FC2ブログ

|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
ヘッドライン

【霊?】自衛隊の駐屯地での恐怖体験
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/10/27 12:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?357
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1570877860/


179 :1:2019/10/20(日) 10:29:43 ID:3kMAWXUP0.net
当時、自分は予備自衛官補だった。
予備自衛官補とは社会人や学生をしながら自衛隊員になれる制度。
駐屯地に泊まり込み、訓練を受けてお給料を貰えるという軍事オタ垂涎のバイトのようなものだ。
一応機密事項なので具体的に何をするか書けないが、
朝は6時にラッパの音がスピーカーから爆音で流れるので飛び起きて、迷彩服に着替えて外に出て点呼する。モタモタしてたらめっちゃ怒られる。
その後シーツなど畳んでベッドメイキングする。これも適当だとめっちゃ怒られる。
そのあとは、自衛隊の軍練をする。

部屋は相部屋で、ベッドがギッシリ並んでいる。最大10人くらいが一緒の部屋で寝泊まりして行動を共にする。
その日は5人が一緒の部屋だった。


180 :2:2019/10/20(日) 10:31:04 ID:3kMAWXUP0.net
一応自衛隊なので、本当の自衛隊と同じ時間やスケジュールをこなす。
普段運動してないオタクなので、トレーニング系の訓練だとヘトヘトで、消灯後は皆すぐに寝た。

朝、ラッパの音が鳴った瞬間に飛び起きて横に吊るしていた迷彩服を引っつかんだ。
前述したように、朝はラッパの音が鳴ったらすぐに朝礼に行かなければいけないので、服はベッドサイドに吊るしておいたのだ。
ところが、皆が起きてこない。
というか、ラッパの音が鳴っていない。
寝ぼけて起きてしまったのかと思ったら、1人だけ同じ様に起きている人がいた。
2つ先のベッドの人が、すでに起きてシーツか何かをゆっくりゆっくり畳んでいる。
でも、そのベッドには誰も寝ていないはずだった。
自衛官補には、1人本職のリーダー的人が着いて色々教えてくれるのだが、その人が入ってきて何か作業しているのかと思い、「おはようございます!」と声をかけた。
しかし、完全に無視したまま、ゆっくり布を畳んでいる。


181 :3:2019/10/20(日) 10:31:56 ID:3kMAWXUP0.net
変だなぁ、と思って、手につけてたGSHOCKの光を付けて時間を確認した。
まだ朝の5時だった。
時計にめっちゃ顔を近づけて、時間を見ていた時に、そういえば眼鏡を付けていないことに気づいた。
自分は眼鏡の度数が-8.00くらいの近視で、真っ暗な部屋の二個先のベッドの人なんて確実に見えないはずだった。
何でシーツを畳んでるってわかったんだ?
というか、何で今シーツ畳んでるの?
もう一度、起きている人を見た。
昔のダビングしたビデオみたいに、ザラザラした様に見えるけど、真っ暗な部屋で淡々と何らかの作業をしてるTシャツ姿の人だけが眼鏡無しでもハッキリ見えた。

皆が起きてない時間に起きてる知らない人がそこに居た。
自分は声を掛けてしまった…
そっと、ベッドに入り、今更寝たフリをした。どうかこっちに来ませんように…
朝6時、本当のラッパが鳴るまで地獄の様な一時間を過ごした。


182 :4 終わり:2019/10/20(日) 10:32:31 ID:3kMAWXUP0.net
翌日、靴磨きをしている時にリーダーにその事を伝えたら「あー、やっぱり出るんだ…」と言われた。
「お前達の隣の部屋、誰も使ってないだろ?あそこあかずの部屋なんだよ」
「あれ見てみろ、あそこの3階の窓だけ、鉄格子付いてるだろ、あそこの部屋だけ飛び降りる人が多いから付けてるらしい」
「あそこの納屋、首吊り自殺した人の幽霊が出るんだって」
と、ついでの様にとんでもない数の怖い話をされた。
駐屯地という閉鎖的な所はやっぱり自殺が多いのかね…
それ以来、訓練には行けなくなり無事三年の任期を終えましたとさ


[ 2019/10/27 12:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

数年前、人間関係でメンタルがヤられてメンヘル系オフに度々参加していた時期があった
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/10/26 12:01 ] 不思議な話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?357
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1570877860/


16 :本当にあった怖い名無し:2019/10/12(土) 23:44:40.86 ID:JSRiDB8N0.net
投下

数年前、人間関係でメンタルがヤられてメンヘル系オフに度々参加していた時期があってね。

その日は「自殺をしようとした人orしようと考えている人」みたいなガチめの集まりで、
新宿駅に集合してカラオケに移動の流れで男女合わせて6人だったような気がする。

カラオケに到着してから皆で適当に歌ったり酒が入っていくにつれて、ぎこちないながらも和やかな雰囲気になってきた所で本題に入った。

1人1人が死にたい理由を皆の前で発表していく、というもの。
覚えているだけで、

恋愛関係のもつれからリスカを繰り返す女性(二の腕までリスカ跡やら火傷跡でズタズタ)

