fc2ブログ

|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
RSSヘッドライン

顔が変わった従姉妹
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2021/09/29 17:01 ] 不思議な話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?363
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1627548828/


475 :本当にあった怖い名無し:2021/08/19(木) 22:42:36.81 ID:quPXf7dy0.net
私の母方の家系は年に1.2回母の実家(私からしたら祖母の家)に集まり、ちょっと豪華なお寿司やお酒を持ち寄って数日間一緒に過ごします。
大抵は母とその姉妹、私と兄弟、従姉妹が集まります。従姉妹は3人いるのですが、それぞれ予定が合わなかったりコロナ禍の影響で今年は出産を控えた従姉妹が1人だけ来ました。私の兄弟も仕事があって行けない為、例年より少ない人数での集まりになりました。

祖母の家は山の中にあり、自然豊かなところです。近くには川が流れていて小さい頃には川魚をとって塩焼きや天ぷらにして食べていました。祖母の家へ向かう道中も川沿いを通るので小学生の頃は従姉妹とここで遊んだな〜なんて思い返したりしてるうちに到着しました。我が家が一番乗りだったようで、祖父母と一緒に従姉妹の到着を待ちました。
2.3時間経った頃、車が停車する音と共に数人の声が聞こえてきました。荷物を運ぶのを手伝おうと思い私と母は玄関に向かいました。
「お邪魔しまーす」という声と共に従姉妹が入ってきました。


476 :本当にあった怖い名無し:2021/08/19(木) 22:43:13.22 ID:quPXf7dy0.net
しかし、その人物は私の従姉妹とはどこか違う様子でした。


どこが?と言われれば答えられないのですが雰囲気が違うというか、こんな顔してたっけ?と思うのです。ちょっとキツい雰囲気になった?と思いましたが話してみるといつもの従姉妹です。一緒に出迎えた母も「あれぇ〜久しぶりだから別人かと思っちゃった笑」なんて声に出していました。母がそう言うならしばらく会ってないせいなんだな、とその時は納得しました。


陽の出ているうちから集まったので晩御飯まではまだ時間があります。私は祖母と思い出話をしたりリフォームで少し変わった内装を見て時間を潰していました。

和室に入ると懐かしい畳の香りがしました。そこに従姉妹がいました。先ほども書きましたが従姉妹は出産を間近に控えた妊婦です。
スマホをいじりながら時間を潰しているようでした。機種はiPhoneの新しめのやつです。私はiPhone8を使っているので未だに指紋認証です。機種変したい……。

ぱっとこちらを振り返った従姉妹と少し言葉を交わし、従姉妹はまたスマホいじりに戻りました。新しいiPhoneなら顔認証でロックが解除できると思うのですが何故か従姉妹はパスワード入力でロック解除をしていました。近々最新のiPhoneへの機種変を考えていた私は「あれ?最近のiPhoneって顔を勝手に読み取ってロック解除できるんじゃないっけ」と聞きました。



「なんか最近認証できないんだよね。顔むくんでるのかな?」と言っていました。iPhoneの顔認証システムがどれほど正確なのかわかりませんが、使用者の些細な体調の変化でも認証できないなら不便だなと思いました。


477 :本当にあった怖い名無し:2021/08/19(木) 22:43:40.03 ID:quPXf7dy0.net
その後は晩御飯の準備をし、毎晩20時に寝てしまう祖父に合わせて食べ始めました。ご飯を食べている最中も「今年もコロナで大変だ」とか「近所の○○さん家に3人目が産まれた」とか色んな話題が飛び交っていました。従姉妹のお腹の中の子の話もたくさんしました。予定日やどこの病院で産むのか、とか。その中で従姉妹の顔が変わったことに触れる話題もありました。みんなあまり気にしていないようでしたが祖母は「お母さんになるから不安なのよね」「頑張ってね」と声をかけていました。

そんなこんなで集まりも終わり、各自が帰ることとなりました。それから少し経ちました。


私は母に「○○(従姉妹の名前)の子供っていつ産まれるんだっけ?」と聞きました。すると母は「もう予定日を過ぎている。○○(従姉妹)もあまり体調が良くないらしいので心配」と言いました。


478 :本当にあった怖い名無し:2021/08/19(木) 22:44:18.44 ID:quPXf7dy0.net
ここからは人伝てに聞いた話も含みます。
祖母の家で解散した数日後、従姉妹はコロナ禍でしばらく会えなかった旦那と再会したのですが、旦那からも「顔が違う」なんて言われたそうです。安産祈願は済ませていたそうですが心配だったのか体調が良い日を選んで再び神社に行ったそうです。その時、神社の宮司さん?に呼ばれ「悪いモノがついている。祓わないと」と言われたそうです。
従姉妹はお腹の子が無事に産まれて欲しいから祓ってくれと懇願したそうです。

それから従姉妹の顔は私の良く知る従姉妹の顔に戻ったようです。事が落ち着いてから実際に会いましたが去年に会った時と変わったのは髪型くらいじゃないでしょうか。
神社での出来事を聞いた私は「ああ、何かが取り憑いていて従姉妹の顔が変わっていたんだな」と妙に納得しました。その時の従姉妹はスマホのロックを顔認証で解除していました。


