FC2ブログ

|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
ヘッドライン

10年以上前にTVの特番で「実際にあった怖い話」っていうので紹介されてた話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/03/31 18:29 ] 怖い話 | CM(0)
不可解な体験、謎な話~enigma~ Part110
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1577968627/


202 :本当にあった怖い名無し:2020/02/03(月) 01:30:59.52 ID:MgijhSHU0.net
自分の体験ではないんですけどふと思い出して誰か見てた人いないかなと気になったので書き込んでみます。
10年以上前にTVの特番でさんまさんが司会の実際にあった怖い話っていうので紹介されてた話です。
海外の話なんですが、ある女の子が友達ができにくいとか兄弟がいないとかの理由で一人遊びをよくしてたんです。
その女の子には自分で作った見えない友達がいて、毎日その子と遊んでいました。
幼いころに一人遊びをするのはよくあることだし最初の頃は母親もあまりきにしていなかったんですが、
あまりにもそこに本当にいるように娘が話しかけたり遊んだりするので気味が悪くなって、
しばらくしたある日「もうやめなさい」って止めたんです。
1人遊びを止められた女の子は寂しそうにして元気がなくなってしまったので、
母親はなんとか気を晴らしてあげて元気にしてあげたいと思い旅行に連れ出すことにしました。
異国への旅行だったと思います。
旅行中もあまり楽しそうではなかった女の子だったんですが、
突然嬉しそうに「こっち!こっち!!」とどこかへ向かいだしました。
行きついた先には露店?のようなお店で、そこにはたくさんの女の子の人形が並んでいました。
その中から女の子は1つの人形を手に取って「やっと会えたね」と嬉しそうに抱きしめます。
店主が「人形には名前がついていて、その名前は足の裏に書いてあるんだよ」と教えてくれ、
その人形の足の裏を見てみると、
その女の子がずっと一緒に遊んでいた見えない友達の名前が書かれてあり、
母親は悲鳴をあげました。


その人形を買ってあげたかどうかは忘れましたが、
とても怖かったというか声が出ないリアルな恐怖があって未だにたまに思い出すので、
最初にも書きましたが見てた方知ってる方いたらちょっと嬉しいなーと思って書き込んでみました。
初めてだったのとメモ帳に下書きしてからなので改行が変だったり、
駄文だったと思いますが読んでくださりありがとうございました。


204 :本当にあった怖い名無し:2020/02/07(金) 13:14:59.58 ID:lNYGXFAp0.net
>>202
イマジナリーフレンドも不気味ではあるけど
いきなり形を伴ってしまうと怖いねぇ
捨てても焼いても戻って来ちゃうパターンだな


[ 2020/03/31 18:29 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【不可解な体験】爺さんの守護霊か何かの仕業?
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/03/29 15:43 ] 不思議な話 | CM(0)
不可解な体験、謎な話~enigma~ Part111
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1582077563/


258 :本当にあった怖い名無し:2020/03/14(土) 17:28:12.82 ID:OACJnXN60.net
趣味でジョギングをしていてたいだい1度に20kmくらい走っていた

ある日ジョギングコースのスタート地点までバイクで向かっていたら
急に頭に30kmコース走ってみようと浮かび走る事にした。
30kmコースを走る時は時計回りにグルっと走るのだが分岐点でまた
今日は逆から走ってみようと頭に浮かび反時計回りで30kmコースを逆から走った

すると途中12~13kmあたりで黒煙をあげている民家を発見
携帯を持っていなかったので近くの家の人に消防に電話してくれとお願いし
火事の家の中で寝ていたじいさんを起こして外まで避難させた。
屋根の上あたりまで強くなっていた炎の近くにプロパンガスがあったのでやばいと思い
他の野次馬の人達と協力しガスタンクを外して安全な場所まで移動させた。タンクは結構重かったw
しばらくすると消防隊が到着し少し燃えたけども幸いにもボヤで済んだ。
んで年明け早々に消防署から感謝状を頂いた

普段通り20kmコースを走ったり時計回りで30kmコースを走っていたらじいさんの救出に間に合わず
プロパンガスに引火してドーン!!といってたかもしれない。
たまたまその日に限ってめったに走らない30kmコースを反時計回りの逆から走ったからじいさん救出に間に合った

