FC2ブログ

|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
ヘッドライン

活力あふれる虚弱体質の母の話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/10/20 20:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?285
https://toro.5ch.net/test/read.cgi/occult/1322862781/


43 :本当にあった怖い名無し:2011/12/04(日) 02:48:46.47 ID:veGHgml+0
これは私が、いや、正確には母が半年前から9月の終わりごろまでに経験した話。長いです。

今年の7月某日、もろもろの事情で、私は結婚を前に実家へ一度帰省するため
アパートから引越しすることになりました。
父は仕事の繁忙期でこれませんでしたが、母が有給をもらって、代わりに来て
くれました。
母は去年から体の調子が芳しくなかったのですが、とにかく外で遊ぶのが大好
きな人で、今年の5月にトルコ旅行なんぞに行くような、本当に活力あふれる虚弱体質の人です。
さらにいうなら何もないような場所でよく転ぶ、おっちょこちょいな人でもあります。
荷造りのときも10センチの段差しかないアパートの玄関で派手にスッ転んでました。


44 :本当にあった怖い名無し:2011/12/04(日) 02:50:49.18 ID:veGHgml+0
私のアパートがあった某所は海と山に囲まれた比較的のどかな場所
(相手の家の地域)で、高速を走らせればすぐにK野やおI勢さんにいけるよ
うな立地の場所でした。
そんな場所ですから、旅行好きで観光大好きな母親が行動を起さないはずもなく。

「M(私)さん!お母さんちょっとK野古道めぐりいきたい!」

ちょっとK野古道めぐりってアンタねぇ、なんて思いもしましたが、
言い出したら聞かない人ですし、行かない!なんて私がごねて後から
ネチネチ文句言われるのもイヤだしなぁ、という思いもあり、とても
すごく遠回りですが引越しの荷物(クロネコさんの単身パックから
あぶれ出た荷物)をひっさげて、K野古道とN智大社、周辺のお社
へ行くことになりました。
旅なれた母はあれよあれよと言う間に宿を確保し、いきたい社と
観光スポットをググって決め、出だし快調に出発しました。


[ 2018/10/20 20:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議体験】確かに俺たちが見た暴行現場
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/10/20 12:01 ] 不思議な話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?352
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1537031148/


309 :本当にあった怖い名無し:2018/10/06(土) 21:24:37.75 ID:Ee6xruRq0.net

友人が転勤で引っ越したのでせっかくなので書いてみる

俺らには盆休みに友人A宅に集まって宅飲みして花火を見て泊まるという恒例行事があった
Aのアパートは10階建ての8階でそのベランダから花火大会の花火がよく見える絶好のスポットだった
なので高校の時の友人達でその花火大会の日は集まろうという話になったのである

その年も集まろうという事で家主のA、体育会系のB、唯一地元を離れてたまに参加できないC、俺の4人で集まった
18時ぐらいから買い出しして飲みながら花火開始の時間を待ち
開始時間が近づくと各々が好きな酒とつまみを皿に適当に盛ってベランダに出て花火を見ながらさらに飲んだ

花火もフィナーレに近づいて派手さがドンドン増していく時にふいにCが俺の肩を叩いてきた
あと5分ぐらい待ってくれよと思いながら振り向くとCがベランダの外の斜め下を指さしながらニヤついてた
Cの指さす方向を見てみると向かいのマンションの部屋が見えた
カーテンをしてないし俺たちの位置よりちょっと下なので部屋の中が丸見えだった
そこには男と女が向かい合って立っていた
他の2人も気づき4人は興奮しながら少し身を屈めて隠れながら覗いた
祭りの夜だしこれはもしかしたらエロい事が起こるんじゃないか?と期待していた
酒も入っているのでみんな「さっさと押し倒しちゃえよ」「なにやってんだヘタレ野郎」と好き勝手に言っていた

そしてついに男が動いた
しかしそれは俺たちが期待していた内容とは全く違っていた
男が女を思いっきり殴ったのだ
女は吹っ飛び気絶したのか全く動かない


310 :本当にあった怖い名無し:2018/10/06(土) 21:25:29.32 ID:Ee6xruRq0.net

俺たちはみんな唖然として「ええ~…」「やべぇよやべぇよ」言ってた
みんなでドン引きしてるとさらに男は倒れてる女の頭を何度も何度も踏みつけ始めた
俺たちはもうパニックだった
A「ヤベーって!マジで死ぬって!」
C「警察と救急車呼べ!」
Aが携帯で向かいのマンションで女が男に殺されかけてると110通報した
犯行現場の場所を聞かれたのでみんなで部屋の窓を数えて警察に伝えた
「下から6個目でエレベーター側から3個目の窓なんで603号室だと思います!」

向こうのマンションに入ったことはなかったが位置口の向きはAのアパートと同じ側にあるから
たぶんエレベーターのある位置も大体同じだろうという推理だった

通報し終わった途端Bが「俺行ってくる!」って飛び出そうとしたのをAと俺で必死に止めたが聞かないので
・男が逃走しないかマンションの外で見張るだけ
・警察に任せて絶対に接触しない
・相手が車やバイクの時はナンバーを覚えるだけで止めようとしない
この3つだけは絶対守れと約束させてBを行かせた

