|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
ヘッドライン

動物と話せる会社の後輩
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2014/06/22 16:26 ] 不思議な話 | CM(1)
最近あった不思議な出来事を書き込むスレ その3
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1392047676/


382 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/05/24(土) 21:12:41.77 ID:m7GqXdkb0.net
オカ版の住人ではないし霊体験でもないが身近にいる知人の事が急に気になってきたので王様の耳ロバ的に書きこんでみる

昨日の夕暮れ会社の後輩を車で彼の家まで送って行った。
彼の家は農家で敷地の入口から住んでいる家までかなりの距離がある。
話に聞いてはいたが、実際に来てみるとちょっとした市民公園のようだった。

長いので3つにわける事にしよう
長文スマン



383 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/05/24(土) 21:17:33.56 ID:m7GqXdkb0.net
続き

「ここでいいです」と木に囲まれたなにもないが車をUターンさせやすい所で彼は車を降り、別れを告げ歩き出した。程なくどこから現れたのか無数の猫が集まってきた。
10匹以上はいたんじゃないだろうか。
犬や猫、ニワトリなど飼っているのは聞いていたがあまりの数に少々驚いて見入ってしまった。

そのせいでもないが自分はすぐには車を出さずなんとはなしに車の窓を開け、離れていく彼の背中と猫の群れを見ながらタバコに火をつけようとした。

その時聴こえて来た彼の声

「そんなにいっぺんに言われてもわかんないよw一人づつね」



384 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/05/24(土) 21:21:47.20 ID:m7GqXdkb0.net
続き

飼っているペットを擬人化してその鳴き声に意味をもたせるのはよくあることのように思う。彼の発言が「ただいま」であったなら誰一人として違和感など感じないだろう。前半部分だけであっても記憶には残らなかっただろう

「一人づつね」

自分にはこの部分が強烈に印象に残っていた。そして小さくくぐもった彼の声。
彼はYUUSENかよと揶揄されるほど常に歌っている。中性的なその声は作業中の騒がしい工場の中でも何を歌っているかわかる程よく通る。

つまり…自分に聴こえないように声を抑えたのでは?



385 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/05/24(土) 21:24:23.84 ID:m7GqXdkb0.net
最後

彼が動物と話せる
というのは社内では有名な話だ。
入社間もない頃社長の家で飼われていたウサギの体調不良を見抜き、エサを改善するよう要求した話は今でも笑い話として皆の口に登る。
小さい時から自然に囲まれて育ち、家庭の事情で進学をあきらめなければ獣医学部に進んでいたと言うから、特に不思議はないと昨日までは思っていた。

しかし昨日の一件から自分の彼に対する疑念が晴れない。考えてみれば動物の事以外でも彼には不思議な事が多過ぎる気がするのだ。

長くなってしまいそうなのでかいつまむが、瞬間移動した、もしくは同じ人間が複数人いるのではないか、こうなる事が始めからわかっていて行動していたのではないか、etc

皆の周りにもこういった人はいるのだろうか

長文付き合ってくれた方
お礼を言っておく
ありがとう



386 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/05/24(土) 22:40:35.10 ID:IH8MXSom0.net
なんだかふわりと不思議でいて柔らかい気持ちになる素敵なお話だね


387 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/05/25(日) 08:06:05.14 ID:TE9EG/eq0.net
動物と話せる能力者ってことか
外国のデブおばさんみたいにそれで飯食えるな


388 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/05/25(日) 10:14:02.88 ID:kz5kfADJ0.net
その能力羨ましいなぁ


390 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/05/26(月) 21:56:14.56 ID:0Lnec+la0.net
ねこA「あのねあのね!今日ねっ!」

ねこB「あっ!ずるい!ボクが最初!」

ねこC「あたちねー!あたちねー!」

以下たくさん

っていうのが脳裡をよぎってほっこりした


391 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/05/26(月) 22:47:45.69 ID:qfXnWmy90.net
猫甲「ご主人・・・ご主人!報告したき儀、これあり!」

猫乙「あれよ、甲・・・それがしこそ先に報告すべきかな。主人よ、是非聞き給へ!!」

猫丙「邪魔立てするはいずれの者なりや!主よ!我こそ、主がお耳に入れるべき報せを持つものなり!!

