|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
ヘッドライン

チリで最悪な犯罪者に絡まれた話
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2014/10/10 14:32 ] 不思議な話 | CM(8)
死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?
http://toro.open2ch.net/test/read.cgi/occult/1395334657/


155 :名無しさん@おーぷん :2014/10/06(月)20:23:01 ID:vRD8F0C2q
チリで最悪な犯罪者に絡まれた話

実話です。
これは、南米旅行が趣味だった頃チリの古代遺跡で有名なとある島
に行った時の話。
ある夜、有名な観光地の商店でもの凄いDQNっぽい格好したアジア人
の男が現地の商店で買い物してた少女にしつこく詰め寄ってたんだよ。
んで、明らかに少女は涙目になってて嫌がってるのに男は大声で
なんかまくし立ててんのよ。
しかも片方の手をズボンの中に突っ込んで何やら〇〇〇をモゾモゾ
といじってなさる。
声聞いてたら明らかに酒に酔ってる感じの日本語・・・うわ
最低だなぁ・・・ロリコン変態の日本人かよー最悪じゃん!この恥
さらしが!って怒鳴りつけてやろうかと思ってたら、店の外から派手
なギャル風の格好をした20代位の女が入って来て男に向かって何か
喋りかけて来た。




すると男は何事も無かったかの様に〇〇〇いじりを止めるとササーと
その女の所に行って何やらゲラゲラと談笑しはじめた。
少女はどっかに走って店から出て逃げたので俺は安心した。
ギャル風の女は最初はムスッとして話を聞いていたが暫く男と談笑を
した後店を出て一緒にワゴン車に乗った。
男は窓から酒缶をポイッと投げ捨てるとワゴン車は夜道に消えていった。
次の日、観光地巡りをしてる時またソイツに出くわした。
昨日のギャル風の女を連れている。
今日は〇〇〇はいじくって無かった様子だが、相変わらず酒缶を手に
持ってゲラゲラ笑っている。
その声を聞いたらまた嫌な気分にさせられた。
一秒もその場に居たく無いので帰る事にして男の横を通り過ぎるよう
とした時だった。
酔ったソイツがすれ違い様に蹴りを入れて来た!頭に来てソイツを睨
んだんだけど、ソイツも睨み返して来た。
で、「お前昨日俺の女ジロジロ見てただろ?殺したろうか?あ?」と
か言ってきたので「ええ、そうですよ!店で大声で騒いでたので迷惑
な人達だなあ・・・って思ってつい見入ってしまいました(笑)」って
言ってやった。
そしたら「んだクソコラッ!」って大声で怒鳴られて酒缶で思いっき
り殴られて俺は倒れた。
そしたら周りに人が集まって来てギャル風の女も「やめなよセキくん!
私気にしてないから暴力はやめよ?小学校の先生になるんでしょ?」と
か大声で言って男を抑えてくれた。
だけど男の方は俺とギャル風の女に唾吐きながら大声で「お前が売って
きたんやどが!どうすんだぁ!甘ったれてんじゃねえぞ?」とかわけが
わからない事を延々と怒鳴り散らしていた。
その後で野次馬の誰かが警察を呼んだらしく男はどっかに連行された。
俺は「ざまあ見ろッ」と吐き捨てると面倒なのは嫌なので野次馬に紛れ
速攻でその場を後にしたので警察のお世話にはなってない。
その日はどっと疲れたのでホテルに付いたらそのままシャワーも浴びず
にベットにダウンして寝た。


156 :名無しさん@おーぷん :2014/10/06(月)20:23:43 ID:vRD8F0C2q
その夜不思議な夢を見た。

パンフレットで見たポリネシアの部族酋長の格好をした男性が俺の眼の
前に立っていた。
手に何か持って俺の額にくっつけている・・・恐る恐る見上げるとそれ
は拳銃だった!
酋長は銃口を俺の額にくっつけたまま無表情で俺の顔を眺めている・・・
「やッべー!殺される何だ?何だ?強盗か!?」
と俺は思った。
蛇に睨まれたカエルが如く暫く動けずにいると、俺と酋長の横を小さな
女の子の手を引いてあの酒缶野郎が通り過ぎて行く!「おい、早く逃げ
ろ!警察呼んでくれ!」って俺が咄嗟に叫んだが酒缶野郎はこっちを振
り向きもしない…「お前何やってんだ?」
そう言ってよく見ると女の子は大泣きして必死で足をつっぱているが酒
缶野郎は汚い言葉で少女を怒鳴りながら無理矢理腕を引っ張りワゴン車
の方に歩いて行く…瞬間、酒缶野郎と俺の目が合った。
なる程、はじめからソレが目的の御旅行ですか?で、この物騒な玩具持
ってる酋長のおっさんはお前のクズ友達って訳ね…

ブッチーン

俺の頭の奥で太っとい弦が弾け切れる様な音がした。
中高大学時代に柔道部で培った神速の回り込+固技で酋長の左肘関節をバ
キバキに粉砕してあさっての方向にブチ折り拳銃を奪うと躊躇無く酒缶野郎
の太腿に5連発で弾が無くなるまで鉛をブチ込んでやった。
酒缶は地面に崩れ落ちて汚い悲鳴をあらげる・・・それでも俺は怒りが
収まらず両肩関節外してちょっとグリグリと痛めつけてやろうと酒缶野郎
に近寄ったが後ろから

