fc2ブログ

|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
RSSヘッドライン

爺ちゃん「お前、ここの怖い話教えてやろか」
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2023/08/14 19:01 ] 怖い話 | CM(1)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?374
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1676577211/


704 :本当にあった怖い名無し:2023/06/29(木) 10:21:59.59 ID:CdMuKSP10.net
爺ちゃんから聞いた話

最近釣りを始めてハゼクランクにハマって爺ちゃんと話してたら、爺ちゃんが小さい頃に良く釣ってた川があるとの事で隣町まで連れてってくれた。
爺ちゃんはルアーで釣りをした事がなかったから
「こんなもんで釣れるんか、ハゼもあほうだな」
とか言って2人で釣りを楽しんだ。
晩酌のツマミにするには十分過ぎるほど釣った帰り道、峠に続く道路を軽トラで走ってた時に爺ちゃんが話し始めた。
「お前、ここの怖い話教えてやろか」
この峠には有名な心霊スポットの旧トンネルがある。ネットで調べたら色んなサイトで紹介されてるなかなかの所だ、トンネルの中で車を停めてライトを消すと幽霊が出るとか言われている所。
「あの幽霊が出るとか言うトンネル?」
と爺ちゃんに聞くとそんなんは知らんと言って首を横に振る。
話を聞くと昔この辺りは部落だったらしく、爺ちゃんが小さい頃によく遊ぶ友達が居たんだと話してくれた。
「ガキん頃にめくらの男(今で言う視覚障害者らしい)に道を聞かれて、イタズラしてやろうと峠に入る道を教えたんだと」
子供のイタズラとは言えど、昔の道すら整備されていない山に視覚障害者の方を単身で放り込むなど酷い話だ。
「ほいでそのイタズラがしばらくしてバレよって、皆で探しに行った、ほしたら犬だか猿だかに襲われて食われとった、あんまりだで皆で墓を立ててやった」
思わずその光景を想像して気持ち悪くなった。


705 :本当にあった怖い名無し:2023/06/29(木) 10:22:17.01 ID:CdMuKSP10.net
「酷いだろ、ほんでそのバカの家がここだ」
と言ってウインカーを出して人の家の庭に車を入れる。
困惑してたら「はよハゼ持ってこい」
と車をおりて玄関に向かってた爺ちゃんが急かしてくる。
玄関から出てきた爺さんは左の目が真っ白だった、俺の爺ちゃんはハゼがよう釣れたで分けてやる、と言ってその爺さんにいくつか分けてやって二言三言話てから車を出した。
「顔みたろ?あのバカはもう片目が使いもんならんで、息子も孫もみんな目が悪い。あの町の子らは皆目を悪くするか怪我するでメガネ屋が多い」
確かに言われてみると至る所にメガネ屋があってゾッとした。
「まあ心配せんでも長く住んどらんけりゃ大丈夫だで気にしんでええ、墓でも見に行くか?」
といって旧トンネルへ続く道にウインカーを出して曲がるフリをしてからかわれた、ぶん殴ってやろうかと思った。
「悪い事しとると誰かが見とるで、バチが当たる、お前もあんまり悪い事はしちゃいかんぞ」
爺ちゃんの癖に上手いことまとめやがってちょっとイラッとした。
後に調べてみると本当にそのトンネルの近くに墓があるらしく、意外な人から心霊スポットの元となった話?ぽいものを聞けて不思議な気持ちになった。
ハゼは唐揚げにした、美味かった。


706 :本当にあった怖い名無し:2023/06/29(木) 10:36:39.24 ID:n/Kq1nxm0.net
>>705
面白かった。乙。ハゼの唐揚げいいな。
悪いことすると子々孫々まで言われる田舎もなかなかに怖いね。だから悪いことできないんだけど。


[ 2023/08/14 19:01 ] 怖い話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

40過ぎてる独身の姉がストーカーされてると俺に相談してきた
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2023/08/13 19:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?374
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1676577211/


677 :本当にあった怖い名無し:2023/06/27(火) 14:09:40.56 ID:FMPd7cm20.net
オカルトかヒトコワか修羅場か色々だけど当時40過ぎてる独身の姉がストーカーされてると俺に相談してきた

