fc2ブログ

|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
RSSヘッドライン

うちの地元っていうか3駅くらい向こうの地域には「雨女」って呼ばれる幽霊?妖怪?みたいなのがいる
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2022/02/26 22:01 ] 怖い話 | CM(2)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?365
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1636630690/


339 :本当にあった怖い名無し:2021/12/05(日) 23:13:06.20 ID:+54x09uE0.net
オチも正体もないけど気持ち悪いなーって思った地元の怖い話。思ったほど怖くないかもしれんけど、自分的には洒落にならんなあと思ったのでここに投下します。
ネガキャンってわけじゃないけど、地域特定されて変なイメージ持たれたくないから若干フェイクも入れてます。
スレチだったらごめんなさい。あと長いかもです。

うちの地元っていうか3駅くらい向こうの地域には「雨女」って呼ばれる幽霊?妖怪?みたいなのがいる。
地元でも知ってる人はほとんど見かけない。同年代で生まれも育ちもそこっていう友達に何人にも聞いてみたけど、「何それ」って言われるくらいドマイナーで、噂にも殆どなってない噂。ネットで調べたけど、私が知ってる奴じゃない妖怪のwikiくらいしか出てこなかった。

私自身も、その地域にちょっとだけ住んでたことがある父親から何かの弾みで「そういえば〜」みたいな感じで聞かされたから詳しいことはわかんないけど、雨女は雨の日じゃなくて晴れてる日の、人が多いところに出てくるらしい。

父親から聞いた時はこれくらいしか教えてくれなくて(というか父親自体この手の話題に興味なくて知らなかった)、しばらくの間ずっとモヤモヤしてた。私としてはオカルト的な話題が好きなんで、真相というかそれの正体が知りたかった。

母親にはダメ元で聞いてみたけど、母親は別の県からこっちにきた人な上、その地域は百貨店とかデパート目当てだけでいくくらいしか用がなくてそこに行くことも頻繁ではなかったから「えーお母さんも気になる〜」みたいな参考にならない返事しかもらえなかった。(ちなみに母もオカルト好き)


340 :本当にあった怖い名無し:2021/12/05(日) 23:14:13.75 ID:+54x09uE0.net
それ以上の収穫がないってわかると熱が冷めるのは早いもので、もういいやーくらいに興味も失せていた。
ただ、その話を聞いて暫く経ったくらいに身内がやってる飲食店でタダ酒飲みに行った時、店にいた40代と20後半?くらいの男の人二人組と酒が入ったテンションで喋るようになって、その中で怖い話的な流れになって雨女の話題が出てきた。

二人は小さめの建築会社の上司部下らしい。私は、上司の40代男性の方に「この県ってあんま怖い話聞かないですけどあるんですかねー」って言ったら「ここじゃないんやけど、俺らの本社ある〇〇(例の地域)周辺に出るらしいんやわー」と言われた。当然食いついて、何ですかそれ!って訊いたら、「雨女っていう幽霊なんやけどー」と父親から聞いた時よりももっと詳しい雨女の話をしてくれた。

雨女は晴れた日の人が多い場所に出る、ってところは父親から聞いた通りだった。
晴れてるのに赤っぽいオレンジの傘差してる人が見えたら、それが雨女。鮮やかで赤っぽいオレンジの傘で顔は隠れてて見えない。服は知らんけど、黒いパンプス?を履いてるらしい。あと髪が長いとかなんとか。
それ聞いた時は「白とかじゃないんだ」みたいな感想を抱いた。幽霊っていえば白い服とか白いアイテム持ってるっていう勝手なイメージあったから。髪長いっていうのはなんかそれっぽかったけど。

そっから雨女を見たらどうなる、会ったらどうなるとか聞いてみたけど上司さんは「それは知らんなー」って返すだけだった。なんかガッカリした。でも上司さんの横で相槌打ってた部下の人が、「見たら運気が下がるって聞いたことある」って言った。
へー何でですかね?ってその部下さんに聞き返すと「晴れてるのに傘差してるのが縁起悪いとか何とか」みたいな微妙な返答。そこは知らんのかいって思った。「そんなんいったら日傘とか差してらんないしキリないですよ〜」とか返してたら「ほんとやん!」って笑ってた。いやでも日傘は日除けだから〜、みたいな言い訳もしてたけど。


