fc2ブログ

|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
RSSヘッドライン

【怖】昔製鉄工場で働いていた時の話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2023/09/23 16:01 ] 怖い話 | CM(5)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?374
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1676577211/


918 :本当にあった怖い名無し:2023/07/20(木) 22:18:36.99 ID:ZyBJPHpT0.net
昔製鉄工場で働いていた時の話
俺は父と一緒に製鉄工場に勤務してた時代があった 特定されるから詳しい年代とかは言えないが工場で人が一人行方不明になった
今までにも行方不明で処理された場合はおそらく溶鉱炉に落ちた事故って感じで処理されてたんだけど今回ばかりは目撃者もいないし痕跡もなく、そもそも勤務中にいなくなったのか不明で行方不明ってだけにされてた
普通、行方不明者が出たら一回溶鉱炉のとかしてる鉄は人体を含んじゃってる可能性があるから使わないように停止して廃棄するんだけどその時は廃棄せずに使ってた
そうして数ヶ月後 なんの前触れもなくAという男が「俺がB(行方不明者の名前)を殺してバレないように溶鉱炉に溶かしました」って工場長に話して事件が発覚した
それで工場中大騒ぎ、もちろん殺人の件もあったけど元々Bが借金まみれでろくな人間じゃなかったこともあってそこまでではなく、みんなが一番心配したのはBが溶けているまま出荷されて今日も何処かで健気に働いている鉄のことなのでした
なんかみんな鉄を心配しててほんとに怖い体験だったなあ 怖い怖い


[ 2023/09/23 16:01 ] 怖い話 | CM(5) このエントリーをはてなブックマークに追加

スゲー!これが心霊写真ってやつか!
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2023/09/22 16:15 ] 不思議な話 | CM(1)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?374
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1676577211/


912 :本当にあった怖い名無し:2023/07/18(火) 11:24:03.79 ID:Ti5zhY4x0.net
千葉県の某ダムに行った時の話。
このダムはガキの頃にオヤジに連れられてバス釣りを覚えたダムだ。
ボートに俺と嫁を乗せて湖面を進む。
いつもの立木のポイントで早速ヒット。
かなりでかいぞ!
そのとき、

ぼっちょん

胸のポケットに入れていたiPhoneが湖へ落ちた。
げっ☆と思いつつもバスを無事取込んだ。
58センチの自己ベスト!
しかし電話兼カメラのiPhoneは湖底で記念の写真が撮れない。


913 :本当にあった怖い名無し:2023/07/18(火) 11:25:09.80 ID:Ti5zhY4x0.net
だが、こんなこともあろうかと「フジカラー写るんです」を非常用に持ってきている俺に死角無し!
その日は「写るんです」で写真を撮った。
んで帰りに自宅近所のカメラ屋で現像頼んで翌日の仕事帰りに写真を受け取り自宅で見ると・・・
おかしい、何枚か写真が抜けてる・・?
58センチを持ってる写真と笑い顔の娘の写真が無い・・・?
一番欲しい写真が抜けてることに憤りを感じた俺だが、とりあえずスキャナでフィルムを読み込んでみた。
写真が無い理由がなんとなくわかった。
スキャナで取り込んだ画像にはちゃんと俺の写真があった。
58センチのバスを片手に意気揚々・得意満面の俺、そして俺の背後から長い手が俺の首を絞めている!?
全身サブイボが総立ち!
さらに娘の写真には同様に謎の手が脇をくすぐってってるような・・・
そういえばあの時の娘は最初グズっていたが突然笑いだしたんだった。その理由がこれか・・
そしてもう一枚、立木を背景にした妻の写真。
立木の枝に身長30センチくらいの女が・・


914 :本当にあった怖い名無し:2023/07/18(火) 11:25:54.81 ID:Ti5zhY4x0.net
スゲー!これが心霊写真ってやつか!アナログカメラ万歳!

