FC2ブログ

|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
ヘッドライン

高校生の頃、私は何故か家庭科の女の先生が大嫌いだった
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/12/26 12:01 ] 不思議な話 | CM(0)
不可解な体験、謎な話~enigma~ Part107
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1535326910/


612 :本当にあった怖い名無し:2018/12/20(木) 14:31:18.96 ID:ei5+U0g/0.net
後味の良くない話
高校生の頃、私は何故か家庭科の女の先生が大嫌いだった
何かされた訳でもないし授業の進め方も普通
見た目も普通のおばさん
強いて言うなら説明が淡々としてて退屈ってくらいだったけど家庭科だし仕方ないと思う
なのにその先生が教室に入ってくるとどうしようもなくイライラして辛かった
自分は当時一応真面目な生徒として通っていたんだけど
あまりに嫌すぎて家庭科の授業だけ抜け出すことさえあって友人たちに驚かれた
自分でも何故そこまでその先生の存在が嫌なのかわからなくて驚いていた
それでも先生に対する嫌悪の念は途絶えることがなく
まるで呪いのように先生に対して消えろ、消えてくれと念じていた
2ヶ月ほどした頃、その先生が学校を辞職した
学校の帰りに轢き逃げ事件を起こしたのだ
とはいえ、夜に道路で横たわっていた人に気づかず乗り上げてしまったというもので
それで殺人と言われるのも理不尽だろうという状況だった
乗り上げたのは先生一人じゃなかったし
あまりにも気の毒な話なのに
私はこれで先生と会わずに済むと安堵する気持ちを否定できなかった
本当に自分でも訳がわからない
偶然だと言われるのも承知しているけど
まるで自分がずっと消えてくれと願っていたからこんなことになったかのようで
今でも申し訳ない気持ちになる


617 :本当にあった怖い名無し:2018/12/21(金) 18:08:47.07 ID:MezJ96Rn0.net
>>612
ひき逃げってことは、乗り上げたのわかってて放置したってこと?


618 :本当にあった怖い名無し:2018/12/21(金) 20:34:34.50 ID:SyBv/EVu0.net
>>617
そう
何かに乗り上げたのは分かったが人とは思わなかったと供述してるとの話だった


620 :本当にあった怖い名無し:2018/12/22(土) 13:36:48.21 ID:jatZDKZu0.net
>>612
別に気にするこたないよ
どうしても「生理的に合わない」人間ってのは存在する
特に自分が何かをされたわけでもないのに見てると無性にイライラして、
「なんでこいつはこの世に存在することを許されてるんだろう」とか思っちゃうような人
>>612はその先生と致命的に相性が悪かったんだろう
轢き逃げに関しては先生も気の毒だったと思うけど、>>612と離れることができてよかったんじゃないかな


621 :本当にあった怖い名無し:2018/12/22(土) 13:39:31.67 ID:JyiFWUBV0.net
なんか前世で良からぬ因縁でもあったんじゃないか
仇同士だったとか
で、その先生は現世では何も悪いことしてないのに前世の報いを受けたと


[ 2018/12/26 12:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

うちのじいさんの知り合いで偉いお坊様がいて、生前に弟子を取った
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/12/25 20:01 ] 不思議な話 | CM(0)
不可解な体験、謎な話~enigma~ Part107
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1535326910/


624 :本当にあった怖い名無し:2018/12/23(日) 10:20:22.10 ID:EUSCPeBe0.net
うちのじいさんの知り合いで偉いお坊様がいて、生前に弟子を取った。弟子といっても正式に坊さんになるのではなくて、行き場のない霊感少年の面倒を見てるって感じだった。
茶髪にグラサンでピアスしてるような田舎の寺には場違いなにーちゃんだったけど、そして俺にはよくわからなかったが、やたら霊感が強くて日常生活でも浮いているから寺に来たらしかった。
当のお坊様が老衰で亡くなられたあともうちとの付き合いは続いていて、ちょくちょく遊びに来てたある日のこと。
にーちゃんがにこにこ笑いながら「本物」の心霊写真見たくない?って一枚の写真を出してきた。
俺もそういうのは好きだからわくわくしながら覗き込むと、なんの変哲もないうちのじいさんとばあさんが並んで立っているスナップ写真だ。
あやしいものはどこにも写りこんでいないじゃないか。でもなんでじいさんとばあさんは離れて立ってるんだ? この人ひとりぶんのスペースは?
って思いながらにーちゃんになにこれ?と問いただすと、大笑いしながら実は先生(亡くなったお坊様)も久しぶりにじいさんとばあさんに会いに来たから記念に撮った写真だ、本当に霊感のある人間じゃないとじいさんとばあさんの間に立っている先生は見えないんだ、と。
ふだんから冗談ばっかり言ってたやつだからからかわれたんだろーなーと思ったけど、もう20年くらい前の懐かしい思い出です。
いっしょにテレビの行方不明者捜索スペシャルなんかの特番見てて、真顔でこの人もう死んでるよ、この人は男と逃げたよ、とか淡々と話すのはちょっと怖かったなぁ。