Bの騒動でやれやれと思っていたらベランダで監視を続けていたCが「あ!消えた!」と叫んだ
見てみると部屋の電気が消されて真っ暗になりなにも見えなくなってしまった
これは男が逃走するのではないかと慌ててBに電話すると今1階に降りたところだと言う
俺「今部屋の電気が消えたからもしかしたら今から犯人が逃げるかもしれないから気を付けろ」
するとBが予想外の事を言い出した
B「入ってエレベーター確認するわ!大丈夫、6階まで行ってその後1階まで降りてくるまで早くても1分以上かかるだろ?それだけあれば余裕で脱出できる」
確かにBの言う理屈は分かる
B「お前らは階段の方を監視してくれ!このまま通話しとくからもし階段から人が降り始めたら教えてくれ!逃げるから」
向かいのマンションはエレベーターがあるであろう場所とは逆側に階段があるが人が降りればすぐにわかる
一応胸ぐらいまである結構高い壁があって犯人が用心してしゃがみながら降りれば見えないが
3階、2階の辺りになると8階から見ればほとんど上から覗いてるようなものでとても気づかれずに降りれそうもない


311 :本当にあった怖い名無し:2018/10/06(土) 21:26:50.96 ID:Ee6xruRq0.net

階段の見張りを了承したところでBもエレベーター前に着いたようだ
B「今エレベーターは3階に止まってるからまだ逃げてないようだ」

みんなでジッと階段を監視してるとパトカーが3台サイレンを鳴らしながら到着した
なんて早さだ
花火大会の警戒態勢と会場の近さのおかげか5分ぐらいで警察が来てくれて俺たちはホッとした
逃げてる様子もないし後は警察が踏み込んで現行犯で一件落着である

ピンポーン
オートロックのエントランスのチャイムが鳴った
警察が来たしBが戻ってきたのだろうと出てみたら警察だった
警官「通報した人たちですか?」

警官を部屋に招き入れたらBも一緒に帰ってきた
警官が犯行の様子とかを詳しく教えてくれと言うのでみんなで最初から全部説明して
エレベーターも階段も監視してたからたぶんまだ部屋にいると思うという事も伝えた
なるほどなるほどとメモを取っていた警官に無線が入ったようだ
警官「はい・・・はい・・・え?・・・はい、わかりました了解です」
警官の顔があきらかに不機嫌なものになっている
どうかしたんですか?と聞いてみると
警官「あのねー応答がないから今管理人の人と入ったらしいけど怪我人どころか誰もいなかったらしいよ!」
予想外に返答にみんなが「え?え?」と理解が追い付いていなかった

みんなでベランダに出て向かいのマンションを見る
部屋に電気がついて警官の姿が見えた
下から6個目、エレベーター側から3個目、絶対にあの部屋だ
全員で何度も数えなおしたがあの部屋で間違い事を警官に伝えた

「エレベーターも階段も使ってないのにあの部屋にいないってことは犯人は同じ階の人間ですよ!」とか警官に言ったが
警官は無線で何度かやり取りしてたが明らかに酔っぱらった奴らのいたずらという空気になっていた
「みんなお酒はほどほどにしないとだめだよ」とか嫌味を言われてしばらくしたら警察は撤収してしまった


312 :本当にあった怖い名無し:2018/10/06(土) 21:27:29.43 ID:Ee6xruRq0.net

みんな納得いかない顔でしばらく文句を言っていたがAの家で寝た
次の日一応迷惑かけてしまったから向こうの管理人に謝罪に行ったほうがいいんじゃないか?って事になって10時ぐらいに管理人室に向かった
管理人はちょっと文句を言ってきたけどそこまで怒ってなかったようで一安心した
管理人「確かにあの部屋には男の人が住んでるけどね。契約の時の連絡先に電話したらお盆だから実家の宮崎に帰省中だったよ。合鍵を持ってる知人もいないらしい」
どうやら本当に昨日のあの部屋は無人だったらしい
だとしたら俺たちが見たあの事件はなんだったんだ?
酒のせいで幻覚を見てた?でも4人全員が全く同じものを見てるなんておかしい
その年以降も毎年盆休みの花火大会で集まるたびにあの部屋を見るけど毎年帰省する人なのか電気がついていたことはない
Aが引っ越してしまったから来年からこの恒例行事がどうなるのかまだ決まってないけどあの部屋を覗くのは今年が最後になるだろう
そんな狐につままれたような不思議な体験談です


[ 2018/10/20 12:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

忘れられない女の子の記憶
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/10/19 18:44 ] 不思議な話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?352
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1537031148/


