fc2ブログ

|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
RSSヘッドライン

【不可解】誰も入ったことのない神社
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2023/06/14 19:01 ] 怖い話 | CM(4)
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?374
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1676577211/


126 :本当にあった怖い名無し:2023/03/07(火) 22:51:48.37 ID:Q1vEET1X0.net
オカルトというか不思議体験になると思うが、何か分かる人がいるかもしれないから初めてだけど書かせてくれ。

俺は大学は都内でそのまま就職して今も都内に暮らしてるんだが、出身は東北の田舎で実家は今もそこにある。

コロナが流行る前の年の盆に実家に帰ったんだが、いつもは実家に帰るときは最寄り駅まで電車で行ってそこから親に迎えに来てもらって車で帰るが、その時は親が出掛けていて迎えに行けないと言われ、歩いて実家に帰った。
歩いても30分掛かるかどうかくらいの距離だから軽い運動程度の距離だ。

その道の途中に参道に複数の鳥居がある神社があって、昔からあるんだが普段は歩いて通ることは少ない道だから久々に見た感じがした。
その時にふと思い出したんだが、そういえばこの神社の中に入ったことが無かった。
実家からそれほど遠くない所にあって、存在も知ってるのにそんなこともあるんだなと不思議に思ったがそれほど気にしなかった。
その時も別に用はないし、入らなかった。
昔からこんな感じで入らなかったんだろうくらいだった。

実家に帰って家族で夕飯を食ってテレビを見てたらどこだかの神社の特集がやってたんだが、その時に昼間の神社を思い出して、そういえばあそこの神社行ったことないって話を親にしたんだが、そうしたら母親は「私もない」と言って、父親を見ると「そういや、俺も無いな」と言った。さすがに「えっ?」って感じだった。
母親は結婚して別な場所から来たから信心深くなければ大人になってから神社なんか行かないかもしれないが、父親は子供の頃からここに住んでいる。
数十年も住んでて、大して遠くない神社に行ったことないってあるかなと。
ただ父親は「特に用も無いし、薄暗いから子供の頃は気味悪かったから行かなかったんだろう」ということだった。
少し不思議に思ったがその時もそれ以上この件は話さなかった。




127 :本当にあった怖い名無し:2023/03/07(火) 22:52:32.80 ID:Q1vEET1X0.net
翌日の夜にこの時実家に帰った本来の目的である中学校の同窓会に行ったんだ。
同窓会といっても今でも付き合いのある友人10人程度の飲み会だったが。
そこで話のネタにまた神社の話をしたんだ。
地元の神社だからみんな知ってるだろうし、良いネタになるだろうとと思ったんだが、まさかの結果だった。

誰も敷地の中に入ったことが無かった。

さすがに「そんなことある?」と思った。
家族と友人、自分を含め20人くらいが誰の家からも30分以内にあるような神社に入ったことが無いって。

この話を友人と掘り下げもしたかったけど、誰もオカルトファンって感じじゃなかったし俺自身も違うし、変人扱いされるのは嫌だったからそのあとはこの話はしなかった。

同窓会が終わって家に帰った後も、神社が気になりだしてすぐには寝れなかった。
と言っても、同窓会で酔ってたから結局寝たが。

翌日、気になって仕方が無かったので神社に行ってみた。

神社の前まで来て神社を見ると、参道(といっても30m程度だと思うが)に鳥居が4つある神社で奥の方に建物らしきものがある。


128 :本当にあった怖い名無し:2023/03/07(火) 22:53:58.86 ID:Q1vEET1X0.net
さっそく行ってみようと思って、最初の鳥居をくぐった瞬間に異変を感じた。
うまく口で言い表せないが、なんか心がざわつくというか、「ここにいたくない」って強く思う感じというか、とにかく何かものすごく居心地の悪さを感じた。

