FC2ブログ

|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
ヘッドライン

猫との不思議な話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/10/09 12:01 ] 心霊いい話 | CM(0)
不可解な体験、謎な話~enigma~ Part109
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1567494947/


202 :本当にあった怖い名無し:2019/10/03(木) 13:11:49.19 ID:s/eLUtg60.net
だいぶ昔の話なので色々おおめにみて下さい

何のスキルも無かったけど、家を出たかった自分は寮のある新聞屋に就職した
そこでの寮は○○壮というコーポの一室を借りている寮だった

大家さんがすぐ傍に住んでいたのだか、猫の好きな人だったらしく周りには餌付けしてる野良猫が沢山居た

自分は猫が好きだったので入居の挨拶の時に猫沢山で良いですねと話したら、どれでも好きな子面倒みてやってと言われ、早速その日から餌付けを始めた

ある程度仲良くなり目をつけたのは、白地に灰色のぶちのある子猫と成猫の間位の子

ある冬の日、その子を勝手に家の子にする事にして餌で釣り家の中に入れた
最初戸惑っていた猫も炬燵の暖かさに安心したのか丸くなってぐっすり眠り出した

夜中過ぎ、朝の配達へ行こうかと支度をしていると、トントン、トントンとドアを叩く音がする
何だろうと開けてみたらそこにいたのは近所中の猫、10匹以上かな
一番前にはそこら辺のボスと思われてたぶっとい雄猫
そいつが一生懸命こちらの顔を見ながらニャーニャー鳴いている
何となく、自分が勝手に家に引き込んだ子を取り戻しに来たんだってわかった

すぐに寝てるその子を炬燵から抱き上げて、ごめんと言いながら皆の前に戻した
戻したとたん三々五々といった感じで猫達は帰って行った

面白かったのはその後
居心地が悪く無かったのか、自分のかどかわした猫は次の日戻って来た
窓をカリカリ引っ掻く音がするので開けたらそいつがスルリと入って来て
以来周りが取り戻しに来る事も無く、ボスは程よい距離でたまに窓から見にくる位になった

外にも出れるように窓をいつも少し開けていたんだが普段は他の野良猫が勝手に入る事も無く
ただ少し具合が悪くなった奴とかが居ると、家のに連れられて入って来ていた

もう旅立ってしまったその子との不思議な話


204 :本当にあった怖い名無し:2019/10/03(木) 16:09:25.76 ID:l9YhdxeC0.net
>>202
猫飼ってると、猫同士はどうやってコミュケーションとってるのか
不思議に思うことはあるw


206 :本当にあった怖い名無し:2019/10/03(木) 21:50:27.52 ID:v1i+GoSN0.net
>>202
不思議に頭の良い動物見かけるよね猫とか犬もだしカラスとか人間的な頭のよさ


[ 2019/10/09 12:01 ] 心霊いい話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

台風明けのグランドに無数の「ナスカの地上絵?」が描いてあった
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/10/08 12:01 ] 不思議な話 | CM(1)
不可解な体験、謎な話~enigma~ Part109
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1567494947/


197 :本当にあった怖い名無し:2019/10/03(木) 10:02:47.66 ID:lKDuSowS0.net
小学5年頃に体験した話。
学校の終わりにほぼ毎日俺は子供会に行っていた。
その日は雨で台風が直撃するとのことで早めに帰るよう子供会の指導員に言われていた
仕方なくその日は家に帰る事にして家での兄とのチャンネル争いに早々に敗北して
早めに寝ることとなった、夜遅くトイレに行くと凄い雷の音がしていて、直撃だな
と思いながらまた眠りについた。朝起きてその日は何かの祝日で休みだった俺は朝早いが
子供会に行くことにきめて外に出た夜中まで台風で雨だったのがウソみたいな晴天でちょと驚いた記憶がある。