お祓いが終わった従姉妹の顔が去年に会った時と髪型くらいしか変わってないと書きましたが去年とは比べるまでもなくやつれていました。




死産でした。これまで順調だったのに、です。





長文すいませんでした。ここ一年での実話です。皆さんの周りにも急に顔つきが変わった人はいませんか。私は怖くてまだ機種変できていません。


[ 2021/09/29 17:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

俺が3歳の頃、母方のお爺ちゃんが亡くなったんだけどさ
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2021/09/28 17:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?363
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1627548828/


440 :本当にあった怖い名無し:2021/08/17(火) 13:58:36.53 ID:RDMsi9Gt0.net
俺が3歳の頃、母方のお爺ちゃんが亡くなったんだけどさ
俺が生まれる前から肺ガンで、一度呼吸が止まったとかで近くに住んでる親族が集められて
お爺ちゃんに声をかけてあげてください。とか言われた感じで
大人たちがいろいろ静かに声をかけてたのを覚えてる

その後、なんかのタイミングで病室に俺とおばあちゃんだけになったんだよね
そしたらおばあちゃんがお爺ちゃんに
「しぶといねえ。早く死になよ」
とか言ってるの
「アンタが死ねば○○(俺)とももっと遊んであげられるのにねぇ?」
「おじいちゃんが死んだらばあばと一緒に暮らそう」
と言われたのは笑顔とともに鮮明に覚えてる

翌日お爺ちゃんは亡くなり、一人になったおばあちゃんは俺にしきりに会いたがったらしいが
そもそも祖父母と俺の母親は親子仲があまり良くなく
俺もあんまり母方の祖父母に遊んでもらってないから懐いてなかったとかで
そんなに親密にすることもなく、中学に入る頃お婆ちゃんも亡くなった

あの病院の記憶は子供にありがちの妄想を現実の出来事だと思いこむ奴だろと思ってたんだが
最近、祖父母は何度も離婚騒動を起こすくらい仲が悪く
そんな家庭だから母とも絶縁レベルで仲が悪く、結婚式にも来ていないと
俺が産まれてからは手のひら返して会いたい会いたい言い出したが
祖父の病状悪化で、病院の送り迎え等によりほとんど自由に動けなかったらしい
母親も、ぶっちゃけ会わせたくなかったんだと

その話を聞いて、あの記憶が事実だったと確信して背筋が凍ったよ


[ 2021/09/28 17:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

電車でいきなり俺の目の前に立ってきた女の子
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2021/09/27 17:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?363
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1627548828/


384 :本当にあった怖い名無し:2021/08/15(日) 00:08:34.48 ID:MlXKmujN0.net
これはもう数年前の話なんだけど、どうしても行かなきゃいけない用事があってその日は寒かったしめんどくさいわで行きたくないなと思ってたら母親に怒鳴られて…まぁ結局行ったんだけどね。
それで電車乗ってたら座ってた女の子がいきなり目の前に立ってきたんだよ。学校に行ったのは平日のお昼ぐらいだったし席だって他にも空いてるのに俺の前に立ってきたんだ。というかそもそも元は普通に席に座ってたんだ、なんで俺の目の間に立つんだろと思ったけど話しかける勇気なんてないし適当にスマホいじってたんだよね。


386 :本当にあった怖い名無し:2021/08/15(日) 00:11:03.82 ID:MlXKmujN0.net
それでまぁとある駅に着いて急行に乗り換えようかなって思って降りたらその女の子がついてきたわけよ。しかも乗る両車も一緒で俺が立ってた時背中にぴっとりくっついてくるし正直気持ち悪かったww
まぁそれでも俺の考えすぎかなと思って両車を移動したんだけど…
その時もついてきたから流石にあ...マジか…ってなったわww


387 :本当にあった怖い名無し:2021/08/15(日) 00:16:15.81 ID:MlXKmujN0.net
流石に怖いなーと思ったから目的の駅が着いたらすぐ走って逃げようと思ったんだよね
駅の遠くの方まで走ってもう大丈夫だろと思って振り返ったらその女の子着いてきてるんだよ
しかも歩きながら


388 :本当にあった怖い名無し:2021/08/15(日) 00:20:40.82 ID:MlXKmujN0.net
いくら俺の足が遅いからって歩いてここまで着いてきたのか?っていう距離だしその女の子はじーとこちらを見ながら歩いてるわけでもう怖くて泣きそうになってしまった。
もうそこからは後ろを見ないで住宅地や商店街を抜けて人気が少ないところまで行ったんだよ。
そこで後ろ向いたときはもうその女の子はいなかったし何とかなった…って言う話
あまり怖くなくてすまんww


[ 2021/09/27 17:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

夏休みの部活中に起きた怖い話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2021/09/26 17:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?363
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1627548828/


293 :本当にあった怖い名無し:2021/08/12(木) 20:45:30.37 ID:fIJBMmaO0.net
夏休みの部活中に起きた怖い話

県内で結構強豪の柔道部
ある先輩が朝校庭に現れた瞬間いやなものが見えちゃうタイプの友人がヒィっと息を飲んだ
霊感なんかさっぱりない自分も空気がゾワっとじめついたのを覚えている
強いが鈍感な先輩はそんな自分たちを見てどうしたときょとんとした顔
友人が「先輩…もしかしてアソコ通りました?」と尋ねた
アソコとは学校に来る途中の古い踏切、ほとんど電車が通りっぱなしのいわゆる開かずの踏切ってやつ
朝のラッシュ時は特に、生徒は少し離れた地下スロープをいつも利用している
不便さとは別によく幽霊が出るって噂されてるから忌避しているってところもある
しかし図太い先輩はたまたま遮断機が上がっててラッキーって思ったらしく迷うことなくそこを通って来たらしい
「なんか変?」と尋ねる先輩に友人が彼の右肩を指差して言った
「肩に女の人乗ってますよ」
ここまではよくある夏の怪談だ
しかしその後、先輩が奇妙な行動を取り出した


