|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
ヘッドライン

昔体験した心霊話で泣かせてやるよ
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2014/03/26 00:11 ] 怖い話 | CM(1)
昔体験した心霊話で泣かせてやるよ
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1395679584/


1 :後ろだ!! :2014/03/25(火)01:46:24 ID:LH5t9uVcY
2009年にミクシーに投稿したやつがまだあったからまんまうp
>>2


2 :名無しさん :2014/03/25(火)01:47:11 ID:TNBbm3uFw
帰れ


3 :名無しさん :2014/03/25(火)01:48:07 ID:ZKKzTMkkz
ワロタ終了


4 :後ろだ!! :2014/03/25(火)01:52:46 ID:LH5t9uVcY
ミクのやつこぴったら改行が多くて投稿ダメだよ!って言われたww


5 :名無しさん :2014/03/25(火)01:53:08 ID:BgT0DCh09
本当に終了じゃねえか


6 :後ろだ!! :2014/03/25(火)01:55:00 ID:LH5t9uVcY
全国的にも有名?な心霊スポットです。 私達が中学生の時(20年前)に体験した話です。
当時、夜遊びが定番となっていた私達は、いつものように家を抜け出し集まっていました。
男ばかり集まって何もする事もなく、話の話題は地元では有名過ぎる心霊スポット、平和の滝の事に。
強がりが体を借りて歩いてるような当時の私達は7人で平和の滝へと向かう事になりました。
仲間の一人が 「肝試しとか奇数人数で行くとマズいらしいよ」 みんな 「なにそれマジ?」
「だいじょぶだって」 「ちょ、俺真ん中歩くの嫌だ…」 そんな怪談にまつわる話をしながら約3キロの道のりを滝に歩いてるいると、一人が周囲の異変に気付きました。
「おい、電灯おかしくない?」 私達が電灯の横を通過するタイミングを見計らったかのように電気が消えて行くのです。
慌てて後ろを振り返り、他の電灯を見てみると、私達の通り過ぎた後から綺麗に電気が復旧していきます。
みんなで何度も確認しながら 「また消えた」 「うわ」 「向こう点いた」 「ヤベーよ」
そんな半ベソの状態の中でも私達は滝に向かって歩き続けました。 住宅街を抜け、道路のアスファルトも、手入れの行き届かない砂利混じりの地面になってきます。
程なく進むと一番右端を歩いていた友達が急に左側に移動してきました。「なしたん?」 「あれ見て…」
彼が指差す方には放置車両があり、仲間の3人が悲鳴染みた声をあげ、歩く速度をあげました。 私自身は見えなかったのですが、その3人は車の屋根に立ち尽くす女の人を見たそうです。
顔面蒼白の3人を半ば無理矢理引き連れて滝へと向かいました。滝まで後1キロ位に差し掛かった時でした。
今度は私にもハッキリ見えました。 空き地に放置されたプレハブ小屋(スーパーハウス)の中から真っ白い女の人がこちらを睨んでいました。
乱れた髪の奥から目をこちらに向けて… 何故そこで滝に行くのをやめなかったのか不思議ですが、私達は滝を目指しました。
長い坂道を上り、滝への一本道を進むと、水しぶきの弾ける音が近付いてきます。
滝の横には駐車場があり、公衆便所、何かよくわからない慰霊碑があり、中途半端な街灯が余計に雰囲気をそれらしくしています。
暫く駐車場で他愛もない話をしてました。 公衆便所へと向かった一人が何かを見つけて皆を呼びます。
行ってみると便所の中は煤(スス)だらけ、散乱するエロ本のページ。 一人がエロ本の一枚に何の気なしにライターで火を点けました。
途端に紙はマジックの炎のように勢いよく燃えてなくなりました。私達は一斉にトイレから脱出し、今おこった現象が理解出来ずに顔を見合わせましたが、すぐに気をそらして駐車場に戻りました。
若気のいたり。としか言い様がありませんが、私達は懲りずに滝壺に降りる事にしました。滝壺までは申し訳ないほどの手摺と階段があり、私達は数珠つなぎで降りる事に。
階段を降りるに従い、駐車場の街灯の光も届かない、真っ黒い闇が私達を包んでいきます。言葉数も少なく下へ降りた私達は完全に見てしまいました。
対岸にたたずむ髪の長い女の人を… 顔は思い出せません。 と言うより顔があったのか…? 青白く、辺りからそこだけ別世界だった気がします…
(書きながら鳥肌全開ですあせあせ(飛び散る汗)) 私達は狂ったラジカセみたいに大声をあげ階段を駆け上がり、全力で坂道を下り逃げました。
あまりに必至だったので、プレハブ小屋の事も放置車両の事も忘れて住宅街まで戻りました。その夜は皆あんまり喋らずに帰って行きました。
この話は後日談があります。 まず、公衆便所の黒い煤。 あれは数週間前に男性が焼身自殺した跡だった事。そして、ほうぼうに別れて帰った仲間の一人が帰り道にまた別の幽霊を見てる事。
前後は分かりませんが、あの当時。 滝へ向う(私達が通った)道で白骨体が発見されてる事。
この話ホントなんです。


