fc2ブログ

|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
RSSヘッドライン

地元の昔使われてた鉄道用のトンネル
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2022/01/30 16:01 ] 不思議な話 | CM(1)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?366
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1641718084/


308 :本当にあった怖い名無し:2022/01/23(日) 17:24:38.71 ID:uhA1MO9x0.net
地元にはうちから徒歩10分くらいの距離に昔使われてた鉄道用のトンネルがあって、界隈ではちょっと名の知れた心霊スポットになっています。建設時の事故で何人も亡くなっていて、開通後もトンネル内で死者の出る事故が複数回起きて使われなくなりました。そのトンネルで父と祖父が体験した話です。
以下は父から聞いた話を見てきたかのように書きます。


309 :本当にあった怖い名無し:2022/01/23(日) 17:25:21.58 ID:uhA1MO9x0.net
父が子供のころはそのトンネルはもう使われてなかったけど、封鎖はされてなくて誰でも自由に出入りできるような状態でした(今は封鎖されてます)。トンネルの横に慰霊の鳥居を建てたにも関わらず起こる度重なる事故から、すでに地元では心霊スポットとして有名でした。小学生だった父と友人たちは真夏の夜にそこへ肝試しをしに行くことにしました。
日が暮れた後に集合し、懐中電灯とかの道具を携えてトンネルに入りました。かなり奥まで進んでも父には何の気配も感じられなかったけど、友達が急に発した「逃げろ!」という声につられてトンネルの出口へ走りました。トンネルから離れた場所までつくと友人はトンネルの中で何かの気配がしたと言い、最後尾の子は背中を冷たいもので撫でられるような感じがしただのと話していました。よくある肝試しという感じで、霊障もなく何も感じなかった父は少し残念に思いながら家に帰りました。


310 :本当にあった怖い名無し:2022/01/23(日) 17:25:45.15 ID:uhA1MO9x0.net
翌日になって父は、肝試しをした日に祖父が終電を逃して真夜中に帰ってきたことを知りました。祖父は飲み会とかで終電を逃すと毎回タクシー代をケチり線路沿いを歩いて帰っていたらしく、旧トンネルの中を通って帰ってきていました(そっちの方が近道だったから)。
祖父に旧トンネルを通って帰ってくるのが怖くないのかと聞くと、父は祖父が記憶しているトンネル内の様子が、自分の昨夜の記憶とは随分と違うことに気づきました。
祖父が言うには、いつ旧トンネルを通っても明かりがついているし誰かしらが中で作業をしているから怖くはなく、祖父がお疲れ様ですと挨拶をすると顔を汚した作業員たちがにこやかに挨拶をしてくれるのだといいます。時間帯に差があるとはいえ、父が肝試しに行った時には明かりもなく誰もいなかったのに祖父が同じ夜に通った時には作業員がいたということ、もう使われていないトンネルに祖父が通る以上の頻度で作業が入っていること、トンネルの作業中に部外者が通ることを誰も止めないことから祖父が見たのは幽霊ではないのかと父が言っても、祖父は笑うばかりで信じなかったらしいです。

祖父が会った人たちは、幽霊だったのでしょうか。
私は極度の怖がりなので夜にそのトンネルには一度も近づいたことがないんですけど、トンネルが封鎖された今もずっと作業し続けている人たちがいるかもしれないと思うと、なんだか気の毒な気持ちになります。


312 :本当にあった怖い名無し:2022/01/23(日) 17:32:27.37 ID:QgDXlul30.net
なかなか
味わい深くていい
残留思念って感じ
霊とかじゃなく


313 :本当にあった怖い名無し:2022/01/23(日) 18:14:54.04 ID:hYD0/hRy0.net
こういうの好きだわ
気の良い亡霊達なんだな


315 :本当にあった怖い名無し:2022/01/23(日) 20:55:02.06 ID:uhA1MO9x0.net
>>312
オカルト詳しくなくて残留思念について初めて知り調べてみました。
残留思念だとしたら、亡くなった方々が事故の瞬間の苦しいとかの感情で残らなかったことが、他人ごとながらよかったと思いました

>>313
読んでくれてありがとうございます
ネットでも怖い噂ばかり流れているトンネルですが、私は悪い人(霊?)達ではないのではと思ってしまいました。


[ 2022/01/30 16:01 ] 不思議な話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

10年くらい前に働いてたカラオケ屋で不可解な事が良くあった
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2022/01/29 16:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?366
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1641718084/


287 :本当にあった怖い名無し:2022/01/23(日) 00:25:22.61 ID:eEb15Y/40.net
もう10年くらい前の話なんだけど、ちょっと古いカラオケ屋でフリーターしてた

