FC2ブログ

|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
ヘッドライン

自分的には結構怖い思いをしました。そこを来月引き払うので記念に書いてみます
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/04/26 16:01 ] 怖い話 | CM(1)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?353
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1546870543/


859 :本当にあった怖い名無し:2019/04/21(日) 20:25:59.99 ID:WQA4ct1k0.net
死ぬほど怖くはないけど、自分的には結構怖い思いをしました。そこを来月引き払うので記念に書いてみます。

実家はしがない新聞屋で、物件は貸し店舗なんだけど一階は事務所、二階は住まい。そこで体験した話なんだが、過去形にしていいかどうかは微妙というのを前置きに。
親父が単身赴任のような形でやっているんだが、始めた頃は今の物件ではなかった。その前は今よりも狭いところで、となりのアパートを借りていた。
そこにお袋と自分と弟が週末に遊びいくような感じだった。高校は近場にしたので、テスト期間中など早く終わるときは親父のところにいったりして、帰りはお袋と一緒に帰るというような日々。
最初の体験は高3のときだった。文化祭の前の日にお袋と大喧嘩した自分は事務所でひとりひとり寝ることに。なんで喧嘩になったかは覚えてないが、俺も意地になって事務所に布団を運んだ記憶がある。
新聞屋は朝早いので寝る時間になるとドッタンバッタンそりゃうるさいのだが、慣れている自分は気にもならず寝ていた。
と、変な音で目が覚める。ブオンブオンという耳鳴りがするのだ。それがだんだん大きくなる。
当時XファイルにハマっていたからUFOキターって軽く思った。が、その音が尋常じゃない。とりあえずやばいと直感したので逃げようと思ったが体が動かない。あ、金縛りだこれとすぐに理解した。
目だけは空いたので開けると暗い部屋にパソコンが足元に見えた。が、そこに黒いモヤの人の形をしたものがいた。殺されるわと覚悟したので南無妙法蓮華経ーと適当にお経を唱えた。その間も耳鳴りは続いていた。
気がついたら朝だった。お袋はまだ怒っているらしくシカトされたので、その日は誰にもそれを言わず学校にいった

[ 2019/04/26 16:01 ] 怖い話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

ビルの警備やってた時そのビルで飛び降りされた
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/04/25 22:01 ] 怖い話 | CM(1)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?353
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1546870543/


840 :本当にあった怖い名無し:2019/04/18(木) 08:24:09.75 ID:KjRrGTJ00.net
全然見知らぬ他人なんだけど、ビルの警備やってた時そのビルで飛び降りされた。
大きいビルだけど夜だれもいないから基本宿直1人、何かあったら本社から応援って体制でやってて、
そいつはそのビルに勤めてる奴だった。
帰ったふりして実はまだビルの中にいて真夜中に飛び降りた。

「見回りの時きづかなかったのか。本当に見回りしてたのか」
て話になってビル内の防犯カメラしらべたら、そいつは一箇所に隠れるんじゃなくて
俺のあとを追うようにして移動しながら隠れてた
いわゆる擬似ストーカー状態で、飛び降りるときなんか俺が部屋にいるのを確認してから飛び降りてた。

その時の表情とかもカメラに写ってて、画質の悪さなのか俺の思い込みなのか凄い目つきで俺睨んでるの。
もうその場でゲロ吐いて「責任とります」て言ってバイトやめた。
わりとトラウマ。


[ 2019/04/25 22:01 ] 怖い話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

夏合宿での肝試し
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/04/25 15:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?353
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1546870543/


829 :本当にあった怖い名無し:2019/04/17(水) 00:23:50.13 ID:2A6TyC2S0.net
 近くの大学の少年サッカー倶楽部に入ってた時の話。多分、小学校低学年の頃だったはず。ちなみにサッカーは今も昔もへたっぴである。

 夏の合宿で、山奥の宿舎に行った。よく覚えていないけど、緑の多い場所だった。大学の施設だったんだろう、割合にしっかりした施設だった。
 自分は父親と一緒に行った。自然芝のコートでの練習は結構楽しかった。夜は本棚にあった「ベルセルク」を読んでいたっけ。