294 :本当にあった怖い名無し:2021/08/12(木) 20:58:50.93 ID:fIJBMmaO0.net
いきなり一心不乱に校庭を囲うざらざらのブロック塀に右肩を押し付けザリザリやり始めた
あっけに取られる友人と自分
練習中は右肩に衝撃が行くように受け身を何度も取り、休憩に入れば上半身裸で濡らしたタオルでバシーンバシーンと右肩を何度も打つ
昼休みはいつも会話の中心の先輩がスマホ片手にフラフラとその場を離れる
心配した友人が「どこ行くんですか!?」と問い掛ければ、先輩はにかっと笑って幽霊はエロが嫌いって言うからトイレ行ってオナって来ると
昼が終わると背負い投げや払い腰、ダイナミックな肩車といった鬼神の如き取り組み
練習が終わり部室で誰かが置いていった肩たたき器をマックスの振動で右肩に押し当てる
そんな先輩を見て友人は涙目で言った
「もう…やめてあげてください…」
次の日には先輩の右肩に乗っていた女は姿を消したそうだ


[ 2021/09/26 17:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

さっきから変なオバサンがいる
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2021/09/25 17:03 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?363
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1627548828/


232 :本当にあった怖い名無し:2021/08/10(火) 12:03:19.98 ID:LPDcXXkO0.net
この前あったこと
結局何だったかわからないのでスッキリはしない

仕事終わり、彼氏と待ち合わせて夕ご飯を食べ、帰りにスーパーに寄った。
買い物を終えて車に戻ると、外は気持ちいい風が吹いていた。
ちょっと話してこっか〜ということになり、入口から一番離れた端っこに車を移動した。
田舎住みの人はわかると思うんだけど、お客さんの数に対して駐車場がだだっ広いから端っこに停めてちょっとまったりできるんだよね。
周りにもおそらく似たような車やサボりっぽい社用車がちらほらいた。
買ったお弁当食べてる人もいた。
二人して私の車へ。なぜか運転席に彼氏、助手席に私が乗った。
二人ともお腹いっぱいかつ寝不足だったこともあり、窓を開けて夕涼みしながら気づいたら寝てしまってた


233 :本当にあった怖い名無し:2021/08/10(火) 12:04:23.45 ID:LPDcXXkO0.net
ふと目が覚めると、彼氏は起きてスマホいじってた。
いつの間にか2時間くらい経っていて、時間は22時くらい。
23時閉店のスーパーは、だいぶさっきよりは車が減ってた。

けど、彼氏が変なことを言う。
「さっきから変なオバサンがいる」
彼氏は私より先に目が覚めて、外に出て一服してたらしいんだけど。
ふと変な息遣いが聞こえて 「誰かいる??!」 と目をこらすと、私の車の背中側にある家(駐車場からは道一本挟んだ場所)の窓からオバサンが立ってるのが見える。
しかも腕を顔の前まで直角に上げてスマホの手帳型ケースを広げているため顔は見えないという。
びっくりして軽く悲鳴をあげたがオバサンは微動だにしないらしい。
あからさまにジロジロ見てもそのままの姿勢。
「変な人だな〜」 と無視してたが、50分間はそのままの姿勢だったため、そのうち気味悪くなったそうだ。

私は話だけで気持ち悪くて、「絶対振り向かない!無視しよう」 と言った。
けど彼は気になるようで、「たまに居なくなるんだけど、少しすると同じポーズになってるんだよね〜」 「動画見てるのかな?けどあんな姿勢で見ないよね。どう見てもこっちにカメラを向けてるかんじ」 と報告してきた。
40分くらいそんなかんじだったから、いい加減私も怖くて 「もういいよ!閉店時間も来るし場所変えよう」 と言った。
私は怖い話とかは読むけど、自分が怖い目に合うのは絶対嫌だった


234 :本当にあった怖い名無し:2021/08/10(火) 12:05:26.57 ID:LPDcXXkO0.net
すぐ出よう!となったけど、私はソイツに姿を見られたくなくて、彼氏が自分の車に移った後助手席から運転席に直接移動した。
と同時に、運転席のサイドミラー越しにバッチリ奴が映ってるのが目に飛び込んできたorz
彼の言った通りのポーズだった。
細長い窓はカーテンもなく開け放たれていて、家の中は真っ暗。
腰から上が覗いていて、顔はたしかに見えない。
暗闇にぼうっと浮かびあがってるかんじ。
だけどあのミラー越しの不気味さ、絶対見たらいけないやつだって思った。

車出して一目散に逃げたよ。
結局何だったかわからない。
もしかして名物オバサンなのかな〜と思って周りに聞いたりググッたりしたけど、何も分からなかったw
私たちが騒いでたってこともまったくない。
いつからいたのかも不明。
スッキリしない終わり方でごめん、でもリアルで遭遇するとけっこう怖かった


236 :本当にあった怖い名無し:2021/08/10(火) 12:28:32.43 ID:N3AcWADi0.net
3時間も4時間も車にいるのが田舎の怖さってこと?