「もう、お前が良い奴なのはもうわかった疑って悪かった」

って野太い声が聞こえた!急いで後ろを振り向いた瞬間!俺はベットから
転げ落ちて左手を思いっきり床に打った。


157 :名無しさん@おーぷん :2014/10/06(月)20:23:55 ID:vRD8F0C2q

「いってえ」

だが悪い気分では無かった。「あの酒缶〇〇〇野郎ざまあみたけー」って
嘯きガッツポーズをして二度寝したった。
それから数日後、泊まってるホテルの部屋でネットを観てたらソイツが逮
捕された事が日本でも話題になってた。
「ざまあみろ!あ、でも酒缶野郎が自白したら裁判所とか呼れるのかなあ?
めんどくせえなぁ」とか思ってたが、逮捕理由を読んでみて仰天した!
信じられるか?何と世界遺産である観光地の遺跡に自分と女の名前を彫っ
たんだとよ!しかも修復不可能な位深々と・・・・
ふっざけやがって!あのキ〇〇〇そんな事までやってたのかよ!ってもう
一度ブチキレた。
大分前のニュースだったし匿名報道されてたせいで覚えてる人は少ないと
思うけど、知ってる人は知ってる事件だよ。
何が腹が立つってさあ!あの男がチリで傷つけた遺跡は昔は荒れ放題だった
のを日本の商社がチリ海軍と協同で不可能と言われてた遺跡の修復プロジェ
クトを立ち上げて見事に成功修復した事で有名な遺跡で現地の人はその事
にとても感謝してたんだよ。
実は俺がチリ旅行しようと思ったのもその話がキッカケなんだ。
それがたった一人の腐れDQNのせいでパーにされた気分だ、本当に胸糞悪い
最悪な旅行になったよ!海外旅行にはそれ以来行く気にもならなくなった本
当に死ぬ程シャレにならない話だよ!あの時に一発ブン殴っておけば良かった。
何が先公になりたいだ!ふざけやがって!
最近になって夢の事を思い出して色々と考察してみたんだが壊された遺跡
ってのは現地の神話に残る英雄や祖先を象ったものらしいってのは俺も知
ってるが、あの夢で俺が技をかけちまったのも古代の英雄だったのかもし
れない。
古代の英雄と戦えた事は元武人としては嬉しかったそれがせめてもの救い
だったかも知れない。
というか、あのまま何もしなかったら死んでたかな俺(忍


関連記事
[ 2014/10/10 14:32 ] 不思議な話 | CM(8) このエントリーをはてなブックマークに追加

‐全ランキング表示‐ ブログパーツ
1666:名無し:2014/10/11 08:02 -
こいつ、柔道なんかやった事無い。
夢の話のみ事実。
あとは、全て創作。
1667:名無し中毒:2014/10/11 11:47 -
これ最近の書き込みなの!?
なんか文体や武勇伝自慢()のノリが
2003年くらいの2ちゃんを彷彿とさせるんだけど…
1669:名無し中毒:2014/10/12 16:23 -
すごく読みにくい文章だったね…
1672:名無し中毒:2014/10/13 10:00 -
後味の悪い話に投稿して、どうぞ
1673:名無し中毒:2014/10/13 19:13 -
なんかよく分からなかった
2075:名無し中毒:2015/08/21 07:52 -
日本語でおk
2076:名無し中毒:2015/08/21 08:09 -
当時さいたま市に住んでた関口幸久
2284:名無し:2016/01/24 02:21 -
成りすましのちょうせんじんは徹底排除
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加




最新記事
ある学生の悪癖 Apr 20, 2017
包帯さん Apr 19, 2017
深夜のドライブ Apr 13, 2017
【恐怖体験】廃病院 Apr 12, 2017
「別の時空に飛ばされた」って話 Apr 09, 2017
闇夜の黒い影 Apr 08, 2017
【不可解な話】大学生の息子の一学年上の女の子が芸能界デビューしました Apr 05, 2017
汁掛け飯 Mar 30, 2017
【恐怖体験】岩手の黒森山という心霊スポット Mar 23, 2017
ラーメン屋でバイトしてた頃、同じくバイトの中国人がプライド高かった Mar 22, 2017
過去ログ +

2017年 04月 【7件】
2017年 03月 【10件】
2017年 02月 【11件】
2017年 01月 【10件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【8件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【13件】
2016年 06月 【16件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【13件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【13件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【12件】
2015年 05月 【16件】
2015年 04月 【14件】
2015年 03月 【27件】
2015年 02月 【17件】
2015年 01月 【25件】
2014年 12月 【26件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【20件】
2014年 09月 【18件】
2014年 08月 【20件】
2014年 07月 【25件】
2014年 06月 【21件】
2014年 05月 【18件】
2014年 04月 【17件】
2014年 03月 【16件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【22件】
2013年 10月 【10件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【13件】
2013年 07月 【10件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【5件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【6件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【7件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【8件】
2009年 07月 【21件】

アクセスランキング
LINK
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top