294 :本当にあった怖い名無し:2018/10/05(金) 14:22:09.86 ID:YXGSsKnr0.net
1/4

忘れられない記憶がある。
小学生の時の話だ。

我が家は毎年二回、田舎にある祖父母の家に帰省していた。
別に誰かが特別行きたがっていた訳では無いが、一応孫の顔を見せに行っていたのだ。
俺には兄弟がいなかったので、特に遊びようの無いその田舎があまり好きではなかった。
あれは、小学一年生の時だと思う。
庭で1人で遊んでいると、女の子が現れたのだ。
とても綺麗な服を着ていて、にっこりと笑っている。
おそらく同年代くらいの子で、庭にある腰くらいの高さの柵の向こうに立って、遊んでいる俺を見ていた。
1人で遊ぶのにも飽きていたので、俺は迷わず声をかけた。
「一緒に、遊ぶ?」
返事は無かった。
俺はまた1人で遊び始め、気がつくと彼女はいなくなっていた。


295 :本当にあった怖い名無し:2018/10/05(金) 14:22:49.87 ID:YXGSsKnr0.net
2/4

翌日、その日はあいにくの雨が降っており、俺は使われていない和室で図鑑を眺めていた。
祖父母の家には何やら小難しい本がいっぱいあったのだが、その中で唯一子供でも楽しめそうな物は図鑑しかなかった。
それにも飽きて縁側に腰掛けたままぼーっとしていると、また女の子が現れた。
昨日と同じ様に柵の向こう側に立っていた。
その次の日も、そのまた次の日も、その子は俺の前に現れた。
今思えば、あれが俺の初恋なんだと思う。
隣近所に家は無かったが、俺が遊んでいると必ず彼女は現れた。
庭に入ってくる事も無く、俺に声をかける事も、俺の声に反応する事もなく、ただにっこりと笑ってそこに立っていた。
「遊ぼうよ」
「名前はなんていうの?」
「僕東京から来てるんだ」
「今はお母さん達お買い物に行ってるから、入っても大丈夫だよ」
いくら声をかけてもピクリともせず、ニコニコと笑ってそこに立っていた。


297 :本当にあった怖い名無し:2018/10/05(金) 14:23:24.23 ID:YXGSsKnr0.net
3/4

祖父母の家を離れる日が近づいてきたある日、理由は忘れたが俺は母親にこっぴどく叱られていた。
1人泣きながら庭に駆け込み、辺り構わず八つ当たりをしまくっていた。
そこら辺にあった石を地面に投げつけたり、枝を折ったりしながら大声を上げていると、例のごとく柵の向こうに立っている女の子が目に入った。
今までと変わらない素敵な笑顔で、俺を眺めている。
この時、初めてこの子を怖いと思った。
こんなに泣いている、こんなに大声を上げている人を目の前にして、眉毛1つ動かさないその子に、一切の感情を感じなかったのである。
気がつくと涙は止まり、じわじわと別の感情が湧き出していた。
一歩、二歩と彼女に近づいていく。
柵越しに彼女の目の前に立ち、俺は声をかけた。
「君は、誰?」


298 :本当にあった怖い名無し:2018/10/05(金) 14:23:45.49 ID:YXGSsKnr0.net
4/4


返事はない。
「誰なの?」
少し震えた声で聞いた。
やはり返事はない。
「誰なんだよお」
ほとんど半ベソだった気がする。
彼女は初めて見た時と全く変わらない、驚くほど綺麗な笑顔で、俺の目の前にいる。
「ねえ」
俺は耐えられなくなり、彼女の肩を掴んだ。
「……!」
掴んだ肩のあまりの冷たさに、俺は思わず後ずさった。
「君は…人間なの…?」
自分でも思わなかった言葉が口をついて出てきた。
しかしそれは、目の前の存在に対して俺が持っている、最も大きな疑問だったのかもしれない。
その時、いつもと変わらない、とても綺麗な、一点の曇りすらない笑顔を浮かべたまま、彼女は初めて口を開いた。
「お前に決めた」
驚くほど美しい顔に似つかわしくない、老人のような声だった。

その後、どのようにして部屋に戻ったのか、どのようにして母親に許しを請うたのか、よく思い出せないでいる。
ただ、彼女はそれ以来、二度と俺の前には現れなかった。


[ 2018/10/19 18:44 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

川から聞こえる呼び声
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/10/19 12:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?352
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1537031148/


255 :本当にあった怖い名無し:2018/09/30(日) 21:26:58.96 ID:yL5AA1kr0.net
学校の裏手に川が流れている
深さ1m幅3m位の大したことない川だ
これが、大雨や台風の時なんかに大増水して
深さ4m幅6m位の濁流になる

豹変する原因はもう少し先にあるもう一つの同程度の川と合流する事
更にその先にあるちょっとしたダムがあるせいで
処理量を超えた水が溜まっていき、増水・氾濫するという具合だ

とある台風や大雨が降り続けた頃の話
雨脚が弱まり、いよいよ止むかもしれないという頃
まだ暗い朝4時頃、川の周りに田んぼを持つ人が心配になり
川の様子を見に来た
雨脚は弱いがザーと降り続け、
川は増水しどこともなくゴーと室外機のような音が聞こえる
激流となりうねった川から傍の道に時たま水が溢れている