会社内のパワハラに耐えられなくて首吊りをしたけど失敗した男性

1人が話し終える度に皆泣きながら、アナタは悪くないとか、同情の言葉を投げかけていた。
今思うと異様な光景だけど、当時は傷を舐め合うだけでも救われた気分になっていたんだよね。

続く


17 :本当にあった怖い名無し:2019/10/13(日) 00:05:35.73 ID:E/b+0kIC0.net
僕の番が終わって最後の女性の話が始まった。

幸薄そうだけどなかなかの美人さん。
上司と不倫して中絶、風呂場で手首を切ったけど発見が早くて死にきれなかった、と。
(同じような境遇だったのか、リスカ跡の激しかった女性参加者が嗚咽交じりに激しく泣きながら聞いていたのが印象に残ってる)

とまあ、本来ならここで満足してお開きになるハズだったんだが、この美人さんが奇妙な事を語り始めたんだ。


18 :本当にあった怖い名無し:2019/10/13(日) 00:47:33.34 ID:E/b+0kIC0.net
自殺未遂後に、いわゆる霊と言われる存在が「見える」ようになってしまった、と。

カラオケ内が微妙な空気になっても美人さんは僕達に訴えかけるように話を続けた。


退院してから街を歩いていると、交通事故現場で血まみれの女性が無表情で立っていた。
それが始まり。
両足が切断された状態で苦しそうに這う小学生くらいの男の子。
飛び出た自分の内臓を必死に集めようとしているライダー。
屋上から飛び降り自殺を繰り返す女子高生。

美人さんは「見える」だけで意志疎通はできない、と言っていた。
毎日、毎日、何年間も同じ時間にビルから飛び降りを繰り返す女子校生を不憫に思い、なんとか止めようとしたが、話しかけても無反応で触れる事もできない、と。
(美人さん、この現場で半狂乱になって病院に運ばれたらしい)
この女子高生はお腹の大きさから妊娠している可能性があり、自分は赤ちゃんを含めた2人が死んでいく様をただ見ることしかできない。
こんな能力は要らない!
きっと、この能力は自殺しようとした自分に対して罰として神様から贈られたもの、だと。

そして、自殺しても幸せにあの世に行けるとは限らない。
自分が見えているモノ達のようにこの世を永遠にさ迷う事になるかもしれない…
だから、どんなに辛い事があっても自殺なんかしないでくれ!と。


美人さんが話し終わったあと、みんな呆気にとられてました。
でもまあ、この話が僕の中で強烈過ぎて立ち直るキッカケになったから美人さんには感謝してます。

以上です。
駄文失礼しました。


[ 2019/10/26 12:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

偶然に偶然が重なっただけかもだが奇跡ってあるんだなと思った出来事
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/10/25 12:01 ] 心霊いい話 | CM(0)
不可解な体験、謎な話~enigma~ Part108
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1556062191/


951 :本当にあった怖い名無し:2019/09/02(月) 00:31:28.90 ID:hJ0JSHI60.net
昔話
当時人生初の海外旅行を計画
ひとり旅だったし貧乏学生だったから予算的に一番安く抑えられる唯一の枠で予約した
前金で支払いをして当日を楽しみにしていたんだが恥ずかしながら空港へ行ったことが無かった為
前日に一度下見に行こうと思っていた
下見の日大体14時ごろに出かけようとしたら突然急に熱が出て家で休んでた

14時30分ごろになぜか熱が引いてきたけれど空港に行く気持ちが萎えて荷造りした鞄だけそばに置いてだらだらとしていた
14時46分に地震があった
家具が倒れてきたりしたけれど、荷造りしていたバッグを掴んで避難所へそのまま行けた

3月11日あのまま熱が出なかったら自分は空港に行って津波に流されていたかもっていうのと
3月12日に旅行の予約が取れなかったら3月10日で取るつもりだったから、そしたら帰ってこれなかっただろうなという

偶然に偶然が重なっただけかもだが奇跡ってあるんだなと思った出来事


952 :本当にあった怖い名無し:2019/09/02(月) 00:46:39.70 ID:vdYp0LnP0.net
>>951
そういうのって誰かが守ってくれたのかなって思う
守護霊か御先祖様かわからないけど


953 :本当にあった怖い名無し:2019/09/02(月) 01:27:29.62 ID:hJ0JSHI60.net
>>952
レスありがとう
オカルトっぽいことを言うと実は震災の起こる半年前に祖父を亡くしていて、家族は祖父が守ってくれたと言っている
というのも祖父の家は海沿いの土地でやはり津波の被害もひどかったんだけれども奇跡的に親族皆無事だったんだよね
祖父の家の片付けをしていた時、外壁を見たら自分の背丈を軽々と超えた場所に津波の跡を見つけた時は本当に鳥肌が立ったよ


956 :本当にあった怖い名無し:2019/09/02(月) 02:59:22.89 ID:vdYp0LnP0.net
>>953
きっとおじいちゃんだよ
自分もおばあちゃんが守ってくれたのかなって思う不思議な経験あるから書いた
みんな無事でよかったね