[ 2018/12/25 20:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

曖昧な第三者の存在
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/12/25 13:46 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?352
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1537031148/


857 :本当にあった怖い名無し:2018/12/19(水) 23:55:31.57 ID:aUAUJ5u20.net
1/6

ある日、友人のAと2人で街を歩いていた。
2人とも都心近くに住んでいたので、自然と遊ぶ場所は人通りの多い駅の近辺になってしまう。
休日の昼間という事もあり、街は大勢の人でごった返していた。
いい加減人混みにうんざりしてしまったので、とりあえず近くにあった喫茶店に入って休憩をしていた。
コーヒーを飲みながら、一息つく。
このAという男だが、こいつは不思議な奴、というかただの変人で、よく訳のわからない話をしてよく俺を困惑させる男だった。
しかしこいつには何かおかしな力があるようで、変な所で妙な勘の良さを発揮したり、俺の考えている事を当ててしまったり、俺の地元に初めて来た時には「3年くらい前かな、ここで事故があったよね、それで女の子が1人亡くなってる」などと言い当ててしまうのだ。


858 :本当にあった怖い名無し:2018/12/20(木) 00:00:06.70 ID:vgFU5qdq0.net
2/6

まああらかじめ調べていたのかも知れないが、本人は「だって、そこに立ってるから」と言っている。
喫茶店の窓の外にはまだたくさんの人影が見える。
俺はふと思った事を口にした。
「最近こういう人混みに慣れちゃっててさ。街ですれ違う人の事をRPGの村人みたいな、ただそこにいるだけみたいに思っちゃいそうになるんだよね。でも実際全員に、住んでる家とか家族とか、昨日の晩飯何食べたかとか、人それぞれバラバラの生活を背負ってんだよな。」
Aはそれを聞いているのかいないのか、なんとも言えない顔をしてコーヒーを啜っていた。
ふと、Aが口を開いた。
「本当は、そうでもないんだよ」


860 :本当にあった怖い名無し:2018/12/20(木) 00:05:20.90 ID:vgFU5qdq0.net
3/6

俺は意味が分からず、「はあ?」とおかしな声が出た。
Aは語り出した。
「僕の知り合いに、こないだ恋人が出来たって奴がいるんだよ。その出会いのきっかけってのがさ、まあいわゆる出会い系サイトって奴だ。そういう出会い方をした人ってさ、知り合いや親に紹介する時。ちゃんと出会い方を事細かに説明する事って少ないよね。
大概の人は、「知り合いの知り合い」とか「友達の紹介で」とか曖昧な第三者を交えた説明をすると思う。まあ、ちゃんと説明する人もいるだろうけど、そういう事に対して偏見を持ってる人も多いからね。」
突然なんの話だ?
俺は話の行く先が全く分からず、ぽかんとしてしまった。
俺に構わず、Aは続ける。
「まあそんな事って、誰しも一度はあるんじゃないかな。長い説明を避けるために、あるいは故意に情報を隠すために。
曖昧な第三者の存在を持ち出す事はそれほど珍しい事じゃない。」


861 :本当にあった怖い名無し:2018/12/20(木) 00:06:08.19 ID:vgFU5qdq0.net
4/6

ああなるほど、まあそれなら俺にも経験がない事もない。
小学生の頃、親の貯金箱から少しずつ抜いた小銭を貯めてゲームソフトを買った時、「友達にもらった」とか言って誤魔化した事がある。
Aの言っている事の意味は何となく分かったが、さっきの話となんの関係があるのかは分からない。
「重要なのはその「第三者」が決して具体的ではなく、あくまで「友達」というステータスしか持っていない事だ。」
「はあ…」
未だに話の着地点が見えてこず、曖昧な返事しか出来なかった。
「知ってるかな、人が人の事を口に出した時に言葉に宿る、思念というか、思いみたいなのって、結構強いんだ。噂されるとくしゃみが出るなんて言うだろ。まあそんな物はただの迷信だけど、昔からそんな漠然とした認識は根付いているらしい。」