それでも先に進むと鳥居をくぐるたびにそれは強くなり、最後の鳥居をくぐるころには動悸も激しくなり、自分の心臓の音が聞こえるような感じもし、視野も極端に狭くなっているように感じた。
さすがにまずいなと思い、ちょっと見て帰ろうと思って神社の建物を見たのだが、建物もおかしかった。
神社とかにあまり詳しくないのだが、神社って普通、本殿と拝殿に分かれてて拝殿の裏に本殿があるよね?
でもそこは建物が一個しか無かった。拝殿なのか本殿なのかはわからない。
建物自体もかなり痛んで古ぼけてはいたが、数百年とかの歴史を感じるものではなく、一部トタンなんかも使われて、どう考えても出来て数十年程度、どんなにさかのぼっても昭和初期程度だと思われた。
鳥居の正面にあるからこれが神社の本殿か何かだと思うが、神社によくある賽銭箱も鈴?も無かった。
ただ、名前を表すような額縁というか木の板?が正面の上の方に取り付けられていた。
消えかけているのか汚れているのかわからないが、よく読めなくて一番最初が「八」(文字の一部かも)、次が「円」?か「門」?(何かの文字の下半分に見える。下に二本突き出る文字っぽい)らしき文字。その次にもう一つ読めない文字があって最後は「社」だった。読めない文字はどう譲っても「神」には見えないので「神社」と書いてあるわけではないと思う。
そういう昔の書体の可能性があるが。


129 :本当にあった怖い名無し:2023/03/07(火) 22:54:37.83 ID:Q1vEET1X0.net
さらに建物の正面は小さな木の格子窓があって中を覗いたら、奥の祭壇?みたいな場所に多角形の骨壺?みたいなものと、白鞘の刀?かもしくは木刀?らしきものが祭られて?た。白鞘も白よりも黒に近いくらいくすんでいた気がする。
(「?」が多いのは神社に詳しくないのと、そもそも精神状態が普通じゃないので「よく見た」って感じではないから)
骨壺かと思ったのは、前年に祖父が無くなっていて、その時に祖父の遺骨を入れた壺に似てたから。祖父のは絵柄が入った骨壺だったがそこにあったのは白だった(ちょっと汚れがあったような気がする)。

気持ち悪かったし、もう帰ろうと思った時に突然「何をしている」と声を掛けられた。
声の方を向くと工場の人が着るようなつなぎの作業服を着たおじさんがいた。
おじさんは俺を見ると、驚いたような顔をしていたが、怒るわけでもなく落ち着いた声で「ここにいるのはつらいだろう。帰りなさい」と言った。
俺もそのつもりだったので、うなずいてそのまま帰った。精神状態も限界で返事は出来なかった。すれ違う瞬間に何か言われたような気がするが、もう聞き取れなかった。
また鳥居をくぐりながら出ていくとくぐるたびに症状は軽くなり、最後の鳥居を出ると何事も無かったかのように気持ちは軽くなった。
神社の方を見るとまだおじさんはいて、俺がその場を離れるのを見届けるまで離れ無さそうだったので、急いでその場を離れた。


130 :本当にあった怖い名無し:2023/03/07(火) 22:55:19.05 ID:Q1vEET1X0.net
家に帰って落ち着いてから改めて神社のことを考えた。

ここからは推測でしかないが、あそこは多分神社ではなくて、何か「よからぬもの」を封じるのか押さえるのか、祀るのか、とにかく俗にいう「神様」関連とは別のもので、みんな行ったことないのは、近くにいくと「入りたくない」という衝動に駆られるから本能的に避けていたのかもしれない。

あの衝動は人を近づかせないための魔法?結界?呪術?みたいなものとか?

声をかけてきたおじさんは、よくわからない。ここの神主?みたいな類の人なのかもしれないけど、仕事中だったのかつなぎの作業着だったからよくわからん。
ただ、これを書いていて思ったのだが、「ここにいるのはつらいだろう」と言っていたので、おじさんは俺が精神状態がおかしくなっていることを気づいていたのと、おじさん自体は平然としているように見えたから、おじさんが結界だかなんだかを作った本人かもしれない。

結局、中にあった骨壺と刀?が何なのかはわからない。

どう考えても普通ではなさそうなものなので、あれ以来近づいてないし、話題にも出さないようにしている。

何か分かる人はいる?