256 :本当にあった怖い名無し:2018/09/30(日) 21:29:21.38 ID:yL5AA1kr0.net
ひとしきり川の様子を見たその人は帰ろうとすると
「おーい」
と誰か呼ぶ声が聞こえた気がした
不思議に思い辺りを見渡したが
視野が暗い中人影はおろか、動物の気配さえ感じない
そもそもこんな時間・場所で音が入り乱れる中
人の声が聞こえるはずなどありはしないと
その人は帰ってしまった

空が白む5時頃
その人は日課のランニングで川に来た
天気・川の様子は相変わらずだが
その人も
「おーい」
と呼び声を聞いた
声が気になり、声のする方へ向かったが
声が大きくよりはっきり聴こえるが
ついに正体を突き止める事は出来なかった
その人は気味悪くなり、その場を後にした


257 :本当にあった怖い名無し:2018/09/30(日) 21:30:58.45 ID:yL5AA1kr0.net
明け方6時頃
単に川の様子が気になった人がいた
川に近づくと
「おーい」
と呼び声を聞いた
声のする方へ向かうと
対岸の川岸に子供の顔を認めた
その人は子供が溺れてると思い、身を乗り出すが
いくつかおかしい事に気づいた

まず、子供が笑っているのである
溺れているのにそんな余裕はないだろうと思った
次に、子供の顔はあるのに体が一向に見えない
うねった川は波打つため微妙に水位が上下するのに
まるで、浮きのように顔が水位と共に上下する
最後に、声こそするが口が動いてない
そもそも「おーい」という声も緊迫感が感じられない
何の感情もなく大きな独り言を言っている感じだ

それらを鑑みて、その人は
「アレはこの世の者ではない」と見切りを付け、踵を返した
その人がその場を離れる時も後ろでずっと
「おーい」
と変わらぬ様子でそれは呼び続けていたそうだ


258 :本当にあった怖い名無し:2018/09/30(日) 21:40:42.73 ID:yL5AA1kr0.net
なぜこんな話達が広まったかと言うと
ダムから男の子の遺体が上がったからだ

朝の段階ではは色々な漂流物に交じってマネキンがあるという話だったが
昼頃警察の調査により判明した
遺体には漂流物により付けられた傷がたくさんあり
その子は長い事そこにいた事を伺わせている

溺れた子説が否定されたため
その子も前述のソレに遭遇し、引きずり込まれた
のではないかと憶測がされている

そして、今でもその川から時たま何かを呼ぶ声がする話がある


終わり


[ 2018/10/19 12:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

つい先日、弟が体験した話です。そんな強烈に怖い話ではありませんが・・・。
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/10/18 19:04 ] 怖い話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 132
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1537680088/


89 :本当にあった怖い名無し:2018/10/08(月) 12:25:13.60 ID:fe20iYCw0.net
いつもまとめサイトとかで読むばかりで、今回初めて書かせて頂きます。
つい先日、弟が体験した話です。そんな強烈に怖い話ではありませんが・・・。

台風25号が接近し、天気のコンディションが微妙だったその日。弟は、彼女と彼女の妹さんの3人でドライブに出かけました。
向かった場所は、三重県伊勢市にある朝熊山(あさまやま)という山です。
山頂に金剛證寺(こんごうしょうじ)というお寺があり、結構見晴らしが良い所なので、それを目当てのドライブでした。
どうにか天気は持ちそうだったのですが、山には霧がかかっていたそうです。

ちなみにこの3人、弟と彼女はほぼ零感で、彼女の妹さんが霊感という程ではないものの、何かを感じるくらいは
出来る・・・というメンバーです。
ドライブ中、最初に異変を感じたのは、やはり妹さんでした。霧がかかる山道を車で進んでいくにつれ、ソワソワ
し始めたそうです。目的地へ向かう途中にも展望台があり、そこで一旦車を停めました。何か嫌な感じがするので、
引き返した方がいいのでは、と妹さんが提案してきたそうです。
霧がかかっているとは言え、運転出来ない程じゃないし、せっかくここまで来たから行けるところまでは行ってみよう、と弟。
とりあえずその場は弟の意見が通り、ドライブを続けたそうですが、山を登り続ける内に、弟も何となく嫌な気分になっていったそうです。
彼女だけは別段何ともなさそうだったとか。
そうこうしている内に、山頂が近付いてきました。相変わらず周囲は霧が立ち込めており、視界は白っぽい世界に包まれて
いたそうです。


90 :本当にあった怖い名無し:2018/10/08(月) 12:25:32.77 ID:fe20iYCw0.net
続きです。

駐車場に入る最後のカーブを曲った所で、異変が起きました。
それまでと一転し、辺りが急激に暗くなったそうです。雨が降り出したわけではありません。白い世界から黒い世界へ、一気に
豹変したような感じだったとか。どう表現したらいいか難しいですが、雨の日の夕方のような暗さだと、弟は思ったそうです。
それと共に、それまで何となく嫌な感じがしていただけの弟も、これはヤバいとはっきり感じ取りました。彼女も同じような反応を
示したそうです。そして、彼女の妹さんはと言うと、山頂に到着した時点で極度に怖がりだし、若干のパニック状態に。