862 :本当にあった怖い名無し:2018/12/20(木) 00:06:40.16 ID:vgFU5qdq0.net
5/6

「だけど」
Aはコーヒーを一口啜ってから続けた。
「この「友達」の話の場合は、そう言った思いの行き先が無いんだ。大勢の人が口にしたその誰でもない誰かへの思念は、行き着く先もなく、この世を漂い続けている。」
少し、嫌な感じがした。
「こういう人が多い所だと、あまりにもそういう思念が沢山あるもんだから、たまに集まって、形を持っちゃう事があるみたいなんだ。」
Aは少しだけ微笑みながら続けた。
「そういう、形を持った思念の塊は、意思を持ってるのかどうかも分からないまま、ただ人の形をして、漂うように街を歩いているんだ。まあそんなに沢山じゃない、そこの通りくらいの人数だと、十数人が限度だと思う。」
ゾクっとした。
さっきまで歩いていた街を見る。もうそこが、人の世界には見えなくなっていた。
「たまにさ」
Aがまた口を開く。


863 :本当にあった怖い名無し:2018/12/20(木) 00:07:01.56 ID:vgFU5qdq0.net
6/6

「人混みを歩いてて、誰かと目が合うことがあるよね。そういう時たまに相手が、何か気づいたみたいな顔をする事がない?まるで知り合いに会った時みたいな。別に知り合いでもないのに。」
少しだけ、思い当たる節がある。
「そういう人って、実は人間じゃない場合が多いんだ。ただ君の「友達」という言葉から生まれた、そういう存在なんだよ」
Aはそう言って、コーヒーを飲み干した。
気味の悪い話だ、と思った。
こいつの話にはいつもなんの根拠もない。
「じゃあ、出ようか」
そう言って席を立つAに続いて、俺は喫茶店を出た。
なんの根拠も無いはずなのに
慣れたはずの人混みを、もう俺は顔を上げて歩く事が出来なかった。


[ 2018/12/25 13:46 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【謎体験】友人の母
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/12/20 20:01 ] 不思議な話 | CM(2)
なにか不思議な体験した人いる?
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1532005646/


67 :本当にあった怖い名無し:2018/07/20(金) 10:03:56.20 ID:/ugGv8KY0.net
大学で唯一出来た友人の実家に泊まりで遊びに行った。
晩御飯を食べながら大学周辺の話をしていると友人の母が言った。
「第一デパート知ってる?独身時代私そこでデパガやってたの。
暇な時4階の女子トイレ行ってみて。理由は行けばわかるから秘密」
回りくどい言い回しが引っかかったが第一デパートにさしたる用もないので
スルーしていた。数年後第一デパートが閉店する事になったので話を思い出した
私は4階のトイレに行くと使用中の個室ドアが開き友人の母が出てきた。
服装も当時のままで唖然としていると「ね?」と一言だけ残し去っていった
友人とは卒業後連絡を絶っていたので詳細は謎のままだ。


81 :本当にあった怖い名無し:2018/07/20(金) 13:25:55.35 ID:4GrTFiH+0.net
>>67
怖い…


[ 2018/12/20 20:01 ] 不思議な話 | CM(2) このエントリーをはてなブックマークに追加

俺に憑いてるモノの話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/12/20 12:01 ] 不思議な話 | CM(1)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?352
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1537031148/


764 :本当にあった怖い名無し:2018/11/27(火) 21:20:00.25 ID:eJFaaqjA0.net
あんまり怖くないかもだけど
俺に憑いてるモノの話

結構霊感というか力があるって言われてる今は知人の男性と初めて会った時、
君なんか面白いの憑けてるねって言われたんだよね。
んで俺が何が憑いてるんですかって聞いたら、「剣が一本見える」って言うんだよ。

凄い悪霊だとか物の怪でも憑いてるのかと身構えてた俺は拍子抜けしたんだけど
その男性曰く、

剣って言っても刀ではなくもっと古い時代の両刃の剣で、何かの神様の持ち物かもしくは神様自身の姿なんだそう。
でも本当に神様が憑いてるんじゃなくて力の一部というか分身というかそういう神様の廉価版?みたいなものが憑いてて
その剣が霊的に悪いものとか悪い気?から俺を守ってくれているらしい。
何でそんなに俺にサービスしてくれてるのかというと単純にその神様に気に入られてるからで、
小さい時からその神様が祭神の神社に通ってたからだとその男性は言ってた。

