fc2ブログ

|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
RSSヘッドライン

昨日初めて所謂幽霊に遭遇した
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2022/11/28 19:01 ] 心霊笑える話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?371
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1660842356/


217 :本当にあった怖い名無し:2022/08/29(月) 11:31:55.68 ID:tPDrY4820.net
はじめてのオカ板訪問。ネタじゃなくてガチの話。
昨日初めて所謂幽霊に遭遇した。思春期のバカ息子が始業式前日になって宿題が半分しか終わってなかった事実を知り、
説教をしたあと早くやれ!と言ってしばらくして様子を見に行ったらスマホでゲームしてた。そこで言い合いになって軽く揉み合いになった。
私はブチギレてもう知らん!と外に飛び出して田舎の夜の街を散歩してたんだけど、畑の真ん中に立ってる人間が目に入った。
たぶん20メートルくらい先なんだけど、髪が長くて白い服着てて、うわまじか幽霊かよと思った。暗いのになぜか風貌がよくわかったから。
初めて見る幽霊だったけどそんなことより怒りが爆発しててイライライライラしてた。そんで住宅街の曲がり角曲がったら急にその女が目の前に立ってた。
なんかあの、ほん怖の番組に出てくるようなすんごい顔してた。白目っぽくて。急に居たもんだからびっくりしたけど、
息子にイライラしてたしそいつも急に脅かしてきたことにクッソイライラして
「なんだよいきなり出てくるなよ!おめーなんか怖くねぇよ!こっちはイライラ爆発してんだよ!てめぇいっぺんしね!」
って言ったけど相手は無表情で、そこで私は我に返って「あ、あんたもう死んでんのか!あはははははは!」って急におかしくなって爆笑しちゃったんだよね。
そしたらスッと消えちゃった。
冷静に考えたらマジ怖い。呪われたらどないしよ。


218 :本当にあった怖い名無し:2022/08/29(月) 11:47:55.84 ID:Ri4riUyY0.net
>>217
生活感あふれていてよい


219 :本当にあった怖い名無し:2022/08/29(月) 12:18:41.86 ID:UMmNUnHS0.net
>>217
ぶりぶり怒ってるオカン最強w
生きてる人間がいちばん怖いというw


[ 2022/11/28 19:01 ] 心霊笑える話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

狐のお姉さん
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2022/11/27 19:01 ] 不思議な話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?371
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1660842356/


212 :本当にあった怖い名無し:2022/08/29(月) 00:19:51.47 ID:+8mvrE+F0.net
もう今から40年以上前のある男性Aさんのお話
近所に神社があったらしく、小さい時その敷地内でよく一人かけっこしたり友達と遊んでたそうで、
夕方過ぎに両親が帰ってきてから今日何してた誰と遊んだとか色々話をしてたんだけども、たまに全く知らない人の話が出てきてて、
その人誰って聞いても誰かは知らないけどお姉さんって答えてた
次第に両親もふと気になって、いつもうちの子見ててくれてありがとうねってお礼しようとそのお姉さんの事近所にそれとなく聞いたんだけど誰も知らないの
あげく神社の人にもそんな人は知らないって言われたから仕方なくAさんにその人次会ったら教えてくれない?って伝えて結果そのまましばらく会うことはなかった
そしたらある日、その日は珍しくAさんのお父さんが仕事休みなのもあって二人で一緒にその神社で遊んでたんだけど、どうやらそのお姉さんが来たらしくキャッキャ騒いでた
お父さんは少し目を離してたのもあってすぐ気付けなかったから声を聞いてAさんの元に向かったんだけど、そのお姉さんを見た瞬間にあ、この人普通の人じゃないって気付いた
別に霊感があるわけでもないのに。
でも漂う気配とかなんというか、説明できないけどここにいるのは「狐」なんだろうなと感じたらしい
すると狐のお姉さんは今日は向こうで遊ぼうってAさんに話しながら手を引き始めたから思わずAさんの手を握ってそのまま家に帰った
その神社にまつられているおきつね様が見守ってくださってたんだよって、お父さんはそうよく話してくれたんですよ、まぁそれからすぐ蒸発して今頃何してるか知りませんけど。とAさんは言ってたんだけど、
長くなって申し訳ない。
この話の気味が悪いのはここからで、Aさんが大人になってから知ったことなんだけどその神社狐信仰なんて全くしていない。
詳しくは聞けなかったけどどちらかというと忌むべき対象に近いそう。
じゃああの狐のお姉さんはなんだったのよ。
あのときどこに連れて行こうとしたのよ。
お父さん、本当はなんで消えたんだろうね。

