FC2ブログ

|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
ヘッドライン

別荘のドアをたたく音
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2014/12/08 15:31 ] 不思議な話 | CM(0)
ほんのりと怖い話スレ その106
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1417788066/


8 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/12/07(日) 00:47:05.46 ID:549Y+kNA0.net
自分の母親の話ね
家が長野県の某山中に古別荘を持ってて、
自分が赤ん坊のとき、今から20年ぐらい前に家族でそこへ旅行いったとき。
ある日の夜、夕食を食べた後父親がスーパーに買い出しに行くと言って、
自分の姉を連れて、母親と自分は別荘に残して車で山から下りていってしまった。
(車で市街地までは数分のところに別荘はあった)
自分はもう寝ていたらしく、母親と二人でお留守番。
そしたら夜の九時頃に、別荘のドアをたたく音がした。
母が玄関に行くと、「すいません、誰かいませんか」っていう声がしたそうで、
子供、というかかなり若い声だったらしい。
それで母が「こんな時間にどうしたんですか」とか「誰ですか」って
質問しても、またずっとドアをとんとん叩いて「誰かいませんか」と答えるばかり。
不思議に思って、ドアの上にあるガラス窓から覗いてみたら、
やけに古臭い学生帽と制服を着た少年が立っているのが見えた。
あたりは別荘地で、しかも夜に子供が訪ねてくるていうのも不気味に思ったが、
まあ市街地からもそんな離れてないし、
さらに母いわくそのとき丁度自分が産まれたばっかで母性が強かったらしく(笑)
さすがにその少年がかわいそうと思いドアを開けたのね。
そしたら案の定誰もいなくなってた。
それで初めて母は怖くなって、父親と姉が帰るまで震えてたらしい。
まあそんだけの話だったんだけど、
そのあと旅行中に民族資料館に置いてあった「町の歴史」的な本に、
第二次大戦中の疎開先の受け入れとかの項があるのを見て、
そこに載ってた疎開で集まって学生たちの格好が
例の少年の服そのまんまだったそうだ。
別にそこで大事件とかあったわけじゃない。
母はあんときはよくわかんないけど歴史を感じたわ~と話してた。


11 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/12/07(日) 05:51:50.37 ID:TUIPvzT20.net
>>8
20年ぐらい前の話だけど
TVの心霊番組で、小学校の遠足の昼食時の写真に
国民服を着た10歳ぐらいの男の子がものすごくハッキリ写り込んでいるのがあった
カラー写真なのにその子だけモノクロで、等身大より大きめな感じ
見た人いるかな?
お腹がすいているのか、皆がお弁当を食べているのをボーッと見ている顔がとても悲しげで
怖いというより、可哀想で涙が出そうになったのを覚えている
場所は忘れたけど、疎開先で亡くなった子供だったのかもしれないね


関連記事
[ 2014/12/08 15:31 ] 不思議な話 | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加
管理人オススメ記事
去年の出来事
真夜中にナビにつられて知らない峠道を走ることになった
池沼Aと俺
田舎の古い民家を解体してたら床下から妙な物が出てきた

‐全ランキング表示‐ ブログパーツ
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加


最新記事
【恐怖】俺が4年前に経験した話 Feb 22, 2020
借りた一戸建てが事故物件だということを引っ越しのギリギリまで教えてもらえなかった Feb 21, 2020
寝不足とか、とにかく疲れがピークの時に毎回、同じ幻覚を見てました Feb 20, 2020
十代の頃に駅のホームであった不思議な話 Feb 17, 2020
なんか変な感じがする Feb 16, 2020
高校時代、日本史の教師に聞いた話 Feb 06, 2020
消えた体育座りちゃん Feb 05, 2020
首刈峠の怪 Jan 31, 2020
【不可解な体験】あの子は誰だったんだろうなぁ Jan 30, 2020
郷里の鎮守社の神様は、年に数度地域を見廻る Jan 30, 2020
過去ログ +

2020年 02月 【7件】
2020年 01月 【10件】
2019年 12月 【8件】
2019年 11月 【12件】
2019年 10月 【10件】
2019年 09月 【10件】
2019年 08月 【10件】
2019年 07月 【10件】
2019年 06月 【10件】
2019年 05月 【10件】
2019年 04月 【10件】
2019年 03月 【10件】
2019年 02月 【10件】
2019年 01月 【11件】
2018年 12月 【10件】
2018年 11月 【11件】
2018年 10月 【10件】
2018年 09月 【10件】
2018年 08月 【10件】
2018年 07月 【11件】
2018年 06月 【10件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【10件】
2018年 03月 【10件】
2018年 02月 【10件】
2018年 01月 【12件】
2017年 12月 【9件】
2017年 11月 【8件】
2017年 10月 【13件】
2017年 09月 【13件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【9件】
2017年 05月 【10件】
2017年 04月 【10件】
2017年 03月 【10件】
2017年 02月 【11件】
2017年 01月 【10件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【8件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【13件】
2016年 06月 【16件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【13件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【13件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【12件】
2015年 05月 【16件】
2015年 04月 【14件】
2015年 03月 【27件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【25件】
2014年 12月 【26件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【20件】
2014年 09月 【18件】
2014年 08月 【20件】
2014年 07月 【25件】
2014年 06月 【21件】
2014年 05月 【18件】
2014年 04月 【17件】
2014年 03月 【16件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【22件】
2013年 10月 【10件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【13件】
2013年 07月 【10件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【5件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【6件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【7件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【19件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【8件】
2009年 07月 【21件】

アクセスランキング
LINK
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top