車から降りようものなら、何が起こるか分からいような雰囲気。弟はすぐさま車を発進させ、下山を開始。その間も、妹さんの
パニック状態は収まりません。運転中、1回不意にハンドルを取られた弟も、パニックになってしまいそうだったとか。

すると突然、妹さんが

「火はありませんか?」

と言ったそうです。弟は喫煙者ではないのですが、たまたま車にライターがありました。適当な場所に車を停めて、ライターで
火を灯しました。その瞬間、何とも言えないホッとした空気に包まれたそうです。火は魔除けになるらしく、どうにかこの空気を
打破したかった妹さんが、とっさにそれを思い出したとの事でした。

束の間安堵したところで、下山再開。一刻も早く山から離れたい一心で、弟は可能な限り速く車を飛ばしました。
そして、どうにか無事に山を下りる事が出来たそうです。
下山が完了したあと、麓から山を眺めてみると、特に山頂付近が不気味に真っ黒い様相を呈していたそうです。
もし山頂にそのまま長く留まっていたら、絶対に良くない事になっていただろうと、3人でまたゾッとしたそうです。

朝熊山は霊場ですので、天気のあまりよくない日にそういう場所へ行った事から、今回の出来事は起こったのでしょうか・・・。
この後、弟・彼女・彼女の妹さんの3人とも、特別何かが起こったりはしていないそうです。


92 :本当にあった怖い名無し:2018/10/08(月) 13:44:48.62 ID:ipNWR/IjO.net
>>90
朝熊山はお伊勢さんの鬼門だな
何かの脅威から神宮を守っていたのかもしれないよ


[ 2018/10/18 19:04 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

弟に呪われた兄
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/10/16 20:01 ] 不思議な話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 132
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1537680088/


46 :本当にあった怖い名無し:2018/09/30(日) 11:17:04.36 ID:0TYwJ7gT0.net
自分はアラフィフのオッサンで10歳離れた兄がいる
俺と幼なじみの四太郎(仮)、兄と四太郎の兄一太郎(仮)が同級生
うちは兄と俺の間にもう一人いたんだが亡くなったので年が離れている
一太郎の家は四人兄弟で間に二太郎と三太郎がいる

一太郎は頭も顔も性格も良くて二、三太郎は目立たず四太郎は出がらしっぽかったが
面白い奴だったのでよく一緒に遊んだ
多少手のかかる問題児ではあったと思う
四太郎はうちで遊んでいる時よく「一太郎はすぐ暴力をふるう」と言っていたが
嘘ではないだろうが大げさに言ってるなと思ってた

ある日四太郎の家で遊んでいたら一太郎が突然部屋に入ってきて
四太郎に殴る蹴るの暴行を加えスッキリした顔で出て行った
顔とか目につく場所は避けていて親も知らないのかと思ったら
訴えた事はあるが親は信じてくれなかったと四太郎は言った
自分も兄にこの話をしたけど信じてもらえなかった
小学生の頃の話


47 :本当にあった怖い名無し:2018/09/30(日) 11:17:32.96 ID:0TYwJ7gT0.net
四太郎は中学を卒業したら働いて家を出たいと言っていたが両親に猛反対され
高校卒業までは家にいた
卒業後四太郎とは年賀状のやりとりだけが続いたが互いの結婚が決まった時は一緒に飲んだ

そのうち太郎家両親が亡くなり俺と兄はお葬式に出た
その時四太郎は幼い頃の恨み言を少々と自分が死んだら呪ってやる的な事を一太郎に言ったらしい
一太郎は俯いて聞いていたと思う

数年前に四太郎が病死して、一太郎家に次々と謎の不幸(?)が起きたらしい
主に子供や孫に
兄から連絡が来て四太郎のお墓の場所を聞かれたんだけど散骨だった事を教えた
(というか兄弟が知らないなんて事あるのか?)
そして上記の謎の不幸の事を聞いた
一太郎はかなり反省してたらしい
自分の子供が産まれた時、とてもいとおしいと思った事
そして自分の罪深さに気づいた事
親の葬式の時四太郎に謝りたかったができなかった事(プライドの問題?)
墓に行って謝りたいがそれも無理なのかと嘆いていたらしい(兄談)


48 :本当にあった怖い名無し:2018/09/30(日) 11:21:45.33 ID:0TYwJ7gT0.net
先日どういう伝手か知らないが霊能力者の人を介して四太郎に謝ろうとしたらしい
そうしたら霊能力者の人に
「四太郎さん、きれいに上がっていますよ。幸せな結婚生活を送られていたようですね」という様な事を言われたそうな
謎の不幸は謎のまま続行中(兄談)


[ 2018/10/16 20:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

ありがとう関西弁の謎の幽霊
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/10/16 12:01 ] 心霊笑える話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 132
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1537680088/


26 :本当にあった怖い名無し:2018/09/24(月) 15:21:39.91 ID:1n0vkuno0.net
1/2
自分が大学生の時の話なんだけど
季節は窓を開けたら気持ちいい風が入ってきてたから春か秋だと思う

