|д゚)オカルト中毒

http://chudoku200.blog66.fc2.com/
ヘッドライン

【ほんのりと怖い話】私がした四度の結婚
このエントリーをはてなブックマークに追加 

[ 2016/10/25 08:01 ] 不思議な話 | CM(6)
ほんのりと怖い話スレ その120
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1474201478/


829 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/10/22(土) 14:32:09.55 ID:BE2TQDD50.net
最初の結婚は大成功だったと思う
相手は幼馴染で、頭がよくないからと大学には行かず就職した苦労人
一方の私無理して良い大学に入ってどうにか一流企業に滑り込んだものの
不景気でサビ残横行していく中で人間としての耐久性で篩にかけられた
こういう時って同期の間でも蹴落とし合いが横行するのね

たまにしか会うこともなくなっていった彼が
どんどんボロボロになっていく私を見かねてこう言ってくれた
「俺、賢くないし誇れるものなんて何一つないよ。けどお前を想う気持ちだけは多分世界一。
今でも手取り18万くらいっきゃないけど、お前が仕事やめて実家にもどれないっていうんなら
次の仕事みつかるまでの間、うちにいてくれたっていい」

好きだっていう気持ちも本当なら下心だって見え透いていたけれど私は彼を頼った

好きな女と一緒に暮らして、シャワー浴びた後の姿をみても狼にならない
彼はそういう人だった
埋没しそうになる私に気づくと
「さっさと俺のところから巣立った方がいい。
お前のことを絶対前のとこよりいい会社が待ってる。
それで、いい男でもみつけて幸せになればいいんだ」
こういうふうに私を励まして、手を付けようとはしなかった
こんないい人ならきっと無理をさせようともしないんだろうし
家賃がてらに月に数回ならOKかななんて思うようになっても

前の就職先でのことがトラウマになっていてなかなか決まらない就職
結局ほぼまる二年かけて再就職先が決まった報告の夜に
「私この家出ないから、永住先がここだから」
そう言ったら、何も言わずに外に出ていって
帰ってきた時には
「これ一個が精一杯だから」
といってくれた指輪は今でも宝物だ



830 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/10/22(土) 14:35:55.44 ID:BE2TQDD50.net
その夫が死んだ
過労死だった

妊娠を暖かく休職として受け入れてくれる
二度目の会社はそういうところだったけれど
業績悪化で休職中の手当がどんどん減額
「椅子を残してくれる会社は捨てちゃだめだ」
こんな風に言ってくれた彼が奮起してるのを引き止めればよかった
ショックで流れた
彼と生まれることのなかった子どものの葬式はどちらもとても賑やかだった

二度目の結婚は大失敗だった
夫の面影は男気
そういうのを求めて交際をはじめた男は外面は男気のあるキャラで通すけど
演じる無理を身近な相手をストレスのはけ口にして解消する男だった

行儀よくしかされたことのないこの体はめちゃくちゃにされた
ほどなくして子どもが出来たけれど妊娠後も相手をさせようとした
お腹が大分膨らんできた後必死に拒むと
気づいた頃には私の貯蓄まで切り崩して風俗通いしていて生計すら成り立たなくされた

彼の実家に求めたヘルプが正解でなかったらどんなことになってただろう
義両親が出来た人で匿ってくれた上に
実子でなく嫁の為に離婚のための係争費用まで出してくれて
私はあれと縁をきることが出来て
支払い能力が皆無だろう息子の代わりにと養育費用や慰謝料その他の一括払いとして
相応の金額を家までうって揃えてくれたあのお二人には頭があがらない
以後あの男と会う事も義両親との再会もなかった
それこそただの風のうわさ一つ聞こえてくることがないほどに徹底していた


831 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/10/22(土) 14:38:56.12 ID:BE2TQDD50.net
三度目の結婚も、これまた大失敗だった
変に男気のあるように見える相手を避けて
取引先の年下の理知的な相手からの求婚を受けたら
段々と息子を疎むようになっていって
残業の多い私のいない時間に息子をいびっていたらしい