猫丁「動議!動議でござる!!」

かも知れんぞ


395 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/05/28(水) 00:29:16.63 ID:N5nHOjiDO.net
>>390-391
どっちも和んだw


392 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/05/27(火) 07:39:54.21 ID:tE5eoqds0.net
>>382-385
スマホから書き込んだ直後からオカ版がまったく開けなくなった
今はPCから書き込んでるがやっぱり人に言っては
いけなかったのではないかと少し後悔している
レスくれた方に少し補足をして最後にする
動物と話せるのではという事ばかり書いてしまったのだが
能力者というのは少し印象が違う
彼は相当な天然なのだが時折全てを見通したような
言動や行動をすることがある
自分の印象としては人間ではなく物の怪に近い
書き込みはこれで最後
皆の周りにはこんな人いるかが知りたい



393 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/05/27(火) 14:40:48.12 ID:3eAnUhGT0.net
身近にはいないが聞いた事はあるな

天然 瞬間移動がかぶってる

ソースがうさんくさいつべの心霊番組だが

後輩クンが入社後社の業績は右肩あがりか?

物の怪か神仏かわからんが大事に扱うに越したことはないだろう

話しかけていたのは猫だけではないかもな


398 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/06/04(水) 14:37:06.97 ID:BOI6MG6E0.net
>>392
猫ではないけど、うちの爺さんが鳥と仲良しだった
スズメやカラスなんてのからウグイスやかっこうなんかもよく来てた
たまに餌もあげるけど、要求?されたときしか出さないらしく
たまに「そんなもんはうちにない」「贅沢言うな」とか鳥に答えてた
肩に止まったり足元ウロウロしたりするから、野鳥って人懐こいんだなと思っていたけど
爺さんが死んでからとんと来なくなってあれは特殊だったんだと大きくなってから気づいた
あと爺さんはたまに何日間も山に篭ったりしてる変わり者でした


396 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/05/28(水) 11:50:28.18 ID:6zsZzq9T0.net
>>392
その後輩はリアルぬらりひょんの孫に違いない


関連記事
[ 2014/06/22 16:26 ] 不思議な話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

‐全ランキング表示‐ ブログパーツ
1489:名無し中毒:2014/06/29 18:28 -
うちの15歳の猫が春先から物を食べなくなってしまった。
でも食欲が無いのかというとそうでもない。
キャットフード類は全く食べなくなってしまったので
良くはないけど昔から食べたがったカニやえびをやったら割と食べた。
でも2週間ほどでそれも食べなくなったので、
ネコまんまをやったりカニかまぼこをやったりしらすをやったり。
でもそれも食べなくなってもうどうにもならなくなってしまった。
獣医に診せても内臓にも口腔内にも疾患は無く打つ手は無さそう。
こういうときホントに動物の訴えが聞けたらと思う。
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加




最新記事
【恐怖体験】岩手の黒森山という心霊スポット Mar 23, 2017
ラーメン屋でバイトしてた頃、同じくバイトの中国人がプライド高かった Mar 22, 2017
「ウラベさん」という怪談 Mar 20, 2017
4年前位に新大阪の御堂筋線の電車で河童を見た事がある。ネタじゃなくてマジでw Mar 16, 2017
まだ存命中だけど、じいちゃんがおかしい Mar 15, 2017
【恐怖体験】まだ大学生で実家に住んでたときの話 Mar 13, 2017
高校時代の休み時間の教室での不思議体験 Mar 11, 2017
夜中に響くバイクの音 Mar 09, 2017
私が初めて幽霊と、それを見える人を信じた話 Mar 03, 2017
高校の前のバス停にセーラー服の女が立ってた。それは俺だった Feb 27, 2017
アクセスランキング
LINK
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top