237 :本当にあった怖い名無し:2021/08/10(火) 12:32:44.90 ID:uGjmDE1w0.net
行くところもやる事ないからな田舎


238 :本当にあった怖い名無し:2021/08/10(火) 12:55:40.52 ID:8JpOv0690.net
むしろお前さんたちが不審者扱いされてておばさんは証拠の映像を撮っていたとか
年寄りはスマホ使うのに手がぶれたりするからブレないように直立不動でやってたのかも


240 :本当にあった怖い名無し:2021/08/10(火) 13:02:12.86 ID:gyPV8tYI0.net
いつから見てたのかにもよるけど
わざわざ2台で入ってきて1台に移った上に駐車所内を端に駐車しなおしてるし
カーセックスすると思われたんだと思うよ
それで証拠の動画をとろうとカメラを構えてた


241 :本当にあった怖い名無し:2021/08/10(火) 16:11:08.90 ID:9CswpzD50.net
結局全然怖くねぇええええええええ


[ 2021/09/25 17:03 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

地元にあった不気味な風習
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2021/09/20 16:01 ] 不思議な話 | CM(3)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?363
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1627548828/


140 :本当にあった怖い名無し:2021/08/07(土) 19:46:23.36 ID:n4r5q6XR0.net
地元にあった不気味な風習なんですが

毎年ある日に町の中心にある山の麓の神社で祭りが行われて、12歳以下の子供達が集まって歌を歌いながら民家を周り、酒もしくは鹿の骨、そしてろうそくを貰いながら神社に戻って社に納める、というものがありました


141 :本当にあった怖い名無し:2021/08/07(土) 19:48:55.16 ID:n4r5q6XR0.net
地元は北海道の南部にある田舎町で、その風習の起源はよく知りませんがアイヌ文化が源流だという事は知っています。

そしてこの風習は私の地元が発祥だそうです


142 :本当にあった怖い名無し:2021/08/07(土) 19:54:00.68 ID:n4r5q6XR0.net
死ぬ程怖い訳では無いんですが、その行事に参加しないと川の神こ怒りを買い、「送り」と呼ばれる、所謂神隠しにあってしまうと言われていました。
よくスレで見る様な狂気じみたものでは無いので、町の子供達は普通に参加してました。

自分も祭りは毎年楽しみでした。ベイブレードとかが出店のくじの景品で当たったりしました。


143 :本当にあった怖い名無し:2021/08/07(土) 19:58:29.27 ID:n4r5q6XR0.net
毎年祭りを開く委員みたいなのが順番に選ばれるんですが、2000年か2001年の祭りに、担当の家の男の子が祭りに参加しなかった事がありました。
自分は話した事はありませんでしたが小さな町なので名前は知ってました。

その年川の水害があって、その男の子だけ亡くなりました。


145 :本当にあった怖い名無し:2021/08/07(土) 20:03:08.44 ID:n4r5q6XR0.net
男の子が亡くなってから、何故かその後祭りは行われる事は無くなりました。自分もその後札幌に引っ越してしまったので今祭りをやってるのかは知りません。

ただ札幌に越してきてびっくりしたのが、ここにも酷似した風習があったのです。(先程、自分の地元が発祥と書いたのはこの為です)

子供達が歌を歌い、民家を練り歩きお菓子を貰うという、ハロウィンのようなものです。


146 :本当にあった怖い名無し:2021/08/07(土) 20:08:45.32 ID:n4r5q6XR0.net
その歌の歌詞が、地元と同じメロディで
「ローソクだーせー、だーせーよー」だったのでゾッとしました。
なんでも自分の地元では、神の国に行く為の穴を照らすという意味で蝋燭だったので・・・
というか、皆お菓子もらっててずるいなぁ、自分は意味不明なものだったのに・・・と当時思いました。

まさに今日8月7日がその祭りだったので、今頃子供達が民家をまわってるのかなぁ、とか思い出に耽りつつ書きました。
以上です


149 :本当にあった怖い名無し:2021/08/07(土) 21:21:59.23 ID:TMDdx/WG0.net
>>146
ローソクだーせー だーせーよ
だーさーないと引っ掻くぞ

北海道にあるんだな
YouTubeで見れる


150 :本当にあった怖い名無し:2021/08/07(土) 21:40:12.41 ID:n4r5q6XR0.net
>>149
自分のとこは「なんとかかんとか(覚えてない)しりむいかー」みたいな感じでした
アイヌ語っぽい感じでしたね


[ 2021/09/20 16:01 ] 不思議な話 | CM(3) このエントリーをはてなブックマークに追加

なにかいる
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2021/09/19 16:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?363
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1627548828/


134 :本当にあった怖い名無し:2021/08/07(土) 17:41:34.48 ID:JPwIiuIw0.net
個人的には凄く怖かったけど、あんまり怖くないかも。書き込むの初めてだから変な所があったらスマン。