一応俺には心当たりがあって
今住んでる地域に引っ越す前は奈良のとある市に住んでて、分かる人には分かると思うけど歴史的に結構有名な神社が近くにあったもんでよく通ってたんだよね
多分そこの神様に気に入られたんだろうって事だそうだ。


765 :本当にあった怖い名無し:2018/11/27(火) 21:20:25.41 ID:eJFaaqjA0.net
あと結構アグレッシブな感じで俺を守ってくれてるそうで、分かり易く簡単に言うと仮面ライダーブ○ックRXのリ○ルケイン。
俺に憑いてる剣が俺に近づいてくる悪いものを察知すると、その悪いものにすごい速さで突き刺さって力を流し込む、
悪いものは神の力に耐えきれずチリも残さず爆散(本当にこう言ってた)するんだって。
すげぇ見たいんだけど俺霊感が本当にないから未だにお目にかかれてないのが本当に悔しい。
あと今一番可哀想な思いをしてるのが本来俺に元から憑いててくれた俺のご先祖様。
まあ俺の元々の守護霊なんだけど凄い肩身の狭い思いをしてるらしい。
そりゃ俺の体って狭いスペースに剥き身のリ○ルケインと同居とかしてたら気が気じゃないわなって思う。

んで最近の話になるんだけど、俺色々私生活に問題が起こって大分落ち込んでたのね。
見かねたじーちゃんばーちゃんが伊勢神宮にお参りに行こうって誘ってくれて旅行がてらお参りに行くことにしたの。
伊勢を色々見て回って最後に伊勢神宮に行った時、宇治橋歩いてたら内宮の方から光の矢?みたいな物が真っすぐ俺に飛んできて
俺を突き抜けて行ったんだよ。
その瞬間今までのネガティブ思考がバッと無くなって何とでもどうとでもなる!みたいな気持ちになれたんだよ

それから少しして前述の男性とお酒を飲む機会があって、その男性が俺を見た瞬間何か増えてるって笑いだしてさ。
訳を聞いたら件の剣の他に光の矢が追加されてて遠近両方に対応した防衛になってるらしいのね
何処で拾ってきたのって言われたから伊勢神宮に行ったって言ったら多分剣の神様が廉価版一つでは守りきれない事態に陥ってたらしく光の矢は応援?的な感じらしい。
これでほぼ大丈夫だろうけど更に肩身が狭くなった俺の守護霊が訴えかけるような眼差しで見つめてくるから凄い可哀想だって笑ってたよ
何か打つ手は無いかどうか聞いたんだけど、曰く俺が死ぬまではこのままらしいんでご先祖様には耐えてもらうしか無いらしい

すまねぇご先祖様、俺が死ぬまで我慢してくれ。


[ 2018/12/20 12:01 ] 不思議な話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

怖いと言うか、そんな事もあるんだなって思い出
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/12/19 16:58 ] 不思議な話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 133
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1544106805/


76 :本当にあった怖い名無し:2018/12/16(日) 18:27:29.99 ID:UyG7D5SC0.net
怖いと言うか、そんな事もあるんだなって思い出

俺の母の実家は寺である、そこでの話だが霊的な話じゃ無く
寺なもんで古く大きな木造建築だった訳だ(今は新しくなったので面影は無いが)
地方都市でド田舎では無いんだが、そういう建物だから
ネズミがまだまだ巣食っていたんだわ

そんでネズミが寝ているまだ小さな孫(俺にとってはイトコだな)の足を噛むって事で
婆ちゃんが憤慨し、意を決して駆除業者に依頼して大規模な駆除をする事になったんだ

それから駆除業者が来る日までに異変が起こった
婆ちゃんが朝起きると猛烈に臭い、匂いの元を確認すると
婆ちゃんのベッドの下がネズミの糞だらけ
まるで寺中のネズミが昨晩そこで糞をしたみたいな凄まじい有様
これが駆除が完了する日まで毎日起こった
不思議な事に犯行現場を目撃する事はついぞ出来なかったらしく
気を抜いて寝たら朝には糞まみれ・・・が続いたそうな

あれはネズミの抗議行動みたいなもんだったのかな
ひょっとするとあいつら人語を理解できるのかもしれないな、と
現住職の俺の叔父は婆ちゃんの昔話の中で語ってくれた

ちなみに婆ちゃんはその一連の事態から二十年近く元気だったので
祟りとかそういうのでは無かったみたいだ


[ 2018/12/19 16:58 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【不可解】ホームレスの癌がキレイに消えた
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/12/11 12:01 ] 不思議な話 | CM(0)
不可解な体験、謎な話~enigma~ Part107
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1535326910/