その日は土曜日で日曜日に当時好きだった女の子が一人で遊びに来るという事で朝から気合入れて部屋の掃除をしてた
途中昼飯食べたりしながら14時ぐらいには掃除が終わって干してた布団も取り込んでまったりしてた。
ベッドに横になりながら「この部屋こんなに広かったのか~」とか「明日なんとかあの子と一線超えれないかなー」とかボーっとしてた

何十分そうしてたかわからないがウトウトした時に鼓膜が急にヴヴヴヴヴヴと振動するような感覚に襲われた
自分はいきなりの事で「え?え?なに?」と焦って起きようとしたら動けないし目もあけれない事に気が付いた
その間もずっと鼓膜が振動するような感覚が続いていてこれが耳鳴りってやつなのか?とか考えてたら
ヴヴヴヴヴヴという音がだんだんダダダダダダダって音に変わってきた
音だけじゃない?
ダダダダダダという音に合わせて床が振動してる感じがする
まさに誰かが自分のそばで走っているような感じ


27 :本当にあった怖い名無し:2018/09/24(月) 15:22:24.08 ID:1n0vkuno0.net
2/2
自分の家の間取りは1Kで玄関入ったらすぐ横にキッチン、その奥の左右に風呂とトイレ、さらに進んでリビングというごく普通の間取りなんだけど
自分は部屋の隅にベッドを置いて玄関側に頭を向けて寝ていた
頭のそばのそいつはダダダダ!ダダダダ!と玄関と枕元を何度も何度も往復してた

なんとか金縛りから抜け出そうと頑張っていたら急に耳元でテレビの暴力団インタビューとかの音声加工みたいなものすごく低い声で

「はよせな」

そう聞こえた時急に気配が消えて目を開けて起き上がれた
はよせなってなんだ?早くしろって事か?なんで関西弁?ここ宮崎なんだが」と混乱したが
とりあえず奴が往復してた辺りをチェックするがさっき掃除したばかりでどこもきれいだ
ふと、玄関ドアについてるメールボックスを思い出した
主要な配達物は1階エントランスの集合ボックスに入っててドアのメールボックスはDMばかりだからずっと無視してた

開けてみるとピザやマンション広告などDMの束の中に見慣れた紙が入ってるのに気が付いた
宅配便の不在伝票だ
見てみると保管期限が明日までだった
かなり前に応募した懸賞が当たってて当選者は発表を持ってかえさせていただきますって奴だったから全然知らなかった

あの謎の存在がいなければ気づくことはなかっただろう
ありがとう関西弁の謎の幽霊


28 :本当にあった怖い名無し:2018/09/24(月) 15:34:10.38 ID:JspD43Tr0.net
何が当たったのか気になる


29 :本当にあった怖い名無し:2018/09/24(月) 16:27:33.88 ID:AYLLz1t00.net
なんや。ええ話やんか
何が当たったか気になるし、友達?とはどうなった


30 :本当にあった怖い名無し:2018/09/24(月) 16:30:56.73 ID:1n0vkuno0.net
>>28
某アニメ雑誌の懸賞で好きだったアニメのメイン声優陣のサイン入り台本でした
本当にあとで発見してたらもの凄く後悔してたと思うので本当にあの謎の存在には感謝してます


32 :本当にあった怖い名無し:2018/09/24(月) 16:32:19.03 ID:1n0vkuno0.net
>>29
好きだった子は社会人の恋人がすでにいたことが後に発覚しました・・・


33 :本当にあった怖い名無し:2018/09/24(月) 16:33:38.25 ID:1Wnyb53o0.net
懸賞に当たったことに運を使ってしまったのか


36 :本当にあった怖い名無し:2018/09/25(火) 10:58:19.80 ID:mPGkxNJb0.net
「はよせな」わろた


[ 2018/10/16 12:01 ] 心霊笑える話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【恐怖体験】母「今日ね、絶対北枕で寝ないでよ」
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/10/15 20:01 ] 怖い話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 131
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1531051499/


953 :本当にあった怖い名無し:2018/09/12(水) 02:46:17.37 ID:23bN49zv0.net
怖いのかわかんないけど、もやもやしてるから書き込みます。
掲示板初だから変なことしてたらごめん。

中二の時、ベッドが壊れて一週間だけ布団で寝ることになった。
三日ぐらいたった日、母に「今日ね、絶対北枕で寝ないでよ」って言われた。

その日だけってのが気になったし俺もできればそうしたかったんだけど
寝る前に充電つなぎながら長時間携帯見るってのが習慣っていうか楽しみになってて
コンセントの近くじゃないと寝られなかった。そのために家具の配置上どうしても北枕にしないといけなくて

母の忠告は気になったけど 携帯>怖さだった俺は北枕で寝ることにした。
配置的には部屋の真ん中らへん。そこに仰向けになって寝てたんだけど
明け方(三時くらい)急に首に圧迫感を感じて起きた。だけど体は動かないわ、部屋は暗いわで何が起きてるかわからない。


954 :本当にあった怖い名無し:2018/09/12(水) 02:47:25.66 ID:23bN49zv0.net
息ができなくなって、やばい、死ぬって思った時だった
威嚇する猫の声がした。多分、飼ってる黒猫の声。その時首の圧迫感が消えた。