341 :本当にあった怖い名無し:2021/12/05(日) 23:15:06.05 ID:+54x09uE0.net
これが4ヶ月以上前の話。
で、つい最近なんだけど、所用で雨女の出るって言われてた地域に行く用事があった。その地域は県庁所在地もあって観光客も多いから、イベントごとがされる時も大体その地域が主体になって行われる。
その日はイベントが重なってて、環境系のイベントと、フリマ系のイベント、もう一つ出店とかがたくさん出てるイベントがその地域で行われてた。私はそのうち環境系イベントの方に用事があって、その用事が終わってからバス待つついでにふらっとフリマイベントやってるとこに寄った。
でも入場制限というかチケットもらって、ご時世もあって検温チェックとかも通ってからじゃないとその会場には入れなかったから、一気に面倒になった。だから外側からそのイベントチラ見した後、バス停の座るところでゲームでもしようと思って向かった。

イベントが重なって開催されてるせいか、人がめちゃくちゃ多い。おまけに快晴だから少し汗ばんだ。あっつ〜と思いながらバス停に向かって歩いてると、前方の道、そんなに離れてない距離にそこそこの人数が歩いていた。多分イベントに向かう途中か、帰ってる途中の人たち。

その中に傘を差してる人がいた。赤っぽいオレンジ色で傘の先端?が黒い。
私は最初、前お酒の場で聞いた雨女の話をすっかり忘れてたから「メッチャどぎつい色の日傘差してる人がいる」としか思わなかった。でも次第になんか変だなと思い始めた。
日傘って普通裏側の生地ががUVカットかなんかで黒いものが多いし、雨の日に使う傘よりも小ぶりなはずだった。でも人混みの中に見える傘は、明らかにUVカットの加工がされてなくて太陽の光がガッツリ透けてた。しかも日傘よりもでかい。
雨傘やんあれ、って思った瞬間、鳥肌たった。飲み屋で聞いた雨女の特徴を思い出したから。マジで心臓キュッってなった。
ただ、生まれてこの方はっきり幽霊なんて見えたことないから、「まだ生きてるちょっとおかしい人間説」を信じてた。でも周りの人はあんな狭い道で傘広げられてるのに全然避けるそぶりも、その明らかに異常な人を一瞥するそぶりもなくて、もしかして見えてるの私だけなんじゃないかとも思い始めていた。


342 :本当にあった怖い名無し:2021/12/05(日) 23:15:32.24 ID:+54x09uE0.net
どうしようとは思いつつも、でもあんなはっきり見えるのに人間じゃないなんてことはないやろ、とか思ってノロノロ歩いてたら、周りに歩いてる人たちがどんどん歩いて捌けて行って、人混みにいたはずの傘さしたその人の全身が見えるようになった。全身といっても、頭と背中の上半分は傘で隠れてけど。
ソレとはそんなに距離が離れてなかったけど、後ろ向いてるってところで安心したのか、なんか逆に冷静になってまじまじとその後ろ姿見てた。

黒いパンプスを履いてる。踵が低いやつでちょっとボロかった。服はスカートなんかワンピなんかわかんないけど、薄そうな白に近いクリーム色の生地だった。あと足は色白。血管が透けて見えた。
髪は尻が腰ぐらい。手入れせずに延びっぱなしみたい感じで、毛先がスカスカでチリチリしてたのがめちゃくちゃ印象に残ってる。顔は見えなかったけど、普通に生きてる人間にしか見えなかった。ただ、歩いてたら多少傘が上下するはずなのに、全然ブレてなくて気持ち悪かった。
距離縮まらないようにゆっくり歩いて、一分くらいじっと見てたと思う。
そしたら、そいつが急に足を止めてこっちに振り返ろうとした。慌てて手に持ってたスマホの画面に目を向けて「見てないです」風を装った。

地図見てるふりしながらホーム画面スワイプしててだけど、誰かが近づいてくる気配はない。チラッとスマホから顔を上げると、もう前方にはそのオレンジの雨傘の女の人は居なくなっていた。
信号はそんな近くないから向こうの道路に渡るのは不可能だし、そんな一瞬で目の前からいなくなることってあんのかな?って思うと、さっきまであんなに冷静に観察してたのに我に返ってゾッとした。

そのあと不運が続いた…なんてことはない。ただ、未だに不気味で、あの日自分が見たのは足がめちゃくちゃ早い様子のおかしい人なのか、噂の雨女だったのかはわからない。

皆さんの中で雨女らしきものを見たことある、って方がいたら情報が欲しいです。やっぱりアレがなんなのか気になるんで…

グダグダな上オチもなくすみません。長文乱文失礼いたしました。


[ 2022/02/26 22:01 ] 怖い話 | CM(2) このエントリーをはてなブックマークに追加

【怖】彼女は見つけてほしかったのだろうか…
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2022/02/23 19:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?365
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1636630690/