出来て何年くらい経つのかわからないけど、私が中学生の時には既にあったと思う
JOYWAVEなどの古い機種もあれば当時最新のライブダムとかもあるけど、音響は古いしその他の設備も古い

内装はオシャレで綺麗だけど外観は古い
そんな所


288 :本当にあった怖い名無し:2022/01/23(日) 00:26:34.31 ID:eEb15Y/40.net
で、そのお店なんだけど不可解な事が良くあった

まずお客様を入れない部屋がある

スタッフは立ち上げ作業の度に部屋の機械を立ち上げてテレビの電源もいれる
お馴染みのDAMチャンネルをずっと流してる

でもお客様は入れない

夜になると電源を落としに行くらしいけど。
これについては店長に聞いたけど、前任からそう聞いているからとしか教えて貰えなかった。


289 :本当にあった怖い名無し:2022/01/23(日) 00:27:43.56 ID:eEb15Y/40.net
そのカラオケ屋には
2階のフロアに全く入れない所がある

私が子供の頃訪れた時は2回のフロアはぐるっと1周回れるような作りになっていたのだけれど働いた時には半数ほど立ち入り出来ないよう通路に扉が2箇所付いていた

当時お昼から始まるフリータイムはかなり人気で開始直後に埋まってしまいお断りしなくてはいけない程だったのに少なくとも10部屋分は潰れてしまっていた

その立ち入り禁止エリアに名目上男子更衣室があったのだがそこで着替えているスタッフは誰もおらず鍵はスタッフルームの壁にかかっていたが入る人を誰も見たことがない

何故ならその潰れてしまっているエリアからフロントにコールがかかってくることが良くあるから
電話に出ないとずっとフロントの呼出音が鳴っているので出るが特に何も聞こえない

かけてくる部屋は同じ部屋では無くランダム
私も週4程しか働いていなかったので頻度は正確ではないが大体2日に1回くらいだったと思う


290 :本当にあった怖い名無し:2022/01/23(日) 00:28:31.76 ID:eEb15Y/40.net
前述の通りカラオケ屋は2階建てだったのだが上の階はお昼からのフリータイム以外は基本的に使われてない

掃除しに行くの大変だしね

だから機械を立ち上げるのも朝の10時とかなんだけど
いつも通り立ち上げに2階へ行き入り口近くの部屋に居た時バタバタバタって足音と2階の奥へ走る赤いTシャツを着た子供の後ろ姿が見えた。

だから「1階の部屋埋まっちゃったのかな?」なんて思って急いで全部屋立ち上げて1階へ降りるとフロントには暇そうな先輩

1階の部屋も結構空いてる

「誰か2階に案内しませんでした?」
と聞くも「そもそも新規のお客様来てない」と

で、気がついたんだけど私そのあと2階の部屋全部入って立ち上げてるしトイレ掃除もしてるのに子供どころか誰にも会ってないって事に

先輩に上記のことを説明すると「あー良くあるよー」とゆるい返答が

あ、そうなんだなーって当時の私は納得した


291 :本当にあった怖い名無し:2022/01/23(日) 00:29:33.84 ID:eEb15Y/40.net
まあまあ不思議な事が起きるお店だったけど途中で新しい店長に変わりその店長が

「これが普通なのはおかしい」
って言ってお祓いを呼んだ

バイトの私達はめんどくせーって思ってたし実害も無いからそんな状況に慣れてたんだよね

で、お祓いして貰ったけど別に変わらず
まあこんなもんかって思ったね


あとはゴキブリがソファに巣を作ってて尋常じゃない事になってる部屋があったり(これはゴキブリ駆除業者に立ち会った時にソファの下が破れててそこからわっさーとゴキブリが驚く程落ちてきた)

凄く太った50代の女性が2階の隅っこの孤立した部屋を毎週で予約してて痩せ型の20代男性3人がみんな死んだ顔して縄くくりつけられながら連れてこられたりはしてたけど


3年働いたけど不思議な現象は変わらず
その後私はお客さんのおじさんにストーカーされて辞めちゃったんだけどついこの間行ったら入れない2階の部屋が増えてた
部屋の扉自体にベニヤ板みたいなのが付けられてたからきっとまた何か不思議な事が起きたんだろうなって思ったので投下


[ 2022/01/29 16:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【怖】どこでも野宿できてた自分が唯一できなかった場所
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2022/01/28 16:01 ] 怖い話 | CM(1)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?366
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1641718084/