 怖い話はここからで、3日めの夜に肝試しをやるのが、その合宿の恒例行事だった。年毎に企画を変えてるらしく、その時は「禁じられた部屋」に入って、10分間耐える、という内容。うろ覚えだから、色々違う気もするけどだいたいそんなところ。

 本当のところを言うと、その部屋は倶楽部のコーチ達の居室で、6畳+押し入れの収納という感じ。昼間はコーチ達のくつろぎスペースになってるような部屋だった。
 ところが夜になって、仲間と一緒に部屋に入ると、部屋のあちらこちらにお札やら紙人形やら、それっぽい飾り付けがしてあるもので、子ども心にスゴいビビってた。わりと幽霊とかはその頃から信じていたからね。
 今思い返すと明らかに作り物くさかったんだけど、当時の自分にはスゴい効いてた(笑)。


831 :本当にあった怖い名無し:2019/04/17(水) 00:26:28.16 ID:2A6TyC2S0.net
 仲間全員で部屋に入り、小さい声で互いを励まし合いながら、自分たちは円陣を組んだ。
 コーチが戸を閉める。「耐える10分の間は、絶対に声を出さない」というルールで、みんな黙って、じっと円陣のまま動かないでいた。


 しばらくは外の虫の声だけが聞こえていたんだけど、体感で2分くらい経った辺りで、押し入れをドンドンと叩くような音が聞こえてきた。
ドンドン。ドンドンドン。ドンドンドンドン。ドンドン。不規則なリズム。
 押し入れに誰かが入ってるんだろうなあ、と悟った。頭では分かっていても、やっぱりビビってしまって全身ガチガチの自分。一方の周りはまだまだ余裕がありそうだった。
 今冷静に思い返すと、部屋に潜んでた「脅かし役」の方が怖かったろうな。真っ暗な押し入れの中、おそらく一人っきりで待っていたんだろうから。
ちなみにドンドン音は、ふすまをかなり力強く叩いているような、そんな音だった。


 そのまま動かないでいると、次第にドンドン音が聞こえる方向が増えていった。向かい側の壁、窓側、という具合で四方から聞こえてくる。
ドンドン。ドンドンドンドン。ドンドンドンドンドンドンドンドンドンドン……。
ドンドンドンドンドンドンドンドン。ドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドン。
 途中から、音はリズムもクソもなくなっていた。流石に周りもビビり出していて、全員ガチガチになった。
 ふすまを叩く音は、今にもふすまをぶち破りそうな域に達していた。


832 :本当にあった怖い名無し:2019/04/17(水) 00:31:11.90 ID:2A6TyC2S0.net
 体感で7分強、ガラリと戸が開けられた瞬間。嘘のように音がピタリと止んだ。
 コーチだった。いつになく真剣な顔つきだった。
「逃げろ!」
 その一声で、自分たちは円陣を崩して、我先にと部屋を飛び出していった。
 自分は真っ先に父親に泣きついた。ほかの奴は泣いてこそいなくても、かなり不安げな顔をしていたように思う。その日は肝試しは中止、コーチの命令でみんないつもより早く就寝を迎えた。

 翌朝、コーチに「押し入れに誰が入っていたのか」とたずねると「誰もいなかったよ」との事。「アレはヤバかった。みんな無事で良かった」とも言っていた。真偽はともかく、自分は怖気がしたよ。
 そして気づいたんだけど、例の部屋、仮に101としておくけど、廊下の入り口側、端っこにあるんだよね。押し入れがあるのは102と隣接する方の壁で、向かい側は壁が分厚く、あれだけ激しい音を立てるにはよほどの力で叩かなきゃ無理。
 窓側は……たかが肝試しのために、灯りのない夜の山奥へ人が出るのか?常識的に考えて?
 色々考えてたら余計に怖くなってしまった。

 初めての合宿でトラウマを刻み込まれて以来、夏の合宿はそれ以降行っていない。
 当時のコーチはもういないし、サッカー倶楽部も辞めて久しいから、いまさら確かめる宛てもない。でも、当時の自分としては死ぬほど怖かった。


[ 2019/04/25 15:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

とある夫婦の話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/04/24 22:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?353
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1546870543/