中学生の頃、家で一人で留守番をしていた時。その日は初夏で、父は集会、母と弟は兄の家に行っていた。母と弟は夜の8時になっても帰って来なかった。兄が住んでいる所と実家は近いから何時もはもっと早く帰って来るのに、その日は何故か遅かった。
少し暑い部屋で、独りで晩飯を食った。その時、母の携帯形の扇風機を借りようかな?と思ったが、人のものを勝手に使うのはどうかと思い辞めた。
晩飯を食べ終え、ヘッドフォンをしてひぐらしのなく頃を聞きながら食器を洗ってた。
ふと、背中に少し冷たい空気を感じた。
ビビリな自分は、(は、はは…もしかしてお化け…?)とか冗談半分で考えていた。
ニャー、ナァーン。
飼い猫が足元で鳴いている。何時もの声よりも、少し低い声で。
「何?何か居た?」
そう言って足元の猫を見ると、猫は何もない空中を見つめていた。すると、ヴーンという音が聞こえた。音がするテーブルの上に視線を移すと…
母が買った、携帯形の扇風機が回っていた。
おかしい。そんな筈は無い。
その扇風機には土台が付いていて、そこに立てて置いてあるのだが、スイッチは持ち手の部分に付いている。だから猫が押す事なんてできない。それに、前に書いた様に、自分が点けた訳でもない。
…でも、この扇風機を点けられる人物は、自分しか居ないのだ。
只でさえビビリな自分は、ひぐらしのなく頃にの、あの何とも言えない不安な曲調もあり、凄く怖くなってしまった。
取り敢えず扇風機を止め、(きっと母が点けっぱなしで行ってしまったのだ。)と自分に言い聞かせて洗い物の続きをした。
その後、少ししてから父が帰宅したので、さっきあった事を話した。
「動物って霊感有るって言うし、何か居たんじゃないの?」
と言われた。これから風呂に入りに行くというのに、そんな不安を煽る様な事を言わないで欲しい。
母と弟は、風呂に行っている間に帰って来た。だから母に「扇風機点けっぱなしで行った?」
と訊ねてみた。そうであることを願った。
…が、「いいや?止めてから行ったよ?」というのが母の答えだった。

この時はホントに怖くて仕方がなかったけど、こうしてみるとそんなに怖くないな。
駄文失礼つかまつった。


135 :本当にあった怖い名無し:2021/08/07(土) 18:13:13.55 ID:nk1lBzGH0.net
>猫は何もない空中を見つめていた

フェレンゲルシュターデン現象か


[ 2021/09/19 16:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【怖】田圃のおっさん
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2021/09/18 16:17 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?363
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1627548828/


122 :本当にあった怖い名無し:2021/08/07(土) 11:38:16.93 ID:YRFkdr0g0.net
小学2年か3年の頃だから9~10年前の話しな。
そんときは、両親が共働きだから学校終わりとか、長期休みなんかはばぁちゃん家に預けられてたのさ、まぁばぁちゃん家っつても同じ市内だしなんなら徒歩10分くらいなんだけど。
そんで、当時は近所の友達とその弟、俺の3人でよく遊んでたんだけど、夏休みなんかは、自転車で少し行ったところの田圃と工場、小さな市民プールがあるとこに行くんだ


123 :本当にあった怖い名無し:2021/08/07(土) 11:40:34.23 ID:YRFkdr0g0.net
そんな場所ですることは何かっていうと、水路にザリガニなんかがいるからそいつらをとって遊んでたわけ。
餌はスルメなんかを持参したりその辺にいるカエルを潰して使ったりしてた、糸は俺も友達も釣りが好きだったんで特に困りはしなかった。
そんなこんなである暑~い夏の日、その日も俺らは水路まで行ってザリガニ取りをしてた、ある程度とって、持ってきた虫かご(透明なプラスチックのタイプな)がいっぱいになっちゃって、どうすっかなー、なんていってた。
あたりを見回すと、友達がいい物を見つけた、田圃が近いとこに住んでる人とか、米農家の人だと分かるかもしれないけど、田圃にはでっかい蛇口がついてるんだけど、そこには蛇口の前にコンクリで、四角い箱?というか一時的に水を貯めるようなとこがあったの、んで蛇口を捻ると水がいっぱい出てくる、俺たちはその辺に落ちてる植木鉢の欠片とか、レンガとか、石とかを上手いこと排水口?に押し込んで塞いで水が溜まるようにして、そこにザリガニを入れて遊んでたんだ


124 :本当にあった怖い名無し:2021/08/07(土) 11:42:58.06 ID:YRFkdr0g0.net
しばらく遊んでたら、少し遠くにおっさんがたってるのに気付いた、当時はまだ目が良かったんで、そのおっさんのハゲ散らかった頭部とタンクトップに半ズボンていう服装がよく見えた、程よく田舎だからこんな格好した人はいたからあまり違和感はなかった。そのおっさんはじっとこっちを見てきてて、俺たちは何だろうと思ってた、そこで俺はこの田圃の持ち主で、水を使ってるから怒ってるんだ、と思った。
俺は友達に「あれ、ここの持ち主じゃね?ヤバいよ」と行った
友達は「そうだな」と何故か危機感がない
友達弟はやたらとビビってる
友達弟の反応に疑問を持ちながらも、おっさんもじっとこっちを見てるんで(この時点でなぜ怒鳴るなりしてこちらに来ないのか、おかしいと思うべきだった)
俺と友達で「謝りに行くべ」ってなった。ある程度歩いたところで俺はこのおっさんに違和感を感じた、さっきは遠くて表情まではよく見えなかったが、近づくにつれ見えるようになってきた、笑ってる。普通は怒って険しい顔なり般若の顔なりをすると思うのだが、笑ってるんだ、しかも、目を細めたニコニコした笑顔とかじゃなく、目を見開いて、口角を上げるニヤニヤとした笑顔。そこで俺は色々疑問が浮かんだ、このおっさんはなぜ笑っているのか、なぜ近づいてこなかったのか、そもそも、なんで表情も見えないような距離にいるおっさんを俺たちはこの田圃の持ち主だと思ったのか。