194 :本当にあった怖い名無し:2022/01/18(火) 11:39:45.12 ID:dhcBRpaC0.net
これは本当にあった実話です。
子供の時、親と仲悪くよく家出し、その度に野宿していた。
神社や寺、田んぼのつまれた藁、歩道橋の下など、マジでどこでも野宿できてた。
ただ一度だけ野宿できなかったところがある。
それが今からする話です。
20歳を超えて一人暮らししてたら、急に実家が恋しくなって帰った。
実家に帰ったのはいいが、想像したより居心地悪くて、久しぶりに野宿しようと思った。一度も野宿したことない場所にしようと思い、近くの山の駐車場に行った。
その山は自殺や幽霊が出るって噂はあったけど、神や幽霊なんて全く信じてないし何回も野宿したことあるから気にもしなかった。
その山の駐車場に行ったら車はなく開放感を感じながら駐車場で横になって寝てた。
眠りについた頃、「おーーい」って男の声が聞こえて目が覚めた。


195 :本当にあった怖い名無し:2022/01/18(火) 11:41:02.04 ID:dhcBRpaC0.net
バッと起きて、駐車場で寝てたから注意されたのかなって思い、「すみません!」と言ったけど周りには誰もいなかった。
寝ぼけてただけかな?と思いまた眠りについた頃、さっきよりも近くで「おーーい」って呼ぶ声が聞こえた。
また起きて周りを見ても誰もいない。開けた駐車場だから物陰に隠れるとかできないはずだし、さっきの声は5メートルくらいで呼ばれてたような感覚だった。
神社や寺で野宿したことあるけど、誰かの視線を感じることはあっても流石にこんな経験はなかった。
でも心霊的なものは全く信じてないし、その男の声は怖さを感じない。
むしろ心配して声をかけてきてるようだった。
そういうこともあり、意地で眠りにつくことにした。
そしたら、今度は眠りにつく前に耳元で「おーーい」って聞こえた。
流石にびっくりして飛び起きても、そこには誰もいない。
その男の口調も少し怒ったような感じに変わっていた。恐怖を感じてすぐ下山することにした。
下山してる時も誰かの視線を感じるし、木がざわめいて余計怖かった。


196 :本当にあった怖い名無し:2022/01/18(火) 11:41:38.55 ID:dhcBRpaC0.net
その日の夜、自室で寝ていたらまた不思議な夢を見た。
夢の中で、真っ暗の部屋の中で俺は寝ていた。
すると部屋のドアが開いた。
ドアの方を見ると真っ黒な服を着た長い髪の女が這いずりながらこっちに近づいてくる。怖くて動けないが、女は徐々に近づいてくる。もう恐怖でどうにかなりそうだった。
女が徐々にに近づいてきて胸元に来た時、終わったと思った瞬間に夢から覚めた。
慌ててドアのほうをみても閉まってて、ふぅーと安心した。
別に体に異常はないが、寝汗で服がびちょびちょだったのは覚えている。
そのまま寝るのも怖いからコンビニで飲み物でも買いに行こうと家を出た。
原付で夜道を走ってると、急に後ろのタイヤがパンクして思いっきり道路に投げ出された。幸いなことに田舎だから車もなく助かった。
幽霊って本当はいるのかな?って考えながら痛みに悶えながら仰向けにしばらくなってた。
その後は血だらけで家に帰って親に心配されたって話です。
ただ、実際に幽霊を目で見たことはないのでまだ信じてない部分が多いです。
それ以降は特に変わったことはありません。


200 :本当にあった怖い名無し:2022/01/18(火) 13:09:04.73 ID:d8ZUqTRR0.net
声は男だったのに来たのは女とは妙な話でしたね
もしかしたら複数いたのかも?


201 :本当にあった怖い名無し:2022/01/18(火) 14:07:17.40 ID:Ck0L+epo0.net
ついに心霊現象にもLGBTの波が押し寄せたのかも


205 :本当にあった怖い名無し:2022/01/18(火) 17:26:40.85 ID:QrkPc7950.net
>>200
複数かもって思ってます。話にも書いたんですが、男の声は最後の呼ぶ声以外こちらを心配してるように聞こえたんですよね。ここで野宿は危ないよって感じが伝わるようなそんな声でした。
友達の心霊話とかも全然信じてなかったのに、この出来事がきっかけでそんなこともあるのかもって思い始めましたね。


[ 2022/01/28 16:01 ] 怖い話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

呪いについて話していこうと思う
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2022/01/27 16:01 ] 怖い話 | CM(2)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?366
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1641718084/


177 :はなわ:2022/01/17(月) 01:35:52.92 ID:6ntJYL5+0.net
昔から人を呪わば穴二つ、なんてことわざがあるけど今回は呪いについて話していこうと思う。

小学生の時に、俺は母親を殺人事件で無くしている。殺人犯は俗にいう強盗殺人。キャバクラで遊ぶ金が足りないからといった、本当に自己中心的な殺人だった。
大切な人を失わされた恨みというのは、恐らく人間が抱える負の感情、恨みと言う言葉のなかでは最大である事を、当時小学生ながらに感じていた。