827 :本当にあった怖い名無し:2019/04/16(火) 23:17:35.84 ID:vnb2IB2j0.net
とある夫婦の話になります。
途中までは良くある話なのでまとめると
初めは仲が良かった夫婦、子供が産まれてからは浮気を繰り返す夫
そして、次第に夫婦関係が崩壊する。
そんな良くある話です。
そして王道の流れで子供が亡くなります。

しかし、夫婦は離婚せず再構築を選びました。
深刻なダメージを受けた奥さんは変わりました。
明るくて清楚だったのですが、その面影はありません。
そして、いつの日か人形作りを始めました。
その人形を作って、亡くなった子供の代用にしたのです。
そこから奥さんはまた元気になりました。
そこからも奥さんは人形を作り続け、あろう事かそれを近所に配り始めました。
人形を人のように扱い、どこか壊れてしまった奥さんを周囲は気味悪がって受け取ることを拒否しました。
当たり前と言えば当たり前です。


828 :本当にあった怖い名無し:2019/04/16(火) 23:21:57.00 ID:vnb2IB2j0.net
ある日、奥さんからクマのぬいぐるみをもらった子供がいました。
近所の人も、まあクマのぬいぐるみならいいかなと思ったみたいです。
ゲームセンターであるような、普通のぬいぐるみだったそうです。

しかし、そこからその家に怪異が始まりました。
家の中でバタバタと走り回る音が聞こえてくるのです。
そして、子供が「ちーくん」と遊び始めました。
流石に怖くなったので、それを周囲に話すと、回り回ってその旦那さんの耳にも入りました。
旦那さんは家まで伺い、ぬいぐるみを引き取りに行きました。

その日は子供は大泣きし、何とか説得して引き取ることができました。旦那さんはどうしてもぬいぐるみを引き取りたかったみたいでした。
後から聞いた話では、「ちーくん」は、子供が自分の事を呼ぶ時に言っていたようです。舌足らずで、自分の名前をはっきり話せなかったようで、その夫婦はそんな呼び方をしていなかったので
どうやって接点のなかった近所の子供が知ることができたのかと、旦那さんはゾッとしたみたいです。

そして、ぬいぐるみに違和感を覚え、中の綿を取り出すと
奥さんが作った人形が入れられていたみたいでした。
その人形、亡くなった子供の髪の毛と遺灰が混ぜられて作られていたようで
遺骨の中身はほぼ空っぽになっていたとか


[ 2019/04/24 22:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議体験】風邪で学校を休んだ時の話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/04/24 15:31 ] 不思議な話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?353
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1546870543/


822 :本当にあった怖い名無し:2019/04/16(火) 23:04:56.24 ID:gtgJrOsg0.net
俺も怖い話するわ
実家が2F建てで、2Fに自分の部屋があるんだけど
昔中学校を風邪で休んで部屋で寝てた時に、トイレ行きたくなって2Fのトイレ行った
鍵掛かってて中から母親の声で「入ってる」と言われた
だから1Fのトイレ行ったんだけどまた鍵かかってて「入ってる」と母親の声がまた聞こえた
なんでお母さん二人いるんだよと思ったけど確かめるのも怖くなって寝巻きのまま家の外へ出た
我慢できなくなってそのまま道路に向かって小便した


823 :本当にあった怖い名無し:2019/04/16(火) 23:06:06.49 ID:gtgJrOsg0.net
そしたら斜め向かいの家で庭いじりしてたおばちゃんから、あんたなにやってんのって言われて
シドロモドロになりながら「我慢できませんでした」とか答えた
怪訝な顔されて色々言われたと思うけど、それからずっと俺が家の外で座り込んでオデコに貼った冷えピタいじってるのがおかしいと思ったのか「みっちゃん(=俺の母親の名前)に連絡するね」と言われた
しばらくしたら買い物袋積んだ車で母親が戻ってきて、一緒に家に入った