稚拙長文失礼しました。


[ 2022/11/27 19:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

廃墟で見た猫
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2022/11/26 19:01 ] 不思議な話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?371
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1660842356/


211 :本当にあった怖い名無し:2022/08/28(日) 23:39:42.58 ID:c+4d0JcC0.net
昔廃墟探索に行ったときのことなんだけど、

そこどうやら3階建てのアパートらしきものを建てる予定だったみたいなんだよね
でもガラスやドアも何も取り付けられず、まぁ多分途中で計画が何かしらの理由で頓挫したのかなんなのかわかんないけどすごい中途半端な状態で長年放置されて、んで撤去もされずずっと放置されてた

そんなんだから地元の悪ガキ達に目付けられて不法侵入する輩がちらほらいてさ、まぁ自分達も面白そうだし行ってみようっつって、高校生だったけど夜中に家抜け出して友人2人連れてみんな懐中電灯持って集まった

そこ、なんていうか、廃墟だけあってそこ完全に死んだ空間みたいに見えてさ
生き物の気配すら全くしないの、虫一匹すら。

気味悪いなぁなんて話しながらそのまま1階、2階と進んでたんだけど、その2階に猫がいる
音も気配もせずそこにいるから思わずびっくりしちゃってさ、声も出せず固まってたらその猫がソロソロと3階に上がってくのよ
魅入られてるっていうのかな、その猫のことが気になっちゃって気になっちゃって仕方なくて、そのままついて行ったんだけど、
ある部屋に入るか入らないかくらいで言葉通りスゥって消えいった

ビックリしてそのままその部屋まで追いかけて覗いてみたら、凄い量のゴキブリが列つくって一箇所に向かってて、その合流地点にビッシリ集まって蠢いてんの

でよーく見たらそこに生き物らしきものが横たわってた
多分そうなんだろうなと思ってたけどやっぱり猫
友達2人はそのまま一目散に逃げて帰って行っちゃったんだけど自分はもう全く動けない
で不思議なのがさ、瞬きした瞬間にさっきまでのゴキブリ達が一匹たりともいなくなってたのよ
肝心の猫はいまだにそこに横たわってて、見た感じ虫も湧いてないし多分死んですぐぐらいじゃないかなぁ
そのまま抱えて廃アパートの敷地の砂地ちょっと掘り返して埋めた

友達2人はその件があってなんとなく話しづらくなっちゃってさ、そのまま疎遠になったよ
多分未だに元気にしてるとおもうけど、どうなんだろうね。

ゴキブリで思い出した話。

稚拙長文失礼しました。


[ 2022/11/26 19:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【怖】実体験。20年以上前、中学校の修学旅行で函館にいった
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2022/11/20 19:01 ] 怖い話 | CM(2)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?371
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1660842356/


197 :本当にあった怖い名無し:2022/08/28(日) 16:01:25.08 ID:KJkSi8ZS0.net
実体験。20年以上前の話。私は、中学校の修学旅行で函館にいった。
ホテルはプールがついているところで、ウォータースライダーとかがあるところ。
ホテルのそばにマーライオンがいたのが印象的だった。

夜景を見てテンションが最高潮に達していたバスの中で、
バスガイドさんがどういうタイミングか怖い話を始めた。
「皆さんは洞爺丸台風を知っていますか」から始まったその怖い話の内容はまとめると以下のような内容だった。

皆さんの宿泊するホテルは海沿いのいわゆるオーシャンビューのホテルです。
ずっと昔、洞爺丸台風という大きな台風によって客船が沈没する大きな海難事故がありました。当時、このホテルのそばの沿岸にも毎日たくさんの死体が打ち揚げられました。ホテルにお札や何かが貼ってあっても、剥がしてはいけませんよ。何か出てしまうかもしれませんから。

今考えると、バスガイドさんの十八番ネタなんだろうなと思うが、当時の自分達は暗いバスの中でキャアキャア怖い怖いと騒いでいたと思う。
ホテルに着くとみんな絵の裏にお札がないか恐々確認していた。