そのストーカーは20代くらいで駅前で運命の相手だみたく声掛けられてからしつこくされてるらしいが
俺からすれば姉は美人の部類とはいえ40過ぎのおばさんに20代の男がストーカーはねぇわ勘違いだろって感じで
疑いながらもとりあえず最寄駅から一つ先の駅から姉が住むマンションに一緒に帰ろうとしたら駅前で男が声かけてきた
こいつがストーカー?ってくらいの若いイケメンは俺を見るなり弟さんですね?初めましてと爽やかに挨拶する
何で?何で知ってんの?なんで居るの?ってパニくる姉に僕とあなたとはソウルメイトだって言ってるでしょうと笑顔
これで俺もヤバい奴だと悟り、姉の腕掴んで駅に引き返し俺の家に連れて帰った


678 :本当にあった怖い名無し:2023/06/27(火) 14:10:31.71 ID:FMPd7cm20.net
続き

次の日に姉の勤務先まで迎えに行き、とりあえず警察に相談してから暫く俺のとこにいたらどうだ?
いやあんたの家族(嫁子供)に迷惑かけられないし実家はアレだし(毒親ってほどじゃないけど色々アレな両親)
とりあえず引っ越すね、ちょうど住みたいって思ってたとこあるからみたく姉と話してるといきなりその男がやってきて引っ越すんですか?と声かけてきた
悲鳴あげて逃げようとする姉に◯◯に引っ越すんですか?とそいつが声かける
逃げるのやめて何でわかったの?って驚愕してる姉にそいつは◯◯は僕達の場所じゃんと当然のように答えた
ずっと◯◯の街が好きで住みたいと思ってた…誰にも言ったことないのにと言う姉の顔はもう恐怖みたいなもんはなくて
この時から姉は変わったというか結果としてその後その男と結婚した


679 :本当にあった怖い名無し:2023/06/27(火) 14:11:24.66 ID:FMPd7cm20.net
続き

両親は結婚しない女は恥ずかしい思考だったから20近く年下のあたおかな男でも大歓迎大喜びで話にならんし
何とか考えなおさせたくてその男に姉は40過ぎてるし子供望めない可能性高いけどいいのか?
姉ちゃんもやっぱり子供欲しいからと捨てられるかもしれないぞって余計なお世話言ったんだけど
その男は子供なんかできたらお姉さんにとって僕だけがすべてじゃなくなるじゃないですかとすごい爽やかな笑顔で答えた
本当、狂人に対する寒気ってこんな感じかってくらいゾッとしたし
姉は姉でその頃には彼はソウルメイトで彼に会うためにうんちゃらみたく完全に洗脳だかなんだかされてうっとりしてるし

そいつと結婚してからは姉には基本的に関与しないことにして疎遠になった
でももし何かで目がさめるとか万が一何かあった時は真っ先に連絡してくれと言ってある
今んとこその気配はないままもう10年経とうとしてるけどね


680 :本当にあった怖い名無し:2023/06/27(火) 15:27:33.01 ID:p/AGyp550.net
>>679
乙。>>679からしたらヒトコワでもオカルトでも姉を狂わせられた話だろうから生々しくてめちゃくちゃ怖かった


688 :本当にあった怖い名無し:2023/06/27(火) 21:41:27.38 ID:VsDiTJDY0.net
>>679
こっわあああ
進行形なのがまたこわい


[ 2023/08/13 19:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【怖】半身サラリーマン
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2023/08/12 19:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?374
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1676577211/


670 :本当にあった怖い名無し:2023/06/25(日) 18:10:22.16 ID:CihwVNlL0.net
客観的には微妙な話だろうけど書いてみる。先に言っとくとすっきりするようなオチはない。

