fc2ブログ

|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
RSSヘッドライン

【怖】中学時代からの友達である吉野(仮名)との過去
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2022/10/15 19:01 ] 怖い話 | CM(0)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?370
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1657119122/


589 :本当にあった怖い名無し:2022/08/02(火) 00:57:01.11 ID:QrnOOz3/0.net
初めての投稿で、不手際があったら申し訳ない。
私の怖い話を、中学時代からの友達である吉野(仮名)との過去と一緒に皆さんに知ってもらいたい。長文・駄文ですが、見てもらえれば嬉しいです。
スレ違いだったらすいません。


591 :本当にあった怖い名無し:2022/08/02(火) 01:09:28.58 ID:QrnOOz3/0.net
私の唯一の霊体験
私は中学3年生の時に山口に引っ越してきた。
クラスは仲のいいメンツが固まってしまっており、その枠に入りそびれた私はクールぶって過ごし、いつの間にかヤンキーとつるむようになった。タバコを吸ったのも、バイクに二人乗りしたのもその時が初めて。
その年の夏祭り、祭りではしゃぐのがダセェとヤンキーたちとちょっと遠くの廃墟に肝試しに行くことになった。隣のクラスのヤンキーの兄がそこで心霊写真を撮れたか何かで、「他の奴も誘って行くぞ」と物見遊山くらいの感覚で向かった。
結局13人ぐらいが集まり、その中にいたのが吉野だった。吉野は違うクラスで目立つようなやつでもなかったので、自分にとってはモブAぐらいの感覚だった。

自転車で集まってちょっと遠くの山まで行き、山道を登って例の廃墟に着いた。20時くらいだったが、山の中ですごく暗かった。誰かが裏口から廃墟に入れることを発見し、私も入ったが、霊感も何もないので廃墟(山小屋?)に入っても「暗いし、古いし、雰囲気あるな」としか思えず、人の痕跡を見つけてはヤンキーたちと騒いでいた。
そうしたら急に裏口方向から「う“う”うぁ」みたいなおじさんの呻き声が聞こえ、同級生たちの「やばくない?」という声も聞こえてきた。今回のグループにあんな声のやつはいないので、私たちも怖くなって顔を見合わせていると、すぐに裏口の方からヤンキーたちが走ってきた。私たちも入口の方へ走った。
内側からカギが開くだろうって先頭の誰かがカギをガチャガチャしていると、何もいないのに「ウ“ヮ、ウ“ヮ、ウ“ヮ」って掠れた声が廃墟の奥の方からゆっくり近付いてくる。ヤンキーの中には「女が!女が!」って騒いでるやつがちらほらいて、その呻ってるやつがちゃんと存在しているんだと思うと更に怖くなった。


592 :本当にあった怖い名無し:2022/08/02(火) 01:11:33.07 ID:QrnOOz3/0.net
すぐにドアが開いて一斉に廃墟から飛び出した。なぜか私はちょっと廃墟から遠のいたところで「あの女性(?)が何を伝えたくて呻っているのだろうか」とふと疑問に思い、後ろを振り返ると吉野が廃墟の前で棒立ちになっていた。
呻り声は聞こえなくなっていて、何か危機感のようなものを感じ、急いで吉野のところに駆け寄って「もう帰ろう」と話しかけると吉野にものすごい顔でにらまれた。めっちゃ怖かったけどその分必死になって吉野の袖をつかんでいた。吉野は微動だにせず、体感10分くらいずっと吉野の顔も見れずに力を込めていたら、私が来ていないと気付いてくれたヤンキーたちが私のことを呼んでくれ、その瞬間に吉野から出てた圧(?)のようなものが軽くなり、案外すんなりと吉野は私たちについて来た。

それ以来、吉野は私のクラスにちょくちょく遊びに来るようになって、「恩人だから」と色々助けてくれた。高校時代に悪いヤンキーから離れて、しっかり勉強して東京に進学できたのも吉野のおかげ。


593 :本当にあった怖い名無し:2022/08/02(火) 01:15:30.38 ID:QrnOOz3/0.net
吉野との再会
吉野とは高校から別だが高校時代はよく一緒に遊び、吉野が割と霊感があって「彼らの感情を読み取ることができる。可哀そうだと思ってしまい、よく魅入られる(憑りつかれる?)」と話してくれた。吉野はたまにオカルトチックな話をするやつで、たまに信じられないような話をする。