198 :本当にあった怖い名無し:2022/08/28(日) 16:01:51.96 ID:KJkSi8ZS0.net
夜になってから、今で言う陽キャな、運動部でバリバリ活躍しているような男子部屋で事件は起こった。中3男子が泣きながら引率の担任の部屋に駆け込んできた。
当時、「修学旅行中は、テレビを使ってはいけない」というルールがあったんだが、その部屋ではルールを無視してこっそり就寝時間にテレビをつけていたという。ところが、テレビが砂嵐になって調子が悪くなった。困惑した男子たちは、リモコンや電源ボタンを押したが、砂嵐が消えない。困り果ててコンセントを抜いたが、それでもまだザーーッと砂嵐の音。怖くなって泣きながら部屋を出てきた、ということだった。
「あの部屋では寝られません」と訴える彼らの言い分を聞いた先生は、保健室だったか、違う部屋に彼らを移動させた。

翌朝、この話は結構な騒ぎになったと記憶している。

修学旅行の終了後、さらに不思議なことが起きた。
当時はデジカメがまだ普及していなくて、みんな「写ルンです」で写真を撮っていた。帰ってきてから現像して初めて写真が見られる。学年フロアがちょっとした騒ぎになるくらいに多くの写真にオーブが写っていた。当時はUSOとか、心霊特番も多かったから結構盛り上がっていた。


199 :本当にあった怖い名無し:2022/08/28(日) 16:02:39.64 ID:KJkSi8ZS0.net
私の撮った写真も、部屋で撮ったものは結構な数のオーブが写っていた。が、その中に一枚不思議な写真があった。それは海の見える窓を背景に、同室の友達を撮った写真だった。彼女の後ろに部屋のテーブルやブラウン管テレビが映っている。
そのテレビが、ついていた。
私たちは、ルールを守って旅行中はテレビをつけていない。なのに、テレビ画面には確実に何かが映っている。私は友達と一緒にテレビに何が映っているのかを必死で判読しようとした。
薄暗い、青い、グレーの、荒い画像。海に見えた。
それを背景に、鮮明ではないが何かが書いてある。
確かに、文字のようなものが見えるのだが読み取れなかった。
額を寄せて友達と写真を検分している時、ふと閃いた。
二文字、間が空いて三文字くらい‥、この並び、「○年前の衝撃事件簿」みたいなやつでみたことがある、と。大きな災害や事故があった時に、テレビニュースで行方不明者や被害者の名前が白抜きの字で画面いっぱいに並んでいる、あの画面。それに似ていた。

その瞬間、バスガイドさんの「たくさんの死体が」というあの言葉が頭の中をぐるぐると巡った。私は、その写真が気持ち悪くて持っていたくないと言ったら、その写真に写っていた子が「面白いからもらうね」と持って行ってくれた。


修学旅行の思い出より、この写真の思い出の印象が強くて。
わかりにくかったらごめんなさい。


215 :本当にあった怖い名無し:2022/08/29(月) 09:06:44.87 ID:hH6EbCmy0.net
>>199
地元の話だから面白かった。ホテルがどこだったのかもわかるからばっちりイメージできたわ。


[ 2022/11/20 19:01 ] 怖い話 | CM(2) このエントリーをはてなブックマークに追加

5年ほど前から視界に黒い人影のようなものが入り込むようになった
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2022/11/19 19:01 ] 不思議な話 | CM(1)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?371
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1660842356/


93 :本当にあった怖い名無し:2022/08/24(水) 23:26:17.82 ID:iJeHQRBt0.net
怖い話なのかわからないが、現在進行形なので稚拙ながらここに残しておきたい。

5年ほど前から視界に黒い人影のようなものが入り込むようになった。歩いてる時、仕事してる時、遊んでる時と規則性は無く、週に何度か、ふとした瞬間に黒い人影が視界の端に現れて、瞬きもしない間に消える。
最初は飛蚊症疑って眼科に行っていたんだが、特に網膜にも異常は無かった。かと言って、社会人になった今も精神を病んだ訳でもない。ただ一瞬、週に数える程度その影が見えるだけでしかなかったので疲労で見間違えを起こしてるだけと思っていた。

それが今日仕事から帰る途中、いつも通り見えたその影が何故か、”男”で、顔や目を見たわけでもないのに”こっちを見ている”っていうのが分かってしまった。
今日起きたばっかのことで本当にどう形容すればいいのか分からないんだが、見てはいけないものを見てしまったというか、通りすがりの知らない人間にガン見されてたことに気づいた時ぐらいゾッとした。