824 :本当にあった怖い名無し:2019/04/16(火) 23:08:41.60 ID:gtgJrOsg0.net
部屋に戻りたくなくて母親にちょっかい出しながらトイレの話をしたら「大変だったね、とりあえず部屋で寝てて」と半笑いで取り合ってもらえなかった
しばらく母親が買い物袋から野菜とか取り出して冷蔵庫開け閉めしてる様子を見てたけど、熱で頭ボンヤリするし疲れたから結局部屋に戻った
その後変な咳が出る様になって病院行ったらマイコプラズマ肺炎と診断された
周りがインフルエンザで休んでるのに一人だけ変な名前の病名つけられて少し誇らしかった笑
大人になった今でも母親からその話を笑いながらされる


825 :本当にあった怖い名無し:2019/04/16(火) 23:09:26.63 ID:gtgJrOsg0.net
俺自身も熱で浮かされて夢でも見たんだろうと思って気にも止めて無かったんだけど、少し前、仕事場からアパートに帰ったら、部屋の中でなぜかキッチンタイマー(99分59秒が限界)が鳴ってて怖かったことがあって、あれももしかしたらと思わされた
今もちょっと怖い


833 :本当にあった怖い名無し:2019/04/17(水) 00:44:47.85 ID:liip1c0C0.net
>>822-825
おもしろかった
トイレはちょい怖
ただ、タイマーは誰かが部屋に侵入した可能性あるんじゃ・・・?


[ 2019/04/24 15:31 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

何かお捜しですか?
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/04/21 12:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?353
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1546870543/


813 :本当にあった怖い名無し:2019/04/16(火) 18:24:37.12 ID:zFLCMNkZ0.net
5年くらい前の話
大学合格していざ一人暮らしってなって、親の目から離れられる解放感からか深夜徘徊が趣味になったんだよね(一人暮らし前は色々親が過保護で、夜遅くには出歩けなかった)

大学生がたくさん住むような所だからか、夜中でも飲み会帰りの奴とかちらほらいて、そんなに怖くなかった

俺はビビりだったから一人で閑散とした深夜の住宅街を(しかもボロアパートばっかで)歩くのは普通だったら怖いんだけど、というか怖かったんだけど、しばらく歩いてると何回か人とすれ違うからそこで恐怖が和らぐんだ

でそんな中のある日、その日はしばらく人とすれ違わなくて、ビビって今日は引き返そうかな、なんて思った時ちょうど前方に人が見えた それで安心して、もうしばらく徘徊しようと思いながらその人とすれ違った時突然満面の笑みで

「何かお捜しですか?」

そう聞かれた。そいつがどんな服装してたかなんて覚えてる訳ないんだが、そいつの顔はめちゃくちゃ印象に残ってる。カメラを止めるなって映画あるじゃん、あれに出てくる関西弁のおばちゃんをさらに崩して老け込ませたような顔だった(でもそいつは男)

で、あと滅茶苦茶気持ち悪かったのが、目が悪い上に鳥目の俺が、なぜかそいつだけハッキリ見えたの

それでもうまともに受け答えもできず、あ、い、いえ、みたいにどもってその場を離れたんだ 別にそいつが着いてくることも何か言い寄ってくることも無く、でも怖くなったからそいつと会わないように回り道して家に帰ろうとしたんだ


814 :本当にあった怖い名無し:2019/04/16(火) 18:25:39.55 ID:zFLCMNkZ0.net
家の前の道でそいつが居ないかびくびくしてたけど、居なかったから安心して家に入った

で、ドア閉めたと同時にチャイムが鳴ったんだよ マジで驚いて靴も脱いでないのに数メートル分くらい部屋に駆け込んだ んでドアの方振り返ってしばらく固まってた

5分だか10分だかわかんないけど、そんくらい経って、チャイムはその時の1回しか鳴らなかったから、流石に誰も居ないだろうと思ってドアスコープ覗いたら 居るんだわそいつ 気色悪い顔の満面の笑みで
腰抜かしてもう靴脱ぐのも諦めて布団被って、でも学生が住むようなアパートで小さいから寝床からドア見えるんだわ そしたらドアから「何かお探しですか?何かお探しですか?何かお探しですか?」ってずっと聞こえる