犯人は近くのコンビニに映っていた防犯カメラから足跡を辿り1週間後には逮捕された。
殺人犯は当然無期懲役を課せられたが、俺の恨みは晴れることはなかった。小学生(判決後は中学生)の俺に取っては母親と言うものの存在が大きすぎた。

なんで母親を殺した人間がのうのうと生きているんだろう。なんで刑務所の中で生きている事を許されているんだろう。許せない。絶対にあいつを生かしておいてはいけない。

犯人も当然だが、あいつに生きる事を許している人間、法律、全部許せなかった。

刑務所の中に入っている以上、自分が直接手を下す事はできない。なんとか間接的にあいつを殺す方法は無いか考えた。

毒殺、銃殺なんて中学生の俺には入手不可能な上に刑務所内にいるあいつには届かない。
呪いしかないと思った。色んな呪いを試して、あいつが死ぬまで続けるんだ。そう決めた。

それが悪かった。

[ 2022/01/27 16:01 ] 怖い話 | CM(2) このエントリーをはてなブックマークに追加

【怖】真っ黒いおじさん
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2022/01/26 16:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?366
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1641718084/


150 :たっちゃん:2022/01/15(土) 01:57:29.87 ID:1+8njFri0.net
俺が昔体験した話聞く?
俺の軽いスペック
24歳

児童養護施設で11歳までいた
そんな施設児童の頃の話
俺がまだ6〜7歳くらいの頃の話
俺の施設では年に数回あるちびっこ遠足って言って
まぁ施設の皆で、でかい公園や動物園なんかに行く行事があって
そんな行事での話なんだけど
当時
俺と
A子←女の子(確か同い年)
B←男の子(確か歳下)
の3人で結構大きい公園に行った時に起きた話し
俺の過ごした施設では
皆兄弟のような接し方をしてって決まりがあって
年上の人には兄ちゃん姉ちゃん
年下の子には○○ちゃん○○くん呼びするような所だったんだけど


151 :本当にあった怖い名無し:2022/01/15(土) 01:58:02.02 ID:1+8njFri0.net
そのちびっこ遠足は4歳から7歳までが行う行事で
小さい子供がいなかったから
俺とAちゃんとB君しか居なかったんだよね
俺とAちゃんは施設でずっと一緒にいたから正直
この遠足には飽きてたんだ
行く所も同じだしね
でもB君は初めてだったから凄く楽しそうにしてたのを覚えてる
年下だったB君が
Aねぇねと、たつ兄(俺)はここの公園来たことある?って聞いてきたから
何度もあるよ〜的な会話をしてた時
先生が(施設職員)ほら俺君もAちゃんも初めてのB君と探検しといでって言うから
3人で林と池がある公園だったから冒険だ!って言って遊び始めたんだけど
3人で探検してて公園の中?に寺?神社?かな?
とにかく鳥居が出てきて
俺もAちゃんも何回かきてるからいつもの様にそこの敷居に入った途端
『嫌だ!!』ってB君がその場にしゃがみ込んで泣き出したんだ
どうしたの?って俺が聞くと


152 :本当にあった怖い名無し:2022/01/15(土) 01:58:34.17 ID:1+8njFri0.net
B君がたつ兄の後ろに真っ黒いおじさんが急に出てきて怖いって言い出したんだ
俺とAちゃんはその言葉で大パニック
怖くなって走り出したんだ
そしたら俺何回か来てるはずなのに
林の中で迷子になっちゃって
一人で彷徨ってたら
目の前から男の人が来たから
『すみません、皆とはぐれちゃって』ってその男の人に声をかけたら
迷子かお父さんかお母さんは?って聞かれて
いない、って言ったらその男の人が
そっかoo施設の子かい?って俺に聞いてきた
この時に俺は施設の名前は言ってない。
でも俺は何故だかこの男の人には着いて行っても大丈夫な気がして
皆を探してくれる?って聞いたらその男の人が
『いいよ、皆のところに連れて行ってあげる』
って言ったんだ


153 :本当にあった怖い名無し:2022/01/15(土) 01:59:14.18 ID:1+8njFri0.net
そしてその男の人と手を繋いだ瞬間だったと思う
先生とAちゃんとB君が俺を呼ぶ声がした
あ、居た!って言っても男の人はずっと前だけを見てて、あの、皆いたから、もう大丈夫って言っても
ずっと前を見てておかしいって思った
俺が皆の名前を
呼んでも全く皆俺の方を向いてくれなくて
ねぇおじさん!ってその人を見た時
それが真っ黒い人?に変わってて
手を振り解いた瞬間に
その林は山に繋がってる柵があって
その柵を越えた先にいたんだ
子供なら絶対登れない高さだし
動物対策の有刺鉄線まであった
なのに俺は無傷でその柵を超えてたんだ
怖くなって皆を呼んだらすぐに
先生が来てなんでこんなところにいるの!!
って凄い怒られて
なんだかんだ他の人達がその柵を切って出してくれたんだけど
あの男の人がもしB君が言ってた黒いひとだったのかなでも
なんで俺を山に連れてこうとしたのかって思った。
そんな話先生は信じてくれなかったけど
Aちゃんが私もそのおじさんに会ったことあるかも
って言い出して、手を繋ごうとした時に
俺に話しかけられて気がついたなんて話をしてた