510 :本当にあった怖い名無し:2018/11/21(水) 19:34:02.49 ID:dtIoBVDA0.net
ある街でホームレスが死にかけていたので色々検査してみると
末期の癌でどう見ても余命3カ月が最長だと診断されて告知しに
行くと、逃げられてた。2年後、また同じ街で同じホームレスを
検査してみると、癌がキレイに消えていた。しかし、脳にピンポン
球の大きさの腫瘍が出来ていたので手術の告知に行ったら
また逃げられてた。が、運良く(?)居酒屋で無銭飲食で捕まった
と聞いて迎えに行って再検査すると、腫瘍がキレイサッパリ消えて
無くなってた。どういう事かな?とネイチャーで調べると、人は
告知されて初めてその病気かかるらしい。自覚がない、または
自覚あっても認めない・医師に認めさせなければどんな不治の病も
末期まで進行した後、突然全て消え去るという例は珍しくないという。
そのほとんどの例は社会的弱者ばかりで多くの遺体に痕跡が発見
され始めたのは2010年以降らしい。


511 :本当にあった怖い名無し:2018/11/21(水) 22:56:20.62 ID:eh+AOCyyO.net
病は気から、って言うもんな
…ちょっと違うか


512 :本当にあった怖い名無し:2018/11/22(木) 03:15:36.74 ID:kqFR7V5p0.net
ガン細胞って厳密に言えば普通に出来たり消えたりしてるらしいからなあ
腫瘍だってそのまま悪性になるのも消えるのもあるんだろう


513 :本当にあった怖い名無し:2018/11/22(木) 03:37:44.68 ID:EixZbGhA0.net
昔のエスキモーは狩で極寒のなか何日も獲物を追ったり裸で雪の上で寝たりとか
かなり無茶な事もやるんだが凍傷どころか風邪もひかなかったらしい
それが西洋医学が入ってきてそれはおかしいと
凍傷になるはずだと教えられると凍傷や風邪をひくようになり
今ではそんなことできる人いなくなったとかそんな話を聞いたことある
どこまで本当か分からないけどでもあり得る気がする


514 :本当にあった怖い名無し:2018/11/22(木) 03:47:33.06 ID:BdtAYCfe0.net
胃痛とかストレスもその類いだよね。


515 :本当にあった怖い名無し:2018/11/22(木) 03:53:04.54 ID:/0TsxqKC0.net
こんな寒くなってきた中でも
目を疑う程薄着の姉ちゃんとかいるもんなw


516 :本当にあった怖い名無し:2018/11/22(木) 04:10:21.18 ID:EixZbGhA0.net
これ昔どっかに書いた覚えがあるんだけどこのスレかも
かなり昔のテレビ番組で世界丸見えとかそんなやつ
若い女のレポーターがチベットとかあの辺の僧侶の修行を取材に行くんだけど
修行のクライマックスで地面にぶちまけた火の粉の上を素足で渡るってのがあって
ずっと密着してたその子が夜だったのもあるのかテンション上がっちゃって
手を上げて「私もやりまーす」って素足になってスタスタ渡り切っちゃった
僧侶もびっくり
取材が終わって日本に帰ってから良くあんなことできたな、普通火傷するよな
とか思い始めたらもう何日も経ってるのに足の裏に火傷が出てきたんだって


517 :本当にあった怖い名無し:2018/11/22(木) 05:06:38.44 ID:iRMpFB0a0.net
人間(に限らず)の身体はそれだけ精神でコントロールされてるって事だわな
オレも金欠になるとアレルギーが酷くなるんだw


[ 2018/12/11 12:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

心霊では、無いのですが個人的に怖かった出来事
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/12/10 20:01 ] 怖い話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 133
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1544106805/


17 :本当にあった怖い名無し:2018/12/08(土) 01:08:17.40 ID:EqLib3MX0.net
心霊では、無いのですが個人的に怖かった出来事
数年前西新宿に住んでいて新大久保で働いてた
ある日明け方いつもならタクシーで帰るのだけどその日は、徒歩で帰ろって歩いてた
西武新宿線沿いを歩いていたら高架下に黒いゴミ袋があってその時は、こんな所にゴミ放置かよとしか思ってなかった


