けてきた。
「隣に引っ越してきたAです。この子はスグルと言います。ちょっと騒がしくしてご迷惑をお掛けするかもしれません」
ちょっとポッチャリですごいミニスカにヒール履いた、いかにも水商売やってますって感じの母親だったけど、話した感じがまともそうで、安心して俺も
「いえいえ、そういうの気にしないので大丈夫ですよ。スグル君宜しくね」
と声を掛けた。
スグル君は物凄い人懐っこくて、俺が外に出ると足にしがみついて来たり抱っこを強請ったり、俺の家に来る彼女や友達にも懐いていた。
スグル君の母親によると、俺がバイトに行ってる時も、部屋の前で「お兄ちゃんまだかな」とソワソワしていたらしい。
まあ、可愛いなと思ってたはいたが、実は一つ悩みがあった。


591 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/11/23(水) 10:00:00.95 ID:bjX/6tTk0.net
スグル君の母親は週に何回か仕事に出かけていて、そういう時は、おばあちゃん?が家に来ていた。
何度か会ったことがあるが、これまた水商売やってますって感じのケバい50くらいのおばさん。
このおばさんがスグル君を怒る声。
これがマジで煩かった。
まるで叫び声のようなヒステリックな感じで怒る。
おまけに、おばさんの声がキンキンとしたような特徴的な声だった為、余計うるさくイライラさせた。
壁が薄いから丸聞こえで、「スグル!何やってんだ!」と。
それに対しスグル君も泣き叫ぶ為、とにかく煩かった。
たまにバシッと叩く音も聞こえビクッとした事もあった。
その言葉がインパクトがあり過ぎたのが、その当時飼っていたインコが「スグル!」を覚えてしまた程。
そんなある日、バイト先の本屋に母親がやってきた。
「(俺)さんのお宅にインコいません?」
「ああ、はい飼ってますよ」
「この間、スグルが鳥の鳴き声が聞こえるって言ってて」
「あ、煩かったですか?」
「いえ、鳥がスグルって呼んでいると言っていたので気になって」
「ああ…」
「声、そんなに聞こえるんですね」
「え?」
「はっきりとは聞き取れないけど、スグル!何とかかんとか!って言ってるって、すごく気になってるみたいで」
「あ、すいません!壁際に鳥籠が置いてあるから覚えちゃったみたいで…」
「そうですか…」


592 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/11/23(水) 10:02:32.34 ID:bjX/6tTk0.net
そんなやり取りがあった数日後。
昼間、部屋でゲームをしているとアパートのドアが叩かれた。
出てみると、スグル君親子だった。
「実は引っ越すことになりました。スグルがお兄ちゃんに最後に会いたいと言うので。色々ご迷惑お掛けしました」
「え、急ですね」
「実は…スグルを見てくれてた母が現金をや通帳盗んで、スグルにも…。なのでもし母親がこのアパートに来ても知らないふりしてくれませんか?」
「わかりました…」
それから何日か経った夕方頃、友達と2人で部屋で話をしていると外から、ドンドンドンドンドンドンと玄関のドアを叩く音がした。
「おら!いねえのか!出てこいよ!」
どうやら、おばさんが隣の部屋のドアを叩いて叫んでるらしい。
2人で「こええええ」と小声になりながらビクビクしていた。
しばらくおばさんは騒いだ後、カンカンカンと階段を降りて帰って行ったようだった。
友達と「警察呼んだ方が良かったかな」と「いや、もう来ないだろ」と話してる時にインコが突然
「スグル!コロスヨ!スグル!コロスヨ!スグル!コロスヨ!」
そんな言葉を今まで聞いたことが無かったので、かなりゾッした。
俺が知らない間に、あのおばさんはこんな事を言ってたのかと。
もう何年も前の話だけど、ニュースで子供が殺された話を聞くとこの事を思い出します。


593 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/11/23(水) 10:32:11.50 ID:uoG1JiLu0.net
>>590-592
ひょっとしたらマジで洒落にならない結果になってたかも知れん話だ
あのタイミングでコロスヨ!なんてホントに怖え鳥肌立った((((;゚Д゚)))))))
いや怖面白かった有難う