この写真をどうするか考えたがとりあえず近くのお寺でお祓いをしてもらうことに。
しかし寺の住職は「それはうちよりも神社でやってもらった方がいいなぁ」とのこと。
それで住職に紹介してもらってこれまた近所の神社へ。
しかし神主さん曰く「ああ、こりゃ心配ない。現地でイタズラされて殺されることはあってもこの写真が災いをもたらすことは無いから。一応お祓いしとこうか?5000円かかるけど?」
万年金欠家族のうちらは丁重にお断りして神社を後にした。

ふと気になることがあり、実家によってから帰ることに。
そして実家から預かった大量のネガフィルムを吟味し、例のダムで親父と釣りに行った時の写真をスキャナにかけてみた。
するとあるわあるわ、例のダムで写したネガフィルムには必ず一点から3点くらいの心霊写真が。 それも必ず例の立木ポイント付近のやつばかり。
身長30センチくらいの白いワンピース風の女が腕をニョキーーーーーと伸して俺の首を絞めてたり親父の肩を持ってたり・・

恐ろしい、私は恐ろしい・・
しかし冷静になって考えてみれば俺も親父もこれまで大きな事故も大きな病気もせずに元気に過ごしてきた。
それどころか親父は昔競馬で何度も万馬券を的中させ勢いで車を二回も買い替えたことすらある。
もしかしたらダムの女は悪霊や自縛霊や妖怪などではなく幸福を呼びこむ湖の精霊だったのかもしれない。
嫁にそのことを話すと 「アホか」 と一蹴されたが
「ところで競馬って難しいの? 次の釣りはいつ行く?」
と目が輝いていた。


[ 2023/09/22 16:15 ] 不思議な話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

【恐怖】駅の掃除屋
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2023/09/03 19:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?374
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1676577211/


890 :本当にあった怖い名無し:2023/07/17(月) 18:47:50.27 ID:7/+Tc+uP0.net
オレにはトラウマがある

高校受験の際に、様々な理由からオレは少し遠くの高校に電車で通うことになった
その高校では入学時から地元の生徒の間で変な噂が流れていた
帰りが遅くなると駅のホームに不審者が出るというものだ

これだけの内容の噂だったら割とありきたりである
大抵は教師が生徒を早く帰宅させるためにつく嘘だ
だが、この噂はそういったものとはちょっと違った

生徒の多くがこの噂について把握してるのに、教師の方は噂について尋ねても全く知らない様子なのだ
しかし、この噂のおかげか生徒のほとんどは帰宅時間が早く、運動部の生徒でも居残り練習をせずに早く帰宅していた

オレの通っていた高校は地元の生徒がほとんどで、この噂は地元の生徒の間じゃあ有名らしい
ただ、オレが詳しい内容を聞こうとしても全員が口を揃えて「駅の掃除屋については聞かないでくれ」と言う
どうやら、噂の不審者は“駅の掃除屋”と呼ばれているらしい

噂の真相が気になったオレは、いっそのこと自分の目で確かめようと思い、夜の9時くらいの電車に乗ることにした


891 :本当にあった怖い名無し:2023/07/17(月) 18:49:03.89 ID:7/+Tc+uP0.net
わざとその日は部室で時間を潰し、時間を見計らって駅に向かった
駅のホームで電車を待っていたが、その日のホームは誰かしらの食べカスだったりゴミだったりが散乱していていつもより汚かった
しかし、駅員が掃除をサボっているのだろうとあまり気にしなかった
食べカスとゴミには多種多様な虫が集っており、気味が悪かったためそれらからは少し離れた位置で電車を待つことにした
不審者がいつ現れるのか不安だったが、しばらくして電車が来たため、オレは期待外れのような、どこか安堵したような気持ちでドアの前まで近づいた

しかし、電車内にいたやつが変なやつだった
当時は冬場の冷え込む時期だったってのに、丈の合ってないせいで腹が出てる赤色のTシャツにグレーの短パンを履いた、角刈りのデブのおっさんが目を見開いた状態でドアの目の前に立っていた
コイツが噂の不審者だと、そう直感した
恐怖に支配されたオレは、急いでそのドアから離れて別のドアへと向かった

だが、電車内に乗り込む際、好奇心に負けてその男のことを横目で見てしまった

その男は降車するなり虫の集る食べカスへ向かって行き、それを無我夢中に拾い食いし出した

突然のことに思考が止まり、男の行動を凝視してしまう

男は落ちているものをなりふり構わず口に詰め込んでいく
その口からは食べカスと虫が溢れ落ち、その度に男はそれをかき集め、拾い直しては口に運んでいく
横顔しか見えなかったが、その形相は恍惚とした表情をしている

ハッとしたオレは怖くなって急いで電車内に逃げ込んだ

男はオレのことを気にもせず、拾い食いを続けている
不気味なことに、他の乗客は男のことを気にした様子がなかった

最後の乗客が乗り込んでからドアはゆっくりと閉じ、電車は発進した
電車に揺られながら、車内で何度もあの男が食べカスやゴミを拾って食べる姿がフラッシュバックした
しばらくの間は食欲が失せ、吐き気が常に付き纏った