この偶然は爺さんの守護霊か何かの仕業で爺さんを助けるために無意識のうちにあの時間にあの家の前を通るように仕向けられたとしか思えないw


[ 2020/03/29 15:43 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

大正後期から令和初期まで生きて亡くなったおばあちゃんの話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/03/27 09:06 ] 不思議な話 | CM(0)
不可解な体験、謎な話~enigma~ Part111
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1582077563/


162 :子供時代のおばあちゃん 1:2020/02/28(金) 03:08:23.17 ID:3hVcp4pn0.net
自分が体験した話ではないけど、今年90代半ばで亡くなった大正生まれのおばあちゃんが、昔、しつこく聞かせてくれたおばあちゃんの体験談

大正生まれのおばあちゃんが小学校低学年の頃、友達たちと3人で一緒に下校

道は家や店がたくさんある街中ではなく、森とか山とか畑とか田んぼや川原や土手とか自然いっぱいのような道
トトロに出てくる風景みたいな感じだったようです

ところがどんなに歩いても歩いてもおばあちゃんたちは、なかなか家にたどりつけない。何故かどうやっても家にたどりつかずに友達たちと不思議がりながらひたすら歩きつづける。とにかくいつもの道がどこまでも長く思えた感じだったとか。

そのうちに外が薄暗くなり、娘が学校から帰ってこないことに心配したお母さん(私にとっては、ひいばあちゃん)が外で娘を探していると、

小学生時代のおばあちゃんとその友達たちは、

途中の大きな大木の周りを、グルグルと何周も何周も周り続けながら歩いていたようだ……

おばあちゃん本人と友達たちは必死に帰ろうと道を歩いていたつもりだというのに、実際は木の周りをグルグルと回っていただけ …それは家に帰れるわけがない


163 :子供時代のおばあちゃん 2:2020/02/28(金) 03:15:09.92 ID:3hVcp4pn0.net
その後は、お母さん(ひいおばあちゃん)が、木の周りを歩き周り続ける娘(おばあちゃん)と友達を見つけたことで正気に戻れたらしい

1人だけがそんな状態になったら、精神病や急な知能障害が起きたと疑われるけど、3人そろって同じ現象同じ状態だった

なお90年くらい前の昭和一桁の時代の田舎話、周りには、あーあ、これは、キツネかタヌキにやられちゃったなぁ。
そりゃ当然キツネかタヌキにまんまと化かされたに決まってる!よくあるある! で、笑い話になっただけのようだ

なんか当時のその地方はそんなこと大人でもよくあることだったらしい…

たとえば、朝起きて、顔洗って歯を磨いてる間に、なんと急に夜になっていたとか
(他の家族にはその日1日普通に過ごした本人を見ていたのに、本人にとってはたった1分で朝から急にその日の夜に移動した感じ)

またキツネにやられたよー で済んでいたとか
村中の人たちが、キツネやタヌキにはそういう能力あると当たり前に信じていたみたいでそれも怖い 時代かなぁ

おばあちゃんも、私ようやく人生で初めてキツネに化かされたー!と当時喜んでいたとか

孫の私も、おばあちゃんの不思議体験話ではなく、昔に初めてキツネやタヌキに化かされた話として聞かせてもらってました

キツネやタヌキは本当に人を化かすよ!今はキツネやタヌキがもういないからやられないけど、
昔は皆よくやられたもん!と平成後期時代までおばあちゃん世代に近い人たちは当然のように言ってました 

以上、大正後期から令和初期まで生きて亡くなったおばあちゃんの話でした


164 :本当にあった怖い名無し:2020/02/28(金) 04:16:08.68 ID:NMxous/n0.net
>>162-163
ほう昭和1桁時代の戦前のそういうオカルト体験話は貴重だ…

江戸時代や、そして昭和の30年時代くらいからのオカルト体験話はよくあっても、大正や戦前の昭和1桁時代オカルト体験はあまり聞かないから


[ 2020/03/27 09:06 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

電車での不思議体験
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/03/19 16:01 ] 不思議な話 | CM(0)
不可解な体験、謎な話~enigma~ Part111
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1582077563/


85 :電車での不思議体験 1:2020/02/26(水) 01:57:00.43 ID:hHNPiNRf0.net
今思い出しても、あれはなんだったんだと思う話があります。長いですが語ります。