その影もまた一瞬で消えたんだけど、数時間経った今も“目が合ってしまった”っていう感覚が忘れられない。
霊感が無いのでその男?に何かされたのかは自分ではよく分からんが、怖い話や都市伝説みたいな嫌な気配を感じてるわけでもないので悪いものではないんだと思う。
あとは糖質の兆しなのかもしれないが…それもそれで洒落にならねえなって思いながら酒飲んでる。


守護霊だと信じたい。


96 :本当にあった怖い名無し:2022/08/25(木) 02:26:43.25 ID:KUCvbSF60.net
>>93
レビー小体認知症の幻覚症状に近いんじゃね

参照-レビー小体型認知症 | 健康長寿ネット


98 :本当にあった怖い名無し:2022/08/25(木) 05:47:47.73 ID:5yl63bBv0.net
>>96
こんな病気があるんだな
これだと今んとこ幻視だけになるんだが、なんか進行する前に病院行ってみるわ
さんがつ


[ 2022/11/19 19:01 ] 不思議な話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

【怖】俺を海中に引きずり込もうとする何か
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2022/11/18 19:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?371
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1660842356/


92 :本当にあった怖い名無し:2022/08/24(水) 22:24:04.64 ID:keftyQow0.net
夏もあと少しで終わりということで幼少期の頃の体験談を。

俺が5歳くらいの時に家族でとある海に行った。
その日は真夏日とあってかなり暑かったのを覚えてる。
父が安全の為にと付きっきりでいてくれたんだけど、兄が海の家で販売されてる焼きそばを食いたいとか言って目を離した際に俺は波にさらわれた。
もちろん泳ぎ方なんか分からないもんだから一生懸命になって陸に上がろうと犬掻きしてたと思う。
そんな時に何かが俺の右足を触れたような感じがした。
その何かには吸盤?のようなものが付いていて俺の足を掴むと海中に引きずり込もうとしてたようだった。
何が何だか分からなくて怖かったんだが勇気をだして目を開けてみたんだよ。
その何かは人間のようなんだけど人間じゃなかった。
それは全身が真っ白で手の平には吸盤と水掻きのようなものが付いていた化け物だった。
それを見て恐らく俺は気絶したと思う。
恐らくというのはそれ以降の記憶がないからだ。
気づけば俺は砂浜の上に敷かれたシートの上に寝かされていた。
目を覚ました俺は父親に何があったのか聞いてみた。
父親は「ブクブクって溺れてた俺を海から引き上げた」と話してくれた。その時に俺は聞いたんだよ。
俺の足を引っ張ってた化け物のようなものはなんだったのか。
父親は不思議そうな顔をして「そんなものはいなかったし、何も足元についてなかったぞ」と。

それから俺は十数年経った今でも海は怖くて行けなくなった。
プールも正直怖いし、水中で目はあけられない。
水中で目を開けるとあの出来事が思い出してしまうから。

長文だし読みにくかったら申し訳ない。


[ 2022/11/18 19:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

未だに何だったんだろうと思う。不気味な話。
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2022/11/17 19:01 ] 怖い話 | CM(1)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?371
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1660842356/


88 :本当にあった怖い名無し:2022/08/24(水) 21:24:37.53 ID:wQ4ehtL40.net
未だに何だったんだろうと思う。不気味な話。
高校二年生の頃、父と母と私の3人で軽井沢へ旅行に行った。色々楽しんで16:00過ぎ位に帰る為に車に乗り込んだ。
私の父は知らない道を車で走るのが好きで、地元へ戻るのも違う道で帰っていい?と話をされた。違う道で帰るのは遠出した時によくある事だったので母と迷わないでねと冗談を言いながらカーナビを設定して発進。

最初こそは軽井沢の商店街やお店が並んでいたけど、走行する内に店や人が消えて緑が増えてきた。軽井沢だから当たり前かと思いながら後部座席から流れる景色を綺麗だな〜とただただぼんやり眺めてた。
でも、進むにつれて道はどんどん鬱蒼としていく。ガードレールから無造作に飛び出した木や雑草を見て、人の手が入ってない=あまり人が来ない場所と結びつけてしまって、1人ですこし怖くなってた。それに対向車も後続車も誰も居ないから本当にこの道を進んで地元に帰れるの?という不安もあった。
父は相手の反応があると加減が出来なくなる人?だから、母や私が不安だという旨を告げるとさらにどんどん人気が少ない道を選んでしまって、本当に大丈夫かなという気持ちで胸がいっぱいだった。