91 :本当にあった怖い名無し:2021/11/17(水) 00:40:48.82 ID:Ro2PlHu70.net
あまり怖くはないし、どこにでもあるような話なんだけども、書かせてもらいます。

10年くらい前かな、私が小学校の時でした、宿泊行事で山の中に行ったんです。2泊3日で、農園や牧場を見て回りました。
バター作りの体験をしたんですが、手作りのバターはあまりおいしくなかった。やはり有塩バターが一番。
それで、最後の夜には肝試しがあって。宿舎の外で整列して注意事項説明のあと、保健の先生が実体験だという怖い話をしてくれていた時でした。
なんとなく後ろを振り向いたら、国旗とか立てるポール、あれが3本立っていたんですけど。その右の2本の間に、女がいたんです。
まあこれもお決まりのパターンではあったけど、白っぽい服着ていて、髪が長い。泥で汚れていたようで、薄汚れていたのが記憶にあります。
後ろの方に並んでた生徒数人で「いるよね?」「いるよ」「やべぇ」みたいなことを暫く言っていました。でも、その女性は先生の話が終わって移動する生徒がザワザワした拍子に消えていました。

帰宅して1週間少し経って、ニュースを見ながら夕飯を食べていた時でした。
私たちが宿泊に行った山中で、女性の遺体が埋められていたのが見つかったってニュースが流れました。

嘘みたいだけど、嘘じゃないし、あれは見間違いではなかった。
今でもたまにあの時のことは思い出して、彼女は見つけてほしかったのだろうか…と思うのです。
でも…ニュースで見た被害者の方の写真と、あの女性はあまり似ていなかった。もしかしたら他にも…なんて。考えすぎですね。

お目汚し失礼しました。


[ 2022/02/23 19:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

昔、梅雨開けて直ぐの頃、ドライブをしていた俺は、山中で眠気に襲われた
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2022/02/22 19:01 ] 怖い話 | CM(1)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?365
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1636630690/


86 :本当にあった怖い名無し:2021/11/16(火) 12:39:02.63 ID:4Xpnp67+0.net
昔、梅雨開けて直ぐの頃、ドライブをしていた俺は、山中で眠気に襲われた。車が停めれる場所を見つけたので、窓を開け、暫く仮眠を取った。

首筋を生暖かいモノが流れる感覚に目が覚めた。直ぐにその場を離れたいと思うが、身体が動かない。その時、山の暗闇から、若い女性が、
「悲しいたけ〜。乗せて干ししいたけ〜」
と暗く小さいけど響くような声で、寒いギャグを言いながら近づいてくるのが見えた。俺が全力で叫び声を出すと、身体が動き、車のエンジンがかかった。

麓まで全速力で下り、コンビニに飛び込むと、今度は俺がコンビニの店員に悲鳴をあげられた。首筋を山ヒルに噛まれ、白シャツが真っ赤になっていたのだ。

後で調べると俺が仮眠を取った場所は、何年も前に失恋を苦とする遺書を残し、若い女性が自殺していた場所だという。


[ 2022/02/22 19:01 ] 怖い話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

俺の父親は10年以上前に病気で死んでる
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2022/02/21 19:01 ] 不思議な話 | CM(3)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?365
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1636630690/


72 :本当にあった怖い名無し:2021/11/15(月) 22:51:04.42 ID:MUOJC7XB0.net
俺の父親は10年以上前に病気で死んでる
今まで親父の夢なんてみたことが無いのだが昨夜親父が夢に出てきた
俺が実家暮らしの時、自分の部屋は2階だった
俺が2階の自室にいると親父が階段を上がってきた
親父が「おい花火見に行くぞ」と言うので内心面倒臭いな、でも付いて行ってやるのも親孝行やな、と思い花火を見に行くことにした
着替えながら「親父って死んでるよな。あれは親父の幽霊やな」と思った
幽霊でも親父なら怖くないもんや
俺は着替えを終えて死んだ親父と一緒に花火大会の会場へ向かった