数年前30代前半の頃、普通に電車に乗り込みました。
真昼間の東京の田舎。(ぶっちゃけると青梅線)その駅からその車両に乗り込んだのは私だけ。

はじから2番目の席で空席があったから、あたりまえのようにそこに座りました。

座った瞬間、となり席のはじっこに座っていた60代後半くらいのおっさんが、
「なんだ、こいつ」みたいな目で、となりの私をジロジロ。まるで不審者や気持ち悪いものを見てるかのように、うざがってるような迷惑そうな見かたで。

え?私もしや、なんか臭いとか?いやお風呂入って清潔にしてきたし、体臭等指摘されたこともないし、そんなはずはない。

私最近太りまくったから、可愛いJKとかではなく、こんなデブサイク30代女がとなりで最悪だとでも思われたかな?

とか、下向いてこれを一瞬の間に考えていて、そして顔あげて周り見た瞬間、………ゾッとしました。

なんとその電車の車両、私ととなりのおっさん以外、誰も乗っていなかったんです……。

私が電車に入った時、確かに、乗り込んだ車両の他の席はみんな人がうまっていて、はじから2番目のその席しかあいてなかったはずなのに?!
 どんな人たちがいたかとかまでは、気にして顔見たりはしてなかったから覚えてない。普通に他の席には人がいたことだけしか覚えてない。

私が座った直後に、みんながみんな偶然いっせいに降りていったとかじゃ絶対にありません。ここまでは一瞬のことですし。 いっせいに出ていけばわかります。
東京でも田舎すぎてそんな人の乗り降り激しい場所ではないんです。

なんでほんの一瞬にして、となりのおっさん以外、みんないなくなったのか?!


86 :電車での不思議体験 2:2020/02/26(水) 02:05:03.01 ID:hHNPiNRf0.net
そりゃあ~となりのおっさんは、驚いて、私を気味悪がりジロジロして見るに当然でしょう。
ガラガラにすいてて1人しか座ってなかった車両、どこでも座りたい放題だというのに、あえてとなりの席に密着して座ってきたんですから!
そういうガラ空き状況の時は、真向かいに座ってもおかしいのに、すぐとなりに密着って!
そりゃジロジロみるくらい不審者扱いになりびっくりされてあまりにあたりまえ。

となりのおっさん以外にこの車両に人はいないと気づいた瞬間、恐怖とか不思議がるとか何故だ?というよりも先に、

このおっさんには、私はスリだとか、おっさんに密着したいおっさん好き痴女とか絶対勘違いされたわ!
と察し、あまりに恥ずかしすぎて、すぐに立って走って車両移動しました。恥ずかしすぎておっさんから逃げました。

でも、恥ずかしさが落ちついてから考えても、やっぱりおかしいんです。
あの席に座った時まで、他の席には人がいて、そこが唯一の空席だったのを確実に見ていたはずなんですから。 勘違いや思い込みは絶対してません!確かにそこしか空いてないのをこの目で見たんです。やった!ひとつだけ空いてたー!と、そこ目がけて行ったのも鮮明に。
立っていた人がいたかどうかまでは覚えてないですが。


87 :電車での不思議体験 3:2020/02/26(水) 02:09:37.65 ID:hHNPiNRf0.net
そういやその駅のその時間って、普段電車ガラ空きなんですよ。
ちょっと前まで自動改札もない、駅員1人もいない無人駅だったし。
(東京都なのに未だ無人駅やSuica等使えないようなとこってまだあるんですよ。)

その駅からその時間に乗り込んで電車の席がうまっていたなんてめずらしすぎるから、席が1つ以外うまっていたその時点でおかしかったはずなのに。
そこの駅からはたまにしか乗らないために、席に人がうまっていた違和感に最初に気づきませんでした。

なお私は、金縛り経験すらないくらい霊感などは一切ありません。悪い予感とかすらわからない霊感ゼロどころかマイナス。
お酒1滴も飲めないから、酔っ払っていたとかもありません。視力がおかしいとか幻覚見るような精神的病気もしてません。
寝ぼけていたとか、もちろん薬やってるなんてこともない。ボーッと考え事していたとかでもない。

不思議な体験はあとにも先にも、人生でこれだけ。 絶対に勘違いや目の錯覚や記憶違いじゃないことだけはわかります。確かに他の客いたのに!一瞬でとなりの人以外が消えるなんて!