自分の母方の家系が代々長女には霊感が宿るみたいな家系。起源とか理由は一切わからないし、祖母や母の話を聞いてると年々薄まってるような印象で大層な力がある感じでもない。自分なんか正直何も見えない、たまに奇妙な事がある?くらいで。
前置き長くなったけど、10年くらい前にある会社で事務員やってた。確かに建物はそう新しくもなかったな。でも曰くなんか聞いた事もないようなごく普通の会社。もちろん自分も何事もなく働いてた。
働き始めて1年くらいかな、ある時書類整理の為に棚の中のファイル引っ張り出すみたいな作業してる時に違和感があって何となく振り返ったんだ。いつもの事務室で働いている人が沢山いる中、壁の中に半身めり込んだサラリーマン風?の男がこっちをじっと見てるっていう異様な光景が目に入った。しかも半身ってのがなんていうか、上半身と下半身じゃなくて所謂人体模型みたいな半分なのよ。情報が処理出来なくて多分3秒くらい見つめあったけど一緒に作業してた人に声を掛けられて我に返ってごたごたやってる内に気付いたら半身サラリーマンは消えていた。結局疲れておかしなものを見たのだと処理したけど、次は半年後くらい。またしても仕事中に違和感を感じて振り返ったら、そこにはまたそいつがいた。しかも今度は上半身だけが壁から生えてるみたいにそこにあって、だらんと首や腕が垂れ下がっていた。うわっと思ったタイミングで会社の電話が鳴りまたしてもそのごたごたの最中そいつは消えていた。


671 :本当にあった怖い名無し:2023/06/25(日) 18:12:42.67 ID:CihwVNlL0.net
続き。

そんでそっから更に一年位だったかな。その日は地下に保管用の資料を置くためにいくつかのファイルを手に持って事務所の扉を開けた。その瞬間、目の前が突き当たりの短い廊下の向こうからそいつが文字通り鬼の形相でこっちにブワッて突っ込んで来た。咄嗟に目を閉じたけど完全にぶつかる勢いで来たはずのそいつが体に当たる事は当然なく、ファイルがすごい音立てて落ちたもんだから人も集まって来て有耶無耶になった。そしてそれ以降、その会社を辞めるまでそいつは二度と現れなかった。

何で最後に人を脅かしたんだろうなーとか思っていたけどついこの前、友人に何気なくこの話をしたら「それ、見えなくなったのはアンタに取り憑いてるからとかじゃないの?」って言われて何故か納得してしまう自分がいる。それと同時にもし見えたなら鏡越しとかにでもあのめちゃくちゃ怖い顔でこっち睨んでたりすんのかなって思って。さらっと書きはしたけど、あの日廊下の向こうから突っ込んで来たあの顔は本当に怖かったんだよ。

実害なんかは実感してないからお祓いも今の所は考えてないけれど頼むから霊感がある日突然出たりしませんようにってひっそり願ってる、自分的には洒落にならない話。


[ 2023/08/12 19:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【恐怖体験】どんぞくさま
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2023/08/10 20:01 ] 怖い話 | CM(3)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?374
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1676577211/


633 :本当にあった怖い名無し:2023/06/24(土) 00:08:29.30 ID:jU2AKj+d0.net
すまん。なんか凸とかの話が進んでるけど俺も書き込みさせてくれ。
少し長いけど俺の昔話だ。


俺が中学生だったころ、お盆に爺ちゃんの家に行った時の話。
爺ちゃんの家には古い蔵があって、数十年単位で誰も立ち入ってないような場所だった。

やることがなさすぎて退屈だった俺は興味本位で蔵に入ることにした。
一応施錠はされてたけど窓を施錠する金具?が老朽化で朽ちてたからあっさり入ることができた。

まあ汚い汚いわけよ。
だけどなんか古そうなものが所狭しに置いてあってワクワクしたんだわ。
蔵の中を物色してたら紐で何重にも縛られた汚い木箱があったんだよ。
中には何か固いものが入ってて、動かすとぶつかる音がするしけっこう重かった。
木箱にはお札みたいなのが貼ってあって、こんなん絶対ヤバいやつじゃんって当時の馬鹿な俺は興奮しちゃったんだよ。

一旦母屋に戻って工具箱から紐を切れそうな道具を拝借して、早速木箱を開けようとしたんだわ。
でも紐切っても木箱が開かないんだ。
なんか木箱自体に釘かなんかが打ち付けられてて絶対開かないようになってるんだよ。