その後「あんたらも間違えるときはある、気をつけて」という男性の声が聞こえた後、動けるようになった。
電気つけると黒猫が元気よくすり寄ってきて、めちゃくちゃ安心したのを覚えてる。

それから5日くらい経った日、出かけるときに喪服の行列を見かけた。
友人曰く近所の男性が自殺したとのことだった。

最近知った話なんだけど、ご遺体を寝かせるときは北に頭を向けて、仰向けで寝かせるらしい。
だからあの日俺は何かに死んだ人間と間違われたのかもしれない。

あれが現実だったのかは置いといて、俺はそれまで死んだら消えるだけって思ってたんだけど実際はどうなんだろう。
それから俺が一番気になってることがある。

なんで母はその日だけ北枕にするなって言ったんだろう。
長いし怖くなくてごめん、ちなみにあれから俺は北枕で寝ないようにしてます。


[ 2018/10/15 20:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

小さなころ、お祖父ちゃんにぼっとん便所のお化けの話をきいたことがある
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/10/15 12:01 ] 心霊笑える話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 131
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1531051499/


826 :本当にあった怖い名無し:2018/08/30(木) 00:15:50.17 ID:gbeXpJSo0.net
小さなころ、お祖父ちゃんにぼっとん便所のお化けの話をきいたことがある。
月夜の晩に酔って帰ってきたら、もよおしたので離れのぼっとん便所で用を足していた。
田舎では汲み取り用に昭和中頃まで母屋と便所が離れているところも珍しくはなかった。
すると、下からニュと手が伸びてきて、お爺ちゃんの金玉を鷲掴みにした。
とんでもない痛みに便所から飛び出して、祖父ちゃんは地べたを転げまわった。
それ以来、祖父ちゃんはどんなに酔っていても下を確認してから、ぼっとん便所を使うようになったとのこと。

それをお祖父ちゃんの一周忌に祖母に話すと、ニカリと笑ってこういうのだ。
村々に出向いては宿に泊まって商売する売女が昔はどこにでもいた。
祖父さんも客の一人だった。女がくると昼からソワソワして金がなくなるからすぐに分かったという。
ある日、頭にきたので爺が便所にはいったところを汲み取り式のわきの穴からのぞくと情けないフグリが見えた。
そこを竹竿で一突きしてやったというオチだ。
股を押さえて転げまわっているさま見て、溜飲がすこし下がった想いだったという。
それでも女遊びは収まることなく、ちょくちょくは遊びに行っていたらしいが。
お祖父ちゃんのこと嫌いだったかときくと、嫌いだったねぇと笑いながらお祖母ちゃんは言った。
そんな話。


827 :本当にあった怖い名無し:2018/08/30(木) 00:40:12.07 ID:lsQHFv7a0.net
>>826
祖母ちゃんGj w


[ 2018/10/15 12:01 ] 心霊笑える話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

京都にある縁切り神社に行ってきた。私に害を成す者(毒親)と縁を切れるよう願ってきた
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/10/14 17:17 ] 不思議な話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 131
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1531051499/


798 :本当にあった怖い名無し:2018/08/29(水) 03:03:15.76 ID:eu5wFLBlO.net
京都にある縁切り神社に行ってきた。
私に害を成す者(毒親)と縁を切れるよう願ってきた。
その後、毒親を放置してた要介護の祖父と祖母が相次いで苦しまず亡くなり、世話をしてた老猫もあくびをしたあとそのまま目覚めなかった。
自分が世話をしなければいけない者たちが相次いで亡くなり、同棲に乗り気じゃなかった遠距離の彼氏が、毒親から逃げ出すなら今だろとマンションを契約し、住民票もアッサリロック出来て無事逃げ出せて今はとても幸せに暮らせてる。
そして親戚から毒親が癌になったと知らせがあった。
乳ガンだから生存率は7割あるけどこのまま死んでくれる事を願う。
それにしてもご利益?が凄すぎてちょっと怖い。


800 :本当にあった怖い名無し:2018/08/29(水) 05:14:45.58 ID:auLDU9RW0.net
住民票のロックってどういうこと?


802 :本当にあった怖い名無し:2018/08/29(水) 06:08:04.29 ID:860OkLCeO.net
「住民票 ロック」でググりゃ閲覧制限のことだと容易に知れる
>>800
DVやストーカーから逃げ出した被害者を守るために、住民票や戸籍に閲覧制限をかけて追跡できないようにする仕組み


803 :本当にあった怖い名無し:2018/08/29(水) 06:37:57.52 ID:eu5wFLBlO.net
>>800
>>802さんの言う通り
DVや虐待相手から引っ越し先がバレ無いように。
地域によってやり方は違うのかな?
自分は先に警察に録音や録画データ見せて失踪届けを出され無いよう手配して貰って、危害の可能性有りと判断された書類を貰って役所で親族でも住民票が見えないようにして貰った。