本当に不思議な恥ずかしい体験です。
3連続で長々すみませんでした。


[ 2020/03/19 16:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【恐怖体験】高速道路沿いの公園での話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/03/18 16:10 ] 怖い話 | CM(1)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?358
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1578516742/


383 :本当にあった怖い名無し:2020/03/09(月) 13:10:38 ID:KulB8HPv0.net
ほんとついさっきの話

5歳の子供と犬連れて近所の公園行ったんだわ

隣接する道路から見ると丘の上に森があるだけみたいに見えるが公園らしい
外から中の感じがわからなかったから今まで行ったことなかった
遺跡だか古墳だかを公園にしたって聞いた


384 :本当にあった怖い名無し:2020/03/09(月) 13:14:36 ID:KulB8HPv0.net
高速道路に面した少しわかりにくい階段を登るとようやく中が見わたせる感じ
公園って言っても町中によくある遊具がおいてある公園じゃなくて、丘や森や林の中に少し開けた広場があって、あとは遊歩道がメインの少し大きめの地味目な公園
ちなみに見える範囲には人は一人もいなかった

30分くらい家から持ってきたランクルのラジコンで犬と追いかけっこしたりして遊んでたんだけど、充電が切れたんで公園内の探検始めたんだわ
あまり頻繁に手入れされていないっぽくて、草とか結構伸び放題

子供と一緒に木登りしたり土むき出しの斜面登ったりして遊んでたら、端っこの方にまあまあ背の高い草が生い茂る林が見えたんで入ってみることにした
頼りない獣道みたいなのがあってそこから入っていったんだけど、草は俺の胸くらいまであるんで子供は完全に埋まっちゃう
犬は小型犬のクセに頑張って歩いてた


[ 2020/03/18 16:10 ] 怖い話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

四年前にいなくなった猫(?)が帰ってきた
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/03/11 18:01 ] 怖い話 | CM(3)
ほんのりと怖い話スレ 139
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1577441685/


799 :本当にあった怖い名無し:2020/03/05(Thu) 10:35:11 ID:sMbv2DEJ0.net
さっきさ、ウチの四年前に帰って来なくなった猫みたいなのが帰ってきたんだ

外に出す猫だったもんで、いつか死んじまうんじゃねぇかな。って思いながら実家で飼ってたんだ

名前はシュウ、名前の由来はシュークリームから取った。
毛色は白ベースに茶色がまばらに混じった感じだった。
外猫だから洗ってやるんだけどすぐに泥まみれになっちまって、手間はかかる奴だったけど人懐っこくてかわいかったよ。

シュウは家に帰って来ると家の人間に扉を開けさせる為に馬鹿デカい声で鳴くんだ
どれくらい大きい声かというと、深く眠っていても1発で起きるくらいにはデカい。
うるさ過ぎて近所から怒られた事もあったよ

でも四年前ぐらいに帰って来なくなっちまった。
すげー悲しかったよ。俺からしたら手のかかる弟みたいな奴だったからな。
親父もお袋も「外猫は死ぬ姿を見せてくれない」って言っててさ、家族は皆シュウは死んだもんだと思っていた。

でもさ、さっきその件の馬鹿デカい鳴き声で目が覚めた
10年近くその鳴き声を聞いてたんだ、間違える訳ねぇ。
しかも起きた時刻は6時半、だいたいいつもシュウが帰って来てた時間だ

俺は急いで跳ね起きてベランダの窓に走ってったんだ。するとさ、居たんだよシュウが。
めちゃくちゃ嬉しくってさ、俺は鳴いているシュウを家の中に入れようとしたんだよ、そしたらお袋が2階の階段からスゲー勢いで降りて来ながら

「開けるなー!」とか
「窓から離れろー!」ってほぼ絶叫に近い声で言ってきたんだ。
俺は訳分かんないまま窓の前に突っ立っててさ、お袋が俺の右手を引っ張ってくれるまで指一本も動かなかった。