18 :本当にあった怖い名無し:2018/12/08(土) 01:11:15.10 ID:EqLib3MX0.net
家に着き何気なく掃除してたらふと気づいたあれ?東京ってゴミ袋指定だよね。黒いゴミ袋って見かけない
田舎では、普通に使ってたから見かけた時なにも思わなかったけど気づくとなんか不思議に気になった。
次の日のニュースで判明した事実そのゴミ袋の中にまさかバラバラ殺人の1部が入ってたらしい
それも怖いがさらに怖かったのが自分が通る数分前に犯人が遺棄したらしい。
もしあの時数分前にそこを通ってたらと考えるだけで怖かったのが思い出


20 :本当にあった怖い名無し:2018/12/08(土) 06:38:40.28 ID:o/EP0u1VO.net
>>18
2006年セレブ妻? 怖いのは生きている人間だね


21 :本当にあった怖い名無し:2018/12/08(土) 12:34:50.35 ID:EqLib3MX0.net
>>20
それです
ほんと怖いのは、生きてる人間の方
この後からやたらと人の死を見かけるようになり怖くなって東京から身を引いた

新宿・渋谷エリートバラバラ殺人事件 - Wikipedia


[ 2018/12/10 20:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【かくれんぼ】子供の頃、定期的にある夢を見ていた
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/12/10 12:01 ] 怖い話 | CM(1)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?352
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1537031148/


742 :本当にあった怖い名無し:2018/11/26(月) 14:52:15.55 ID:nruYfAqJ0.net
子供の頃、定期的にある夢を見ていた。
その夢ってのは、母の実家にいる夢なんだけど真っ暗なの。月明かりで薄っすら部屋の中が見える感じ。
昔の家の作りなのか、玄関入ってすぐ高めの段差を上がりそこが居間だったんだ。
その居間に、母方祖母・祖父、わたしといるんだけど異様に静まってて突然祖父が「…来るぞ。」とボソッと呟く。
すると玄関のドアが突然開き、落ち武者みたいなのが入ってくるの。
赤い鎧を着て、顔は般若みたいなお面してる。
ひたすらそれから逃げ回る。
カーテンの後ろに隠れたりお風呂場に隠れたりと、ひたすらその落ち武者に見つからないよう逃げ回っていた。
ひたすら何時間も逃げ回ってる最中に、夜が明け朝日の日差しが入ってくる。すると落ち武者は居なくなってる。
祖父の「もう大丈夫だ」の合図で隠れてた場所から出てくる。
ってとこでいつも目を覚ましてた。


743 :本当にあった怖い名無し:2018/11/26(月) 14:52:59.87 ID:nruYfAqJ0.net
続き
この夢を何度も見てた。
当時は凄く怖かった。

それが、10歳ごろになるとその夢を見なくなってた。たまーにふと夢の事を思い出すんだけど、気にならない程度。

だけど、13・14歳の頃久しぶりにその夢を見た。どうせ夢でしょ~的な感じで怖くなく、ひたすら隠れた。
何度も同じ夢を見てたせいか、見つからない穴場を見つけてたんだ。
それはこたつ。何故かこたつの中は見つからなかったんだ。その時もこたつの中に隠れて夜が明け祖父の声がかかるまでひたすらこたつの中で待ち続けた。
掘りこたつなので、子供だから余裕で入れた。


744 :本当にあった怖い名無し:2018/11/26(月) 14:54:47.95 ID:nruYfAqJ0.net
ラスト
で、またしばらく夢を見る事がなかった。
すっかり夢の事なんて忘れかけてた。
19歳の時だったかな。
久しぶりにその夢を見たんだ。
最初は???って感じだったけど、思い出してさ。
祖父の「来るぞ」の声で、わたしはすぐこたつに隠れた。
ここにいれば見つからない。そう思ってたよね。夢の中でも現実と同じサイズだったけど、やけに掘りこたつの中が広くて大人でも入れた。
ずーっとひたすら隠れてたら、急に静かになった。落ち武者の歩き回る音や、祖父母の逃げ隠れしてる音もしない。
(あ~そろそろ夜が明ける頃かな?祖父の合図を待とう)と思いしばらく待っていた。
だけど幾ら待っても祖父の声がかからない。
え、まだなの???
と思ってたらこたつの暗闇の中から

「みーつけた」

こたつの中の暗闇の中で、落ち武者の顔がポーッと顔が出てきて叫び声をあげた。
夢の中で気絶したのか、そのあと視界が真っ暗になり気付いたら目が覚めた。
あれから10年経ったけど落ち武者は夢に出てこない。
次もし見たらわたしは夢から覚められないんじゃないかと心配になっている。


[ 2018/12/10 12:01 ] 怖い話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

【心霊いい話】1年くらいずっと気になっていたアンティークの指輪がありました
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2018/12/09 18:46 ] 心霊いい話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 132
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1537680088/