125 :本当にあった怖い名無し:2021/08/07(土) 11:45:49.01 ID:YRFkdr0g0.net
そんなことを考えて少し速度を落とすがが、友達はどんどん歩いていく、俺が後ろを振り返ると友達弟はいまだにビビって、こっちの様子を伺ってる。俺は再び前を向き、友達のところに歩いていった、ある程度近づいていくと、さらにおっさんの奇妙なところがわかってくる、まずそのおっさんの服装が異様に汚い、遠くからだと白いタンクトップに見えたが近づくと前の方、喉の下あたりが、黄色というか茶色というかに変色してる、他にもところどころ黒かったり茶色かったりに変色してた、そして、そのおっさん、靴を履いていない、靴ぐらい俺らも暑いから足濡らすために脱いだりしたけど、それでも炎天下のアスファルト、濡れた状態でも裸足で歩けば暑すぎて歩けやしない、ましてや直立なんてできやしない、濡れた状態でもそれなのにこのおっさんは裸足でたってる、しかも靴を持っていない、この辺に民家は少し歩かないとないから、そこからだとしても、裸足で来るなんて正気の沙汰ではない。


126 :本当にあった怖い名無し:2021/08/07(土) 11:47:12.27 ID:YRFkdr0g0.net
なんだこのおっさんと思いながら友達と一緒におっさんの前まで行ったんだけど、そのおっさんはとにかく臭かった、汗臭さとなんかうんこみたいな臭いがした、俺は顔をしかめた。友達が口を開く「おじさん、あそこの田圃の持ち主ですよね?水を使ってごめんなさい」友達がこれを言ってる間、おっさんはずっとニヤニヤしながら俺の事を見てきていた、友達が言い終わるとおじさんが口を開く、そのとき息が俺の鼻に直撃する、なんか魚の生臭さに、獣の臭いと、鉄みたいな匂いがした。


127 :本当にあった怖い名無し:2021/08/07(土) 11:47:20.22 ID:YRFkdr0g0.net
そのままおっさんは「ウヒッ!ウヒャヒャヒャ!イヒャヒャヒャヒャー!!」みたいな感じで高い声で笑い始めた、訳が分からず俺たちパニック、「え?え?」とか言ってると、おっさんは手を大きく広げたかと思うと、俺の肩を掴んで顔を俺の顔に近づけた。俺は臭いのと怖いので声が出ず、動くことも出来なかった、顔を逸らして、おっさんの次の動きを待つだけの状態だった。その時、友達がそのおっさんを殴った、その友達は空手をやっていて、さらに勇気というかなんというかとにかく色々凄いやつだった、そのおっさんには多分大したダメージにもならなかったんだろうが、俺には効果てきめんだった、一瞬俺の肩を掴む手が緩んだのと同時に俺は一目散に逃げた。


128 :本当にあった怖い名無し:2021/08/07(土) 11:48:24.26 ID:YRFkdr0g0.net
友達弟も俺と友達が逃げてくるのを見て走り出した、俺たちは何とか近くにある市民プールに駆け込んだ、受付のお姉さんは、泣きながらズボンを濡らした少年と、半泣きで震えている少年たちを見て驚いていた。ちなみにズボンを濡らした少年とは何を隠そうこの俺である。
そんなこんなでとにかく俺たちはお姉さんに声をかけられて、事の顛末を話した、そこで友達弟が意義を唱える、友達弟が言うには、俺たちがおっさんだと言っていたものは、友達弟から見たら、おっさんでもなんでもなく、黒い影の塊で、そんなものをおっさんといい、さらに近づいていく俺たちにビビったんだと。


129 :本当にあった怖い名無し:2021/08/07(土) 11:50:35.13 ID:YRFkdr0g0.net
一連の話を聞いたお姉さんは、たまたま通りかかった、ガタイのいい職員の兄ちゃんにそのことを話した、その兄ちゃんは僕らに「それは怖かったな坊主、兄ちゃんがみてきてやる」的なことを言って出ていった、俺達はお姉さんに、「ここで休憩していくといいよ」と言われた、安心した俺たちは少し泣いた、その後俺はズボンとパンツを洗いたいのだが1人では怖いので友達と友達弟を連れてトイレに行って洗った、洗い終わって戻ると、お姉さんと兄ちゃんが話してた、兄ちゃん曰く、おっさんはもう居なかったし、影みたいなやつなんかも見なかった、俺たちが遊んでた場所を見つけたが、そこにも特に怪しいものはなかった、との事だった。ただ、兄ちゃんは俺が漏らした場所を乾きかけだったが見つけたらしく、その周囲には異臭がしたらしい(俺のお漏らしの臭いではない)、そしてその兄ちゃんは俺らの荷物と自転車を持ってきてくれた。


130 :本当にあった怖い名無し:2021/08/07(土) 11:51:22.54 ID:YRFkdr0g0.net
その後はしばらく市民プールの待合室的なところで休憩して、まだ明るいうちに、ダッシュで帰った。これで終わり、それ以来その水路には行ってない、親やばぁちゃんにも話したけど信じて貰えなかったよ。