イライラした俺はその木箱を壁に投げつけちまったんだよ。
そしたらいとも簡単に木箱が割れた。
そこまでならいいんだけど、木箱の中身まで砕けてた。
なんか気持ち悪い土偶みたいな、とにかく粘土っぽいのでできたキモイ人の形した像だったんだけど、頭と身体は真っ二つだし頭の方も半分砕けちゃってるしで、やべえと思った俺は全部ほっぽって蔵から逃げ出したんだ。

[ 2023/08/10 20:01 ] 怖い話 | CM(3) このエントリーをはてなブックマークに追加

人生で何度か奇妙な体験をしたので語らせて欲しい
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2023/08/09 20:01 ] 不思議な話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?374
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1676577211/


623 :本当にあった怖い名無し:2023/06/23(金) 14:28:32.85 ID:Brakf31R0.net
別に死ぬほどでもないし、洒落にならないほど怖くもないけど人生で何度か奇妙な体験をしたので語らせて欲しい。
別に幽霊に追いかけられたとか村の掟がーとかそんなの一切無い。ただただ不思議な体験ってだけ。

子供の時からゲゲゲの鬼太郎とかが大好きでオカルト大好きな俺は、ビビりで零感というオカルト好きとしては致命的な人間だった。一番初めに変な体験をしたのは幼稚園の時。キモすぎてというか、インパクトありすぎて覚えてる。
当時は親と一緒に畳がある部屋で敷き布団を敷いて寝てたんだけど、ある時ふと目が覚めてボーッとしてた。そうすると、畳と畳の隙間から紙版のトーテムポールみたいなやつがススーって出てきたんだよ。子供の落書きがそのまま出てきましたというやつで、普通に気味が悪かった。それが何かする訳じゃないんだけど喋ってたんだよね。でも俺は案の定半狂乱で横に寝てるマッマを起こそうとした。でもいくら揺すっても起きないし、それにブチ切れた俺が蹴っても起きない。で、暫くしたら俺は泣き疲れて朝起きた時にはその変なのは消えてて親にそれを話しても信じて貰えなかった。
でも、今よくよく考えると夢だったかもと思うようになってきた。まずパッパが居なかったことがおかしいんよね。家族で寝るくらいの時間には普通に帰ってきてるはずだから俺が半狂乱で騒ぐ時には隣にパッパも居るはずだし居なくても俺の声を聞いて来るはず。それにマッマも起きなかったし今では「本当だったら奇妙だな」くらいの気持ちでいる。


624 :本当にあった怖い名無し:2023/06/23(金) 14:36:36.35 ID:Brakf31R0.net
続き

二度目は確か小学生くらいだった。佐賀にある父方の祖父母の家に遊びに行った時の話。黒い影というか、「まっくろくろすけ」を見た。
時間とか考えるはずもないクソガキだった俺はそろそろ帰るかって時に駄々をこねてた。それ事態はいつものことだったけど、その日はちょっとだけ違った。見送りに来るからと居間の電気を消して玄関に来た爺ちゃんと婆ちゃんの奥に変なのが居た。居間の柱を掴んでこっちを覗いてくる変な人型の影。当然その家にいる人間は全員玄関に集まってるし、そもそも耳がファンタジーに出てくるエルフみたいに尖ってた。当然俺はビックリして親に言うんだけど、親も祖父母も「あらそうね、まっくろくろすけね」と言う異常事態。怖くなって俺は大人しく親に連れられて帰った。
俺が高校生になった時、ネットの怖い話とかに興味を持った時にこの話を思い出してマッマと話してたんだけど俺とみんなが見てたものが違うと発覚。親曰く、階段の隅っこの方にまっくろくろすけが居たらしい。あの日、俺だけ別の何かを見てた。でも、不思議と怖さは感じなかった……と思うから駄々をこねる俺をご先祖様が見に来たのかもしれない。