594 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/11/23(水) 10:56:12.26 ID:RED7is1F0.net
こえぇぇ
スグル君とお母さんが幸せになってますように
自分が心霊体験したことないから、こういう生きてる人間が一番怖いと感じるわ…


[ 2016/12/11 18:54 ] 怖い話 | CM(2) このエントリーをはてなブックマークに追加

【恐怖体験】あいつがいる!
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2016/12/10 16:08 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?342
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1476840448/


309 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/10/25(火) 07:28:27.85 ID:Wt/EYlRg0.net
10年前、学生でカラオケバイトしてた頃の事。
俺は稼ぎたかったので、0時から閉店の6時までの深夜勤務に入ってた。

バイトには色んな人が居たが、特に夜は変わった感じの訳アリっぽい人が多くて
あまり近付いて欲しくない様な雰囲気を相手が醸し出してたから
そこまで仲良くは無かった。

で、話が飛ぶがある日前の時間のシフトの女性が自殺した。
軽い欝の持ち主だったみたいで、酔っ払いのクレームを真に受けて
衝動的に飛び降りをやってしまったそうだった。

そこから、色んな事が起こった。
特に自分が居た深夜勤務は3時を過ぎるとワンオペになるし
その時間はほぼ客も居なかったから最悪だった。


310 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/10/25(火) 07:30:30.42 ID:Wt/EYlRg0.net
ビビったのが、お客さんも全く居ない、完全に1人の状態で
店内放送で自分の好きなCDを掛けてたはずなのに
突然あるビジュアル系バンドの曲が掛かり始めた事。
それがまた気持ち悪くて、何故だかテンポが上がったり下がったり。
CDを止めても店内放送で流れるのでコンセントを抜いたら
一番奥の部屋から同じ曲のカラオケが流れ始めた。
しかもよくよく聞くとボソボソ・・・っと歌ってる様な声も聞こえて
堪らず店を飛び出したら店内照明が激しく点滅していた。
暫くすると収まったが、その日はもうどう言われても構わないと言う気持ちで
朝番が来るまで外で粘った。

その女性が勤務していた時間から色々起こるみたいで
倉庫スペースから「ちょっと~」と呼ぶ声が聞こえたり、物が勝手に動いたり
誰かに肩を叩かれたり。
夜勤全体で散々な目に合って、多くの人が辞めていった。

流石にヤバいと言う事で、すぐに夜勤には必ず店長が重なる事になった。
で、ある日の事。
今日も絶対何か起こるぞとビビりながら一緒に作業していたんだが、部屋を清掃していた店長が突然
「ウワァァ!」と叫びながらこちらに走って来た。
こっちも腰が抜けそうになるぐらいだったが、続く言葉を聞いて背筋が凍った。

「あいつがいる!」

店長がその言葉を発した直後、部屋からコールが来た。
崩れ落ちそうになりながらどこからコールが来たのか確認した所、店長が「あいつ」を見た部屋だった。
腰が抜けた店長を連れ、外に飛び出してその場で店長に辞めますと伝えた。

今はもう無くなって他のテナントが入ってるが、大丈夫なのかなぁ・・・。


[ 2016/12/10 16:08 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議体験】山の神
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2016/12/07 08:01 ] 不思議な話 | CM(2)
∧∧山にまつわる怖い・不思議な話(避難小屋)79∧∧
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1456036738/


919 :えんこう@\(^o^)/:2016/11/14(月) 18:03:36.85 ID:iLUoBqK30.net
かなり前に自分の遠縁の身内の話を書いた高知県のえんこう(猿猴)です。
最近 アウトドアに出かけることが多くて 嫁と2人でキャンプをやってます。

で 11月に入り O町のK瀬キャンプ場に泊まった時の話です・・・
このキャンプ場は、バンガローも水洗トイレもシャワーまで有るキャンプ場ですが、すぐ下に河原が有り 
無料でキャンプをすることができます。


920 :えんこう@\(^o^)/:2016/11/14(月) 18:12:24.83 ID:iLUoBqK30.net
この日は 天気も良く16時頃テントの設営も終わり その後炭火でのBBQを楽しみ 
飲んだくれたので22時頃にシュラフに潜り込みました。