154 :本当にあった怖い名無し:2022/01/15(土) 01:59:42.53 ID:1+8njFri0.net
大人になってそんなの忘れてたけど
結婚して奥さんとその公園に行った時に
嫁『そういえばここの公園の近くの山で子供を殺してその親が山で自殺した事件があるの知ってる?』
俺『知らないな』
嫁『この柵を越えた山の中にあったらしいから不気味だよね〜』
俺『ん?待てよ?』
気になって奥さんに昔あった出来事を話したら
何故俺が子供の頃に山の方に向かってたのか分かった気がした
オチは特にないです


[ 2022/01/26 16:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【怖】私が以前勤めていた学童での出来事です
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2022/01/25 16:01 ] 怖い話 | CM(1)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?366
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1641718084/


49 :本当にあった怖い名無し:2022/01/10(月) 16:04:41.39 ID:77SyPtNh0.net
昔職場で体験した事なのですが
・怖さ的にはほんのり怖い話スレ向き
・メモにまとめたら17レスぐらい使う
みたいな内容でもここに投下して良いですか?


50 :本当にあった怖い名無し:2022/01/10(月) 16:46:18.78 ID:Zf9IFBqm0.net
許可なんていらんよ
書きたいものを書けば良い
面白ければ尚よし


53 :49:2022/01/10(月) 16:57:20.56 ID:77SyPtNh0.net
ありがとうございます!
長くなってしまいますがよろしくお願いします

1、
私が以前勤めていた学童での出来事です。
もう10年以上前の話になります。
時間が経って記憶があやふやになりつつありますが吐き出したくなったのでお付き合い下さい。
ちなみに学童とは両親が共働き等により放課後鍵っ子になってしまう小学生を預かる施設です。
職員=支援員で、周りからは先生と呼ばれます。

私が支援員になってから初めての勤務先のX学童での出来事です。
その学童は本館のA館と小規模のB館が隣合って建っていました。
この時は、A館とB館はそれぞれ別の施設のように別れて活動していました。

1年目はB館勤務で何事も無く過ぎ、2年目からA館、B館の区分を無くして子供達を受け入れるようになり支援員も異動等で何人か変わり、私が何故かX学童の長に任命されました。

長というのはその学童内で1番勤務時間が長い人がなります。
他の支援員は午後から勤務ですが、長だけは事務仕事があるので午前中から勤務していました。

不可解な事はこの長になった年から起こります。
主に関わってくるのは1年目からお世話になっていたC先生、2年目から異動で来たD先生の2人。
D先生は私の補佐的な仕事をするポジションで、最終の19時まで一緒に働く人です。

初めて何か起こったのは、この2人の先生が図書館へ本の交換に行った日です。
C先生とD先生が図書館へ出掛け、私は1人で遅くなった昼ご飯を食べていました。
私の居る事務所の窓からB館の玄関のガラス戸が見えます。

何気なく見た時、そこにエプロン姿の女性が移動する後ろ姿が映っていました。


[ 2022/01/25 16:01 ] 怖い話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

学校の門で確かに見た女性
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2022/01/24 16:01 ] 不思議な話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?
https://toro.open2ch.net/test/read.cgi/occult/1416986147/


233:名無しさん@おーぷん:22/01/22(土)04:31:18 ID:eGpc
中学に通ってた時に、その当時は田舎に住んでて門の前が田んぼで結構開けてた。
中学の門に向かってまっすぐ道路200mくらいあってそこを通って通ってたのね。

ある日いつものように登校してると、門の横にある電柱らへんに私服の人が見えたのよ。
遠かったから、「忘れ物届けに来た保護者の人かな?自分宛やったら嫌やな-」とか思いながら門まで進んでいったわけ。

門まであと50mくらいまで近づいたら、自分は知らないおばちゃんの様な人で、電柱と学校の壁の間に隠れるような感じでキョロキョロしてるのが確認できたから、こっそり忘れ物を渡してあげようとしてるんだなと思った、渡される方も絶対恥ずかしいしね。