804 :本当にあった怖い名無し:2018/08/29(水) 06:49:47.37 ID:Qm2S/LZS0.net
へー 勉強になったわ


805 :本当にあった怖い名無し:2018/08/29(水) 07:03:48.22 ID:eu5wFLBlO.net
>>804
勿論、借金作って借金取りから逃げたいからとかって理由は通らないと思う。
あんまり報道されないけど、DV夫から逃げて戸籍ロックした先の住所をうっかり役所や裁判所の手違いで漏らしてしまったニュースとか見た事無いかな?
まぁ出来る事なら戸籍ロックするような事態にはなって欲しくないよねw


806 :本当にあった怖い名無し:2018/08/29(水) 07:19:22.19 ID:ekjDXjco0.net
何されてそんなことになったのかそっちの方がいろいろ怖そう


807 :本当にあった怖い名無し:2018/08/29(水) 07:51:52.77 ID:eu5wFLBlO.net
>>806
私が親にされた事?
ベタな虐待よ。肉体的にも精神的にも。
母親(というのも嫌だが)が、金持ちのボンボンgetする為に乱パに参加→種get→私オギャー→金持ちのボン責任取って結婚→ヒス持ちの母親が本性表して離婚。
からの虐待開始。
クシャミしただけで、ビックリさせやがって!と殴る蹴るの応酬。勿論毎日ヒスりまくり。
家事は全部私。当然感謝の言葉も無い。
遊びに来た友達はみんな母親のヒスや暴力を目の当たりにしてボッチに。
遠距離の恋人と暮らそうとしてたら、家事介護奴隷のお前が家を出るなら彼氏もろとも殺すぞと言われた。
2、3度逃げたけど住民票のロックの事を知らず連れ戻され、私が死ぬか親を殺すかの精神状態の時に縁切り神社に行った。


808 :本当にあった怖い名無し:2018/08/29(水) 08:05:03.85 ID:860OkLCeO.net
>>807
壮絶な人生を送ってきたんだな…簡単には言えないが、乙、神社のご利益すごいや
今後の生活が穏やかでありますように


810 :本当にあった怖い名無し:2018/08/29(水) 10:05:44.75 ID:uDJwzFpY0.net
>>807
大変だったね
これからはその分も幸せにな~れ!


812 :本当にあった怖い名無し:2018/08/29(水) 11:05:35.20 ID:j28bXqBe0.net
>>798
その京都の縁切り寺ってどこ?
なんていう寺?
俺もそこに行ってお願いする。
悪縁を切りたい。


818 :本当にあった怖い名無し:2018/08/29(水) 13:41:17.82 ID:eu5wFLBlO.net
>>810
優しい御言葉ありがとうございます。
トイレ掃除したりご飯作っただけで大喜びしてくれる恋人が居てくれて幸せです。
>>812
安井さんです。
近日中にお礼参りに行ってきます。

※参照 - 安井金比羅宮


[ 2018/10/14 17:17 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加
管理人オススメ記事
去年の出来事
真夜中にナビにつられて知らない峠道を走ることになった
池沼Aと俺
田舎の古い民家を解体してたら床下から妙な物が出てきた

‐全ランキング表示‐ ブログパーツ
プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加




最新記事
1日に2回程死にかけた母の話 Nov 06, 2018
活力あふれる虚弱体質の母の話 Oct 20, 2018
【不思議体験】確かに俺たちが見た暴行現場 Oct 20, 2018
忘れられない女の子の記憶 Oct 19, 2018
川から聞こえる呼び声 Oct 19, 2018
つい先日、弟が体験した話です。そんな強烈に怖い話ではありませんが・・・。 Oct 18, 2018
弟に呪われた兄 Oct 16, 2018
ありがとう関西弁の謎の幽霊 Oct 16, 2018
【恐怖体験】母「今日ね、絶対北枕で寝ないでよ」 Oct 15, 2018
小さなころ、お祖父ちゃんにぼっとん便所のお化けの話をきいたことがある Oct 15, 2018
過去ログ +

2018年 11月 【1件】
2018年 10月 【10件】
2018年 09月 【10件】
2018年 08月 【10件】
2018年 07月 【11件】
2018年 06月 【10件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【10件】
2018年 03月 【10件】
2018年 02月 【10件】
2018年 01月 【12件】
2017年 12月 【9件】
2017年 11月 【8件】
2017年 10月 【13件】
2017年 09月 【13件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【10件】
2017年 04月 【10件】
2017年 03月 【10件】
2017年 02月 【11件】
2017年 01月 【10件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【8件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【13件】
2016年 06月 【16件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【13件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【13件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【12件】
2015年 05月 【16件】
2015年 04月 【14件】
2015年 03月 【27件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【25件】
2014年 12月 【26件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【20件】
2014年 09月 【18件】
2014年 08月 【20件】
2014年 07月 【25件】
2014年 06月 【21件】
2014年 05月 【18件】
2014年 04月 【17件】
2014年 03月 【16件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【22件】
2013年 10月 【10件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【13件】
2013年 07月 【10件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【5件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【6件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【7件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【8件】
2009年 07月 【21件】

アクセスランキング
LINK
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top