fc2ブログ

|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
ヘッドライン

【謎】曰くつきの土地のエネルギーを感じるという霊感が自分にはあるのかも
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2022/07/24 18:01 ] 不思議な話 | CM(1)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?369
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1652452819/


256 :本当にあった怖い名無し:2022/05/24(火) 14:21:04.85 ID:d91b2hTm0.net
創作ではなく自分の実体験なので、
あまり怖くないかもしれませんが、
もしかしたら面白く思って読んでいただけるかもしれないので、
投稿してみます。


もともと全く霊感なく、
幽霊はみたことないし、
それっぽい体験もない人間です。

実家は戦国時代の曰が付いた土地にあり、
妹は幽霊を見たと頻繁に言っていた反面、
私自身は何も感じず、
零感とはこのことだわ、
と思っていました。


257 :本当にあった怖い名無し:2022/05/24(火) 14:21:39.10 ID:d91b2hTm0.net
大学生になったときに京都の近隣県に引っ越したこともあり、
頻繁に京都に行くようになりました。

洛中、洛外いろいろまわっていましたが、
なんとなく嫌な場所、というのがポツポツあり、
不思議だなと思っていました。

あ、これは土地の曰くに反応してるんだ、
と気づいたのは、
嵐山の念仏寺にいったときでした。




嵐山自体が初めてでした。

阪急で嵐山駅まで行き、レンタサイクル屋で自転車を借りました。
嵐山の中心部まで移動し、
老舗の和菓子屋がやっているカフェや、
ちょっとしたギャラリーをまわり

念仏寺と大覚寺に行こう、
というプランです。

嵐山は、京都の盆地のまさに端にあり、
中心部は比較的平坦であるものの、
念仏寺はほんの数百メートル坂を登った山の中にあります。

嵐山周辺のプランは、
一緒に行った友達が立てたので、
私は事前情報はありませんでした。
私の嵐山のイメージといえば、
竹林と渓谷くらいなものでした。


258 :本当にあった怖い名無し:2022/05/24(火) 14:23:48.49 ID:d91b2hTm0.net
嵐山中心部の散策が終わり、自転車で嵐山に向かいます。
大した距離ではありませんが、
すぐにお店がぐっと減り、畑や民家がメインとなります。
初夏だったので、
自転車で切る風は気持ち良いし、見晴らしも良いし、
この時点では全く嫌な気配はありませんでした。
むしろ、念仏寺には、穴場的なきれいな竹林があること、
眺めもいいことを友達に教えてもらっており、
ワクワクしながら向かっていました。

しかし、盆地の平たいところから、急に坂になる道に入る、まさにその入り口で、
なんとなく嫌な気分、行きたくない気分を感じました。
坂が億劫とかではなく、なんか怖い感じでした。
しかし、ちょうどそのとき、
向かいから、白人一家が笑顔で自転車で降りてきたので、
なんとなく安心感を覚え、お寺までのぼりました。


259 :本当にあった怖い名無し:2022/05/24(火) 14:24:27.47 ID:d91b2hTm0.net
しかし、坂の途中で念仏寺が見え、自転車を置いたとき、
その坂の先から、とんでもなく怖い気配が漂っている感じがありました。
念仏寺自体は、大量のお地蔵さんがあったりと、
一見怖そうにも思えますが、
私としては少し落ち着きました。

しかし、どうもこのエリア自体に恐怖心があり、
友達には大変申し訳なかったですが、
滞在時間は短めに、お寺を出ました。

お寺の門の前にとめた自転車に戻り、
鍵を外しながら、ふと坂の上をみると、
太い紐状の白いもの(大きさはきっと人くらい)が、
空中を漂いながら大量に降りてくるのが見えました。
物理的に干渉できるのかは知りませんが、
途中の高架橋に引っかかっているような様子もありました。
ある程度こちらに近づくと消え、
ドライアイスの煙をみているような感じでした。
あまりにも突拍子もなくて、
逆に冷静でしたが、
とにかくまずはここを離れよう、と、
自転車を急がせ、下まで降りました。


260 :本当にあった怖い名無し:2022/05/24(火) 14:24:57.07 ID:d91b2hTm0.net
のちのちネットで検索してみると、
念仏寺の奥には京都きっての心霊トンネルがあり、
念仏寺は化野という、
昔は風葬が行われていた場所だと知りました。
あまりにも無縁仏が大量に放置されており、
伝承ではありますが、空海がわざわざ大量の石仏を作らせ、
弔いをした過去もあるようです。

これを機会に、
もしかして土地のエネルギーってあるのかも、
それを感じるという形の霊感があるのかも、
と思うようになりました。


因みにですが、
昔、ある神宮に行ったときには、
薄い金色のような雨が、
サーッと降っているように見えたことがありました。
それも、今思うと、
神宮の良い場の空気を感じ取っていたのかもしれません。


261 :本当にあった怖い名無し:2022/05/24(火) 14:25:30.31 ID:d91b2hTm0.net
よく、まるで現実のように幽霊が見える、と聞いたこともありますが、
私には、例えばテレビを観ているときに、
間に薄い透明の下敷きを挟むような、
なにかいつも見ているものとは違うものを、現実に重ねて見ている、
という感覚は強かったです。


だからこそ、幻覚であるという可能性を当初は捨てていなかったのですが、
その後、京都、東京、地方などで、
嫌な気がする場所を検索すると、
必ず曰く付きの場所か、埋立地である、
ということがあり、
今では、これも一種の霊感かな、
と思っています。