73 :本当にあった怖い名無し:2021/11/15(月) 23:07:35.48 ID:MUOJC7XB0.net
親父がタバコをふかしながら歩いている後ろを俺は何も言わずに付いて歩く
死んだ親父が生き返ったのか?いや火葬もしたし生き返ることはないやろ
幽霊なのに足はちゃんとあるやんって思いながらただただ歩く
親父が疲れたのか道側にある石に腰掛けタバコに火をつけた
俺は親父の休憩が終わるのを待つためにボーっと突っ立ってた
すると急に母親が現れて「お父ちゃんについて行ったらアカンで。お父ちゃんは死んでるんや」って言う
俺も親父が死んでるのは分かってる
親父が誘う花火には親孝行のつもりで付いて行ってやりたい
母親が言うついて行ったらアカンって感覚もわかる


74 :本当にあった怖い名無し:2021/11/15(月) 23:22:26.02 ID:MUOJC7XB0.net
ここで目が覚めた
夢は普通みても忘れるものだが初めて親父が夢に出てきたからなのか鮮明に記憶に残ってる
俺は現在病気を患い入院してる
闘病生活に疲れた俺を見るに見かねて連れて行ってくれようとしたのかもしれない


92 :本当にあった怖い名無し:2021/11/17(水) 07:53:58.75 ID:WADW/uO/0.net
>>74
臨死体験者に共通する経験に、お花畑あるいは花火のような光景を見るというのがある。親父が花火を見に行こうと言ってきたのは本当にその一歩手前だったのかも。無事に戻って来れて良かった。
あちらへ行かないよう引き留めたのが、まだ生きてる母というのも不思議。もしかしたらご先祖様が、あなたが警戒しないように母の姿を借りて話してくれたのかもしれないね。


[ 2022/02/21 19:01 ] 不思議な話 | CM(3) このエントリーをはてなブックマークに追加

全国心霊スポット行脚兼神社仏閣巡りした時の話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2022/02/20 19:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?365
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1636630690/


55 :本当にあった怖い名無し:2021/11/14(日) 16:27:44.51 ID:+jAEfwSv0.net
全国心霊スポット行脚兼神社仏閣巡りした時の話聞いてくれや!
聞いたら俺が呪われるかもしらん話と、なんか実際あった心霊現象2個と、
叩けば埃が落ちるくらい話あるんだが。
ただ実際あった話なもんでクソ乗りが軽い文章になると思うが。
いいすかね?


56 :本当にあった怖い名無し:2021/11/14(日) 16:35:40.62 ID:tnYw1PVI0.net
>>55
お願いします


57 :本当にあった怖い名無し:2021/11/14(日) 16:49:30.40 ID:+jAEfwSv0.net
>>56
お、人が聞いてくれるってだけで嬉しいです。今から書きながら投下させてください。
リアルで話すとガイジ扱い受けるもんだから何処にも話せないもんで。

まず最初に、自分は昔から幽霊だの変な悪夢だのたらふく見てまして、
特に家のラップだの怪音だの変な話声だの大量に聞いてた訳なんですよ。
そんで親とかにその話をしてもまともに取り合ってくれない。で、お人形が一緒じゃないと眠れない日々が続いたわけですよ。
誰も助けてくれないとなると自分でどうにかするしか無いわけで、
取り合えず体を鍛えて、自分で言うのもなんだけどバケモンみたいな見た目に成長し幽霊を叩き潰したんです。
長々としましたがここまでが前置きです。


58 :本当にあった怖い名無し:2021/11/14(日) 16:56:06.42 ID:+jAEfwSv0.net
社会の荒波に揉まれ、結果ニートになったんですが、暫くすると旅行に行きたくなったんです。
体を鍛えて成長してから幽霊っぽいものを見る機会がすっかりなくなったんですけど、
実際アレは何だったのかと。そもそも自分が思春期だったために見た幻覚だったんじゃないかと。
では実際に幽霊を完膚なきまで目撃してしまえばいいんじゃないか?
と、考えた自分は有名な心霊スポットを巡ることにしたんです。あとついでに神社とかの観光。


59 :本当にあった怖い名無し:2021/11/14(日) 17:12:36.28 ID:+jAEfwSv0.net
それで福井の雄島とか岩手の慰霊の森とか青森の恐山とか行ったんですが、
中々神秘的な気配があって居心地よかったです。なんか神の威光~みたいなの感じてとても良かった。
恐山は特に良くて硫黄臭い駐車場で車中泊するくらい居心地良かった。

で問題は2個所、岩手と広島であったんですけど、先ずは岩手から。
岩手というと遠野物語とかでカッパとか座敷童とか妖怪の話が多いではないですか。
それでカッパ淵という昔カッパが現れて人を引きずり込んだという沢が観光地になっており、そこに行ったんです。
周りは多少整備されているけれどな~んもないド田舎で、自転車用のコースが整地されてる程度の山間部って感じでした。