結局なんかこっちを見てたっぽいけど、うちの家族には見えなかったしそのまま学校に着いたのね。
で、友達にその人見た?って聞いたら誰も見てないとか言い出して、結構目立ってたのにその時間だけだったのかなと思いながら普通に過ごしてたんだ。

結局昼くらいにはもう忘れてて、午後イチでその門の一番近くにある校舎の3階の美術教室に移動した時、ふと思い出してに窓の外を見てみたのね。そしたらそのおばさんがまだ、その電柱と壁の挟まったままこっちを見て
るの。もう真っ直ぐに自分と目があって、小さく悲鳴を上げてのけぞってしまった。
周りにいた友達も迎えに来てんのかーwって言いながらからかってきたんだけど、すぐに授業が始まったので席に着くしかなかった。

授業が終わってすぐにおばちゃんが何者なのか気になって、友達について来てもらいその電柱まで行ったんだけどもうおばちゃんはいなかった。
というかおばちゃんがいた場所は電柱と壁の隙間だったはずなんだけど、そこは人が入れる隙間なんて全くなかった。


[ 2022/01/24 16:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【鏡ヶ池】子供の頃、住んでいた村には絶対にいってはいけない場所があった
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2022/01/16 16:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?
https://toro.open2ch.net/test/read.cgi/occult/1416986147/


211: 名無しさん@おーぷん:21/12/05(日)13:10:19 ID:DrBH
子供の頃、住んでいた村には絶対にいってはいけない場所があった
親からも絶対にあそこには行くなと言われていたな
これは俺の友達がそこに行った時の話
俺の友達のA君はB君と一緒にその場所にいったんだ
そこは森でね
柵に囲まれていて誰も入れないようになっていた
で、A君達は柵をよじ登って入ったんだ
森の中にはそこら中に縄が張ってあって、紙でできたお札のようなものが結んであったらしい
結界のようなものになっていたのかな
彼らは気にせずに進んでいった
奥に何があるのか気になって仕方がなかったんだな
更に先に進むと小さな池と祠があった
なんだ、これだけか
A君達は何か、お宝があるのかと思っていたのでがっかりしたらしい
祠には鏡が祀ってあった
後から知ったけど、そこは鏡ヶ池と呼ばれている所だった
A君達は、お宝の代わりにこの鏡を持っていくことにした
B君が、鏡を手に取ってその場を離れることにした
A君は、その時何か嫌なことが起こる予感がした。
おい、やっぱりやめようぜ。
そういって振り返ると、B君の後ろに女がいた。
いや、顔は女だけど、まともなのは胸の辺りまで。身体は下にいくにつれ、腐りかけていて、生きているとは思えない姿だった。
そいつは鏡を持ったB君の腕を掴み、あっという間にB君を池の中に引き摺り込んだ。
A君は無我夢中で逃げて、その時のことは誰にも言えなかった。
その後、村総出で、B君を探した。大人が祠の鏡が無いことに気づいて青ざめた。
結界が解かれている。東子の怒りに触れてしまった。
そんなことを言っていたらしい。
結局B君は行方不明のまま、帰って来なかった。
東子は、昔のとある貴族の娘だった。
東子の父は、朝廷にクーデターを起こすが失敗し、一族は処刑された。
歴史書によれば、東子は、処刑として千人の兵士に〇されるという、かなり悲惨な最後を遂げたという事でネット上でもときたま話題になる人物で、「東子 千人」と検索すれば某掲示板のまとめが出てくるくらいは有名らしい。
その東子が最後に投げ込まれたと言われているのが、この池だということ。
それから祟りが頻発し、恐れた村人は有力な僧に相談した。
僧は、鏡を使って東子の霊を封印し、結界を張った。
そしてこの池は鏡ヶ池と呼ばれるようになり、禁足地となった。
結局、鏡ヶ池の結界は新しい鏡で作り直したようだ。
その後、工事で池の周りが綺麗になってしまったが、池を隠すように壁が作られて、中に入れなくなってしまった。


[ 2022/01/16 16:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

少し前に地獄沢って言われてるスポットにいったんだ
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2022/01/15 16:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?
https://toro.open2ch.net/test/read.cgi/occult/1416986147/