そんでさ、窓の前から離れる時に、窓の引き戸に左手が掛かってた事にその時初めて気が付いた。
ウチらは田舎に住んでるとはいえ、寝る前には家中のカギを閉めてまわる。
だけどその時はカギが開いていたんだ


800 :本当にあった怖い名無し:2020/03/05(木) 10:40:55.93 ID:sMbv2DEJ0.net
シュウが帰ってきたと舞い上がって、俺が無意識の内にカギを開けたのかもしれない。
けど、そこまで気が動転してたとは自分では思わないし、左手で引き戸を開けようとした覚えはない。
俺が気が付かない内に、俺自身がカギを開けて左手で開けようとしてたって事になる。

正直、お袋に手を引かれて部屋の真ん中らへんに戻るまでその事で頭がいっぱいだった。
お袋は窓から距離を取った後に、俺の手を離してから糸の切れた人形のように床にへたりこんでしまった。

俺が「いや、でもシュウそっくりじゃね?毛色とか鳴き方とかさぁ」ってヘラヘラ笑いながら言うと、お袋は

「私だってそう思うけどね、さっき呟き声が耳元で聞こえてね」

って言った

話をきくと、2階で寝てたお袋もシュウらしき猫の声で起きたらしいんだが、その時耳元で

「下へ早く下へ下へ下へ下へ………」

って囁くような声でかなり早口で言われたらしい。
親父は長距離トラック運転手で今は家に帰ってないから、お袋はゾッとしたそうだ
お袋はあまり怖いのが得意じゃないからな、心霊番組とかすぐにチャンネルをすぐ変えるし。

そんでもって一瞬体が強ばったそうなんだが、すぐに気付いたんだと。
その声がもう亡くなった自分の母親、俺からすると母方のお婆ちゃんだって事に。
しかも良く聞くとその声はただ囁くだけではなく、掠れ声で泣きそうな悲痛な声だったらしい。

お袋は急いで階段を駆け下りると、俺が窓の前に立っているのが見えたらしい。
そこら辺で囁き声は変わって「だめだめだめだめ………早く早く早く………」って感じの内容になったそうな
そんでもって、直感的に俺を窓から引き離そうと思ったらしい。

そして引き離して今に至り、囁き声は止まったと言った。


801 :本当にあった怖い名無し:2020/03/05(木) 10:43:04.17 ID:sMbv2DEJ0.net
俺はその話を聞き窓の方を見た

鳴き声は止み、そこには窓にピッタリと張り付くように座る猫がいた。
俺にはもうそれがシュウには見えなかったよ、外見は同じなのにな。
一切の瞬きも身じろぎをもせずに、ずっとこちらを見ている。
とても恐ろしかったな、目を合わせるだけで全身鳥肌が立って冷や汗が止まんなかった。

「やめな」とお袋が言って俺の目の前に掌を出して目線を切ってくれた。
正直かなり助けられた。自分ではあの猫の目から目を離せなかった。

本当に視界が固定されて、満足に体を動かせない。以前布団の中でウトウトとしてた時に金縛りにあった事があるがまさしくそんな感じ。
頭でいっくら動けと念じてもその命令が体まで届かない感覚だ

俺が猫から目が離れて深呼吸していると、それを皮切りにしたように視界の端で猫が動いたのが分かった。
「やっとどこか行くのか………」とホッとしたのも束の間

「あ"あ"ぁ"ぁ"ぁ"!!!」

最早猫の鳴き声じゃない、窓越しでも鼓膜が破れそうな絶叫が聞こえた
耳を塞ぎながらチラリと横目で見ると口を有り得ない場所まで広げて猫が鳴いていた
窓ガラスもバリバリと揺れていて、壊れそうだった

体感だと1分近くその声は続き、収まった頃にはもう猫は居なかった。
俺とお袋はお互いに近くに寄り合いしばらく動けなかった

その後、近所の人達に聞いて回ったけど誰もそんな大声聞いてないらしい。
あの猫は一体何だったんだろう、なんでウチらの前に現れたんだろう。
何一つ分からないけど、これでおしまいにしとく。

これ以上あの猫を知りたくないしな


[ 2020/03/11 18:01 ] 怖い話 | CM(3) このエントリーをはてなブックマークに追加

山登りが好きなオカンの話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/03/10 18:01 ] 不思議な話 | CM(1)
ほんのりと怖い話スレ 139
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1577441685/


