|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
ヘッドライン

【不思議体験】静寂の中にいた何か
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2016/02/06 10:20 ] 不思議な話 | CM(1)
ほんのりと怖い話スレ その114
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1452076098/


288 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/02/06(土) 03:34:56.34 ID:RW57o5P00.net
小学生の時に体験した話。

よく覚えてないけど、その日は学年で体育館でお泊まりをする日だった。
布団だか寝袋だかを持ち寄る感じだったんだ。
みんな興奮してなかなか寝付かないから教師が注意しに来たり、体育館から見える窓の外を
教師がずっと歩き回っていたのが館内から見えていたのを覚えてる。

私はテレビも見ないし早寝で、お泊まり会なんかでも真っ先に寝るタイプだった。
その日もみんなが枕を投げたり布団の上を走り回ってる中、眠気に勝てずに先に眠りについた。


何時になったのかわからなかったけど、ふと深夜目を覚ました。
普段朝になるまで一切起きないんだけど、本当にふと目が覚めた。
布団から体を起こしはしなかったけど、嫌に静かなのはわかった。
あんなにはしゃいでいた同級生は誰一人として起きていないし、寝息さえ聞こえない。
窓の外を見るも、外を見回りしていた先生も見えない。
しんと静まり返っていて、みんな生きてるのかわからないくらい静かだった。


その時点で少し怖くて、となりに寝ている友達を起こそうと布団からつんつんしてみたけど
反応もしない。一切起きてくれなかった。


289 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/02/06(土) 03:37:23.45 ID:RW57o5P00.net
すると、足音が聞こえた。
ぺた、ぺた、ぺた・・・・
音の高さからして、ギャラリーのほうからだった。
わたしは舞台が右側になるように横になっていて、
足音はわたしの頭側(上手から上がったところ)からした。
なんとなく起きているのがばれてはいけない気がして、身を潜めていた。

ぺた、ぺたぺたぺた・・・
足音はわたしの左側(舞台の正面側)を少し早足で歩く。
目を開けていることすらばれないように、そのときには強く目を閉じていた。

ぺたぺたぺたぺたぺたぺた

確実に早くなった足取りで、わたしの足元側を走っていく。
足元側なら薄目でも確認できる場所なので、うっすら目を開けるも、・・・誰もいない。

その足音は、ぺたぺたぺたぺた、と舞台の下手側に消えていった。

途端、
ダン!ダンダンダン!!ダン!!!!
階段を物凄い足音で降りる音が聞こえた。
バレた!!!!
何故かその足音の異常さにわたしはそう思った。
階段を降りきったと思うと、

しん・・・
またもとの静けさに戻った。
その足音が静けさの中、起きているわたしを探しにくるのではないか、
そう思ったら恐ろしくて、となりの友達を必死につついた。つねった。叩いたかもしれない。


290 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/02/06(土) 03:38:35.02 ID:RW57o5P00.net
幸い友達は目を覚まして、トイレに行きたくて仕方がなかったといってトイレについてきてもらった。
トイレから出ると、体育館は心地よくざわついていた。
ほとんどの人が寝ていたけど、起きてる人もいて雑談が聞こえる。
特に声をひそめるでもなく聞こえる笑い声、館内を見守っている先生。
外にも先生が見回りしているのが見えた。

あの、誰もが死んだように静まり返った時間はなんだったんだろう。
体験したらものすごく怖かったんだけど、
文章にしたらそれほどでもないとおもってほんのりに。


291 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/02/06(土) 03:53:21.57 ID:RW57o5P00.net
もうひとつ。
ほんのりこわいというか、ほんわかかもしれない。

わたしには歳がだいぶ離れた妹がいる。
そして、日本の一番南の島に住んでいる。
わたしが高校生くらいのとき、おじいちゃんが亡くなった。
お通夜のときだったかな、親戚の家に集まった。
いろいろと片付いて、みんなご飯を食べたり世間話をしていた。

当時2歳くらい、言葉も覚えたての妹。
お仏壇の前で正座をして、じっと仏壇を見つめていた。
すると、突然立ち上がって台所へいき、
「くるざーたーちょうだい!くるざーたーちょうだい!」
と大きな声で母にねだった。

「くるざーたー」というのは「黒砂糖」のこと。
けれどうちはあまり方言を使う家庭でもなく、
黒砂糖のことをくるざーたーなんて言ったこともない。
2歳の妹が知っている言葉じゃなかった。

母が、「なんで?食べたいの?」と尋ねると、
「おじーがくるざーたー食べたいって!」と。

親戚もみんな、
「おじーはくるざーたー好きだったから、妹ちゃんにお願いしたんだね。」といってお仏壇にお供えした。

現在高校生の妹にその話をしてもさっぱり覚えてないし、
妹はあれ以来黒砂糖をくるざーたーと言ったことはない。


関連記事
[ 2016/02/06 10:20 ] 不思議な話 | CM(1) このエントリーをはてなブックマークに追加

‐全ランキング表示‐ ブログパーツ
2297:まとめ中毒:2016/02/08 19:01 -
うちの姪も二歳の時、亡くなった祖父の遺影がある方向や何も無い方向に向かって『バイバイ!』と手を振ってたなー
いるんだねーと和んだ記憶がある

49日をこえてからは言わなくなってたような気がするし、あと49日中の間だけ部屋に珍しく大きめなハエがいた
一説では何かしらの虫に姿を変えて、もしくは想いを託して家族を見守り見届けると聞いたこともあるので殺さずほっておいたら、やはり49日あたりを境にハエもいなくなった
小さい子には見えるんでしょうね
少し羨ましい
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加




最新記事
小学校時代に友達3人で体験した不思議な出来事 Feb 22, 2017
某新幹線が止まる近畿地方の駅西口のエレベーターで体験した話 Feb 21, 2017
コワモテ様 Feb 18, 2017
何かが家にいる Feb 15, 2017
俺には霊感はあんまなくて、でも気配というか雰囲気で「あ、ここヤバイかも」みたいなのはわかる Feb 11, 2017
住んではいけない場所 Feb 07, 2017
免許取り立ての頃に友達とドライブしてたら学校の廃虚があって、よせばいいのに中に入った Feb 05, 2017
幽霊が本当にいるかもと思うようになったときの体験 Feb 02, 2017
俺の故郷の「幽霊列車」の正体 Feb 01, 2017
部屋に今もいる黒い影 Jan 28, 2017
アクセスランキング
LINK
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top