204: 名無しさん@おーぷん:21/11/28(日)10:40:09 ID:jWJG
少し前に地獄沢って言われてるスポットにいったんだ
ここは江戸時代にとある村の村人たちが処刑された場所なんだ
ただね、かなり険しい山道を進まないといけないからなかなか行けなかったんだよね
夜に行くとまず戻って来れなくなるようなところ
だから、明るいうちにに行くことにした
道が歩幅しかなくて落ちないようにロープが貼られていたりしたところやほとんど崖のような岩を登ったりした
しばらく進むと白い霧が出てきた
まずいなと俺は思った
霧はどんどん濃くなり、視界が悪くなってくる
これでは、道に迷って帰れなくなるな
そう思って、俺は近くにあった大きな岩に寄りかかって座った
霧が晴れるまで、休むとするか
俺は持ってきたコーヒーを飲みながら休んでいると、人影が見えた
霧が濃いから誰かはわからなかった
その人影の後ろから、別な人影が近づいてきて、
後ろから刃物のようなもので切りつけるのがみえた
たくさんの人影が逃げていた、そしてそれを追いかけている人影が刃物で切りつける光景が続いていた
それはまるで地獄のようだったよ
そして、ついに人影がこちらに近づいてきたんだ
まずい、気づかれたのか
逃げようと思ったが、身体が動かなかった
俺は恐怖で目を閉じた
それを見る勇気はなかった
足音が近づいてくる
だか、何故か足音は俺の前を素通りして
遠くへと去っていったんだ
そうだ、ここは逃げ込んだ村人を切り頃した場所だったな
山が俺にその光景を見せたのか
とある村で、村人が年貢を取りに来た役人を頃してしまう事件が起きた
実は、役人に化けた詐欺師が本物の役人が来る前に年貢を横取りしてしまったのが原因らしく、また年貢を取るとは何事だと激怒して本物の役人を頃してしまったんだ
当然、領主は激怒、村に兵士を差し向けて女子供まで全員切り頃したという
その村人たちが逃げてきたのがこの地獄沢だったんだ
で、実は俺、あの時あるお守りを持っていたんだ
こういうところに行く時に何かあると怖いから念のため持ち歩いていたんだ
まあ、お守りっていってもネットをみて自作したもので
紙を人の形に切って自分の髪と爪を付けたものなんだが
それがさ、ズタズタに切れていたんだよね
俺の身代わりになってくれたのかな


[ 2022/01/15 16:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【罰当たり】父親の子どもの頃の話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2022/01/14 16:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?
https://toro.open2ch.net/test/read.cgi/occult/1416986147/


191: 名無しさん@おーぷん:21/11/08(月)17:18:22 ID:IMkt
父親の子どもの頃の話。
○○郡とか○○村(そん)とかそんな名前の超田舎に住んでた親がなぜかぐれちゃったみたいで町(って言っても田舎での町レベル)に夜中によくバイクとかで遊びに行ってたらしい。
当時のその田舎は子供自体10人くらいしかいない様な土地でつるんでたメンツは赤ちゃんから知ってる幼馴染ばかり。
その中で1人だけ未成年ではなかったけどヤンキー風味なお兄さんがいたんだと
その人はやんちゃが過ぎて祖母に家に預けられるように追い出されたらしく父らにまぁ、悪いことやらなんやら教え込んでちょっとしたリーダーみたいになってたらしい。
田舎に追いやられただけあって車上荒らしはするわ町に行きゃカツアゲはするわ。
当時ヤンキー漫画が流行ってたこともあり父たちも便乗してそのお兄さんについていってた。
そんなある日地元の大きな神社に賽銭泥棒をしに行こうと誘われたらしい。
その村は老人が多いせいもあり神様とか結構信じてて賽銭もたんまり入ってることだと息巻いてた。
村で育った子供なだけあって父らも神様を結構信じてたからその誘いは断ってその場は解散。
罰当たりなお兄さんとも少し距離を置こうとメンツで話し合ってその日はおとなしく帰った。

いざ距離を置こうともこんなど田舎では絶対に遭遇してしまうだろうと父は何とも微妙な感情を抱えながらも就寝。

だがそれから何日たってもお兄さんとは一切合う事がなかったらしい。
その辺のおじいちゃんに聞けばあんな罰当たり知らんと一蹴されてしまっていた。
それは誰に聞いても同じで大人はみんな揃って罰当たり打の知らんだの絶対知ってるだろうと言わんばかりにしらを切っていた。


192: 名無しさん@おーぷん:21/11/08(月)17:27:33 ID:IMkt
続き

それを感じたのは父だけじゃなかったららしくつるんでいた友人らも同じように返されたといっていた。
これは何かあるぞとお兄さんを探しにまず賽銭泥棒をすると言っていた神社へ向かっていったらしい。
神社へ行くのに片道2時間近くかかるらしく道も不安定。
そもそも正月や七五三以外子供はあまり近寄らないような場所。
整備されているはずもないだろう。

父らは神社の鳥居が見えてきた辺りで知った香りを嗅いだ。
それはお兄さんが付けていた香水だった。
よくよく場所を探せばいつもつけているアクセサリー、最後にあった時の服、鞄すべて土と浅黒い汚れにまみれながら埋められている。
お兄さんの服の頭部分は特に汚れもひどく胃液の上がるような腐った生ごみに近い嫌な臭いもしたらしい。
流石にそこまで幼くない父らもここらで状況を察した様でお兄さんのネックレスだけ持ってその日は下山し、ネックレスはお兄さんの祖母の家のポストに投げ入れておいた。