ある日、残業中に会社に電話がかかってきた
「ご主人が大変なの」
後に主人が息子をいじめていたことを証言してくれた隣家の奥さんからだった

急いで家にかえると両手で頭をおさえた夫が
隣家のご主人にはがいじめにされながら畳に頭を打ち付けているところで
目をカッと見開きながらごめんなさいと連呼していた
わけもわからない私に
隣家の奥さんが私がいない時間帯
よくこの家から男の子の泣き叫ぶ声がしていたと教えてくれ
そこではじめて息子に尋ねると
息子は痣が多い体をさらして頷いた
わけがわからないのは
追求するより前から主人が謝っている事
この時も主人のご両親が錯乱した主人を引き取っていった
そちらのご実家は裕福ではなく元夫の療養費だけで精一杯と土下座しながら許しを請うてきた
毎月ほとんど残額が残らない通帳や公団住宅暮らしの点もあって
支払い能力が完全に皆無だろうという話だったが
それ以上にこの二人が更生に真剣だったので私は何も要求せずに義両親を信頼して
息子と二人で都会へと居を移した


832 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/10/22(土) 14:42:36.30 ID:BE2TQDD50.net
息子が高校生になった頃、
私は四度目の結婚を決意させる相手と出会った
息子にどう言おうか迷って半年ほど紹介できずにいると
急に息子が夜に話があるといってきた
「父さんが、今度こそ幸せになれって言っているよ」
わけがわからない
「母さんが本当に好きだった父さんだよ」
息子には二度目の結婚で生まれたことは伏せていた
「父さん、前のおじさんを厳しく叱ったくれたんだ」
何を言っているのか分かりたくなかった
「いるんだよね? 今もいるよ
たまに遊びにきてくれたんだ
物置とかから声がして最初は怖かったんだけど
おじさんが家に帰る頃になると物置をがたがた鳴らしてくれたりして
だから俺、そこまで酷い真似されずに済んでた」
幽霊になるほど心配をかけていただなんて考えたくなかった
何よりその目の前で二番目の夫におかされていたことが嫌だった
前の夫の虐待を私に教えなかった息子との関係がギクシャクしていた頃も
そして、その息子を一時期疎ましくすら思いかけていたことだってあった
いないと思い込もうとした
「今度の人は大丈夫って言ってる」

その瞬間頭のなかに声が届いた
「ないない尽くしの俺だけど幸せにするっていっただろ」
写真撮影だけの結婚式の時に言われた言葉だった

一番考えたくなかったのは
あの夫が一人の人間を祟ってああして壊してしまったということだ
信じたくはなかったけれど信じるしかなくなった


833 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/10/22(土) 14:47:07.69 ID:BE2TQDD50.net
高校三年になった息子は大学受験に向けて寮に入った
大学生になった今も戻って来るのは年に数回
夫婦二人の身軽さで、年に二回は旅行に行く
たまに写真に最初の夫が映り込む
その姿は、してはいけないことをしたからか
歪み、叫んでいるようにしか見えない

今の夫にはその存在は明かしてある
「未練がましくついてくるやつがいるほうが張り合いがある」
幽霊の話をころっと信じた上でこんな風に答えられてしまう人
最初は申し訳なかった世界で二番目の人だから
感づいていたようで
「競い合うっていうのも面白い」
と一度口にされたことがあった
一番が二人になってしまったが今の夫には申し訳ないけれども口にはしない
彼が望めば私はいつでも女になるのに
もう一人の最愛の夫はもう私に触れることもできない
愛しているという一言だけは感謝をもって最初の夫にだけにする
きっと本人はこういう決意を知ったら怒るののだろうけれど


835 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/10/22(土) 15:45:16.48 ID:VYAwFfRU0.net
なにがほんのりなのか


836 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/10/22(土) 15:50:31.27 ID:xagA2U0hO.net
最初の夫→悪霊化して3番目の夫を狂わせた、しかも今なお写真に写り込む
息子→2番目のクズ夫の子なのに、本人に知らせていない?
このあたりが、ほんのりポイントということか


837 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/10/22(土) 16:19:22.26 ID:EJHu9ork0.net
ほんのりって何?