そんな道を進み続けて行く内に段々と私は気分が悪くなっていった。元々酔いやすい体質ではあったけど、そういう車酔いの吐き気ではない気持ち悪さがどんどん大きくなっていって、私は耐えられずに父に話しかけた。


89 :つづき:2022/08/24(水) 21:35:02.57 ID:wQ4ehtL40.net
私が車酔いしたと思った両親はいつもの感じという対応。そして車はどんどん進む。途中コンクリートの道路が砂利のような道に変わった?時、私はふと「もう進まれるのが嫌だな」と思った。そう思った途端、その気持ちが抑えきれなくなって突然声を上げて泣き出した。「嫌だ!やだやだやだ!!早く元きた道に戻って!!帰って!!お願いだから戻って!!!!」って顔をぐちゃぐちゃにしながら泣き叫んだのを覚えてる。本当に気持ち悪いし胸も苦しくて上手く息が出来ない位にヒステリックに泣き叫んで、ひたすら両親に戻って欲しいと訴えてた。
そういう大声を上げる性格じゃないから、両親は驚いて車を停めてくれた。高校生にもなって鼻水と嗚咽まみれで号泣しながらお願いだから戻ってと何度も何度も叫びながらお願いをして、ようやく私が変だと分かってくれた父は戻ってくれた。
人やお店が増えてくると、私の吐き気や涙は収まって、泣き叫んだのが嘘のように元気になった。

その後は帰りに寄ったファミレスの駐車場を出る際に、父は左に出るところを何故かハンドルを右に切り、逆走しようとした。母が大声で逆だよ!車来てる!と叫んでくれなかったら正面衝突していたと思う。
それ以外は特に何も無く無事に自宅へ帰れたけど、私の豹変に突然の逆走で帰りの空気がものすごく重かった。今であの日はなんだったんだろうという話になる。母は何か感じ取ったんじゃない?と言うけど、私は霊感が無いのでただただ不気味な帰りだったなと思い返してはぞわっとします。
あまり怖くなくてすみません。長文失礼しました。


[ 2022/11/17 19:01 ] 怖い話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

【怖】夜中3時の訪問者
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2022/11/07 19:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?371
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1660842356/


76 :本当にあった怖い名無し:2022/08/23(火) 23:06:09.28 ID:4IGnTXC80.net
今からもう何年も前に一人暮らししてたときの話なんだけど、
夜寝てたらインターホンが鳴ったのよ、んで起きてふとケータイ見ると夜中の3時。
はぁ?と思いながらも、のそのそとスリッパ履いて部屋に取り付けられてるカメラ見たら誰もいない。
犯罪系だったら嫌だからソロソロと足音殺してドアスコープ覗いてみたらドア挟んで1mも離れてない距離に女の人が立ってた。
でその女の人の周りを小学生くらいの子供が走り回ってんの、女も子供もなんか服とか小汚くてさ、なんかすごく気味悪い。
その家玄関のドア薄かったからさ、普通に声とか聞こえるの、ねえおかあさーーーんまだ入れないのーー?はやくぅーーーーねぇ早く入ろうよーーーーここ入ろうよーーーーーとかそんなことばっか言ってる。
こいつらやばい警察呼ぼうと思ってドアスコープから離れようとした瞬間にその女がドアに向かってドンって頭突きしてきた。もじゃもじゃの髪がこすれる音とかドアにもたれかかってくるミシッて音がして急いで部屋に戻ろうとしたら、目が覚めた。
んで汗かいたから喉も乾いたし水でも飲もうと思ったらスリッパ無いのよ、まさかと思いよく見たら玄関に置きっぱなし。
ケータイ見たら時間は3時10分、気持ち悪くてそのままその日は水飲んですぐ寝た。
そのアパート管理会社が呼んだのか管理会社自体がやってるのか知らないけど定期的にアパート周り掃除してくれてて、ちょうど翌日がその掃除日だったらしく朝からやってくれてたのね。
で玄関に水ぶちまけてめちゃくちゃ拭き掃除してんの、案の定聞いてみたら子供の手跡とかベタベタついてたって。
それからも定期的に手跡がついてたみたいで水道代定額の一人用物件だったから子供いるんじゃないかとか疑われて調査されたりまぁ面倒くさかったししばらくして引っ越した。
人の入れ替え激しいアパートにはやっぱり理由があるんだなと思ったお話。
稚拙長文失礼しました。