928 :アンティークジュエリーとカーズのウォールステッカー 1/2:2018/12/03(月) 13:29:02.26 ID:v+sRSLXE0.net
1年くらいずっと気になっていたアンティークの指輪がありました
最初はネットショップの商品ページを眺めるだけだったのですが
店舗が近所にあるのを知ってこれは見に行くしかない!となり、先週の土曜、上の子どもの習い事の送り迎えのついでに見てきました
実物を手に取ると細工が素晴らしくて5分と経たず即決してしまいました…
トワエモアという形の指輪で、当時のフランスの婚約指輪です
二つの大きなダイヤを交差するように組み合わせて作られています
二つのダイヤを愛し合う夫婦に例えており、トワエモア(あなたと私)という意味になるようです
金の土台にプラチナを張り合わせており、このタイプはベルエポックの中でもエドワーディアンと呼ばれる1900年前後~1910年代までの
ごく限られた時代にしか出回っていません、その当時に婚約指輪として贈られたものでしょう
帰宅してから綺麗に掃除して、新品同様にピッカピカにしてからよく見ると修復跡もあり
大事に使われていたものが売られて手元に来たのだなと思いました

購入したその日は綺麗に磨いて掃除して箱にしまっていたのですが、日曜は指に嵌めてキラキラとした輝きを楽しんでいました
指輪に使われている技法の名前を知りたくてジュエリーのスレに写真を載せ、詳しい人に意見を聞いているうちに、
そのまま外し忘れて寝てしまいました


929 :アンティークジュエリーとカーズのウォールステッカー 2/2:2018/12/03(月) 13:32:29.85 ID:v+sRSLXE0.net
ふと夜中に目が覚めて、横のベビーベッドに寝ている赤ちゃんの方を見ると、
ベビーベッドの向こう側の壁に人影がはっきりと見えました
綺麗なシルバーの長いウェーブがかった髪の毛に、ティファニーブルーと言うべきでしょうか、
薄いグリーンとブルーの中間のような色が使われた生地に白の細やかな花柄が入ったワンピースを着た老婦人の後姿でした
見間違いかと思って何度も何度も確認しましたがやっぱり居ました…
直感的に指輪のもともとの持ち主だと分かりました
びっくりはしましたが不思議とあまり怖い感じはしません
ティファニーブルーと白の長袖花柄ワンピースに、よく手入れされたシルバーの巻き毛が映えてとても綺麗に見えます
その老婦人がこちらに背を向け、壁の上に手を伸ばしているのですが、理由が分かった瞬間に吹き出しそうになりました
上の子がディズニーアニメのカーズが大好きで、カーズの特大ウォールステッカーを壁に貼っており、
老婦人はその前に立ち、手を伸ばしてカーズの主人公ライトニング・マックィーンの特大ステッカーを不思議そうに触っていましたw
それに気づいたと同時に、赤ちゃんが老婦人の存在に気づいて激しく泣き始めました(赤ちゃんにも見えるみたいです)
激しい泣き声に驚いたのか、スーッと、少し時間を掛けて老婦人は消えてしまいました
赤ちゃんをあやして時間を確認すると午前3時過ぎでした

先ほどまで老婦人の服装を考察していましたが、ワンピースの形や柄も1960年代のファッションそのものです
指輪の最初の持ち主は1900~1910年代に結婚適齢期の女性でしょうから、1960年代に70~80歳で年代も合ってそうです
当時の最先端ファッションのワンピースを着こなして、髪の毛の手入れも怠らない洒落たおばあちゃんだったのでしょうね
思い入れがある指輪だから老婦人が出てきたと思いますので、指輪は大切に扱います
リビングに大きなクリスマスツリーを飾ったので、今夜はツリーに指輪を引っ掛けて寝てみたいと思います
おばあちゃん楽しんでくれるといいな


930 :本当にあった怖い名無し:2018/12/03(月) 14:51:49.18 ID:G6qIoPvy0.net
>>928-929
ええ話や………


931 :本当にあった怖い名無し:2018/12/03(月) 15:24:55.80 ID:NaxqpzXd0.net
また出ないかな


936 :本当にあった怖い名無し:2018/12/03(月) 18:00:57.50 ID:59gfmHBA0.net
これほど続編を読みたいと思うオカルト話も珍しい、書き手の優しさも伝わってきてほっこりしたよ

おばあちゃん今度はツリーに興味示すのかな


937 :本当にあった怖い名無し:2018/12/03(月) 18:11:22.26 ID:jg3KwdowO.net
>>936
ほっこりしたよね、怖くない幽霊ってクリスマスにぴったり