198 :本当にあった怖い名無し:2019/10/03(木) 10:03:14.02 ID:lKDuSowS0.net
こんな朝早くに子供会に行っても誰も居ないだろうと思っていたが(指導員はもちろんいるが)同じ子供会の野球部のkがいた
俺はちょっとうれしくなってkに挨拶をしたkもうれしそうだった。二人でグランドに行ってキャッチボールをすることになってグランドにむかった
そのグランドは軟式野球なら二面出来るくらい広くナイター設備もあり立派なものだった。近くから徐々に離れながらキャッチボールを始め5m位
離れた所で地面に絵が書いてあるのに気付いた「kこれ見てみ」というとkが来てほぼ同時位に「ナスカの地上絵!!」と叫んだ そこには
ナスカの絵のハチドリの絵が書かれていてとても綺麗に書いてあった大きさは30cmくらいだったあまりの綺麗さに「すごい上手にかいてるな~」
と言いながらkは足で「えい!」とその絵を消した。笑いながらキャッチボールを再開、kがボールをキャッチミスしてボールを拾いにいくと「うわ!」と
言うので「どうした?」と近寄るとそこには1m程の同じハチドリの絵が書いてあったその絵もとても綺麗で先ほどのハチドリを拡大したものだとわかる位同じ
絵だった。俺は絵の綺麗さに感心しながら誰が書いたんだろうと思いながら周りを見渡した「え?ちょっと待って、なにこれ?」と俺は驚いた、その絵はグランド
一面に無数に書いてあるのがわかったからで、その絵はハチドリが重なり合って書いていたり絵が途中で書かれてなかったり大小様々でどの絵もとてもきれいだった。
その無数に書かれている絵を見ていくとハチドリ、コンドル、サギ、などの有名な絵や見たことの無い絵が大小重なりながら描かれていて小さいもので30cm~大きいもので4m位あった
何度も言うがどの絵も失敗した感じがなくとても綺麗だった絵の数も数百は書かれている感じだった。グランドの中心の辺りにちょっと地面からでは解らない絵が書いてあるのが分かったので
グランドの端の観戦する土手があるのでそこに上り確認してみたがその絵は他の小さな絵と重なりながら20~30m位の大きさで半円形で幾何学的でよく分からない絵だった「昨日は台風で遅くまで雨だったのに
何時書いたんだろう?」とkが言った俺はちょっと寒気がした。


199 :本当にあった怖い名無し:2019/10/03(木) 10:26:34.44 ID:Y7FtMpXT0.net
今だったらスマホで画像保存案件だねw
けど無数に書いてあると感動通り越して確かに怖い


[ 2019/10/08 12:01 ] 不思議な話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議体験】自分が見たものは山の神社の神様?
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/10/07 12:01 ] 不思議な話 | CM(0)
不可解な体験、謎な話~enigma~ Part109
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1567494947/


103 :本当にあった怖い名無し:2019/09/27(金) 13:18:39.08 ID:+woMPtqr0.net
小学三年生の頃の話
当時は祖父母に預けられ育てて貰っていた。
ある日祖父母に連れられてある山の神社に行った。
そこは家から20分位バスに乗り、乗り換えて30分位、さらに山道を20分位歩いて登って着く所。

そこでつまらない事で祖父と喧嘩をした自分は、腹立ち紛れに勝手に帰りだした。
すぐに心配して追いかけて来てくれるだろうという思惑も外れて、後に退けぬまま山をずんずんと下りて行った。
下り道を歩いている内はとりあえず下りているから正解だと思い良かったのだけど、下りきってしまった後は、どちらに行けば良いのか途方にくれてしまった。

泣き出したい気持ちで来た道を振り返ってみても誰もおらず、車も通らず、さわさわと木々が鳴るばかり。

その時一匹の大きく白い猫の様な犬の様な生き物が目に入った。
どうしようもなかった自分は、何となくその後をついていった。
歩いても走っても、何故だかその生き物との距離は縮まらず、でも見失わない絶妙な距離で先を歩いている。
そしてふと気付くとそこは普段バスに乗って良く来る大きな病院の傍の繁華街だった。
(小さな頃は病弱で月に一度で病院に通っていた)
あ、知ってる所だ!とホッとした瞬間からその生き物を見失ってしまった。

しょうがなく、いつも病院の帰りに寄るデパートに何となく寄ってみたら、たまたま小学校の同じ部活の六年生グループに出会い、バス代を出してくれて家の方向のバスに乗せてくれて、無事に家に戻って来た。

着いたのはもう夜になろうかという時間。祖父母はすでに親戚や警察に迄捜すのを頼んでいた所で、本当に申し訳なかったのだけど…。

それにしても導いてくれたあの生き物はなんだったのだろう?
今思うと、猫ならペルシャ、犬ならスピッツが近い感じでした。
でもどちらにしても、大きさがそのサイズでは無かった様な。
記憶が曖昧なせいでそう思うのかもしれないけど…。

後は周りの人には見えて無いみたいなのも気になりました、特に繁華街近くは結構人が居たのですが、誰も気に留めていないようでした。
そして学校の規則で子供だけでの繁華街行きは禁止だったのに、先輩達に偶然出会えた事も不思議でなりません。
けっこう大きなデパートだったのですよ。