怖くて怖くて視線も離せずに居たらさ、ドアのポストを投函する部分がパカッと空いて ボロアパートだからそれを遮るようなものがなくて、直接覗けるんだわ で覗かれたら終わる終わるって思ってたら そこから真っ白な腕が伸びてきた
は???鍵開けるつもりか??でも流石に届かないよなとか思ってもうパニックになってポケットの携帯で警察呼ぼうとしたんだけど怖くて声出せないしパニクると番号すらすぐ出てこないんだよ
で見てたら、その腕はそのまま下にすっと伸びてボトって落ちた
え??って思ってたらそいつの声で「これですか?これですか?これですか?」ってずっと聞こえる しかもすっごい楽しげで、笑いが堪えきれないみたいに「ヒッ」とか「イヒッ」みたいな引き笑い混じりで
でもう布団被ってドアも見ずひたすら耐えて、でもポストから何かが落ちるボトッボトッて音も続いてるし、そいつの声も続いてる でもいつの間にか寝れてたんだよね
朝起きたらなーんにもなかった
何も それ以来特に何も起きてないし、深夜徘徊はやめた ポストも塞いだけど、引越しは金銭の問題でできなかった 都内東部の話


815 :本当にあった怖い名無し:2019/04/16(火) 19:36:54.05 ID:s8OhOWyh0.net
ちょw怖いんですけどw


818 :本当にあった怖い名無し:2019/04/16(火) 20:53:39.28 ID:Id0g761E0.net
>>813-814
こういう怖さ好き
おもしろかった


821 :本当にあった怖い名無し:2019/04/16(火) 22:09:36.98 ID:2gV3+dtxO.net
怖すぎてびっくり そこにそのまま住んだ君は勇者だわ


[ 2019/04/21 12:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

地獄の箱
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/04/15 20:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?353
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1546870543/


696 :本当にあった怖い名無し:2019/04/04(木) 23:07:23.91 ID:hruCVHRj0.net
祖父の話を投稿させてもらうよ

祖父は関西で建築業をしていて交友関係も豊富だった。
その人付き合いからか、割と人から変わった物を買うのが多かった。
見栄っ張りな祖父は、日本刀とか虎の置物とかを、悪く言えばよく買わされてた。
お酒を飲むとお喋りになる祖父は、とある箱の話をしてくれた。
今はどこかへやった箱だが、とんでもなくいわく付きだったらしい。
古びてはいるが、不思議と綺麗に感じる箱だったらしい。所々は剥げていたものの、全体的に奇麗に保たれていて漆のような黒だったと言っていた。
元は韓国だか中国のお寺のような場所にあったとのことだった。
そのお寺が無くなり、どような経緯がわからないが日本まで来たらしい。

そして、友人の手を渡り、祖父の元まで流れてきた。
友人は中は絶対に見てはいけない、見れば必ず大変な目に合うと言われ、何度も何度も見るなと釘をさされた。
友人は冗談を言うようなタイプではなく、祖父もかなり怖くなったと言っていた。
ただ、楽天家な祖父は重く受け止めてはいなかったり
値段は決して安いとも言えなかったようで、三ほど包み買い取ったようだった。
友人はお金に少し困っていたようで、父も援助のつもりで箱を買ったらしい。
ただ、箱の使い道も分からず、そのまま事務所のコンテナに入れっぱなしになった。


[ 2019/04/15 20:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

夜が来る
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/04/15 14:17 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?353
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1546870543/


455 :本当にあった怖い名無し:2019/03/01(金) 13:37:54.95 ID:ovlqF/TA0.net
今晩は、都内の大学に通っている山尾と申します。よろしくお願いします。
私、大学の3年生なんですけど、今年の10月にアパートを引っ越したんです。
はい、前のアパートが、道路の拡張工事に引っかかって取り壊されるためです。
そのことは前から言われてたので、8月ころから新しい部屋を探してました。
不動産屋さん回りをしてたら、すごく条件のいいところが一ヶ所あったんです。
前のところよりも大学に近くて、電車を使わずに通えそうな距離で、
しかも家賃も1万円ほど安いという。それで、現地を見にいったとき、
不躾かと思ったんですが、不動産屋さんに、「こんな家賃なのは、
なにかわけがあるんですか?」って、思いきって聞いてみました。
そしたら、不動産屋さんはちょっと困った顔をしましたが、
外に出て、アパートの裏手側に回ったんです。