そんな吉野のおかげで私もオカルト好きになってしまい、大学に入って吉野とあんまり会わなくなった後も、オカルト好きな人と交流したり、怖い話をよく聞いたりしていた(毎日、部活で疲れて寝るぞって時に怖い話のYouTubeをつけながら寝るみたいなこともしていた)。
大学3年生になると人間関係で様々に大変なことがあって、家族に迷惑もかけたくないし、面倒だしと一人でふさぎ込んでいた時期があった。その夏、急に吉野から連絡があり、コロナで帰らない予定だったが帰省した。

吉野は私のことを詮索するようなことはせず、3年間で変わった山口の街並みを案内してくれた。(高校時代から10kgぐらい痩せてたけど、「あか抜けたな」ぐらいしか言わず泣きそうだった)
夕方ぐらいに錦川で座って話してたら、すぐ近くの木でカラスが「グァーウッグ、ガガガ、アゥガ、ッガー!」と狂ったように、最後は弱弱しく鳴いた。私が木の方を見上げているのに、吉野はまっすぐ川の方を見ており、普通に話す調子で「カラスが8回変に鳴いたら、その下にいる人が死ぬ」と言っていた。
私はいつものオカルト話だと思い、「縁起の悪いこと言わんでよ」と返した。

私が東京に帰って少しして、吉野が病気で亡くなったと連絡があった。私と外出してくれた時期もかなり体調が悪かったそうで、言葉にできないぐらい悲しかった。吉野は自分が死ぬことを知っていたのかと思うと、最後に言ってくれた「ずっとお前の味方だ」という言葉がすごく嬉しくて、切なかった。吉野が私にくれた思い出の分頑張ろうと、勇気をもらった。


594 :本当にあった怖い名無し:2022/08/02(火) 01:19:28.08 ID:QrnOOz3/0.net

私は大学中退後、東京で働いていた。働いていたといっても大学3年生でとれなかった講義をとりきれず卒業シーズン直前に中退し、アルバイトで生計を立てていた。お金はないが、それなりに頑張っていたと思う。

外国の方が多く、色んな言語が聞こえる壁の薄い安アパートに住んでいたが、夜に私の部屋のチャイムが鳴る事件があった。深夜、寝ようと思って部屋の電気を消すと2分おきぐらいに部屋のチャイムが鳴る。初めて鳴ったのは5月ぐらいで、深夜2時にチャイムが鳴り、はじめは間違えているんだろうと思って確認もしなかった。
1週間ほど経ち「次で3日目、何か意図があるに違いない。次はチャイムが鳴った瞬間に内側から叩いて驚かせてやろう」と電気を消してドアの前で待ち伏せをした。仕事も忙しく気が立っていたため、私のアパートは人が通ると廊下の電気が自動で点くので、点くたびにカウンター体制をとっていた。

待ち伏せ2日目にチャイムが鳴った。廊下の電気が点いてなかったので、カウンターができず、しばらく硬直してしまった。電気が点かないまま何度もチャイムが鳴らされた。
怖くなって静かに布団に入ったが、開けっぱなしのリビングの扉の向こうで廊下の電気が点かないままチャイムは鳴り続けていた。鳴り止んだのは深夜の3時過ぎだった。

怖くなって大学時代の親しかった何人かに事情を説明して、仕事が終わったら泊まることにした。2週間ぐらいして自分の部屋に帰るとすごい臭いがした。曾祖母の家のぽっとん便所の臭い、玄関だけその臭いがして、一緒に来てくれた友人も嫌な顔をしていた。
警察に通報すると郵便受けから小便を入れられたらしく(汚くて申し訳ない)、不動産にも相談して実家に帰ることになった。それまでの数ヶ月に車道に突き飛ばされかけたり、階段から落ちたり、勤め先の私が使っているPCが壊れたり、かなり参っていた。


595 :本当にあった怖い名無し:2022/08/02(火) 01:24:29.97 ID:QrnOOz3/0.net
その話を泊めてくれた友人にすると、「もしかしたら心霊かもしれない。沖縄出身の霊感の強い知人がいる」とマッチョを紹介してくれ、その沖縄出身のマッチョが私に中年の男性が憑いていると教えてくれた。中年の男性が私に強い負の感情を持っており、そいつから違う青年の霊が私を守っているらしい。マッチョの語る中年の男性の特徴に心当たりはないが、青年の方は間違いなく吉野だった。
マッチョは「中年男性の霊が相当に私を恨んでおり、守られていない人間に影響を及ぼし、あなたに害を与えようとしている。直接お祓いみたいなことはできないが」といくつか霊への対抗策を教えてもらった。気のいいマッチョだった。

私は今山口にいるが両親が離婚したり、とてもよくしてくれていた親戚のおじちゃん・おばちゃんが次々に亡くなったりしている。ただタイミングが合っただけかもしれないが、吉野と大学で離れてからドンドンと死にたいと思うようなことが多くなっています。