958 :本当にあった怖い名無し:2019/09/02(月) 08:29:47.93 ID:/ME0GB5+0.net
旅行代金ってどうなったの?
返ってきたなら良いけど、パァなら10日に行っといたほうが良かったんじゃないの?
帰れないったって、少し離れた所に降りるだけでしょ?追加料金とられるなら話は別だけど


959 :本当にあった怖い名無し:2019/09/02(月) 09:38:00.90 ID:hJ0JSHI60.net
>>958
>>951だけどわかりづらくてごめん、12日に出発予定だったから11日に被災して結局は返金になった
12日に予約が取れなかったら10日が第二候補日だったって話

それと当時空港は一階ロビーも滑走路も瓦礫の山で、本格的に営業再開したのは一年くらい経った後だから
もし旅行に行けて日本に帰ってくることになっても東京の空港しか手段はなかったんだよね
新幹線も使えなかったから良くて高速バスだったけれどかなり大変だったかも

津波警報が出たら2階とかに上がる習慣はついた
今度やっと海外旅行にリベンジするので厄落としも兼ねて書き込みました


[ 2019/10/25 12:01 ] 心霊いい話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

1週間だけ娘が行方不明だった話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/10/24 13:21 ] 不思議な話 | CM(0)
不可解な体験、謎な話~enigma~ Part108
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1556062191/


920 :本当にあった怖い名無し:2019/08/31(土) 16:20:35.51 ID:nW/HyHzD0.net
1週間だけ娘が行方不明だった話なんだけど、当時大学生だった娘が忽然と家から姿を消した。家出とかじゃなく、ほんとに姿が消えた。
食べかけのレトルトカレーと飲みかけのお茶、携帯やカバンもそのまま居なくなってた。
服も嫁がいつも仕舞ったりしてたから、薄い部屋着一枚だけ着て居なくなってた。

警察にも届けたけど家出と片付けられた。
1週間後自殺でもしたんじゃないかと家族が沈んでる時娘が現れた。
いなくなった日と同じ格好で汚れてもないし何事も無かったかのようにソファに座ってテレビ見てた。
家族が別室に行ってる数分の間に現れて座ってた。家のチェーンだってかけてた。

娘に問いただしてもずっとそこに居たし、カレー食べてたけどテレビが気になってソファに移動しただけって。どこにも言ってないって言うんだよ。しかも勝手に日付が経ってたことに驚いてた。

娘は1週間どこにいたんどろうな。


921 :本当にあった怖い名無し:2019/08/31(土) 16:41:13.85 ID:95bN8m1r0.net
娘からしたら、瞬間的に急に番組が変わったってことでおけ?


922 :本当にあった怖い名無し:2019/08/31(土) 16:47:48.49 ID:MMwyUigp0.net
そうそう。あれ?ヒルナンデスは?って言っててびっくりした。家族が家にいることにも驚いてた。


923 :本当にあった怖い名無し:2019/08/31(土) 16:52:26.20 ID:70H1RvOp0.net
>>920
いつごろの話?


925 :本当にあった怖い名無し:2019/08/31(土) 17:21:33.72 ID:MMwyUigp0.net
>>923
4年前の夏
誰も居ないはずのリビングにテレビが着いてリビングを見に行ったらいた。もうほんとに娘が死んでるんじゃないかってお葬式ムードだったからなんでこんな時にテレビみてんだよ!ってテレビつけた家族を怒鳴りつけに言ったら娘本人がいた。


926 :本当にあった怖い名無し:2019/08/31(土) 17:27:38.10 ID:70H1RvOp0.net
>>925
そっかー
最近の話ならその不在だった期間の娘や家族のスマホやPCの履歴辿るとか
なにかしらの足跡や糸口はつかめたかもね
それにしても最近稀にみる素晴らしい投稿thx


927 :本当にあった怖い名無し:2019/08/31(土) 18:25:00.59 ID:mqoMZ3vu0.net
>>925
お前大変だったな
警察にはどう言ったわけ?
捜索願出したわけだから
出て来ましたでチョンではなかろ?


931 :本当にあった怖い名無し:2019/08/31(土) 19:08:59.55 ID:8gjcV/4o0.net
帰ってきたそれ、ほんとに自分の娘?


932 :本当にあった怖い名無し:2019/08/31(土) 20:18:46.21 ID:MMwyUigp0.net
まとめての返信になるけど、警察は家出ってことで片付けられた。彼氏の家にこっそり行ってたんでしょって。娘の言うことは彼氏のことが親にバレたくない狂言だってことになった。薬疑われて尿検査されたくらい。

ホントの娘かと聞かれて怖くなったけど、なんにも変わらないし元気に社会人やってるよ。親の俺が言うんだから変わってないって思ってる


[ 2019/10/24 13:21 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の部屋に黒い人型の何かがいた
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/10/20 18:01 ] 不思議な話 | CM(0)
不可解な体験、謎な話~enigma~ Part109
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1567494947/