81 :本当にあった怖い名無し:2022/08/24(水) 01:23:51.53 ID:0E1POe1G0.net
>>76
こっわ


82 :本当にあった怖い名無し:2022/08/24(水) 01:24:15.84 ID:0E1POe1G0.net
こういう話とてもすき


[ 2022/11/07 19:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

人毛を入れた身代わり人形
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2022/11/06 19:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?371
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1660842356/


51 :本当にあった怖い名無し:2022/08/21(日) 03:37:52.66 ID:5zAzn/J60.net
実害ないしあんまり怖くないかも。
ただ個人的にはめちゃくちゃ怖いっていうか、不気味というか、怯えてる話です。

家には産まれた子が将来事故に遭ったりした時に身代わりにする為の人形があって、見た感じ普通の人形なんだけど、普通の人形とは違って、守りたい人間の髪が体の中に入ってる。
でも髪入れるのって、藁人形みたいな負方面のまじないな気がしてちょっと引っかかるし、ネットで調べてもそんな“人毛の入った身代わり人形”の情報なんざ出てこない。

この身代わり人形についての話は母から聞いた筈なんだけど、本人はそんな事話した覚えも聞いた覚えもないって言うし、もし祖母から聞いていたにしても、母も作って貰った事がある筈なので、母が知らない訳がない。

というか、母の身代わり人形は実家に置いてある、まだ小さかった頃の私を「あの人形は夜になると目の色が変わるんだよ」なんて言ってからかうのに使った人形だし。
でもしつこく聞いても知らないっていうので、本当に知らないか覚えてないんだと思う。
ちなみに身代わり人形を贈ってくれたらしい曾祖母は私が5歳くらいの時に他界しているので、どこで作ったものかも知らない。

本当に髪の毛が入っているのか、というかそもそも私の身代わり人形がどれなのかさえも分からない。
守ってくれてるんならどうでも良いか、と思ってどれが私の身代わり人形なのか聞かなかった過去の自分が憎い気分だ。
藁人形みたいに、人形が欠けたら人間に怪我が返ってきたりしないだろうか。

まあ幸いにしてと言うべきか、三年に一回くらいの頻度で必ず夏に40度近い熱が出る以外は大きな病気も怪我もした事がないので、多分大丈夫…………なんだと思う。
とはいえ不気味で仕方ないので、人毛を入れた身代わり人形について何か知っていたら教えて欲しいです。


53 :本当にあった怖い名無し:2022/08/21(日) 08:20:14.36 ID:8aSr7zSe0.net
>>51
そりゃ怖いわ
でも理屈としてはありそうだと思ったが…


62 :本当にあった怖い名無し:2022/08/21(日) 16:23:18.32 ID:LOE9rT5v0.net
>>53
理屈としては確かにありそうなんですよね……。だからこそ守ってくれるものだって信じてたんだと思います。


55 :本当にあった怖い名無し:2022/08/21(日) 09:14:52.11 ID:cxvZ1ggA0.net
>>51
ブードゥー人形の代用品とかじゃない...?
それと三年に一度の頻度で夏に高熱ってのも引っかかるよね。

主は夏生まれかなんかだったりするん?


61 :本当にあった怖い名無し:2022/08/21(日) 16:15:33.54 ID:LOE9rT5v0.net
>>55
今調べたけど、ブードゥー人形って幸運の御守りでもあるんですね。
誕生日の直前とか直後じゃないから気にしてなかったけど確かに夏生まれではあります。


66 :本当にあった怖い名無し:2022/08/22(月) 04:46:11.76 ID:kgOkuAHl0.net
>>51
人形に髪を入れるって行為自体にマイナスな要素はないよ。体の一部を人型に入れることによって、それを本人に見立てるってだけ。
それをどう使うかによってプラスとマイナスが別れる。マイナスに使えば丑の刻参りだし、プラスに使えば自分の身代わりに災厄を押し付けるものになる。
丑の刻参り自体にも作法があるし、よっぽど悪意を持って扱ったりしない限りはマイナスの影響も出ないと思う。