943 :アンティークジュエリーとカーズのウォールステッカー:2018/12/03(月) 23:57:35.93 ID:v+sRSLXE0.net
皆さまありがとうございます

>>936
昨晩、というよりは明け方3時に本当に起こった事なので、今も指輪をクリスマスツリーのトップスターのてっぺんに飾ってます
たぶんトワエモアを贈られた相手なのでフランス人だと思うのですよね
同時期にイギリスでも流行っていたのでイギリス人の可能性もありますが…

一応フランス語で今は2018年の12月、この家は東京にある、簡単な家族紹介、
あなたの指輪はこれからも大切にしますという内容の手紙を書いておきました
余白に返事が書けるようにペンも置きましたが、返事が来るかは分かりません
オカルト的なものはいつも一方的に目撃するだけでコミュニケーションを取った事がないので…
まさかはるばる日本までやって来て、アンティークショックのショーウィンドウに1年近く置かれた後、
赤ちゃんのいる賑やかな家庭に引き取られるとは思ってなかったでしょうから
困惑しているのではないかと心配になりました
まずは状況を理解していただけたらと思います

アンティークの物を購入すること自体が初めてでしたが、やはり念がこもっているものはあるのですね
大切にされていたというのが伝わりましたので、悪いものではありません
これからは私が大切に扱って、然るべき時に見える子孫か見える人に渡したいと思います
見える家系なので子孫に必ず見える子が出現すると思います…ジュエリーの価値が分かる娘だと良いのですが
見えない人に指輪をぞんざいに扱われてはおばあちゃんが可哀想ですからね


945 :本当にあった怖い名無し:2018/12/04(火) 13:28:36.55 ID:v5f9FQjr0.net
手紙読んでもらえるといいね
自分の指輪が大切にされているとわかればおばあちゃんは十分嬉しいんじゃないかな


[ 2018/12/09 18:46 ] 心霊いい話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加
管理人オススメ記事
去年の出来事
真夜中にナビにつられて知らない峠道を走ることになった
池沼Aと俺
田舎の古い民家を解体してたら床下から妙な物が出てきた

‐全ランキング表示‐ ブログパーツ
プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加




最新記事
【不思議体験】子供の頃、尾が複数ある動物と出会った Jul 22, 2019
俺は小さい頃から、っていうか生まれつき幽霊らしきものが見えてた Jul 21, 2019
自分的にはあの時以上の恐怖はない Jul 21, 2019
【恐怖体験】山姥 Jul 20, 2019
祖母から聞いた座棺の話 Jul 18, 2019
友人二人と関西にある有名な心霊スポットのトンネルへ肝試しに行った時の話 Jul 08, 2019
【怖】なんとなくいつもと違う道を走ってみるかと思い、回り道をした Jul 07, 2019
2時間ほど前に起こって心底ビビってる出来事 Jun 24, 2019
大昔ホテルに勤めてたんだけどある日の朝、クレームが来たってフロントの部署が騒いでた Jun 23, 2019
深夜の山道を歩く2人の女 Jun 22, 2019
過去ログ +

2019年 07月 【7件】
2019年 06月 【10件】
2019年 05月 【10件】
2019年 04月 【10件】
2019年 03月 【10件】
2019年 02月 【10件】
2019年 01月 【11件】
2018年 12月 【10件】
2018年 11月 【11件】
2018年 10月 【10件】
2018年 09月 【10件】
2018年 08月 【10件】
2018年 07月 【11件】
2018年 06月 【10件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【10件】
2018年 03月 【10件】
2018年 02月 【10件】
2018年 01月 【12件】
2017年 12月 【9件】
2017年 11月 【8件】
2017年 10月 【13件】
2017年 09月 【13件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【10件】
2017年 04月 【10件】
2017年 03月 【10件】
2017年 02月 【11件】
2017年 01月 【10件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【8件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【13件】
2016年 06月 【16件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【13件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【13件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【12件】
2015年 05月 【16件】
2015年 04月 【14件】
2015年 03月 【27件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【25件】
2014年 12月 【26件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【20件】
2014年 09月 【18件】
2014年 08月 【20件】
2014年 07月 【25件】
2014年 06月 【21件】
2014年 05月 【18件】
2014年 04月 【17件】
2014年 03月 【16件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【22件】
2013年 10月 【10件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【13件】
2013年 07月 【10件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【5件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【6件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【7件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【8件】
2009年 07月 【21件】

アクセスランキング
LINK
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top