525 :本当にあった怖い名無し:2019/10/15(火) 22:26:11.41 ID:lQxZ6gj40.net
つまらない話するぜ
中2の夏の夜、自分の部屋に黒い人型の何かがいたんだ。まぁ、そのとき俺は目の錯覚かなんかだと思ってそのまま寝たけど。
次の日の夜もいた。この黒い人型が気になってしょうがない俺は電気をつけて確認したら、あら不思議、何もない。壁しかない。
電気を消したらそこにいるのに、電気をつけたら消えてる。子供な俺は目の錯覚だと分かってても怖かった。
さらにその次の日、明らかに黒い人型が近づいていた。「これは目の錯覚じゃねーんじゃねぇの?」と思った俺は、ありったけの勇気を振り絞って黒い人型に近づいてみた。なんでか近づいたら消えた。
その日は「やっぱりただの見間違いだった」と安心して眠った。
ただ、その日の夢が黒い人型に追いかけられる夢だった。


526 :本当にあった怖い名無し:2019/10/15(Tue) 22:37:31 ID:lQxZ6gj40.net
>>525の続き

で、こっからが超不思議で怖い体験の始まり。
2日に一回のペースで黒い人型が近づいてきてるではありませんか。しかも毎日黒い人型に追いかけ回される夢を見る。
そして最初に黒い人型を見てから8日目。ついにベッドの隣にまでやってきた。
怖すぎて家族や友人にも伝えたんだけど誰も信じちゃくれない。当たり前だよな。
しかしまた不思議な事に、次の日から黒い人型が現れなくなったんだ。「俺に恐れおののいて逃げ出したか!」と心底安心してた。
が、奴は『俺の部屋』から『俺の側』に移動しただけだった。
塾の帰り道、チャリで家の前まで来た時、玄関横に黒い人型が一瞬見えた。
流石にこれは気のせいだと思ったが、夢は相変わらず黒い人型に追いかけ回される夢を見るんで「気のせいじゃない!何かが俺にとりついているんだ!」と確信した。
それから3日後、毎日夜を怯えながら過ごしていた俺に事件が起きた。


528 :本当にあった怖い名無し:2019/10/15(火) 22:53:53.77 ID:lQxZ6gj40.net
>>526の続き

なんと俺の隣のクラスの奴らと喧嘩になった。俺の教科書を破ったり落書きしたりして遊んでたのを目撃してしまったのだ。
普段陰キャで下ネタでしか他人と関わりを持てない雑魚の俺でも流石にブチギレた。
で、取っ組み合いの大喧嘩。相手は3人だったんで勿論ボコされた。
その後教師に訴えたんだが、3人組は軽く絞られただけ(教師も忙しかったのか軽く説教しただけで終わらせやがった)で釈放され、俺は陰湿ないじめを受け始める。
それから僅か1週間ぐらいで俺は不登校となった。もう黒い人型の事なんて気にしていなかったし、夢も見なかった。
のハズが、一日だけ久々に黒い人型が現れた!しかし俺は「黒い人型が守護霊で、俺を守ってくれたらなぁ」と思うようになっていた。
その次の日に3人は大怪我をおったと教師から連絡があった。教師達は俺の復讐か何かだと思っていたようだったが、当然家から出てないのでそんな事当然あり得ない。
俺はすぐに黒い人型がやってくれたのかと思った。おかしくないよな?誰だってそう思うよな?
いじめっ子がいなくなった事で俺は再び登校を開始した。
久しぶりの学校が不安だった俺にさらなる悲劇が襲いかかる!
なんと、再登校初日に車に引かれそうになったのだ!これはもう笑うしかない!

まだ、もうちっとだけ続くんじゃ


529 :本当にあった怖い名無し:2019/10/15(Tue) 23:01:15 ID:MmIs7I7P0.net
おもしろいw


530 :本当にあった怖い名無し:2019/10/15(火) 23:07:45.56 ID:lQxZ6gj40.net
>>528の続き

長くてスマン、文章をまとめるのは苦手なんだ

俺が中学校へ登校する最中に、信号のない横断歩道があるんだ。しかも曲がり角にあるから、子供の飛び出しが多い。
普段車が少ない道だし、少し遅れて登校を始めてたから(なんだかみんなと登校するのが恥ずかしかった)大丈夫だろうと思って横断しようとしたら、なんと車が!!
その時俺はグイッと何かに引っ張られて車に引かれずに済んだんだけど、後ろには誰もいなかった。
さらに、その日から黒い人型も、追いかけられる夢もパッタリ見なくなった。
その当時俺はあの黒い人型は俺を救う為にやって来たんだと思った。けど少し違うのかもしれない。
それから1年たった中3の夏、変な夢を見た。普通夢って起きてすぐ忘れるモンだけど、妙にリアルで、しっかりという程じゃないけど覚えてる。

真っ黒な姿の自分が、男の子3人の前に立ってて、3人を高い所から落としたり殴ったりした後、車に引かれそうになってた男の子を引っ張って助けるって夢。

俺が俺を助けたのか、あれはただの夢で守護霊が助けてくれたのか、ただの偶然と気のせいなのか…。
とにかく不思議な体験だった。

長い上につまんなかったな。
オカ板来るの久々だったということで板汚し許してくれ。


543 :本当にあった怖い名無し:2019/10/16(水) 10:54:25.37 ID:yRUnQTLW0.net
>>530
3人組が怪我をした経緯は聞いて知っていたの?
それとも、ただ大けがをしたとだけしか知らなかったの?
自分の見た夢と、実際の怪我の経緯が同じなのかどうか知りたい


555 :本当にあった怖い名無し:2019/10/17(Thu) 00:45:42 ID:MBZvuCch0.net
>>543
詳しい事は分からない(というか結構忘れてる)けど、確か骨折と打撲とかで数ヵ月入院した。
いじめっ子が言うには高い所から落ちたらしい。誰かに落とされたとかは聞いてないかな


545 :本当にあった怖い名無し:2019/10/16(Wed) 17:31:38 ID:DOcZRExl0.net
大怪我した悪ガキ達は、犯人を目撃してないの?
それとも目撃情報があった上でおまえじゃね?って疑われたの?