あの日以来、オレは駅のホームに近づくたびに動悸がして、落ちてる食べカスを見た時には吐き気と共にあの時の男の顔がフラッシュバックするようになってしまった


[ 2023/09/03 19:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

【謎】1年ほど前ちょっと奇妙な体験をしたので、ここに供養します。
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2023/09/02 19:01 ] 不思議な話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?374
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1676577211/


767 :本当にあった怖い名無し:2023/07/09(日) 20:37:23.26 ID:Y8yfpXIe0.net
洒落にならないってほどでもないのですが、1年ほど前ちょっと奇妙な体験をしたので、ここに供養します。

その日は仕事が休みの日で、近くの商業施設内のカフェで優雅に読書をしておりました。1.5時間ほど滞在したでしょうか。飲み物もなくなり本もキリのいいところまで読めたので、空っぽになった飲み物の容器を返却スペースに戻し、カフェを後にしました。その後は近くの店を回って買い物をし、そして帰宅する予定だったのですが、カフェインを取ったからか催してしまったので、いったんお手洗いに行くことにしました。

その商業施設内のお手洗いを使うのは初めてで、しかしだからといって何ということもなく、「← TOILET🚻」みたいな看板に従ってお手洗いを探しました。

お手洗いは、今自分がいるフロアと、その一つ上のフロアを結ぶ階段の真ん中の、踊り場に設けられていました。普通商業施設内でのフロア間の移動はみんなエスカレーターやエレベーターを使うので、階段には誰もいませんでした。私は特に気にすることなく階段を上り、女子トイレの中に入りました。

しかし、その女子トイレというのが、内装が青基調になっておりました。あまり詳しくは覚えていないのですが、壁とか個室の扉とかが薄い青色で塗装されていたのです。別に女子トイレが青いのはおかしいとまでは言いませんけれど、とはいえ女子トイレ=赤とか橙とか暖色系のイメージで、青とか寒色系は反対に男子トイレのイメージでした。ですので私はトイレの内装を見て、「やばい入る方間違えた男子トイレだコレ」と焦りました。そして、そう思ったその直後、背後から「合っていますよぉ」と、ふわふわしているというかぽわぽわしているというか、とにかく柔らかな印象の女性の声がしました。


768 :本当にあった怖い名無し:2023/07/09(日) 20:37:38.97 ID:Y8yfpXIe0.net
男子トイレに入ってしまった!という焦りとその直後急に人に話しかけられた驚きで、私は振り向き、「あっ、すみ、すみま、すみませんっ」とかなりどもりながら声の主に謝りました。謝罪するよりありがとうと感謝の言葉を述べるべき場面だったと思いますが、何しろ気が動転しており、口をついたのが「すみません」でした。しかし、声の主はそこにはいませんでした。

あれ?と思いトイレを出て階段の踊り場まで戻ったのですが、女性らしき姿はなく。なんなら来たとき同様、人っ子一人見当たりませんでした。おかしいなと思いつつも折角外に出たので再度トイレの看板を確認し、やっぱり女性トイレだったよかった、と安心して再びトイレに入りました。

そして個室で用を足しているさなか、今しがたの出来事はかなり奇妙なものだったのでは?と思い始めました。まず「合っていますよぉ」と私に教えてくれた女性ですが、そもそもなぜ私が「男子トイレに入ったと勘違いしてパニックになっていた」と知っていたのか。そしてなぜ私に声をかけた直後に忽然と姿を消したのか。そして、ここからは「今のはちょっとおかしな体験だったのでは」と考えた私の脳が無理やりそういう方向に記憶を解釈しただけかもしれませんが…よくよく思えば、女性の声は背後からでなく、右から聞こえてきたような…もっと詳しく言えば、右耳にさしていたイヤホンから流れるKANA-B○○Nの「ないも○ねだり」に紛れ、音楽とともに聞こえてきたような…

当たり前ですが「な○ものねだり」の中に「合っていますよぉ」なんておかしな合いの手は存在しないし、じゃああの声はいったいどこから、どうやって聞こえてきたものなのか。そう考えると私は恐ろしくなり、未だ「ないものね○り」が流れ続けるイヤホンを耳から外してポッケに突っ込み、用を足し終え次第すぐにトイレを後にしました。

その後は、当初の予定通り近場の店を見てまわり、帰宅しました。ただし、その間はイヤホンをせずに。

この話はこれでおしまいで、この体験をしてから今に至るまで、似たような出来事は起こりませんでした。あの商業施設のトイレはあの一度きりしか使っていないし、イヤホンは買い換えるのももったいなくて同じものを使い続けているし、「○いものねだり」も未だ愛聴しています。