131 :本当にあった怖い名無し:2023/03/07(火) 23:03:13.97 ID:qTBrdQdP0.net
久しぶりに洒落怖っぽい話が来たな!


132 :本当にあった怖い名無し:2023/03/08(水) 11:56:18.36 ID:fV//yj+b0.net
>>130
その神社は負を溜め込む為の場所なのだと思います
貴方にその後何もないみたいですし

男性は管理人的な役割の方だと思いますよ


133 :本当にあった怖い名無し:2023/03/08(水) 11:58:47.73 ID:oKoxQxSc0.net
まったく分からないけど面白かった!
誰かこれ、考察できる人いないかなあ
俺は全然知識ないから無理
でも確かに掘り下げてみたい感じはある

>>126
場所とかもうちょっと具体的にいうのはまずい感じ?


136 :本当にあった怖い名無し:2023/03/08(水) 14:30:33.61 ID:8V/vBTwo0.net
>>130
昭和初期辺りにある拝み屋さんに信者がついて寄進で神社が造られた
それが神道系の新興宗教になったが、シャーマン的な拝み屋さんのお婆さんが無くなって信者もほとんど来なくなり、息子か孫が管理だけしている状態
お婆さんが信仰していた神様は降ろされたまま放置(多分お稲荷さん)
信仰されないからお稲荷さんの使いの祀られてる狐が怒ってる

そんな感じじゃね?


137 :本当にあった怖い名無し:2023/03/08(水) 14:38:10.66 ID:8V/vBTwo0.net
単なる拝み屋さんと信者の為だけの神社だから余所の人は行かないのだと思う
もしかすると霊媒体質なんじゃないか?
凄く気になるのは新たに祀られようとして使いの狐が君を誘き寄せようとしているのかも知れない
ロックオンされたかもね

もう二度とそこには関心持たず近寄らないほうが良いと思う



という気がした


142 :本当にあった怖い名無し:2023/03/08(水) 19:09:58.91 ID:gULqRlsd0.net
126を書いたものです。

>>133
場所は勘弁してください。
実家が近いことを書いてしまったし、人が集まってあそこをいたずらされて、家族や友人達に何かあるのは嫌なので。

>>136
ああいうのって結構あるものなんですか?
自分は地元の以外は知らないですね。
まあ、探したわけでもないのですが。

>凄く気になるのは新たに祀られようとして使いの狐が君を誘き寄せようとしているのかも知れない
>ロックオンされたかもね

これが怖いのですが、ロックオンされるとどうなるんですか?数年経ちますが、今の所何も起きてないです。

個人的に気になるのは中の骨壷?と刀?ですかね。
あれが御神体?なのかな。


143 :本当にあった怖い名無し:2023/03/08(水) 21:45:35.57 ID:8V/vBTwo0.net
不安がらせたら申し訳ないです
どちらにせよ何年も何とも無いなら大丈夫だと思います
でも用心の為に関わらない方が良いと思います
そもそも自分の書いたことは事実かどうかもわからない事だし無視して下さって大丈夫です
恐らくですが、刀が寄代で御神体、壺のようなものは拝み屋さんの骨壷の可能性も?
尤も全く違うものかも知れません
とにかくこの神社の事は気にせず関わらないのが一番です
もしかしたら単なる個人の屋敷稲荷の可能性もありますが
ちゃんとお祀りされてない神様は怖いので触らぬ神に祟りなしです


139 :本当にあった怖い名無し:2023/03/08(水) 14:54:37.61 ID:y/eAzeIX0.net
>名前を表すような額縁というか木の板
これは結局何だったんだろうな


145 :本当にあった怖い名無し:2023/03/09(木) 10:23:09.20 ID:AscTqm7S0.net
> よく読めなくて一番最初が「八」(文字の一部かも)、次が「円」?か「門」?(何かの文字の下半分に見える。下に二本突き出る文字っぽい)らしき文字。


八界?