長々と読んで下さってありがとうございました。


105 :本当にあった怖い名無し:2019/09/27(金) 13:46:44.02 ID:+woMPtqr0.net
不思議だけど怖くは無い経験だったし、そういうのに詳しい方が居たら意見を伺えると良いなぁと思い、ここが最適かと思い書きましたが、違っていたらすみません。

自分ではお詣りに行った山の神社の神様が、馬鹿な子供をみかねて導いてくれたのかなと思っています。
大人になってからそちらへ行った時はお礼の気持ちを込めて山を拝んでいました。

もう祖父母も旅立ち、そちらの県へ行くことも無くなってしまいましたが…。


106 :本当にあった怖い名無し:2019/09/27(金) 14:53:22.64 ID:HYdtaFAh0.net
>>105
不可解な体験だからスレチではないですよ


108 :本当にあった怖い名無し:2019/09/27(金) 18:55:39.43 ID:PwkXXOqd0.net
>>103
思うに、喧嘩したからといってそんな遠いところで祖父母が小3の子供を1人で帰らせるわけがない
絶対に必死で追いかけて来るよ
そこに妥当な理由がない限り夢か記憶違いだと思う
オカ板らしからぬレスで悪いね


110 :本当にあった怖い名無し:2019/09/27(金) 19:36:25.61 ID:+woMPtqr0.net
祖父母は勝手に帰ったとは思って無かったみたいで。

お詣りする場所は階段を登った先にあったのですが、其処へは祖父と二人で行きました。
祖母は少し足が悪くて御神籤をひくところなどがある階段の下で休んでたので、そっちに向かったと思われてたみたいです。
結構広い神社だったので、祖母の前は気付かれぬまま通過してしまったんだと思います。

意見を下さった方、ありがとうございました。



[ 2019/10/07 12:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

自分以外の人間が忽然と消えた話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2019/10/06 19:21 ] 不思議な話 | CM(0)
不可解な体験、謎な話~enigma~ Part109
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1567494947/


36 :本当にあった怖い名無し:2019/09/07(土) 09:12:50.64 ID:+yoypliG0.net
オチとかは特にないけど、自分的にはちょっと不思議な体験をした。

京急大師線に乗っていた時のこと。京急川崎から乗って川崎大師で降りる予定だったのね。
でも、座れたのと、平日の午前中で比較的車内が空いていたのとで、
京急川崎を出発して割とすぐにウトウト寝てしまった。
そのまま寝過ごして終点の小島新田まで行ってしまった。
大師線て、終点の小島新田で折り返してまた京急川崎に向かうのね。
だから電車から降りないでそのまま車内にいたら、車掌さんに
この電車は回送になるから、次の電車に乗ってください
と言われ、電車を降りてホームのベンチに座って待ってた。
スマホいじってたりして待ってたんだけど、なかなか次の電車が来ない。
いつもだと10~15分間隔くらいなんだけど、30分近くきてなかった。
電光掲示板にも、ちゃんと次の電車の時間が出ていて、もうその予定時刻を30分近く過ぎてる上に、遅延云々の記載やアナウンスなし。
さすがにおかしいと思い、駅員に聞きに行ったが、駅員室には誰もいなかった。
この時点では「何か事故でもあったのか?」ぐらいにしか考えていなかったけど、
このまま駅で待ちぼうけも嫌だったので、歩いて川崎大師まで行くことにした(歩ける距離なので)。


37 :36:2019/09/07(土) 09:28:34.84 ID:+yoypliG0.net
小島新田の駅界隈って、もともとそんなに人通りの多い所ではないんだけど、
何か不気味なくらい誰もいない。
産業道路まで出てきて、そこでさらにビックリ。車が1台も通ってないの。
いつもならかなり交通量の多い道路なのに。ちなみに、信号は普通に機能していた。
ここら辺からちょっと怖くなり始めた。
結局、小島新田から川崎大師まで歩いている間(30分くらいか)誰にも会わず、車も見かけなかった。
(コンビニとかは入ってないけど)対面式の個人商店にも人がいなかった。
途中通った産業道路駅と東門前駅にも客も駅員もいないようだったし。
相変わらず車も通らない。
でもそれ以外はいたって普通だった。信号も機能しているし、看板の文字なんかも同じ。
スマホも特に異常なしだった。歩いている時に暇だったので、友達とラインしてたし。
とにかく不気味だったので、家に帰る前に川崎大師の本堂にお参りしていくことにした。
大師の参道にも誰もいない。トントコ飴のお店も無人だった。
もうマジで怖くなっていたので、速足で本堂まで行って、祈るような気持ちでお参りしてきた。