625 :本当にあった怖い名無し:2023/06/23(金) 14:47:55.02 ID:Brakf31R0.net
続き

そして三つ目。というか正確には同じ場所で起こった二つの変な話。高校生の時、風呂に入って頭を洗ってる時にマッマが俺の名前を呼ぶ声が聞こえた。当然俺は「なにー!?」って聞き返すんだけど全く返事がない。それに怒って風呂上がりに「用がないなら呼ばないでよ」って話すと「はい?」って顔されたから声掛けられたことを話すと「別に呼んでない」って言われて俺はパニック。よくよく思い返せばマッマの声って直感的に思ったの普通にクソ怖いなって思った。それでそれを興奮気味に友達に話すと「それ、霊からの呼び掛けに応えるのってアウトじゃね?」みたいな事を言われて顔面蒼白。そんな話を親にすると「そう言えば、幼稚園の時にも同じこと言ってたわよ」って言われてこれまたビックリ。夜中に風呂場の方でガタン!って物音がする(多分夜中にパッパが風呂はいってる時の音……であって欲しい)のは昔言ってたけど声については全く覚えてなくて更に怖かった。

こっちは完全に関係ないけど死ぬほど運が悪いの、幽霊のせいだったらお祓いでどうにかならないかな


626 :本当にあった怖い名無し:2023/06/23(金) 14:51:19.59 ID:Brakf31R0.net
長文&駄文失礼しました


627 :本当にあった怖い名無し:2023/06/23(金) 17:50:43.21 ID:1UqcJ5Lo0.net
怖くないけどひさしぶりにスラスラ読めた
ありがとう


[ 2023/08/09 20:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【怖】深夜に商店街で寄り添いあってる老夫婦を見たことあるわ
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2023/08/08 20:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?374
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1676577211/


619 :本当にあった怖い名無し:2023/06/23(金) 00:57:33.02 ID:ccz3us1o0.net
深夜に商店街で寄り添いあってる老夫婦を見たことあるわ

借りてるマンションから一番近いコンビニまでの間に商店街、具体的には商店街というか道沿いに店舗が並ぶタイプのバス道があってそこを通るんだけど
ある日深夜一時くらいに小腹がすいてコンビニにいこうとしたのね
ちなみにその商店街もといバス道は深夜になるとタクシーが稀に通る以外殆んど人気がない(多分タクシーの運ちゃんもコンビニ目的)
んでそんな流れでその道深夜に通ったら一つの店の手前に備えられたベンチに老夫婦が座っててお互いに肩よせあってたんだよ
老夫婦の恋路とか微笑ましいしその時は気にしなかったけどコンビニの帰り道(元の道をそのまま引き返す形)になると
「あーそういえば行きしなに老夫婦居たなぁ。邪魔しちゃ悪いし目とか会わせないようにしないと」とか思ってたら既に老夫婦は居なかった
行きしなに見かけてからコンビニから引き返す、ここまでで5分も立ってないはず
そのままチャリを暫く走らせても影も形もない
一本道だからコンビニ側に行くにしてもマンション側に行くにしてもどこかで擦れ違うはず
どうにもおかしいなと思った瞬間その老夫婦が怖くなってきた
あれだけゆったりイチャイチャしてたのに5分なんかで帰るか?とか
4時とか早朝ならともかくなんで深夜一時なんかにこんな場所で寄り添いあってんだ?とか
そもそも俺はなんで深夜一時なんかに人気の無い場所で老夫婦なんか見て怖いともなんとも思わなかったんだ?とかメチャクチャ鳥肌がたった
俺の知らない横路があってそこから帰ったのかもしれないし俺が擦れ違ったから「人に見られちゃったなぁ、恥ずかしいから帰ろうか」ってなっただけなのかもしれんけど
なんかあの老夫婦は普通の人間とは違う感じがして怖くなってチャリ全力でこいで帰ったわ
マンションの駐輪場にチャリおいて徒歩でマンションに戻るって「間」があの日ほど怖かった日はない


[ 2023/08/08 20:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【怖】暗闇に浮かぶ人の後頭部
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2023/08/07 20:01 ] 怖い話 | CM(1)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?374
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1676577211/


592 :本当にあった怖い名無し:2023/06/20(火) 12:14:50.55 ID:biD5yz/k0.net
俺がまだ小学4年だったときの話
その頃ゲームが大好きで夜更かしをしてゲームをやって母に怒られる、ということをよく繰り返していた
俺の家では寝る時に二段ベッドを母と俺で使ってて俺は上、母は下で寝てた
父は出張で兄弟姉妹はいない