私を守ってくれている、すごくいいやつの吉野のことを私がいなくなった後も誰かに覚えていてもらいたくて、皆さんに紹介しました。

夜分遅く、お話をぶった切って長文を流してしまい、申し訳ございません。

私は今、めっちゃ死にたくないです。


関連記事
[ 2022/10/15 19:01 ] 怖い話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加
管理人オススメ記事
【山の怪】もう何年も前に亡くなった俺の祖父は狩猟をやっていた
昔、中国に出張に行ってた時のこと
【恐怖体験】廃病院
20年前の話なので、もう特定されることもなくなっただろうと書かせて貰う


コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加


最新記事
【怖】もったいないオバケ・・・・? Apr 13, 2024
【不可解】鏡の中の自分の顔 Apr 12, 2024
【怖】お前をみてるぞ Mar 26, 2024
【不可解】中学生の時2年間だけ住んでた家がある Mar 25, 2024
ある寺に男が物見がてら参りに行ったときのこと Mar 20, 2024
俺の通ってた小学校に「赤紙男」って都市伝説があった Mar 17, 2024
俺にとっては死ぬほど怖かった話があるんだけど話してもいいかな Mar 10, 2024
神戸市北区5人殺傷事件の話 Feb 29, 2024
【怖】夜の地下道で見た人 Feb 28, 2024
昨日夕食時に家族でご飯を食べてたときに起きた怖い話なんですけどしても良いですか Feb 08, 2024
過去ログ +

2024年 04月 【2件】
2024年 03月 【5件】
2024年 02月 【4件】
2024年 01月 【4件】
2023年 12月 【2件】
2023年 11月 【2件】
2023年 10月 【4件】
2023年 09月 【4件】
2023年 08月 【7件】
2023年 07月 【2件】
2023年 06月 【2件】
2023年 05月 【4件】
2023年 04月 【1件】
2023年 03月 【5件】
2023年 02月 【8件】
2023年 01月 【10件】
2022年 12月 【10件】
2022年 11月 【10件】
2022年 10月 【10件】
2022年 09月 【10件】
2022年 08月 【10件】
2022年 07月 【10件】
2022年 06月 【10件】
2022年 05月 【10件】
2022年 04月 【10件】
2022年 03月 【10件】
2022年 02月 【10件】
2022年 01月 【10件】
2021年 12月 【10件】
2021年 11月 【10件】
2021年 10月 【10件】
2021年 09月 【10件】
2021年 08月 【10件】
2021年 07月 【10件】
2021年 06月 【10件】
2021年 05月 【10件】
2021年 04月 【10件】
2021年 03月 【10件】
2021年 02月 【10件】
2021年 01月 【10件】
2020年 12月 【8件】
2020年 11月 【7件】
2020年 10月 【10件】
2020年 09月 【10件】
2020年 08月 【10件】
2020年 07月 【10件】
2020年 06月 【10件】
2020年 05月 【10件】
2020年 04月 【8件】
2020年 03月 【10件】
2020年 02月 【7件】
2020年 01月 【10件】
2019年 12月 【8件】
2019年 11月 【12件】
2019年 10月 【10件】
2019年 09月 【10件】
2019年 08月 【10件】
2019年 07月 【10件】
2019年 06月 【10件】
2019年 05月 【10件】
2019年 04月 【10件】
2019年 03月 【10件】
2019年 02月 【10件】
2019年 01月 【11件】
2018年 12月 【10件】
2018年 11月 【11件】
2018年 10月 【10件】
2018年 09月 【10件】
2018年 08月 【10件】
2018年 07月 【11件】
2018年 06月 【10件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【10件】
2018年 03月 【10件】
2018年 02月 【10件】
2018年 01月 【12件】
2017年 12月 【9件】
2017年 11月 【8件】
2017年 10月 【13件】
2017年 09月 【13件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【10件】
2017年 04月 【10件】
2017年 03月 【10件】
2017年 02月 【11件】
2017年 01月 【10件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【8件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【13件】
2016年 06月 【16件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【13件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【13件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【12件】
2015年 05月 【16件】
2015年 04月 【14件】
2015年 03月 【27件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【25件】
2014年 12月 【26件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【20件】
2014年 09月 【18件】
2014年 08月 【20件】
2014年 07月 【25件】
2014年 06月 【21件】
2014年 05月 【18件】
2014年 04月 【17件】
2014年 03月 【16件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【22件】
2013年 10月 【10件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【13件】
2013年 07月 【10件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【5件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【6件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【19件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【8件】
2009年 07月 【21件】

アクセスランキング
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top