60 :本当にあった怖い名無し:2021/11/14(日) 17:19:38.20 ID:+jAEfwSv0.net
そのカッパ淵は何やら大きい寺の裏側に流れている沢で、
木漏れ日とか差して休憩するのにもってこいな環境でした。
特定の曜日は解説とかもしてくれるおじさんがいるそうでしたがその日はいませんでした。
周辺を散策しても特に何も無かったので帰ることにしたんです。

そんで帰り道に半壊した祠?みたいなものが立っていました。
岩手というと豪雪地帯ですからその影響で潰れたのかな?と思いその祠の中を覗いた訳なんですよ。


61 :本当にあった怖い名無し:2021/11/14(日) 18:16:25.77 ID:+jAEfwSv0.net
半壊した祠にはよくあるお地蔵さんとか祀ってある小さい扉が立てつけてあったんだけど、
殆ど崩れて半開き状態だったんだ。いったいいつ崩れたのか分からないけれど、
中に神様とか祀ってある状態で放置されてるのだったら管理者に連絡しとくかなと思って中身を確認したんだ。
チラッと中見た一瞬ですごい吐き気がした。中身は家に飾ってあるエビス様みたいな小さい置物?があったんだけど
なんか様相がおかしかった。高熱で溶けたような、笑っているような、尋常じゃなく怒っているような、奇形極まりない見た目をしてた。
正直ビビった。ネットの数々のグロ画像見ても屁でも無い程度にグロ耐性あったのに、こんな一瞬見ただけで体調不良になるもんが存在するのかと。
直視しているとノロウイルスにでも罹ったのかってくらい体がふらついたんで、そっと半壊した祠の扉を元に戻したんです。
暫く休んでいると体調不良が良くなったんでそのまま帰った。
正直その奇形の物体が何なのか検証したかったんだけど、それを見ているとインフルエンザ並に体にダメージあったから断念した。
神か妖怪かただの思い込みか分からないけれど、所有者がいるものを勝手に触るのは良くないし。

こうやって書くとなんかスゲー胡散臭いし気のせいじゃね?って感じの文章になったな…
これが岩手であった話です。


62 :本当にあった怖い名無し:2021/11/14(日) 18:20:30.09 ID:sx06xQbo0.net
遠野市はそういう祠とかかなり調査されている土地だから
調査報告書を調べてみたら何か出てくるかも


64 :本当にあった怖い名無し:2021/11/14(日) 18:46:40.91 ID:+jAEfwSv0.net
>>62
ぶっちゃけるとカッパ淵行ったらほぼ確実に視界に入ってる所にあります。
二年前の話ですから今はどうなってるか分かりませんが。
グーグルのストリートビューで見れる位置にあるんですけど、写真だとぶっ壊れて無いし、近くまでは見えないんですよね。
謎ですわ。


63 :本当にあった怖い名無し:2021/11/14(日) 18:39:11.10 ID:+jAEfwSv0.net
もう一個が広島というか尾道であった話で、港の駐車場からねり歩いて千光寺を観光してました。
龍が如くとかでゲーム化されてたそうでこの辺で小野ミチオ君がバトルしてたのか~とか見てました。
その辺は問題なく観光してたんだけど、問題はホテルに帰ってから。
営業妨害になるから場所は言わないけど、まあよくあるビジネスホテル。
飛び込みでチェックインしたけど平日だったからすんなりとチェックインできた。
そんで風呂に入って寝てたんだけど、ふとどこかからチリンチリンと風鈴の音が聞こえるのね。
10月後半で寒い時期だったのに風鈴なんぞ鳴らしやがって余計寒くなるわ!と内心苛立ってたんだけどそのまま寝ることにした。
そのままベットに寝転んで風鈴の音聞いてたんだけど、なんか音の出所が近いんだよ。
どこかな~と思って出所を調べようと起きてウロウロしてたんだ。
廊下では聞こえない、窓側で聞こえる。じゃあ窓の外か?と思って窓から身を乗り出して耳をすませても聞こえない。
じゃあどこかな?と調べるとなんか壁の前から聞こえる。
よく分からんが壁の中とかじゃなくて壁の前。スピーカーとか音源も無い空中から聞える。
まあ理解不能だった。自室の空中から何故か風鈴の音が出ている。
気色悪いなぁと思ったけどそういう怪奇現象は慣れてたんで無視して寝ようとした。
二時間くらい寝てたんだけど、風鈴の音がうるさいうるさい。20秒に一回はチリンチリン鳴るもんだから物理的に寝れない。
気になって寝れないもんだからチェックアウトして車の中で寝た。