838 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/10/22(土) 16:22:24.41 ID:xagA2U0hO.net
よくわからんw


839 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/10/22(土) 17:56:19.70 ID:K8X3KOlv0.net
語り手の女にほんのり


834 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/10/22(土) 14:54:33.53 ID:8mt228EoO.net
じんわり来たわ
幸せになってな


関連記事
[ 2016/10/25 08:01 ] 不思議な話 | CM(6) このエントリーをはてなブックマークに追加

‐全ランキング表示‐ ブログパーツ
2472:名無し中毒:2016/10/29 22:22 -
何が怖いってこの女だよ 背筋が凍ったわ
2473:名無し中毒:2016/10/30 14:57 -
これは書き手が気持ち悪い
気持ち悪すぎる
2478:名無し中毒:2016/11/11 11:56 -
読みづらいな。
2480:まとめ中毒:2016/11/15 00:23 -
文章が酷すぎる。
自己陶酔臭もほんのりして怖いし…。
一番良い人だった旦那が自分を守るため悪霊化したなら、早く成仏できるよう祈ったりすればいいのに何もしてなさそうだし…

基本的に常に自分の事しか考えてない女のせいで悪霊になった旦那が一番被害者なのでは?;
全てにおいてスッキリしない浮かばれない話だな。
2481::2016/11/16 23:26 -
失敗ばかりしているのにそれでもなお結婚するとか、子供も酷い目に遭ってるのに。
この人ちょっと変なんじゃない ?
ほんのり怖いとかじゃなくて異常だよ 本人が。
それとも男無しじゃ生きてられない女なのかね、気持ち悪い。
2495:名無し:2016/12/18 21:18 -
日本は朝鮮人が増えすぎでかなりやばい状況だ。
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちぇりお

Author:ちぇりお
このブログについて


この日記のはてなブックマーク数  このエントリーをはてなブックマークに追加




最新記事
【恐怖体験】落武者の怒り? May 23, 2017
【心霊いい話】爺が闘病の末亡くなって、何か月か経った頃、夢に出てきた May 19, 2017
【心霊トンネル】友人達と肝試しに行った時の話 May 14, 2017
【不思議体験】その人のことは1年ぐらい前から見かけるようになった May 13, 2017
【深夜のファミレス】真っ赤な服の女の人 May 06, 2017
滅多に使われない地下の会議室 May 05, 2017
痛風ダンプ May 04, 2017
【不思議体験】川の中に見えた何か May 03, 2017
高校生の夏休みにした解体屋のバイトの話 Apr 27, 2017
【恐怖体験】家の中に誰かいる Apr 26, 2017
過去ログ +

2017年 05月 【8件】
2017年 04月 【10件】
2017年 03月 【10件】
2017年 02月 【11件】
2017年 01月 【10件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【8件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【13件】
2016年 06月 【16件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【13件】
2016年 01月 【10件】
2015年 12月 【15件】
2015年 11月 【14件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【13件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【12件】
2015年 05月 【16件】
2015年 04月 【14件】
2015年 03月 【27件】
2015年 02月 【17件】
2015年 01月 【25件】
2014年 12月 【26件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【20件】
2014年 09月 【18件】
2014年 08月 【20件】
2014年 07月 【25件】
2014年 06月 【21件】
2014年 05月 【18件】
2014年 04月 【17件】
2014年 03月 【16件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【25件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【22件】
2013年 10月 【10件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【13件】
2013年 07月 【10件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【10件】
2013年 04月 【8件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【5件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【4件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【2件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【6件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【7件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【3件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【8件】
2009年 07月 【21件】

アクセスランキング
LINK
ブログ開始から何日経った?
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
全記事表示リンク


Back To Top