555 :本当にあった怖い名無し:2019/10/17(Thu) 00:45:42 ID:MBZvuCch0.net
>>545
怪我した後に発見されたらしいから誰がやったかどうかは分からない
教師から連絡があったときはいじめっ子達が気絶してたから証言のしようがなかった
で、教師はなんでか『○○(俺の名前)がやったのか?』とか電話越しに言ってきやがっただけで目撃者はいない


[ 2019/10/20 18:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

もう何十年も前になるけど、3,4歳くらいの小さな女の子が行方不明になったことがあった
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/10/19 18:13 ] 不思議な話 | CM(1)
不可解な体験、謎な話~enigma~ Part109
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1567494947/


425 :本当にあった怖い名無し:2019/10/11(金) 11:45:18.85 ID:GccdODyM0.net
もう何十年も前になるけど、3,4歳くらいの小さな女の子が行方不明になったことがあった。
その子は残念ながら田舎の広い畑のすみで、遺体で発見された。
ニュースでリポーターが現地に飛び、畑の所有者に自宅の土間のようなところでインタビューしていた。
所有者は60~70代ぐらいの女性だった。
「とても見つかりにくい所だと思いましたが、どうやって発見しましたか?」みたいな、内容の質問をしマイクを向けた。
「小さい女の子がここ(土間)まで来て、こっちに来て、と言うんです。
 お家に帰りたい、と言うんです。それで女の子について行きました。それで見つかったんです。」
LIVEだった。記憶している方も多いかもしれない。
肉体が終われば全てが終わるという考えの人も多いけど、
やっぱり、もう一つ身体があると思ったことを記憶している。


[ 2019/10/19 18:13 ] 不思議な話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

猫との不思議な話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/10/09 12:01 ] 心霊いい話 | CM(0)
不可解な体験、謎な話~enigma~ Part109
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1567494947/


202 :本当にあった怖い名無し:2019/10/03(木) 13:11:49.19 ID:s/eLUtg60.net
だいぶ昔の話なので色々おおめにみて下さい

何のスキルも無かったけど、家を出たかった自分は寮のある新聞屋に就職した
そこでの寮は○○壮というコーポの一室を借りている寮だった

大家さんがすぐ傍に住んでいたのだか、猫の好きな人だったらしく周りには餌付けしてる野良猫が沢山居た

自分は猫が好きだったので入居の挨拶の時に猫沢山で良いですねと話したら、どれでも好きな子面倒みてやってと言われ、早速その日から餌付けを始めた

ある程度仲良くなり目をつけたのは、白地に灰色のぶちのある子猫と成猫の間位の子

ある冬の日、その子を勝手に家の子にする事にして餌で釣り家の中に入れた
最初戸惑っていた猫も炬燵の暖かさに安心したのか丸くなってぐっすり眠り出した

夜中過ぎ、朝の配達へ行こうかと支度をしていると、トントン、トントンとドアを叩く音がする
何だろうと開けてみたらそこにいたのは近所中の猫、10匹以上かな
一番前にはそこら辺のボスと思われてたぶっとい雄猫
そいつが一生懸命こちらの顔を見ながらニャーニャー鳴いている
何となく、自分が勝手に家に引き込んだ子を取り戻しに来たんだってわかった

すぐに寝てるその子を炬燵から抱き上げて、ごめんと言いながら皆の前に戻した
戻したとたん三々五々といった感じで猫達は帰って行った

面白かったのはその後
居心地が悪く無かったのか、自分のかどかわした猫は次の日戻って来た
窓をカリカリ引っ掻く音がするので開けたらそいつがスルリと入って来て
以来周りが取り戻しに来る事も無く、ボスは程よい距離でたまに窓から見にくる位になった

外にも出れるように窓をいつも少し開けていたんだが普段は他の野良猫が勝手に入る事も無く
ただ少し具合が悪くなった奴とかが居ると、家のに連れられて入って来ていた

もう旅立ってしまったその子との不思議な話


204 :本当にあった怖い名無し:2019/10/03(木) 16:09:25.76 ID:l9YhdxeC0.net
>>202
猫飼ってると、猫同士はどうやってコミュケーションとってるのか
不思議に思うことはあるw


206 :本当にあった怖い名無し:2019/10/03(木) 21:50:27.52 ID:v1i+GoSN0.net
>>202
不思議に頭の良い動物見かけるよね猫とか犬もだしカラスとか人間的な頭のよさ