父は酔った夏の日にしかこの話をしない。
今は市に合併されて無くなり道路もWi-Fiもショッピングモールも出来ているその田舎には罰を与えれるほどの神様か、もしくはそれを信仰するあまり人すら〇してしまう人がいたようだ。


[ 2022/01/14 16:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加
管理人オススメ記事
【山の怪】もう何年も前に亡くなった俺の祖父は狩猟をやっていた
昔、中国に出張に行ってた時のこと
【恐怖体験】廃病院
20年前の話なので、もう特定されることもなくなっただろうと書かせて貰う


プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加


最新記事
【怖】もったいないオバケ・・・・? Apr 13, 2024
【不可解】鏡の中の自分の顔 Apr 12, 2024
【怖】お前をみてるぞ Mar 26, 2024
【不可解】中学生の時2年間だけ住んでた家がある Mar 25, 2024
ある寺に男が物見がてら参りに行ったときのこと Mar 20, 2024
俺の通ってた小学校に「赤紙男」って都市伝説があった Mar 17, 2024
俺にとっては死ぬほど怖かった話があるんだけど話してもいいかな Mar 10, 2024
神戸市北区5人殺傷事件の話 Feb 29, 2024
【怖】夜の地下道で見た人 Feb 28, 2024
昨日夕食時に家族でご飯を食べてたときに起きた怖い話なんですけどしても良いですか Feb 08, 2024
過去ログ +

2024年 04月 【2件】
2024年 03月 【5件】
2024年 02月 【4件】
2024年 01月 【4件】
2023年 12月 【2件】
2023年 11月 【2件】
2023年 10月 【4件】
2023年 09月 【4件】
2023年 08月 【7件】
2023年 07月 【2件】
2023年 06月 【2件】
2023年 05月 【4件】
2023年 04月 【1件】
2023年 03月 【5件】
2023年 02月 【8件】
2023年 01月 【10件】
2022年 12月 【10件】
2022年 11月 【10件】
2022年 10月 【10件】
2022年 09月 【10件】
2022年 08月 【10件】
2022年 07月 【10件】
2022年 06月 【10件】
2022年 05月 【10件】
2022年 04月 【10件】
2022年 03月 【10件】
2022年 02月 【10件】
2022年 01月 【10件】
2021年 12月 【10件】
2021年 11月 【10件】
2021年 10月 【10件】
2021年 09月 【10件】
2021年 08月 【10件】
2021年 07月 【10件】
2021年 06月 【10件】
2021年 05月 【10件】
2021年 04月 【10件】
2021年 03月 【10件】
2021年 02月 【10件】
2021年 01月 【10件】
2020年 12月 【8件】
2020年 11月 【7件】
2020年 10月 【10件】
2020年 09月 【10件】
2020年 08月 【10件】
2020年 07月 【10件】
2020年 06月 【10件】
2020年 05月 【10件】
2020年 04月 【8件】
2020年 03月 【10件】
2020年 02月 【7件】
2020年 01月 【10件】
2019年 12月 【8件】
2019年 11月 【12件】
2019年 10月 【10件】
2019年 09月 【10件】
2019年 08月 【10件】
2019年 07月 【10件】
2019年 06月 【10件】
2019年 05月 【10件】
2019年 04月 【10件】
2019年 03月 【10件】
2019年 02月 【10件】
2019年 01月 【11件】
2018年 12月 【10件】
2018年 11月 【11件】
2018年 10月 【10件】
2018年 09月 【10件】
2018年 08月 【10件】
2018年 07月 【11件】
2018年 06月 【10件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【10件】
2018年 03月 【10件】
2018年 02月 【10件】
2018年 01月 【12件】
2017年 12月 【9件】
2017年 11月 【8件】
2017年 10月 【13件】
2017年 09月 【13件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【10件】
2017年 04月 【10件】
2017年 03月 【10件】
2017年 02月 【11件】
2017年 01月 【10件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【8件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【13件】
2016年 06月 【16件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【13件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【13件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【12件】
2015年 05月 【16件】
2015年 04月 【14件】
2015年 03月 【27件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【25件】
2014年 12月 【26件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【20件】
2014年 09月 【18件】
2014年 08月 【20件】
2014年 07月 【25件】
2014年 06月 【21件】
2014年 05月 【18件】
2014年 04月 【17件】
2014年 03月 【16件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【22件】
2013年 10月 【10件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【13件】
2013年 07月 【10件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【5件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【6件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【19件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【8件】
2009年 07月 【21件】

アクセスランキング
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top