夜中の2時頃 急に突風が吹き始めました。
最初は遠くの方で葉のこすれあう音がし始めて 間もなくテントのすぐ横の竹藪が
大きく揺れ始めました。
ただ 不思議なのは、風が吹いている範囲が異様に狭いのです・・・・
まるで竜巻の様ですが渦は巻いていなく 夜の帳の中を意志を持った空気の塊が動いている感じです。


921 :えんこう@\(^o^)/:2016/11/14(月) 18:18:18.67 ID:iLUoBqK30.net
テントを飛ばされるとやばいと思い 外に出てテントの張り綱を張り直したり 
ペグを打ち直したりを強風の中でやっている時に 急に100m程離れた場所にその風の塊が移動しました。
まるで意志を持っているかのように・・・・
何じゃこりゃ?と思っているうちに、樹がざわめく場所があちこちへと飛びます。
右でざわめいたと思うと 後ろや山の上の方と脈絡が無い・・・
20分ほどすると全くの静寂に戻りました。


922 :えんこう@\(^o^)/:2016/11/14(月) 18:30:18.92 ID:iLUoBqK30.net
そして テントの中へ入ると 嫁は全く意識なく寝ています・・・
あれだけ風と木の大きな音がしたのに、目を覚ましていない。
嫁に声をかけると 急におかしなことを言い始めました。
「この女は、連れて行く」と??何のことかは判りませんが 嫁を贄にするようです。
嫁は元々 霊媒体質で良く乗り移られることが有ります。
このままじゃマズいと思い、そのモノに声をかけました。
返事は「山の神である」との事で、「この女を守りたくば 夜が明けるまで守って見よ」
酔いが一発で覚めました。
清めて貰った鉈を手にして、意識のうつろな嫁の手を握りしめ テントの周りに注意を注ぎました。


923 :えんこう@\(^o^)/:2016/11/14(月) 18:37:47.78 ID:iLUoBqK30.net
足音や人の気配などは全く無く 一安心です。
そして嫁の頬を手で叩き 名前を呼ぶと普段の嫁の声で返事が来ました。
怖がるので さっき起こったことは一言も話さず「うなされてたから起こしたよ」
と言うと「夢を見てた。大きな体の神様が現れて、神様の姿を見たものは連れて行く」
と言われて怖くて苦しかったと返事


925 :えんこう@\(^o^)/:2016/11/14(月) 18:49:35.62 ID:iLUoBqK30.net
「どんな姿だったか 家に帰ったら書いてみるよ」と言ったのだが、その後 急に意識を失いました。
トランス状態の様で、子供のような声で「パパ?僕だよ」と私に呼びかける。
夫婦の間には、子供は居ないのに「パパ」って呼ばれたので子供に話すように
「どうしたの?」と聞くと、「神様がママの代わりに僕を連れて行く」と返事をしました。
「僕はママの飲んでる薬のせいで、手のない子なんだ。だから 生まれちゃいけないから 神様がママの代わりに連れて行くって言ってるよ」
と言うので思わず泣いてしまいました。
そして「さよなら」と言って 子供のトランス状態は解けて 嫁は眠りに落ちました。
次の日 家に帰って来て 嫁が調子が悪いので病院へ行くと 流産が判明・・・
本当に 山の神様が連れて行ったのではないかと思っています。

本当に不思議な体験をしました。


[ 2016/12/07 08:01 ] 不思議な話 | CM(2) このエントリーをはてなブックマークに追加

執念が起こした不思議な現象
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2016/12/06 08:01 ] 不思議な話 | CM(2)
ほんのりと怖い話スレ その121
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1477608447/


772 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/12/02(金) 09:45:42.76 ID:rfXv/hHd0.net
嫁の友達と俺の友達の話だけど

旦那のDVが原因で離婚したA(嫁の友達)に新しい彼氏ができた。
その彼氏が「最近怖い夢をみる」と言うので詳細を聞いてみたら
ある男性に毎日のようにクビをしめられたり階段から突き落とされたり
刺されたりする夢で、その男性の容姿がAの前の旦那(俺の友達)とそっくりだった。
男と旦那は当然面識は無い。
怖くなったAと彼氏は、知り合いにすすめられて有名な縁切り寺にお参りにいった。
そこで二人が偶然目にした絵馬に
「Aと○○(彼氏の苗字)が別れますように」と書いてあって背筋が凍った。