831 :本当にあった怖い名無し:2020/03/06(金) 22:27:43 ID:6xf0aU4y0.net
山登りが好きなオカンの話。

俺のオカンは霊とか絶対に信じない人種で、逆に霊とか怪談とか好きな俺への口癖が「オバケなんかより人間が一番怖い」。
その癖、若いときに人魂を見たとか、夜に外で変な動く光を見たとか騒いだりと、信じてない割に霊感あんじゃねえの?ってくらい霊体験してる。

そんなオカンは地元の山岳会に入って夏だろうと冬だろうと結構本格的な登山してて、歳も歳なのに冬山とか平気で行くから家族としては気が気じゃない。

これはもう10年以上前なんだけど、ある時オカンが「ちょっと見てくれる?」と言って1枚の写真(プリント)を差し出した。
それは、どこかの山小屋の前で、オカンやその仲間が出発の準備でもしてるような風景を撮影した、何の変哲もない写真。
ところが「ちょっとおかしいのよこの写真」と言う。
小屋の背景に顔でもあるのか、はたまた小屋の窓から誰かが覗いているのか…
いや、あまりにリアルで普通に写っていたので俺は気が付かなかったのだが、画面の真ん中辺りに横を向いて仲間と会話してるオカンの姿、その腰に、真っ赤な丸い物体がくっついてるんだ。
いや、見る限り、その色や形、質感もまさに風船でしかない。
だから俺は、オカンが登山に必要でそんなものを付けてたんだと思って気にも留めなかったんだ。
確かに、風船を腰に付けて山を登るなんて聞いたことはないが、俺は登山の専門家でもないのでそういうこともあるのかくらいにしか思わなかったのだが。


832 :本当にあった怖い名無し:2020/03/06(金) 22:37:57 ID:6xf0aU4y0.net
しかしオカンが言うには、もちろんそんなものを付けて山に登るなんてしないし、このときもそんなものを付けた覚えもない、まして誰かが悪戯をするなんて考えられない、と言う。
確かに、命がけとまでは言わないがオカン達が登る山はどれも本格登山で、しかも会の仲間も皆いい歳でそんな子供じみた悪戯をするような人達でないしそんな状況でないことは俺でも解る。
まして、オカンは俺に対して嘘を言ったりふざけたりするような人間でもない。
初めに言ったように霊の存在すら信じていないくらいだから。

とにかく俺は本格的に鑑定wするために、写真をスキャナで画像取り込みし、拡大したり色を変えたり反転したりしてみた。
しかし霊感などない俺にはそれが仮に霊的なものであったとしても何が判るわけでもない。
結論としては、見る限りそこにそういう物体が存在し、それは限りなく風船に近い、ということ。

当時オカンが登山に持ち歩いていたカメラは俺が選んでやった至って普通のフィルム撮影のものだし、ましてオカンがフィルムやPCで加工したりなどあり得ない。

今もその写真は俺の部屋のどこかにあるのだが、全くもって不思議としか言い様のない写真だった。


[ 2020/03/10 18:01 ] 不思議な話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

家族全員在宅中に泥棒に入られた経験
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/03/09 18:01 ] 怖い話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 139
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1577441685/


798 :本当にあった怖い名無し:2020/03/05(木) 08:18:52.21 ID:04xmuiVR0.net
昔住んでいた家は、マッチ箱の三階建てで二階にリビングダイニングと水回りがあった。
家の裏は大昔の堤防(当時生活道路)で、リビングは裏の生活道路から少し高い位置にあった。
一階は駐車場と親父の部屋。親父は朝2時には家を出る生活だった。
その日その日は野球が延長になり、親父はいつもの時間より30分程遅く降りていった、そして階段をかけ上げってきた。
警察に連絡、一家に降りるなと厳命された。
泥棒に入られていた。

被害は、親父の手回り金と商品券、時計、玄関脇に隠してあった支払い用の現金だけだった
警察が言うには、家族で夕食食べてた時に入り込んでいた。
当時多かった大陸からの出稼ぎピッキング犯で、鉢合わせしたたら居直っていた可能性が高い
鉢合わせしなくてラッキーでしたね。と言われた。