148 :本当にあった怖い名無し:2023/03/09(木) 13:38:49.44 ID:D2xvb/bo0.net
>>145
ハッカイ?
コトリバコ……?


150 :本当にあった怖い名無し:2023/03/09(木) 22:42:41.25 ID:iaM2Jv470.net
>>145
>>148
返答が遅くなりましたが、コトリバコは知らなかったのですがまとめサイトで読みまたした。
凄く怖い話なのですがハッカイが私が見たまとめサイトはカタカナで「ハッカイ」とあったのですが漢字にすると「八界」なのでしょうか?
あと実際に「八界」と書かれていたかは分からないです。言われてみれば二文字目が「界」と読めなくも無かったかもしれませんが、既に数年前なことと当時もまともな精神状態では無かったので断言出来ないです。
あと狛犬の件ですが、無かったと思います。
これもまともに確認出来るレベルでは無かったのですが少なくとも記憶に残るレベルでは存在しませんでした。


152 :本当にあった怖い名無し:2023/03/09(木) 23:28:04.16 ID:8bqfMdxL0.net
マトモな神社なら八幡さんだろうけど
狛犬が無いならマトモな神社では無い可能性があるよね


153 :本当にあった怖い名無し:2023/03/09(木) 23:33:18.41 ID:jV9ENBmZ0.net
移動中なのでIDが変わってるかもしれませんが、126からの話を書いて150で書いたものです。

150のあとコトリバコについて調べたのですが、そんなことあるのでしょうか?

少なくともあそこで木箱は見てないと思います。
実家の近所で女性や子供の失踪的な話は聞いてません。

あまり気にしていなかったのですが今は怖いです。
何か行動を起こした方がいいでしょうか?
その場合、どういう行動を起こせばいいでしょうか?


154 :本当にあった怖い名無し:2023/03/10(金) 00:05:06.67 ID:VHSbO0/f0.net
その後近寄らず何事も起こってないなら
そのままそっと距離を置いて過ごしていればいいのでは?
下手にまじない的なことしたら逆効果になりそう


155 :本当にあった怖い名無し:2023/03/10(金) 00:22:32.24 ID:IAKRZyZd0.net
神使がいないなら神様がいない場合があります
しかし管理されているため大丈夫だと思いますよ

神社の中にはいると危険なだけだと思うのでお気になさらず過ごすのが良いかと

気にしすぎるほうが危険です


157 :本当にあった怖い名無し:2023/03/10(金) 07:58:35.37 ID:Hd9m+hgJ0.net
みなさんありがとうございます。
そうですよね。そもそも何も起こってないのに気にする必要ないですよね。
その神社に近づかないようにだけして、あとは普通に暮らしていきたいと思います。


関連記事
[ 2023/06/14 19:01 ] 怖い話 | CM(4) このエントリーをはてなブックマークに追加
管理人オススメ記事
【山の怪】もう何年も前に亡くなった俺の祖父は狩猟をやっていた
昔、中国に出張に行ってた時のこと
【恐怖体験】廃病院
20年前の話なので、もう特定されることもなくなっただろうと書かせて貰う


  1. 名無し中毒 2023/06/14 21:34 -
    わしゃ老人だが歩いて30歩ほどのところにある神社は通り抜けると近道になるから行くがそのほかの近くの神社なんて行ったことないぞ現代人ならそんなもんだろ
    拝殿か本殿かは知らんが建物が一つしかない神社なんて田舎なら腐るほどあるそのレベルのはソロキャンし易い
    神社の半分はよからぬものを封印するために祭り上げたもんや
  2. 名無し中毒 2023/06/17 17:07 -
    >>3238
    まるっと同意
  3. 名無し中毒 2023/07/03 18:33 -
    一つ前の記事と同じ人が作者かな? まあまあ好き。

    あと老人ではないけど、通りすがりに何となく寄り道して小銭賽銭箱に投げ入れて拝むくらいは、気まぐれでたまにするかな。そうした先で自分以外の参拝者もいたりするから、現代人でも所縁も無い神社になんとなく行く人は少なくないと思うよ。拝殿と本殿が一つなのは地元の神社も同じだからわかるけど、半分はよからぬものを封印は草。
  4. 名無し中毒 2023/07/23 21:08 -
    嘘くせぇ
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加