それにしても、
なぜ、曰く付きの実家の土地は全く平気なのか、
今でも不思議です。


262 :本当にあった怖い名無し:2022/05/24(火) 16:01:06.33 ID:LorkNQMC0.net
実家以外でもあなたのセンサーに引っ掛からないけれど曰く付きの場所ってたくさんあるんだよ多分
なぜか反応しないのかは分からないけどさ


266 :本当にあった怖い名無し:2022/05/24(火) 21:25:56.78 ID:OJVNcCa20.net
>>261
中学の先生が自称見える人だった
その人が言うには人間は脳で見てるらしい
どう言うことか説明すると
コンピュータと同じ原理で、目で2次元のソースコードを読み取り
それを脳で解析し3次元の画像として見ているのではないかって話
それで先生が言うには時々、処理できないソースコードが落ちてるらしい
ほとんどの人は脳で実行されないので何もないと感じる
多少敏感な人は何もないと感じるが違和感を覚える
そして先生のように『壊れた脳』(自分でそう言ってた)の持ち主は
それを無理矢理解析して画像として見るらしい
もともと不完全なソースコードを自分の脳で補完して処理しているから
所謂見える人同士でも同じソースコードで見え方が全然違うらしい
で、神主坊主含む霊能力者はこのソースコードを消したり付けたりしているらしい


279 :本当にあった怖い名無し:2022/05/25(水) 19:04:23.91 ID:mfbNmxna0.net
>>266
この考え方おもしろいね。
マトリックスとか攻殻機動隊とかでネタ化してほしい。


関連記事
[ 2022/07/24 18:01 ] 不思議な話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加
管理人オススメ記事
小学生の頃、北海道にある母方の祖母の家に一人で遊びに行ったことがあった
葬儀屋をやってるとやはり色々と不思議なことがあります
JRがまだ国鉄と呼ばれてた頃、地元の駅に、蕎麦屋が一件あった、いわゆる駅そば
独身で一人暮らししてた頃たまに行くスナックがあった


3161:名無し中毒:2022/07/27 13:48 -
妹が自称「霊感少女」
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加


最新記事
【怪談】語りたい話は3つ。親から聞いた&昭和の頃の話 Mar 16, 2023
【怖】自分のカメラにだけ写り込む黒いモヤ Mar 15, 2023
【不可解】伏見稲荷大社に行った時、観光客がみんなよくわからん獣道に入っていった Mar 14, 2023
【怖】この一件で自分おかしくなってるわ、って気付いて転職した Mar 13, 2023
霊能者曰く「ご先祖様が祟ってる!」 Mar 07, 2023
【怖】あこれヤバいやつだ… Feb 28, 2023
【怖】俺はカメラ屋で働いてるんだが何年か前にフィルムカメラを査定に持ってきた家族がいた Feb 27, 2023
【怖】数年前に、妻ともうすぐ1歳になる息子を連れて、妻の郷里へいった時の話です Feb 22, 2023
自分がした唯一の怖い?体験談です Feb 21, 2023
俺が昔買った曰くつきのヘルメットの話をしよう Feb 20, 2023
過去ログ +

2023年 03月 【5件】
2023年 02月 【8件】
2023年 01月 【10件】
2022年 12月 【10件】
2022年 11月 【10件】
2022年 10月 【10件】
2022年 09月 【10件】
2022年 08月 【10件】
2022年 07月 【10件】
2022年 06月 【10件】
2022年 05月 【10件】
2022年 04月 【10件】
2022年 03月 【10件】
2022年 02月 【10件】
2022年 01月 【10件】
2021年 12月 【10件】
2021年 11月 【10件】
2021年 10月 【10件】
2021年 09月 【10件】
2021年 08月 【10件】
2021年 07月 【10件】
2021年 06月 【10件】
2021年 05月 【10件】
2021年 04月 【10件】
2021年 03月 【10件】
2021年 02月 【10件】
2021年 01月 【10件】
2020年 12月 【8件】
2020年 11月 【7件】
2020年 10月 【10件】
2020年 09月 【10件】
2020年 08月 【10件】
2020年 07月 【10件】
2020年 06月 【10件】
2020年 05月 【10件】
2020年 04月 【8件】
2020年 03月 【10件】
2020年 02月 【7件】
2020年 01月 【10件】
2019年 12月 【8件】
2019年 11月 【12件】
2019年 10月 【10件】
2019年 09月 【10件】
2019年 08月 【10件】
2019年 07月 【10件】
2019年 06月 【10件】
2019年 05月 【10件】
2019年 04月 【10件】
2019年 03月 【10件】
2019年 02月 【10件】
2019年 01月 【11件】
2018年 12月 【10件】
2018年 11月 【11件】
2018年 10月 【10件】
2018年 09月 【10件】
2018年 08月 【10件】
2018年 07月 【11件】
2018年 06月 【10件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【10件】
2018年 03月 【10件】
2018年 02月 【10件】
2018年 01月 【12件】
2017年 12月 【9件】
2017年 11月 【8件】
2017年 10月 【13件】
2017年 09月 【13件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【10件】
2017年 04月 【10件】
2017年 03月 【10件】
2017年 02月 【11件】
2017年 01月 【10件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【8件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【13件】
2016年 06月 【16件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【13件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【13件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【12件】
2015年 05月 【16件】
2015年 04月 【14件】
2015年 03月 【27件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【25件】
2014年 12月 【26件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【20件】
2014年 09月 【18件】
2014年 08月 【20件】
2014年 07月 【25件】
2014年 06月 【21件】
2014年 05月 【18件】
2014年 04月 【17件】
2014年 03月 【16件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【22件】
2013年 10月 【10件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【13件】
2013年 07月 【10件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【5件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【6件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【19件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【8件】
2009年 07月 【21件】

アクセスランキング
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
02 | 2023/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top