803 :本当にあった怖い名無し:2020/03/05(Thu) 11:36:10 ID:AURpUliEO.net
>>798
それは、ほんのりどころではない、居空き(家人が留守でなくても泥棒する空き巣)怖い


804 :本当にあった怖い名無し:2020/03/05(Thu) 13:26:10 ID:+9lmQjGu0.net
うちも子供の頃、家族4人在宅中に泥棒に入られて家庭崩壊したわ
部屋は荒らされずに母親が下ろしてきたばかりの現金だけが綺麗に盗まれたから父親が疑われて離婚した
犯人扱いされた父親ですら泥棒が入ったとは思わなかったんだから相当なプロだったんだな
それが何年も経ってから「先日逮捕した男が数年前にお宅で幾ら幾ら盗んだと供述していますが心当たりはありますか?」と警察が来て真相が判明した
あのとき小学生の兄妹二人がマリオで遊んでた隣の部屋に知らない男が侵入していたのかと考えたらゾッとした

因みに離婚後、家に一人残された父親が鬱になって
「向かいの竹林に物凄い形相をした髪の長い女の幽霊が出る」と喚いていたらしいけどそっちの真相は分からない


818 :本当にあった怖い名無し:2020/03/05(木) 21:53:55.41 ID:vCtj1G0n0.net
>>804
悲しい
復縁できないの?


820 :本当にあった怖い名無し:2020/03/05(Thu) 23:16:57 ID:ipBz1gr50.net
もうその誤解を解けなかった時点で終わってたと思う
信用して貰えなかったんだから


822 :本当にあった怖い名無し:2020/03/06(金) 13:06:24 ID:aBKCwSW80.net
>>818
>>820
復縁はなかった
子供にとって悪い父親ではなかったけど母親的には以前から何か思うところがあったんだろうし
父親的にはいくら否定しても信じてくれない母親に愛想が尽きたんだと思う


[ 2020/03/09 18:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故で亡くなった女子がクラスメイトの枕元に夜な夜な出現した
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/03/08 17:01 ] 心霊笑える話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 139
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1577441685/


789 :本当にあった怖い名無し:2020/03/04(水) 17:23:08 ID:UA42T16l0.net
中学のころ、クラスメイトの女子が交通事故であぼん。
幽霊と化したそいつが制服のまま血まみれ目ん玉ダラーン 
脳みそ飛び出しの状態で
クラスメイトの連中の枕元に夜な夜な正座で出現したと話が飛び出しパニック

一日ごとに変わり「私のとこに来た、俺のとこに来た 次はだれだ」となり
そしてとうとう、俺と北村以外 全員のとこに彼女は出現した
「次は北村だな」と誰もが思った 俺もビビっていた 北村にくるか俺に来るか
事実は小説より奇なり 果たして北村んとこに彼女はしっかりときた!

さあ次は俺だな! どきどきしながら眠りについた
何の変哲もなく朝を迎えた 俺んとこには来なかったよと言ったらみんなが憐れんでくれた

当時の俺 「何日も風呂はいらん、毎日同じ服、汚い行動をとる いうなれば不潔の極み」
クラスの女子全員から嫌われもちろん生前の彼女もキチガイのように嫌ってたぜ
ポツリと「そりゃあおめーんとこにはこねーだろうよ」と言われた
ポツリと「クラスメイトと思われてなかったんだな」と言われた
いらい、現在に至るまで女運にめぐまれずイコール年齢の自分がいる。

この話を投下したら「誰がほんのりと悲しい話を投下しろといった?」と突っ込まれた


[ 2020/03/08 17:01 ] 心霊笑える話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

悪戯好きの狸神様
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2020/03/07 17:51 ] 心霊笑える話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ 139
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1577441685/


722 :本当にあった怖い名無し:2020/02/28(金) 13:01:33 ID:RFAGa+BL0.net
地元に小さなお社がある。今は住宅地の中にあって、特に神主もいない。
ご神体は3センチ程の石仏だが、祭られているのは狸
昔付近に住んでいた悪戯狸で、神様として祀りお供えをする代わりに、悪戯を止めて貰った
今でも旅行に出るときにお参りすると、災難除けになる。と言われている
旅行先で買ったお土産をお供えするのがルールだ。饅頭一個とかでいい