この二件が全国の心霊スポット回って怪奇現象だったと感じたことです。
他は妙な気配とか影あるだけでなんか呪われた~みたいなことが無かったです。


65 :本当にあった怖い名無し:2021/11/14(日) 23:06:23.43 ID:rCyT/7GH0.net
読みやすくて面白かった


[ 2022/02/20 19:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

何度かタクシー運転手に怖い話はないか尋ねたことがあるが1回だけ体験談を得ることができた
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2022/02/19 19:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?366
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1641718084/


345 :本当にあった怖い名無し:2022/01/26(水) 00:06:27.48 ID:icuE+6v90.net
何度かタクシー運転手さんに怖い話はないか尋ねたことがあるがたった1回だけ体験談を得ることができた。

その運転手さんのAさんは車両のある社屋までは徒歩で向かう。通勤路はいつも同じだ。

Aさんの通勤路には道路に面して小さな花壇を置いた家がある。ある日通勤時にその家を通り過ぎようとした時
種類はわからないが見慣れない植物が花壇から生えていた。
茎は太く元気に50cmほどは伸びており、花のツボミなのか実なのかわからない物がなっていた。特に気にもせず出社したそうだ。帰宅時にもそれは残っていた。

翌日、例の植物の実の様な物…
花が開かないところを見ると実だったのかもしれないとAさんは言っていた…が少し大きくなっているのがわかった。成長してるんだなぁ程度の感想しかなく通り過ぎた。

翌日、翌々日と日を追う毎にその“実”はシワや窪みをだんだんと増やしながら育ち続けて最後には人の頭ほどの大きさに育った。そうなってやっとAさんはあることに気がついた。

「嗚呼、人の顔だ。それも自分が知っている人の顔だ」

しかし誰の顔だったかまでは思い出せずその日は帰宅した。帰宅すると奥さんから訃報が届いていることを知らされた。どうやらAさんの中学時代にクラスメイトだった人物が亡くなったとの内容だった。

葬式に参列してお焼香で故人の顔を拝見してハタと気がついた。

「嗚呼そうだ。あの植物の実はこの、彼の顔そっくりだったんだ」

「でも変ですよねぇ。彼とは中学時代ほとんど話したこともないし、卒業後なんか一切交流がなかった相手だったんですけど…。虫の知らせって言ったってなんで縁の薄い彼の顔が私の前に現れたんですかねぇ」
Aさんは困り笑いを浮かべてそう締めくくった。

例の植物は葬式後の通勤時にはまるごとなくなっていたという。


[ 2022/02/19 19:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【踏切】知り合いが体験した、不思議で少しゾッとする話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2022/02/18 19:01 ] 怖い話 | CM(1)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?366
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1641718084/


341 :本当にあった怖い名無し:2022/01/25(火) 23:26:15.57 ID:5tn9uVBF0.net
『踏切』

知り合いが体験した、不思議で少しゾッとする話。
その知り合いは習慣で夜中にランニングしているんだけど、走るルートは毎回同じで必ずとある踏切を通る。
この踏切は心霊スポットとかではない普通の踏切で昼間は交通量もそこそこ多い。

ある夜、いつものように知り合いがその踏切を渡ろうとしたところ、ちょうど警報器が鳴り遮断機が降りてしまった。
知り合いは「運が悪いなぁ、この踏切駅と近いから待ち時間長いんだよなぁ」と思いながら
携帯していたスマホで動画を見ながら暇をつぶしていた。

それから、10分くらい経過したらしい。
「さすがに長すぎるぞ」と不審に思って、初めてスマホから目をそらして周りを見渡した。
するとつい先ほどまでカンカンなっていたはずの警報音が消えていることに気づいた。遮断機も降りていない。

電車がもう通過してしまっていたのかとも思ったが、さすがに電車が目の前を通過すれば騒音で気が付くはず。
では踏切の警報音はただの空耳だったのかとも考えたが、点滅する赤色灯と降りてる遮断機を確実に目で見ているからありえない。

このとき知り合いは、恐怖よりも「なぜ?」という困惑した気持ちでいっぱいだったが、ふと全く動く気配のない真っ黒な踏切を眺めていると
妙に怖くなってきてしまい、その場からダッシュで走り去った。
以後、この踏切を何度か通ったそうだが、上記のような現象はまだ起きていないらしい。