いつものように夜更かししてなるべくバレないように毛布にくるまってゲームしてたら暑くなって来たから
「もう11時だしお母さんも寝ただろう」
と思って毛布から出てベッドで普通にゲームしてたら母が下のベッドから起き上がったのか急に人間の後頭部が視界に入って来た

俺は「やばい、起きてた!」って思って夜更かししてるのをバレないように寝返りを打つふりしながら毛布にくるまり隙間から様子を見てたんだけどその後頭部は全く動く気配がない
「バレてる?寝たふりだったのか…」と半ば母に怒られるのを覚悟しながら寝たふりを続けていた

しかし2分くらいたっても後頭部は微動だにせず全く動く気配がない。変だなと思って豆球だけ点けてる部屋で目を凝らしてその後頭部をよく見てみたら
女性の髪型ではあるけど髪型が母と違うし髪の色が黒髪だったので(母は金髪)一瞬困惑したがその時は「部屋が暗いからかな?」とかものすごくアホなことを考えてた


593 :本当にあった怖い名無し:2023/06/20(火) 12:16:09.18 ID:biD5yz/k0.net
ベッドの下から出てきてる後頭部は相変わらず全く動かなかったが「ゲーム機の音消してるんだしやっぱりバレてないな…毛布の中で続きをやろう」とか考えていたら唐突に違和感を感じてきた

夜更かしがバレたと思って焦っていて意識してなかったけど、毛布の外でゲームやってる時にいつ母が起きても分かるように注意しながらゲームをやっていたのだが後頭部が出て来た時に一切何の音もしなかった

ゲーム機は音消しててイヤホンもしてなかったから部屋はとても静かだったしもしベッドから起き上がったりすれば毛布が擦れたり床が軋んだりなにかしら音が出たらすぐに聞こえるはず

俺はこの後頭部がベッドの下から現れたのを見ていたけどそういう音なんか一切していない。母は何をしているのだろう?そもそもこの後頭部は母なのか?寝返りを打つときだって何かしら音が聞こえるはずなのに?なんなら髪型が母とは違う?でも俺は確かに母が下のベッドに居るのを見たのに?もしかして泥棒?

考え事をぐるぐると巡らせていると下で母が寝返りを打ったのかベッドの縁に軽くぶつかるような音がした。後頭部は1ミリも動いてるようには見えない。
やっぱり母じゃないんだと思った。おそらくまだ暗い部屋で俺に背を向けて知らない人が黙って立っているのだと思うと急に怖くなってきたからそのままゲームを終わって寝てしまうことにした。
なにかされたらどうしよう、母は大丈夫なのかとか寝るまでずっと考えてた。

次の日特に何も起こらず朝になって母に色々尋ねてみた
「昨日の夜起きてた?トイレ行ったの?」
「昨日はずっと寝てたよ。トイレにも行ってないけど」
「昨日誰と一緒に寝てたの?」
「え?あんたしかいないでしょ!何言いだすのよ?」
ってちょっと怒られた
夢だったのかと思ったがゲームのデータが怖くなって終わろうとしてセーブしたときのままだったから夢ではない。その日の寝る時間になった時に母の髪をよく確認したけど髪型も髪の色もやっぱり違う


594 :本当にあった怖い名無し:2023/06/20(火) 12:17:54.53 ID:biD5yz/k0.net
これで終わり
文章がおかしいところあったらごめん
結局何が何だかわからなくてあんまり面白くはないかも
一応実話です


595 :本当にあった怖い名無し:2023/06/20(火) 18:25:02.48 ID:TL49Pull0.net
>>594
何が理由か分からんところがリアリティあった。
面白かったで。


596 :本当にあった怖い名無し:2023/06/20(火) 20:39:36.85 ID:HZNWn/DQ0.net
その状況で寝れるメンタルすげえな


[ 2023/08/07 20:01 ] 怖い話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加
管理人オススメ記事
【山の怪】もう何年も前に亡くなった俺の祖父は狩猟をやっていた
昔、中国に出張に行ってた時のこと
【恐怖体験】廃病院
20年前の話なので、もう特定されることもなくなっただろうと書かせて貰う


プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加


最新記事
【怖】もったいないオバケ・・・・? Apr 13, 2024
【不可解】鏡の中の自分の顔 Apr 12, 2024
【怖】お前をみてるぞ Mar 26, 2024
【不可解】中学生の時2年間だけ住んでた家がある Mar 25, 2024
ある寺に男が物見がてら参りに行ったときのこと Mar 20, 2024
俺の通ってた小学校に「赤紙男」って都市伝説があった Mar 17, 2024
俺にとっては死ぬほど怖かった話があるんだけど話してもいいかな Mar 10, 2024
神戸市北区5人殺傷事件の話 Feb 29, 2024
【怖】夜の地下道で見た人 Feb 28, 2024
昨日夕食時に家族でご飯を食べてたときに起きた怖い話なんですけどしても良いですか Feb 08, 2024
過去ログ +

2024年 04月 【2件】
2024年 03月 【5件】
2024年 02月 【4件】
2024年 01月 【4件】
2023年 12月 【2件】
2023年 11月 【2件】
2023年 10月 【4件】
2023年 09月 【4件】
2023年 08月 【7件】
2023年 07月 【2件】
2023年 06月 【2件】
2023年 05月 【4件】
2023年 04月 【1件】
2023年 03月 【5件】
2023年 02月 【8件】
2023年 01月 【10件】
2022年 12月 【10件】
2022年 11月 【10件】
2022年 10月 【10件】
2022年 09月 【10件】
2022年 08月 【10件】
2022年 07月 【10件】
2022年 06月 【10件】
2022年 05月 【10件】
2022年 04月 【10件】
2022年 03月 【10件】
2022年 02月 【10件】
2022年 01月 【10件】
2021年 12月 【10件】
2021年 11月 【10件】
2021年 10月 【10件】
2021年 09月 【10件】
2021年 08月 【10件】
2021年 07月 【10件】
2021年 06月 【10件】
2021年 05月 【10件】
2021年 04月 【10件】
2021年 03月 【10件】
2021年 02月 【10件】
2021年 01月 【10件】
2020年 12月 【8件】
2020年 11月 【7件】
2020年 10月 【10件】
2020年 09月 【10件】
2020年 08月 【10件】
2020年 07月 【10件】
2020年 06月 【10件】
2020年 05月 【10件】
2020年 04月 【8件】
2020年 03月 【10件】
2020年 02月 【7件】
2020年 01月 【10件】
2019年 12月 【8件】
2019年 11月 【12件】
2019年 10月 【10件】
2019年 09月 【10件】
2019年 08月 【10件】
2019年 07月 【10件】
2019年 06月 【10件】
2019年 05月 【10件】
2019年 04月 【10件】
2019年 03月 【10件】
2019年 02月 【10件】
2019年 01月 【11件】
2018年 12月 【10件】
2018年 11月 【11件】
2018年 10月 【10件】
2018年 09月 【10件】
2018年 08月 【10件】
2018年 07月 【11件】
2018年 06月 【10件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【10件】
2018年 03月 【10件】
2018年 02月 【10件】
2018年 01月 【12件】
2017年 12月 【9件】
2017年 11月 【8件】
2017年 10月 【13件】
2017年 09月 【13件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【10件】
2017年 04月 【10件】
2017年 03月 【10件】
2017年 02月 【11件】
2017年 01月 【10件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【8件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【13件】
2016年 06月 【16件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【13件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【13件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【12件】
2015年 05月 【16件】
2015年 04月 【14件】
2015年 03月 【27件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【25件】
2014年 12月 【26件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【20件】
2014年 09月 【18件】
2014年 08月 【20件】
2014年 07月 【25件】
2014年 06月 【21件】
2014年 05月 【18件】
2014年 04月 【17件】
2014年 03月 【16件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【22件】
2013年 10月 【10件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【13件】
2013年 07月 【10件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【5件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【6件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【19件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【8件】
2009年 07月 【21件】

アクセスランキング
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
07 | 2023/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top