[ 2019/10/09 12:01 ] 心霊いい話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

台風明けのグランドに無数の「ナスカの地上絵?」が描いてあった
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/10/08 12:01 ] 不思議な話 | CM(1)
不可解な体験、謎な話~enigma~ Part109
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1567494947/


197 :本当にあった怖い名無し:2019/10/03(木) 10:02:47.66 ID:lKDuSowS0.net
小学5年頃に体験した話。
学校の終わりにほぼ毎日俺は子供会に行っていた。
その日は雨で台風が直撃するとのことで早めに帰るよう子供会の指導員に言われていた
仕方なくその日は家に帰る事にして家での兄とのチャンネル争いに早々に敗北して
早めに寝ることとなった、夜遅くトイレに行くと凄い雷の音がしていて、直撃だな
と思いながらまた眠りについた。朝起きてその日は何かの祝日で休みだった俺は朝早いが
子供会に行くことにきめて外に出た夜中まで台風で雨だったのがウソみたいな晴天でちょと驚いた記憶がある。


198 :本当にあった怖い名無し:2019/10/03(木) 10:03:14.02 ID:lKDuSowS0.net
こんな朝早くに子供会に行っても誰も居ないだろうと思っていたが(指導員はもちろんいるが)同じ子供会の野球部のkがいた
俺はちょっとうれしくなってkに挨拶をしたkもうれしそうだった。二人でグランドに行ってキャッチボールをすることになってグランドにむかった
そのグランドは軟式野球なら二面出来るくらい広くナイター設備もあり立派なものだった。近くから徐々に離れながらキャッチボールを始め5m位
離れた所で地面に絵が書いてあるのに気付いた「kこれ見てみ」というとkが来てほぼ同時位に「ナスカの地上絵!!」と叫んだ そこには
ナスカの絵のハチドリの絵が書かれていてとても綺麗に書いてあった大きさは30cmくらいだったあまりの綺麗さに「すごい上手にかいてるな~」
と言いながらkは足で「えい!」とその絵を消した。笑いながらキャッチボールを再開、kがボールをキャッチミスしてボールを拾いにいくと「うわ!」と
言うので「どうした?」と近寄るとそこには1m程の同じハチドリの絵が書いてあったその絵もとても綺麗で先ほどのハチドリを拡大したものだとわかる位同じ
絵だった。俺は絵の綺麗さに感心しながら誰が書いたんだろうと思いながら周りを見渡した「え?ちょっと待って、なにこれ?」と俺は驚いた、その絵はグランド
一面に無数に書いてあるのがわかったからで、その絵はハチドリが重なり合って書いていたり絵が途中で書かれてなかったり大小様々でどの絵もとてもきれいだった。
その無数に書かれている絵を見ていくとハチドリ、コンドル、サギ、などの有名な絵や見たことの無い絵が大小重なりながら描かれていて小さいもので30cm~大きいもので4m位あった
何度も言うがどの絵も失敗した感じがなくとても綺麗だった絵の数も数百は書かれている感じだった。グランドの中心の辺りにちょっと地面からでは解らない絵が書いてあるのが分かったので
グランドの端の観戦する土手があるのでそこに上り確認してみたがその絵は他の小さな絵と重なりながら20~30m位の大きさで半円形で幾何学的でよく分からない絵だった「昨日は台風で遅くまで雨だったのに
何時書いたんだろう?」とkが言った俺はちょっと寒気がした。


199 :本当にあった怖い名無し:2019/10/03(木) 10:26:34.44 ID:Y7FtMpXT0.net
今だったらスマホで画像保存案件だねw
けど無数に書いてあると感動通り越して確かに怖い


[ 2019/10/08 12:01 ] 不思議な話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議体験】自分が見たものは山の神社の神様?
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/10/07 12:01 ] 不思議な話 | CM(0)
不可解な体験、謎な話~enigma~ Part109
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1567494947/


103 :本当にあった怖い名無し:2019/09/27(金) 13:18:39.08 ID:+woMPtqr0.net
小学三年生の頃の話
当時は祖父母に預けられ育てて貰っていた。
ある日祖父母に連れられてある山の神社に行った。
そこは家から20分位バスに乗り、乗り換えて30分位、さらに山道を20分位歩いて登って着く所。

そこでつまらない事で祖父と喧嘩をした自分は、腹立ち紛れに勝手に帰りだした。
すぐに心配して追いかけて来てくれるだろうという思惑も外れて、後に退けぬまま山をずんずんと下りて行った。
下り道を歩いている内はとりあえず下りているから正解だと思い良かったのだけど、下りきってしまった後は、どちらに行けば良いのか途方にくれてしまった。

泣き出したい気持ちで来た道を振り返ってみても誰もおらず、車も通らず、さわさわと木々が鳴るばかり。

その時一匹の大きく白い猫の様な犬の様な生き物が目に入った。
どうしようもなかった自分は、何となくその後をついていった。
歩いても走っても、何故だかその生き物との距離は縮まらず、でも見失わない絶妙な距離で先を歩いている。
そしてふと気付くとそこは普段バスに乗って良く来る大きな病院の傍の繁華街だった。
(小さな頃は病弱で月に一度で病院に通っていた)
あ、知ってる所だ!とホッとした瞬間からその生き物を見失ってしまった。