この神様、元は狸だけあって今でも時々悪戯をする
社に参って帰るときに着物の裾を引かれたら
「このお供え物、又持って来てね」と言う意味なのだそうだ


723 :本当にあった怖い名無し:2020/02/28(金) 19:44:23 ID:f2W3sZLV0.net
>>722
お土産お供えに行きたいw


724 :本当にあった怖い名無し:2020/02/28(金) 19:52:47 ID:KyA8ZXuI0.net
>>722
かわいいな


725 :本当にあった怖い名無し:2020/02/29(土) 09:02:39 ID:FyZIcQK30.net
じゃあ、またそこへ旅行しないとならないんだw


726 :本当にあった怖い名無し:2020/02/29(土) 11:34:54 ID:alRzsgBJO.net
北陸の温泉まんじゅうを気に入られて、次は箱根の温泉まんじゅうを持っていったら?w


727 :本当にあった怖い名無し:2020/02/29(土) 12:17:24 ID:uaz5kw/00.net
ヤダヤダあんときの饅頭じゃなかきゃヤダー!
あっ! これはこれで食べるけどまたあの饅頭も食べるのー!
グスッ……、べりべり、もぐもぐ、おぃひぃ……、うまうま、にまにま。


[ 2020/03/07 17:51 ] 心霊笑える話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加
管理人オススメ記事
去年の出来事
真夜中にナビにつられて知らない峠道を走ることになった
池沼Aと俺
田舎の古い民家を解体してたら床下から妙な物が出てきた


プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加


最新記事
女の幽霊が出るってんでその地域では有名な貯水槽があった Jul 10, 2020
【釣りで経験した怖い話】実家は海の近くにあり、帰った時はよく釣りをしてます Jul 09, 2020
昔住んでた地方の街の上流にダムがあったんだが当然というかそれなりに逸話も付随してた Jun 27, 2020
【当直】病院が職場だと、たまには首をかしげたくなる様な事はあった Jun 26, 2020
【不思議体験】20年前足の骨を折った友人の見舞いに行った時の実話 Jun 25, 2020
霊感がある友人と旅行に行ったときの話 Jun 16, 2020
【ほんのりと怖い話】笑い袋の悲鳴 Jun 15, 2020
子供にしか見えないものはやっぱりあるんだろうか Jun 14, 2020
行方不明になった同僚の話 Jun 11, 2020
【ほんのりと怖い話】昨日、仕事が休みだったので食材を買いにいった Jun 10, 2020
過去ログ +

2020年 07月 【2件】
2020年 06月 【10件】
2020年 05月 【10件】
2020年 04月 【8件】
2020年 03月 【10件】
2020年 02月 【7件】
2020年 01月 【10件】
2019年 12月 【8件】
2019年 11月 【12件】
2019年 10月 【10件】
2019年 09月 【10件】
2019年 08月 【10件】
2019年 07月 【10件】
2019年 06月 【10件】
2019年 05月 【10件】
2019年 04月 【10件】
2019年 03月 【10件】
2019年 02月 【10件】
2019年 01月 【11件】
2018年 12月 【10件】
2018年 11月 【11件】
2018年 10月 【10件】
2018年 09月 【10件】
2018年 08月 【10件】
2018年 07月 【11件】
2018年 06月 【10件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【10件】
2018年 03月 【10件】
2018年 02月 【10件】
2018年 01月 【12件】
2017年 12月 【9件】
2017年 11月 【8件】
2017年 10月 【13件】
2017年 09月 【13件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【10件】
2017年 04月 【10件】
2017年 03月 【10件】
2017年 02月 【11件】
2017年 01月 【10件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【8件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【13件】
2016年 06月 【16件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【13件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【13件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【12件】
2015年 05月 【16件】
2015年 04月 【14件】
2015年 03月 【27件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【25件】
2014年 12月 【26件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【20件】
2014年 09月 【18件】
2014年 08月 【20件】
2014年 07月 【25件】
2014年 06月 【21件】
2014年 05月 【18件】
2014年 04月 【17件】
2014年 03月 【16件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【22件】
2013年 10月 【10件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【13件】
2013年 07月 【10件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【5件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【6件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【7件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【19件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【8件】
2009年 07月 【21件】

アクセスランキング
LINK
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top