[ 2021/09/18 16:17 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【謎】追いかけてくるおじさん
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2021/09/15 16:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?363
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1627548828/


102 :本当にあった怖い名無し:2021/08/05(木) 09:43:28.03 ID:kImfXSrH0.net
初めて投稿します。

高校生の頃、バス通学してた俺は部活が終わって帰るとこだった。
時間的に学校から駅までの直のバスがもう無くて、少し離れた市営バスで帰るしかなかった。
辺りはすっかり薄暗くなってて、バス停向かう道にはまばらに生徒や教職員らしき人が歩いてた。

バス停まであと少しの距離で、横道のそう遠くない距離で人影が見えたんだ。

よれよれの作業着みたいな服装で杖のようなものをついてた。
パッと見て俺はつい歩みを緩めちゃって。
そしたらその人もこっちに顔向けてきた。
薄暗かったけどしかめっ面したおじさんのような顔だったことがわかった。
でもやけに目力がすごくて、見開いてるという感じ。
俺は内心ギョッとして、なるべくそういうそぶりは見せずそそくさとバス停に向かった。
後ろから、「ハァッ!エヤァッ!」
って大声があがってビビった俺はついに駆け足になった。

バス停についてもまだバスが来ず、
もしかしてついてくるんじゃなかろうかとヒヤヒヤしながらバスを待ってた。
他にもバス待ちの人がいたのが心強かったな。

続きます


103 :本当にあった怖い名無し:2021/08/05(木) 09:43:45.79 ID:kImfXSrH0.net
で、なんとかバスにも乗り駅について改札行こうとしたら、改札前にさっきのおじさんがいた。

俺は一瞬ワケわかんなくてその場で固まっちゃって、ゆっくり近くの店の看板に身を隠した。
こっそり覗いたら間違いなくさっきのおじさんで、
いつの間にここに来たのか、何で改札前にいるのか、
ぐるぐると頭を駆け巡った。

そもそも俺が隠れる必要無いはずだけど、申し訳ないけどとにかくおじさんが気味悪かった。
駅も人が少なくて(というかほぼ居なかったから)心細かった。

様子を見る為に看板からまた覗いたら、おじさんは改札前どころかこっちに向かって駆け出してた。
俺は咄嗟に駅と反対方向に走って逃げた。
途中振り返ってみたら杖を引きずったまま腰を低く落としてバタバタ駆けてきてた。
顔もさっきと違って満面の笑みで涙流してて、
しかもやたら明るい大声で、
「ごくろうさん、ごくろうさん、ああああああ」
って叫んできた。

走り方も奇妙過ぎてパニックになった俺はとにかく撒こうと思って、
曲がり角という曲がり角を曲がってなんとか駅に再びついた。
改札もさっさと通って電車にも丁度良く乗れたのが助かった。
念のためホーム側を見張りドアが閉まったのを確認して、それでも緊張が解けない俺は町側の窓を眺めた。
するとフェンス越しにあのおじさんがいて、
フェンスをつかんでこちらに向かってなにか叫んでる様子が見えた。
発車直後なもんだから電車もゆっくりであのときの姿はよく覚えてる。

その後はしばらく部活を早めに切り上げさせてもらったり、なるべく人と一緒に帰るようにした。

あの一件以来そのおじさんを見ることはなかったけど、その年内で不登校の生徒や暴力騒ぎが立て続けに起きて関係ないだろうけどちょっと気味が悪かった。

以上です、ありがとうございました。


104 :本当にあった怖い名無し:2021/08/05(木) 10:59:38.25 ID:8PN7dL8g0.net
不登校や暴力騒ぎは関係ないね


105 :本当にあった怖い名無し:2021/08/05(木) 11:50:33.50 ID:SSCbJZna0.net
今になって思うと全然関係なかったと思います。
当時は何かあるとあのおじさんの事ばかり思い出して不安になってたので関連付けてしまう嫌な癖がついてました。


[ 2021/09/15 16:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【怖】私が通っていた幼稚園での話。花の名前の教室ばかりの中、一つだけうさぎ組ってのがあった
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2021/09/14 16:01 ] 怖い話 | CM(1)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?363
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1627548828/