特にオチがない話なんだけど、情景をイメージすると鳥肌が立ってしまう


[ 2022/02/18 19:01 ] 怖い話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

【謎】最近気になることがある
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2022/02/17 19:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?366
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1641718084/


334 :本当にあった怖い名無し:2022/01/25(火) 16:16:58.22 ID:+w30D4Zx0.net
最近気になることがある。

俺の借りてる部屋は和室だから襖の上に天袋があるんだけど、仕事が終わって帰るとちょっと開いてんの。最初は閉め忘れかなって思って普通に閉めてた。天袋って使用頻度の低い物を入れておくことが多いと思う。そもそも頻繁に明け閉めする場所じゃないんだよね。
開いてるのは必ず外出後で、幅はマチマチ、3センチから20センチぐらいまで様々。

しばらくの間、開いてたら閉めるを繰り返していたんだけど流石に疑問に感じて脚立持ってきて奥を覗いてみた。そしたら、奥の方に一冊の文庫本があったんだ。
確かに本は好きだけど、天袋には入れていない。買った覚えもない本だったので、前の住人が置いていったのかな?と思って読んでみたよ。
おあつらえ向きに怪奇小説で、筆者が体験した系のエッセイだった。

んで、ここからがこの板向きの話で、「空の戸棚や天袋には何かを入れないとヤバいものが住む」って話が載ってたんだ。正直ゾッとしたよ、確かに天袋は空だった。
この本を出した後も相変わらず、時々天袋は開いてる。

何か住んじゃったのかな…


[ 2022/02/17 19:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

もう20年くらい前の話。岩手県の座敷童子に会えるという宿での出来事
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2022/02/16 19:01 ] 不思議な話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?366
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1641718084/


322 :本当にあった怖い名無し:2022/01/24(月) 20:31:09.94 ID:GUH1e0jH0.net
もう20年くらい前の話。岩手県の座敷童子に会えるという宿での出来事。
駅から宿までかなり歩いたけど、道には無数のトンボの死骸。なんとも怖い気分になりつつ宿に到着。宿泊する部屋は座敷童子のための人形やお菓子がたくさん備えられていて少し不思議な感じがした。夜が来て就寝。


323 :本当にあった怖い名無し:2022/01/24(月) 20:34:48.58 ID:GUH1e0jH0.net
眠りに落ちると、なにかひかってるものに引き起こされた感じがして、気付くとそこは古い蔵のようなものに囲まれた空き地のような場所だった。
そしてひかってるなにかに引き回されて追いかけっこをしてるような感じに。
そしてしばらくするとなんとなく目が覚めた。

あれは座敷童子だったのか、それとも座敷童子に会いたいという自分の願望が生み出した夢だったのか、よくわならない。
一緒に泊まった友人は何も見なかったとか。


327 :本当にあった怖い名無し:2022/01/24(月) 23:01:50.36 ID:cp3xh79A0.net
>>323
その宿って緑風荘?
火事になる前に行ったことあったけど何も見れなかった


332 :本当にあった怖い名無し:2022/01/25(火) 07:46:26.32 ID:uKYeVP+K0.net
>>327
緑風荘です。
その後火事の前に再訪しましたが槐の間には泊まれず何も見なかったです。


[ 2022/02/16 19:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

おばあちゃんと話した記憶
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2022/02/10 16:37 ] 不思議な話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?366
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1641718084/


328 :本当にあった怖い名無し:2022/01/24(月) 23:03:20.98 ID:1TLUVqzl0.net
私がまだ保育園のころ、3回ほど父方の実家に行く機会がありました。
電車でも車でも4時間以上かかるところで、片道だけでも一苦労でした。

実家には父親の兄弟が集まり、3回とも一緒にお墓参りをしに行きました。
その家は小さかったのですが、いつもおばあちゃんが一番奥の4畳半の部屋で、コタツに入ってお茶を飲んでいたこと、それ以外の部屋にはほとんど何もなく、おじいちゃんの仏壇だけがぽつんとあったことが印象的でした。
おばあちゃんと話す機会は少なかったですが、昔この町で喫茶店を営んでいたことや、亡くなったおじいちゃんがお父さんにそっくりだったことなどを話してくれました。

それから何年も父親の実家に行く機会が無く、小学校3~4年の頃、たまにはおばあちゃんに会いに行きたいと父親に話したところ、おばあちゃんは私が赤ん坊の頃に亡くなっており、「孫に一目会いたかった」と言って亡くなったという話を聞きました。
お墓参りも一緒に行ったろ、とも言われました。
でも、確かに私にはおばあちゃんと話した記憶があり、喫茶店の話もその通りだったそうです。
幼いころの記憶って勘違いとか多いと言いますが、できれば本当に会った記憶と信じたいですね。