39 :36:2019/09/07(土) 09:34:58.39 ID:+yoypliG0.net
ここからちょっと不思議なんだけど、お参りして、くるっと後ろに向き直ったら、
いつも通りに人が大勢いた。
え?あれ?さっきまで誰もいなかったのに?
みたいな感じで驚いた。
その後は何事もなく、人も車もいる、いつも通りの風景。そして歩いて無事に家に着きました。
お大師様に助けられたんだと思ってる。どっかの世界に迷い込んだのか・・・?


38 :本当にあった怖い名無し:2019/09/07(土) 09:28:50.21 ID:654Xvcjd0.net
夢でも見てたんじゃないのかw


40 :36:2019/09/07(土) 09:39:47.39 ID:+yoypliG0.net
>>38
それならそれで良いんだけどねw
でも地元で誰もいない体験は結構怖かった・・・。


41 :本当にあった怖い名無し:2019/09/07(土) 09:49:07.53 ID:VcGWcGi10.net
>>39
まさに奇妙な体験ですね
一時的に自分だけ別次元に移行してたとか?
でも、友達とは普通にLINEでやり取りできたということは、違うかな


42 :36:2019/09/07(土) 09:54:15.91 ID:+yoypliG0.net
>>41
もしかしたら、糖質にでもなって幻が見えていたのかもしれない・・・。
異次元にしろ、糖質にしろ、お大師様にお参りしたことで戻れて良かったよ。
あのままお参りせずに真っ直ぐ帰宅していたらどうなっていたんだろう。


55 :本当にあった怖い名無し:2019/09/08(日) 14:00:31.26 ID:R7lMkWeO0.net
川崎大師。地元ネタなのでドキドキした。
めっちゃ歩いている風景とかイメージ出来るし。



[ 2019/10/06 19:21 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加
管理人オススメ記事
去年の出来事
真夜中にナビにつられて知らない峠道を走ることになった
池沼Aと俺
田舎の古い民家を解体してたら床下から妙な物が出てきた

‐全ランキング表示‐ ブログパーツ
プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加




最新記事
猫との不思議な話 Oct 09, 2019
台風明けのグランドに無数の「ナスカの地上絵?」が描いてあった Oct 08, 2019
【不思議体験】自分が見たものは山の神社の神様? Oct 07, 2019
自分以外の人間が忽然と消えた話 Oct 06, 2019
視界の端に見える人影 Sep 28, 2019
大正時代の物が好きでいっとき蒐集していた Sep 27, 2019
去年の夏に体験したちょっと怖い話です。(幽霊じゃない) Sep 26, 2019
待ってるからね Sep 23, 2019
我が家に起こった不思議な出来事 Sep 22, 2019
自分が10歳くらいの頃、屋内プールへ出かけた時の話 Sep 22, 2019
過去ログ +

2019年 10月 【4件】
2019年 09月 【10件】
2019年 08月 【10件】
2019年 07月 【10件】
2019年 06月 【10件】
2019年 05月 【10件】
2019年 04月 【10件】
2019年 03月 【10件】
2019年 02月 【10件】
2019年 01月 【11件】
2018年 12月 【10件】
2018年 11月 【11件】
2018年 10月 【10件】
2018年 09月 【10件】
2018年 08月 【10件】
2018年 07月 【11件】
2018年 06月 【10件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【10件】
2018年 03月 【10件】
2018年 02月 【10件】
2018年 01月 【12件】
2017年 12月 【9件】
2017年 11月 【8件】
2017年 10月 【13件】
2017年 09月 【13件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【10件】
2017年 04月 【10件】
2017年 03月 【10件】
2017年 02月 【11件】
2017年 01月 【10件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【8件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【13件】
2016年 06月 【16件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【13件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【13件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【12件】
2015年 05月 【16件】
2015年 04月 【14件】
2015年 03月 【27件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【25件】
2014年 12月 【26件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【20件】
2014年 09月 【18件】
2014年 08月 【20件】
2014年 07月 【25件】
2014年 06月 【21件】
2014年 05月 【18件】
2014年 04月 【17件】
2014年 03月 【16件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【22件】
2013年 10月 【10件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【13件】
2013年 07月 【10件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【5件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【6件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【7件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【8件】
2009年 07月 【21件】

アクセスランキング
LINK
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top