しょうがなく、いつも病院の帰りに寄るデパートに何となく寄ってみたら、たまたま小学校の同じ部活の六年生グループに出会い、バス代を出してくれて家の方向のバスに乗せてくれて、無事に家に戻って来た。

着いたのはもう夜になろうかという時間。祖父母はすでに親戚や警察に迄捜すのを頼んでいた所で、本当に申し訳なかったのだけど…。

それにしても導いてくれたあの生き物はなんだったのだろう?
今思うと、猫ならペルシャ、犬ならスピッツが近い感じでした。
でもどちらにしても、大きさがそのサイズでは無かった様な。
記憶が曖昧なせいでそう思うのかもしれないけど…。

後は周りの人には見えて無いみたいなのも気になりました、特に繁華街近くは結構人が居たのですが、誰も気に留めていないようでした。
そして学校の規則で子供だけでの繁華街行きは禁止だったのに、先輩達に偶然出会えた事も不思議でなりません。
けっこう大きなデパートだったのですよ。

長々と読んで下さってありがとうございました。


105 :本当にあった怖い名無し:2019/09/27(金) 13:46:44.02 ID:+woMPtqr0.net
不思議だけど怖くは無い経験だったし、そういうのに詳しい方が居たら意見を伺えると良いなぁと思い、ここが最適かと思い書きましたが、違っていたらすみません。

自分ではお詣りに行った山の神社の神様が、馬鹿な子供をみかねて導いてくれたのかなと思っています。
大人になってからそちらへ行った時はお礼の気持ちを込めて山を拝んでいました。

もう祖父母も旅立ち、そちらの県へ行くことも無くなってしまいましたが…。


106 :本当にあった怖い名無し:2019/09/27(金) 14:53:22.64 ID:HYdtaFAh0.net
>>105
不可解な体験だからスレチではないですよ


108 :本当にあった怖い名無し:2019/09/27(金) 18:55:39.43 ID:PwkXXOqd0.net
>>103
思うに、喧嘩したからといってそんな遠いところで祖父母が小3の子供を1人で帰らせるわけがない
絶対に必死で追いかけて来るよ
そこに妥当な理由がない限り夢か記憶違いだと思う
オカ板らしからぬレスで悪いね


110 :本当にあった怖い名無し:2019/09/27(金) 19:36:25.61 ID:+woMPtqr0.net
祖父母は勝手に帰ったとは思って無かったみたいで。

お詣りする場所は階段を登った先にあったのですが、其処へは祖父と二人で行きました。
祖母は少し足が悪くて御神籤をひくところなどがある階段の下で休んでたので、そっちに向かったと思われてたみたいです。
結構広い神社だったので、祖母の前は気付かれぬまま通過してしまったんだと思います。

意見を下さった方、ありがとうございました。



[ 2019/10/07 12:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

自分以外の人間が忽然と消えた話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/10/06 19:21 ] 不思議な話 | CM(0)
不可解な体験、謎な話~enigma~ Part109
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1567494947/


36 :本当にあった怖い名無し:2019/09/07(土) 09:12:50.64 ID:+yoypliG0.net
オチとかは特にないけど、自分的にはちょっと不思議な体験をした。

京急大師線に乗っていた時のこと。京急川崎から乗って川崎大師で降りる予定だったのね。
でも、座れたのと、平日の午前中で比較的車内が空いていたのとで、
京急川崎を出発して割とすぐにウトウト寝てしまった。
そのまま寝過ごして終点の小島新田まで行ってしまった。
大師線て、終点の小島新田で折り返してまた京急川崎に向かうのね。
だから電車から降りないでそのまま車内にいたら、車掌さんに
この電車は回送になるから、次の電車に乗ってください
と言われ、電車を降りてホームのベンチに座って待ってた。
スマホいじってたりして待ってたんだけど、なかなか次の電車が来ない。
いつもだと10~15分間隔くらいなんだけど、30分近くきてなかった。
電光掲示板にも、ちゃんと次の電車の時間が出ていて、もうその予定時刻を30分近く過ぎてる上に、遅延云々の記載やアナウンスなし。
さすがにおかしいと思い、駅員に聞きに行ったが、駅員室には誰もいなかった。
この時点では「何か事故でもあったのか?」ぐらいにしか考えていなかったけど、
このまま駅で待ちぼうけも嫌だったので、歩いて川崎大師まで行くことにした(歩ける距離なので)。


37 :36:2019/09/07(土) 09:28:34.84 ID:+yoypliG0.net
小島新田の駅界隈って、もともとそんなに人通りの多い所ではないんだけど、
何か不気味なくらい誰もいない。
産業道路まで出てきて、そこでさらにビックリ。車が1台も通ってないの。
いつもならかなり交通量の多い道路なのに。ちなみに、信号は普通に機能していた。
ここら辺からちょっと怖くなり始めた。
結局、小島新田から川崎大師まで歩いている間(30分くらいか)誰にも会わず、車も見かけなかった。
(コンビニとかは入ってないけど)対面式の個人商店にも人がいなかった。
途中通った産業道路駅と東門前駅にも客も駅員もいないようだったし。
相変わらず車も通らない。
でもそれ以外はいたって普通だった。信号も機能しているし、看板の文字なんかも同じ。
スマホも特に異常なしだった。歩いている時に暇だったので、友達とラインしてたし。
とにかく不気味だったので、家に帰る前に川崎大師の本堂にお参りしていくことにした。
大師の参道にも誰もいない。トントコ飴のお店も無人だった。
もうマジで怖くなっていたので、速足で本堂まで行って、祈るような気持ちでお参りしてきた。