そこですね、道をはさんで墓地になってたんです。もちろん高い塀に囲まれてるので、
外からは墓地だとはわからないんですけど。
でも、私はあんまり気にならなかったんですよ。というのは、空いていた部屋は
2階のいちばん端で、お寺の区画は切れてて、窓からはお墓が見えなかったんです。
不動産屋さんは、「所有者からははっきり聞いてはいませんが、こういう事情で
 他所よりお安いんだと思います」こう話してました。
それで、立ち退きの期限もあったので、そこに決めちゃったんです。
それとですね、今回の話に関係があるんですけど、キッチンのついた一間の部屋の
中を見せてもらってるとき、ガス台の上、換気扇があるところの横に、
金属の赤い箱があったんです。はい、天井から10cmほど下で、
もちろんイスとかに上がらないと手が届かない高さです。


[ 2019/04/15 14:17 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

駅前を歩いてたら、すごく変なナンパをされて人生が完成した話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/04/07 20:01 ] 心霊いい話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 134
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1549521242/


676 :本当にあった怖い名無し:2019/03/23(土) 16:28:10.39 ID:zzIxWD7h0.net
駅前を歩いてたら、すごく変なナンパをされて人生が完成した話する。
妻との馴れ初めなんだが、多分このスレの趣旨に合ってる話だと思う。
長いから、飽きたら読み飛ばしてくれ。

俺は小さい頃、一年に一度くらいの頻度で同じ夢を見ることがあった。
中学生くらいまで繰り返し見たので覚えてしまったのだが、
シロツメクサみたいのがところどころ咲いてる野原みたいな場所を、
ちょんちょんと左右の三つ編みにした幼女が走り回ってる、ていう夢。
この夢を見るときは、なぜか分からないけど、今まで感じたことのないような種類の幸福感を感じられて、
密かに見るのが楽しみだった。


[ 2019/04/07 20:01 ] 心霊いい話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議体験】頑なに私を「お母さん」と言い続けた男の子
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/04/07 10:46 ] 不思議な話 | CM(1)
ほんのりと怖い話スレ 134
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1549521242/


565 :本当にあった怖い名無し:2019/03/16(土) 21:57:44.69 ID:kP8jsiE60.net
先日、妙な体験をしました。
職場が近いので、自転車通勤をしています。
小規模な畑と住宅地に囲まれた通勤路の途中には、保育園があります。
夜になると20m感覚で暗めの街灯が立っているだけなので、かなり暗く、帰りが遅くなる日は少し怖いと感じるような道なのですが、
住宅も多いし道も広いので、頻繁に利用していました。

その日は20時頃に仕事を終え、アパートに向かって帰路を走っていました。
ところが3つ目の街頭にさしかかってすぐ、道の向こうから突然「お母さんだ!」という叫び声が聞こえ、
街頭の下にスモックを着た3、4歳くらいの男の子が走り出てきたのです。
私がぎょっとして自転車を止めると、その子は嬉しそうに足元に駆け寄ってきました。
そういえば少し先に保育園があったなと思い出し、「お迎えにきたお母さんと勘違いしたんだ」と気付いたので、
「ごめんね、お母さんじゃないよ~」と笑って答えました。
しかし、男の子はすごく傷ついた顔をして、じわ~っと泣き顔になり、目に涙をいっぱいにためて無言でぼろぼろと泣き出してしまいました。
私は焦り「ごめんね、あそこから来たの?私も一緒に行ってあげるから戻ろうね。」と、自転車から下りて保育園まで連れていこうとしましたが、
男の子は泣きながら涙に震えた声で「お母さんだよ……」と言ってきたので、
なんだか可哀想だなと思いつつも「違うよ、お母さんじゃないよ~」ともう一度返しました。
すると男の子は、保育園の方向へ走っていってしまいました。
私は「あっ」と声を上げ後を追いましたが、保育園の中へ入っていってしまったのか、それっきり姿が見えなくなってしまいました。
気がかりでしたが、園内にはまだ明かりがついていたので、先生方の誰かが保護しただろうと思い、そのまま帰路につきました。