ちなみにこれは二人の事ではなく(多分)
Aも彼氏も割りとよくある苗字のため、たまたま一番前列に出ていた絵馬の苗字と一致してしまった、という
不幸なめぐり合わせではあるんだけど、見た瞬間ついさっきまで元旦那がここにいたんじゃないかと本気でビビったらしい。
その後、元旦那の夢も見なくなり、Aと彼氏は結婚して子供にも恵まれた。
夢に関しては説明がつかないけど、元嫁に対する執着が凄く
ストーカー化して警察介入したりしていたので、もしかしたらその執念が起こした不思議な現象なのかも。

余談ではあるんだが、この旦那の方はその後久々にあったら激痩せしていて
話を聞くと胃がんが見つかり胃のほとんどを切除したらしい。
それまでプロレスラーに間違えられるくらいの図体だったのに、ガリガリで貧相な見た目になっていた。
偶然なんだろうけど、その胃がんの手術をした時期というのがAと彼氏が縁切り寺にいってしばらく経ってからくらいで
二人が本気で結婚を視野に入れ始めた頃。
ストーカーされていた方が幸せになろうとする頃に、ストーカーをしていた方は不幸のどん底にいたというのは
ちょっと因縁めいたものを感じる。


[ 2016/12/06 08:01 ] 不思議な話 | CM(2) このエントリーをはてなブックマークに追加

どうしても気になる三年前の体験談
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2016/12/05 08:11 ] 不思議な話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ その121
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1477608447/


645 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/11/26(土) 20:59:01.64 ID:gsLZg6GY0.net
初めて書く
もしかしたら夢話にひっかかっちゃうかもしれないんだけど、どうしても気になる三年前の体験談

自分は大学院生で、失恋がきっかけで論文が捗らなく教授に叱責されるなどのストレスもあって、その頃は必要以上によく落ち込んでいた
気分転換によく自宅の周りの河原を散歩していたんだが、その日は起きるのが遅く夜になりかけていた
その日は曇っていて空はもう薄闇
いつも通り川沿いに歩いたんだが、30分も歩けなかったと思う
右下に川があってその横が高台でコンクリートの遊歩道、左手にはススキ野原みたいな場所
普段は遊歩道を歩きながら川に泳いでる黒い鯉を見たり、無学のせいで名前を知らない鳥を見たり、ただ単にそよいでる草やコンクリートを見たりしながら歩く
要するに地方都市川沿いの普通の道
養豚場がその道沿いにあるので、独特の匂いと共に時々なんとなく陰鬱な気持ちになるが、幼稚園もそばにあるし、普段は普通の明るい道だと思う
(続きます)


646 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/11/26(土) 21:14:08.06 ID:gsLZg6GY0.net
(続き)
でも、その日は霊感が全くない自分でも怖いなって感じがした
雨が降る前触れなのか、風のせいか、ススキ野原や草が普段にはないほどザワザワ音を立てて揺れて、暗い空にカラスがここから早く離れようとしてるみたいに急いで大声で鳴きあって飛んでいくのが見えた
その後は川音と草の揺れる音だけ。自分しかその道にいないのがわかった
右下の川は真っ黒で、風景全体が薄闇に包まれ、街灯も少ない道で変質者も出るかもしれないと思ったんだが、なぜかその日は風景自体が怖いなと思った。
うまく言葉では言えないんだが、薄羊羹みたいな色の哀しげな絵の中に閉じ込められて出れないみたいなかんじ
カラスの鳴き声も、いつもと違う感じに聞こえて、小走りになりながら帰った
(続きます)