7 :後ろだ!! :2014/03/25(火)01:55:34 ID:LH5t9uVcY
改行潰したから読みにくいかもだけど一応うp完了


11 :名無しさん :2014/03/25(火)01:59:46 ID:TNBbm3uFw
申し訳ないほどの手摺と階段w


19 :名無しさん :2014/03/25(火)02:24:37 ID:znY3PcOfh
産業で


20 :名無しさん :2014/03/25(火)02:26:02 ID:ZKKzTMkkz
>>19
スーパーハウス
真っ白の女
白骨体


関連記事
[ 2014/03/26 00:11 ] 怖い話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

‐全ランキング表示‐ ブログパーツ
1316:名無し中毒:2014/03/29 14:57 -
この話の何が恐ろしいって。
アホなテンションで頭の悪い文章を投稿した奴の、年齢。
誤文くらい直せよと・・・。
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加




最新記事
【不可解な話】ジイちゃんと鏡 Sep 20, 2017
小さい頃、マンホールに落ちた記憶 Sep 18, 2017
叔父夫婦が以前、ある大学寮で住み込みで仕事していた時の話 Sep 17, 2017
通常稲の実る時期よりも早く、一本だけ色づいた稲穂が出ることがある Sep 14, 2017
もしかしたら自分の勘違いかも知れないんだがどうにも納得が出来ない話がある Sep 13, 2017
じいちゃんが満州に徴兵されてた時の不思議な体験 Sep 12, 2017
闇夜に佇む少女 Sep 11, 2017
電車から全身血まみれというか怪我まみれで包帯まみれの中学生くらいの男の子が降りて来た Sep 10, 2017
昔付き合ってた彼女(看護師)から聞いて、一番怖かったのが「手術室に出る幽霊」の話 Sep 03, 2017
【恐怖体験】美大生だった頃の話 Sep 02, 2017
過去ログ +

2017年 09月 【10件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【10件】
2017年 04月 【10件】
2017年 03月 【10件】
2017年 02月 【11件】
2017年 01月 【10件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【8件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【13件】
2016年 06月 【16件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【13件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【13件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【12件】
2015年 05月 【16件】
2015年 04月 【14件】
2015年 03月 【27件】
2015年 02月 【17件】
2015年 01月 【25件】
2014年 12月 【26件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【20件】
2014年 09月 【18件】
2014年 08月 【20件】
2014年 07月 【25件】
2014年 06月 【21件】
2014年 05月 【18件】
2014年 04月 【17件】
2014年 03月 【16件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【22件】
2013年 10月 【10件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【13件】
2013年 07月 【10件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【5件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【6件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【7件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【8件】
2009年 07月 【21件】

アクセスランキング
LINK
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top