68 :本当にあった怖い名無し:2022/08/22(月) 13:42:56.33 ID:Y7Dju43l0.net
>>66
成程、安心しました。
ありがとうございます。


[ 2022/11/06 19:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

庭の草むしりをしてたら未来から来た男が話しかけてきた
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2022/11/05 19:01 ] 不思議な話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?371
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1660842356/


19 :本当にあった怖い名無し:2022/08/19(金) 14:26:36.64 ID:r4qDEjWI0.net
文を綴るのは下手ですが、勘弁してください。

私は福岡の田舎の方に住んでるのですが、先程、庭の草むしりをしてた所に10~20代位の若い感じの男がやって来て、『水を頂けませんか』って言ってきたんですよ。
まぁ別に水なんて渋るものでもないですし、軒下に来るよう言って、コップに氷と水を注いで持っていったんですよ。
その男は有り難そうに水を飲み干して
『いやぁ、今年の夏は暑いですね。』なんて世間話を始めたんですよ。私も田舎民ですから、誰かと他愛もない話をするのは好きなのでコップに追加で水を注いであげて、話をすることにしたんですよ。今年は草が生えまくって大変だ、とか言ってね。そんでまぁ今の世間と言えばコロナですよ。
私の周りにコロナに罹った人が多くて大変だ~なんて言った時、男がギョッとしたんですよ。
どうしましたか?って聞いたら、『コロナはもう収まったじゃないですか』なんて言ってくるんですよ。あぁ、コイツ、コロナは風邪論者だな。なんて思ってちょっと引いたんですけどね、どうにも話がおかしいんです。
コロナは令和7年で収まったハズ。なんて言ってくるんですよ!
令和7年!思わず笑いましたよ。
したら、男はやっぱり怪訝そうな顔をするんです。「今は令和4年だよ。暑さで朦朧としてるんじゃないですか?」って言ったら途端に狼狽え出しましてね。
そんなわけないじゃないですか~。冗談が上手いですね。とか言ってきましてね。
元首相は先々月くらいに撃たれたよね。と言ったら、もう男は大混乱ですよ。
「タイムスリップでもしたんですか?」なんて笑いながら言ったら、大真面目そうな顔をして『そうかもしれません…』なんて言ってきまして。おぉ、コイツはヤバいやつだな。と思うと同時に、どんな話をするのか気になってもうちょっと話さないかと言って、おとぼけくんってアイスを押し付けてやったんですよ。そしたら『ええっ!まだ売られてるんですか!?』と来た。
面白い。コイツの中ではコロナは令和7年で終わって、おとぼけくんはもう売られてないみたいだ。これは無理にでも引き止めて、色んな話を聞きたいじゃないですか。


20 :本当にあった怖い名無し:2022/08/19(金) 14:26:51.08 ID:r4qDEjWI0.net
男が言うには、彼は令和18年から来たらしく、歳は20。大学の夏休みを利用してサイクリングをしてたところ水が切れてしまい、通りかかった家の庭で私が草むしりをしていたから声を掛けたんだと。なるほど。確かに彼は空っぽの水筒を持って中々良さそうな自転車に乗っていました。
未来から来た人間とすることなんて、金儲けくらいですよ。早速、競馬や宝くじの当たりなんかを聞いたんですが、どうやら趣味じゃないらしく、それらはよく分からない。と。まぁ私も今から平成に飛ばされたってたしかに答えれませんからね。より一層、男の話が"らしく"なってきたんですよ。
そっからはもう気になることを質問攻めです。
ロシアとウクライナの戦争はどうなったか、という質問には、ロシアがジリ貧になって停戦協定を結んだとか。戦争は令和6年位まで続いたらしいですよ。
令和12年頃にサル痘に結構な人が罹ったらしいです。ほら、と言いながら、彼の腕に出来ていた病気の跡を見せられましたよ。他にも色々話したんですけど、多すぎるので割愛します。
タイムスリップの原因は自分でも分からないと言ってました。
もしかすると然るべき機関とかに連絡するべきなのかもしれませんが、私も彼もそんな機関知りませんしね。とりあえず自宅に行ってみると言って、帰って行きましたよ。
タイムトラベラーの振りをした狂人なのか、
はたまた本当にタイムスリップしてきたのか。
私には分かりませんね。