最新記事
昨日夕食時に家族でご飯を食べてたときに起きた怖い話なんですけどしても良いですか Feb 08, 2024
【不可解】「あらまあどあ」について Feb 07, 2024
【怖】山道のそば屋 Jan 27, 2024
【怖】タクヤくんの恨み Jan 19, 2024
【怖】山ばあちゃんに出会ってしまった話 Jan 06, 2024
大学進学のために家を離れる時、祖父がしてくれた話 Jan 05, 2024
【不可解】夜の墓地に肝試ししに行った時に撮った写真 Dec 17, 2023
うちの母方の家系は昔はそれなりに有名な霊能力者だったらしい Dec 16, 2023
【怖】変な声が聞こえてきたら Nov 30, 2023
長野県の超有名な自殺の名所(橋)の話 Nov 26, 2023
過去ログ +

2024年 02月 【2件】
2024年 01月 【4件】
2023年 12月 【2件】
2023年 11月 【2件】
2023年 10月 【4件】
2023年 09月 【4件】
2023年 08月 【7件】
2023年 07月 【2件】
2023年 06月 【2件】
2023年 05月 【4件】
2023年 04月 【1件】
2023年 03月 【5件】
2023年 02月 【8件】
2023年 01月 【10件】
2022年 12月 【10件】
2022年 11月 【10件】
2022年 10月 【10件】
2022年 09月 【10件】
2022年 08月 【10件】
2022年 07月 【10件】
2022年 06月 【10件】
2022年 05月 【10件】
2022年 04月 【10件】
2022年 03月 【10件】
2022年 02月 【10件】
2022年 01月 【10件】
2021年 12月 【10件】
2021年 11月 【10件】
2021年 10月 【10件】
2021年 09月 【10件】
2021年 08月 【10件】
2021年 07月 【10件】
2021年 06月 【10件】
2021年 05月 【10件】
2021年 04月 【10件】
2021年 03月 【10件】
2021年 02月 【10件】
2021年 01月 【10件】
2020年 12月 【8件】
2020年 11月 【7件】
2020年 10月 【10件】
2020年 09月 【10件】
2020年 08月 【10件】
2020年 07月 【10件】
2020年 06月 【10件】
2020年 05月 【10件】
2020年 04月 【8件】
2020年 03月 【10件】
2020年 02月 【7件】
2020年 01月 【10件】
2019年 12月 【8件】
2019年 11月 【12件】
2019年 10月 【10件】
2019年 09月 【10件】
2019年 08月 【10件】
2019年 07月 【10件】
2019年 06月 【10件】
2019年 05月 【10件】
2019年 04月 【10件】
2019年 03月 【10件】
2019年 02月 【10件】
2019年 01月 【11件】
2018年 12月 【10件】
2018年 11月 【11件】
2018年 10月 【10件】
2018年 09月 【10件】
2018年 08月 【10件】
2018年 07月 【11件】
2018年 06月 【10件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【10件】
2018年 03月 【10件】
2018年 02月 【10件】
2018年 01月 【12件】
2017年 12月 【9件】
2017年 11月 【8件】
2017年 10月 【13件】
2017年 09月 【13件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【10件】
2017年 04月 【10件】
2017年 03月 【10件】
2017年 02月 【11件】
2017年 01月 【10件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【8件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【13件】
2016年 06月 【16件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【13件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【13件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【12件】
2015年 05月 【16件】
2015年 04月 【14件】
2015年 03月 【27件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【25件】
2014年 12月 【26件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【20件】
2014年 09月 【18件】
2014年 08月 【20件】
2014年 07月 【25件】
2014年 06月 【21件】
2014年 05月 【18件】
2014年 04月 【17件】
2014年 03月 【16件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【22件】
2013年 10月 【10件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【13件】
2013年 07月 【10件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【5件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【6件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【19件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【8件】
2009年 07月 【21件】

アクセスランキング
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top