[ 2022/02/10 16:37 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加
管理人オススメ記事
【山の怪】もう何年も前に亡くなった俺の祖父は狩猟をやっていた
昔、中国に出張に行ってた時のこと
【恐怖体験】廃病院
20年前の話なので、もう特定されることもなくなっただろうと書かせて貰う


プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加


最新記事
神戸市北区5人殺傷事件の話 Feb 29, 2024
【怖】夜の地下道で見た人 Feb 28, 2024
昨日夕食時に家族でご飯を食べてたときに起きた怖い話なんですけどしても良いですか Feb 08, 2024
【不可解】「あらまあどあ」について Feb 07, 2024
【怖】山道のそば屋 Jan 27, 2024
【怖】タクヤくんの恨み Jan 19, 2024
【怖】山ばあちゃんに出会ってしまった話 Jan 06, 2024
大学進学のために家を離れる時、祖父がしてくれた話 Jan 05, 2024
【不可解】夜の墓地に肝試ししに行った時に撮った写真 Dec 17, 2023
うちの母方の家系は昔はそれなりに有名な霊能力者だったらしい Dec 16, 2023
過去ログ +

2024年 02月 【4件】
2024年 01月 【4件】
2023年 12月 【2件】
2023年 11月 【2件】
2023年 10月 【4件】
2023年 09月 【4件】
2023年 08月 【7件】
2023年 07月 【2件】
2023年 06月 【2件】
2023年 05月 【4件】
2023年 04月 【1件】
2023年 03月 【5件】
2023年 02月 【8件】
2023年 01月 【10件】
2022年 12月 【10件】
2022年 11月 【10件】
2022年 10月 【10件】
2022年 09月 【10件】
2022年 08月 【10件】
2022年 07月 【10件】
2022年 06月 【10件】
2022年 05月 【10件】
2022年 04月 【10件】
2022年 03月 【10件】
2022年 02月 【10件】
2022年 01月 【10件】
2021年 12月 【10件】
2021年 11月 【10件】
2021年 10月 【10件】
2021年 09月 【10件】
2021年 08月 【10件】
2021年 07月 【10件】
2021年 06月 【10件】
2021年 05月 【10件】
2021年 04月 【10件】
2021年 03月 【10件】
2021年 02月 【10件】
2021年 01月 【10件】
2020年 12月 【8件】
2020年 11月 【7件】
2020年 10月 【10件】
2020年 09月 【10件】
2020年 08月 【10件】
2020年 07月 【10件】
2020年 06月 【10件】
2020年 05月 【10件】
2020年 04月 【8件】
2020年 03月 【10件】
2020年 02月 【7件】
2020年 01月 【10件】
2019年 12月 【8件】
2019年 11月 【12件】
2019年 10月 【10件】
2019年 09月 【10件】
2019年 08月 【10件】
2019年 07月 【10件】
2019年 06月 【10件】
2019年 05月 【10件】
2019年 04月 【10件】
2019年 03月 【10件】
2019年 02月 【10件】
2019年 01月 【11件】
2018年 12月 【10件】
2018年 11月 【11件】
2018年 10月 【10件】
2018年 09月 【10件】
2018年 08月 【10件】
2018年 07月 【11件】
2018年 06月 【10件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【10件】
2018年 03月 【10件】
2018年 02月 【10件】
2018年 01月 【12件】
2017年 12月 【9件】
2017年 11月 【8件】
2017年 10月 【13件】
2017年 09月 【13件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【10件】
2017年 04月 【10件】
2017年 03月 【10件】
2017年 02月 【11件】
2017年 01月 【10件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【8件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【13件】
2016年 06月 【16件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【13件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【13件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【12件】
2015年 05月 【16件】
2015年 04月 【14件】
2015年 03月 【27件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【25件】
2014年 12月 【26件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【20件】
2014年 09月 【18件】
2014年 08月 【20件】
2014年 07月 【25件】
2014年 06月 【21件】
2014年 05月 【18件】
2014年 04月 【17件】
2014年 03月 【16件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【22件】
2013年 10月 【10件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【13件】
2013年 07月 【10件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【5件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【6件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【19件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【8件】
2009年 07月 【21件】

アクセスランキング
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
01 | 2022/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top