[ 2022/11/05 19:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加
管理人オススメ記事
【山の怪】もう何年も前に亡くなった俺の祖父は狩猟をやっていた
昔、中国に出張に行ってた時のこと
【恐怖体験】廃病院
20年前の話なので、もう特定されることもなくなっただろうと書かせて貰う


プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加


最新記事
【怖】もったいないオバケ・・・・? Apr 13, 2024
【不可解】鏡の中の自分の顔 Apr 12, 2024
【怖】お前をみてるぞ Mar 26, 2024
【不可解】中学生の時2年間だけ住んでた家がある Mar 25, 2024
ある寺に男が物見がてら参りに行ったときのこと Mar 20, 2024
俺の通ってた小学校に「赤紙男」って都市伝説があった Mar 17, 2024
俺にとっては死ぬほど怖かった話があるんだけど話してもいいかな Mar 10, 2024
神戸市北区5人殺傷事件の話 Feb 29, 2024
【怖】夜の地下道で見た人 Feb 28, 2024
昨日夕食時に家族でご飯を食べてたときに起きた怖い話なんですけどしても良いですか Feb 08, 2024
過去ログ +

2024年 04月 【2件】
2024年 03月 【5件】
2024年 02月 【4件】
2024年 01月 【4件】
2023年 12月 【2件】
2023年 11月 【2件】
2023年 10月 【4件】
2023年 09月 【4件】
2023年 08月 【7件】
2023年 07月 【2件】
2023年 06月 【2件】
2023年 05月 【4件】
2023年 04月 【1件】
2023年 03月 【5件】
2023年 02月 【8件】
2023年 01月 【10件】
2022年 12月 【10件】
2022年 11月 【10件】
2022年 10月 【10件】
2022年 09月 【10件】
2022年 08月 【10件】
2022年 07月 【10件】
2022年 06月 【10件】
2022年 05月 【10件】
2022年 04月 【10件】
2022年 03月 【10件】
2022年 02月 【10件】
2022年 01月 【10件】
2021年 12月 【10件】
2021年 11月 【10件】
2021年 10月 【10件】
2021年 09月 【10件】
2021年 08月 【10件】
2021年 07月 【10件】
2021年 06月 【10件】
2021年 05月 【10件】
2021年 04月 【10件】
2021年 03月 【10件】
2021年 02月 【10件】
2021年 01月 【10件】
2020年 12月 【8件】
2020年 11月 【7件】
2020年 10月 【10件】
2020年 09月 【10件】
2020年 08月 【10件】
2020年 07月 【10件】
2020年 06月 【10件】
2020年 05月 【10件】
2020年 04月 【8件】
2020年 03月 【10件】
2020年 02月 【7件】
2020年 01月 【10件】
2019年 12月 【8件】
2019年 11月 【12件】
2019年 10月 【10件】
2019年 09月 【10件】
2019年 08月 【10件】
2019年 07月 【10件】
2019年 06月 【10件】
2019年 05月 【10件】
2019年 04月 【10件】
2019年 03月 【10件】
2019年 02月 【10件】
2019年 01月 【11件】
2018年 12月 【10件】
2018年 11月 【11件】
2018年 10月 【10件】
2018年 09月 【10件】
2018年 08月 【10件】
2018年 07月 【11件】
2018年 06月 【10件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【10件】
2018年 03月 【10件】
2018年 02月 【10件】
2018年 01月 【12件】
2017年 12月 【9件】
2017年 11月 【8件】
2017年 10月 【13件】
2017年 09月 【13件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【10件】
2017年 04月 【10件】
2017年 03月 【10件】
2017年 02月 【11件】
2017年 01月 【10件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【8件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【13件】
2016年 06月 【16件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【13件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【13件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【12件】
2015年 05月 【16件】
2015年 04月 【14件】
2015年 03月 【27件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【25件】
2014年 12月 【26件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【20件】
2014年 09月 【18件】
2014年 08月 【20件】
2014年 07月 【25件】
2014年 06月 【21件】
2014年 05月 【18件】
2014年 04月 【17件】
2014年 03月 【16件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【22件】
2013年 10月 【10件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【13件】
2013年 07月 【10件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【5件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【6件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【19件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【8件】
2009年 07月 【21件】

アクセスランキング
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
10 | 2022/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top