39 :36:2019/09/07(土) 09:34:58.39 ID:+yoypliG0.net
ここからちょっと不思議なんだけど、お参りして、くるっと後ろに向き直ったら、
いつも通りに人が大勢いた。
え?あれ?さっきまで誰もいなかったのに?
みたいな感じで驚いた。
その後は何事もなく、人も車もいる、いつも通りの風景。そして歩いて無事に家に着きました。
お大師様に助けられたんだと思ってる。どっかの世界に迷い込んだのか・・・?


38 :本当にあった怖い名無し:2019/09/07(土) 09:28:50.21 ID:654Xvcjd0.net
夢でも見てたんじゃないのかw


40 :36:2019/09/07(土) 09:39:47.39 ID:+yoypliG0.net
>>38
それならそれで良いんだけどねw
でも地元で誰もいない体験は結構怖かった・・・。


41 :本当にあった怖い名無し:2019/09/07(土) 09:49:07.53 ID:VcGWcGi10.net
>>39
まさに奇妙な体験ですね
一時的に自分だけ別次元に移行してたとか?
でも、友達とは普通にLINEでやり取りできたということは、違うかな


42 :36:2019/09/07(土) 09:54:15.91 ID:+yoypliG0.net
>>41
もしかしたら、糖質にでもなって幻が見えていたのかもしれない・・・。
異次元にしろ、糖質にしろ、お大師様にお参りしたことで戻れて良かったよ。
あのままお参りせずに真っ直ぐ帰宅していたらどうなっていたんだろう。


55 :本当にあった怖い名無し:2019/09/08(日) 14:00:31.26 ID:R7lMkWeO0.net
川崎大師。地元ネタなのでドキドキした。
めっちゃ歩いている風景とかイメージ出来るし。



[ 2019/10/06 19:21 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加
管理人オススメ記事
去年の出来事
真夜中にナビにつられて知らない峠道を走ることになった
池沼Aと俺
田舎の古い民家を解体してたら床下から妙な物が出てきた

‐全ランキング表示‐ ブログパーツ
プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加




最新記事
もう25年くらい経ってしまうんだけど、時々思い出す不思議な友達の話 Dec 09, 2019
【不可解な体験】ペン立ての置き場所 Dec 08, 2019
【心霊いい話】我が家では昔から猫を飼ってる Nov 27, 2019
夢枕に見知らぬ兵隊さんが立つようになった話 Nov 26, 2019
まだ高校生だった頃から今でも依頼があれば霊視とか除霊とかをしてる Nov 25, 2019
【病院の怪談】夜中にトイレを流す音 Nov 24, 2019
これは私たち夫婦が10年以上住んでいる、築40年のマンションでの話です Nov 23, 2019
黒く濁った顔の写真 Nov 21, 2019
高校2年の時、離島での合宿で私は怖い体験をしたのです Nov 20, 2019
【不思議体験】これ、俺が小学校6年生のときの話だよ。夏休みの終わり頃のことだった Nov 14, 2019
過去ログ +

2019年 12月 【2件】
2019年 11月 【12件】
2019年 10月 【10件】
2019年 09月 【10件】
2019年 08月 【10件】
2019年 07月 【10件】
2019年 06月 【10件】
2019年 05月 【10件】
2019年 04月 【10件】
2019年 03月 【10件】
2019年 02月 【10件】
2019年 01月 【11件】
2018年 12月 【10件】
2018年 11月 【11件】
2018年 10月 【10件】
2018年 09月 【10件】
2018年 08月 【10件】
2018年 07月 【11件】
2018年 06月 【10件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【10件】
2018年 03月 【10件】
2018年 02月 【10件】
2018年 01月 【12件】
2017年 12月 【9件】
2017年 11月 【8件】
2017年 10月 【13件】
2017年 09月 【13件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【10件】
2017年 04月 【10件】
2017年 03月 【10件】
2017年 02月 【11件】
2017年 01月 【10件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【8件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【13件】
2016年 06月 【16件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【13件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【13件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【12件】
2015年 05月 【16件】
2015年 04月 【14件】
2015年 03月 【27件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【25件】
2014年 12月 【26件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【20件】
2014年 09月 【18件】
2014年 08月 【20件】
2014年 07月 【25件】
2014年 06月 【21件】
2014年 05月 【18件】
2014年 04月 【17件】
2014年 03月 【16件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【22件】
2013年 10月 【10件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【13件】
2013年 07月 【10件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【5件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【6件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【7件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【8件】
2009年 07月 【21件】

アクセスランキング
LINK
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top