97 :本当にあった怖い名無し:2021/08/04(水) 22:52:48.66 ID:0yOUcAFk0.net
私が通っていた幼稚園での話。花の名前の教室ばかりの中、一つだけうさぎ組ってのがあってさ。
二階だったけど、階段に机や椅子が積み重ねてあって上がれないようになってた。先生曰く
「今は物置にしてる部屋だから、あなたたちが入り込んで怪我をしないように」
ってことだった。まぁ、2~3日したらそんな話忘れてたんだけど。
その日は砂場で遊んでいてふっと上を見たら、うさぎ組の窓辺に黒髪の女の子が立ってたのを見た。一瞬目を反らしたらその時は、消えちゃったけど。
でも、気になった私は階段を見に行ったの。だけど、机も椅子もそのまんまで誰かが上がった形跡はなかった。
で、その夜。お泊り保育だった私は夜中にトイレに目が覚めた。いつになく真っ暗な室内に怖いを感じたけど、
我慢できなかったし急いで廊下に出たの。そしたらさ、職員室も廊下も真っ暗で唯一うさぎ組に上がる階段にだけ明かりがついてた。
ビビったよ。でも、恐怖よりも好奇心が勝ってさ。
私は階段を覗きに行ったの。でね。なぜか机も椅子もなくて、階段の一番上うさぎ組って書かれたプレートの下に女の子が立ってた。
ドキッとしたなんてもんじゃない。心臓が止まるかと思ったよ。
女の子は私に気が付くと、ものすごい速さで階段を駆け下りてきて手首を掴んでこう言ってきた。
「ねぇ、私と変わってよ。私も自由に遊びたいの…いいでしょ?」
って。恐怖で何も言えないでいた時、背後から男の人の声がした、
「嫌なら嫌ってちゃんと言え。
お前の体はお前のものだ。誰にもやるな、自分で守れ」
だから意を決して言ったんだ。
「嫌だ」
って、そしたら女の子は血の涙を流して
「なんで?!どうしてよ!!
かわれかわれかわれかわれかわれかわれかわれかわれかわれかわれかわれかわれかわれかわれかわれかわれ」
そう壊れたラジオみたいに繰り返してた。私はそこで気を失った。
次に目が覚めると布団の中だった。夢だったのかと思ってトイレに行った。

でも、手を洗ってたら…手首に掴まれたような跡がくっきり残ってたんだ。


[ 2021/09/14 16:01 ] 怖い話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加
管理人オススメ記事
【山の怪】もう何年も前に亡くなった俺の祖父は狩猟をやっていた
昔、中国に出張に行ってた時のこと
【恐怖体験】廃病院
20年前の話なので、もう特定されることもなくなっただろうと書かせて貰う


プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加


最新記事
【怖】変な声が聞こえてきたら Nov 30, 2023
長野県の超有名な自殺の名所(橋)の話 Nov 26, 2023
【怖】こちらを覗く祭り装束のおじいさん Oct 27, 2023
【不可解】見たこともない謎の動物 Oct 26, 2023
当時1歳の娘を連れて実家に帰省した時の話 Oct 25, 2023
【怖】「まだ、入れますか」 Oct 24, 2023
【怖】昔製鉄工場で働いていた時の話 Sep 23, 2023
スゲー!これが心霊写真ってやつか! Sep 22, 2023
【恐怖】駅の掃除屋 Sep 03, 2023
【謎】1年ほど前ちょっと奇妙な体験をしたので、ここに供養します。 Sep 02, 2023
過去ログ +

2023年 11月 【2件】
2023年 10月 【4件】
2023年 09月 【4件】
2023年 08月 【7件】
2023年 07月 【2件】
2023年 06月 【2件】
2023年 05月 【4件】
2023年 04月 【1件】
2023年 03月 【5件】
2023年 02月 【8件】
2023年 01月 【10件】
2022年 12月 【10件】
2022年 11月 【10件】
2022年 10月 【10件】
2022年 09月 【10件】
2022年 08月 【10件】
2022年 07月 【10件】
2022年 06月 【10件】
2022年 05月 【10件】
2022年 04月 【10件】
2022年 03月 【10件】
2022年 02月 【10件】
2022年 01月 【10件】
2021年 12月 【10件】
2021年 11月 【10件】
2021年 10月 【10件】
2021年 09月 【10件】
2021年 08月 【10件】
2021年 07月 【10件】
2021年 06月 【10件】
2021年 05月 【10件】
2021年 04月 【10件】
2021年 03月 【10件】
2021年 02月 【10件】
2021年 01月 【10件】
2020年 12月 【8件】
2020年 11月 【7件】
2020年 10月 【10件】
2020年 09月 【10件】
2020年 08月 【10件】
2020年 07月 【10件】
2020年 06月 【10件】
2020年 05月 【10件】
2020年 04月 【8件】
2020年 03月 【10件】
2020年 02月 【7件】
2020年 01月 【10件】
2019年 12月 【8件】
2019年 11月 【12件】
2019年 10月 【10件】
2019年 09月 【10件】
2019年 08月 【10件】
2019年 07月 【10件】
2019年 06月 【10件】
2019年 05月 【10件】
2019年 04月 【10件】
2019年 03月 【10件】
2019年 02月 【10件】
2019年 01月 【11件】
2018年 12月 【10件】
2018年 11月 【11件】
2018年 10月 【10件】
2018年 09月 【10件】
2018年 08月 【10件】
2018年 07月 【11件】
2018年 06月 【10件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【10件】
2018年 03月 【10件】
2018年 02月 【10件】
2018年 01月 【12件】
2017年 12月 【9件】
2017年 11月 【8件】
2017年 10月 【13件】
2017年 09月 【13件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【10件】
2017年 04月 【10件】
2017年 03月 【10件】
2017年 02月 【11件】
2017年 01月 【10件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【8件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【13件】
2016年 06月 【16件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【13件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【13件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【12件】
2015年 05月 【16件】
2015年 04月 【14件】
2015年 03月 【27件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【25件】
2014年 12月 【26件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【20件】
2014年 09月 【18件】
2014年 08月 【20件】
2014年 07月 【25件】
2014年 06月 【21件】
2014年 05月 【18件】
2014年 04月 【17件】
2014年 03月 【16件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【22件】
2013年 10月 【10件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【13件】
2013年 07月 【10件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【5件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【6件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【19件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【8件】
2009年 07月 【21件】

アクセスランキング
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top