[ 2023/09/02 19:01 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加
管理人オススメ記事
【山の怪】もう何年も前に亡くなった俺の祖父は狩猟をやっていた
昔、中国に出張に行ってた時のこと
【恐怖体験】廃病院
20年前の話なので、もう特定されることもなくなっただろうと書かせて貰う


プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加


最新記事
【怖】もったいないオバケ・・・・? Apr 13, 2024
【不可解】鏡の中の自分の顔 Apr 12, 2024
【怖】お前をみてるぞ Mar 26, 2024
【不可解】中学生の時2年間だけ住んでた家がある Mar 25, 2024
ある寺に男が物見がてら参りに行ったときのこと Mar 20, 2024
俺の通ってた小学校に「赤紙男」って都市伝説があった Mar 17, 2024
俺にとっては死ぬほど怖かった話があるんだけど話してもいいかな Mar 10, 2024
神戸市北区5人殺傷事件の話 Feb 29, 2024
【怖】夜の地下道で見た人 Feb 28, 2024
昨日夕食時に家族でご飯を食べてたときに起きた怖い話なんですけどしても良いですか Feb 08, 2024
過去ログ +

2024年 04月 【2件】
2024年 03月 【5件】
2024年 02月 【4件】
2024年 01月 【4件】
2023年 12月 【2件】
2023年 11月 【2件】
2023年 10月 【4件】
2023年 09月 【4件】
2023年 08月 【7件】
2023年 07月 【2件】
2023年 06月 【2件】
2023年 05月 【4件】
2023年 04月 【1件】
2023年 03月 【5件】
2023年 02月 【8件】
2023年 01月 【10件】
2022年 12月 【10件】
2022年 11月 【10件】
2022年 10月 【10件】
2022年 09月 【10件】
2022年 08月 【10件】
2022年 07月 【10件】
2022年 06月 【10件】
2022年 05月 【10件】
2022年 04月 【10件】
2022年 03月 【10件】
2022年 02月 【10件】
2022年 01月 【10件】
2021年 12月 【10件】
2021年 11月 【10件】
2021年 10月 【10件】
2021年 09月 【10件】
2021年 08月 【10件】
2021年 07月 【10件】
2021年 06月 【10件】
2021年 05月 【10件】
2021年 04月 【10件】
2021年 03月 【10件】
2021年 02月 【10件】
2021年 01月 【10件】
2020年 12月 【8件】
2020年 11月 【7件】
2020年 10月 【10件】
2020年 09月 【10件】
2020年 08月 【10件】
2020年 07月 【10件】
2020年 06月 【10件】
2020年 05月 【10件】
2020年 04月 【8件】
2020年 03月 【10件】
2020年 02月 【7件】
2020年 01月 【10件】
2019年 12月 【8件】
2019年 11月 【12件】
2019年 10月 【10件】
2019年 09月 【10件】
2019年 08月 【10件】
2019年 07月 【10件】
2019年 06月 【10件】
2019年 05月 【10件】
2019年 04月 【10件】
2019年 03月 【10件】
2019年 02月 【10件】
2019年 01月 【11件】
2018年 12月 【10件】
2018年 11月 【11件】
2018年 10月 【10件】
2018年 09月 【10件】
2018年 08月 【10件】
2018年 07月 【11件】
2018年 06月 【10件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【10件】
2018年 03月 【10件】
2018年 02月 【10件】
2018年 01月 【12件】
2017年 12月 【9件】
2017年 11月 【8件】
2017年 10月 【13件】
2017年 09月 【13件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【10件】
2017年 04月 【10件】
2017年 03月 【10件】
2017年 02月 【11件】
2017年 01月 【10件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【8件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【13件】
2016年 06月 【16件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【13件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【13件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【12件】
2015年 05月 【16件】
2015年 04月 【14件】
2015年 03月 【27件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【25件】
2014年 12月 【26件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【20件】
2014年 09月 【18件】
2014年 08月 【20件】
2014年 07月 【25件】
2014年 06月 【21件】
2014年 05月 【18件】
2014年 04月 【17件】
2014年 03月 【16件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【22件】
2013年 10月 【10件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【13件】
2013年 07月 【10件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【5件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【6件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【19件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【8件】
2009年 07月 【21件】

アクセスランキング
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
08 | 2023/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top