566 :本当にあった怖い名無し:2019/03/16(土) 21:59:27.25 ID:kP8jsiE60.net
その日以来、そのことが気がかりで帰り道ずっと確認していたのですが、ふと、帰宅時間には必ず保育園は閉まっていることに気付きました。
そこで、休日保育園前を通りかかったとき、門の前を掃除していた職員の方に「ここの保育園は何時までですか?」と聞いてみたのですが、
「18時までです。」と言うのです。
「20時過ぎまで空いている……なんて日はありませんか?」と尋ねると、
「お迎えが遅くなったとしても、19時までには閉めるし、そもそもそんなに遅くまではやっていません」と言うので、
明かりがついているのを見たこと、スモック姿の男の子のことを話すと、
怪訝な顔をしたあと、「最近お迎えが遅れたという話は一切聞いていないし、そもそもうちの園の服装と違います。」と言われてしまいました。

私はとてもそれ以上は聞けず、大人しく家に帰りましたが、「お母さんだよ……」と悔しそうに泣いて言ったあの男の子のことを思い出すたびに、
なにか、我が子をなくした母のような、不思議な喪失感で胸が痛くなるのです。
いったいあの子は誰で、なぜ頑なに私をお母さんと言い続けたのか、今でも気になっています。


567 :本当にあった怖い名無し:2019/03/16(土) 22:05:51.83 ID:ZTLHtFbK0.net
不思議な話で興味深い


568 :本当にあった怖い名無し:2019/03/16(土) 22:07:35.10 ID:Sj3SwYPeO.net
>>566
未来の我が子じゃね?


570 :本当にあった怖い名無し:2019/03/17(日) 07:13:05.31 ID:AKhbiSXs0.net
>>565
面白い 本当に未来のお子さんなのかもしれないね
オカルト的に言えばこの世は時間の概念は無いって言うし


[ 2019/04/07 10:46 ] 不思議な話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加
管理人オススメ記事
去年の出来事
真夜中にナビにつられて知らない峠道を走ることになった
池沼Aと俺
田舎の古い民家を解体してたら床下から妙な物が出てきた

‐全ランキング表示‐ ブログパーツ
プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加




最新記事
猫との不思議な話 Oct 09, 2019
台風明けのグランドに無数の「ナスカの地上絵?」が描いてあった Oct 08, 2019
【不思議体験】自分が見たものは山の神社の神様? Oct 07, 2019
自分以外の人間が忽然と消えた話 Oct 06, 2019
視界の端に見える人影 Sep 28, 2019
大正時代の物が好きでいっとき蒐集していた Sep 27, 2019
去年の夏に体験したちょっと怖い話です。(幽霊じゃない) Sep 26, 2019
待ってるからね Sep 23, 2019
我が家に起こった不思議な出来事 Sep 22, 2019
自分が10歳くらいの頃、屋内プールへ出かけた時の話 Sep 22, 2019
過去ログ +

2019年 10月 【4件】
2019年 09月 【10件】
2019年 08月 【10件】
2019年 07月 【10件】
2019年 06月 【10件】
2019年 05月 【10件】
2019年 04月 【10件】
2019年 03月 【10件】
2019年 02月 【10件】
2019年 01月 【11件】
2018年 12月 【10件】
2018年 11月 【11件】
2018年 10月 【10件】
2018年 09月 【10件】
2018年 08月 【10件】
2018年 07月 【11件】
2018年 06月 【10件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【10件】
2018年 03月 【10件】
2018年 02月 【10件】
2018年 01月 【12件】
2017年 12月 【9件】
2017年 11月 【8件】
2017年 10月 【13件】
2017年 09月 【13件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【10件】
2017年 04月 【10件】
2017年 03月 【10件】
2017年 02月 【11件】
2017年 01月 【10件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【8件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【13件】
2016年 06月 【16件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【13件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【13件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【12件】
2015年 05月 【16件】
2015年 04月 【14件】
2015年 03月 【27件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【25件】
2014年 12月 【26件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【20件】
2014年 09月 【18件】
2014年 08月 【20件】
2014年 07月 【25件】
2014年 06月 【21件】
2014年 05月 【18件】
2014年 04月 【17件】
2014年 03月 【16件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【22件】
2013年 10月 【10件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【13件】
2013年 07月 【10件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【5件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【6件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【7件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【8件】
2009年 07月 【21件】

アクセスランキング
LINK
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top