647 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/11/26(土) 21:25:10.89 ID:gsLZg6GY0.net
(続き)
帰る道に派手な霊現象にあったわけでもなく、霊障が今も続いてるわけでもない
でも、その日に見た夢は忘れられないと思う
自分が歩いてたんだよね、寝る前に歩いた道を寝る前と全く同じ時間、同じコースで。当然気味の悪い感じがする草木の音やカラスの声などの風景も全く一緒
(ちなみに、自分が必要以上にその日の川散歩を意識していたわけではない。その日は帰って家族とご飯を食べ、趣味のお笑いを見て友達とメール、、とすっかり忘れていた。あと、ここまで寝る前にしたこととピッタリ一致した夢を見たのはこれが初めてでその後はない。)
薄闇の中の陰鬱な風景の中、私はまた早く家に帰らなきゃ帰らなきゃと焦って小走りになっていた。
暗い川の流れも寝る前の散歩と一緒
でも、全て同じ風景や自分の行動の中、一つだけ違うことがあった。
(続きます)


648 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/11/26(土) 21:51:39.40 ID:gsLZg6GY0.net
(続き)
自分の方向に向かって男が早歩きよりもう少し早い速度で近付いてきていたことが、現実とは違っていた
真向かいから暗い川沿いの道を歩いてくる中年の男の見た目は、たしか線の入ったジャージ姿で髪はどちらかといえばペタついたかんじ、痩せ型のせいか遠目からはなんとなくみすぼらしい印象だった
でも男がすごいペースで近づくにつれ、あれ?と思った
目が普通の人間とは違う。黒目の焦点が2つともに寄目になってるっていったらわかるかな?
2つとも視線が交差してどこもみてない目なんだよね。それでいて黒目が大きくて、目が目立ち、中が空洞になってるようにも見える
狂う位の空虚や無気力を煮詰めたような、見たことのない目だった
もう中年男性っていうより、暗い大きなどこもみていないような空洞みたいな目だけズンズン寄ってくるような印象
あんな視線を交差させる目つきしてたら普通の人は歩けないし、目の前まで来た時に普通の人間じゃないなって思ったら怖くて怖くて
しかもなぜか私の横を通るんじゃなくて、私に近づいて来てるのがわかった
避けるように歩こうとしても、もう手遅れで、見えないはずの、視線が交差した、真っ暗ながらんどうな瞳がどんどんどんどん迫ってくる
そのまま人間じゃない男は、私の体に正面から入り、自分の怯えた叫び声で目が覚めました

その後、何事もなく暮らしていますが(父母の別居はありました)、体の中に入っていったせいで、時々もしかして取り憑かれているのかなと思うこともあります
同じ道を夢の中で辿ったことで、あの時実はこんな霊がいたと教えてくれたのかもしれません
川は不浄なものを流す場でもあるので、夜は通るなとその経験の後はじめて家族から聞きました
以上です


[ 2016/12/05 08:11 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

‐全ランキング表示‐ ブログパーツ
プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加




最新記事
ある学生の悪癖 Apr 20, 2017
包帯さん Apr 19, 2017
深夜のドライブ Apr 13, 2017
【恐怖体験】廃病院 Apr 12, 2017
「別の時空に飛ばされた」って話 Apr 09, 2017
闇夜の黒い影 Apr 08, 2017
【不可解な話】大学生の息子の一学年上の女の子が芸能界デビューしました Apr 05, 2017
汁掛け飯 Mar 30, 2017
【恐怖体験】岩手の黒森山という心霊スポット Mar 23, 2017
ラーメン屋でバイトしてた頃、同じくバイトの中国人がプライド高かった Mar 22, 2017
過去ログ +

2017年 04月 【7件】
2017年 03月 【10件】
2017年 02月 【11件】
2017年 01月 【10件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【8件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【13件】
2016年 06月 【16件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【13件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【13件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【12件】
2015年 05月 【16件】
2015年 04月 【14件】
2015年 03月 【27件】
2015年 02月 【17件】
2015年 01月 【25件】
2014年 12月 【26件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【20件】
2014年 09月 【18件】
2014年 08月 【20件】
2014年 07月 【25件】
2014年 06月 【21件】
2014年 05月 【18件】
2014年 04月 【17件】
2014年 03月 【16件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【22件】
2013年 10月 【10件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【13件】
2013年 07月 【10件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【5件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【6件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【7件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【8件】
2009年 07月 【21件】

アクセスランキング
LINK
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top